100人に調査|カビ取り剤の人気おすすめランキング10選【お風呂やキッチンの最強カビ対策】

記事ID11716のサムネイル画像

浴室のゴムパッキンやお部屋の壁紙・キッチンのタイルなどのカビ落としに欠かせないカビ取り剤。今回は男女100人にアンケートを実施し、カビ取り剤の選び方とおすすめ商品を調査しました。最強のカビ取り剤を使用者の口コミとともにご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

人気のカビ取り剤を100人に調査!

※サムネイルで使用した商品画像は同記事内で引用しています。

※サムネイルで使用した商品画像は同記事内で引用しています。

カビ取り剤は浴室やキッチン・お部屋の壁紙のカビ落とし役立ってくれるアイテムです。普通の洗剤ではなかなか落ちない黒カビの除去も簡単にでき、特にカビが気になる梅雨の時期には欠かせないと感じている方も多いかと思います。

 

しかし実は、カビ取り剤と一口に言っても、カビ取りスプレーやカビ取りジェルなどいろいろな商品があり、それぞれ特徴が異なるんです!メリットやデメリットをよく理解し、用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

そこで今回は男女100人にアンケートを実施し、カビ取り剤の選び方やおすすめ商品を調査し、「ジョンソン カビキラー」が1位を獲得しています。購入のきっかけや口コミも併せてご紹介しますので、購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

カビ取り剤は「タイプ・使いやすさ・コスパ」で選ぼう!

カビ取り剤を選ぶ際に最も重視しているポイントを調査しました。アンケートの結果、タイプ・使いやすさ・コスパを重視している方が多く、第1位はジェル・スプレー・クリームなどカビ取り剤のタイプで選ぶといった回答が37%でした。

 

カビには赤カビ・黒カビ・緑カビなどの種類があり、発生する場所によって異なります。それぞれのカビは落とし方も異なるため、目的に合ったカビ取り剤を選んで効果的に使うのが重要です。

 

ここからは、カビ取り剤のタイプ・使いやすさ・コスパについて解説していきます。すぐにランキングを見たい方は下記ボタンからご覧ください。

使用場所に合わせて「タイプ」をチェック

カビ取り剤はタイプで選ぶと回答した方が最も多い結果でした。カビ取り剤はジェル・スプレー・クリームの3つのタイプがあり、ジェルタイプはしっかり密着して垂れにくく、狙った場所にピンポイントで使えるといった声が多かったです。

 

スプレータイプは広範囲のカビの除去に適しており、掃除したいときにすぐに使える手軽さと、手が届かない場所にも塗布できる便利さに魅力を感じているようでした。クリームタイプもジェルタイプ同様、液だれのしにくさと塗りやすい点が評価されています。

 

広い場所はスプレータイプ・細かい場所はジェルやクリームタイプを使うなど場所に合わせて使い分けをしている方も多く、より効果的にカビを落としたい方は試してみてください。

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
20代
女性
専業主婦
実家でも使用していたのが、(泡で出る)スプレータイプだったので。スプレー後、洗い流すだけで済むので手が汚れない点がうれしい。多少放置してもなんとかなりそう(ジェル・クリームは長時間放置すると設備に悪そう)。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
会社員
カビの生えている箇所に応じたタイプで効率的に掃除をしたいとしたいと考えるため。目的に応じた形状でないと材質を痛める可能性があるんのではないかあるんのではないかと考えるため。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
アルバイト・パート
ジェルタイプなら、密着度も高いのでカビとりに効果を期待できることと、カビの部分だけにかけることができるので、カビ取り剤をかけたくないと露を避けることがでできて使いやすいからです。。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
専業主婦
サッと簡単に使える物が良かったので、泡で出るスプレータイプを購入しました。また、ドラッグストアで手軽に購入出来たことも理由の一つです。他のタイプを使用したことがないのでいつも同じ物を買ってしまうというのもありますが…。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
専業主婦
威力が強く、すぐに効果を得たいので濃いカビ取りが欲しかった。ジェルだと垂れることもなく、カビのひどい場所にも止まりやすいので素人でも使いやすくて日常使いできると思ったから。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
自営業・自由業
カビ取り剤はジェルタイプかスプレータイプしか使いません。理由は、ジェルタイプはカビにピンポイントで使えるから。スプレーは、広範囲のカビ取りに大変便利だからです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
会社員
カビ取り剤は素手で触れないほどきついイメージがあるため、できるだけ素手で触らず、壁などにカビ取り剤が長く付着し浸透することで効果が期待できそうなものを選ぶようにしているため。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
男性
無職
我が家ではカビ取り剤には、昔からスプレータイプのものを使用しています。ホームセンターに行けば、かなり強力仕様のものが数を揃えて販売されていますので、これまで購入するのに困ったことはありません。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
20代
女性
専業主婦
ジェルタイプだと直にカビの根元に行き届いて粘度、密着度や吸着度も高いので、カビが落ちやすいです。噴射して空気中に広がらないので、人体への影響も少ないと感じます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
無職
ジェルタイプはスプレーしても流れず何分かそのままにしたらシャワーだけでも十分にきれいになります。垂れてこないのがいいです。そこの部分に直接効くからとてもよいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
男性
会社員
カビ取り剤をまんべんなくふりかけ、しばらく浸すのに最適なスプレータイプを選びました。また、カビの部分に直接振りかけるので手にカビ取り剤が付きにくく、手荒れを防げるのも魅力に感じました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
男性
会社員
スプレータイプのカビ取り剤はカビに効く前に流れ落ちてしまって、パッキンのカビをほとんど落とせないという経験から、ジェルタイプの強力なカビ取り剤を選ぶようにしています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
アルバイト・パート
スプレータイプが一番使いやすいのでスプレータイプを選ぶようにしています。浴室で使うことが多いのでクリームやジェルタイプよりスプレータイプがどこにでも届きやすいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
60代
女性
専業主婦
スプレータイプで、なるべく液ダレせず、スプレーした箇所に留まって効いてくれるタイプを探してますが、なかなか有りません。となると使い易さ、扱い易さでスプレータイプを選んでしまいます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
会社員
これまで使用してきたカビ取り剤が泡状スプレータイプでしたので、ゴムパッキンには泡状のものとジェルの効き目に違いがあるのか試してみたくて購入時にタイプを重視しました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
専業主婦
気づいた時に「ちょっと掃除しようかな」という感覚で誰でも簡単に前準備なく使える、スプレータイプのカビ取り剤を購入することが多いです。すぐに使えてカビが取れるのは大事だと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
専業主婦
スプレーライプだといろんなところにスプレーしやすい。塗りやすい。塗って放置しやすい 壁やパッキンやおけ、風呂のふたなどお風呂中にスプレーができるから便利。効果が持続する

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
専業主婦
普段の浴槽のカビ取りではスプレータイプを選んでいます。床や壁や風呂場の四隅のカビはスプレーでないと届きませんし効率が悪いからです。洗面所の蛇口まわりのカビ取りはジェルタイプを買ってピンポイントで落とすようにしています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
アルバイト・パート
前からずっとスプレータイプを使っていて、商品も同じ商品の付け替え用を使っています。特に不便を感じたこともなく、使用していて問題ないのでいつも同じ商品を購入しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
アルバイト・パート
浴室のパッキンのカビが気になり、今までは泡が出るタイプのスプレーを使っていましたが、泡がカビ部分に止まってくれず効果があまり感じられませんでした。そこで、Instagramで見かけた投稿にジェル状のものがカビに止まってくれて落ちるといものがあり、ジェルタイプを重視しました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
専業主婦
スプレータイプである事が絶対条件でした。なぜなら、手が荒れるのでなるべく手にかからない仕様である事です。また、スプレータイプの方がジェルやクリームに比べて広範囲に薄く広がる事も考えました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
20代
女性
専業主婦
スプレータイプだと垂れてきてしまって密着しなかったのでゴムパッキン用のジェルタイプを購入しようと思いました。少し高くてもいいからカビを取り除きたいと思いました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
20代
女性
アルバイト・パート
スプレーだとカビのところに直接かけることが出来て、そのままカビを退治することができます。また、クリームやジェルでも直接塗ることが出来てどんな場所にも使うことができます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
専業主婦
気になった時に手軽に使えて、値段も高くなく、ドラッグストアやスーパーなどで簡単に購入することのできるスプレータイプをいつも選んでいます。全体のバランスを重視して日用品を選ぶことが多いです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
男性
その他
自分自身、今までいろんなところのお部屋などでカビなどが発生して大変苦労して悩んでおりました。それでいろんなカビ取り剤を利用して自分としてはスプレータイプのカビ取り剤を利用をしてからお部屋などのカビは完全ではないのですが一番比較的にカビがとれるからです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
会社員
壁面や浴槽への付着が適切だと思ったから、このタイプのカビ取り剤を利用しています。これらのタイプの多くは、他のカビ取り剤と一緒に使うことで化学反応を起こし、有毒ガスを出すことがあるので気をつけながら使っています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
男性
会社員
ゴム手袋を利用して掃除していますが、直接気になる部分に吹きかけられるスプレータイプがとても便利です。小さな部分に関してはスプレータイプで、頑固な汚れはスプレーをティッシュなどにしみこませ直接しみ込ませた後拭き取っています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
会社員
スプレーなどでひとふきしたのち、あちこちにカビがありますのでしっかりとまずは使いやすさやとりやすいかなど昔ながらの方がいいのそういう点で、ジェルかスプレーでないと掃除がしにくいというのがあります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
アルバイト・パート
保管の使いやすさ、手軽さで選んでいます。スプレーだと範囲広く塗布する事ができ、ジェルだとスプレーでは流れてしまう場所に細かく塗れるので使い勝手がいいです。スプレータイプだとコスパがよいものも多いので。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
アルバイト・パート
スプレーだと届かないようなところに噴射できるのでスプレー式をいつも購入しています。とくにメーカー等こだわりないですが有名な物を買うようにしています。信頼感があるため

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
会社員
スプレータイプの商品などをよく使うので、あと、密着するのでカビに付着しやすいのと、周りに飛び散りにくいので手以外に飛び散らないので安全だと思いこのタイプをよく買います

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
50代
女性
無職
カビにはしっかりと張り付くジェルタイプのもののほうが、しっかりとカビを根こそぎ取ってくれるのでいいと思います。成分やコスパ、使いやすさよりも タイプで選びます・

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
無職
浴室の壁の境目のパッキンをきれいにしようと思い、たれないようにジェルタイプを選びました。ジェルを塗り、ラップをして待っていると、だんだん白くなっていきました。とても満足できました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
男性
会社員
泡スプレータイプをいつも購入しております。壁面の赤カビを取る際に液垂れしにくいからです。局所を集中的にカビ取りする際にも便利なので、泡スプレータイプが重宝しております。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
30代
女性
会社員
主にジェルタイプを購入します。ゴムパッキンなどのカビを落とす場合、塗ってしばらく放置をしないとカビを綺麗に落とせないので、ジェルならしっかりと塗り込めるので選んでいます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

タイプ(ジェル・スプレー・クリーム)
40代
女性
無職
カビ取り剤は、洗剤が強力に作られているので、スプレータイプが細かい所にも使用しやすいと思い、その後の掃除のしやすさを重視しているので、お風呂場で使用しやすいタイプを重視して購入している為。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

目的に合った「使いやすさ」をチェック

カビの除去はなかなか手間がかかる作業なので、できるだけ手軽に行えるようカビ取り剤を選ぶ際は使いやすさを重視するといった回答が26%あり、アンケート第2位でした。

 

短時間で頑固なカビもしっかり除去できる洗浄力が高いものや、ワンプッシュで広範囲に塗布できる使用方法が簡単なもの・刺激臭が少ないものなど、目的に合った使いやすさもしっかりチェックし、効果的にカビ対策をしていきましょう。

 

また、お風呂場などの水回りに特化したものだけでなく、室内でも使える使用範囲が広い商品もあります。1本でいろいろな場所を掃除したい場合はこういった商品も検討してみてください。

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
アルバイト・パート
使いやすさを重視した理由は、手が荒れやすいからです。簡単に使えた方が手への負担が少ないのでとにかく素早く終わらせたくて使いやすさを重視しています。使うのが簡単な方が次もやる気になるという理由もあります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
専業主婦
気がついたら、サッと使えるものじゃないと、なかなか掃除をしない為。あと、使い方が簡単で、時間がかからない物が欲しかったから、使いやすいさを重視した物を選びました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
専業主婦
小さい子供がいるため、使いやすく簡単に出来るものがとても重宝します。子供が触ったりしないためにも、使用方法が簡単で時間のかからないものがとても望ましいので選びました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
会社員
スプレータイプなので簡単に塗布できるところがいい。面倒くさがりなので、刷子などを使って塗布するものは使えない。詰め替え用も売ってあり、スプレー部分を付け替えるだけでいいのも楽で助かる。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
50代
男性
無職
やはり使いやすさだと思います、成分と言われてもしっくりこないし振りかけてほっておいて磨くくらいしかできないので使いやすさを重点にしています。頑固な汚れですのでそこも考慮してます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
専業主婦
掃除が苦手で面倒なのも嫌なので、工程が簡単なものを選ぶようにしています。本当は一度液体をかけたら、そのままほったらかしておける、水もかけなくていい物があれば理想です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
専業主婦
お風呂のカビが気になっていてすぐに対策したかったので、実家でも使っていた同じ商品を選んで購入しました。店頭でも一番目についたので使い方の心配もなく使用できました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
アルバイト・パート
カビは、こすっただけでは取れなくて、取り除くのに時間もかかって大変なので、短時間で効率よく落とせると一番助かると思ったし、強力な成分が入っているので、手など皮膚にダメージを受けないように、スプレータイプで、使いやすいものがいいと思ったから。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
会社員
カビ取り剤を付けたものの結局はブラシでゴシゴシと擦らないといけない商品も今まではありましたので、使いやすさと楽ちんさがとても重要なポイントとさせていただきました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
20代
女性
会社員
普段掃除をしっかりするという時間を取れないため、 できるだけ放置時間のないような時間短縮のできる カビ取り剤を使用したかったため使いやすさを重視した。 またカビ取り剤の匂いが苦手なダメ 匂いが辛くないかどうかと言う点も重視した。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
20代
女性
専業主婦
浴室はカビができやすく、週に何回か掃除をしているので短時間でしっかり使用できる使いやすい商品を選び買います。難しい商品だと逆にめんどくさくなってしまうので、使いやすさを重視しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
20代
男性
会社員
一般家庭での使い方で使用できるもので、効果の高いものが欲しかったから。劇物だと一般市民では購入は困難な為、普段の家庭の掃除で使えてなおかつ効果もあるものを選びたかった為。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
男性
自営業・自由業
液を対象部分に吹きかけて、磨くのが面倒くさいのでそのまま放置させて、数時間後に流すだけで綺麗になるものを選びました。自分の手を汚すリスクも少ないので便利だと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
20代
女性
会社員
インスタなどでよく使用されているのを見ておりスプレーをして布やキッチンペーパーで拭くだけで簡単にカビ予防やカビの除去ができるところ、またスプレーなのでどこでも使いやすい

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
専業主婦
カビ取り剤は使用する際に非かなり気を遣う商品なので、使い勝手に関しては一番気にしています。使い勝手がよく、それでいて効き目もしっかりあるものを選ぶようにしています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
会社員
掃除をしても、塩素系だとその時の匂いが強くて具合が悪くなるし、目に入らないかなど掃除以外に弊害が出たり、注意を払わなかったりしなければならないのが嫌だから。掃除に集中出来る製品が良い。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
男性
会社役員・経営者
カビ取り剤でどのくらいカビに定着させておくかはとての重要ですが、家の壁などサイディングに対しては、面積が広く散布するだけで効果が見込める商品を選択する必要があります。液体で出来たら希釈タイプがいいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
男性
会社員
なんといってもきちんとカビが落ちるかどうか。とにかくお風呂は水カビを含め、なかなかこびりつきやすいために頻度を上げて掃除をすることが面倒な場合にも、簡単にきれいになることがポイント

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
専業主婦
カビキラーの電動タイプを使っています。広範囲を掃除する時に何度もプッシュすると手が疲れるのでとても助かっています。カビ取り剤の電動はジョンソンの商品でしか見た事ないので愛用しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
専業主婦
手軽に使えるスプレータイプで探していました。使いにくいものは結局使わなくなるので、サッと噴射するだけのスプレータイプを選びました。簡単にカビ取りが出来て便利です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
専業主婦
皮膚が弱いので手軽に使えて手が汚れたり荒れたりしないことを最も重視しました。また、子育て中なので短時間で簡単にお掃除できてカビに効果がありそうなことも重視しました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
30代
女性
その他
スプレータイプのカビ取り剤なら、水で薄めなくてもそのままシュッと吹きかければ良いからです。ジェルタイプは、知っているのは茂木和哉さんのカビ取り剤など、かなり高めの値段だったと思うので、安価なスプレータイプにしました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
専業主婦
キッチンのシンク前のタイルの目地とお風呂場のパッキンと外壁に使いたいと思い購入しました。色んな場所に使用出来て扱いやすいタイプは無いからと考えて購入を検討しました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
40代
女性
専業主婦
中身がジェル状で垂れることなくピンポイントにカビだけに塗布してきちんとカビ取りをしておけるので、従来の泡タイプのものと比較するとしっかり塗布出来てとても使いやすいと感じられたから。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
50代
女性
自営業・自由業
酸性の薬品が使われていることがおおいので、安全で使いやすい物がいいです。ジェルタイプだと、液だれしにくく飛び散りにくく、カビがある場所に狙い撃ちでき、薬剤を塗布したまま放置できる為、とても良いと思っています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすさ(使用方法)
50代
女性
会社員
お風呂場のタイルが湯垢やカビですぐに汚れてしまい液状のやつとか色々試してみたりしてコスパやタイプなどを重視もしてたのですがやっぱり手に馴染んで持ちやすい、泡で出るスプレータイプの物が一番しっくりくるので使いやすさえお一番重視しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

使用頻度が高いなら「コスパ」も大切

カビ取り剤を選ぶ際に重視するポイントのアンケート第3位はコスパでした。こまめに掃除したいから安いものがいい・買い替えの頻度を減らしたいから容量が多いものを選ぶといった声が多く、24%の方が回答しています。

 

特に掃除の頻度が高いや広範囲に使う方は、本体の価格や容量はしっかりチェックしておきたいポイントのようです。効果や使いやすさとともに、使用頻度も考慮してカビ取り剤を選びましょう。

 

カビ取り剤は1000円以内で購入できるリーズナブルな価格のものや、大容量の業務用・詰め替えができるタイプ・少量でしっかり効果を発揮するものなど、コスパが良い商品が多く揃っているので、自分に合ったものを見つけてみてください。

コスパ(容量・価格)
30代
女性
会社員
たくさん種類がある中で高価なものを買っても期待したほど効果がなかったらガッカリしてしまうから。また1度に大量に使用するものでもないため、適度な価格のものを選んでしまう。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
専業主婦
頻繁に使用する為、ドラッグストアで購入しやすく、かつネームバリューがある商品にしました。結果、セールになることも多く、比較的安価で入手することができ続けています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
自営業・自由業
すぐに手に入って価格もお手軽の方が、こまめに掃除すると思ったので。浴槽や浴室の壁、床、天井などに使うと結構すぐなくなるので、たくさん入って安い物を選んでしまいます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
アルバイト・パート
よく使用するので、ドラッグストアなどに置いてあって気軽に購入できるものがいいと思いました。ですがなかなか落ちないときにはホームセンターとかで高すぎず安すぎずの商品を見たりしています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
専業主婦
浴室や洗面台などカビが発生しやすい場所にはカビ取り剤を頻繁に使うので、容量が多い商品を選びます。一般的なカビ取り剤は成分も大体同じだと思うので価格を重視しました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
20代
女性
会社員
安くて効果がしっかりあるものが良いと思って、この商品にしました。お値段が安くて、大容量なので一回に限らず何度も使えることができるので満足しています。コスパは大事だと思います

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
アルバイト・パート
浴槽や洗面での使用頻度が高く、すぐになくなるから。近くのドンキでクーポンがでたら必ず買っています。また買い替えの際、詰め替えがあることや、どこにでも売っているものが買いやすい。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
40代
女性
専業主婦
冬場は結露で、とにかく部屋の中の壁にカビが多いです。放っておくと天井にも出て、使う面積も回数も多いので、あまり値段が高いと維持ができません。絶対落ちるし安いというものを選びました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
アルバイト・パート
一回カビ取りを終えたら終了というわけではなく時間が経つと再びカビが出てきたりするので、何回でもリピートしやすいように手軽に購入できるコスパの良い商品を選びました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
20代
女性
会社員
定期的に使用するものなので、内容量が多くて安いタイプの商品がありがたいです。家が大きい分、使用する面積も広いので大きなカビ取り剤があったら購入したくなりますね。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
アルバイト・パート
どこでも買えて、帰りの持ち運びが楽なもの。特にカビ取りにお金をかけたくは無いのでコスパ重視で詰め替えもできるものが優先になり、かつ遠くまで行くのが嫌やなので近場で必ず取扱のある品にした。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
50代
男性
会社員
カビ取り剤といってもピンから入りまであり、値段との費用対効果は使ってみないと分からないので、一般的なカビキラーを選択しています。使用感としては従来より液体のスプレーで下向きには使用しやすいが、壁や天井部分になるとすぐに液が垂れてくる。効果がわかりにくいこともあります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
会社員
週に一度はお風呂場の掃除をしています。その際にカビ対策も行なっているため、効果ももちろんですが頻度多く長く使いやすい製品である商品=コスパが良い商品ですと長く使い続ける事ができると考えます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
40代
女性
アルバイト・パート
使用頻度が多く、こまめに掃除をするとなると、頑固なカビをおとせるような価格が高いものより、そこそこ落ちて効果が実感できる程度で価格が安いもの、家計にとってコスパが良い物の方が経済的だから。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
専業主婦
お風呂のカビ取りは散布箇所が多くてすぐ無くなってしまうので、惜しげなく使えるコスパ良いものを選んでいます。低価格のものでもパッキン部分のカビなどしっかり落ちるので高いものを買うことはありません。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
20代
男性
会社員
またすぐカビになると思うので、落ちるのはもちろんですが、とりあえず回数を沢山やるために、量が沢山入っていて、なるべく安いものの方がよいのではないかと思ったため。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
40代
女性
アルバイト・パート
カビ取りが何種類かあるが、使用感にそれほど違いがないので安いものがいいと思った。たくさん使いたいので、コスパがいいものを選んでいる。スプレー式が使いやすいと感じる。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
40代
男性
会社員
コスパを重視しましたが、比較的頻繁に使う物なので価格が高いと継続して購入出来ないので容量や効果や価格といった総合的な面を見てコスパ重視にしています、価格が高いと家計にも厳しいので。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
40代
男性
その他
100円ショップのやつを買ってますが、それなりに効果もあるし、カビってしばらくするとまたでてくるので、高いやつかっても安いやつかっても一緒のように思うので安いのをかうということですね。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
20代
女性
専業主婦
カビ取りやカビ予防の手入れはこまめに行うので、容量や価格を確認しながら購入しています。元々旦那がコスパ重視の考え方でもあったので、それに影響して値段などを気にするようになりました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
60代
女性
専業主婦
どこでも買えてとにかくお安いです。身近なスーパーやホームセンターに置いてあるので、もし切れていてもすぐに買えるのがいいです、少し漂白臭はしますが、ゴム手袋をして使っているので問題なしです。詰め替えがあるのもポイント高いです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパ(容量・価格)
30代
女性
アルバイト・パート
お風呂掃除で定期的に使うため、あまり高いものは求めておらず、使う量を気にすることなく気軽に使えるものがほしかったため。また、他の洗剤などは100円~高くとも200円ほどで帰るので同程度で探していました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

浴室だけでなく部屋の壁紙も気になるポイント

アンケートにてカビ取り剤を購入しようと思ったきっかけについて調査したところ、最も回答が多かったのが浴槽・浴室の天井のカビで、次点がゴムパッキン・タイルのカビと、主に水回りのカビ落としのために購入した方が多数でした。

 

ただ、カビは水回り以外の場所にも発生する可能性があり、実際にアンケートでも室内の壁紙や木材のカビが気になって購入したと答えた方もいらっしゃいます。特に大きな家具の裏側など湿気が溜まりやすい場所はカビが発生しやすいです。

 

壁紙・木材用のカビ取り剤を活用し、こまめに掃除しましょう。

カビ取り剤の人気おすすめランキング11選

男女100人に一番おすすめのカビ取り剤を選んでいただきました。得票数を元にランキングを作成したので、購入する際の参考にしてみてください。

回答者の7割がおすすめ!カビ取り剤の定番商品カビキラー

【アンケート第1位!ゴムパッキンの黒カビまでスッキリ落とす!】

アンケート結果第1位を獲得したのはTVCMでもおなじみの「カビキラー」でした。なんと回答者の74%がおすすめしています。普段の掃除ではなかなか落ちないゴムパッキンの頑固な黒カビまですっきり落とす効果の高さが好評の定番商品です。

 

【使いやすいスプレータイプ!防カビ効果も!】

広範囲に塗布できるスプレータイプだから、1本あれば浴室の隅々まで掃除できます。口コミでもスプレータイプで使いやすい・1本でしっかりカビが取れるといった声が多いです。また、30日間カビの発生を抑える防カビ剤としての効果も期待できます。

 

【Amazon・楽天でも高評価!リーズナブルな価格も魅力】

Amazon・楽天でも評価が高く、売れ筋商品にもランクインしている商品です。コンビニやスーパーなどでも市販されており、手軽に購入できる価格の安さも助かります。コスパ重視の方にもおすすめです。

容量 400g タイプ スプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

カビ取りやスプレーの王道!カビキラー!
5
20代
男性
会社員
風呂場の黒いカビ…中々落ちない黒い汚れにはカビキラー一択!ゴムパッキン、タイルの黒カビ対策ではまず1番に名前が上がる商品です!吹きかけて30分置けばこびり付いた深い汚れも根こそぎ塩素の力で綺麗になります!

出典:https://ranking.goo.ne.jp

カビキラーを使ってみて
5
30代
男性
自営業・自由業
浴槽や天井、ドアの隙間などに対してスプレータイプなので泡がかけやすいです。数時間放置させて、水で洗い流すだけでしつこいカビも綺麗に洗い流すことができました。磨く必要もないため、時間がない方におすすめだと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

安定感のあるカビ取り剤
5
30代
女性
専業主婦
有名で使い勝手も良いカビ取り剤です。スプレータイプなので気になった時にささっと使える点が気に入っています。近所のドラッグストアやスーパーなどどこでも手軽に購入でき、詰め替え用もあるのでエコで経済的な商品だと感じています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

カビがしっかりとれる
5
30代
女性
専業主婦
こちらの商品は、ドラッグストアなどに陳列されており常時購入することが可能です。使用方法もとても簡単ですし、それでいて効果はしっかり出てくれるので、我が家ではこちらの商品をずっと使用するようにしています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

効果は期待通り!!
5
40代
女性
アルバイト・パート
日色々な商品を試したくなるけど、結局はいつも使っているのに落ち着いてしまうのは、カビや汚れが落ちた実感があるから。常的な掃除で、家にも優しく、家計にも優しい、思った通りの使い勝手と効果を実感できる商品。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

一番カビ取り剤の中できれいになる。
3
30代
男性
その他
自分自身、今までいろんなカビ取り剤を使用したのですが、ジョンソンカビキラーが一番カビをきれいにおちると思います。理由としては部屋のすみの方のカビの汚れでもきちんと比較的にカビはおちました。なので自分自身にとってこれはお勧めだと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

用途を問わず万能です。
5
40代
男性
会社員
主に浴槽で利用していますが、汚れの程度の小さいタイル部分はスプレーで吹きかけて、パッキン部分は先述したしみこませてからのふき取りをしています。長年この商品を利用していますが、清掃後の効果、綺麗具合含め満足しています。当然ですが、使い続けていればカビなどは生えるのが当たり前という観点から見れば発生を抑制し、除去することが目的のこの製品は安定感が抜群だと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

昔からの定番商品
4
50代
女性
会社員
昔からの定番商品です。ジョンソン製なので安心感があります。実際、液剤を塗布して放置しておけば時間が経てば綺麗になっています。今までこまめに清掃をしてきたので、目立つ汚れはありませんが、頑固な汚れにもしっかり対応してくれると思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

黒カビスッキリ!
4
40代
女性
会社員
浴槽、床、浴槽のフタ、天井、ドアのパッキン部分のカビは、15分の放置であとは洗い流すだけの簡単カビ掃除に、楽ですよ。匂いはかなり強いので、必ず空気を入れ替えながら使っています。皮膚に直接触れないことも大事です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

いつも
4
40代
女性
会社員
うちはむかしからこのジョンソンさんですので、そういう点では昔ながらになれているだけに、良く取れる点なども含めてなるべく手っ取り早く綺麗になれる点がとても気に入っています。気に入ってしまうともうこれしかないかなと感じます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ジョンソン カビキラー
4
50代
女性
アルバイト・パート
どこのお店でも買う事ができ、付け替え用もあり、コスパもよい製品です。この製品で取りきれないカビは、他のものを使用してもカビを除去できたことはなかったので、他のカビとり剤を使うことはほぼないです。ジェルだとタイプとスプレータイプがあれば十分です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

手に入りやすく安心のブランド
4
30代
女性
専業主婦
スーパーや薬局で手に入りやすいので、詰め替えタイプが欲しい時にもすぐ買えます。低価格で量が多いので、気になったら手軽にカビ対策ができます。黒くなった所も散布して少し置いておけばしっかりと綺麗になりますし、スプレーなので手も汚れず使いやすいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

"コスパ重視!
4
20代
男性
会社員
とにかくとてもコスパがいいと思います。
300円弱で沢山使えるので重宝しております。
またゴムパッキンなど、しっかり浸透して頑固なカビも比較的簡単にとれます。
高いものを買うより、日常的に使うものなので良いのかなと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" 安心感
5
40代
男性
会社員
カビキラーをお風呂に常備しておき、定期的にお風呂上がりに湯船のお湯を抜く際にカビにふきかけるだけでカビを落としやすい。あたたかいお湯なら不思議と無理に擦らなくてもあっさり綺麗になりますから安心感があります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

こんなの待ってた!
5
30代
女性
専業主婦
カビキラースプレーの電動タイプを使用しています。お風呂のパッキンや蓋など端から端まで掃除したいときに何度もプッシュするのが面倒で手も疲れるのでとても便利です。販売された当時は感動しました。コスパがいいのかは分かりませんが大切に使っています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

カビがスッキリ消えます
5
40代
女性
アルバイト・パート
風呂場の床やドア、壁のカビに吹き付けて、少し時間をおき、シャワーで流します。すると、すっきりとカビが落ちます。スプレーは使いやすいので、連続してプッシュしても大丈夫です。カビは気づくとはえているので、気づいた時に手軽につかえます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

威力最高!
5
30代
男性
会社員
まず、名前が良く売れているので間違いないと思ったから。実際の使い勝手や効果も想像通りで、きっちり掃除ができて満足しています。このまま継続的に週末の掃除を徹底してカビが生えてこないように今の状態をキープします。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

"リピートしてます
4
30代
女性
アルバイト・パート
レースのカーテンが冬場に加湿器でカビてしまうことが多く、そのカビ取りによく使っています。
カビた部分にスプレーして少し置くときれいにカビが取れて、そのあとは水ですすいで洗濯機に入れるとしっかりレースカーテンが白く戻るので重宝しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" "良い品
4
40代
女性
会社員
スーパーなどで比較的に手に入りやすく、付け替えも売っているので経済的?な感じもしてよく手に取ってしまいます。
カビもしっかり取れるし良い商品です。
不満も特に無いですし、今使っているものが無くなったらまた買おうと思っています

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" 手軽で使いやすい定番商品
4
30代
女性
専業主婦
スプレータイプの手軽さと、簡単に使える点が魅力です。コスパもよく、どこでも手に入るのでおすすめです。効果はありますが、頑固なカビはこすり洗い等が必要です。日常的なカビ取りとしての機能は問題なく満足しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

手軽に使える!
3
40代
女性
専業主婦
手が汚れないので手袋する手間もなく手軽に使用できます。効果もまぁまぁあり、30分くらい置くと結構とれます。(古いカビのなかには頑固なものもありますが)子どもがいるので安全なものを、と思いますが手軽さには敵わないので換気や浴室に子どもが近づかないように注意して使用しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

"デメリットもあるが安価な定番商品
3
30代
女性
その他
なんと言っても安価ですし、どこのドラッグストアやスーパーなどにもよく並んでいて手に入りやすいのも魅力的です。
ただ、デメリットとしては、壁タイルのカビにシュッと吹きかけて長時間おいても、カビがきちんと漂白できないものもあります。スプレータイプのカビ取り剤の中でも、泡がダレやすいせいだと思います。また、スプレーしている最中、手にも液がたれてきて汚れやすいのは、危ないですし改善願いたいところです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" ジョンソン カビキラー
3
40代
女性
専業主婦
おなじみの定番の商品で、軽いカビ汚れならコレで大丈夫です。お風呂場の排水溝回りはスプレーして5-10分ほどで擦らずに綺麗になりました。残念ながら目地とゴムパッキンの根深いカビにはあんまり効かなかったなと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

効果がしっかりしている
3
40代
男性
その他
100円ショップで安いタイプのとホームセンターに売っている高いタイムがありますが、あまり効果は変わらないように思います。しっかりカビが取れるやつなので助かります。ただ洗い残しには注意しなければならないと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

風呂場のカビ取りの定番商品
4
50代
女性
専業主婦
風呂場は気をゆるめるとカビが生えてしまうので、うちはカビキラーを1年中風呂場に置いています。カビを見つけたら、すぐにスプレー。早期発見、即対応で結果的に使用量も少なく済んでいると思います。スプレー部分がもっと丈夫だといいと思います。詰め替え用を買っても途中でこわれることがあるのが残念です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

使いやすい
5
50代
女性
無職
ジョンソンカビキラーはどこでも売っていて、とても使いやすいです。ジェルタイプなので、カビにしっかりと張り付いてくれて、カビをしっかりと落としてくれるのでとても助かります。値段も安価で、手軽に使えるところがいいと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

コスパは断トツ
4
40代
男性
会社役員・経営者
この商品はコスパは間違いなく良いと思われる。CMに偽りがなければカビの根元?というかパッキンとかの内部からきれいにしてくれる。実際に使うとわかるが10分~20分くらい置くと黒くなったカビがきれいにパッキンの色(白)になる。一人暮らしであれば浴室は常に換気扇を回しておき、2ヶ月に一度くらいでコレを使えば水垢以外は気にならない。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

風呂場のカビにはこれ1本!
4
30代
男性
会社員
コスパ最強のスプレー式カビ取り剤です。頑固な風呂場のカビもこれを噴射し、長時間放置し、後は水で流しながらスポンジ等で擦ると、楽々落ちていきます。残念ながら、パッキンの根強いカビにはいくら時間をかけても効果はありません。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

"落ちる落ちる!
5
20代
女性
専業主婦
流石有名どころの商品なので毎回同じものを購入しています。
カビが取れるだけではなくカビ予防にもなるのでとても手入れしがいがあります。
スプレータイプでお手入れ事態もとても楽なので不便なく使用させて頂いております。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" ジョンソンカビキラージェルタイプ
5
40代
女性
無職
カビキラージェルタイプは絞りやすく、壁にそって直接塗りつけることが可能です。乾燥しないようにラップをしましたが、しなくても大丈夫だと思います。泡タイプよりよく取れますし、白くなるのも早いような気がします。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

これ一択です
5
40代
男性
会社員
色々なメーカーを購入して試したことがありますが、一番目に見えて効果覿面だったのが、ジョンソンカビキラーでした。薬局でも大抵取り扱いがあるので、使いたい時に購入できます。お風呂の赤カビに噴霧して放置したら真っ白ピカピカになりました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

カビにピタっと密着!
5
50代
女性
会社員
タイルに泡でしっかりとくっ付き垂れ流れにくいのでピタとカビに密着して1分ぐらい放置して水で洗い流すだけで本当に汚れ落ちがすごいです。お風呂場だけでなく玄関やトイレ、キッチンまわりの流し台にもどこにでも使えて気にっています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

5分で根に効く
4
40代
女性
会社員
シュッとしてほっておけばカビがなくなるが、ピンクカビは擦らないといけないことが多い。汚いところを直接触りたくない時にはいいと思う かけた直後は目にくることもあるがとくに問題はない。パッケージが目立つためつい買ってしまう

出典:https://ranking.goo.ne.jp

真っ白漂白できます!
4
60代
女性
専業主婦
リーズナブルなお値段ですがいいお仕事をしてくれます。お風呂のごむパッキンはじめ、お風呂全部を白くしてくれます。ぬるぬるのピンクカビもきれいさっぱりとってくれて、我が家には欠かせないアイテムです。すこし漂白臭がありますが、よくお水で流せば匂いは消えます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ラクラクスプレーでカビすっきり
5
40代
女性
無職
スプレータイプなので、手に持って使用しやすく、お風呂掃除の時にスプレーをして放置して置くだけで、カビがすっきり取れる所が簡単でおすすめです。頑固なカビにはスプレーの後にキッチンペーパーで浸して置くと、楽に落ちます。また、詰替え用ボトルが有るので、手を汚さないで変えられるのが便利です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

よくおちる
5
50代
女性
無職
シュシュとまくとジェルタイプなのでそのカビにとどまってくれてカビに直接効くので綺麗に落ちます。匂いが臭いのがちょっと嫌ですが、かびがたわしも使わずしゃわ^だけで落ちるので手も汚れずにきれいに落ちるのがいいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

信用できる商品です
4
50代
女性
専業主婦
カビキラーは泡なので壁や床のカビを落とすのに使いやすいです。ただ、垂れてきやすいので手すりや壁では使いにくいです。5分できれいになるので助かっています。いつもきれいになるので、いつもカビキラーを買っています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

生えたてのカビには泡タイプ
2
30代
女性
アルバイト・パート
生えたてのカビや排水溝周りのカビにはこの泡タイプで数分置くだけで簡単に落とすことができます。少し時間が経ってしまったカビや壁側のパッキンには泡タイプですとカビに液が止まってくれず、あまり効果が見られませんでした。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

日常的にはよい!
3
20代
女性
専業主婦
普段ちょっとしたカビが発生した時などはこれがあればすぐに取れるし手強いカビでなければ活躍するアイテムだと思います。赤カビなどはスプレーして記載通りの時間つけて流せば綺麗になるので普段使いには助かります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

名前が効果をよく表している。
4
30代
女性
会社員
カビキラーとか塩素系の洗剤は匂いが強いけれど、やはり名前が効果をよく現していてとりたいカビを取る形で対応してくれる製品だと思います。カビの生えるような場所は触りたくない事が多いので、かけるだけ、時間をおくだけ、というのは大変便利です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

SNSでも話題!部屋の壁紙や食品にも使える体に優しいアルコールスプレー

【アンケート第2位!酒造用の純水を使用したアルコール製剤!】

アンケート結果第2位は酒造会社が作った「パストリーゼ」です。アンケート回答者約7%の方がおすすめしています。アルコール77%の高い除菌力と部屋の壁紙や食品にも使える優しさが人気で、1本あると便利といった口コミが多数でした。

 

【高純度カテキンにより除菌効果が長続きする!

パストリーゼに含まれる高純度カテキンにより、除菌作用が長く続くのも魅力です。漂白作用はないので奥まで広がった根深いカビではなく、できたばかりのカビの除菌や漂白剤を使用できない場所の使用にも適しています。

 

【Amazonでランキング上位!SNSでも話題!】

Amazonの売れ筋ランキングでも上位にランクインしている商品です。口に入れても大丈夫なので、小さいお子さんやペットがいるご家庭でも使いやすいとSNSでも話題になっています。パッケージもおしゃれで見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

容量 500ml タイプ スプレー
分類 消毒用エタノール

アンケートの口コミを紹介

いろんな場所に安心して使える
5
20代
女性
会社員
お掃除にはもちろん、除菌、防カビ、防臭効果もあるため、これ1本で家中いろんな場所に使えてとても良いです。また、口に入っても安全な成分でつくられているので、小さな子どもがいるご家庭でも安心して使える点もおすすめです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

安心して使えるパストリーゼ
5
30代
女性
会社員
キッチンに必ず置いていて、料理の前、終わった後、ちょっとした時にシュッシュしています。気軽に使えるのがいいですね。菌て目に見えないものだからこそ気になるけど、パストリーゼは安心して使うことができます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

大人気のパストリーゼ
5
30代
女性
専業主婦
SNSやネットで話題になっていて、一時期はどこへ行っても買えませんでしたが、たまたまスプレータイプを店頭で見かけたので購入してみました。使い勝手は他のアルコール除菌剤と似ているように感じます。国産という点と成分に安心感があり愛用しています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

"人にも猫にも安心して使える商品
4
40代
女性
アルバイト・パート
梅雨時になると家中のあちこちでカビが発生してしまうのを簡単に予防できるので重宝しています。
普段の掃除の時にスプレーして拭くだけでいいので続けやすいです。
また、猫の前でも安心して使えるのも良いです。猫砂に軽く吹きかけて防臭したり、粗相をしてしまった所を除菌したりと多用途に使えるのもお得感があり気に入っています。
アルコールの独特なツンとした匂いが少ないのも、掃除をする際には助かります。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ドーバー パストリーゼ
4
40代
女性
専業主婦
これは食品にかかってもOKなので、キッチン回りの色んなところに使えて便利です。特にまな板の消毒、冷蔵庫や電子レンジも手軽に使えるので気がついた時にサッと拭けます。スプレーした瞬間にアルコールの匂いがキツく感じますが、すぐ飛びます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

" 頻繁に使えば最強、食品にも使える掃除用品
3
30代
女性
会社員
ドーバーのパストリーゼは食品衛生にも使える安心度の高い用品。アルコール度数が高くコロナを機により注目された。ちょっと気になるところにさっと拭いてこまめに安心して掃除が出来ます。ただ、溜めてしまった頑固な汚れには向いていません、放置されていたカビに対しては優しいからです。あくまでも予防的にまた初期対応として、こまめに日々掃除する人が使うならパストリーゼは最強だと思います。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

インスタでも話題のカビ対策!
3
30代
女性
会社員
カビ取り剤としても、普段の除菌にも使える商品です。インスタでも多くのインフルエンサーが使用しており、効果もしっかり確認されております。またパッケージがおしゃれであるため、普段手に届きやすい場所に置いてもおしゃれに収納できます。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

アンケート3位!頑固な黒カビ除去に役立つ超密着ジェル

【アンケート結果第3位!超密着レッドジェルのカビ取り剤!】

アンケート第3位は超密着ジェルの「カビトルデスPRO」です。回答者の5%がおすすめしており、粘着性の高いジェルがしっかり密着し頑固な黒カビ除去に役立ちます。液だれしないので塗りやすい・短時間で綺麗になったといった口コミが多いです。

 

【細いノズルで細かい部分にも塗りやすい!】

ノズルが細く細かい部分の使用に適しているため、窓枠のゴムパッキンなど結露が原因のカビにも便利に使えます。さらに、赤色の樹脂ビーズ入りなので、塗ったところがわかりやすいのも便利です。

 

【Amazonでも高評価!防カビ効果も欲しい方におすすめ!】

カビトルデスPROはAmazonでの評価も高く、150件以上のレビューが投稿されています。カビの発生を抑制する防カビ剤も入っているので、カビの除去だけでなく予防もしっかりしたい方におすすめです。

容量 150g タイプ ジェル
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

効果抜群!
5
30代
女性
専業主婦
市販のカビ取りハイターよりも濃厚でニオイも強い分、効果がすぐに見られた。お風呂のパッキン部分の黒カビがとても目立って気になっていたので乾いた状態にジェルを均一に塗って一定時間放置するだけで綺麗になった。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

臭いが気にならないのがいい!
5
50代
女性
専業主婦
洗面所の蛇口周りのカビは普通のカビ取り剤でも取れず困っていたところ、この商品を使ったらきれいに取れました。その上、使用後も効果が持続するので汚れがつきにくいです。臭いもお風呂で使うスプレータイプよりも少ないので洗面所のような換気がしにくい場所でも使いやすいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

とにかくとにかく強力
5
30代
女性
会社員
値段は正直高めだが、それに応じた効果を感じた。今まで泡タイプでは取れなかったカビ汚れが見事に綺麗になった。また、ジェルタイプなので液ダレもなくなく、ピタッと密着し、ラップをしなくても乾くことなくその場に止まってくれるのが嬉しい。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ジェル状で効果的なカビ取り剤。
4
40代
女性
専業主婦
カビ取り剤としては数少ないジェル状のものです。カビだけに塗布できるうえ、液だれすることもないことから、カビ取り剤が薄くならずに効果的にカビに吸着できることから、他のカビ取り剤と比較してカビ取りの効果が高く、他のカビ取り剤で除去できなかったカビも取れることがほとんどです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ジェルタイプで使いやすい
3
30代
女性
アルバイト・パート
ジェルタイプなので、壁などの目地やゴムパッキンなども液が垂れ流しになることなくしっかりとカビを落とすことができます。しつこい黒カビなど重点的にジェルを密着させてカビ取りができるので、一本あると安心です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

4位

コパ・コーポレーション

スパイダージェル

お風呂やキッチンに使いやすいジェル状カビ取りスプレー

今までになかったスプレータイプのジェル状カビ取り剤す。噴射した瞬間、中の液体がジェルとなり垂れずにしっかり張り付きます。スプレーなので広範囲に噴射でき、お風呂やキッチンなど広い部分にも使いやすいのが魅力です。

 

たっぷり使える大容量500mlでコスパも良いと口コミでも評価されています。

容量 500ml タイプ ジェルスプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

カビにしっかり張り付いて期待以上の効果
5
30代
男性
会社員
今まではスプレー泡タイプのよくある市販品を使っていましたが、壁面のパッキンには定着してくれず、キッチンペーパー等に染み込ませてから貼ったりしていました。この商品はスプレータイプで使いやすいながらジェルタイプなので、狙った場所にピッタリ張り付いてくれます。効果の方も強力で、今まで諦めていたカビも落とすことが出来ました。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

粘度率が高いジェル
5
30代
女性
会社員
この商品の良い所は、とても粘度率が高いという点です。いつもカビをしっかりと落としたいと思っていて、必ずカビが生えている部分に塗りこむようにしています。ほかの商品だとジェルが垂れてくるのですが、この品であれば垂れないので塗り込みやすいです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

ジェルが張り付き真白に。
4
50代
女性
会社員
ポツポツとパッキンにできた黒カビに塗って少し長めに2時間ほどそのまま放置してお湯で流してみると、パッキンが真白になっていました。ジェルなので流れ落ちることもなくピッタリとパッキンに張り付くので、擦らなくても一度でここまできれいになって感動でした。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

黒ずみ部分に集中できる
4
60代
男性
自営業・自由業
接着剤の技術も入れた従来にないタイプのカビ取り剤という事だそうです。スプレーすると落としたい部分に張り付いて長時間成分が効きつづけます。普通のカビ落としでは取れない黒ずみも結構取れてくれます。大きめのボトルも使いやすい製品です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

5位

アズマ工業

アズマジック カビ取り洗剤

黒カビも赤カビも根こそぎ落とすカビ取り剤ジェル

ハウスクリーニングのプロが推奨する粘着性をアップしたジェルタイプのカビ取り剤です。根が深いカビにも洗剤が行き渡り根こそぎ落とします。黄緑色のジェルなのでスプレーした場所がすぐにわかり、洗い忘れの心配もありません。

容量 400ml タイプ ジェルスプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

カビ取りにはジェルタイプがおすすめ!
4
30代
女性
アルバイト・パート
液がジェル状がなため時間が経ってもカビに止まってくれるので、他の泡タイプに比べると少ない回数でしつこいカビも落ちやすいです。また、液が緑色なので吹きかけた部分が分かりやすく、洗い流す時も流しきれたかどうかが分かり易いです。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

ゴムパッキンの黒カビにも効果的な業務用カビ取りジェル

プロも使用する業務用のカビ取りジェルです。なかなか取れないパッキンに入り込んだ黒カビにも効果があると口コミでも高評価を獲得しています。ジェル状なので垂れにくく天井などに使用するのもおすすめです。

 

今までの洗剤では落ちなかった方やゴムパッキン・タイル目地などの取れにくいカビに悩んでいる方はぜひ試してみてください。

容量 180g タイプ ジェル
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

カビをとるならコレいっぱつ!
4
40代
女性
専業主婦
お風呂のドアのパッキンの、根が張ったような頑固なカビ!タイルの目地に生えてしまったカビなどに便利に使えます。この商品は、トロミのある液が出ますので、たれずにとどまり!頑固なカビをやつけてくれます。使いやすくとてもおすすめな商品です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

行政機関認定の特許を取得したカビ取りスプレー

掃除の認定士も愛用する特許取得のカビ取り剤です。濃度を変えると壁紙や畳など除去剤に弱い素材にも使用できます。頑固なカビから軽度のカビまで幅広く使えるのが魅力です。乾燥後の気化が早く、カビ取り成分が長く留まらないのも助かります。

 

掃除した後もカビがつきにくくなったと口コミでも高評価です。同シリーズでジェルタイプやカビ取り後に使える防カビスプレーなども展開しており一緒に使うとさらに効果的なので、ぜひチェックしてみてください。

容量 500g タイプ スプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

間違いないです。とてもカビが落ちます。
5
30代
男性
会社員
カビ取り侍は、すごい力でカビを落としてくれます。力一杯擦ったりもせずに落ちますので、女性だけでも十分使用可能だと思います。
価格もカビがなくなると思えば全然平気な価格ですので、是非お勧めしますので、使ってみてください。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

威力がすごい
4
20代
女性
専業主婦
漂白剤の匂いが結構強めですが、その分ずっと落ちずに諦めてたカビもきれいにとれます。掃除した後にカビが付きにくくなったように感じます。液だれがするので雑巾と一緒に使用すると安心です。噴射、放置、水拭きでとても簡単です。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

プロ仕様の除去力で頑固なカビも落とす最強カビ取り剤

マンションクリーニングの現場で10万回以上の実績を持つ掃除専門業者の最強カビ取り剤です。浴室に付着した頑固なカビを取り除き、その後のカビの発生も抑えます。今まで落とせなかった浴室のカビを落としたい方におすすめです。

容量 300ml タイプ スプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

頑固なカビも取れてコスパも良い商品です。
5
40代
男性
会社員
業務用というだけあって効果てきめんです、頑固なカビでも簡単に落とせますし、使いやすいですし価格も容量に対して比較的安価でコスパ重視の私には理想の商品でした、買い求めやすく質の良いカビ取り剤で今後も使い続けたいと考えています。

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

9位

最大12倍まで希釈できるコスパが高いカビ取り剤

業務用として使われている高濃度のカビ取り剤です。最大12倍まで希釈できるため頑固なカビはもちろん、木材や布団のカビ取りにも使用できます。これ1本で家中のカビ退治ができるので、コスパが高いカビ取り剤をお探しの方におすすめです。

 

さらに、目では見えない塩素耐性菌まで除去し、1度カビを除去すると次のカビが生えにくくなります。防カビ効果は3ヵ月ほど続くのでこまめな掃除が面倒な方はぜひ使ってみてください。

容量 450ml タイプ スプレー
分類 塩素系

アンケートの口コミを紹介

十ウン年の黒カビから白い壁が出た!
5
30代
女性
アルバイト・パート
寝室として使っている畳の部屋の窓際の壁が十何年放置したカビで真っ黒になり、手で落ちる場所のカビをこそぎ取ってから、壁にスプレーし、1本では全部取り切れなかったけど、1回で落ちたところもあれば何回かスプレーした場所のカビの色が薄くなったり白い場所が出てきた!また購入して徹底的に取りたいです!

出典:https://ranking.goo.ne.jp

口コミを閉じる

頑固なカビを除去できるプロ用カビ取りスプレー

市販のカビ取り剤では満足できない方におすすめのプロ用カビ取り剤です。部屋や壁に生えたカビや浴室のカビ・下駄箱や外壁に生えたカビなど幅広いカビに対応できます。

 

5~30分ほどで頑固なカビを取り除けるスピーディさも人気の理由です。しっかり素早くカビを除去したい方はぜひ使ってみてください。

容量 500g タイプ スプレー
分類 塩素系

Amazonの口コミを紹介

天井に恐ろしい程育ってしまったカビが元のまっ白な状態にまでキレイにできました!感謝です!

出典:https://www.amazon.co.jp

カビ取り剤のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 タイプ 分類
1
アイテムID:10835159の画像
カビキラー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

回答者の7割がおすすめ!カビ取り剤の定番商品カビキラー

400g スプレー 塩素系
2
アイテムID:10835162の画像
パストリーゼ77

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

SNSでも話題!部屋の壁紙や食品にも使える体に優しいアルコールスプレー

500ml スプレー 消毒用エタノール
3
アイテムID:10835165の画像
カビトルデスPRO

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

アンケート3位!頑固な黒カビ除去に役立つ超密着ジェル

150g ジェル 塩素系
4
アイテムID:10835168の画像
スパイダージェル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

お風呂やキッチンに使いやすいジェル状カビ取りスプレー

500ml ジェルスプレー 塩素系
5
アイテムID:10835171の画像
アズマジック カビ取り洗剤

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

黒カビも赤カビも根こそぎ落とすカビ取り剤ジェル

400ml ジェルスプレー 塩素系
6
アイテムID:10835174の画像
びとりいっぱつ185

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ゴムパッキンの黒カビにも効果的な業務用カビ取りジェル

180g ジェル 塩素系
7
アイテムID:10835177の画像
カビ取り侍 液スプレー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

行政機関認定の特許を取得したカビ取りスプレー

500g スプレー 塩素系
8
アイテムID:10835180の画像
ダートバリア

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

プロ仕様の除去力で頑固なカビも落とす最強カビ取り剤

300ml スプレー 塩素系
9
アイテムID:10835183の画像
カビホワイト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最大12倍まで希釈できるコスパが高いカビ取り剤

450ml スプレー 塩素系
10
アイテムID:10835186の画像
強力カビ取り剤 B-1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

頑固なカビを除去できるプロ用カビ取りスプレー

500g スプレー 塩素系

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

\ブラックフライデー開催中!!/ Amazon売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

カビ取り剤の選び方

ここではこれまでで紹介しきれなかったカビ取り剤の選び方をご紹介します。まだ商品が決め切れていない方は是非参考にしてみてください。

カビ取り剤のタイプで選ぶ

カビ取り剤にはスプレーやジェル・クリームなどのタイプがあります。それぞれに適した場所がありますので、こちらでご紹介していきます。

部分的なカビには垂れない「カビ取りジェル」がおすすめ

カビ取りジェルはぴたっと密着し垂れないのが特徴です。液垂れしやすいタイルの目地や縦ラインのパッキン部分のカビにも塗布しやすく、天井や高い部分にも使えます。

 

また、細かい部分のカビにもピンポイントで塗布できるので、浴室の隅や洗面所の隙間部分・窓のサッシなどにもおすすめです。先端が細くなっているものや持ちやすい大きさのものを選ぶとより簡単に使えるので、ぜひチェックしてみてください。

浴室やキッチンなど広範囲のカビ落としには「カビ取りスプレー」がおすすめ

浴室やキッチンなど広範囲のカビ落としには、カビ取りスプレーがおすすめです。一度に多くの面に噴射できるため時間がかかりません。より効果を高めるためには塗布した後にラップなどで覆い、時間を置きましょう。

 

ただし、高い場所に噴射すると自分にかかる可能性があるのでキッチンペーパーなどにしみ込ませてから天井に張り付けるのがおすすめです。

部屋用なら酸素系の「カビ取りクリーム」がおすすめ

カビ取り剤には塩素が含まれているものが多く、独特の刺激臭が苦手な方も多くいます。そんな方には塩素不使用のカビ取りクリームがおすすめです。

 

ジェルと同じく垂れにくい形状で、細かい部分のカビ取りに役立ちます。嫌な臭いがしないため、部屋の中や窓のサッシに使うのもおすすめです。

使用場所で選ぶ

カビはさまざまな場所に発生します。場所によって使えないカビ取り剤もあるため、使用場所に適したカビ取り剤を選ぶようにしましょう。

浴室の赤カビ・黒カビ除去には「浴槽用・天井用と使い分ける」のがおすすめ

浴室はカビの発生頻度が高く、床や排水溝周りにはぬるぬるの原因となる赤カビが発生しやすく、パッキンやタイルの目地・天井などにはなかなか取れない黒カビが発生します。

 

全体的な赤カビにはカビ取りスプレー・目地やパッキン部分にはカビ取りジェル・天井には垂れにくいタイプと、場所によって使い分け効果的に赤カビ・黒カビを除去しましょう。

 

また、カビ取り後はこまめに掃除をしてカビの発生を防ぐのも大切です。以下の記事ではお風呂用洗剤について詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ゴムパッキン・タイル目地には「密着度の高いもの」がおすすめ

ゴムパッキンや目地などのカビは根が奥まで入り込んでいる場合が多く、取れにくいカビのひとつです。密着度の高いカビ取り剤ジェルやゴムパッキン用のカビ取り剤を使うのが適しています。

 

また、カビ取り剤をより密着させるためにヘラが付属されている商品もあり、ヘラが付属していない場合でも歯ブラシなどで代用可能です。その後ラップなどで覆うとしっかり除去できるので、ぜひ試してみてください。

壁紙・木材には「素材を傷めない」ものがおすすめ

お部屋の壁紙やタンスなど木材のカビを取る際は、塩素系カビ取り剤は使用しないようにしましょう。色が抜けてしまったり、素材自体がボロボロになったりする可能性があるからです。

 

壁紙や木製家具など耐水性のない場所のカビを取る場合は、素材を傷めない壁紙や室内用のカビ取り剤を使用してください。

布団・シーツのカビには「重曹×エタノール」がおすすめ

毎日寝汗を吸う敷布団は意外とカビが生えやすいものです。布団に生えてしまったカビは、カビ取り剤を使ってしまうと生地が傷んだり色落ちしたりする危険性があります。

 

布団には重曹を水で薄めたものをスプレーし、浮いてきたカビを拭き取りましょう。その後、エタノールを薄めたものをスプレーしてよく乾かします。

 

また、丸洗いできるシーツなどは酵素系漂白剤につけ置きし、洗濯機で洗うのが効果的です。酵素系なら色物にも使用でき、白いシーツの場合は効き目が強めの塩素系漂白剤も使用可能なので頑固なカビの場合は試してみてください。

土壁・砂壁・外壁にはホームセンターなどで市販されている「専用品」がおすすめ

土壁や砂壁には斑点状のカビが生えやすいですが、強くこすると崩れる危険性があります。砂壁に薬剤がしみ込んでしまうと除去するのが難しいので塩素系のカビ取り剤ではなく、食品添加物を主成分とする専用カビ取り剤おすすめです。

 

また、カビのイメージがない外壁にも、塗装の劣化によりカビが生える場合があります。市販のカビ取り剤では塗装を傷める可能性があるので避けましょうスポンジで軽くこするか外壁用の洗剤を使うのがおすすめです。

 

専用のカビ取り剤はAmazonなどの通販サイトをはじめ、ホームセンターでも市販されているので、ぜひチェックしてみてください。

カビの種類で選ぶ

カビには赤カビと黒カビなどの種類があり、使うカビ取り剤も変わります。落としたいカビの種類に合わせて選ぶのがおすすめです。

ガンコな黒カビ落としには「塩素系」がおすすめ

浴室や部屋の壁紙・パッキンなどにつきやすい黒カビは深く根を張るとこすってもなかなか落ちません黒カビは洗濯機にも発生しやすいですが、アレルギーの原因にもなるので早めに対処しておきたいところです。

 

根深い黒カビ落としには塩素系のカビ取り剤を使用しましょう。垂れにくくしっかりと密着してくれるタイプのカビ取り剤がおすすめです。以下の記事では塩素系漂白剤について詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

落としやすい赤カビには「重曹×酸素系漂白剤」がおすすめ

浴室に発生しやすい赤カビは黒カビよりも落としやすいカビなので、一度に広範囲に噴射できるカビ取りスプレーを使いましょう。軽い赤カビならお風呂用の洗剤でも落とせます。

 

エコ派の方なら重曹と酸素系漂白剤を混ぜたものもおすすめです。重曹と酵素系漂白剤を1:1の割合でペースト状にし、赤カビ部分に塗布してください。1~2時間ほど置いて洗い流すと、すっきり綺麗になります。

 

ただ、赤カビは一度落としてもすぐにまた発生するので、掃除の後の予防も大切です。以下の記事では酸素系漂白剤について詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

畳や布団につきやすい緑カビには「希釈可能もの」がおすすめ

湿気の多い室内で発生しやすい緑カビは、畳の裏側や布団などにつきやすいカビです。畳や布団などには塩素系のカビ取り剤は使えません。

 

エタノールと重曹でカビ取りをするか、希釈して使用する業務用のカビ取り剤を使うのがおすすめです。素材により希釈濃度は異なるので説明書をよく読んでから使用しましょう。

正しく使うためにはカビ取り剤の「成分」もチェック

塩素系のカビ取り剤は効果が高く、頑固なカビには欠かせません。しかし、塩素系のカビ取り剤には「混ぜるな危険」と表示されています。酸性の洗剤を一緒に使ってしまうと有害なガスが出て危険を伴うからです。

 

酸性の洗剤だけではなく、ナチュラルクリーニングで使用する場合が多いお酢やクエン酸なども併用しないよう気を付けましょう。特に密閉された浴室やトイレなどではしっかり換気しながら使用してください。

最強のカビ取り剤ならEELHOEなど「業務用」をチェック

市販のカビ取り剤で落ちないときには業務用のカビ取り剤を使ってみましょう。価格が少し高くなりますが効果は抜群で、EELHOEのカビ取りスプレーなど掃除のプロが使っている商品も多いです。

 

ただし、強めの薬剤を使用しているので手袋やマスク・ゴーグルをつけて使いましょう。また、しっかり換気を行うのも大切です。

 

業務用のカビ取り剤は、大きいホームセンターや通販などで手に入ります。Amazonや楽天などの通販サイトでは豊富な種類が揃っており、家庭で使いやすいサイズの商品もあるので、最強のカビ取り剤が欲しい方はぜひチェックしてみてください。

赤ちゃんやペットがいるなら「体に優しい」ものをチェック

赤ちゃんやペットがいるご家庭には体に優しい成分でできたカビ取り剤がおすすめです。塩素系ではなく、乳酸を主原料にしたものや除菌力の高いアルコールなどで作られたものを選びましょう。

 

ただし、漂白作用がないため根深いカビには効果が薄い場合もあります。できる前の予防やできたばかりのカビ落としに使うのがおすすめです。

カビ取り剤とは?効果的な使い方を紹介

カビ取り剤の効果を高めるためには正しい使い方をするのが大切です。意外と知らないカビ取り剤の使い方や、そもそもカビ取り剤がカビにいかに作用するのかご紹介します。

カビ取り剤が効果的な理由

カビは高温多湿で栄養が豊富な場所で繁殖しやすい特徴があります。一度できてしまうと普段の掃除ではなかなか落ちません。特に浴室に発生しやすい黒カビは根が生えているため、カビ取り剤を使用して除去する必要があります。

 

一般的なカビ取り剤は塩素系漂白剤と酸素系漂白剤があり、どちらもカビの組織と色素を分解する作用を持っているのが特徴です。根が生えた黒カビには特に強めの効果がある塩素系を使いましょう。時間が経ってしまった頑固なカビもしっかり除去してくれます。

まずはしっかり予洗いする

カビ取り剤を使う前に汚れを取っておくと、その後に使うカビ取り剤の効果が高まりますまずはスポンジなどで汚れを取り除いでおきましょう。

 

カビと並んで気になる汚れのひとつが水垢です。以下の記事では水垢洗剤のおすすめ商品をご紹介しています。カビ取り前の予洗いにも使えますので、ぜひ参考にしてください。

 

また、特にカビが発生しやすい浴室をしっかり掃除するためのお風呂掃除グッズのおすすめ商品も、以下の記事で紹介しているので併せてご覧ください。

予洗い後はしっかり乾燥させる

予洗いをした後、すぐにカビ取り剤を塗布してしまうのはNGです。カビ取り剤の効果を高めるには乾燥した状態でカビ取り剤を使用しましょう濡れたままだと、水分でカビ取り剤が薄まってしまったり、密着度が弱まったりしてしまいます。

 

時間があるなら自然乾燥させるのがベストですが、サーキュレーターなどを使用するのもおすすめです。あまり時間がない場合はタオルなどで綺麗に水分を拭き取ってからカビ取り剤を使用しましょう。

 

以下の記事ではサーキュレーターのおすすめ商品をご紹介していますので、併せてご覧ください。

こすらずしばらく放置する

カビ取り剤を塗布したあとは、薬剤がしっかり行き渡るようにラップなどでパックをするのがおすすめです。しばらく時間をおいてから洗い流すと高い効果が得られます。1回で落とせなかったら、数回に分けて行いましょう。

 

洗い流す際にはゴシゴシこすってはいけません。あまり強くこすると傷がつき、その部分にカビ菌が入り込んでしまう可能性があります。洗い流す際は優しく丁寧にを心がけましょう。

カビが落ちない理由は?

カビ取り剤を使ってもカビが残ってしまう場合は、水分や汚れが残った状態で使っている・カビ取り剤が密着していない・カビの色が残ってしまっているなどの原因が考えられます。

 

汚れはしっかり落とし水分は拭き取っておく・垂れにくいカビ取り剤を使う・キッチンペーパーなどでパックするなど、正しい使い方で対処しましょう。カビの色に関しては1回の掃除では落ちない場合が多く、数回行うのがおすすめです。

カビができる前に防カビ剤で予防しよう

カビを除去した後は綺麗に保つために防カビ剤を使うのがおすすめです。浴室なら燻煙タイプが手軽に使えます。水を入れて90分ほど放置しておくだけで、カビを生えにくくしてくれる優れものです。

 

お風呂の天井や壁などに貼るタイプの防カビ剤・窓際やクローゼットなどには、吊るすタイプの防カビ剤や置き型の防カビ剤が適しています。ゴムパッキンにはスプレータイプのカビ防止剤や、アルコールスプレーでも防カビ効果が期待できるので試してみてください。

 

以下の記事ではアルコール除菌スプレーのおすすめ商品をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

カビ取り剤の選び方やおすすめ商品をご紹介しました。浴室や部屋に生えるカビは早めに退治し、毎日を気持ち良く過ごしましょう。今回の記事を参考に目的に合ったカビ取り剤を見つけてみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年10月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

剝がせる壁紙のおすすめ人気ランキング10選【おすすめメーカーも紹介】

剝がせる壁紙のおすすめ人気ランキング10選【おすすめメーカーも紹介】

インテリア雑貨
壁紙補修用のりの人気おすすめランキング10選【パテ・コーティング剤も】

壁紙補修用のりの人気おすすめランキング10選【パテ・コーティング剤も】

住宅建材
スパイダージェルの口コミ・評判を調査!本当にカビが取れる?最安値や使い方もチェック

スパイダージェルの口コミ・評判を調査!本当にカビが取れる?最安値や使い方もチェック

お風呂・バス用品
浴室用スクイージーの人気おすすめランキング15選【使い方もご紹介】

浴室用スクイージーの人気おすすめランキング15選【使い方もご紹介】

掃除用具・清掃用品
【2022年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

【2022年最新版】キッチンラックの人気おすすめランキング16選【おしゃれなものも!】

キッチン雑貨・消耗品
浴室暖房の人気おすすめランキング15選【工事不要の置き型も】

浴室暖房の人気おすすめランキング15選【工事不要の置き型も】

ヒーター・ストーブ