【2022年最強版】グラボの人気おすすめランキング10選【ロープロファイル対応も】

グラボはパソコンに搭載し、ゲームや映像編集をより快適にできます。しかしスリムタワーなど小さいサイズに合うロープロファイルや大きいサイズなど種類がさまざまあり、どれを購入するか迷うものです。そこで今回は、グラボを選び方とおすすめ商品をご紹介します。

パソコンでゲームや動画編集をするのに必須なグラボ

グラボとは、パソコンで映像や画像の処理をするために用いられるGPUが搭載されたパーツです。一般的には「グラボ」と呼ばれていますが、「ビデオカード」や「グラフィックカード」と呼ばれる場合もあります。

 

パソコンで最新のゲームや、Youtubeに動画を投稿するための動画編集を快適にするためにグラボの購入を検討する方も多いです。しかしグラボは性能や価格帯に大きな差があり、さまざまなラインナップがあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、快適なグラボの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはメーカー・性能・価格を基準にしました。ぜひ自分に合ったグラボを見つけてください。

グラボの選び方

本項ではグラボの選び方を人気シリーズ・性能・予算でご紹介していきます。またグラボを購入する際の注意点も解説するので参考にしてください。

人気シリーズ(メーカー)で選ぶ

グラボには主に2つの人気シリーズがあります。自分がどちらを必要とするのかを、考えましょう。

ゲームをするなら「NVIDIA」がおすすめ

NVIDIAはパソコンでゲームをしたいと思っている方はもしかしたら聞き覚えがあるかもしれません。プロゲーマーのパソコンに搭載されているのは、ほとんどがこのNVIDIAのグラボです。現在最も普及しているグラボになります。

 

NVIDIAの最新情報としては、GeForceといったグラボシリーズがまるで、実写映画のような映像でゲームが可能です。また、このメーカーはゲームメーカーなどにサポートを積極的に行っていて、GeForceを推奨しているゲームが多数あります。

 

NVIDIAはゲームをパソコンでしたい、ゲーマーの方にとてもおすすめのグラボメーカーです。

動画や画像をより綺麗に鮮明に楽しみたい方は「AMD」がおすすめ

AMDはグラボ以外にCPUの製造も行っているメーカーです。グラボに関してはゲーム用途以外に、動画の再生に対して高い性能を発揮するRadeonというブランドを展開しています。そのため映像編集やより綺麗に映像や画像を楽しみたい方におすすめです。

 

また、AMDのRedeonというグラボには独自のシステムが使われており、それを使って専用のソフトを使えば普通24FPSの映像を60FPSで再生できます。FPSというのは簡単に言うと、数字が高いほど滑らかに映像が見えるのでリアル体験が可能です。

 

さらにAMDはコストパフォーマンスに優れているリーズナブルな価格のグラボが多いのも特徴の一つです。ゲームをあまりやらない方で、まずは安いグラボを試したい方にもおすすめします。

性能・価格で選ぶ

グラボには高性能なグラボから、性能は劣りますが比較的安価なグラボまで、さまざまなグラボが発売されています。自分がどういったグラボがいいのかを考えましょう。

ハイスペックなパソコンにしたいなら「ハイエンドモデル」がおすすすめ

価格は気にしないでとにかくハイスペックなパソコンにして、最新のゲームを楽しみたい方や、動画編集や画像編集をものすごい速さでしたい方には高性能なグラボをおすすめします。

 

NVIDIAなら「GeForceRTX2080ti」や「GeForceRTX2080supar」、AMDなら「RadeonVI」や「RadeonRX5700」がおすすめです。ただハイエンドモデルのグラボは、10万円を超える場合も多いので、予算がある方向けです。

 

ただ搭載することさえできれば、性能では誰にも負けないようなパソコンにできます。

低予算でもスペックにこだわる方はコスパのいい「ミドルモデル」がおすすめ

ハイエンドモデルの10万円は出せないがスペックもそこまで落としたくない方は、価格とスペックを両立しているミドルモデルの、NVIDIAなら「GeForceRTX2070」や「GeForceRTX2070supar」、AMDなら「RadeonRX5700」がおすすめです。

 

これらのモデルはハイエンドのグラボよりも価格がリーズナブルでスペックもあまり落としてないモデルなので、できるだけ安くしたいけど綺麗な画質でゲームや動画を楽しみたい方に特におすすめなグラボです。

とにかく安くしたい方は2万円前後の「エントリーモデル」がおすすめ

なるべく予算をかけたくない方やとりあえずパソコンでゲームをしたい方はエントリーモデルである、NVIDIAなら「GeForceGTX970」や「GeForceGTX960」、AMDなら「RadeonR9 380X」や「RadeonRX470」がおすすめです。

 

リーズナブルなエントリーモデルのグラボなら、2万円以内で買えるものも販売されていて購入しやすいです。安くても、ゲーム自体はちゃんと起動するので安心してください。

 

ですがゲームタイトルによっては、推奨されている物よりもスペックが低いと画質がとても悪くなる場合もあります。自分のやりたいゲームなどは、推奨スペックをよく調べておきましょう。

画質にこだわるなら「ビデオメモリ」をチェック

ビデオメモリとは、一般的なPCのメモリとは違い、グラフィックにのみに特化したメモリです。ビデオメモリが高ければ高いほど、処理される映像や画像の情報量が増えるので、結果的にきれいに見えます。

 

より綺麗な画質でPCのゲームや動画を楽しみたい方は、グラボの性能だけでなくビデオメモリにも注目してください。

サイズで選ぶ

購入したグラボがケースに入りきらない場合もあるので、事前に自分のケースのサイズは確認しましょう。

スリムタワーなら「ロープロファイル対応サイズ」がおすすめ

パソコンケースがスリムタワー型で小さいサイズの場合、グラボを取り付けるためのパーツのサイズが小さいため、冷却装置等がついたグラボは取り付けられません。なので冷却装置や基盤がついていない、ロープロファイル対応のグラボを選びましょう。

 

搭載されているパーツが必要最低限なので、ハイエンドモデルのパソコンと比べると、性能は劣ってしまいますが、スリムタワーでグラボを搭載したい方におすすめの選び方です。

ミドルタワー・フルタワーなら「付属パーツも入るサイズ」がおすすめ

ミドルタワーやフルタワーはある程度拡張性が保証されている、大きめのサイズのパソコンケースなので、グラボもさまざまなサイズから選べます。だからといって、すべてのグラボを搭載できるわけではありません

 

他のパーツで大きいものを選んでいる場合、グラボも大きいとケースの中を圧迫して、ケース内の温度が高くなってしまう場合があります。なので、グラボを購入する前に、ほかのパーツとグラボを取り付けるスペースをあらかじめ考えておきましょう。

付属品・周辺環境で選ぶ

グラボにはさまざまな付属品や適した動作環境があります。ここでは付属品・周辺環境で選ぶポイントをご紹介するので参考にしてください。

ゲームや動画を編集する方は「簡易水冷」がおすすめ

グラボはゲームをしたり、動画を編集するなどの操作をすると、どんどんグラボに熱が発生して温度が上がっていきます。熱くなりすぎると、壊れてしまったり、最悪の場合パソコン自体が使えなくなる場合もあるので気をつけましょう。

 

それを回避するためにも、購入する前にグラボの冷却性能を確認する必要があります。冷却には大きく分けてヒートシンク・ファン・ヒートパイプの3種類が採用されていて、ファンが搭載されている場合が多いです。

 

また排熱には外排気・内排気・簡易水冷の3種類があり、外排気は狭い場所等に向いていて、内排気は広い場所なら高い性能を発揮します。簡易水冷は一番性能が良いですが、値段も高くなるので自分の予算と相談しましょう。

ハイスペックなパソコンなら「消費電力」はグラボの2倍がおすすめ

グラボは使用する際に電力を消費します。購入する前に自分のパソコンの電源のW数と、搭載する予定の電源のW数を確認しましょう。その電源に合った導入をすると、良いパフォーマンスを発揮できます。

 

グラボは基本的に性能が良くなるにつれて、消費する電力も高くなっていきます。グラボによっては、直接そのグラボから電力を供給する予備電源を備えているグラボもあるので、購入する場合は確認しましょう。

 

また、パソコンで電力を消費するのはグラボだけではないので、電源を用意する際にはある程度余裕をもっての準備がおすすめです。グラボで使う電力の2倍ほどあれば安心できます。

高性能なグラボには「補助電源」がおすすめ

グラボは高性能になるほど、消費する電力も増えていきます。なので、ハイエンドのグラボを購入したいと考えてる方は補助電源が付いているグラボ、または補助電源を取り付けられるグラボを選びましょう。

綺麗な映像を楽しむならはグラボ対応の「モニター端子」がおすすめ

グラボを購入する際、事前にグラボの入力端子を確認しましょう。すでにパソコン用のモニターを持っている場合は、その端子が使えるグラボを選んでください。もし自分のモニターとグラボの端子が違った場合、モニターに映像を出せません

 

現在、入力端子はHDMI・DisplayPort・VGA(15ピン)・DVIの4種類が多く採用されています。複数の入力端子を備えているグラボならその分モニターを増やせ、デュアルモニターにもできます。

 

4Kの高画質を楽しみたいならDisplayPortを選ぶのがおすすめです。安定して4Kを動作させるには高性能なグラボが必要になってくるので、予算と相談してください。

古いパソコンなら同じ「マザーボード」がおすすめ

グラボを購入する際には、自分のパソコンのマザーボードのメーカーを確認しましょう。最近のグラボならどのような組み合わせでもほとんど問題ないですが、マザーボードが古い場合などは注意してください。

 

組み合わせが悪く、互換性の不一致によって正しく動作しない可能性があります。なのでメーカーに特にこだわりがない場合は、グラボとマザーボードのメーカーは一緒にしておいたほうが無難です。

 

以下の記事では、AMDのマザーボードを紹介しています。AMDのグラボに興味ある方はこちらも確認してください。

ゲーマー向けグラボNVIDIAの人気おすすめランキング5選

5位

玄人志向

GG-GTX1660SP-E6GB/DF

価格: 62,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能がいいコスパ重視のグラボ

価格が約6万円でグラボの中では購入しやすい価格にも関わらず、最新のゲームでも難なく起動し楽しめるグラボです。やや古いゲームなら最高設定でも動きます。パソコン初心者やとりあえずゲームができればいい方におすすめです。

 

冷却性能が安定していて静穏性にも優れているので、深夜等でも音を気にせず使用できます。

GPU GeForce GTX 1660 SUPER 冷却性能 デュアルファン
サイズ 38 x 24.10 x 7.6 cm 出力端子 HDMI×1・Displayport×1・DVI-D×1

口コミを紹介

今使っている動画ソフトがGPU重視の為、以前の物では編集画面のfpsが一桁代までに落ちたり、フリーズしたりとかなりストレスが溜まっていました。ですが、GTX1660sに変えてからストレスフリーで動画ソフトを使用できています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Asustek

ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING

価格: 89,800円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷却性能が高まりオーバーヒートしにくい

NVIDIAのGeForceRTX2060を搭載したグラボです。以前は値段も高く、初心者の方には手が出しにくいグラボだったのですが、価格が徐々に下がり、搭載しやすくなりました

 

ハイエンドモデルはいらないけど、そこそこのグラボが欲しい方におすすめします。ファンが3つ付いているので冷却性能も高く、オーバーヒートする心配も少ないのが特徴の一つです。

GPU GeForceRTX2060 冷却性能 トリプルファン
サイズ 29.8 x 13.4 x 5.2 cm 出力端子 HDMI 2.0b×2・DisplayPort 1.4×2

口コミを紹介

今後の事を見越して数万違いでしたか2060にしました。
また、XMPⅡの設定をONにするとこちらのグラボでのスコアも上がりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

玄人志向

GG-RTX2070SP-E8GB/DF

価格: 120,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スペック重視のゲーマー向き!

発売しているメーカーが愛知県の玄人志向のグラボで、GeForceシリーズのなかでも新しいGPUのGeForceRTX2070suparが搭載されている、スペック重視のグラボです。最新のゲームをやりたい方におすすめします。

 

冷却性能もデュアルファン搭載で安定して使用でき、静穏性も高く、ストレスが少ないグラボになっています。

GPU GeForceRTX2070supar 冷却性能 デュアルファン
サイズ 38.1 x 23.8 x 7.6 cm 出力端子 HDMI×1・DisplayPort×3

口コミを紹介

特に問題もなく、超快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MSI COMPUTER

VD6238

価格: 28,790円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さめなエントリーモデル!ロープロファイルにも

グラボの中では性能は控えめですが、サイズが小さく値段もとても安いので、一度パソコンでゲームを試してみたい方におすすめのグラボです。GeForceGTX1050tiが搭載されていて、難しいゲームでも設定を下げればプレイできます。

 

性能が控えめな分、とても消費電力が少なく済むので省エネです。あまりゲームしないけど、パソコンにグラボを搭載したい方におすすめのエントリーモデルとなっています。

GPU GeForceGTX1050ti 冷却性能 デュアルファン
サイズ 24.2 x 17 x 5.4 cm 出力端子 DisplayPort x 1・HDMI x 1・DL-DVI-D x 1

口コミを紹介

問題なく使用出来ます。
GT1030でちょっと不足を感じ、GTX1050tiを購入、ブラケットも問題なく入りますし、熱も70℃以下で安定しているようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

玄人志向

GF-GTX1650-E4GB/OC/DF

価格: 36,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エントリーモデルなのに高性能!性能のいいモニター使いたい方に

価格が4万円以下にも関わらず、FPSなどの人気オンラインゲームを楽しめるグラボです。ハイエンドモデルと比べるとさすがに劣ってしまいますが、値段を考えるととてもコスパの良いグラボになっています。

 

まだパソコンでゲームをしてない方や、サブで使うパソコン用などにグラボが欲しい方におすすめのグラボです。出力端子もDisplayPortを使えるので、モニターも性能の良いものを使えます

GPU GeForceGTX1650 冷却性能 デュアルファン
サイズ 37.6 x 24.2 x 7.6 cm 出力端子 HDMI×1・DP×1・DVI-D×1

口コミを紹介

コスパの高いエントリーグラボの地位から落ちてないと思う。
さすがに予算があるなら薦めないが、10万以内でゲーミング組むなら間違いなく薦められる。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゲーマー向けグラボNVIDIAのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 GPU 冷却性能 サイズ 出力端子
1
アイテムID:10062225の画像
GF-GTX1650-E4GB/OC/DF

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

エントリーモデルなのに高性能!性能のいいモニター使いたい方に

GeForceGTX1650 デュアルファン 37.6 x 24.2 x 7.6 cm HDMI×1・DP×1・DVI-D×1
2
アイテムID:10062222の画像
VD6238

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小さめなエントリーモデル!ロープロファイルにも

GeForceGTX1050ti デュアルファン 24.2 x 17 x 5.4 cm DisplayPort x 1・HDMI x 1・DL-DVI-D x 1
3
アイテムID:10062219の画像
GG-RTX2070SP-E8GB/DF

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スペック重視のゲーマー向き!

GeForceRTX2070supar デュアルファン 38.1 x 23.8 x 7.6 cm HDMI×1・DisplayPort×3
4
アイテムID:10062216の画像
ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

冷却性能が高まりオーバーヒートしにくい

GeForceRTX2060 トリプルファン 29.8 x 13.4 x 5.2 cm HDMI 2.0b×2・DisplayPort 1.4×2
5
アイテムID:10062213の画像
GG-GTX1660SP-E6GB/DF

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

性能がいいコスパ重視のグラボ

GeForce GTX 1660 SUPER デュアルファン 38 x 24.10 x 7.6 cm HDMI×1・Displayport×1・DVI-D×1

動画や画像を楽しむAMDグラボの人気おすすめランキング5選

5位

MSI COMPUTER

VD6359

価格: 49,789円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムタワーにも!価格と性能を両立したモデル

このグラボは値段も高くなく小型で補助電源も不要と初心者におすすめの商品です。出力端子も代表的な3つの端子が用意されており、静音性と冷却性能にも優れていて、初めてAMDを購入する方におすすめします。

GPU Radeon RX 560 冷却性能 ファン
サイズ 24.1 x 16.8 x 5.3 cm 出力端子 DisplayPort×1・DVI×1・HDMI×1
4位

SAPPHIRE

NITRO+

価格: 290,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

性能重視の高耐久モデル

グラボは動画や画像の編集をしているとどうしても負荷がかかってしまいますが、このグラボはトリプルファンで冷却するのでその心配がありません。そもそもの性能も高いのでゲームもすることができます。

 

予算がある方でAMDのグラボが欲しい方に特におすすめのグラボになっています。

GPU Radeon RX 5700 冷却性能 トリプルファン
サイズ 43.7 x 24.3 x 9.2 cm 出力端子 HDMI x2・DisplayPort x2

口コミを紹介

ゲームの画面が綺麗になりました

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

玄人志向

ビデオカードショート基盤モデル

価格: 15,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強!安いのに高性能

2万円以下で買える破格のグラボです。性能は劣りますが、価格で考えると断トツでおすすめのグラボになっています。予算をできる限り抑えたい方や、性能は全く気にしていない方にとてもおすすめです。

GPU Radeon RX550 冷却性能 ファン
サイズ 29.8 x 19.2 x 7.2 cm 出力端子 DisplayPort×1・HDMI×1・DVI-D×1

口コミを紹介

値段的に良い買い物をしたと思っています

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ASROCK

グラフィックボード GDDR6 8GB オリジナルファンモデル

価格: 218,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省エネでGPU搭載のかっこいいモデル

消費電力を抑えているグラボです。電力を抑えているので、ゲームや編集作業をより快適に行えます。ほかのAMDのグラボと比べると少し値段がかかりますが、予算がある方にはとてもおすすめのグラボです。

GPU Radeon RX5700 冷却性能 デュアルファン
サイズ 28.1 x 1.3 x 0.6 cm 出力端子 HDMI x1・DisplayPort x3

口コミを紹介

RTX2070Superと迷いましたが
個人的にAMDが好きなので
こちらを選択して良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

MSI COMPUTER

ARMOR 8G J グラフィックスボード

価格: 88,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5つの画面に対応!ゲームも編集も楽しみたい方に

このグラボは最大で5つの画面に同時出力できるモデルです。また価格も安めで、性能も良いのでとてもおすすめのグラボになっています。最新のゲームは難しいですが、3年ほど前のゲームなら問題なく動きます。

 

ゲームや編集、動画を楽しみたい方にとてもおすすめです。

GPU Radeon RX 570 冷却性能 デュアルファン
サイズ 31.3 x 23.4 x 7 cm 出力端子 DisplayPort(1.4a) x 3・HDMI(2.0b) x 1・DVI-D x 1

口コミを紹介

実際に5画面マルチに対応しており、とても助っております。
動作も安定しており、ファンのスピードも変えられるので、安価な割には素人のわたしでも簡単に取り付けができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

動画や画像を楽しむAMDグラボのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 GPU 冷却性能 サイズ 出力端子
1
アイテムID:10062242の画像
ARMOR 8G J グラフィックスボード

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

5つの画面に対応!ゲームも編集も楽しみたい方に

Radeon RX 570 デュアルファン 31.3 x 23.4 x 7 cm DisplayPort(1.4a) x 3・HDMI(2.0b) x 1・DVI-D x 1
2
アイテムID:10062239の画像
グラフィックボード GDDR6 8GB オリジナルファンモデル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

省エネでGPU搭載のかっこいいモデル

Radeon RX5700 デュアルファン 28.1 x 1.3 x 0.6 cm HDMI x1・DisplayPort x3
3
アイテムID:10062236の画像
ビデオカードショート基盤モデル

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コスパ最強!安いのに高性能

Radeon RX550 ファン 29.8 x 19.2 x 7.2 cm DisplayPort×1・HDMI×1・DVI-D×1
4
アイテムID:10062233の画像
NITRO+

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

性能重視の高耐久モデル

Radeon RX 5700 トリプルファン 43.7 x 24.3 x 9.2 cm HDMI x2・DisplayPort x2
5
アイテムID:10062230の画像
VD6359

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スリムタワーにも!価格と性能を両立したモデル

Radeon RX 560 ファン 24.1 x 16.8 x 5.3 cm DisplayPort×1・DVI×1・HDMI×1

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

グラボの最新情報はどこでわかる?

グラボの最新情報をいち早く手に入れるには、各メーカーの公式HPをチェックしましょう。メーカーサイト内には発売中の製品情報だけでなく、これから登場する製品の特長なども紹介されています。

 

また、ヨドバシなどのお店で店員さんに直接聞いてみると詳しく教えてもらえる場合もあるので、近くに店舗がある方は検討してください。

グラボが高騰?その理由は?

近年グラボの価格は高騰しています。半導体不足や仮想通貨の普及による需要の急増、そしてコロナウイルスの影響と、複数の要因が重なったためです。しかし、高騰のピークは過ぎ、徐々に価格が低下してきています。

 

まだ高くて手が出せないといった方も、今後の変動をチェックして安くなったタイミングでぜひ購入を検討してください。

購入後は接続・交換・設定をする

購入後はパソコンにグラボを搭載し、各種ケーブル類を接続しましょう。既にグラボが搭載済みの場合は古いグラボを取り外し、新しいグラボと交換します。精密機器なので静電気や埃など、十分注意しながら作業しましょう。

 

また、モニターとグラボを繋げる際には端子の場所に注意しましょう。よくある間違いとしてグラボではなく、マザーボード側の端子と繋げてしまうケースがあります。この場合、グラボの機能は一切発揮できていないため、必ず接続する場所は確認しましょう。

 

搭載と接続が終わったら、パソコン上でグラボの設定を行いましょう。適切な設定ができていないと、ゲームや映像編集に支障が出る恐れがあります。

ゲームをメインにしたい方はすでに完成しているPCもおすすめ

PCはグラボだけでなくほかにもたくさんのパーツからできています。ゲームを主にやっていく方は、すでに完成しているゲーミングPCを選ぶのもおすすめです。完成済みのPCなら、面倒な設定や交換なども不要ですぐに使えます

 

以下の記事では、そんなゲーミングPCの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、参考にしてみてください。

ゲームも映像編集もしない方は値下がりした商品で試すのもあり

パソコンでゲームや映像編集を行わない方などはグラボを購入する必要はありません。マザーボードやCPUに内蔵された機能で良いからです。ですが、グラボを搭載すると沢山のパソコン用ゲームを遊んだり、美麗な動画や映像を楽しめます。

 

安い買い物ではありませんが、値下がりしている商品もあるので、この機会にぜひグラボを購入して、ゲームや動画を堪能できるパソコンライフを楽しむのがおすすめです。

まとめ

ここまでグラボのおすすめ商品をご紹介してきましたが、気に入った商品は見つかりましたか。パソコンにグラボを搭載するだけでいろいろなとできるようになります。ご紹介したグラボを使って、楽しいパソコン生活を送ってください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年06月24日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年最新版】オールインワンパソコンの人気おすすめランキング19選【グラボ付きも】

【2022年最新版】オールインワンパソコンの人気おすすめランキング19選【グラボ付きも】

デスクトップパソコン
【2022年最新版】GTX1070グラフィックカードおすすめ15選【高速でお手頃価格!】

【2022年最新版】GTX1070グラフィックカードおすすめ15選【高速でお手頃価格!】

グラフィックボード・ビデオカード
【2022年最強版】グラフィックボードのおすすめ人気ランキング15選【補助電源なしも!】

【2022年最強版】グラフィックボードのおすすめ人気ランキング15選【補助電源なしも!】

グラフィックボード・ビデオカード
楽譜ファイルのおすすめ人気ランキング10選【書き込める楽譜入れも!】

楽譜ファイルのおすすめ人気ランキング10選【書き込める楽譜入れも!】

楽器
【2022年最新版】ファイルサーバーの人気おすすめランキング26選

【2022年最新版】ファイルサーバーの人気おすすめランキング26選

NAS
タワーファンのおすすめ人気ランキング20選【多機能のものも!】

タワーファンのおすすめ人気ランキング20選【多機能のものも!】

扇風機・サーキュレーター