バスロッドの人気おすすめランキング10選【初心者の方も】

記事ID11163のサムネイル画像

バスロッドって何か知ってますか?この記事ではバスロッドの選び方・ランキングを紹介していきます。初心者向けのバスロッドから上級者向けのモノまで紹介するので、釣りの勉強にもなるはずです。安いバスロッドを探している人はぜひ、読んでみてください。

海釣りもできる!バスフィッシング専用の「バスロッド」

バスロッドというのは、バスフィッシングで使用されるロッド(竿)のことです。バス釣りは各地で定期的に大会が行われていたりと、釣りの初心者から上級者まで幅広い人気。とはいえ、バスロッドはバス釣りしかできない訳ではありません。メバルや真鯛なども釣ることができちゃいます。

 

そんなバスロッドの選び方はとても複雑で、初心者の人からすると何から選んでいいのか、この用語ってなに?という疑問がたくさんでてきます。そのため、この記事では用語を噛み砕いてバスロッドの選び方とランキングを紹介していきます。

バスロッドの選び方

バス釣りは池や湖、河川、海と様々な場面で、初心者から上級者まで楽しめます。さらにレベル問わずできるのも、いいですよね。肝心のバスロッド選びは種類も多くて最初は迷ってしまいます。

 

では、バスロッドの選び方とおすすめのバスロッドをランキングを紹介していきます。

リールで選ぶ

バスロッドのリールはスピニングリールベイトキャスティングの2種類があります。両者にはいろいろな特徴があり、使い勝手によって使い分けるこができるので覚えておくといいでしょう。

バス釣りの初心者におすすめ「スピニングリール」

スピニングリールは、リールを持ち手の下側にセットするタイプで、小物を釣るのに適したモデルから、太い糸でも大量に巻けるモデルと様々な種類があります。ドラグ調整が容易で、ライントラブルも少ないことから、スピニングリールは比較的初心者でも扱いやすいのが特徴です。

バス釣りの中級者から上級者におすすめ「ベイトキャスティングリール」

ベイトリールはリールを持ち手の上側にセットするタイプで、スピニングリールと異なりベールを返す手間がないため、手返しが早く、重たいルアーも投げることができます。ただベイトリールは、ラインが絡まる「バックラッシュ」が発生しやすいので扱いが難しいでしょう。

 

ベイトキャスティングリールは中級者以上におすすめです。

パワーファイトで選ぶ

パワーファイトをするならベイトリールがおすすめです。ベイトリールは手返しがよくてパワーがあるからですね。それゆえに大型の魚でも安心して釣ることができます。ただ先ほども説明した通り、ベイトリールだとバックラッシュが起きる可能性が高いです。

 

そのため釣り初心者の人はパワーファイトで竿を選ぶのは止めておいた方がいいかもしれませんね。ちなみにファイトというのは、魚が針に掛かったときの引き上げる動作のことです。

硬さで選ぶ

バスロッドには一般的に以下のような硬さがあります。UL(ウルトラライト)・L(ライト)・ML(ミディアムライト)・M(ミディアム)・MH(ミディアムヘビー)・H(ヘビー)・XH(エクストラヘビー)の7つ。

 

ULが1番柔らかくて、XHが最も硬いとされています。この7段階以外にもさらに細かい硬さが存在しますが、スピニングリールであればMLまで、ベイトキャスティングリールであればML以降が一般的。

 

なお、柔らかいロッドは軽いルアーを使った繊細な釣り、硬いロッドは重いルアーを使ったパワー勝負の釣りのような感じで使い分けることもできます。

ルアーの適合範囲で選ぶ

バスロッドの硬さで選ぶのと、同じくらい大事になってくるのがルアーの適合範囲。またはバスロッドがそのルアーの重さに耐えられるかですよね。バスロッドの適合範囲を確認せずに選んでしまえば、遠くに飛ばすことができなかったりします。

 

ルアーの重量はグラム(g)表記ではありません。オンス(oz)と表記されます。1ozで約28gなので、ちょっとややこしいですが、覚えておいて下さい。また初心者におすすめの適合範囲はスピニングリールなら10gまでで、ベイトリールなら21gまでです。

長さで選ぶ

バスロッドには様々な長さがあり、その単位をft(フィート)inch(インチ)で表します。バスロッドには5ft~8ftを超えるものまであり、長ければ長いほど遠投性能に優れています。

 

ルアーのリトリーブコース(ただ巻き)のコントロールがしやすかったり、フッキングが決まりやすかったりしますが、その分、操作性が難しくなってきます。また短いロッドは重量が軽いので、ルアーの操作性が高かったり、キャストがしやすいですね。

 

また初心者におすすめの長さは、扱いやすく汎用性の高い6ft~6ft10inchです。(1ft=約30cm、1inch=約2.5cm)

重さで選ぶ

バスロッドは長さや硬さに加えて、使われている素材によって重さが変わってきます。バス釣りではルアーを何度もキャストしたり、アクションを加えて巻いてくるので、ほんの数十グラムのわずかな差が、キャストの正確性・ルアーの操作性・さらに疲労感も左右するのです。

 

バスロッドを選ぶ際には、できるだけ軽いものを選ぶことがおすすめ。

有名メーカーで選ぶ

有名メーカーはダイワ・シマノ・アブガルシア・メジャークラフト・エバーグリーンの5つですかね。これらは特に人気が高いメーカー。また最初の一本はコスパ面と技術面を考慮して「メジャークラフト」メーカーがおすすめです。

他の分野でもかなり有名な「シマノメーカー」

シマノメーカーは自転車の高級な部品を販売していたりと、かなり有名です。シマノメーカーのバスロッドは耐久性を重視しているため、釣り初心者の人にもおすすめできます。また、シマノメーカーは北米などいろいろな所で人気なので、安心できます。

バスロッド商品の中で1位を争う「ダイワメーカー」

ダイワメーカーはバスロッド商品の中で1位・2位を争うほど有名です。それもアメリカなどのバス釣りプロ選手が愛用するくらいです。またダイワメーカーは、会社独自の製造方法をしているので、バス釣りの上級者に人気。

シーバスを釣る専用のロッドがある「アブガルシアメーカー」

アブガルシアメーカーは、スウェーデン発祥の釣り具総合点です。ロッドはシリーズごとに販売されているのですが、どれも高評価な商品がけっこう多いです。シーバスを釣る専用のロッドも販売されています。

釣り初心者の人におすすめ「メジャークラフト」

メジャークラフトメーカーの商品は、釣り初心者の人に、かなりおすすめできます。というのもここのメーカーは、気軽に楽しめるがコンセプトだからです。それゆえに、安価なロッドでも気軽に楽しめることができます。ちなみに釣り初心者向けとしても高評価をもらっています。

ヘビーカバーから一気にバスを釣れる「エバーグリーン」

エバーグリーンメーカーの商品は、ヘビーカバーという場所から一気にバスを釣れることができるでしょう。なぜならエバーグリーン・ヘラクレスは、レーシングモデルとも言われており、繊細さと軽さを追求したものだからです。

 

ちなみにエバーグリーンというのは、仕掛けが入れづらいような場所のことを指します。

価格で選ぶ

バスロッドの価格幅はかなり広いです。安いものだと1000円くらいのモノから、高いモノだと数万円するものまであります。では詳しく解説します。

釣り初心者なら「5,000円」のバスロッド

これから釣りを始める人や、まだ始めて日が浅い人は、5,000円くらいのバスロッドがおすすめ。というのも、あまりに安すぎると粗悪な商品もあるからです。人気メーカーで5000円位のバスロッドがいいでしょう。

 

とはいえ、価格が上がるにつれてバスロッドの重量が軽くなっていくので、結局はあなたの予算で選ぶのが大切なのかも。

コスパが高い!性能のいいバスロッドなら「15,000円〜25,000円」

性能のいいバスロッド選びなら、15000円~25000円くらいのバスロッドがおすすめ。この値段ならば、性能のいいガイド(糸を通すリング状の金具)が搭載されていて、本体の素材、採用されている技術も高いですからね。

 

さらにこれくらいの値段だと、大体保証書が付属されています。もし万が一、バスロッドを折ってしまった場合に嬉しいですね。

他のロッドと比較して選ぶ

バスロッドの他にエギングロッド・アジングロッドという竿が存在します。バスロッドの他に検討するのもいいかも。ではそれぞれを詳しく解説します。

アオリイカを釣る専用の「エギングロッド」

バスロッドとエギングロッドの大きな違いは、その長さです。バスロッドに比べて本体が長いエギングロッドは比較的飛距離の欲しいポイントで活躍します。エギングロッドの特徴は、細かい動作が簡単にできるのと、長さの割に軽いところですかね。

 

一方で、長さの面で取り回しが悪かったり、重いルアーが投げずらかったりします。そういった面を考慮すれば、小型から中型のルアーを使う際にエギングロッドの効果を発揮するでしょう。

 

以下の記事ではエギングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

バス釣りができる「アジングロッド」

アジングロッドでもバス釣りはできます。アジングロッドは軽量のルアーでも遠くに飛ばしやすく、シェイクなど、細かい操作が可能ですからね。

 

とはいえ、大型のバスが掛かるとロッドパワーが弱く針の刺さりが悪くなったり、安定したフッキングがやりずらかったりと、パワー面では難点がでてきます。そのため、ルアーの重量や狙うバスによって使い分けるといいですね。

 

以下の記事ではアジングロッドの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

ベイトのバスロッドの人気おすすめランキング5選

5位

ダイワ

タイラバロッド ベイト 紅牙X 69HB

価格:10,846円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

真鯛をメインに狙うならコレ

「タイラバロッド ベイト 紅牙X 69HB」の主なターゲットは真鯛。この魚は美しい姿をしていて絶品な味、力強い引きですが、この竿はそんな真鯛に真っ向勝負するように設計されました。具体的にいうと、穂先(ほさき)のねじれを抑える強化構造「部レーディングX」を採用したことですかね。

長さ-重さ123g

口コミを紹介

初めてのタイラバで60㎝前後の鯛が2枚釣れました。竿のしなりが気持ちよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アブガルシア

フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-702M

価格:8,331円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドで釣りを楽しめるロッド

「フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-702M」は、アブガルシアが販売しています。海でも湖でも使えるロッド(竿)なので、気分によって変えたい人にはめっちゃいいですね。なおルアーは24gまでなら、どの重さでもOK。

長さ-重さ122g

口コミを紹介

値段も手ごろなので、あまり期待もしなかったのですが、非常に扱いやすく、ソルトも対応しており、優れたロッドで大変満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アブガルシア

BSFC-672MH ベイトロッド

価格:5,371円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格スペックのロッド

「BSFC-672MH ベイトロッド」は価格が5000円代ということもあり、気軽にバスフィッシングを始められます。こちらはオープンエリアからカバーゲームまで楽しめるパワー系バーサタイルロッド。重めのルアーも扱うことができるパワー系バーサタイルロッドでもあります。

長さ6.7ft重さ144g

口コミを紹介

ボートに乗り、シマノのバスライズと組み合わせて使用しました。当初マゴチを泳がせで釣ろうと、先にサビキに使用しましたが、5cm程度の小サバが掛かり、はっきり当たりが伝わってきました結構固いので感度は鈍いかもと思ってましたが)。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シマノ

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ゾディアス バス 172MH-2

価格:16,428円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界も認めたバーサタイル

「シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ゾディアス バス 172MH-2」は世界も認めるバーサタイル。いろいろなルアーも扱うことができるので、マルチパフォーマーなロッドですね。こちらはバスフィッシングの本場アメリカと日本でテストを繰り返して完成したものです。

長さ7.2ft重さ122g

口コミを紹介

コ・ス・パ 最高!!先端まで全てハイパーXで硬めのため7g以下だと投げるの大変ですが、重めのルアーは気持ちよくぶっ飛んでいきます。長すぎず、飛距離も稼げて、2ピースなためオカッパリにはおすすめのロッド。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シマノ

シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ルアーマチック B66ML

価格:4,889円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バスフィッシングとロックフィッシュゲームに最適

「シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ルアーマチック B66ML」は左巻きのロッドを使用したい人におすすめ。こちらは5000円以内で価格が安いですが、シマノメーカーということもあり、かなり丈夫にできています。

長さ6.6ft重さ130g

口コミを紹介

感想としては十分使える。値段が値段なので全体的にチープなのは否めませんが、流石シマノさん。投げ感も釣り上げる感じも悪くないですよ。バスワンと迷いましたが、これで十分だったと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベイトのバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5613056の画像

    シマノ

  • 2
    アイテムID:5613106の画像

    シマノ

  • 3
    アイテムID:5613149の画像

    アブガルシア

  • 4
    アイテムID:5613276の画像

    アブガルシア

  • 5
    アイテムID:5613284の画像

    ダイワ

  • 商品名
  • シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ルアーマチック B66ML
  • シマノ(SHIMANO) ベイトロッド ゾディアス バス 172MH-2
  • BSFC-672MH ベイトロッド
  • フレッシュ&ソルトウォーターロッド ベイト クロスフィールド(XROSSFIELD) XRFC-702M
  • タイラバロッド ベイト 紅牙X 69HB
  • 特徴
  • バスフィッシングとロックフィッシュゲームに最適
  • 世界も認めたバーサタイル
  • 本格スペックのロッド
  • オールラウンドで釣りを楽しめるロッド
  • 真鯛をメインに狙うならコレ
  • 価格
  • 4889円(税込)
  • 16428円(税込)
  • 5371円(税込)
  • 8331円(税込)
  • 10846円(税込)
  • 長さ
  • 6.6ft
  • 7.2ft
  • 6.7ft
  • -
  • -
  • 重さ
  • 130g
  • 122g
  • 144g
  • 122g
  • 123g

スピニングのバスロッドの人気おすすめランキング5選

5位

M MAXIMUMCATCH

M MAXIMUMCATCH Maxcatch STALKER テレスコピック

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯性も高いバスロッド

「M MAXIMUMCATCH Maxcatch STALKER テレスコピック」はM MAXIMUMCATCHという所が販売しています。持ち手はコルク素材で、マックス・スパイラルという技術を使っているので、よくあるような釣り竿よりも簡単に伸縮することができます。

長さ2m重さ113g

口コミを紹介

付属品含め、値段以上の仕上がりに思える。以前大手釣具店で5000円で購入したそこそこのメーカーのテレスコに比べたら倍の値段はしそうな出来だ。量販店でもケースだけで1500円はするだろうし。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アブガルシア

アブガルシア (Abu García) スピニング BSFS-672L

価格:5,371円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的にバス釣り!

「アブガルシア (Abu García) スピニング BSFS-672L」は本格的にバス釣りを始める人におすすめ。こちらは長く使い続けてもらえるをコンセプトにして設計されました。さらに、バス釣り経験者でも納得できるスペックを実現したバスロッドでもあります。「BSFS-672L」は軽くバイトが伝わりやすいので、試してみるといいでしょう。

長さ6,7ft重さ97g

口コミを紹介

寝がかりし,強めに曲げて根元から折ってしまいました。折れて初めてこのロッドのありがたさを感じ,自分の成長も感じました。初心者やまた始める方におすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ダイワ

ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング リバティクラブ ルアー 5105TLFS

価格:4,617円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

釣りの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい

「ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング リバティクラブ ルアー 5105TLFS」は、釣りの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい、という観点から生まれました。山間の渓流魚から管理釣場・湖沼でのバス釣り・海でのメバル・カサゴ・メッキアジなど、幅広く利用することができます。

長さ-重さ100g

口コミを紹介

保証はありませんが、修理代は安いです。最初の1本にはもちろんおすすめだし、ステップアップしてからもその携行性から出番は多いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

シマノ

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S66ML

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

淡水~海までと幅広く利用できる

「シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S66ML」は、バスフィッシングに最適。ゴールド色のメタルリングを2個が配置されていので、これもまた高級感がでています。また、こちらのロッドは軽量に設計されていて、竿全体に適度な粘りがあります。

長さ6.6ft重さ130g

口コミを紹介

60~70cmのスズキ、ナマズを釣り上げましたが問題なく使用できました。
おススメの一本です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

シマノ

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド

価格:4,909円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感と高品質感がただようシックなデザイン

シマノ(SHIMANO) スピニングロッドは、高級感と高品質感がただようデザインになっています。とはいえシマノメーカーが販売する商品なので、高級なロッドで間違いありません。価格は4,909円と手がだしやすため、バスの釣り初心者の人におすすめですね。

長さ6ft重さ145g

口コミを紹介

youtubeでエギング初心者向けに勧められていたため購入。アタリもはっきり分かり、今シーズンは3杯釣れました。ただ短いので、汎用性は少し低いと言えるかもしれません。

出典:https://www.amazon.co.jp

スピニングのバスロッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5612958の画像

    シマノ

  • 2
    アイテムID:5612977の画像

    シマノ

  • 3
    アイテムID:5612983の画像

    ダイワ

  • 4
    アイテムID:5612988の画像

    アブガルシア

  • 5
    アイテムID:5612996の画像

    M MAXIMUMCATCH

  • 商品名
  • シマノ(SHIMANO) スピニングロッド
  • シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S66ML
  • ダイワ(DAIWA) バスロッド スピニング リバティクラブ ルアー 5105TLFS
  • アブガルシア (Abu García) スピニング BSFS-672L
  • M MAXIMUMCATCH Maxcatch STALKER テレスコピック
  • 特徴
  • 高級感と高品質感がただようシックなデザイン
  • 淡水~海までと幅広く利用できる
  • 釣りの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたい
  • 本格的にバス釣り!
  • 携帯性も高いバスロッド
  • 価格
  • 4909円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 4617円(税込)
  • 5371円(税込)
  • 3600円(税込)
  • 長さ
  • 6ft
  • 6.6ft
  • -
  • 6,7ft
  • 2m
  • 重さ
  • 145g
  • 130g
  • 100g
  • 97g
  • 113g

バスロッドを選んだらライン選び

バス釣りに行かれる方!ロッドを選んだ後はライン選びにも力を入れていきましょう。バス釣りラインの中には、ナイロンやフロロカーボン、PEと様々な種類がありそれぞれポイントによって向き不向きがあります。

 

ライン(糸)がそのポイントやロッドに合っていなければ、バス釣りは難しくなってしまいます。ぜひこちらの記事も併せてご覧ください。

まとめ

以上がバスロッド(釣り竿)の選び方でした。リールの種類・硬さ・長さ・重さ・価格など、バスロッドの選び方は、結構幅広いです。焦らずじっくりと、自分に合ったバスロッドを選んで見てください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ