より美味しい!アイスクリームスプーンのおすすめ人気ランキング8選

記事ID2114のサムネイル画像

アイスを食べる時、コンビニやスーパーでもらったスプーンを使うという方多いですよね。アイス専用のスプーンを使うと、硬いアイスも楽に食べられるんです!ちょっとしたプレゼントに喜ばれそうですね。それでは、皆さんにおすすめ人気アイスクリームスプーンをご紹介致します!

アイスクリームスプーンとは

アイスクリームスプーンとはアイスクリームを食べるために使うと非常に便利なスプーンのことです。一般的なスプーンだと、冷凍庫から出したばかりのアイスはカチカチなアイスを溶けるまで待っていないといけません。

しかし、アイスクリームスプーンは素材自体を熱伝導率が高いものを使っているので体温がスプーンに伝わり、カチカチの状態のアイスでもすぐに食べれるスプーンなのです。

アイスクリームスプーンの選び方ポイント2つ

アイスクリームスプーンは、形や素材によって大きく選び方が分かれます。そんなアイスクリームスプーンの選び方のポイント2つをお伝えいたします!

ポイント①:形を確認

アイスクリームスプーンは様々な形状のものがあります。その形状によって、どんな風に使えるのか、そしてどんなメリットがあるのかが変わってきます。それでは、形状をタイプ別に見ていきましょう。

卵型

先端が卵型になっているスプーンです。一般的なスプーンと言われた時に想像できるスプーンと同じ形なのではないでしょうか。普通のスプーンとしても使えて、アイスクリームを食べる時はアイスクリームが溶けるスプーンとなるので、使いやすいですね。入門編としておすすめです。

四角型

こちらの四角型はスプーンの文字通り先端が四角となっており、アイスカップの底まで綺麗にすくえることが特徴です。卵型より先端が四角となっているので口に運びやすく、アイスクリームを少しずつ食べるには適していますので、子供にアイスクリームを食べさせる時などにおすすめです。

フォーク型

こちらはスプーンの先がフォークのように割れていることが大きな特徴です。こちらは、アイスクリームの中に小豆などアイスクリーム以外の物が入っている商品に対して使用するのにぴったりですね。中に具が入っているアイスクリームにはこちらがおすすめです。

レードル型

こちらはアイスクリームのレードルのような形のタイプです。大容量の業務用のアイスクリームを購入して丸めた形でアイスを小分けにするような時におすすめです。業務用のアイスクリームを取り扱う飲食店や、自宅で大容量アイスを買って少しずつ食べる方はこちらのタイプを試してみてはいかがでしょうか。

フラット型

こちらはアイスクリームをすくう部分が平らになっているタイプです。卵型などの他の型のようにすくう部分が変形しているわけではないので、自分の力具合でアイスクリームをすくう範囲や量が選べます。少しずつアイスクリームを食べる方やお子さんなどはこちらのタイプを使うことがおすすめです。

ポイント②:素材を確認

アイスクリームスプーンは様々な素材の物があります。その素材によって熱伝導率が違うので、硬いアイスに使えるのか使えないのかが変わってきます。それではアイスクリームスプーンを素材別に見ていきましょう。

ステンレス

ステンレスを使用しているので錆びにくく、耐久性が優れています。銅製のスプーンに比べると熱伝導率が低いですが、値段もリーズナブルなので初めて購入する方におすすめですね。

木製

木製商品は熱伝導率が低いので持ち手で冷たさを感じたくない人やデザイン性を重視される方におすすめです。しかし、アイスクリームスプーンとしては熱伝導がほぼないことからカチカチのアイスクリームをすくうには力づくになってしまう事があります。

銅製

熱伝導率が非常に高いアイスクリームスプーンです。何よりもアイスクリームがカチコチな状態でもすくいやすいことが大きなメリットです。銅製は他の素材の製品と比べると少しお値段が高めですが、カチカチのアイスクリームを早く食べたい!という方におすすめです。

アイスクリームスプーンのおすすめ人気ランキングベスト4

それでは、数あるアイスクリームスプーンの中から厳選したベスト4をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

4位:鈴木工業株式会社 WARM TECH SPOON Type 1F case

鈴木工業

WARM TECH SPOON Type 1F case

価格:10,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

名入れも出来る

少し高くはありますがアイス好きにはたまらない商品です。お金は別途かかりますが名入れもしてくれるのでプレゼントにも最適です。金属でも木でもなく航空宇宙業界で使われている熱伝導率が極めて高い素材で作られているため。アイスにさすだけでスッと入り溶けてくれます。

 

カチカチのアイスでもその熱伝導率で滑らかな口どけになり、普通のスプーンで食べるよりも美味しく感じられます。

メーカー鈴木工業素材CFRP(炭素繊維)、ステンレス

3位:内海産業 じわっととろけるアイスクリームスプーン

内海産業 じわっととろけるアイスクリームスプーン

価格:395円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入門編にオススメ!

こちらのアイスクリームスプーンはお値段もリーズナブルで、フラット型ということなので、初めて購入するという方にはおすすめです。アルミ製のアイスクリームスプーンなので、熱伝導もあるので、カチコチのアイスクリームをしっかりとすくうことができます。

 

フラット型なので、中身が具沢山なアイスには適していないのがデメリットです。

メーカー内海産業素材アルミ

2位:Lemnos15.0%アイスクリームスプーン

Lemnos15.0%アイスクリームスプーン

価格:3,240円(税込)

Online Storeで詳細を見るAmazonで詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番といえばこちら!!

こちらの卵型のアイスクリームスプーンはネットで話題になり、さらにグッドデザイン賞を受賞して、多くの人がアイスクリームスプーンと言われるとこちらを想像するというアイスクリームスプーンのスタンダートとも言える商品です。

 

アイスクリームスプーンを検討されている初心者の方でもアイスクリームスプーンを何個も持っている方にでもぜひおすすめしておきたい商品です。

サイズW105mm×D26mm×H14mmメーカーLemnos(レムノス)
素材アルミニウム

1位:SUNAO(スナオ)アイスクリームスプーン

SUNAO(スナオ)アイスクリームスプーン

価格:486円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2個目のアイスクリームスプーンはこちら!

こちらのアイスクリームスプーンは2個目の購入を検討されている方にはぜひオススメをさせていただきたいアイスクリームスプーンです。こちらは四角型のスプーンなので、普段卵型に慣れている人には先が四角ということで、デザインとしても新しく感じられます。

 

そして、アイスクリームをよく食べる方には、底までアイスクリームが綺麗に取れるので食べやすくておすすめです。

メーカー燕振興素材ステンレススチール

その他のおすすめアイスクリームスプーン4選

その他にも惜しくもランキング入りはしなかったですが、ぜひ紹介したい商品はまだあります。 こちらでもぜひおすすめさせて頂きたい商品を紹介いたします!ぜひこちらの4点の商品もチェックしてみてください!

Todai固いアイスもすくいやすいアルミアイススプーンシルバー

Todai固いアイスもすくいやすいアルミアイススプーンシルバー

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金物の街新潟県燕市よりやってきた国産商品!

こちらはカラーのバリエーションも豊富であり、デザイン性も優れている1品です。本体が少し長いので、熱伝導が少し遅い面もありますが、スプーン本体が冷えることがあまりありません。

 

さらにこちらは、金物の街である、新潟県燕市で作られた国産の商品でもありますので安全面でも安心ですね。値段も手頃なことからこちらは、普通のスプーンとして兼用をしたいという方におすすめです。

カラー6色メーカートーダイ
素材アルミニウム

柳宗理アイスクリームスプーン日本製

柳宗理アイスクリームスプーン日本製

価格:486円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あの柳宗理がアイスクリームスプーンを出した!

こちらのアイスクリームスプーンはあの有名な柳宗理製のアイスクリームスプーンです。柳宗理製の商品はシンプルなデザインのものが多いです。

 

こちらの商品も、同じようにシンプルなデザインとなっていますのでキッチン用具好きな人なら1度は手にすることをおすすめさせていただきたいアイスクリームスプーンとなっています。

メーカー柳宗理素材ステンレス

貝印KaiHouseSelect手の熱で溶かしてすくうアイスクリームスプーン

貝印KaiHouseSelect手の熱で溶かしてすくうアイスクリームスプーン

価格:463円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分の思いのままにアイスがすくえる!

こちらの商品は形状としてはフラット型の商品となります。熱伝導の良いアルミニウム製の商品なので、よくコンビニやスーパーでアイスを買った時に渡される木製のアイスクリームスプーンが溶けやすく取れるというイメージです。

 

アイスクリームを食べる時に丸く取って食べたいというわけではなく簡単にすくって食べたいという方におすすめの商品です。

カラー1色メーカー貝印(KaiCorporation)
素材アルミニウム

高儀ライラックアイスクリームスプーン

高儀ライラックアイスクリームスプーン

価格:80円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahooで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1度に多く頬張りたい方へ!

こちらの商品の特徴は何と言っても、アイスのすくう部分が、卵型で、大きいことに特徴があります。ですので通常のスプーンとしても兼用が可能な商品となっております。

 

1度に多くすくって食べたい方や、通常のスプーンとして兼用されたい方はぜひこちらの商品がおすすめです。さらにメーカーが高儀ということから有名メーカーであるという点も安心できるのではないでしょうか。

メーカー高儀素材ステンレス

アイスクリームスプーンの売れ筋ランキングをチェック

参考までにアイスクリームスプーンの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?アイスクリームスプーンとは一概に言えど、自分の使用用途で、自分が選ぶ物が異なってくるとは思います。特徴をよく理解してぜひあなたの使用用途にあった商品を手に取ってください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ