【2021年最新版】白ワインの人気おすすめランキング20選【辛口・甘口】

記事ID9217のサムネイル画像

スッキリした後味で飲みやすい白ワイン。プレゼント向きの高級品からコスパ抜群の安いワインまで種類が豊富です。今回は、白ワインの選び方と一緒に、甘口や辛口といったテイストに着目したおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

※法律により20歳未満の煙草の購入や喫煙は禁止されており、煙草の購入には年齢確認が必要です。

コスパ抜群のものも!白ワインの特徴

えぐみが少なく、淡白な魚料理などによく合う白ワイン。ただし、ひとくちに白ワインといっても種類が多くて迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか? ただ甘口や辛口というだけでなく、ドライなものからフルーティーなものまで種類はさまざまです。

 

実は、使っているブドウの品種や産地によってその味は大きく変化するもの。『シャルドネ』や『ボルドー』というと聞いたことがあるという人は多いかもしれませんが、特徴の違いまで理解している人はワイン好きさんぐらいのものでしょう。

 

そこで今回は白ワインの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは産地・ブドウの品種・テイストを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

白ワインの選び方

まずは、白ワインを選ぶ際の重要なポイントを解説します。こちらを参考にして、自分好みの白ワインを探してみてくださいね。

テイストで選ぶ

ワイン選びで特に重要となってくるのが辛口か、それとも甘口かというところ。まずはここで好みが大きく分かれます。

酸味が少なくて飲みやすい「甘口」

日常的にワインを飲まないという人のなかには、白ワインを『からい』と感じる人が多いようです。『からい』と感じる原因の多くは酸味が強いこと。すべての白ワインが辛口というわけではありませんので、苦手な人は飲みやすい甘口を選ぶようにしましょう。

 

また、単に酸味の問題でなく、アルコール度数が高い場合にも『からい』と感じることがあります。海外では一般的にこの『からさ』のことを『ドライ』と呼びます。覚えておくと便利な表現です。

スッキリした爽やかな口当たりの「辛口」

先述のとおり、酸味が強い場合に『からい』と表現されがちな辛口の白ワイン。甘みと酸味のバランスによっては、中辛口などと表現される場合もあります。

 

現在生産されている多くの白ワインが辛口。これは欧米では食事と一緒にワインを飲むのが一般的であるためです。甘い飲み物は食欲を減退させてしまうことがあるので、食前と食中には辛口のワインが好まれます。

ブドウ品種で選ぶ

ワインの味や香りに大きく影響するブドウの品種。ここではシャルドネやリースリング、ソーヴィニヨン・ブランなど、代表的なブドウ品種をいくつか紹介します。

産地の気候で味が違う「シャルドネ」

シャルドネが使われたワインの多くは辛口。というのも、実は、ブドウのシャルドネ種自体はたいした特徴がありません。ただ、土の状態に大きく影響される品種であるため、手間をかければかけるほど高品質のシャルドネが育つというわけです。

 

そこはまさにワイナリーの腕の見せどころ。手をかければ良く育ち、手を抜けば質が落ちる『正直なブドウ』です。気になる人は、シャルドネから造られた白ワインを飲み比べてみてくださいね。

爽やかな酸味がある「ソーヴィニヨン・ブラン」

ボルドー産の白ワインにはソーヴィニヨン・ブランが多く使われています。先に紹介したシャルドネが単一品種で使われるのに対し、ソーヴィニヨン・ブランはセミヨンなど他の品種と組み合わせて使われるのが一般的です。

 

クセのないソーヴィニヨン・ブランだけではなかなか特徴が出にくいので、香りが強い品種と組み合わせるなどして風味付けをしています。また、ソーヴィニヨン・ブランには「フュメブラン」という別名も。

甘口から辛口までテイストはそれぞれの「リースリング」

ドイツでもっとも高価なブドウと言われるリースリングは、まさに『白ブドウの貴公子』のような存在。リースリング単体で使われることもあれば、ソーヴィニヨン・ブランのようにブレンドされることもあります。ただし、その場合でも主役はリースリング。

 

ドイツ有数のワインの名産地でもあるラインガウ地方では、畑の9割がリースリングを栽培しているそうです。ドイツのなかでは、それだけ特別な品種ということですね。

まろやかでコクがある「ピノ・グリ」

赤ワインに使われる代表的なブドウ品種「ピノ・ノワール」が突然変異したことにより生まれた「ピノ・グリ」。酸味はそれほど強くなく、まろやかな口当たりと軽やかな後味が特徴です。

 

イタリアでは「ピノ・グリージョ」、ドイツでは「グラウ・ブルグンダー」や「ルーレンダー」、ハンガリーでは「スルケバラート」などと呼ばれます。フランスひとつ取ってみても、地域によって異なる呼び方をされることもしばしば。

酸味は控えめでうま味がある「甲州」

ブドウの起源をたどると、やがて3つの種類に行きつきます。ヨーロッパ系の「ヴィティス・ヴィニフェラ」、アメリカ系の「ヴィティス・ラブルスカ」、そしてアジア系の「ヴィティス・アムレンジス」です。

 

甲州が属するのは、アジア系ではなくヨーロッパ系の「ヴィティス・ヴェニフェラ」。つまり、ヨーロッパから伝来し、交配などが繰り返されて生まれた品種ということです。甲州はヨーロッパ系の品種にしては珍しく、食べても美味しいブドウとなっています。

産地で選ぶ

ワインは土壌の質や日照時間、雨量や気温などに大きな影響を受けます。『どこで造られたか』というのは、ワイン選びをするうえで重要なポイントのひとつです。

シンプルかつ上品な白ワインを醸造する「ブルゴーニュ」

ブルゴーニュワインの特徴といえば、単一品種でワインを醸造すること。たとえば、シャルドネ。他品種とブレンドすることなくシャルドネ単一で醸造したとなれば特徴のないワインに仕上がってしまいそうですが、そんなことはありません。

 

同じシャルドネ種でも育った区画によって味わいが異なるので、それぞれ個性たっぷりの出来になります。また、ブルゴーニュワインは淡白な鶏料理やシーフードとの相性が抜群です。

個性的な味わいの白ワインを醸造する「ボルドー」

ブルゴーニュに並び、世界的に有名なワインの名産地とされているのがボルドー。単一品種でワインを生産するブルゴーニュに対し、ボルドーワインは複数のブドウ品種を組み合わせて出来ているのが一般的です。

酸味控えめで辛口のワインを醸造する「トスカーナ」

中部イタリアに位置するトスカーナ州では、その豊かな土壌と気候を生かしたブドウ栽培が行われています。白ワインだと「ヴェルナッチャ」や「トレッビアーノ」など、日本ではあまり耳にしないような土着のブドウ品種が豊富です。

 

そうして『その土地で育った品種』を大事にするトスカーナですが、優秀な外来品種のブドウを使用した「スーパータスカン」と呼ばれるワインも大人気。

ソムリエもうなる!活躍の場を広げつつある「その他」の名産地

ワインといえばフランスやイタリアなどヨーロッパのイメージが強いかもしれませんが、チリや南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリアなど近年、活躍の場を広げつつあるワインの産地もたくさんあります。

 

高級ワインが多いヨーロッパの国々とは異なり、リーズナブルがゆえに日常的に楽しめるワインも少なくありません。クセがないワインなどはどんな料理との飲み合わせも◎。

価格帯で選ぶ

「値段は気にしないから上質なワインが飲みたい」「コスパを重視したい」など、ワインを選ぶ基準は人それぞれ。ここでは、価格帯別のメリットを紹介します。

コスパ重視の白ワインなら「1,000円以下」のものを

値段が高いからといって、必ずしも自分の口に合うかはわかりません。なかには、安価でありながらも美味しく飲めるものも。スーパーマーケットやコンビニなどでよく見かける白ワインの多くは、1,000円以下で販売されています。

ちょっとしたお土産にするなら「1,000~2,000円」のものを

ホームパーティーにお呼ばれしたときやちょっとした高級感を味わいたいときにぴったりなのが、高すぎず安すぎずの値段でちょうどよい1,000~2,000円程度の白ワインです。包んでもらえばギフトにぴったり。種類もたくさんあるので、一度チェックしてみてくださいね。

ちゃんとしたプレゼントなら「3,000~5,000円以上」のものを

5,000円以上の予算があれば、『熟成型の高級ワイン』を手に入れることも可能。最高級のワインともなると、ヴィンテージ(生産年)も一緒に確認したいところです。同じ銘柄のワインでもヴィンテージによって値段は大きく異なります。

 

また、高級ワインを購入する際には保管にも気をつけましょう。白ワインだからといってただ冷蔵庫に放り込むだけでは、美味しさが損なわれてしまいます。寝かせて置くだけでなく、湿度や温度含む細やかな気遣いが必要です。

シチュエーションで選ぶ

日常的に食卓に並べたいのか、それとも特別な日のご褒美にしたいのかによって、選びたいワインの種類は変わってきます。時と場合によってたしなむワインを変えることも大事です。

家に常備して「カジュアル」に飲むなら大容量のものを

毎日の食事のお供にしたいなら、スーパーマーケットやコンビニ、ドラッグストアなど身近な場所で手に入るカジュアルな白ワインがおすすめ。大容量のものも多く、これなら惜しむことなく好きなだけ飲むことができます。

 

安価な値段で手に入る白ワインは、ややフレッシュでシンプルな味わいのものが多い印象です。安いものだとワンコインで購入できるものもあるので、いろんな種類を試してお気に入りを見つけてみてくださいね!

特別感を出したい「記念日」に飲むなら高級感あふれるものを

特別な日に高級感あふれるワインを食卓に並べる人も多いのではないでしょうか? そんなときはいつもより奮発して、できるだけ良いワインを用意したいところですよね。

 

先述した3,000~5,000円以上の白ワインなら、良いことがあったときやお祝いごとがあるときの特別感を演出してくれます。ここにワイングラスを並べておけば、なお最高!

甘口白ワインの人気おすすめランキング10選

上品でエキゾチックな香りの白ワイン

オーストラリア生まれの最強のコストパフォーマンスを誇る甘口白ワイン。バラやムスク、ライチのような上品な香りと柑橘系の酸味は、国内外から高い評価を受けています。味と香りのバランスが実に絶妙です。

産地 オーストラリア(ニューサウスウェールズ) ブドウ品種 リースリング
テイスト 甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

元々オーストラリアのワインが好きです。これもご多分に漏れず、安価で美味しくてついつい飲みすぎてしまいます。甘口なのでついついい飲みすぎてしまいますがとても幸せです。この味、この価格、すべてが合格です。

出典:https://www.amazon.co.jp

白ワインを家に常備しておくなら

「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」シリーズのすっきり爽やか白ワインです。大容量のパックタイプで値段も非常にリーズナブル。毎日の晩餐に楽しみたいという人にとっては、家に常備しておくのにうってつけの商品と言えるでしょう。

 

爽やかでほどよい酸味がありつつも、後味に残るほのかな甘みが特徴。クセがないので、どんな料理にもよく合います。

産地 日本 ブドウ品種 -
テイスト ほのかな甘口 内容量 1800ml

口コミを紹介

白ワインの甘口の本格的なワインは高価で、そんなに沢山飲めるものではないが、このワインはほんのり甘くて酸化防止剤も入ってなくて味もいい。いつでも好きなときに飲めるので、白ワインが好きな人にはもってこいである。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

朝摘みの新鮮なブドウを使用した本格派スペインワイン

スペインの白ワイン市場でNo.1の売り上げを誇る「バック・エクストリシモ セミドゥルセ」。国民的ワインとして親しまれているこちらの商品は、スペインの主要小売店のうち約90%が導入しているほどの人気ぶりです。

 

スッキリした甘さが特徴で、ワインが苦手な人でも飲みやすい一品となっています。本格派ワインにしては財布に優しいリーズナブルな価格で手に入るのが魅力。

産地 スペイン(ペネデス) ブドウ品種 チャレロ・マカベオ
テイスト 甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

仕事の後で一人で飲んでいるワイン。やさしい甘味がお好み。フレッシュで果実味たっぷり、とても親しみやすいワイン。

出典:https://www.amazon.co.jp

「ハネムーン」の語源になったと言われる「ハニーワイン」

「ハニーワイン」とも呼ばれる蜂蜜酒「ミード」。そのなかでも手に入れやすく、人気が高いのがこちらの白ワインです。クローバーのハチミツと水、酵母だけで造ったというだけあり、自然のままの甘みを楽しむことができます。

 

古代ではなんとかの有名なクレオパトラも愛飲したとか。濃厚かつサラリとした口当たりで、まるでジュースのような飲みやすさです。ソーダ割りやお湯割りにしても美味しくいただけます。

産地 日本(四国) ブドウ品種 -
テイスト 甘口 内容量 720ml

口コミを紹介

甘いというレビューもありますが、甘さは控えめです。お酒が苦手な人にとっては度数11%というと結構きつめで飲みにくいものが多いですが、あまり度数ほどのアルコール感がなく、さらりとした口当たりや程よい甘さで飲みやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

燻製とよく合うフルーティーな香り

つややかな黄金色の色合いが美しい甘口の白ワイン。柔らかな口当たりにはまるみがあり、桃やレモン、ミラベルを思わせる香りを感じることができます。

 

伝統的なドイツワインの味に近いということもあって、ソーセージやカマンベールチーズなどのお供にぴったりです。燻製料理と一緒に、コクのある白ワインを楽しみましょう。

産地 ドイツ(ラインヘッセン) ブドウ品種 ミュラー・トゥルガウ・ケルナー・シルヴァネール
テイスト 甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

ほんのり甘い程度かと思っていましたが、思ったよりしっかりした甘さがありました。ワインがあまり得意でない親族と飲みましたが美味しいと喜んでいただけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

大自然のなかで育ったブドウのうま味を実現

シドニーから400kmほど西へ行った場所にあるグリフィス近郊のワイナリー「カセラ・ファミリー」が醸造するやや甘口の白ワイン。「辛口は苦手。でも甘すぎるのもちょっと」という人におすすめです。

 

オーストラリアの雄大な自然のなか、のびのびと育ったブドウがふんだんに使われたこちらの商品は、ワイン初心者にはもちろんワイン好きの人たちからも高い人気を集めています。モスカートのほか、リースリングやソーヴィニヨン・ブランなども。

産地 オーストラリア(グリフィス) ブドウ品種 マスカット
テイスト かすかな甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

アルコール度数が8%程度ですごく甘口なのでグビグビいけちゃいました。リピート買いします。

出典:https://www.amazon.co.jp

フルーティーなフレーバーでスルスル飲める

ブドウジュースを飲んでいるかのようなフルーティーな味わいが魅力の甘口白ワイン。酸化防止剤、保存料などの食品添加物は一切使用していないとのことで、『無添加』で安全にワインを楽しむことができます

 

「熟成させるのもワインを飲む楽しみのひとつ!」という人は、一年間を目安に保管してください。国産ブドウ100%使用の白ワインでまるっと日本を満喫しましょう。

産地 日本(長野県) ブドウ品種 ナイヤガラ
テイスト 甘口 内容量 720ml

口コミを紹介

この井筒ワインは最高に美味しいです。ぶどうジュースお飲んでいる感覚でグイグイいって、気がつくと良い気分です。大ファンです!

出典:https://www.amazon.co.jp

キンキンに冷やして飲みたい北海道産甘口ワイン

ワインというとつい海外を想像してしまいがちですが、日本だって負けていません。日本産ワインのなかで特に人気が高いのは「北海道ワイン」から発売されている「おたる特撰ナイヤガラ(おたるワイン)」です。

 

選りすぐりの糖度の高いブドウを使用したこちらの商品は、ワインが苦手な人にもおすすめ。アルコール度数も8.5%と、ワインにしてはやや低めです。北海道を訪れる際には、お土産にしてもよいかもしれませんね!

産地 日本(北海道) ブドウ品種 北海道産ナイヤガラ(ナイアガラ)
テイスト 甘口 内容量 720ml

口コミを紹介

今まで飲んだどの白ワインよりも癖がなく、白ブドウが大好きで甘いお酒の好きな人であれば好みの味かと思います。我が家では何度かリピートしていて、記念日にはいつもこれにしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

デザートワインとして大活躍の自然な甘み

ハンガリー語で『生まれたまま』という意味の『サモロドニ』。その名前のとおり、畑で採れたブドウの魅力をギュッと詰め込んだ一品です。なめらかな舌ざわりで、口に含むとハチミツの甘い香りが鼻を通り抜けます

 

香辛料を使った料理やコクのあるソースをあしらった料理などによく合いますが、デザートワインとしてそのまま楽しむのも◎

産地 ハンガリー(トカイヘジャリャ) ブドウ品種 フルミント・ハーシュレベルー・イエローマスカット
テイスト 甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

ブダペストを訪れた際、気に入ったので注文しました。梅酒のような甘みがくせになります。ワインが苦手な私でも、おいしくいただけました。

出典:https://www.amazon.co.jp

日本でもお馴染みの黒ネコマーク

黒ネコのマークが目印の「ツェラー・シュワルツ・カッツ」は、アルコールは低めでやや甘口という飲みやすいワインなので、日本でも大人気! こちらは青いボトルですが、緑色のボトルの商品もあります。

 

シーフードや軽い肉料理といった料理との相性が抜群。ラベルが可愛らしいので、ホームパーティーにお呼ばれしたときのギフトにしても喜ばれるでしょう。ちょっとしたお土産にするにはちょうどよいリーズナブルな価格帯です。

産地 ドイツ(モーゼル・ザール・ルーヴァ―) ブドウ品種 リースリング50%・ミュラートゥルガウ50%
テイスト さわやかなやや甘口 内容量 750ml

口コミを紹介

とても美味しいです! 舌触りも優しいお味でたぶんリピすると思います! アルコールに弱い方におすすめかな ^^

出典:https://www.amazon.co.jp

甘口白ワインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6965535の画像

    メルシャン

  • 2
    アイテムID:6965509の画像

    メルシャン

  • 3
    アイテムID:6965506の画像

    北海道ワイン

  • 4
    アイテムID:6965505の画像

    井筒ワイン

  • 5
    アイテムID:6965502の画像

    サッポロビール

  • 6
    アイテムID:6965501の画像

    スマイル

  • 7
    アイテムID:6981774の画像

    菊水酒造

  • 8
    アイテムID:6981813の画像

    サッポロビール

  • 9
    アイテムID:6981989の画像

    サントリー

  • 10
    アイテムID:6982051の画像

    ファームストン

  • 商品名
  • ツェラー・シュワルツ・カッツ プリカッツ
  • トカイ・サモロドニ・スイート
  • おたる特撰ナイヤガラ
  • 無添加ナイヤガラ
  • イエローテイル モスカート
  • アウスレーゼ ラインヘッセン
  • はちみつのお酒
  • バック・エクストリシモ セミドゥルセ
  • 酸化防止剤無添加のおいしいワイン。
  • DB トラミナー
  • 特徴
  • 日本でもお馴染みの黒ネコマーク
  • デザートワインとして大活躍の自然な甘み
  • キンキンに冷やして飲みたい北海道産甘口ワイン
  • フルーティーなフレーバーでスルスル飲める
  • 大自然のなかで育ったブドウのうま味を実現
  • 燻製とよく合うフルーティーな香り
  • 「ハネムーン」の語源になったと言われる「ハニーワイン」
  • 朝摘みの新鮮なブドウを使用した本格派スペインワイン
  • 白ワインを家に常備しておくなら
  • 上品でエキゾチックな香りの白ワイン
  • 価格
  • 1,261円(税込)
  • 1,716円(税込)
  • 1,936円(税込)
  • 1,310円(税込)
  • 785円(税込)
  • 795円(税込)
  • 3,008円(税込)
  • 804円(税込)
  • 882円(税込)
  • 745円(税込)
  • 産地
  • ドイツ(モーゼル・ザール・ルーヴァ―)
  • ハンガリー(トカイヘジャリャ)
  • 日本(北海道)
  • 日本(長野県)
  • オーストラリア(グリフィス)
  • ドイツ(ラインヘッセン)
  • 日本(四国)
  • スペイン(ペネデス)
  • 日本
  • オーストラリア(ニューサウスウェールズ)
  • ブドウ品種
  • リースリング50%・ミュラートゥルガウ50%
  • フルミント・ハーシュレベルー・イエローマスカット
  • 北海道産ナイヤガラ(ナイアガラ)
  • ナイヤガラ
  • マスカット
  • ミュラー・トゥルガウ・ケルナー・シルヴァネール
  • -
  • チャレロ・マカベオ
  • -
  • リースリング
  • テイスト
  • さわやかなやや甘口
  • 甘口
  • 甘口
  • 甘口
  • かすかな甘口
  • 甘口
  • 甘口
  • 甘口
  • ほのかな甘口
  • 甘口
  • 内容量
  • 750ml
  • 750ml
  • 720ml
  • 720ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 720ml
  • 750ml
  • 1800ml
  • 750ml

辛口白ワインの人気おすすめランキング10選

10位

ブランコット・エステート

クラシック ソーヴィニヨン・ブラン

スパイシーな香りがエキゾチックな辛口白ワイン

フランスやイタリア、スペインなどに並び、近年注目されているニュージーランドワイン。ニュージーランドのなかでも屈指のワイン名産地と謳われるマールボロで造られた白ワインが、こちらの商品です。

 

熟したピーマンとグズベリーのピリッとしたスパイシーな香りと、トロピカルメロンとグレープフルーツの爽やかな甘みが特徴のひとつ。豚や鶏などのお肉、シーフード、チーズなどを使った料理によく合います。

産地 ニュージーランド(マールボロ) ブドウ品種 ソーヴィニヨン・ブラン
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

柑橘系の爽やかな香りのワイン。低価格なのに、この香りは凄いなと思います。ワイン初心者の方も飲みやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

氷と冷やしたワインを入れて「ロッシ ロック」に

いまの日本で一般的なのはボトルワインやパックワインですが、お得感満載のボックスワインも忘れてはならない存在です。こちらの商品は2,000円程度の値段で大容量の3リットル入り! ひとり飲みにも大人数用にもぴったりです。

 

もちろん、一般的なワインより容量が大きいからといって質が落ちるということはありません。リンゴを思わせる甘さとほどよい酸味は非常に飲みやすい後味に仕上がっています。グラスに氷と冷やした「カルロ ロッシ」を入れると美味しさアップ。

産地 アメリカ(カリフォルニア) ブドウ品種 -
テイスト 中辛口 内容量 3L

口コミを紹介

赤白セットで購入しました。口当たりも良くテーブルワインとしてgood. お手軽価格でお得です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ブルゴーニュの最高峰の白ワイン

1859年に設立された「ルイ・ジャド社」が生み出す最高峰の辛口白ワイン。ブルゴーニュ産のシャルドネやアリゴテを掛け合わせて造られたこちらのワインは、甘みと酸味のバランスが良く、どんな料理ともよく合います。

産地 フランス(ブルゴーニュ) ブドウ品種 シャルドネ・アリゴテ
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

最近暑すぎてお酒もどうかと思ったのですが、冷やして飲んだら最高でした。イチオシ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

どこででも手に入るから食卓に並べやすい

コンビニやスーパーマーケット、ドラッグストアなどでも購入できるコスパ最強の白ワインといえば「アルパカ」で決まり! シャルドネとセミヨン、2種類のブドウから造られるワインは非常にまろやかで、後味スッキリ。

 

変なクセがないので、料理用のワインとしても使いやすいでしょう。アサリの酒蒸しや鶏料理といった料理とよく合います。安くて美味しい定番の白ワインを探している人におすすめです。

産地 チリ ブドウ品種 シャルドネ・セミヨン
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

飲みやすく、いつでも飲めます。常備しておきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

あまりの美味しさに「 エスト エスト エスト!」

一見風変りな名前のイタリア産ワインですが、この『エスト』という言葉には『あった』『ある』という意味があります。なんでも、主人のためにワインを探していた従者が美味しいワインを見つけたので、思わず「あった!あった!あった!」と書いてしまったのだとか。

 

こちらのワインに使用されている「トレビアーノ」という品種は、イタリア産白ワインの代表的なブドウ。同じくワインで有名なフランスでは別名「サンテミリオン」や「ユニブラン」として親しまれています。コクのあるソースを使った料理との相性がぴったりです。

産地 イタリア(ラツィオ州) ブドウ品種 トレビアーノ・マルヴァジーア・ビアンカ・ロッセット
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

ワイン初心者でも手を出しやすい値段なのとジュースのようにどんどん飲めるうまさがある。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーストラリアの五つ星ワイン

ワインといえばヨーロッパやアメリカなど北半球の国々をイメージする人が多いかもしれませんが、実は、南半球のなかにもワインの名産地と呼ばれる場所は存在します。オーストラリアもそのなかのひとつ。オーストラリア産ワインは日本にも輸入されています。

 

総じて北半球のワインよりも角がなく、優しい口当たりのものが多い印象です。南半球で育ったシャルドネを味わって、フランスやカリフォルニアのものと比べてみてくださいね。

産地 オーストラリア ブドウ品種 シャルドネ
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

安価で手軽に飲める白ワインです。アルコール度数は13%で、原産国はオーストラリア です。トロピカルフルーツや柑橘系の味でとてもおいしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

オーストラリアの雄大な自然のなかで育った果実

オーストラリア屈指の有名ワイナリー「ジェイコブス・クリーク」が手がける辛口白ワイン。2008年に「世界のベストワイナリー100」で1位に選ばれるだけあって、「ジェイコブス・クリーク」はこれまでに数多くの人気ワインを生み出してきました。

 

リースリングやシラーなどさまざまな種類があるなかで、シャルドネはキレのある後味が特徴。柑橘系の酸味がありつつも、柔らかいクリーミーなテクスチャーで飲みやすい口当たりとなっています。

産地 オーストラリア(バロッサ) ブドウ品種 シャルドネ
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

本商品は、シャルドネ種の白ワインで、フルーティな香りの良さと、ほどよい甘さと酸味のバランスがとてもよい。夏場には、しっかりと冷やしてから飲んでも、爽やかな味わいでスッキリと楽しめます。

出典:https://www.amazon.co.jp

キレのあるフルーティーな香りがたまらない白ワイン

フランス屈指のワイン産地、コート・デュ・ローヌを代表する辛口の白ワイン。ややドライな軽めの口当たりと、フルーティーな甘酸っぱさがたまらない一品です。酸味はあるものの、辛口のワインが苦手という人にも飲みやすい柔らかな後味となっています。

 

サラダや前菜、パスタなど、さっぱりした料理との相性が抜群。フランスのワインガイド(2014年版)で「マン・オブ・ザ・イヤー」の称号を獲得した現オーナーのミッシェル・シャプティエ氏は、ローヌワインの顔としても活躍中です。

産地 フランス(ラングドック・ルーション) ブドウ品種 ヴェルメンティーノ・テレ
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

シャプティエさん4本目で初の白。ほどよいフルーティさ。辛過ぎないので飲みやすい。久しぶりの白だからか薄く?ライトに感じます。微炭酸の白は美味しいイメージありませんでしたがこちらは辛過ぎないからか普通に飲めました。

出典:https://www.amazon.co.jp

アメリカ生まれの最上級シャルドネ

1977年設立の歴史あるワイナリー「ニュートン」が醸造する、最上級の辛口白ワイン。ネクタリンや黄桃、マンゴーなどのようなフルーティーな味わいとドライな口当たりが特徴です。そのなかにハチミツやナッツなど、ほのかな甘みが感じられるのも魅力のひとつ。

産地 アメリカ(カリフォルニア) ブドウ品種 シャルドネ
テイスト 辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

白ワインは安くても高くてもそれほど違いはないと思っていましたがこのワインは違います。口の中でコロコロと転がるようなワインの舌触り、爽やかでフルーティーな香り、とても飲みやすく美味しいワインです。

出典:https://www.amazon.co.jp

水の都ヴェネチア生まれの辛口白ワイン

イタリアはヴェネチアの地で有名なヴェネト州で作られる辛口の白ワイン「ソアーヴェ」。水の都と言われるこの街で作られたワインは清涼でみずみずしく、いかにも水に囲まれた地でできたワインだと納得できます。

 

ソアーヴェの作り手は数多くいますが、この「ソアーヴェ」は有機農法(無農薬)で作られた自然と人に優しい飲みやすい辛口の白ワインです。口当たりが良くワインだけで楽しむのも良いですが、料理にもよく合います。

産地 イタリア(ヴェネト州) ブドウ品種 ガルガネーガ
テイスト 軽快な辛口 内容量 750ml

口コミを紹介

いつもこれです。とても飲みやすく安心して飲める良いワインです。毎日一本全部飲まないようしようと努力が必要です。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

辛口白ワインのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6965532の画像

    株式会社モトックス

  • 2
    アイテムID:6982279の画像

    MHD

  • 3
    アイテムID:6982367の画像

    日本リカー

  • 4
    アイテムID:6982697の画像

    ジェイコブス・クリーク

  • 5
    アイテムID:6965531の画像

    メルシャン

  • 6
    アイテムID:6965528の画像

    Cantina di Montefiascone

  • 7
    アイテムID:6965525の画像

    アサヒビール

  • 8
    アイテムID:6965521の画像

    日本リカー

  • 9
    アイテムID:6965518の画像

    サントリー

  • 10
    アイテムID:6965517の画像

    ブランコット・エステート

  • 商品名
  • ソアーヴェ オーガニック/サルトーリ
  • ニュートン アンフィルタード
  • ペイ・ドック ブラン
  • シャルドネ
  • セント・ハレット タティアラ シャルドネ
  • エスト!エスト!!エスト!!!
  • アルパカ シャルドネ・セミヨン
  • コトー ブルギニョン ブラン
  • カルロ ロッシ ホワイト
  • クラシック ソーヴィニヨン・ブラン
  • 特徴
  • 水の都ヴェネチア生まれの辛口白ワイン
  • アメリカ生まれの最上級シャルドネ
  • キレのあるフルーティーな香りがたまらない白ワイン
  • オーストラリアの雄大な自然のなかで育った果実
  • オーストラリアの五つ星ワイン
  • あまりの美味しさに「 エスト エスト エスト!」
  • どこででも手に入るから食卓に並べやすい
  • ブルゴーニュの最高峰の白ワイン
  • 氷と冷やしたワインを入れて「ロッシ ロック」に
  • スパイシーな香りがエキゾチックな辛口白ワイン
  • 価格
  • 812円(税込)
  • 5,162円(税込)
  • 912円(税込)
  • 1,089円(税込)
  • 996円(税込)
  • 1,448円(税込)
  • 503円(税込)
  • 1,485円(税込)
  • 1,633円(税込)
  • 1,528円(税込)
  • 産地
  • イタリア(ヴェネト州)
  • アメリカ(カリフォルニア)
  • フランス(ラングドック・ルーション)
  • オーストラリア(バロッサ)
  • オーストラリア
  • イタリア(ラツィオ州)
  • チリ
  • フランス(ブルゴーニュ)
  • アメリカ(カリフォルニア)
  • ニュージーランド(マールボロ)
  • ブドウ品種
  • ガルガネーガ
  • シャルドネ
  • ヴェルメンティーノ・テレ
  • シャルドネ
  • シャルドネ
  • トレビアーノ・マルヴァジーア・ビアンカ・ロッセット
  • シャルドネ・セミヨン
  • シャルドネ・アリゴテ
  • -
  • ソーヴィニヨン・ブラン
  • テイスト
  • 軽快な辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 辛口
  • 中辛口
  • 辛口
  • 内容量
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 750ml
  • 3L
  • 750ml

白ワインを美味しく飲むには温度が重要

まず、白ワインを飲む前にはしっかり冷やしておくようにしましょう。辛口の場合は10℃前後が適温とされています。冷蔵庫で冷やすとだいたい4~5時間ほどで適温に。氷水で冷やす場合には、1℃下げるのに1分かかると計算しましょう。

 

また、甘口の場合は6~8℃程度が最適な温度。酸味がまろやかになり、果実特有の甘みが際立つようになります。デザートワインとして楽しむときは、4℃程度まで下げてもよいでしょう。

薄いグラスに注げばより美味しく!

ワインは温度によって味が変わりやすいもの。せっかく適温で保管していた白ワインも、グラスを通して熱が伝わるとすぐにぬるくなってしまいます。できるだけ温度に影響を与えないよう、できるだけ薄めのグラスを選ぶようにするとよいでしょう。

白ワインにぴったりの料理を紹介

「ワインに合う料理」と聞くとつい難しく考えがちですが、その必要はありません。たとえば、白ワインにレモンの香りがしたならば、おつまみにレモン汁を少し垂らすだけで一品になります。同じような香りや味にそろえるのが大事です。

 

また、白ワインには魚が合うと言われていますが、ひとくちに魚料理といってもいろいろあるもの。コクのある白ワインには濃い味つけの魚料理を、スッキリしたキレのある白ワインには淡白な味わいの魚料理を合わせるとよいでしょう。

 

それ以上に「食卓をオシャレにコーディネートしたい!」という人は、ワインの原産国の料理(郷土料理)を用意するのもひとつの手です。

白ワインを使ってワンランク上の料理体験

ただ飲むというだけでなく、料理をする際にも重要な役割を果たしてくれる白ワイン。とはいえ、白ワインならなんでもよいというわけではありません

 

あまりクセが強いと料理の味を崩してしまいかねないので、シンプルな風味のものが多い安価な商品を選ぶとよいでしょう。たとえば上記で紹介した「カルロロッシ ホワイト」や「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」などがおすすめです。

まとめ

今回は、白ワインの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しましたが、いかがでしたか? 高級なイメージの強いワインですが、実はそんなことはありません。興味がある人は、好みの味を見つけて毎日の食卓を豪華に彩りましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】イタリアワインの人気おすすめランキング15選【アマローネも紹介】

【2021年最新版】イタリアワインの人気おすすめランキング15選【アマローネも紹介】

お酒
オーストラリアワインの人気おすすめランキング10選【高級品も!】

オーストラリアワインの人気おすすめランキング10選【高級品も!】

お酒
グラッパの人気おすすめランキング15選【イタリア料理の食後に】

グラッパの人気おすすめランキング15選【イタリア料理の食後に】

お酒
【2021年最新版】カリフォルニアワインの人気おすすめランキング10選【高級ワインも】

【2021年最新版】カリフォルニアワインの人気おすすめランキング10選【高級ワインも】

お酒
人気のボジョレーヌーボーおすすめランキング15選【新鮮な味が魅力】

人気のボジョレーヌーボーおすすめランキング15選【新鮮な味が魅力】

お酒
【2021年最新版】スパークリング日本酒の人気おすすめランキング15選【日本酒初心者の方にも!】

【2021年最新版】スパークリング日本酒の人気おすすめランキング15選【日本酒初心者の方にも!】

お酒