排気口カバーのおすすめ人気ランキング10選【スマートでガスコンロにも!】

記事ID10136のサムネイル画像

排気口カバーは調理中の飛び散った油汚れや食材などを、排気口が汚れないようにガードしてくれる優れものです。カバーはお掃除用のペーパーで拭くだけですし、同時にキッチン器具を収納できるタイプもあります。そんな今人気の排気口カバーをランキングで紹介していきます。

収納ができて汚れもガードできる排気口カバー

キッチンコンロ上のグリル排気口部分は普段使用しない方もいるので、そのスペースがもったいないと感じている方もいると思います。そして排気口には飛び跳ねた油汚れや食材が溜まりやすいし、中は狭くて掃除も大変ですよね。そこで活躍するのが排気口カバーです。

 

今の排気口カバーはスライド式で自由にサイズを変えることができるタイプがあるのをご存知でしたか。最大に開くと90cmにもなるタイプがあり、3口コンロにも対応できる横幅のワイドさ、逆に小さくすると45cmほどになるから使い分けもできて便利なんです。

 

そこでこの記事では排気口カバーを取り替えようと考えている方や、今から新しく購入しようとしている方に向けて、耐久性、手入れのしやすさ、リーズナブルさの3つの基準を重視してわかりやすくランキング形式で紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

排気口カバーのおすすめ人気ランキング10選

10位

川口工器(Kawaguchi Koki)

排気口カバー付きコンロ奥ラック

価格:7,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールステンで錆びにくい

川口工器(kawaguchi Koki)のステンレス排気口カバーはデッドスペースになりがちなコンロまわりを有効活用できます。耐荷重20kg・ステンレスの太さ6mmの丈夫さでお鍋もおける便利な設計に。グリル使用時はカバーをずらすだけのらくらく操作がいいですね。

材質ステンレス、保護チューブ・脚キャップ/シリコンゴムサイズ67.5×19×8.5㎝
対応サイズ横幅67.5cmまでカラーシルバー
重量1400g

口コミを紹介

コンロ前のスペースをこれまで有効活用出来ていなかった。何も置かないのも、それはそれでスッキリして良かったけれど、鍋の蓋を置く、おたまを置く、ヤカンを置く、そういうスペースに使えて更に毎日が便利になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

調味料・スパイスラック TSK-3

価格:4,910円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザイン

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)の排気口カバーは錆びにくく丈夫なステンレスで丸洗いできます。便利なスライド式で64~80cmまでワイドなコンロに対応だから、キッチンの限られたスペースを有効活用、耐荷重5kgだから熱い鍋も置いておけます。安心の滑り止め付き。

材質ステンレスサイズ約64~80×12×6
対応サイズ幅60~76cm(内寸)カラーシルバー
重量1100g

口コミを紹介

設置簡単で掃除もしやすいです。見た目もシンプルで良い。何よりも幅の調整が出来るところがまた引越したときにサイズの違うIHコンロだったときにも使えて良い。毎日鍋を置いたりして使用しています。価格に合ったクオリティだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ベルカ(Belca)

排気口カバー KHC-60W

価格:3,619円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

60タイプ

ベルカ(Belca)の排気口カバーは素材がアルミニウムで、油汚れに強いのが特徴です。ベラスコート塗装されているので油を浮かせることができ洗剤がいらずに拭き取るだけなんです。さらに耐熱性や耐腐性、磨耗性にも優れています。もちろんIHコンロにも使えますよ。

材質本体:アルミニウム・塗装(ベラスコート)、スタンド:ステンレス、すべり止め・保護チューブ:シリコーンゴム、調節ネジ:スチール(クロムメッキ)サイズ60.6~64.6×9×9.2cm
対応サイズ60cmに対応カラーシルバー
重量399g

口コミを紹介

今までアルミホイル製を使っていましたが変形するのでフィット感が有りませんでした。このカバーは しっかりと安定するのでストレスフリーです。見た目もキレイですが、表面がザラザラしているので汚れを拭き取り易いようにツルツルな材質に改良されれば満点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

下村企販

スライド排気口カバー 日本製

価格:3,713円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金属加工文化から生まれた信頼できる製品

下村企販の排気口カバーは安心の日本製。材質はステンレスだからサッと洗える仕様です。そしてピッタリ調整できるスライドタイプは嬉しいですね。カバー面は傾斜しているので幅広く油汚れをガードしてくれます。またグリル使用時は後ろにずらすだけでOKです。

材質ステンレスサイズ43~82.5×10.5×9cm
対応サイズ43~82.5cmカラーシルバー
重量676g

口コミを紹介

すっぽり排気口をカバーしてくれるので、油はねを気にせず調理ができます。
お手入れも簡単なので、購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

アーネスト

排気口カバー A-76670

価格:5,205円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大手飲食店も使用する信頼のブランド

グリルをほとんど使用しない方や、まったく使わない方におすすめなのがアーネストのラック2段タイプで、調理器具を置いておくのにピッタリ。サイドには3連フック付きでお玉などの長めでも収納が可能。耐荷重は上段が6kg、下段が8kgだからお鍋の一時置きとしてもOK。

材質ステンレス鋼 脚ゴム/シリコーンゴムサイズ66×16×33cm
対応サイズ66cmカラーシルバー
重量1.7kg

口コミを紹介

ガスコンロの魚焼きグリルをあまり使用しないので、普段はずっと鍋を置く台として使用しています。
ステンレスの光沢は見た目もキレイで清潔感があります。
油はねなどは、台ふきんで拭けば直ぐに取れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

山崎実業(Yamazaki)

キッチンラック 伸縮

価格:2,502円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンロにも奥にピッタリ

山崎実業(Yamazaki)の排気口カバーはキッチンラックとしてつかえます。ラック部分は熱に強く滑りにくいシリコーンマットだから、手入れも洗い流すだけでカンタン。IHクッキングヒーターヒーター対応、耐荷重10kgで調理中のお鍋やフライパン、調味料も置けますよ。

材質スチール( 粉体塗装)マット:シリコーンサイズ64~80X16X5cm
対応サイズ幅約76㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応カラーホワイト/シルバー
重量1600g

口コミを紹介

重くてしっかりしています。
探していたイメージ通りでしたので気に入りました!
2種類のフライパン蓋をコンロ奥に立てて置いていたので、この製品はフライパン蓋も置けるし小鍋も置けるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アーネスト

排気口カバー A-76574

価格:3,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレス鋼で錆びにくい

アーネストの排気口カバーは高さ6.5cmのスリムサイズ、そしてステンレスのシルバーだからコンロをスマートに見せたい方にピッタリ。しかも日本製だから安心。耐荷重は15kgもあるので重いお鍋を乗せてもOK。ラックタイプだから調理器具を置いてもいいですね。

材質約 幅66本体/ステンレス鋼 脚ゴム/シリコーンゴムサイズ約66×14×6.5cm
対応サイズロ幅63cm以下、コンロ高さ1.5cm以下に対応カラーシルバー
重量約870g

口コミを紹介

今までIHコンロを20年近く使っています。ずっと気になっていたこの製品を今回思い切って買ってみました。
これはすごい!今まで何で買わなかったのか、悔やまれます。オススメします。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ぼん家具

排気口カバー 伸縮式

価格:2,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IHクッキングヒーター対応

ぼん家具の排気口カバーは45~82cmまでスライド調整が可能だからほとんどのコンロでも対応が可能です。材質はスチール製で錆びにくく汚れも落ちやすいのが特徴。耐熱温度200℃でコンロの火が近くても大丈夫。クッション付きの裏面で滑りにくい設計も嬉しいですね。

材質スチールサイズ45~82×8×7.5cm
対応サイズ45~82cmカラーブラック・ホワイト
重量850g

口コミを紹介

黒でいい感じに馴染んでます。掃除もさっと拭けるし揚げ物をした時は台所洗剤で洗ってます。
買って良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

金子製作所

ステンレス排気口カバー (ツヤ消し)

価格:1,936円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸洗いできるステンレス製

金子製作所のステンレス排気口カバーはステンレスの輝きがキッチンにマッチ。幅64cm・高さ1.5cmまで対応できるワイドさに、継ぎ目がないのでサッと汚れも拭き取れ丸洗いもできます。そしてクッションが脚に付いているので、滑り止めで動きにくいのも嬉しいですね。

材質本体/ステンレス、脚/18-8ステンレス、クッションゴム/シリコンゴムサイズ68×6.7×8.1cm
対応サイズ幅64cm・高さ1.5cmカラーシルバー
重量415g

口コミを紹介

ガスコンロを新しく買い替えたのでカバーが欲しくなりこちらを購入しました。
継ぎ目が無いので掃除が楽です。サッと吹くだけでステンレスがキレイになります。
炒め物でもかなり汚れるので、それだけ油ハネがあったのか!と驚いてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

山崎実業(Yamazaki)

排気口カバー タワー

価格:2,178円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ナンバーワンの排気口カバー

山崎実業(Yamazaki)の排気口カバーはグリルの排気口に置くだけで油のはねた汚れをガード。そしてグリルを使うときは奥に倒すだけです。グリル幅に合わせて伸縮させればどんな幅にもピッタリ。カラーはシンプルな黒と白の2種類なのでどんなコンロにもあいますよ。

材質本体/スチール(粉体塗装)サイズ約45~82×8×7.5cm、対応サイズ:幅約43~80㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応、排気口カバーの高さ:約1.5cm以下に対応
対応サイズ幅約43~80㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応。排気口カバーの高さ、約1.5cm以下に対応カラーブラック・ホワイト
重量850g

口コミを紹介

揚げ物などをすると排気口のベタつきが気になり、汚れてしまうと掃除が大変でしたが、こちらの商品を使用してからお掃除が本当に楽になりました。カバーが汚れてしまってもささっと拭くだけでキレイになります!使い勝手がとても良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

排気口カバーの選び方

排気口カバーを選ぶ際は使うときの「機能」や、洗いやすさや質感の違いが出る「材質」、信頼できるかの「メーカー」、どのくらいの大きさかの「サイズ」などがありますから、十分考慮して選んでください。

使いやすい「機能」で選ぶ

排気口カバーには液だれを防ぐ折り返しタイプ、伸縮スライド式タイプ、お鍋でも置けるタイプ、ラックタイプなど各種の機能がありますからここから見ていきましょう。

油汚れを広くカバーできる「くの字」型折り返しで液だれを防ぐ

天ぷらなどの揚げ物をよく作る方なら液だれを防ぐ構造の排気口カバーがおすすめです。プレートの角度が斜めになっており先端が「くの字」の折り返しなので液だれを防ぎます。設置するのに特別な工具も必要なく、コンロの排気口の上に置くだけです。

 

そして多くの方から「掃除が楽になった」という感想があります。価格はシンプルな構造だから伸縮スライド式と違って安めです。2000円代で購入できるのが嬉しいですね。このタイプはコスパがいいから売れ筋の上位商品が多いです。

ジャストサイズにしたいなら「伸縮スライド式」

伸縮スライド式は長さを調整できるので大きめのガスコンロにも対応できます。一般的なのは45~90cmの範囲で変えることができ、耐荷重も伸縮できるからといって特別に低いわけでもなく、フライパンなどの調理器具も置けるタイプもあります。

 

もっとも長い状態にすると90cmまで伸ばすことができるので、3口タイプのコンロにも設置することが可能です。利用者は「微妙な調整もできてピッタリサイズに合うのがいい」と好反応。ただ洗うときに「継ぎ目に汚れが溜まるので落とすのに苦労する」という意見も。

調理中のお鍋を乗せても大丈夫な「耐荷重」のあるタイプ

大人数の家族分のお料理を作るとなると調理器具を置く場所に困りますよね。そして大きいお鍋などは特に重さも気掛かりですよね。そこで頑丈さで排気口カバーを選ぶ場合は、耐荷重があるかチェックしてください。耐荷重5kgもあればお鍋1つ分は余裕で置けますよ。

 

もっとも頑丈なタイプだと20kgまで大丈夫だからお鍋が多くても大丈夫です。他にも耐荷重10~15kgもあるのでデザインがマッチするかも考えて選ぶようにしてください。お鍋をよく作るので困っていた購入者は「鍋置き場ができた」という喜びの声もあります。

収納を重視するなら「2段ラック」タイプ

とにかくキッチン周りが散らかりがちな方、またお料理が好きな方はキッチン道具で溢れることもあるでしょう。そんなときにおすすめな排気口カバーはラックタイプです。カバー部分に調理器具や調味料を置くことができ、奥のデッドスペースを有効活用できますよ

 

多すぎて1段だけでは足りないという方には2段タイプもあります。上段に調味料などの軽いものを置いて、下段にお鍋やフライパンなど重たいものを置けますし、サイドには便利なフック付きです。もちろん排気口はちゃんとカバーされているので汚れも問題はありません。

「グラスコート」塗装などの洗いやすさで選ぶ

いつも油汚れの多い天ぷらや中華料理をよくするならならシンプルな洗いやすいタイプの排気口カバーがおすすめです。カバー部分がフラットで、溝やスライド部分の継ぎ目がない方が汚れが溜まりにくく、油汚れを掻き出す手間もありません。

 

汚れたらサッとお掃除用ペーパーやウェットティッシュで拭くだけですが、ギドギド油が溜まってきてら中性洗剤で水洗いすればOK。またアルミ素材なら表面にグラスコート塗装されていればとても洗いやすいですよ。

コンロの排気口の「サイズ」で選ぶ

サイズで大事になるのが排気口カバーの「横幅」と「奥行き」です。キッチン用品を収納したいのかしたくないのかで選ぶ基準も違ってきますので、ここから説明していきます。

幅が「60cm」「75cm」「90cm」で選ぶ

ガスコンロには一口サイズから三口サイズ、ビルトインタイプなどサイズが異なります。一般的なサイズは60cmで、もっとも多いサイズです。またそれぞれの商品はサイズが複数用意されているので、ガスコンロのサイズをチェックしてから購入するようにしましょう。

 


サイズはゆとりを持ってサイズを選ぶようにして、ピッタリ合わせたいなら伸縮スライド式がベスト。また75cmを超える場合は排気口カバーの品数も減ってくるので、希望するタイプは少なくなりますが、伸縮スライドタイプなら90cmまで対応したものが多くあります。

調理中のものも置ける「奥行き」で選ぶ

何かとキッチンの周りはお鍋やフライパン、調味料入れ、お鍋、フライパンなど調理器具が多いですよね。だからできれば奥行きの長い排気口カバーを選んだ方がいいです。

 

排気口カバーの奥行きは6.5~18cmが一般的な長さで売れ筋もこのサイズが多いです。そして奥行きが15cmくらいあればフライパンも一時的に置くことが可能です。

使いやすい「材質」で選ぶ

材質で排気口カバーを分けると大きく3つに分類することができます。「ステンレス」「スチール」「アルミニウム」です。ここからその違いについて説明していきます。

輝きが美しくシンクにあう「ステンレス」

排気口カバーの材質はステンレスが多く、軽くて熱に強く錆びにくいのが特徴で、価格も2000円あれば人気がある売れ筋を購入でき、清潔感もあるしピカピカした見た目も人気があり「ステンレスの輝きが良くキッチンに映える」と喜びの声も多いです。

 

重量はスチールとほぼ同じで、耐熱温度も高いので熱源にも強いのが特徴です。アルミのようなベコベコになるようなやわさもなく頑丈で、耐久性があると多くの評価があります。その他「高級感がある」「キッチンに馴染んでくれる」などの高い評価の声もあります。

「スチール」はガスコンロにあうホワイトとブラックの2カラー

スチール素材の排気口カバーのカラーはブラックやホワイトが多く、特にブラックはステンレスと違ってピカピカしていないから落ち着いた雰囲気にしてくれます。コンロの排気口はブラックが多いですが、排気口カバーと合わせるとピッタリとハマりますよ。

 

一方のホワイトも、キッチンの基調カラーが明るめならこの色を合わせるのもいいでしょう。そしてスチールは艶が目立たないので汚れも気にならないし、耐熱温度は200℃だから調理にも集中できますよ。価格もステンレスとさほど変わらないのもいいですね。

厚手でアルミの「使い捨てタイプ」

排気口カバーには使い捨てタイプもあります。厚手のアルミで磁石でパチンとくっつく簡単な取り付けが可能で、使い捨てだけど伸縮できるなど機能も色々。セットで購入できるし、汚れもサッと拭き取りながら使えば長持ちして経済的に使うことが可能ですよ。

 

厚めのアルミとはいえ洗うときや取り付けするときに変形してしまうことがあるので優しく扱ってください。軽く汚れを拭き取る分にはへこまないので大丈夫です。「結構長く使える」「使い捨てにしてはいい」「スリムなのが良い」との声もあり使いやすいようです。

手軽に購入できる「100円ショップ」

100円ショップにも排気口カバーはあります。材質はアルミニウム箔で、固定するための磁石が2個、汚れを拭き取るとすぐに変形してしまうので使い捨てとして使用します。見た目は薄っぺらい印象ですが汚れはガードできます。一般的なグリル幅の60cmが多いようです。

 

以前に使っていた人は何回も買い換えるので「結局は高くついていた」という感想もあります。よく料理をする人にとっては油汚れも多くなり目立ちがちですから、買い替えも多くなりそうです。できれば材質はステンレスやスチールのほうがいいでしょう。

有名な「メーカー」で選ぶ

排気口カバーの製造メーカーには大手家具用品を扱う企業や、昔から金物を扱う老舗メーカーなどありますから、違いをチェックしていきましょう。

IHクッキングヒーターにも対応している山崎実業の「タワー」シリーズ

インテリア雑貨専門メーカー山崎実業の排気口カバー「タワー」シリーズは、油の飛び散り範囲のカバーが広い「傾斜」しているタイプや、カバー部分に調理器具が置ける「棚付き」タイプ、「伸縮」できるタイプなど種類も豊富で実用的、購入しやすい価格も魅力です。

キッチン用品もある家具の全国チェーン店「ニトリ」

家具の全国チェーンの大手メーカー「ニトリ」の排気口カバーは、コンロ奥に調理器具を置けるタイプです。スチールで耐熱温度200℃、カラーはホワイトで明るいキッチンにピッタリ。価格も低めな設定です。他にもシリコンマット付きで大きめのサイズもありますよ。

金属加工の老舗「ヨシカワ」は洗練されたスマートなデザインもあり

金属材料の加工販売をしているステンレスの「ヨシカワ」はキッチン用品も販売しているので、排気口カバーも洗練された仕上がりです。ツヤが消された美しいステンレスの材質が活かされ、継ぎ目がないので拭き取りも丸洗いもOK。だからお手入れも簡単ですよ。

 

もちろん原産国は日本製で、しかも価格は2000円台で購入できるリーズナブルさも嬉しいですね。その他にも片手鍋や雪平鍋、ガスコンロの全面に置いて作業台にできる「ステンレスシステム用レンジカバー」もありますから、興味のある方はチェックしてみてください。

排気口カバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5499127の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 2
    アイテムID:5499150の画像

    金子製作所

  • 3
    アイテムID:5499181の画像

    ぼん家具

  • 4
    アイテムID:5499303の画像

    アーネスト

  • 5
    アイテムID:5499182の画像

    山崎実業(Yamazaki)

  • 6
    アイテムID:5500256の画像

    アーネスト

  • 7
    アイテムID:5500387の画像

    下村企販

  • 8
    アイテムID:5500328の画像

    ベルカ(Belca)

  • 9
    アイテムID:5499157の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 10
    アイテムID:5499180の画像

    川口工器(Kawaguchi Koki)

  • 商品名
  • 排気口カバー タワー
  • ステンレス排気口カバー (ツヤ消し)
  • 排気口カバー 伸縮式
  • 排気口カバー A-76574
  • キッチンラック 伸縮
  • 排気口カバー A-76670
  • スライド排気口カバー 日本製
  • 排気口カバー KHC-60W
  • 調味料・スパイスラック TSK-3
  • 排気口カバー付きコンロ奥ラック
  • 特徴
  • 人気ナンバーワンの排気口カバー
  • 丸洗いできるステンレス製
  • IHクッキングヒーター対応
  • ステンレス鋼で錆びにくい
  • コンロにも奥にピッタリ
  • 大手飲食店も使用する信頼のブランド
  • 金属加工文化から生まれた信頼できる製品
  • 60タイプ
  • スタイリッシュなデザイン
  • オールステンで錆びにくい
  • 価格
  • 2178円(税込)
  • 1936円(税込)
  • 2200円(税込)
  • 3527円(税込)
  • 2502円(税込)
  • 5205円(税込)
  • 3713円(税込)
  • 3619円(税込)
  • 4910円(税込)
  • 7670円(税込)
  • 材質
  • 本体/スチール(粉体塗装)
  • 本体/ステンレス、脚/18-8ステンレス、クッションゴム/シリコンゴム
  • スチール
  • 約 幅66本体/ステンレス鋼 脚ゴム/シリコーンゴム
  • スチール( 粉体塗装)マット:シリコーン
  • ステンレス鋼 脚ゴム/シリコーンゴム
  • ステンレス
  • 本体:アルミニウム・塗装(ベラスコート)、スタンド:ステンレス、すべり止め・保護チューブ:シリコーンゴム、調節ネジ:スチール(クロムメッキ)
  • ステンレス
  • ステンレス、保護チューブ・脚キャップ/シリコンゴム
  • サイズ
  • 約45~82×8×7.5cm、対応サイズ:幅約43~80㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応、排気口カバーの高さ:約1.5cm以下に対応
  • 68×6.7×8.1cm
  • 45~82×8×7.5cm
  • 約66×14×6.5cm
  • 64~80X16X5cm
  • 66×16×33cm
  • 43~82.5×10.5×9cm
  • 60.6~64.6×9×9.2cm
  • 約64~80×12×6
  • 67.5×19×8.5㎝
  • 対応サイズ
  • 幅約43~80㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応。排気口カバーの高さ、約1.5cm以下に対応
  • 幅64cm・高さ1.5cm
  • 45~82cm
  • ロ幅63cm以下、コンロ高さ1.5cm以下に対応
  • 幅約76㎝までのビルトインガスコンロ、IHクッキングヒーターに対応
  • 66cm
  • 43~82.5cm
  • 60cmに対応
  • 幅60~76cm(内寸)
  • 横幅67.5cmまで
  • カラー
  • ブラック・ホワイト
  • シルバー
  • ブラック・ホワイト
  • シルバー
  • ホワイト/シルバー
  • シルバー
  • シルバー
  • シルバー
  • シルバー
  • シルバー
  • 重量
  • 850g
  • 415g
  • 850g
  • 約870g
  • 1600g
  • 1.7kg
  • 676g
  • 399g
  • 1100g
  • 1400g

まとめ

ここまで排気口カバーのランキングや選び方について紹介してきましたがいかがでしたか。ガスコンロ上のデッドスペースを有効活用できれば、スタイリッシュな空間も維持できてお料理ももっと楽しく美味しくなるはずですよ。ぜひとも素敵な排気口カバーを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ