グラッパの人気おすすめランキング15選【イタリア料理の食後に】

記事ID10580のサムネイル画像

イタリアでは食後酒として古くから庶民の間で親しまれているグラッパ。ワインと同じくブドウから造られる蒸留酒ですが、日本ではまだそれほど馴染みのあるお酒とはいえません。そこで今回は、グラッパの選び方や楽しみ方と一緒におすすめ商品をご紹介します。

※法律により20歳未満の酒類の購入や飲酒は禁止されており、酒類の購入には年齢確認が必要です。

イタリア料理の締めに欠かせないグラッパ

「グラッパ」とは、ワインを醸造する際に出たブドウの搾りかすを再発酵させた蒸留酒で、アルコール度数40度前後の強いお酒です。昔は貴族などの富裕層しかワインを飲めなかったため、10世紀頃から北イタリアのブドウ農家が自家用に造り始めたとされています。

 

本場イタリアでは、度数が強いことから胃を刺激して消化を促す食後酒として欠かせないグラッパ。日本でもイタリア料理店やバールにワインとともに常備されるようになりました。でも、名前は知っているけれどまだ飲んだことがないという方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回は初めての方でも楽しめるグラッパの選び方やおすすめの商品を、生産地、ブドウの品種、アルコール度数、容量などの観点からランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方は是非参考にしてみてください。

グラッパの人気おすすめランキング15選

8年間熟成された深い味わい

“グラッパの革命児”と呼ばれるノニーノ社が手がける高品質なグラッパです。リムーザン&ヌヴェール産とシェリーの小樽で8年間熟成。 あざやかな琥珀色は高貴で味わいはとてもなめらか。余韻の長いグラッパで、ゆったりと味わいたい逸品です。

生産地 ヴェネツィア・ジュリア州 ブドウ品種 マルヴァジーア、ヴェルドゥッツォ、メルロー
アルコール度数 43度 容量 700ml

口コミを紹介

これまで私が楽しむことができた最高で絹のようなグラッパです!

出典:https://www.amazon.co.jp

花の香りのする長い余韻が楽しめる

蒸留された原酒をアルコール度数約70度で専用ステンレスタンクで保存。地元の地下水で43度まで度数を下げてから瓶詰めされたピルツァー社のグラッパです。バラの花びらの繊細なアロマやスパイスを含み、花の香りのする長い余韻が特徴的です。

生産地 トレンティーノ・アルト・アディジェ州 ブドウ品種 モスカート・ローザ
アルコール度数 43度 容量 500ml

口コミを紹介

グラッパ大好きなので美味しく戴いています。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

複雑で芳醇なフレーバー

ブレンタ河とピアーヴェ河の間に広がる丘陵地帯で収穫されるピノ、トカイ、カベルネ種の搾りかすを使用したナルディーニ社のグラッパです。伝統的な蒸気釜を用いて蒸留し、オーク樽で約3年間樽熟成。度数は50度と強め。複雑で芳醇なフレーバーが感じられます。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 ピノ、トカイ、カベルネ
アルコール度数 50度 容量 700ml

口コミを紹介

30年以上前に、イタリアン レストラン で初めて飲みました、
懇意になった ソムリエに 「食事の後に これを飲むと 胃が動きだす」と聞いています。
なお、映画「レオン」で レストランの店主がビアンカを一息で飲むシーンがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

グラッパの聖地で造られる逸品

グラッパの聖地とされる、ヴェネト州バッサーノ・デル・グラッパ近郊のポーリ社で造られる、歴史のあるグラッパです。昔ながらの銅製の蒸留器を使い、フランス産オーク材の樽で4年間熟成。フルーツやバニラのアロマに包み込まれるような味わいが特徴的です。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 カベルネ、メルロー
アルコール度数 40度 容量 700ml

口コミを紹介

贈り物にするために購入して、とても喜ばれました。

出典:https://www.amazon.co.jp

グラッパの名手が産み出すエレガントな逸品

フィレンツェの名門フレスコバルディ家と著名なグラッパの造り手であるポリ家が加わり、産み出されたのがこのルーチェ・グラッパです。フレンチ産オーク材の樽にて3年間熟成。フルーツやヴァニラの洗練された香りを持つエレガントなグラッパです。

生産地 トスカーナ州 ブドウ品種 メルロー、サンジョヴェーゼ
アルコール度数 40度 容量 750ml

口コミを紹介

ゆっくり堪能させて頂きます。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

ヴェネト産白ブドウの香り高いグラッパ

ボッテガ社が最高の香りとバランスのよい味わいを持つと評価した、ヴェネト産白ブドウのプロセッコで造るグラッパです。華やかなアロマとまろやかな口当たりを堪能できる逸品で、38度の度数ながら刺激が少なくて飲み口が軽いため、初心者にもおすすめです。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 プロセッコ
アルコール度数 38度 容量 350ml

口コミを紹介

定番の食後酒として何度かいただきました。冷凍庫に入れてキンキンに冷やすより、常温でストレートの方が自分には香り高く、美味しく感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

甲州ブドウを使った純国産グラッパ

甲州ブドウの搾りかすから生まれた、純国産のグラッパです。「うちだグラッパ」の大きな特徴は、本格焼酎で用いられている「減圧蒸留方式」で造られている点。雑味のないやわらかな口当たりとなっています。無色透明でボトルも愛らしく、贈り物にもおすすめです。

生産地 山梨県 ブドウ品種 甲州ブドウ
アルコール度数 40度 容量 200ml

口コミを紹介

瓶もおしゃれで、ブドウの薫りもよく女性向けのおいしいぐらっぱと思いました。プレゼントにしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

古きよきイタリアを感じさせる味とボトル

「法王のワイン」と称される、イタリアの有名ワイン「フラスカティ」。同じ品種のブドウで造られるのが、このフラスカティ・グラッパです。伝統的な蒸留法で製造され、すっきりとした辛口が特徴的。クラシカルなボトルは、古きよきイタリアを感じさせます。

生産地 ラツィオ州 ブドウ品種 マルヴァジア・ビアンカ、トレビアーノ、マルヴァジア
アルコール度数 38度 容量 500ml

口コミを紹介

プレゼントに使ったのですが、もともと見かけが可愛いボトルですし、さらにおしゃれなラッピングまで施していただいてよかったです。
肝心な味ですが、送られた本人いわく、「とってもフルーティー!」と喜んでおりました。

出典:https://review.rakuten.co.jp

カジュアルに楽しめるグラッパ

「イタリアの焼酎」的な位置付けで、カジュアルに楽しめるグラッパです。低価格ながら38度で700ml。ブドウの風味がしっかりと感じられます。グラッパ特有の渋みなどが弱いため、初めて試す方や製菓用としてもおすすめです。

生産地 イタリア ブドウ品種 混合
アルコール度数 38度 容量 700ml

口コミを紹介

美味いです!
今まで5-6本試しましたが、値段の2倍!、コストパフォーマンス最高。

出典:https://www.amazon.co.jp

ワイン愛好家にもおすすめのグラッパ

トスカーナ州のサッシカイアに使用したブドウの搾りかすを蒸留し、木樽で4年間熟成。さらにワインの熟成に使用した木樽で約1年間熟成させています。バニラやチョコレートのような甘い香りとしっかりと深みのある味わいで、ワイン愛好家にもおすすめです。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 カベルネ・フラン、カベルネソーヴィニョン
アルコール度数 40度 容量 500ml

口コミを紹介

最高です!

出典:https://www.amazon.co.jp

グラッパ通をも唸らせる味わい

ベルタ社はバチカン市国御用達、イタリアでも最高クラスのグラッパメーカーです。アルバ産のシャルドネの搾りかすをオーク樽で約1年間熟成。エレガントで調和のとれた香りとマイルドな口当たりが印象的です。 グラッパ通の人たちをも唸らせる味わいと評判です。

生産地 ピエモンテ州 ブドウ品種 シャルドネ
アルコール度数 40度 容量 700ml

口コミを紹介

一番好きなグラッパ。
しっかりした香りと甘味。グラッパなので度数が高いが、ついつい飲んでしまう。
いつもは熟成生ハムや牡蠣の燻製、レバーペーストをツマミにするが、チョコでもイカでも、いける!

出典:https://www.amazon.co.jp

調和のとれた後口が特徴的

シボーナ社は、ピエモンテ州アルバ近郊で100年以上にわたりグラッパをつくり続けている歴史のある蒸留所です。単一品種のドルチェットを蒸留し、ステンレススチールタンクで時間をかけて熟成。 ブドウの芳醇な香りと調和のとれた後口が特徴的です。 

生産地 ピエモンテ州 ブドウ品種 ドルチェット
アルコール度数 42度 容量 500ml

口コミを紹介

広がる香り、芳醇な甘みが、口いっぱいに広がります。
お酒好きの女性のプレゼントに最高。なかなかこの味を知っている人は少ない。

出典:https://www.amazon.co.jp

アロマの変化を楽しめる1本

小さな研究室から製造をはじめ、今ではイタリアの老舗メーカーとして名を馳せるイタルコラル社のグラッパです。メルロー、カベルネ、シャルドネのブレンドから生み出される若々しい味わいが特徴的で、時間とともにアロマの変化を楽しめる逸品です。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 メルロー、カベルネ、シャルドネ
アルコール度数 40度 容量 700ml

口コミを紹介

木樽の香り付けがなく、フレッシュな初垂れの破壊力がすさまじい。イタリアの人たちがうらやましいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

「生命の水」たる無色透明のグラッパ

1779年から代々続く老舗グラッパメーカー、ナルディーニ社の、樽熟成をせずにステンレスタンクやガラスタンクを使った製法による、無色透明のグラッパです。まさに「生命の水(アクアヴィーテ)」という名前の通り、ブドウの香りと辛口の味わいが楽しめます。

生産地 ヴェネト州 ブドウ品種 ピノワール、トカイ、カベルネ
アルコール度数 50度 容量 700ml

口コミを紹介

美味しいです(^-^)/
イタリアで飲んでも日本で飲んでも葡萄の香りを楽しみながら味わいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

柔らかく繊細な香りが味わえる

品質の優れた単一品種の搾りかすのみを使うことで、「グラッパ革命」を起こしたノニーノ社のグラッパです。モスカートの搾りかすをステンレスタンクで発酵、蒸留し、半年から1年かけて熟成。バラやバニラなどのニュアンスが感じられる柔らかく繊細な香りが特徴です。

生産地 ヴェネツィア・ジュリア州 ブドウ品種 モスカート
アルコール度数 41度 容量 700ml

口コミを紹介

グラッパはあまり飲んでいないが、これは美味しい。ブランデーとはまた違う香りで、楽しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

グラッパの選び方

ブドウの搾りかすで造られる蒸留酒はフランスやドイツにもありますが、EUの法律で「グラッパ」と名乗ることができるのはイタリア産のみと定められています。選び方のポイントをいくつかあげて見ていきましょう。

グラッパの表記で選ぶ

ワインの搾りかすから造られた蒸留酒の総称を「ポーマスブランデー」と呼びます。フランス産は「マール」、ドイツ産は「トレスターブランド」、スペイン産は「オルホ」など名称は違いますが、欧州連合(EU)ではイタリア産のみを「グラッパ」として規制しています。
 
 
さらにイタリアでは、搾りかすをそのまま蒸留したものだけを「グラッパ」と表記し、水や糖分を加えて再発酵したものは「アクアヴィーテ・ヴィニカ」、ワインを一緒に蒸留した場合は「アクアヴィーテ・ディ・ウヴァ」と表記するので覚えておくといいでしょう。

グラッパの特性で選ぶ

グラッパの香りや味わいを大きく決定づけるのが、原料となるブドウの品種と熟成の方法や期間です。またグラッパにはさまざまな度数のものが存在しますので、参考にしてください。

ワイン通の方なら「ブドウの単一品種」で

日本と同じく国土が南北に広がるイタリアは、北部は冷涼、中部は温暖、南部は高温多湿という気候の違いがあり、地域ごとにワイン用のブドウが栽培されています。グラッパも地場品種のブドウの搾りかすが使用されるため、それぞれ特色のある風味が味わえます。

 

北部のピエモンテ州ではモスカートやシャルドネ、中部のトスカーナ州ではサンジョベーゼ、メルロー、カベルネ、南部のプーリア州ではネグロアマーロなどが主流です。最近では高級ワインに使用されるフランスなどの品種も多くなってきました。

 

グラッパが大量に造られるようになってからは、全国のさまざまな品種をブレンドする傾向もありますが、昔ながらの地ブドウにこだわるなら単一品種の名前がラベルに記載されているグラッパを選ぶのがおすすめです。

辛口が好みの方なら「ステンレスタンク熟成」を

赤ワインの搾りかすは、アルコールが含まれているので(赤ワインは果皮とともに発酵させる)そのまま蒸留できますが、白ワインは搾りかすにアルコールを含まないため、残った糖分を一度アルコール発酵させてから蒸留しています。

 

以前のグラッパは樽熟成をしませんでしたが、コニャックやアルマニャック、シングルモルトのウィスキーのように風味に特徴を持つことから、樽熟成は高級グラッパの主流となっています。熟成期間はさまざまですが、長いものだと30年以上になる場合もあります。

 

一方、大量生産に向いているステンレスタンク熟成は、木樽での熟成とは異なり、ほとんど空気に触れさせないことでフレッシュな味わいとなるのが特徴です。無色透明なタイプのほとんどがこの熟成方法なので、辛口のスッキリした味わいを求める方におすすめです。

度数が気になる方は少量をゆっくり味わって

グラッパのアルコール度は40度前後のものが多いのですが、中には30度程度のものや60度とかなり高いアルコール度のものも存在します。アルコール度数に大きな開きがあるのは、原料となるブドウの違いにあります。

 

上でも紹介しましたが、グラッパの原料となるワインの搾りかすが、赤ワインか白ワインかによって、もともと含まれているアルコール度数が異なるためです。また、蒸溜所によって蒸留方式や加水の配分の違いも影響しています。

 

強い度数として定着しているグラッパですが、同じく果実から造られた蒸留酒で熟成させるブランデーと同様に、熟成期間が長くなるほど口当たりがまろやかになるので、香りを楽しみながら少量をゆっくり味わうことをおすすめします。

蒸溜所で選ぶ

現在、イタリアにはワインとともにグラッパを造るメーカーも多くがありますが、グラッパを専門に造っている蒸溜所もあります。代表的なグラッパメーカーを見ていきましょう。

グラッパのイメージを一新させた「ノニーノ」

ノニーノ蒸溜所は1897年にオラツィオ・ノニーノが創業。1973年に創設者のひ孫であるベニート・ノニーノと妻が、単一品種の搾りかすのみから造られた"グラッパ・モノヴィティーニョ"を、イタリアで初めて販売しました。

 

これは「グラッパ革命」と呼ばれる革新的な出来事で、ワインの廃品利用として安酒と考えられていたグラッパのイメージを一新したものとなったのです。地ブドウのピコリットの上質な香りを味わいたい方におすすめです。

イタリアのバールには必ず置いてある「ナルディーニ」

屋根付きの木造橋(ポンテ・ヴェッキオ)で有名なヴェネト州のバッサーノに、ボルトーロ・ナルディーニが1779年に創立した蒸溜所です。彼の後継者たちの努力によってナルディーニ社は蒸留酒造りのリーダー的存在となりました。

 

"生命の水"という意味を持つアクアヴィーテの本家本元として、その品質の高さは世界中で認められており、イタリアのバールには必ずナルディーニ社のボトルが1本置かれていると言われています。一度は飲んでみたい、おすすめの銘柄です。

「No.1」の蒸留ライセンスをもつ「シボーナ」

 

ピエモンテ州アルバ近郊で最古の蒸留所の証明である「No.1」の蒸留ライセンスをもつのがシボーナ蒸留所です。約100年に渡り、すべて手作りで単一ぶどう品種によるグラッパを製造してきました。

 

グラッパの蒸留に使用される搾りかすは新鮮なものだけを厳選し、熟練した職人の手によって、芳醇な香りとソフトで甘い口当たりの個性的なグラッパを造りだしています。ドライな辛口がお好きな方には、ネッビオーロがおすすめです。

ヴェネト州を代表する「ポーリ」

グラッパの聖地とされるヴェネト州バッサーノ・デル・グラッパ近郊にある、1898年創業の蒸溜所です。創業者のジョバッタ・ポーリは、手押し車に小さな蒸留器を乗せて家々を回っていました。

 

その後、息子のジョヴァンニが蒸気機関車のエンジンにヒントを得て独自の蒸留装置の開発に成功し、いまではヴェネト州を代表するグラッパメーカーに名前を連ねています。柑橘系フルーツのほのかな甘い味わいのモスカートが人気です。

 

ボトルデザインで選ぶ

古くからガラス工芸の盛んなイタリアらしく、個性的なデザインのボトルが多いこともグラッパの大きな特色のひとつです。スタイリッシュなものや、先鋭的なデザインのボトルは、飲み終わった後もインテリアとして部屋に飾っておくのもいいでしょう。

ヨーロッパでは、ウィスキーやブランデーの陶器ボトルやアーティスティックなボトルデザインのリキュールなどが、鼻や舌だけでなく、目も楽しませてくれます。とくにデザイン性の高いグラッパのボトルは、お酒とアートが好きな方へのギフトとしてもおすすめです。

エスプレッソとの相性で選ぶ

グラッパはストレートで飲むのが一般的ですが、他のお酒やリキュールと同様、カクテルのベースとしても楽しむことができます。中でも「カフェ・コレット」はイタリア発祥のカクテルで、エスプレッソに少量の自分好みのグラッパを混ぜる人気の飲み方です。

 

グラッパを入れる量は人によってさまざまですが、淹れたてのエスプレッソにグラッパ20ml、砂糖小さじ1~2杯を入れ、軽く混ぜて飲むのが一般的と言われています。グラッパはアルコール度数が高いので「ストレートは苦手」と敬遠する方や女性におすすめです。

 

ちなみに、すっきりとした後味を楽しみたいなら辛口の無色透明なグラッパを。エスプレッソとの香りの調和を楽しみたいなら熟成させた琥珀色のグラッパがおすすめです。

「グラッパ専用グラス」で飲むと香りが長続き

本場イタリアのレストランやバールなどでは、グラッパは「グラッパグラス」と呼ばれるチューリップのような形をしたポマースブランデーグラスでサーブされます。中央にくびれがあるためアルコールが揮発しにくく、香りが長続きするのでおすすめです。

 

小ぶりなので、アルコール度数の高いお酒をストレートでゆっくり飲むには最良のグラスです。筒のように細い部分がふくよかな香りを口に運んでくれて、アルコールが鼻を刺激しないようなデザイン。1個1000円前後と手頃な価格なので用意しておくといいでしょう。

グラッパのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5527589の画像

    ノニーノ

  • 2
    アイテムID:5527567の画像

    ナルディーニ

  • 3
    アイテムID:5527197の画像

    イタルコラル

  • 4
    アイテムID:5527180の画像

    シボーナ

  • 5
    アイテムID:5527168の画像

    ベルタ

  • 6
    アイテムID:5527138の画像

    ポーリ

  • 7
    アイテムID:5527098の画像

    ガラッティ

  • 8
    アイテムID:5527087の画像

    イタルコラル

  • 9
    アイテムID:5527070の画像

    白百合醸造

  • 10
    アイテムID:5527046の画像

    ボッテガ

  • 11
    アイテムID:5526376の画像

    ルーチェ

  • 12
    アイテムID:5526313の画像

    ポーリ

  • 13
    アイテムID:5526268の画像

    ナルディーニ

  • 14
    アイテムID:5526225の画像

    ピルツァー

  • 15
    アイテムID:5526188の画像

    ノニーノ

  • 商品名
  • グラッパ・モノヴィティーニョ モスカート
  • アクアヴィーテ・ビアンカ
  • リアルト・グラッパ
  • ドルチェット グラッパ
  • ジュリア グラッパ・ディ・シャルドネ
  • グラッパ・ディ・サッシカイア
  • グラッパ
  • フラスカティ・グラッパ
  • 内田葡萄焼酒(うちだグラッパ)
  • アレキサンダー グラッパ
  • ルーチェ・グラッパ
  • サルパ・ディポーリ
  • アクアヴィーテ・リゼルヴァ
  • グラッパ ディ モスカート ローザ
  • グラッパ・リゼルヴァ・オット・アンニ
  • 特徴
  • 柔らかく繊細な香りが味わえる
  • 「生命の水」たる無色透明のグラッパ
  • アロマの変化を楽しめる1本
  • 調和のとれた後口が特徴的
  • グラッパ通をも唸らせる味わい
  • ワイン愛好家にもおすすめのグラッパ
  • カジュアルに楽しめるグラッパ
  • 古きよきイタリアを感じさせる味とボトル
  • 甲州ブドウを使った純国産グラッパ
  • ヴェネト産白ブドウの香り高いグラッパ
  • グラッパの名手が産み出すエレガントな逸品
  • グラッパの聖地で造られる逸品
  • 複雑で芳醇なフレーバー
  • 花の香りのする長い余韻が楽しめる
  • 8年間熟成された深い味わい
  • 価格
  • 4,290円(税込)
  • 4,940円(税込)
  • 3,300円(税込)
  • 4,310円(税込)
  • 4,380円(税込)
  • 8,250円(税込)
  • 1,501円(税込)
  • 3,611円(税込)
  • 2,700円(税込)
  • 1,791円(税込)
  • 9,500円(税込)
  • 4,609円(税込)
  • 5,160円(税込)
  • 4,220円(税込)
  • 12,597円(税込)
  • 生産地
  • ヴェネツィア・ジュリア州
  • ヴェネト州
  • ヴェネト州
  • ピエモンテ州
  • ピエモンテ州
  • ヴェネト州
  • イタリア
  • ラツィオ州
  • 山梨県
  • ヴェネト州
  • トスカーナ州
  • ヴェネト州
  • ヴェネト州
  • トレンティーノ・アルト・アディジェ州
  • ヴェネツィア・ジュリア州
  • ブドウ品種
  • モスカート
  • ピノワール、トカイ、カベルネ
  • メルロー、カベルネ、シャルドネ
  • ドルチェット
  • シャルドネ
  • カベルネ・フラン、カベルネソーヴィニョン
  • 混合
  • マルヴァジア・ビアンカ、トレビアーノ、マルヴァジア
  • 甲州ブドウ
  • プロセッコ
  • メルロー、サンジョヴェーゼ
  • カベルネ、メルロー
  • ピノ、トカイ、カベルネ
  • モスカート・ローザ
  • マルヴァジーア、ヴェルドゥッツォ、メルロー
  • アルコール度数
  • 41度
  • 50度
  • 40度
  • 42度
  • 40度
  • 40度
  • 38度
  • 38度
  • 40度
  • 38度
  • 40度
  • 40度
  • 50度
  • 43度
  • 43度
  • 容量
  • 700ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 500ml
  • 700ml
  • 500ml
  • 700ml
  • 500ml
  • 200ml
  • 350ml
  • 750ml
  • 700ml
  • 700ml
  • 500ml
  • 700ml

まとめ

グラッパの選び方と人気おすすめランキングをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。グラッパは銘柄の種類も多く、地域によって個性的な蒸留所が存在します。是非、自分好みのグラッパと出会うための参考にして下さい。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】イタリアワインの人気おすすめランキング15選【アマローネも紹介】

【2021年最新版】イタリアワインの人気おすすめランキング15選【アマローネも紹介】

お酒
【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【名作や面白いゲームをご紹介】

プレイステーション4(PS4)ソフト
【2021年最新版】白ワインの人気おすすめランキング20選【辛口・甘口】

【2021年最新版】白ワインの人気おすすめランキング20選【辛口・甘口】

お酒
コニャックの人気おすすめランキング15選【美味しい飲み方も!】

コニャックの人気おすすめランキング15選【美味しい飲み方も!】

ブランデー
クラフトジンの人気おすすめランキング13選【日本産や外国産も紹介】

クラフトジンの人気おすすめランキング13選【日本産や外国産も紹介】

ジン
【2021年最新版】カリフォルニアワインの人気おすすめランキング10選【高級ワインも】

【2021年最新版】カリフォルニアワインの人気おすすめランキング10選【高級ワインも】

お酒