レディースレインコートの人気おすすめランキング10選【ロングも】

記事ID9948のサムネイル画像

雨の日に欠かせないレディースレインコート。最近では機能性に優れているということに加え、おしゃれなデザインのものもたくさん販売されるようになりました。そんなレディースレインコートについて、今回は人気ランキングとおすすめの選び方を皆さんにご紹介していきます。

レディースレインコートで雨の日も楽しく!

雨の日の防雨対策として使われるのが、傘やレインコート。さっと使えるのは傘ですが、風が強いと服が濡れてしまうこともあります。しかしレインコートを着れば、風が強くてもしっかり雨をガードしてくれるので、濡れてしまうのを防ぐことができるのです。

 

しかし実際にはどのようなレインコートの種類があるのか、どういう場面でどういったタイプのレインコートが合うのかなど、詳しく知らない方が多いですよね。そこで、今回はレディースレインコートのおすすめ商品や選び方を皆さんにご紹介していきます。

 

一般的なトレンチコート変わらないデザインのものや上下別のもの・ロングタイプなど、種類豊富にありますよ。

レディースレインコートのおすすめ人気ランキング10選

10位

すきよ

変形できる魔法レインコート

価格:2,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4WAYタイプで便利

背面や両サイドにボタンが取り付けられていて、4タイプに変形させることができるレインコート。歩行モードはもちろん、自転車用モード・通勤&通学モード・登山用モードなど、さまざまなシーンに合わせて使えるので、状況に応じて使い分けられるのが便利です。

 

また、ビニールの中でも耐久性に優れ、なおかつエコ素材だと言われているEVAで作られているので、破れたり劣化したりしにくいというメリットもあります。

素材ビニールタイプトレンチコートタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

めちゃくちゃ着やすく可愛いカッコよく着こなせます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

sinkee

レインコート

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜間や雨の中でも見やすい反射テープ付きで安全

体だけでなく顔もしっかりガードできる、大きめなつば付きレディースレインコート。自転車ごとすっぽりと覆えるということに加え、前かごで紐を結んでレインコートがめくれてしまうのを防げるという特徴があります。

素材牛津布̟̟+ビニールコーティングタイプポンチョタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

レインコートを探していた中で見つけました。ネイビー購入しました、
思ったよりしっかりとした作りです、生地も厚くて丈夫です、自転車で子供を幼稚園に送迎するために使ってます。サイズがちょうどいいですので雨に濡れず助かってます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Kajimeiku(カジメイク)

ウィズレインハイポンチョPlus

価格:4,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

末端冷え性の方でも安心

ガーリーコーデに合わせたい、ギンガムチェック柄のウィズレインハイポンチョPlus。手の先までしっかり覆えるようなデザインとなっているので、指先が冷えやすい方に特におすすめです。

 

劣化しにくく軽いと言われているTPUラミネート採用なので、長期的に使えるというメリットも挙げられるでしょう。

素材ポリエステルタイプポンチョタイプ
耐水圧5000mm透湿度

口コミを紹介

ゆったりなのに、シルエットが凄くキレイでした!モデルさんの着画そのままでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位
アイテムID:5480759の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5480759の画像1枚目

(キウ) kiu

レインポンチョ K29

価格:2,980円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧デザイン好きにはたまらない!

袋と収納ポーチ、合わせて330gという軽さが魅力のkiuレインポンチョ。デザインでは雲や鳥が描かれていたり、青や黄色といったカラフルな色が使われていたりと、北欧風な印象です。

 

また、収納ポーチだけでなくカラビナも付いているので、リュックに引っ掛けて持ち歩くこともできますよ。レディースレインコートの中でも特に注目されているブランドで、購入率や検索率も高いです。

素材ポリエステルタイプポンチョタイプ
耐水圧500mm透湿度

口コミを紹介

リュック背負って、抱っこひもしてでも余裕で着れました。チャックなので着脱も簡単です。
ポンチョなので自転車に乗ると手はひじの手前まで濡れますが、子供と荷物が濡れなかったので満足です。
上の子の幼稚園の送迎もこれで心配ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

4th SEASON

レディースレインコート

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かっこよく着こなしたいときにおすすめ

シンプルかつクールなフォルムが印象的なレディースレインコート。引き締め効果が期待できるデザインになっているウエスト部分ですが、ゴムが採用されているので、締め付けられることはなく着心地は良好です。

 

また、ポケットが付いているタイプなので、ちょっとした小物類をしまっておくのに便利だと言えるでしょう。

素材ポリエステルタイプジャケットタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

このレインコート購入の動機は花粉ブロック防水撥水だからです。ウィルスを家に持ち込まないために必須と考えました。普段使いできて便利です!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

自由区(JIYUKU

ARSレインコートドレス

価格:39,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雑誌VERYとのコラボアイテム

レインコートだけでなくワンピース感覚で着ることができるARSレインコートドレス。ナチュラルテイストなファッションが好きという方や上品な印象に見せたいという方に特におすすめです。

 

また、ARS技術が採用されていることにより、レインコート全体の柔軟性が高められているため、よりより着心地に仕上げられているという特徴も。

素材ナイロンタイプトレンチコートタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

いつものアウターと変わらない感覚で着れて大満足です!雨の日が楽しみ

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Caloics

レインコート

価格:2,488円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女兼用サイズでゆるく着れる

Caloicsのレディースレインコートは、シンプルでおしゃれなボーダー柄です。ロータス式の生地が採用されており、撥水性だけでなく防汚性にも優れているという特徴があります。

 

また、ナノスモールホール技術が施されているため、通気性・乾燥力にも優れているというメリットも挙げられるでしょう。

素材ポリエステルタイプポンチョタイプ
耐水圧5588mm透湿度6552g

口コミを紹介

軽くて最高です!
ポケットもあるし、袖がめくれないよう指を通すゴムもついているのがよい!
チャックなので着脱しやすいのが気に入ってます!
色も爽やかで可愛くてよいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

chibito

レインポンチョ

価格:20,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ママのお悩みが解消されるレインコート

雨の日の通園を知りつくしたママ達のアイデアが詰まったレインポンチョ。耐水圧は1,100mmとかなり高いので、自転車に乗っていても雨が浸透してくる心配はありません。

 

また、レディースレインコートの内側はメッシュ地のトリコットが採用されているため、夏でもサラッとした肌触りで快適に使うことができます。安全性に配慮してフードの横部分をカットし、視界の妨げにならないように工夫されている点も嬉しいポイントです。

素材ナイロンタイプトレンチコートタイプ
耐水圧1,1000mm透湿度8500g

口コミを紹介

ママチャリ用に開発されたということで買ってみました。今までで1番しっくりきています!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
アイテムID:5480767の画像1枚目

出典:

  • アイテムID:5480767の画像1枚目

DILIBA

軽量レインコート

価格:2,480円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レイヤー入りで見た目にもこだわられている

大判タイプでさっとかぶりやすく、シンプルなツートーンカラーでさまざまなファッションに合わせやすいレディースレインコート。すそ部分にはレイヤーがつけられているので、さりげないおしゃれ感が演出されています。

 

リュックを背負った状態はもちろん、赤ちゃんを抱っこした状態でも使いやすいというような口コミが多いです。そのため、1人で使用されている方からもママさんからも高評を獲得しています。

素材ポリエステルタイプポンチョタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

この間 傘を差していても今の無い大雨にあい 購入しました
雨が降る予報だったので 購入したばかりのレインブーツを履きレインコートを持って行きましたが 雨が降りませんでした
雨が降るのが楽しみです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

D-LOOP(ディーループ)

レインコート

価格:5,390円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世代を問わず使いやすい

フード付きでカジュアルなジャケットタイプのレディースレインコートです。フードが脱げにくいドローコードが付いているので、しっかり顔にフィットしてくれるというメリットが挙げられます。

 

また、止水ファスナー仕様であることやシームテープ処理がされていることなどもあり、縫い目やファスナー部分から雨が入ってきてしまうのを防いでくれるという特徴も挙げられるでしょう。

素材ポリエステルタイプジャケットタイプ
耐水圧透湿度

口コミを紹介

撥水加工で止水ファスナ-とテープの仕様商品。雨の日でも濡れずに過ごすことができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースレインコートの選び方

ここではレディースレインコートの選び方について、皆さんにご紹介していきます。機能性や素材などはもちろん、使う場面などに合わせて選ぶと良いでしょう。

水をはじき返す力は撥水性をチェック

レインコートの表面で水をはじき返してくれる機能のことを撥水性と言います。主に、シリコン樹脂やフッ素樹脂が撥水剤として使用されており、撥水機能が高ければ高いほどはじき返す機能も高くなるので、汚れやシミが付きにくいという傾向です。

 

また、使用していくうちに撥水剤は落ちていくので、撥水機能がどうしても劣化してしまいますが、スニーカーなどに使用する防水スプレーを活用することで、長期的に使用することができます。

使うシーンに合わせてチェックしたいのが耐水性

耐水性は耐水圧という数値で表されており、耐水圧が高ければ高いほど生地や素材に水が染み込みにくいとされています。単位はmmで表されており、一般的な傘の耐水圧は250mmです。

 

また、レインコートの場合、小雨や通勤などに必要な耐水圧が5,000mm程度、大雨や屋外軽作業などに必要な耐水圧が10,000mm程度、屋外重労働や登山などに必要な耐水圧が20,000mm程度と位置付けられており、用途によって必要な耐水圧が異なります。

 

 

汗やムレが気になる方は透湿性を確認

透湿性は透湿度という数値で表されており、透湿度が高ければ高いほど湿気がこもらず蒸れにくい素材だと言えます。単位はg/平方メートル/24hrsで表され、24時間で1平方メートルの素材から何gの水分を透過できるかということが記されます。

 

仮にも透湿性に優れていないレインコートを着用した場合、内側に湿気が溜まったり汗の蒸気が溜まったりしてべたつきやムレなどが感じられてしまうのです。

 

また、濡れた場所に座ると圧力をかけることになり、水分が浸透してしまう恐れがあるため、注意が必要だと言えるでしょう。

素材で選ぶ

次に見ていくのは素材です。素材によって乾きやすさや通気性の良さなどが異なるので、それぞれの素材の特徴を確認してみてください。

防水面で優れているのはビニール

一般的なビニール傘同様に、ビニールが使われているレディースレインコートもあります。主にPVCやEVAなどのビニールがあり、傘やレインコートだけでなくさまざまな商品に使われています。

 

また、ビニールは水を通しにくく浸透しにくいので、レインコートにかなり適している素材だと言えるでしょう。ただし、素材が重たいということや耐熱性が低いというデメリットが挙げられるでしょう。

着心地が軽いのはナイロン・ポリエステル

主な原料が石油で、消費量が多いとされているのがナイロン・ポリエステルといった素材です。光沢感がありつつもソフトな肌触りで、生地が丈夫という特徴が挙げられます。また、乾きやすくシワになりにくいということや軽いというメリットも挙げられるでしょう。

 

しかし、ビニールと比較すると少し防水面が弱く、劣化とともに浸水しやすいというデメリットが挙げられるので、お手入れや劣化状態の確認が必須となってきます。

レディースレインコートのタイプで選ぶ

レインコートにはさまざまなタイプがありますが、コートタイプ・ポンチョタイプ・ジャケットタイプなどが挙げられます。今回はこの3つの特徴や違いをお伝えしていきます。

普段着感覚で着こなせるコートタイプ

コートタイプはトレンチコートのようなデザイン・フォルムで、普段の服装と変わらない感覚で着ることができるレディースレインコートです。レインコート自体の丈が長いのでパンツやスカート部分もしっかり覆ってくれます。

 

いつも着ているトレンチコートに撥水加工が施されているような感じで、スーツスタイルやオフィスコーデなどにも合わせやすいというメリットも挙げれるでしょう。また、雨の日でも大人っぽい印象やおしゃれな印象にも見せられますよ。

さっと着たいならポンチョタイプ

ポンチョタイプは、上からかぶるだけで着ることができるという部分が魅力のレディースレインコートです。急に雨が降ってきたときや時間がないときでもさっと着ることができるので、簡単かつ便利だと言えますね。

 

また、服の形状に関係なくかぶるだけで良いので、体系が気になる方やリュックと一緒に着たいという方にもおすすめです。デザインに関してはシンプルなものから可愛らしいものまで幅広く、お好みのものを選びやすいというメリットも。

 

 

カジュアル・スポーティーコーデにはジャケットタイプ

トレンチコートタイプやポンチョタイプなどと比較して、カジュアルな印象に仕上がるのがパーカー・ジャケットタイプのレディースレインコートです。スポーツメーカーやアウトドアメーカーでの取り扱いが多い傾向で、動きやすいという特徴があります。

 

また、デザイン面もシンプルなものやかっこいいものがあり、トレンチコートタイプ同様に普段のアウターと変わらない感覚で着ることができるのも魅力の1つです。特に普段着がカジュアル・スポーティー系の方の場合、違和感なく着ることができるのでおすすめですよ。

使うシーンに合わせて選ぶ

使うシーンによって、おすすめなレディースレインコートは大きく異なります。軽さ・防水面・通気性など、使用シーンに合わせておすすめなものをご紹介します。

自転車での通学や子どもの送迎には上下別かロングタイプがおすすめ

自転車での通学・通勤や子どもの送り迎えには、自転車ごとすっぽり覆えるタイプのレディースレインコートがおすすめです。すっぽりと覆えるタイプであれば、洋服やスーツはもちろん、リュックなどの手荷物もしっかりカバーすることができます。

 

また、透湿性に優れているレディースレインコートを選んでおくと、自転車をこいだ際に出る汗でレインコート内がムレるのを防ぐことができますよ。

 

ただし、足元は水はねで濡れてしまう恐れがあるので、気になる方は、上下別になっているタイプのレインスーツを選ぶと良いでしょう。

キャンプやフェスなどのレジャー時にはコンパクトタイプがおすすめ

キャンプやフェスなどのレジャー時には、ポンチョタイプのレディースレインコートがおすすめです。ポンチョタイプであれば、急な雨でもすぐに手荷物やリュックの上からはおることができます。

 

また、ポンチョタイプの場合、比較的コンパクトなものが多いので、丸めて収納ポーチに入れられるという部分もメリットだと言えるでしょう。

 

ただし、長時間の雨や豪雨にはあまり向かないとされているため、なるべく撥水性や防水性に優れているものを選ぶのが理想的です。

登山や釣りなどのアウトドア時にはジャケットタイプがおすすめ

登山や釣りなどのアウトドア時には、持ち運びやすくコンパクトに収まるものや軽量タイプ・ジャケットタイプのレディースレインコートを選ぶのがおすすめです。

 

また、座ったり立った状態からあまり動くことのない釣りの場合は耐水性に優れいているものを、体をしっかり動かす登山には汗を逃がしてムレにくい透湿性に優れているものを選ぶと良いでしょう。

 

スポーツメーカーやアウトドアメーカーで取り扱われているジャケットタイプは、アウトドア目的に合わせて選べるようになっているので、アウトドア内容にあわせて選んでみてください。

意外と気にしないサイズもしっかりチェック

レディースレインコートといえばフリーサイズを思い浮かべる傾向にあり、サイズをあまり気にせず購入する方が多いです。しかし、サイズを気にせず購入してしまうと丈が長い・短いということや、お腹周りのサイズが合わないということが起こる可能性があります。

 

そのため、サイズが分かれている場合は自分の丈に合ったサイズのものを選ぶ、フリーサイズの場合はレディースレインコートの丈や胴回りのサイズはどれくらいか確認する、という事が重要になってくるでしょう。

 

また、レディースレインコートは服の上から着るので、迷ってしまった際は、普段着ている服よりも少し大きめのサイズを選ぶようにすると失敗しにくいですよ。

ポーチが付いているタイプを選ぶと収納に便利

持ち運びに便利な折りたたみ傘があるように、レディースレインコートにもコンパクトに折りたたんで持ち運べるタイプのものが取り扱われています。急な雨に備えたい場合や旅行に行く際などに便利なので、1つ持っておくと状況に合わせて使えるので安心です。

 

持ち運び用といってもバッグの中でかさばるのではないかと思われがちですが、比較的どのレディースレインコートもかさばりにくいサイズに抑えてあるので、あまり心配する必要はありません。

 

それでも気になる場合には、普段持ち歩くバッグのサイズ感と購入したい持ち運び用レディースレインコートのサイズ感を比較してみると良いでしょう。

カラーやデザインはお好みで!

カラーやデザインに関しては、基本的に好みのものを選ぶと良いでしょう。好みのものを選んでおく方がレディースレインコートを実際に使う際に気分を高めてくれたり使うのが楽しみなります。

 

もし、特に好みのものがないという場合やどうやって選べばいいか分からないという場合、普段どういった系統の服装をしているかという基準で選ぶのがおすすめです。

 

例えばナチュラル系やスーツ・オフィスファッションがベースという方は、トレンチコートタイプを、可愛らしい系や柄物が好きであればポンチョタイプ、カジュアル・クール・スポーティー系が基本であれば、パーカー・ジャケットタイプがおすすめだと言えるでしょう。

ブランドで選ぶ

専門的にレディースレインコートを取り扱っているブランドはもちろん、ファッションアイテムの1商品としてレディースレインコートを取り扱っているブランドもあります。

 

例えば若い世代から主婦層まで、幅広い世代から支持を集めているプチプラブランド、ユニクロのレインコートや、業者向け・プロ向けの商品を取り扱うワークマンなどが、挙げられますよ。

 

また、レディースレインコートのみを取り扱う専門ブランドと同様に、デザインや素材・価格帯も幅広いので、使いたい場面や好みに合わせて選びやすいです。

レディースレインコートのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5471573の画像

    D-LOOP(ディーループ)

  • 2
    アイテムID:5480767の画像

    DILIBA

  • 3
    アイテムID:5471690の画像

    chibito

  • 4
    アイテムID:5471555の画像

    Caloics

  • 5
    アイテムID:5471687の画像

    自由区(JIYUKU

  • 6
    アイテムID:5471551の画像

    4th SEASON

  • 7
    アイテムID:5480759の画像

    (キウ) kiu

  • 8
    アイテムID:5471529の画像

    Kajimeiku(カジメイク)

  • 9
    アイテムID:5471560の画像

    sinkee

  • 10
    アイテムID:5471528の画像

    すきよ

  • 商品名
  • レインコート
  • 軽量レインコート
  • レインポンチョ
  • レインコート
  • ARSレインコートドレス
  • レディースレインコート
  • レインポンチョ K29
  • ウィズレインハイポンチョPlus
  • レインコート
  • 変形できる魔法レインコート
  • 特徴
  • 世代を問わず使いやすい
  • レイヤー入りで見た目にもこだわられている
  • ママのお悩みが解消されるレインコート
  • 男女兼用サイズでゆるく着れる
  • 雑誌VERYとのコラボアイテム
  • かっこよく着こなしたいときにおすすめ
  • 北欧デザイン好きにはたまらない!
  • 末端冷え性の方でも安心
  • 夜間や雨の中でも見やすい反射テープ付きで安全
  • 4WAYタイプで便利
  • 価格
  • 5390円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 20900円(税込)
  • 2488円(税込)
  • 39600円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 4850円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 2080円(税込)
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 牛津布̟̟+ビニールコーティング
  • ビニール
  • タイプ
  • ジャケットタイプ
  • ポンチョタイプ
  • トレンチコートタイプ
  • ポンチョタイプ
  • トレンチコートタイプ
  • ジャケットタイプ
  • ポンチョタイプ
  • ポンチョタイプ
  • ポンチョタイプ
  • トレンチコートタイプ
  • 耐水圧
  • 1,1000mm
  • 5588mm
  • 500mm
  • 5000mm
  • 透湿度
  • 8500g
  • 6552g

まとめ

今回はレディースのレインコートを10選、ご紹介してきました。防水性や撥水性なども重視したい部分ですが、オシャレなデザイン性のものが多く販売されているので、機能面だけでなくデザイン面にも注目して選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ