サウンドバーのおすすめ人気ランキング21選【音楽鑑賞に後悔しないものを】

棒状のスピーカー「サウンドバー」があれば、映画や音楽鑑賞をより楽しめます。コスパ最強の製品もあり、高音質や声・セリフが聞き取りやすいものなど種類は豊富です。今回は後悔しないサウンドバーの選び方やおすすめ人気ランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

人の声が聞きやすいものも!サウンドバーでホームシアター体験を

テレビを見ていて映画のセリフが聞こえづらい・音量を上げて音割れしてしまうといった経験はありませんか?解決するにはテレビの音質をアップさせる必要があり、高音質なスピーカーの接続を検討している方は少なくありません。

 

大きいスピーカーは置き場所に困り設置も面倒ですが、壁掛けやコンパクトなサウンドバーなら1台のスピーカーを繋ぐだけです。中にはより声やセリフが聞き取りやすいものもあります。サウンドバーがあれば、ワンランク上の音楽鑑賞を楽しめます。

 

そこで今回はサウンドバーの人気ランキングとおすすめの選び方を紹介します。2023年最新ランキングはサイズ・価格・機能性を基準に作成しました。商品選びで後悔しないためにも、ぜひ参考にしてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

コスパ重視サウンドバーのおすすめ

1位

ヤマハ

YAS-108(B)

ドルビーに対応したヤマハの大人気モデル

フロント40W・サブウーファー80W・ドルビーアトモスやDTS:Xなどの音声フォーマットに対応しており、前後左右に高さを加えたサラウンドサウンドを堪能できます。スタイリッシュな見た目でスリムなフォルムは、設置のしやすさも抜群です。

 

Bluetoothにも対応しており、2台まで登録できるマルチポイントを搭載。スマートフォンなどからの音源も高音質で楽しめる点も魅力です。

基本情報
サイズ 幅890×高さ53×奥行き131mm
チャンネル数 5.1ch
音声フォーマット Dolby Atmos・DTS:X
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子 HDMI×1・音声×2
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

音質重視サウンドバーのおすすめ

1位

ソニー(SONY)

HT-S100F

ブラビアとも相性抜群!繊細なサウンドで声が聞きやすい

人の声がクリアに聞こえる高精細なサウンドが特徴で、テレビのセリフを聞き取りやすくしたい方にぴったりのサウンドバーです。Bluetooth対応なので、スマホやPCの音楽もワイヤレスで楽しめます。

 

また、ARC対応のHDMI端子を搭載しているので、ケーブル1本でテレビと接続できるシンプルさも魅力です。

基本情報
サイズ 8.8x90x6.4cm
チャンネル数 2.0ch
音声フォーマット -
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

音楽鑑賞におすすめとされるサウンドバーとは?

サウンドバーとは横長の形状をしたバータイプのスピーカーで、スリムな形状のため省スペースで設置が簡単です。音楽鑑賞におすすめの音響機器とされていますが、テレビの音が不十分な場合にも臨場感のある映画を重低音で楽しめます。

 

ホームシアターシステムは5.1chスピーカーセットのように複数のスピーカーが必要ですが、サウンドバーは基本的にワンボディで音を出せるので音楽鑑賞におすすめです。商品によってはサブウーファーが付いている場合もありますが、配線の難しさもありません。

サウンドバーの選び方

サウンドバーにはさまざまな特徴を備えた商品があるので、用途に合ったものを選びましょう。ここでは、サウンドバーの選び方をいくつかの項目に分けてご紹介します。

タイプで選ぶ

サウンドバーは、ワンボディタイプと2ユニットタイプの2つに分けられます。それぞれの特徴を理解し、用途に合ったものを選びましょう。

シンプルな性能なら価格も安いコンパクトな「ワンボディタイプ(一体型)」がおすすめ

「ワンボディタイプ(一体型)」のサウンドバーは、バースピーカーのみで音を出すタイプです。コンパクトでスッキリとしたサイズ感の商品が多く、取り付けが簡単でテレビ台の上に置けるので、スペースのない方でも設置しやすい魅力があります。

 

リーズナブルな価格で購入できるタイプなので、初心者であっても購入しやすいサウンドバーです。

重低音重視ならサブウーファー付きの「2ユニットタイプ」がおすすめ

「2ユニットタイプ」は、棒状のサウンドバーにサブウーファーを加えたタイプです。重低音をカバーするウーファーが備えられているので、より低音の迫力があるサウンドを楽しめます。

 

サブウーファーの置き場が必要ですが、ゲーム・映画などのサウンドにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

価格で選ぶ

サウンドバーは商品によって価格帯が大きく異なるので、予算が限られている場合は販売価格と機能性のバランスを考えながら選びましょう。

最低限の機能以外必要ないなら「1万円台」の安いものがおすすめ

テレビ用にするなどの用途で、最低限の機能でサウンドバーを選ぶなら「1万円台」の商品をチェックしてみましょう。本格的な映画向けサラウンドは難しい価格帯なので、安い商品で本当に最低限の機能以外必要ないならおすすめです。

 

初心者の場合は、少ないリスクで購入するために1万円以下の商品からいくつかの選択肢を探してみましょう。

後悔しない性能で高コスパのものを選ぶなら「2万円以上」がおすすめ

国産メーカーで後悔しないサウンドバーを選ぶなら、「2万円以上」の商品がおすすめです。2万円以上のサウンドバーには音質がいいものやサラウンドタイプなど、さまざまな特徴を備えた商品が展開されています。

 

安すぎるサウンドバーでは機能性や使いやすさの面で劣ってしまうので、機能性の高さとコスパの高さを重視するなら2万円前後のサウンドバーがおすすめです。

映画鑑賞や音楽鑑賞なら「5万円以上」がおすすめ

映画鑑賞や音楽鑑賞を快適にしたいなら、「5万円以上」でサブウーファーの付いたサウンドバーをチェックしてみましょう。リーズナブルな価格のサウンドバーと5万円以上のサウンドバーでは、サウンドの質が大きく異なります。

 

5万円以上のサウンドバーでも、商品によって機能性や特徴はそれぞれですが、音質やサラウンドにこだわりがあるなら5万円以上の商品がおすすめです。

音質やサラウンドで選ぶ

せっかくサウンドバーを購入するなら音質・サラウンドにこだわりたい方は多くいます。ポイントをチェックして選びましょう。

セリフを聞き取りやすいものなら「バーチャルサラウンド」がおすすめ

「バーチャルサラウンド」は映画やゲームなどで用いられている、5.1chなどのサウンドをサウンドバーで再現するための技術になります。映画やドラマのセリフを聞き取りやすいようにしたり、リアルなゲーム音にこだわったりしたい方におすすめのポイントです。

 

前後・左右から包み込まれるような臨場感を再現し、四方八方から仮想的に音が出ている状態になるので、立体感のあるサウンドを実現してくれます。映画やゲームの音の広がりを出したい場合には、要注目の機能です。

本格的な映画視聴なら「ドルビーアトモス」がおすすめ

「ドルビーアトモス」は、元々は映画製作・映画館で導入されている技術で、現在はバーチャルサラウンドの中で最上位の技術としてサウンドバーでも採用が進んでいますまるで映画館のような大迫力の音響で作品を堪能できる技術です。

 

リアリティーのある音で映像をより楽しみたいなら、ドルビーアトモスで最先端のサラウンドを楽しんでみましょう。

接続方法で選ぶ

サウンドバーは商品によって接続方法が異なります。ここでは、HDMI接続・Bluetooth対応・無線LAN対応の4種類の特徴について詳しく解説するので、参考にしてみてください。

高音質で扱いやすいものなら「HDMI接続」がおすすめ

「HDMI接続」のタイプは、HDMIケーブルを使って映像信号と音声信号を1本のケーブルで送れます。サウンドバーとテレビを接続する最も一般的な接続方法です。現在のHDMIにはARCやeARCといった機能が備わっています。

 

テレビ本体とサウンドバーをHDMIで接続しておけば、テレビ放送やテレビに接続したゲーム機などの音も視聴可能です。また、テレビのリモコンでサウンドバーを操作するCECの機能も利用できます。

スマホでも音楽を流すなら「Bluetooth対応」がおすすめ

「Bluetooth対応」のサウンドバーはスマホを使って音楽を楽しめます。無線なのでスッキリとしているのも魅力的なポイントです。スマホでも音楽を流せるサウンドバーを探しているなら、Bluetoothに対応しているかどうかをチェックしましょう。

Bluetooth非対応なら「無線LAN対応」がおすすめ

サウンドバーのなかには「無線LAN(Wi-Fi)対応」モデルもあります。これらの製品は専用アプリやスマホと連動して音楽を流したままにできるので、サウンドバーで頻繁に音楽を聴く方におすすめです。

 

テレビ用のサウンドバーとしてだけではなく、スマホ・PCの音楽視聴用としても活躍が期待できます。

PC・スマホがAppleユーザーなら「AirPlay対応」がおすすめ

AirPlayは、Appleによってリリースされた無線LANを通して連動する技術です。iPhoneやiPadなどのAppleデバイスと互換性があり、スマホで操作してサウンドバーで音楽を直接視聴できます。

 

PCがAppleユーザーであれば「AirPlay対応」のサウンドバーを選べば、Appleデバイスを最大限に活用可能です。煩わしいPC接続も簡単に行えるので、デスク周りをすっきりさせたい方にもおすすめできます。

内蔵スピーカーのチャンネル数で選ぶ

サウンドバーはバー型の本体に複数のスピーカーを内蔵していて、製品説明にスピーカー数が表記されているのが特徴です。ここでは、2.0ch・2.1ch・5.1chの3種類をご紹介します。

コスパの高いものなら「2.0ch」がおすすめ

「2.0ch」は2つのスピーカーから音を出すのが特徴で、一般的なオーディオシステムに近い構造です。リーズナブルな価格で購入できるためコスパも高く、手軽に設置できるのも魅力なので初めてサウンドバーを選ぶ方も気軽に購入できます。

 

サウンドバーとしては最もシンプルな方式ですが、左右の位置からステレオで音を出し、音の広がりや中央の位置も再現可能です。後からサブウーファーを追加できるものもあるので、コスパの高さを重視する方は2.0chのタイプから選んでみてください。

重低音をプラスしたいなら「2.1ch」がおすすめ

「2.1ch」は重厚感のあるサウンドを楽しめるタイプです。2.0chから0.1chを足しているのが2.1chですが、この0.1chはサブウーファーを指します。サブウーファーが加わり、低音の領域をカバーしてくれるのがポイントです。

高音質でリアルなサウンドを求める方には「5.1ch」がおすすめ

「5.1ch」は5つのスピーカーと1つのサブウーファーで音を出すタイプで、高音質でリアルなサウンドを楽しめます。中央と後方部分を再現するスピーカーが追加されているので、広がりのあるリアルなサウンドを生み出すのが特徴です。

 

サウンドバーでは5.1chのスピーカーも一体型なので外見上は2.1chのスピーカーと変わりません。高音質でリアルなサウンドを楽しみたい方には、5.1chのサウンドバーがおすすめです。

HDMIの対応機能で選ぶ

サウンドバーを選ぶ際は、対応しているフォーマットをチェックしておきましょう。ここでは、ARC対応・CEC対応・4Kパススルー搭載の3種類をご紹介します。

テレビ音声も出力したいなら「ARC対応」がおすすめ

ARCとはオーディオ・リターン・チャンネルを略した言葉です。「ARC対応」であれば、HDMIケーブルで接続したテレビ・サウンドバーを経由してテレビ自体と接続したゲーム機などのサウンドを出力できます。

 

ARC非対応だとテレビのリモコンで音量を操作できなかったり、テレビ音声を再生する際に光デジタルケーブルなどで接続する必要があったりと設定が複雑になってしまうので、テレビとサウンドバーがARC対応かどうかをチェックして選ぶようにしましょう。

テレビのリモコンで操作するなら「CEC対応」がおすすめ

「CEC対応」の商品であれば、テレビのリモコンでサウンドバーの音量を操作可能です。また、音量操作や電源もテレビとサンドバーが連動するようになるので、普段はサウンドバー側のリモコンを操作せず、テレビ側の操作で完結できます。

 

テレビのリモコンで操作可能でコンパクトにまとめたい場合は、ARC・CEC対応した商品がおすすめです。

外部機器接続も考えるなら「4Kパススルー搭載」がおすすめ

「4Kパススルー搭載」の商品であれば、サウンドバーを経由して4Kの映像をテレビに出力できます。豊かな音と映像を楽しみたい方におすすめです。ただし、お使いのテレビが4Kに対応している必要があるので、購入前に必ずチェックしてください。

狭いスペースなら置き台が必要ない「壁掛けタイプ」をチェック

「壁掛けタイプ」の商品であれば、空間をうまく活用して狭いスペースでも配置できます。わざわざ設置スペースを確保する必要がありません。さらに、壁掛けタイプのサウンドバーはノイズが少なく、クリアなサウンドを楽しめるのも魅力的なポイントです。

メーカーで選ぶ

サウンドバーを販売しているメーカーは数多く存在し、メーカーによって商品の特徴が異なります。各メーカーの特徴をご紹介するので、購入の際の参考にしてみてください。

国内最強ならブラビアの「SONY(ソニー)」のソニーサウンドバーがおすすめ

東京に本社を構える国内トップメーカーの「SONY(ソニー)」は、機能性に優れたサウンドバーを展開しています。ソニー独自のDSEE HXを搭載したサウンドバーであれば、CDや圧縮された音源をハイレゾレベルの音質にアップデート可能です。

 

ソニーサウンドバーが開発した音声圧縮技術のLDACに対応していれば、AndroidスマホとBluetoothで接続する際にも高音質な最強のサウンドを実現してくれます。またテレビがブラビアであれば同ブランドで揃えるのもおすすめです。

評価が高く人気のメーカーなら「YAMAHA(ヤマハ)」がおすすめ

老舗のオーディオメーカーとして知られているYAMAHA(ヤマハ)は、映画鑑賞に適したサウンドバーを数多く展開しており高評価を得ています。AmazonのAlexa対応モデルや立体音場再生プログラムを搭載した商品など、用途にマッチするものを見つけやすいです。

迫力のある音声を楽しむならコスパ最強な「BOSE(ボーズ)」がおすすめ

幅広い層から人気のあるBOSE(ボーズ)は、重低音の深みのあるサウンドが魅力です。重低音を響かせて迫力のあるサウンドを実現しています。コスパ最強でコンパクトなサイズの商品も展開しているので、省スペースな商品を探している方にもおすすめです。

立体音響に強いメーカーなら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

日本の大手電機メーカーいえば「Panasonic(パナソニック)」です。臨場感のあるサウンドを楽しめるサウンドバーが多く、3Dサラウンド機能を搭載したものや明瞭ボイス機モードを搭載した商品が展開されています。

 

知名度と信頼性が高いメーカーなので、サウンドバー初心者でも安心して購入しやすいのもポイントです。

無線機能が充実したメーカーなら「Denon(デノン)」がおすすめ

日本のAV機器メーカーのDenon(デノン)は、AirPlayやBluetooth対応など、独自の無線機能が充実したサウンドバーを多く展開しています。ストリーミングサービスを普段から活用している方にとっては、便利なサウンドバーを見つけられるメーカーです。

業務用から個人用まで得意なメーカーなら「JBL(ジェービーエル)」がおすすめ

アメリカ発の大手メーカーJBLは、業務用のサウンドスピーカーから個人用として使いやすいものまで幅広い商品を販売しています。劇場や映画館で作品を観ているような臨場感や、迫力の大音量を体感できるサウンドスピーカーを求めている方に人気のメーカーです。

コスパ重視のサウンドバー人気おすすめランキング9選

1位

ヤマハ

YAS-108(B)

ドルビーに対応したヤマハの大人気モデル

フロント40W・サブウーファー80W・ドルビーアトモスやDTS:Xなどの音声フォーマットに対応しており、前後左右に高さを加えたサラウンドサウンドを堪能できます。スタイリッシュな見た目でスリムなフォルムは、設置のしやすさも抜群です。

 

Bluetoothにも対応しており、2台まで登録できるマルチポイントを搭載。スマートフォンなどからの音源も高音質で楽しめる点も魅力です。

基本情報
サイズ 幅890×高さ53×奥行き131mm
チャンネル数 5.1ch
音声フォーマット Dolby Atmos・DTS:X
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子 HDMI×1・音声×2
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

REGZA 50 Z670Lとの組み合わせテレビスピーカー9あっても音質物足りないので購入ボリューム小でも音質満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ヤマハ

SR-C20A

PC周りなどの省スペースでも大迫力のサウンドを楽しめる

20Wのスピーカーが2つと30Wのサブウーファーが搭載された、コンパクトなサウンドバーです。PCMステレオ・ドルビーデジタル・ドルビープロロジックII・MPEG-2 AAC 5.1chに対応し、大迫力のサウンドを楽しめます。

 

さらに、パッシブラジエーターで低域を増強しており大きさの割に音に広がりがあるのも魅力です。

基本情報
サイズ 幅60×高さ6.4×94cm
チャンネル数 5.1ch
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子 光デジタル×2・3.5mmステレオミニ×1
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

今までのスピーカーで観ていた映画は、いったい何だったんだろう?もっと早く使っていればよかった〜!って後悔しました。 

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Denon

DHT-S316

重低音響くサブウーファー付きシアターバー

2万円台のサウンドバーでありながら、ワイヤレスサブウーファー付きの商品です。2.1chシステムで、サウンドバー40W・サブウーハー40Wになります。ドルビーデジタルとDTS対応している商品です。

 

コスパがよくDTSの迫力をより堪能できるサウンドバーです。

基本情報
サイズ 幅900×高さ54×奥行き83mm
チャンネル数 2.1ch
音声フォーマット Dolby Digital・DTS Digital Surround
接続方法 HDMI・Bluetooth
入力端子 光デジタル・アナログAUX
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

早速映画を見ましたが、大満足の迫力。
スマホの音楽をBluetoothで楽しめるので、テレビを見ていないときも大活躍です。
高音質の映画や音楽は生活と心を豊かにしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

パナソニック(Panasonic)

シアターバー SC-HTB200-K

コンパクトなのに迫力のサウンドを楽しめる!

こちらの商品は、コンパクトサイズなのに80Wの迫力のサウンドを楽しめるサウンドバーです。テレビやレコーダーのリモコンひとつで、音量調節を簡単にできます。扱いやすく設置しやすいものを探している方におすすめです。

基本情報
サイズ 幅450×高さ51×奥行135mm
チャンネル数 2.0ch
音声フォーマット -
接続方法 Bluetooth
入力端子 HDMI・光
ドルビーアトモス対応 -
AAC対応 -
イコライザー -
専用リモコン
音声アシスタント -
壁掛け対応
もっと見る
5位

BOSE

BOSE Solo TV sound system

設置場所を選ばないスリムでコンパクトなデザイン

コンパクトなサイズ感でありながら、低音が濃密で迫力のあるサウンドを楽しめます。Bluetooth対応でスマートフォンやタブレットなどに保存した音楽をワイヤレスで楽しめるのもポイントです。

基本情報
サイズ 幅54.8x高さ7x奥行き8.6cm
チャンネル数 -
音声フォーマット -
接続方法 Bluetooth
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る
6位

SONY

HT-S200F

部屋の雰囲気を邪魔しない省スペースデザイン

フロント25W+25Wとサブウーファー30Wの計80Wのサウンドバーです。HDMI端子搭載でテレビとの接続はHDMIケーブル1本で完了します。部屋の雰囲気を邪魔しない省スペースデザインで、インテリアになじみやすいカラーリングも魅力です。

基本情報
サイズ 幅58×高さ6.4×奥行き9.5cm
チャンネル数 2.1ch
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

安いし、上を見ればきりがないけど、本格的な5.1chサラウンド導入するには幼児二人抱えた状態では間違いなく傷や破壊の恐れがあるので、子供が分別つく年まではこれで満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

BESTISAN

サウンドバー

コスパ最強の機能性!安い価格が魅力のサウンドバー

視聴の邪魔になりにくいおしゃれなデザインで、壁掛けできるなど設置しやすい商品です。無線でも楽しめますし、有線であっても簡単に接続が完了する設計になっています。これだけの性能を備えながら、価格も大変リーズナブルな商品です。

基本情報
サイズ 60×10×8cm
チャンネル数 -
音声フォーマット -
接続方法 bluetooth5.0・AUX
入力端子 -
ドルビーアトモス対応 -
AAC対応 -
イコライザー -
専用リモコン
音声アシスタント -
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

自宅でライブ映像などを見る機会が増えたため、せっかくと思いこちらのスピーカーを購入しました。ウッドの方を購入したのですが見た目もオシャレでかわいいですしスピーカーならではの臨場感も感じられて満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

JBL

BAR 2.0 ALL IN ONE

すっきり置けるコンパクトデザイン

Bluetooth・HDMI対応で、スマホやテレビと接続できるサウンドバーです。コンパクトなサイズにのデザインです。

 

豊かな低音・包み込むようなサラウンドサウンドで、まるで映画館で見ているかのような臨場感のある音を楽しめます。

基本情報
サイズ 幅614x高さ58x奥行き90mm
チャンネル数 2.0ch
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

テレビとのマッチングも良く、接続も簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Denon

DHT-S216

高音がきれいに再生できる壁掛けサウンドバー!

サブウーファーが内蔵されているので、重量感ある低音が魅力のサウンドバーです。DTS Virtual:XやARCに対応しています。サウンドをダイレクトに伝えるPureモードを搭載しており、音楽好きにおすすめの商品です。また壁掛けもできます。

基本情報
サイズ 幅890×高さ66×奥行き120mm
チャンネル数 2.1ch
音声フォーマット Dolby Digital・DTS・DTS:X
接続方法 Bluetooth・HDMI・AUX
入力端子 HDMI×1
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

Dolby Atmosには対応していないがサラウンドは高水準でまとまっており(お世辞ではなく)、自分の中に蓄積した「良くも悪くもサウンドバー」という概念を破壊してくれた(特にPureモード)。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ重視サウンドバーのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ チャンネル数 音声フォーマット 接続方法 入力端子 ドルビーアトモス対応 AAC対応 イコライザー 専用リモコン 音声アシスタント 壁掛け対応
1位 アイテムID:14492071の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ドルビーに対応したヤマハの大人気モデル

幅890×高さ53×奥行き131mm

5.1ch

Dolby Atmos・DTS:X

Bluetooth・HDMI

HDMI×1・音声×2

2位 アイテムID:14492067の画像

Amazon

楽天

ヤフー

PC周りなどの省スペースでも大迫力のサウンドを楽しめる

幅60×高さ6.4×94cm

5.1ch

Dolby Digital

Bluetooth・HDMI

光デジタル×2・3.5mmステレオミニ×1

3位 アイテムID:14492064の画像

Amazon

楽天

ヤフー

重低音響くサブウーファー付きシアターバー

幅900×高さ54×奥行き83mm

2.1ch

Dolby Digital・DTS Digital Surround

HDMI・Bluetooth

光デジタル・アナログAUX

4位 アイテムID:14623521の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コンパクトなのに迫力のサウンドを楽しめる!

幅450×高さ51×奥行135mm

2.0ch

-

Bluetooth

HDMI・光

-

-

-

-

5位 アイテムID:14492060の画像

Amazon

楽天

ヤフー

設置場所を選ばないスリムでコンパクトなデザイン

幅54.8x高さ7x奥行き8.6cm

-

-

Bluetooth

6位 アイテムID:14492057の画像

Amazon

部屋の雰囲気を邪魔しない省スペースデザイン

幅58×高さ6.4×奥行き9.5cm

2.1ch

Dolby Digital

Bluetooth・HDMI

7位 アイテムID:14492053の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コスパ最強の機能性!安い価格が魅力のサウンドバー

60×10×8cm

-

-

bluetooth5.0・AUX

-

-

-

-

-

8位 アイテムID:14492050の画像

Amazon

楽天

ヤフー

すっきり置けるコンパクトデザイン

幅614x高さ58x奥行き90mm

2.0ch

Dolby Digital

Bluetooth・HDMI

9位 アイテムID:14492047の画像

Amazon

楽天

高音がきれいに再生できる壁掛けサウンドバー!

幅890×高さ66×奥行き120mm

2.1ch

Dolby Digital・DTS・DTS:X

Bluetooth・HDMI・AUX

HDMI×1

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

音質重視のサウンドバー人気おすすめランキング12選

1位

ソニー(SONY)

HT-S100F

ブラビアとも相性抜群!繊細なサウンドで声が聞きやすい

人の声がクリアに聞こえる高精細なサウンドが特徴で、テレビのセリフを聞き取りやすくしたい方にぴったりのサウンドバーです。Bluetooth対応なので、スマホやPCの音楽もワイヤレスで楽しめます。

 

また、ARC対応のHDMI端子を搭載しているので、ケーブル1本でテレビと接続できるシンプルさも魅力です。

基本情報
サイズ 8.8x90x6.4cm
チャンネル数 2.0ch
音声フォーマット -
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

安い価格帯にしては高く評価しています。
映画館並みに大きな音にするとシネマ時の重低音、爆発音等迫力があります。
ただし隣人に迷惑をかけるので家を閉め切ってかつ1人の時に限ります。
ボイス位置では、確かに声が聞きやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ソニー(SONY)

HT-X8500

3次元の立体音響で音楽鑑賞も楽しめる

デュアルサブウーファーを内蔵しているので、コンパクトさと低音の迫力を両立しています。上下左右に表現力を加えるシステムを搭載し、天井や壁からの反射音を利用せず良好なサラウンドサウンドを楽しめるサウンドバーです。

 

奥行き96mmのスリムなサイズを実現し、テレビ台の上の限られたスペースにも置きやすいのも嬉しいポイントになっています。

基本情報
サイズ 幅890×高さ64×奥行き960mm
チャンネル数 2.1ch
音声フォーマット Dolby Atmos・DTS:X
接続方法 HDMI・光デジタル・USB・Bluetooth
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

日常的なテレビ鑑賞には充分すぎるほどの性能!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

JBL(ジェービーエル)

BAR 1000 サウンドバー

ドルビーアトモス対応で7.1.4chの立体音響空間を楽しめる

ドルビーアトモスとDTS:Xに独自のMultiBeamを組み合わせ、7.1.4chの完全な立体音響空間を再現できる人気のサウンドバーです。優れたサラウンド技術で臨場感のあるサウンドを楽しめます。

 

スピーカーが着脱できるので好きな場所に置いて映画視聴が可能です。たとえば背後に置けばうしろから迫りくるサウンドを体感でき、没入感が高まります。

基本情報
サイズ 幅119×高さ5.6×奥行12.5cm
チャンネル数 7.1.4ch
音声フォーマット Dolby Atmos・DTS: X・MultiBeam
接続方法 Bluetooth・Wi-Fi・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

10万以上のサウンドバーは初でしたが、本当に買ってよかった!
完全ワイヤレスですが、リアスピーカーからの遅延もありません。
ネットワークも問題なくつながり、音楽をかければ音が全身を包み込み、ワールドカップも臨場感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BOSE

TV Speaker

ワイドで空間的なサウンドを実現するサウンドバー

トークやセリフをクリアにして際立たせるのを重点を置いたコンパクトサウンドバーです。リモコンでダイアログモードをオンにすると、視聴番組をさらに分析してトークやセリフをより高音質で楽しめます。

 

高さわずか5cmほどのコンパクトなサイズなので、お使いのテレビの前や壁への設置も簡単です。

基本情報
サイズ 幅59.4×高さ5.6×奥行き10.2cm
チャンネル数 2.0ch
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・HDMI・光デジタル・AUX
入力端子 光デジタル・HDMI
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

とても音が聞き取りやすくなりました。
機械が苦手ない主婦でも取り付けは簡単でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ヤマハ

YAS-209

そこにいるような臨場感を体感できるサウンドバー

アレクサ・5.1CHサラウンドに対応したサブウーファー付きのサウンドバーです。サウンドバー50W×2・サブウーファーの出力は100Wで音がいいと高い評価を得ています。62mmの高さで画面の邪魔をしません。

 

DTS Virtual:Xを搭載しており、上下左右だけでなく斜めからの音像も楽しめる商品です。また、Amazon Alexa音声アシスタント機能にも対応しています。

基本情報
サイズ 幅930×高さ62×奥行き109mm
チャンネル数 5.1ch
音声フォーマット DTS・DTS:X・Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・HDMI・Wi-Fi
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

全体の音はまあまあなのですが低音が響いていい感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

BOSE

Smart Soundbar 700

洗練されたデザインと卓越したサウンドを実現

独自の自動音場補正ADAPTiQで、サラウンド効果の最適化を実現するサウンドバーです。Bluetooth・Wi-Fi対応でさまざまな媒体から楽しめます。

 

高級感のあるガラストップとメタルグリルで、シンプルで美しい外観です。出力中の音量や人間の位置に関わらず、音声をしっかり認識するので、臨場感のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

基本情報
サイズ 幅97.8x高さ5.72x奥行き10.8cm
チャンネル数 -
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Bluetooth・Wi-Fi・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

ずっと気になっていたサウンドバーがセールで安くなっていたので衝動買いしました。
結果として後悔はしていませんが、サラウンドリアスピーカーやベースモジュールも欲しくなってしまいます…

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

SONY

HT-Z9F

全方位からの音に包み込まれるソニー独自のリアルな音響空間

160mm口径のサブウーファーを加えた3.1ch構成です。別売りの専用リアスピーカーを導入すれば、リアル5.1chシステムも構築できます。

 

ソニー独自のバーティカルサラウンドエンジンにより音の高さ方向まで表現し、立体感抜群です。4K・本格的なハイレゾにまで対応しています。

基本情報
サイズ 幅1000×高さ64×奥行き98mm
チャンネル数 3.1ch
音声フォーマット Dolby Atmos・Dolby Digital・DTS:X
接続方法 Bluetooth・HDMI
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

臨場感溢れる聞き心地、スマートなデザイン

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

パナソニック

SC-HTB900-K

臨場感あふれる3Dサラウンドが楽しめるサウンドバー

ハイエンドオーディオでお馴染み、テクニクス独自のフルデジタルアンプJENO Engineを採用したサウンドバーです。ドルビーアトモスとDTS:X/Virtual:Xに対応しています。

 

ハイレゾ・4Kにも対応しており、広帯域でクリアな音質が得られる点や、最大出力の合計で505Wを実現しているの点などが魅力です。

基本情報
サイズ 幅1050×高さ78×奥行き129mm
チャンネル数 3.1ch
音声フォーマット Dolby Atmos・DTS・DTS:X・AAC
接続方法 HDMI・Bluetooth
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

毎日最高の音楽で楽しんでいます。購入して良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

Sonos

Playbar

9つのスピーカーを備えた幅の広いサウンドステージ

スピーカーの数が多いのが特徴になります。別売りのサブウーファーやワイヤレススピーカーをつなげて、ホームサウンドシステムを拡張可能です。

 

重量感のある音質が魅力で、ナイトサウンドモードを使えば小さくても迫力のある音を実現します。

基本情報
サイズ 幅900x高さ85x奥行き140mm
チャンネル数 3.0ch
音声フォーマット Dolby Digital
接続方法 Wi-Fi・無線LAN
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

水の滴る研ぎ澄まされた音から、爆破シーンでの響きわたる低音まで、
臨場感たっぷりに再現されるサウンドには、もはや感動を覚えるしかありません

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

JBL

BAR 5.0 MultiBeam

三次元的な立体空間を楽しめる新製品

JBL独自のMultiBeam技術の採用によるリアルサラウンドと、Dolby Atmosのバーチャルハイトとのハイブリッド方式で立体的な音響空間を演出します。没入感の高いサウンドを楽しみたい方におすすめの商品です。

 

本体から壁までの距離を測定し、自動で音の調整をするAMC機能も搭載しています。Wi-Fiも内蔵しているので、音楽のストリーミングや音声アシスタントとの連携も可能です。

基本情報
サイズ 幅709x高さ60.5x奥行100.5 mm
チャンネル数 5ch
音声フォーマット DolbyDigital・DolbyAtmos
接続方法 Bluetooth・HDMI・Wi-Fi・AirPlay2
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

本体はコンパクト。音のバランスが抜群。リビングでは十分です。反射音で形成されるので両側壁がベストですが自動調整はかなり優秀。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Anker

Soundcore Infini 2

2.1chの没入型サウンドを楽しめる

独自のBassUpテクノロジーにより、迫力と深みのある低音を響かせるサウンドバーです。すべてのスピーカーが内蔵されているオールインワンタイプなので、1台だけで臨場感溢れるサウンドを楽しめます。

 

ムービーモード・音楽モード・ニュースモードの3つのモードを搭載しており、それぞれに適した音域で出力してくれます。

基本情報
サイズ 横幅約900×高さ56×奥行90mm
チャンネル数 2.1ch
音声フォーマット -
接続方法 Bluetooth・HDMI・AUX
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

セパレートのスピーカーが壊れたのでバータイプのスピーカーを購入しました。
高級なスピーカーにも負けない立体感のある音て満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Sonos

Arc Soundbar ARCG1JP1BLK

臨場感のあるサウンドを楽しめるドルビーアトモス対応モデル

ドルビーアトモスに対応したサウンドバーで、3D効果が生まれより臨場感のあるサウンドを楽しめます。人間の声が協調されるよう微調整されているため、しっかりストーリーに集中できるのが魅力です。

 

Amazon Alexaを搭載しているので音声で指示ができ、ハンズフリーで操作できます。

基本情報
サイズ 幅114.2×高さ8.7×奥行11.6cm
チャンネル数
音声フォーマット
接続方法 WiFi・HDMI・Apple AirPlay 2
入力端子
ドルビーアトモス対応
AAC対応
イコライザー
専用リモコン
音声アシスタント
壁掛け対応
もっと見る

口コミを紹介

Dolby Atmosの効果は素晴らしくアクション映画などでは上から降り注ぐ音響効果が実感できます。
Sonos Arc自体の音響チューニングも素晴らしいのでクリアでスピード感のあるサウンド効果が映画の臨場感を一層引き立ててくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

音質重視サウンドバーのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 サイズ チャンネル数 音声フォーマット 接続方法 入力端子 ドルビーアトモス対応 AAC対応 イコライザー 専用リモコン 音声アシスタント 壁掛け対応
1位 アイテムID:14492110の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ブラビアとも相性抜群!繊細なサウンドで声が聞きやすい

8.8x90x6.4cm

2.0ch

-

Bluetooth・HDMI

2位 アイテムID:14492107の画像

Amazon

楽天

ヤフー

3次元の立体音響で音楽鑑賞も楽しめる

幅890×高さ64×奥行き960mm

2.1ch

Dolby Atmos・DTS:X

HDMI・光デジタル・USB・Bluetooth

3位 アイテムID:14492104の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ドルビーアトモス対応で7.1.4chの立体音響空間を楽しめる

幅119×高さ5.6×奥行12.5cm

7.1.4ch

Dolby Atmos・DTS: X・MultiBeam

Bluetooth・Wi-Fi・HDMI

4位 アイテムID:14492101の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ワイドで空間的なサウンドを実現するサウンドバー

幅59.4×高さ5.6×奥行き10.2cm

2.0ch

Dolby Digital

Bluetooth・HDMI・光デジタル・AUX

光デジタル・HDMI

5位 アイテムID:14492098の画像

Amazon

そこにいるような臨場感を体感できるサウンドバー

幅930×高さ62×奥行き109mm

5.1ch

DTS・DTS:X・Dolby Digital

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi

6位 アイテムID:14492095の画像

Amazon

楽天

ヤフー

洗練されたデザインと卓越したサウンドを実現

幅97.8x高さ5.72x奥行き10.8cm

-

Dolby Digital

Bluetooth・Wi-Fi・HDMI

7位 アイテムID:14492092の画像

Amazon

全方位からの音に包み込まれるソニー独自のリアルな音響空間

幅1000×高さ64×奥行き98mm

3.1ch

Dolby Atmos・Dolby Digital・DTS:X

Bluetooth・HDMI

8位 アイテムID:14492089の画像

Amazon

楽天

ヤフー

臨場感あふれる3Dサラウンドが楽しめるサウンドバー

幅1050×高さ78×奥行き129mm

3.1ch

Dolby Atmos・DTS・DTS:X・AAC

HDMI・Bluetooth

9位 アイテムID:14492085の画像

Amazon

楽天

ヤフー

9つのスピーカーを備えた幅の広いサウンドステージ

幅900x高さ85x奥行き140mm

3.0ch

Dolby Digital

Wi-Fi・無線LAN

10位 アイテムID:14492082の画像

Amazon

三次元的な立体空間を楽しめる新製品

幅709x高さ60.5x奥行100.5 mm

5ch

DolbyDigital・DolbyAtmos

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi・AirPlay2

11位 アイテムID:14492079の画像

Amazon

楽天

2.1chの没入型サウンドを楽しめる

横幅約900×高さ56×奥行90mm

2.1ch

-

Bluetooth・HDMI・AUX

12位 アイテムID:14492076の画像

Amazon

楽天

臨場感のあるサウンドを楽しめるドルビーアトモス対応モデル

幅114.2×高さ8.7×奥行11.6cm

WiFi・HDMI・Apple AirPlay 2

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

サウンドバーとシアターバーは何が違う?

サウンドバーとは文字通り音声機器ですが、一方シアターバーとは音声機能に映像機能も付いている機器です。通販サイトなどで購入する際に表記が紛らわしい場合があるので、しっかりと確認して購入するようにしましょう。

各メーカーの新製品など最新情報もチェック

今回は人気の高いおすすめ商品をご紹介してきましたが、最新商品をチェックしたい方には公式ホームページをおすすめします。発売前の新作情報なども公開されている場合が多いので、新製品の購入に興味のある方はぜひチェックして比較してみてください。

 

以下のリンクからソニーの公式ホームページを見られるので、サウンドバーの最新情報をぜひチェックしてみてください。

大画面で楽しみたいならプロジェクターもチェック

映画・スポーツ・ゲームなどを大画面で楽しみたい方は、プロジェクターの購入も検討してみてください。高画質な映像を楽しめる4K解像度に対応したものや、スペースが限られている場所でも使いやすい短焦点プロジェクターなどさまざまな種類があります。

 

以下の記事では、プロジェクターの人気おすすめランキング16選をご紹介していますので、購入を検討されている方はぜひあわせて参考にしてみてください。

まとめ

サウンドバーの選び方とおすすめ商品をご紹介しました。サウンドバーがあれば、自宅で迫力のあるサウンドを楽しめます。本記事を参考に、数多くの選択肢の中から用途に合ったサウンドバーを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年12月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ヘッドマウントディスプレイおすすめ人気ランキング15選【モニター代わりや映画鑑賞にも】

ヘッドマウントディスプレイおすすめ人気ランキング15選【モニター代わりや映画鑑賞にも】

VRゴーグル・VRヘッドセット
テレビ用スピーカーのおすすめ人気ランキング14選【安いものや高音質も】

テレビ用スピーカーのおすすめ人気ランキング14選【安いものや高音質も】

ホームシアタースピーカー
【専門家監修】スピーカーのおすすめ人気ランキング26選【高音質なものも】

【専門家監修】スピーカーのおすすめ人気ランキング26選【高音質なものも】

スピーカー
DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】

DVD一体型プロジェクターのおすすめ人気ランキング3選【デメリット解説・スマホ対応も】

プロジェクタ
リビング照明のおすすめ人気ランキング22選【北欧風のおしゃれなものも】

リビング照明のおすすめ人気ランキング22選【北欧風のおしゃれなものも】

照明器具・天井照明
【家電販売員監修】音楽プレーヤー(DAP)のおすすめ9選|MP3プレーヤーを厳選

【家電販売員監修】音楽プレーヤー(DAP)のおすすめ9選|MP3プレーヤーを厳選

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)

アクセスランキング

テレビ用スピーカーのおすすめ人気ランキング14選【安いものや高音質も】のサムネイル画像

テレビ用スピーカーのおすすめ人気ランキング14選【安いものや高音質も】

ホームシアタースピーカー
サウンドバーのおすすめ人気ランキング21選【音楽鑑賞に後悔しないものを】のサムネイル画像

サウンドバーのおすすめ人気ランキング21選【音楽鑑賞に後悔しないものを】

ホームシアタースピーカー
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。