薄型冷蔵庫の人気おすすめランキング10選【2020年度最新版】

記事ID13339のサムネイル画像

限られたスペースだから薄型の冷蔵庫を探しているけど、選ぶ基準がわからないという方必見です。一人暮らしの小型から比較的奥行きのある300L〜400Lの家庭用や大容量まで、日立・パナソニック・三菱・アクアなどの人気モデル等、おすすめの薄型冷蔵庫をご紹介します。

65cm以下!薄型冷蔵庫のトレンドは”スリム型”

ひと口に冷蔵庫で「薄型」といっても、一体どの位のサイズが目安か意外とわからないものですよね。また、「薄型」だと容量が心配です。一般的な薄型冷蔵庫の主流のサイズは、400Lクラスの冷蔵庫で奥行きは約65〜70cm位、500L以上であれば70cm以上のものもあります。

 

基本的に、奥行き65cm以下のものが「薄型冷蔵庫」と呼ばれています。「薄型だと容量も小さくなる」というのは誤解で、大容量でも薄型の製品があります。また、最近のトレンドは奥行きだけでなく横幅もスリムな2階建てバス型で、幅がたったの54cm!というのもあるんです。

 

ひと口に「薄型」といってもさまざまで悩みますよね。そこで今回は薄型冷蔵庫の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、使用人数(家族)、機能、価格などを基準に作成しました。購入を迷われてる方は、ぜひ参考にしてみてください。

薄型冷蔵庫のメリットとデメリット

薄型冷蔵庫は奥行きサイズを小さく調整することで容量を確保していますが、メリットとデメリットがあります。

薄型冷蔵庫のメリット

薄型冷蔵庫のメリットは、何と言っても狭いキッチン空間でも場所を取らない省スペースであることです。冷蔵庫の中の物を取り出しやすいという点もあり、冷蔵庫を開けている時間が短く、電気代の節約にもなります。

 

薄型冷蔵庫はコンパクトに作られているので、他の同じサイズの冷蔵庫と比較すると価格も安く抑えらえています。最新型の薄型冷蔵庫だと省エネ性能が高いモデルもあるのもおすすめポイントです。

薄型冷蔵庫のデメリット

「薄型」冷蔵庫は、決して容量が小さいわけではありません。なぜなら、奥行のサイズが小さい代わりに幅と高さを増して容量の大きさを維持しているからです。つまり、ある程度の横幅と高さのスペースが必要です。薄型冷蔵庫の高さは概ね約180cm以上のものが多い傾向にあります。

 

身長が低いと食品を取り出しにくいというデメリットがあります。横幅が小さいサイズのスリム薄型もありますが、容量には限界があります。薄型冷蔵庫を選ぶ際には、容量がある程度で良いという方にはおすすめですが、大きい容量が必要であれば慎重に検討しましょう。

薄型冷蔵庫を人気メーカーごとに比較!

最近の薄型冷蔵庫の人気製品4つのそれぞれの特徴についてご紹介します。

日立製作所の幅がわずか54cmのスリム冷蔵庫「R-K32JV」

サイズは310L、幅は54cmというスリムな冷蔵庫で3ドアタイプの日立の冷蔵庫。野菜室のうるおいを守る間接冷却カバーにより、野菜から出る水分を野菜室内に閉じ込めることで長期間野菜のみずみずしさを守ってくれます。 2人暮らしにおすすめのサイズです。

パナソニックの幅48cm超省スペース小型冷蔵庫「NR-B17CW」

とにかくキッチンにスペースがない1人暮らしの方におすすめのパナソニックの168L小型冷蔵庫。幅はたったの48cmというコンパクトサイズです。上部が耐熱天板なので、レンジなども置いて賢く省スペースで使える冷蔵庫です。

三菱電機の切れちゃう瞬冷凍500L大容量「MR-WX52E」

500L以上の大容量なのに65cmという幅の三菱の冷蔵庫。3〜5人のファミリー用です。断熱材の性能が高いのが特徴で、庫内の壁を薄く設計しても冷気が逃げないのがこの大きさの秘密です。 切れちゃう瞬冷凍」というキャッチフレーズで冷凍しても食材に包丁が入る冷凍を実現。

アクアのおしゃれな500L大容量「TZシリーズ AQR-TZ51」

アクアの人気「TZシリーズ」の魅力は、洗練されたデザインと500Lクラスなのに奥行き63.5cmの薄型であることです。従来の機種よりなんと約8cmも薄くなっているんです!幅は約83cmとワイドなのである程度の広さがあるキッチン向きで、3~5人の家族向けです。

薄型冷蔵庫の選び方

暮らしている人数、キッチンの広さや普段食材が多いかどうかのライフスタイルなどを基準にした選び方を解説します。

 

一人暮らしか家族暮らしか「使用人数」で選ぶ

冷蔵庫は、一人暮らしか家族暮らしかによって選ぶ大きさも変わりますよね。容量の目安は、実は下記のような計算式があるんです。

 

容量=70L×人数+100L(備蓄容量)+70L(予備容量)

一人暮らしは「容量240L」が目安

一人暮らしの冷蔵庫は、最低でも100L以上の容量が必要です。 自炊するかしないかにもよりますが、野菜や調味料、作り置きを入れるスペースも考えて150~250Lの薄型冷蔵庫がおすすめです。 自炊はしない方でも冷凍食品をよく買う方は130~150L位はあるものを選びましょう。

2人暮らしは「容量310L」が目安

二人暮らしであれば200L後半〜400Lの薄型冷蔵庫おすすめですが、台所の大きさに合う容量を選ぶ必要があります。扉の開け閉めが十分にできるかスペースも考えましょう。機能が充実するのは400L以上ですが、多機能なものを望まなければ310L位で問題はありません。

3人以上の家族暮らしは「容量380L~520L」が目安

基準となる計算式に当てはめると、3人暮らしの場合では、「70L×3人+100L+70L=380L」で380Lが目安です。 ただし、あくまで目安でしかなく、ライフスタイルによって異なります。普段の食材の買い物の頻度や量が多い場合は大きめの容量を選ぶことをおすすめします。

「使用場所」や「ライフスタイル」に応じた機能で選ぶ

冷蔵庫を置く場所が限られていたり、食材がいつも多かったり、野菜室が大きい方がいいなど個人差があるものですよね。あなたが欲しい機能を見つけられるよう選び方を解説します。

配置場所が選べないなら「どっちもドア」がおすすめ

冷蔵庫は床のスペースだけではなく、扉の開閉が十分にできるかも考えて配置をしなければなりません。冷蔵室の扉が左右どちらからでも開けるモデルであれば、キッチンの配置を気にせず使えて便利です。転勤などで引っ越しが多い方もこのタイプを選んでおくと安心です。

省スペースだけど食材が多いなら「大容量」がおすすめ

断熱材の性能が高ければ、庫内の壁を薄く設計されていても冷気は逃げません。冷たい状態を保てるので、薄型なのに大容量の冷蔵庫が実現できます。例えば、三菱の冷蔵庫には、500L以上の容量なのに幅が65cmという優れた薄型冷蔵庫もあります。

ヘルシー志向なら「真ん中野菜室の3ドア」がおすすめ

ヘルシー志向で野菜を買う量が多い場合は3ドアタイプで冷凍室、野菜室、冷蔵室が分かれている製品がおすすめです。観音開きのフレンチドアは冷蔵室、引き出し式の冷凍室と野菜室になっているものです。ちなみに、容量450L以上はフレンチドアタイプが多い傾向にあります。

自動的に氷を作れるものなら「自動製氷機能搭載」がおすすめ

一年中氷を使うことが多い場合は、自動製氷機能が搭載されているモデルがおすすめです。ただし、自動製氷機は常に作動しっぱなしなので、お手入れしていないと氷から異臭がしたり、カビが付着することもあります。給水タンクの手入れを定期的に行いましょう。

「価格」で選ぶ

機能も大事だけど価格を重視したい方の選び方をご紹介します。

基本的な機能で十分なら「スリム冷蔵庫」がおすすめ

通常サイズの冷蔵庫と比較して、スリム冷蔵庫は価格が安い傾向にあるので経済的にも優しい冷蔵庫といえます。 冷蔵庫は容量が大きくなればなるほどお値段が高くなります。

 

価格相場は容量100L〜200Lで2万〜5万、200〜300Lは3万5000円〜10万、300L〜400Lは6万〜13万と幅広くあります。400L以上は10万円〜、500L以上は12万円〜が目安です。

電気代が気になるなら「省エネ性能」がおすすめ

実は、冷蔵庫は家庭の電力消費に占める割合は家電の中でも最大といわれているんです!1日中稼働している冷蔵庫だから納得ですよね。しかし、10年前の冷蔵庫と最新のモデルの消費電力を比較すると、最新モデルは2/3以下というほどに省エネ機能も進化しています。

 

電気代が年間30,000円だったのが省エネモデルにして2/3だと19,800円で年間1万円以上もお得です。最新モデルの中には、省エネ機能が充実していれば大きなサイズの冷蔵庫でも逆に節電になる製品もあるので「大容量=電気代が高い」という固定概念を捨ててチェックしましょう。

薄型冷蔵庫の人気おすすめランキング10選

10位

シャープ(SHARP)

シャープ SJ-D14C-W

価格:15,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つけかえどっちもドアだから配置に悩まないコンパクト冷蔵庫

「つけかえどっちもドア」でドアの開閉方向を付け換えできる2ドア冷蔵庫(137 L)。電子レンジも乗せられる耐荷重30kgまでの「耐熱100度のトップテーブル」を採用。まとめ買いが多く、容量が欲しい人に便利な「46Lボトムフリーザー」や収納しやすいフリーケース付き。

サイズ幅480x高さ1125x奥行590mm定格内容積 137 L
ドア2 ドア/どっちもドア省エネ基準達成率92%
自動製氷 -

口コミをご紹介

特に問題なく使用しています。氷を作るトレーやスペースもあるし、内容量も一人暮らしなら余裕です。二人になるとおそらく少し足りないかも。コスパはいいと思いますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SHARP

シャープ SJ-PD28F-T

価格:80,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メガフリーザーでまとめ買い冷凍保存OK!シャキッと野菜室で美味しく保存

右開きタイプ2ドアで引き出しケース式ボトムフリーザー付き、たっぷりフレッシュケース&野菜ケース付き。いつも大量のまとめ買いをする方や野菜のみずみずしさを保ちたい方におすすめです。大容量の冷凍室「メガフリーザー」(125L)を搭載した冷蔵庫(280L)。

 

整理しやすい4段ケースがあるのも魅力。「プラズマクラスターイオン」で除菌されたクリーンな冷気が循環。野菜がみずみずしく保てるのは「シャキット野菜室」を搭載しているから。「おいそぎ冷凍」機能で一気に冷凍して、栄養分と美味しい野菜の味を維持します。

サイズ幅560x高さ1568x奥行665mm定格内容積 280 L
ドア2 ドア右開き省エネ基準達成率104%
自動製氷 -

口コミをご紹介

全体の半分くらいのスペースが冷凍庫です、以前使っていたのは350Lくらいのサイズの冷蔵庫だったのですがそれより冷凍庫のスペースが広いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

東芝

東芝 GR-S510FH-EC

価格:197,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

摘みたて野菜のように冷蔵保存できる幅65cmの「うるおい冷蔵庫」 

幅65cmのスタンダードなモデルの6ドア「うるおい冷蔵庫」。「うるおい冷気」で乾燥を防いで食品の風味を保ってくれます。その他、優れた冷凍機能の「切り替え冷凍室」「オートパワフル冷凍室」、重い野菜の出し入れが簡単な「野菜室がまんなか」設計が特徴。

 

「新鮮 摘みたて野菜室」ではエチレン分解機能とツイン冷却の低温高湿度冷気で、まるで収穫したてのようなみずみずしい野菜のままで冷蔵庫に保管できます。

サイズ幅650x高さ1833x奥行699mm定格内容積509 L
ドア6 ドア/フレンチドア(観音開き)省エネ基準達成率100%
自動製氷
7位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック NR-B17CW-W

価格:49,419円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅48cm容量168L!作り置きに便利な大きめ冷凍室のコンパクト冷蔵庫

一人暮らしにも最適な買い置きや作り置きに便利な大きめの冷凍室の設計になっているパーソナル冷蔵庫。ガラストレイでお手入れも簡単。耐熱温度が100度までの「耐熱トップテーブル」を採用し、抗菌脱臭機能付き。

サイズ幅480x高さ1293x奥行586 mm定格内容積168 L
ドア2 ドア右開き省エネ基準達成率100%
自動製氷

口コミをご紹介

2世帯住宅の1階で使用。動作音も静か、70歳独身の私には容量たっぷりの168リッターでこのお値段。さすがは松下電工。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

シャープ

シャープ SJ-W352F-S

価格:82,044円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背が低い女性でも安心の高さ169cm冷蔵庫

高さは低めの169cmなので最上段でも楽に手が届く冷蔵庫(350L)。「どっちもドア」でドアが右にも左にも開くので設置場所も選びません。背が低めの女性向きのローウエスト設計で、重いペットボトルでも負担なく出し入れできます。

 

LED照明で自然な食品の色が確認できます。触媒にナノサイズの粒子を採用。脱臭+抗菌作用で臭いや雑菌、カビなどを抑えてくれます。

サイズ幅600x高さ1690x奥行665mm定格内容積350 L
ドア3ドア/左右開き省エネ基準達成率83%
自動製氷-

口コミをご紹介

両開きという事もあり取り出しは楽チンです。ドアポケットが前後二重になってるので調味料やパック飲み物など沢山入ります。音などはなく非常に静かです。最初は冷媒が回る音がしましたが落ち着いたあとはかなり静かですね。冷蔵と同じ部屋で過ごしていますがテレビ等消していても音は聞こえません。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Panasonic

パナソニック NR-FV45S6-W

価格:174,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

奥行き63.3cmで100%全開のワンダフルオープンのエコ冷蔵庫

野菜室・冷凍室(下段)が100%全開の「ワンダフルオープン」で奥行き薄型63.3cm、容量451Lの薄型冷蔵庫。「トップユニット方式」で奥の食品も取り出しやすいのが便利で魅力。「エコナビ」を搭載し、3つのエコ機能が自動で節電してくれます。

 

タンクに水を入れておけば最速約80分で自動できれいな氷を作ってくれます。

サイズ幅685x高さ1828x奥行633mm定格内容積451L
ドア6ドア/フレンチドア(観音開き)省エネ基準達成率67%
自動製氷
4位

日立

日立 R-XG43K XW

価格:168,000円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食品の鮮度を長持ちさせる6ドアの430L冷蔵庫

真空で密閉保存し、食品の鮮度が長持ちする「真空チルド」のフレンチ6ドア冷蔵庫。容量は430 L。約2度の低温で肉や野菜の鮮度が長持ちし、温かい食品をサッと急冷却する「スポット冷蔵」を搭載。野菜を保存する「新鮮スリープ野菜室」は野菜のみずみずしさを保ちます。

サイズ幅650x高さ1818x奥行643mm定格内容積 430 L
ドア6ドア/フレンチドア(観音開き)省エネ基準達成率89%
自動製氷

口コミをご紹介

機能が充実していて使いやすい。ドアが観音開きなので、ドアの収納量が片開きドアに比べて少ない。各収納が仕切られていて分けて収納しやすい。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

AQUA

AQUA TZシリーズ AQR-TZ51J-T

価格:182,619円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

奥行き63.5cmで512Lの大容量!食品ロスを抑えるワイド冷蔵庫

奥行き63.5cmで最上段の奥まで手が届く薄型設計で512L大容量の冷蔵庫。収納している食品が一目でわかり、食品ロスを抑える「ワイド冷蔵室」。たっぷり入る「大容量6BOX冷凍室」、最大約170個貯氷できるアイスボックス、冷凍焼けを抑える「旬鮮フリーザー」搭載。

サイズ幅830x高さ1825x奥行635 mm定格内容積 512L
ドア4ドア/フレンチドア(観音開き)省エネ基準達成率103%
自動製氷

口コミをご紹介

菜室の小ささにかなり躊躇しましたが、実際使ってみると必要十分で問題なし!ガラスの天板のおかげでどんな野菜が入っているか確認しやすいです!冷凍室も整理整頓しやすく、カッコいい。大手国産メーカーには無いデザインですね!!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

日立(HITACHI)

日立 R-V32KV N

価格:105,800円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

R-V32JVの新モデル!幅がわずか54cmの3ドア右開き冷蔵庫

R-V32JVの新モデル。製品の機能は基本的に同じですが、違いは旧モデルより更に高い質感がある新デザイン。スリムな60cm幅の片開き3ドアタイプで野菜室を真ん中に入れる「まんなか野菜室」設計。容量は315 L。

 

食品に直接冷気を当てないことで食品の乾燥を抑える「うるおいチルド」を採用。肉や魚、野菜などの生鮮食品を保存するのに、食品のうるおいをキープすることにこだわった機能や設計になっているのが特徴です。

サイズ幅540x高さ1735x奥行655 mm定格内容積315 L
ドア3ドア/右開き省エネ基準達成率102%
自動製氷

口コミをご紹介

うるおいチルド、うるおい野菜室は嬉しい機能です。脱臭効果もいいですね。どれも以前にはなかった機能です。音もとても静かですし、扉を開くと以前は、鳴りっぱなしだった警告音も改善されています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

三菱

三菱 MR-WX52E-W

価格:222,248円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅65cmでスリムなのに517Lの大容量な冷蔵庫

「薄型断熱構造SMART CUBE」を採用。517 Lの大容量なのにスリムな幅65cmを実現した冷蔵庫。「切れちゃう瞬冷凍A.I.」で食品を美味しく保存してくれます。約-7度で凍らせ、冷凍した食材を解凍なしですぐに使えて、冷凍されているのに必要な分だけ切れるのが魅力。

サイズ幅650x高さ1821x奥行699mm定格内容積517 L
ドア6ドア/フレンチドア(観音開き)省エネ基準達成率115%
自動製氷

薄型冷蔵庫のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5882362の画像

    三菱

  • 2
    アイテムID:5882379の画像

    日立(HITACHI)

  • 3
    アイテムID:5863296の画像

    AQUA

  • 4
    アイテムID:5863313の画像

    日立

  • 5
    アイテムID:5882398の画像

    Panasonic

  • 6
    アイテムID:5882436の画像

    シャープ

  • 7
    アイテムID:5882450の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 8
    アイテムID:5880127の画像

    東芝

  • 9
    アイテムID:5863428の画像

    SHARP

  • 10
    アイテムID:5863441の画像

    シャープ(SHARP)

  • 商品名
  • 三菱 MR-WX52E-W
  • 日立 R-V32KV N
  • AQUA TZシリーズ AQR-TZ51J-T
  • 日立 R-XG43K XW
  • パナソニック NR-FV45S6-W
  • シャープ SJ-W352F-S
  • パナソニック NR-B17CW-W
  • 東芝 GR-S510FH-EC
  • シャープ SJ-PD28F-T
  • シャープ SJ-D14C-W
  • 特徴
  • 幅65cmでスリムなのに517Lの大容量な冷蔵庫
  • R-V32JVの新モデル!幅がわずか54cmの3ドア右開き冷蔵庫
  • 奥行き63.5cmで512Lの大容量!食品ロスを抑えるワイド冷蔵庫
  • 食品の鮮度を長持ちさせる6ドアの430L冷蔵庫
  • 奥行き63.3cmで100%全開のワンダフルオープンのエコ冷蔵庫
  • 背が低い女性でも安心の高さ169cm冷蔵庫
  • 幅48cm容量168L!作り置きに便利な大きめ冷凍室のコンパクト冷蔵庫
  • 摘みたて野菜のように冷蔵保存できる幅65cmの「うるおい冷蔵庫」 
  • メガフリーザーでまとめ買い冷凍保存OK!シャキッと野菜室で美味しく保存
  • つけかえどっちもドアだから配置に悩まないコンパクト冷蔵庫
  • 価格
  • 222248円(税込)
  • 105800円(税込)
  • 182619円(税込)
  • 168000円(税込)
  • 174800円(税込)
  • 82044円(税込)
  • 49419円(税込)
  • 197000円(税込)
  • 80000円(税込)
  • 15000円(税込)
  • サイズ
  • 幅650x高さ1821x奥行699mm
  • 幅540x高さ1735x奥行655 mm
  • 幅830x高さ1825x奥行635 mm
  • 幅650x高さ1818x奥行643mm
  • 幅685x高さ1828x奥行633mm
  • 幅600x高さ1690x奥行665mm
  • 幅480x高さ1293x奥行586 mm
  • 幅650x高さ1833x奥行699mm
  • 幅560x高さ1568x奥行665mm
  • 幅480x高さ1125x奥行590mm
  • 定格内容積
  • 517 L
  • 315 L
  • 512L
  • 430 L
  • 451L
  • 350 L
  • 168 L
  • 509 L
  • 280 L
  • 137 L
  • ドア
  • 6ドア/フレンチドア(観音開き)
  • 3ドア/右開き
  • 4ドア/フレンチドア(観音開き)
  • 6ドア/フレンチドア(観音開き)
  • 6ドア/フレンチドア(観音開き)
  • 3ドア/左右開き
  • 2 ドア右開き
  • 6 ドア/フレンチドア(観音開き)
  • 2 ドア右開き
  • 2 ドア/どっちもドア
  • 省エネ基準達成率
  • 115%
  • 102%
  • 103%
  • 89%
  • 67%
  • 83%
  • 100%
  • 100%
  • 104%
  • 92%
  • 自動製氷
  • -
  • -
  • -

冷蔵庫の寿命と買い換えどき

冷蔵庫の寿命は約10年位です。故障の多くは、コンプレッサーやファンのトラブルです。食材の詰め込み過ぎや扉の開閉を頻繁にし過ぎたことが原因で寿命を短くなることがあります。10年経つと故障しても既に部品が製造していないこともあります。その場合も買い換えどきです。

 

また、「冷えない」「異音がする」「水漏れ」などの症状は部品の劣化が考えられます。放置していると冷却能力の低下が進行する可能性もあります。最新の省エネ性能に優れた薄型冷蔵庫だと年間の電気代が1万円以上安くなることもあるので、修理代を払うより安く済む可能性大です。

薄型冷蔵庫を購入するときの注意点

スペースが心配で薄型冷蔵庫を購入する場合、設置スペースのサイズや容量について注意しなければいけないポイントがあります。それらについて解説します。

薄型冷蔵庫の容量は「食品収納スペースの目安」も確認しよう

冷蔵庫の容量は基本的に「定格内容積」で表示されています。これは、冷却可能な空間容積の数値です。トレーの外側からの容積で、実際の食材の収納スペースではありません。薄型冷蔵庫のスペースを厳密に検討するときは「食品収納スペースの目安」を確認してください。

 

容量の表示は「定格容量 <食品収納スペースの目安>」の数値を参考にしてください。同じ定格容量で違う製品を比較するときは<>の中の数値を確認しましょう。同じ容量なのに食品収納スペースに大きく差があることがあります。

薄型冷蔵庫と設置場所には「隙間」が必要

冷蔵庫を設置するとき、冷蔵庫との間に最低限の放熱スペースが必要です。背面の隙間は不要ですが、おおよそ最低上面5cm、側面1cmのスペースは確保しなければなりません。熱がこもってしまい、冷却が薄れてしまうのが理由です。必要な隙間が確保できる薄型冷蔵庫を選びましょう。

観音開きのフレンチドアは「側面の隙間」が約2〜3.5㎝必要

観音開きのフレンチドアは、通常扉が90度開けば使える設計になっています。90度扉を開くには壁との間に少し隙間が必要です。その隙間は約2cm~3.5cmですが、メーカーによって異なるので注意しましょう。

運搬には通路に「冷蔵庫の幅+10cmの余裕」が必要

意外と見落としがちな自宅のエレベータ、階段、通路、玄関などの幅に注意してください。また、運搬するときは、冷蔵庫のサイズ(幅)+10センチ程度の余裕が必要です。冷蔵庫は約100kgの重量です。運搬については購入の際に相談しましょう。

以前使っていた冷蔵庫の処分はリサイクル業者等に依頼する

新しい薄型冷蔵庫を購入した場合、以前まで使っていた冷蔵庫が邪魔になる可能性があります。以前までの冷蔵庫を処分する必要がありますが、リサイクル法によって処分方法が決められています。費用は自己負担です。

 

家電量販店等で薄型冷蔵庫を購入した場合は各店舗のリサイクルサービスに依頼すれば問題はありません。通販で薄型冷蔵庫を購入した場合は、処分業者やリサイクル業者に自分で依頼を行って処分してください。

まとめ

今回は暮らしの人数、機能、価格を基準に薄型冷蔵庫のおすすめ人気ランキング10選についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。省スペースだけでなく省エネもできる最近の冷蔵庫は魅力的ですよね。ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

また、下記記事では一人暮らし用冷蔵庫のおすすめランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ