自転車用レインコートの人気おすすめランキング15選【ママに人気】

記事ID8479のサムネイル画像

レインコートには、自転車ライドや携帯用におすすめの人気商品が多く販売されています。ランキングで人気のレインコートは、蒸れない・涼しい・おしゃれなど、どんな機能性を備えているのでしょうか。この記事では、おすすめのレインコートをランキング形式でご紹介します。

自転車用レインコートで雨の日を楽しもう

雨の日の自転車ライドに欠かせないのが、自転車用レインコートです。ネットショップを見ると、様々なメーカーのレインコートが数多く販売されています。でも安直に選ぶと、顔や足が濡れる・水が染み込んで蒸れるなど色々な不便さを感じますよね。

 

実は、レインコートの形状や機能性を選ぶことで、蒸れることなく快適に自転車に乗れるようになるんです。リュックを背負えるタイプや風が強くてもめくれないレインコートもあります。快適でお気に入りのレインコートを選んで、雨の日でも自転車ライドを楽しみたいですね。

 

そこで今回は、自転車用レインコートの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、タイプや機能性、サイズ感を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみて下さいね。

自転車用レインコートの選び方

自転車用レインコートには、様々な機能性やサイズのタイプがあります。雨の日でも快適に楽しめるように、自転車用レインコートの選び方をご紹介しましょう。

形状タイプで選ぶ

自転車用レインコートには、セパレートタイプとポンチョタイプがあります。自分にとって使いやすい、自転車用レインコートの形状タイプを選びましょう。

動きやすいセパレートタイプなら「レインウェア」

セパレートタイプはジャケットとパンツに分かれていて、濡れにくく動きやすいのが特徴です。長時間着る場合はこちらのタイプがおすすめです。蒸れやすく暑くなりやすいので、透湿性が高いものを選ぶと着心地がいいです。

簡単に着脱したい人は「ポンチョタイプ」

ポンチョタイプは、着脱が簡単で着やすく通気性が良いのが特徴です。リュックもカバーできて濡れないところがポイントです。下半身が濡れやすいので、水溜まりを通過するときなどは注意が必要です。

サイズ感で選ぶ

自転車用レインコートを選ぶポイントとしてサイズ感もとても重要です。どの程度の大きさのものを用意したらいいのかよく考えて購入しましょう。

足を濡らしたくない人は「ロング丈」

ロング丈のレインコートは、雨の日の自転車ライドで足を濡らしたくない人におすすめです。商品のサイズ表を目安に、自分の身長に合ったロング丈のレインコートを選無ことができます。ただしあまりに長すぎると、裾を自転車の車輪に巻き込んでしまう恐れがあるので注意しましょう。

荷物を背負いたい人は「リュック対応」

リュックを背負ったまま着用できるサイズを選ぶと、荷物も濡れないのでとても便利です。ボタン留めなどサイズを調整できるタイプなら、より使い勝手は良くなります。ただしリュック対応タイプは、荷物を背負わない時にはやや大きめサイズになります。

通勤・ビジネスに携帯するなら「コンパクトサイズ」

通勤・通学など外出時に持ち運びたいなら、コンパクトに収納して携帯できるタイプがおすすめです。折りたたんで収納袋に入れられるタイプなら、いつでも気軽に携帯できます。家を出る時には晴れていても、途中から雨が降りそうな時でも安心です。

 

折りたたんだ時のサイズや全体の重量などもチェックして、持ち運びしやすいものを選びましょう。急に雨が降ってきた時でもすぐにレインコートを使えるので、スケジュールを変えることなく活動できます。常に雨対策をしておきたい方は、収納して携帯できるタイプがおすすめです。

生地の機能性で選ぶ

自転車用レインコート選びで最も重要なのは、生地の機能性です。生地の機能性は、防水性・撥水性・透湿性をチェックしましょう。

水の染み込みを防ぐなら「防水性」

レインコートを着ても水が染み込んでくる場合は、防水性能の低さが原因です。しっかりと雨から身を守るには、防水性が高い自転車用レインコートを選ぶことが重要です。防水性の高さは、耐水圧表示をチェックすることで判断できます。

 

大雨の日にレインコートを着るなら、耐水圧10,000mmを目安にしましょう。通常の雨なら、耐水圧5,000mm程度で充分です。台風の日に自転車に乗ることは危険ですが、耐水圧20,000mmという高い防水力を誇るレインコートもあります。

雨水や泥を弾きたいなら「撥水性」

防水性とは別に注目したいのが、撥水性です。撥水性とは、生地表面が雨水を弾く能力のことを指します。撥水性の高いレインコートなら、生地表面についた雨水を弾いて、表面がべたつくことがなく快適に過ごせます。

 

自転車で走行中に泥を浴びてしまった時でも、撥水性のある生地なら泥も弾いてくれます。撥水性の高いレインコートを選ぶことで、お手入れが簡単になります。ただし撥水性だけで防水性がないレインコートの場合、雨水が浸透しやすいことがあります。

蒸れない涼しい着心地なら「透湿性」

自転車を一生懸命こぐと汗をかき、蒸れが気になります。蒸れを防ぎたいなら、透湿性の高い自転車用レインコートを選びましょう。透湿性とは、内部の蒸気を外に逃がす性能のことです。

 

透湿性は、g/m2/24hという単位で表示されます。これは24時間でどのぐらいの量の水蒸気を外部に放出できるかを示したものです。数値が大きいほど透湿性が高いという意味になります。

 

一般的に5,000g/m2/24hあれば、快適な衣服内環境を保てます。自転車に乗るという特殊な状態では、できれば透湿度10,000g/m2/24hは欲しいところです。透湿性の高い生地を使ったレインコートは価格が高くなりがちですが、快適性も同時にぐんとアップします。

各部の仕様で選ぶ

徹底的に雨に濡れない自転車用レインコートがいいなら、身頃の造りやフード、袖など各部の仕様にもこだわって選びましょう。

雨の浸水を防ぎたい人は「前開き部分」

自転車用レインコートで浸水率が高いのが、身頃の開き部分、つまり前部分です。身頃の開き部分にファスナーが使われている場合は、止水ファスナーであるか確認しましょう。身頃の開きが2重フラップになっていると、水の侵入を物理的に食い止めることができます。

 

2重フラップ構造には、ファスナーの外側にフラップを設けているタイプと、内側にフラップを設けているタイプがあります。内側フラップのタイプは、外から見た際にファスナーが丸見えの状態ですが、しっかりと水の侵入を食い止めてくれます。ファスナーが中に隠れないため、着脱しやすくおすすめの構造です。

顔を濡らしたくない人は「フード部分」

自転車用レインコートで顔を濡らしたくない人は、フード部分の仕様を確認しましょう。顔を濡らさないためには、フードを深くかぶれることが必須条件です。フードが脱げないよう、ヒモなどでフィット感を調整できるタイプがいいでしょう。

 

ただし、フードを深くかぶりすぎると前が見えなくなります。視界をさえぎらないよう、目にかぶらないサイズや透明タイプを選ぶようにしましょう。自転車の走行中でも風で脱げない構造のレインコートがおすすめです。

手の濡れを防ぎたい人は「袖部分」

雨の日に自転車に乗る場合は、手が濡れるのは仕方がないとあきらめていませんか。レインコートの中には、手の濡れまで配慮されたものがあります。袖部分が通常より長めで、ハンドルを握った状態でも手の甲が濡れない仕組みです。

 

袖部分に絞り調整機能がついた、フィット感のあるタイプがおすすめです。袖部分に絞り調整機能が付いていれば、袖部分から水が浸入するのを防ぐことができます。手の濡れを防ぎたい方は、袖部分の構造もチェックしましょう。

デザイン性で選ぶ

レインコートには、様々なデザインの商品が販売されています。雨の日を楽しめるような、お気に入りのデザインのレインコートを選びましょう。

安全性を高めるなら「目立ちやすい色」

自転車用レインコートを選ぶなら、安全性の高いカラーの商品を選びましょう。反射材が付いたタイプや目立ちやすいカラーのレインコートがあります。黄色やオレンジ色などの蛍光カラーは、安全性が高いのでおすすめです。

 

雨の日にはどうしても車からの視認性が落ちます。反射板の付いたタイプや明るい蛍光カラーを選ぶことで、車からの視認性を高めることができます。夜間や早朝にも自転車で走行する可能性がある方には、安全性第一のレインコートがおすすめです。

女性にはおしゃれな「レディース用」

レインコートを選ぶ際には、デザイン性はとても大切なポイントです。どれだけ機能性が高くても、ダサいイメージのレインコートでは気分が上がりません。雨の日を楽しく過ごせるように、おしゃれでお気に入りのデザインを選びましょう。

男性にはかっこいい「メンズ用」

男性の方には、クールでかっこいい印象を与えるレインコートがおすすめです。ブラックやブルーなどシンプルでスマートなカラーが良く選ばれています。肉体労働を伴うお仕事をする男性の方には、動きやすいタイプの商品がおすすめです。

子供にはかわいい「キッズ用」

子供には、身長サイズに合わせたキッズ用がおすすめです。キッズ用には子供が好きなキャラクターデザインの商品もたくさんあります。子供が着たくなるようなかわいいレインコートを選んであげましょう。

自転車用レインコートの人気おすすめランキング15選

15位

カジメイク

Boxe メンズ用 レインウェア レッグカバー付

価格:4,806円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レッグカバーで足元を守る!

本体のレインコートとつなげるタイプのレッグカバーがついています。レッグカバーつきなので、足元が濡れるのを防いでくれます。老舗のカジメイクが開発した商品。素材も撥水だけでなく、防水・透湿性があり、快適に着用できます。

生地機能性PUコーティング(防水・撥水・透湿)サイズ感ミドル丈+レッグカバー付き
仕様フードヒモ付き・裾三角マチ・裾ファスナー安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

自転車に最適化しているレインコートです。自転車で移動する事が多いのでとても重宝しています。ペダルをこいでも邪魔にならず後ろを振り向いても視線を邪魔しない作り。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

スイートピー

レインコート

価格:8,127円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幼稚園のお迎えに最適!オシャレなレインコート

幼稚園のお迎えなどママにおすすめのオシャレなレインコート。内部にバタつき防止用のヒモがついており、スマートに着こなせますよ。ただ本格雨具として使用するには、防水効果はやや弱め。撥水効果も使用とともに低下するため、注意してください。

生地機能性PUコーティング(撥水)サイズ感ロング丈
仕様着脱可能透明フード・2重仕立て・内部にバタつき防止ヒモ安全性
携帯性

口コミを紹介

私は、いつもリュックと冬はコートも着るので2サイズ上のサイズを購入。コート+リュックを背負って試しにきてみたら、イメージ通りの着心地。カッパ特有の匂いも最初から全くなくとても満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ウィンターチェリー

レインコート 手甲カバー付き

価格:2,385円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手甲カバー付きで手元の冷えを防止!

手の甲部分を覆えるカバー付きなので、雨濡れによる手の冷えを防止してくれます。手甲カバーは、使わない時は中に収納しておけるため、邪魔になりません。フードもちょうどよいフィット感に調整できるので、快適です。

生地機能性PVCラミネート(防水・撥水)サイズ感ロング丈・リュック対応
仕様手甲カバー付き・フード調節可安全性反射材・目立つカラーあり
携帯性

口コミを紹介

とても可愛いピンクで、雨もしっかり防げ重宝してます!重みがあるので裾があがることもなく、いいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Smile You

アマグー レインコート

価格:3,280円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

満足度高め!着脱式バイザーが超便利

着脱式のバイザーがついています。「顔を濡らしたくない」というこだわりを持っている方におすすめの自転車用レインコートです。その他、裾の三角マチや袖の2重構造など、細かな仕様も素晴らしく、価格の割に高品質と満足度が高い商品。

生地機能性PUコーティング(防水・撥水)サイズ感ロング丈
仕様着脱可能バイザー・裾三角マチ・2重袖安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

機能アップに驚きでした。バイク運転の際に股下部分が濡れる課題も無くなり、撥水も強力で生地も軽くなり、バイザー取り外し可能で全てが完璧な商品となりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ウィンターチェリー

レインタックレインコート 3304

価格:4,365円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通学自転車用レインコートのド定番!

ウィンターチェリーのレインタックレインコートは、通学自転車用レインコートのド定番です。カラーはベージュとブルー。学校の指定に合うようなデザイン&カラーなので安心して購入してください。日本製でサイズ展開も多彩。身体に合うものを選んでくださいね。

生地機能性PVCラミネート(防水)サイズ感ロング丈
仕様裾三角マチ・袖2重安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

私が25年ほど前に中学時代に愛用していた雨合羽が、根強く存在してくれていたことに感謝です。再会の感激を忘れません。裏地メッシュの通気性は抜群なのが、快適ですし、台風並みの雨風でも、全く内部は濡れずにすみました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

カジメイク

ドキュメント エントラント使用レインコート 7260

価格:6,327円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐水圧・透湿性ともに最高!

大雨の日でも自転車に乗って通勤・通学する必要がある方は、ドキュメントのレインコートがおすすめ。東レのエントラント2000Kを使用しており、耐水圧・透湿性ともにハイレベル。裾からの水の侵入を防ぐ三角布など、細かい仕様も完璧です。

生地機能性エントラント2000K(防水・透湿)サイズ感ロング丈・リュック対応
仕様フロントベルクロアジャスト・裾三角マチ・逆水止めひだなど安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

リュック型バッグを背負って自転車で通勤していますので、ロングタイプで胸囲に余裕のあるものを求めてました。専用のお店で探しても、この手のロングサイズは無く半ば諦めてましたが見付かって良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

マルト

自転車屋さんのポンチョ D-3POOK

価格:2,180円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自転車の前かご部分までスッポリ覆える!

自転車に乗るためだけに開発されたレインコート。自転車の前かご部分までスッポリ覆える構造なので、荷物も自分自身も濡れにくくおすすめです。レインコートがめくれあがらないよう、前かご部分にはクリップで留め付けます。

生地機能性PVCラミネート(防水)サイズ感ミドル丈・リュック対応・前かごまでカバー
仕様前かごクリップ付き安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

自転車用ポンチョとしては非常に良い商品です。2015年に購入し、駅までの片道5〜6分、週12往復で4年5ヶ月の使用でもほとんど劣化しませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Utsukusi

レインコート

価格:1,580円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「絶対に顔を濡らしたくない」という方におすすめ

「絶対に顔を濡らしたくない」という方におすすめの2重バイザーレインコート。2重バイザーを取り付けた状態だと、16cm深さの透明フードが顔を守ってくれます。2重バイザー部分は取り外し可能です。反射材もついているので夜間や早朝の使用にも。

生地機能性オックスフォード生地(PVC防水)サイズ感超ロング丈・リュック対応
仕様2重透明バイザー・前ヒモ付き安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

このレインコートを選んだポイントは二重透明フードのデザインです。強雨でも化粧をしっかり守れるのは女性として一番嬉しいことです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Gouler

レインコート

価格:1,199円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファスナーとボタンの2重構造で水の侵入をブロック!

前身頃部分の開閉は、ファスナーとボタンの2重構造になっています。また、フード部分も透明のつばがついており、顔が濡れにくい構造。水の侵入をブロックしてくれます。リュックを背負っても楽に自転車に乗れるサイズ感です。

生地機能性EVA素材(防水性)サイズ感ミドル丈・リュック対応
仕様ボタン&ファスナーの2重構造・透明フード・スマホ用防水ケース付き安全性目立つカラー
携帯性

口コミを紹介

かわいいピンク色のを物色中こちらが目にとまり購入。目に留まった理由としては、匂いなしの文字。EVA素材使用なのでもちろん匂いなし!

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

QCOCO

レインコート

価格:1,699円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全で機能的な自転車用レインコート

自転車用レインコートに「安全性」と「機能性」を求める方は、QCOCOのレインコートがおすすめです。ナイロンオックスフォードPVC防水コーティング生地を採用し、防水性・撥水性・通気性に優れます。また、裾部分にぐるりと反射材も。視界も良好です。

生地機能性ナイロンオックスフォードPVC防水コーティング(防水・撥水)サイズ感ミドル丈・リュック対応
仕様透明フード・フードヒモ付き安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

袖口ゴム仕様で、水が入りにくくなっている。また、背中部分には再帰反射テープ付きで、夜間の自転車運転時の使用も安全。視界を遮らない透明フードもうれしい。持ち運びに便利な収納袋も付いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

カミオジャパン

Chou Chou Poche 自転車用レインウェア

価格:3,884円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いのにかなり使える!機能派レインコート

カミオジャパンというファンシーグッズ販売のショップから発売されており、デザイン性にこだわったレインコート。可愛いだけじゃなく、機能性も優れており、「使える」レインコートとして人気。リュック対応で大き目透明フードも。

生地機能性撥水・シームテープ加工サイズ感ミドル丈・リュック対応
仕様透明フード・2重袖・大き目袖・裾絞り安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

デザインも今まで見た中では一番気に入ってレインコートに対抗があったのですが、使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

YSKJ

レインコート

価格:1,299円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安価で軽量!防水シリコン靴付きでお得

「毎日雨の日に自転車通勤するわけではなく、念のために雨具を準備したい」という方におすすめなのが、こちらのレインコート。魅力は何と言ってもコスパの良さ。軽量な防水EVA素材でできており、洗濯して繰り返し使えます。

 

ロング丈なので自転車に乗っても足元が濡れにくくなっています。さらに足もとの濡れ防止のためにシリコン素材の靴カバーも付属します。

生地機能性非毒性EVA素材(防水性)サイズ感ロング丈
仕様フードヒモ付き・袖口絞り・防水靴付き安全性
携帯性

口コミを紹介

仕事上雨の中でもしなきゃいけないので買いました!撥水もすごいし、軽いし、丈もちょうど良いです!少しオシャレなところも気に入ってます笑

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

SUKIYO

魔法レインコート

価格:1,980円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボタン開閉により4変化する機能的なレインコート

背中側とサイドにボタンがついており、ボタンを開閉することによって4つの形態に変化する機能的なレインコート。リュックを背負いたい時は背中側のボタンを開けて、背中のボリュームを確保します。

 

自転車に乗る時は、サイド側のボタンを開けると自転車にまたがりやすくなります。バイクに乗る場合は、全てのボタンを開ければ、快適にライドできます。歩くときは全部のボタンを閉じてスタイリッシュに!

生地機能性PEVA素材(防水・3重撥水)サイズ感ロング丈・ボタン調整可
仕様透明フード・袖ボタン安全性
携帯性

口コミを紹介

デザイン性が抜群で、かっこいいですね。背中と袖のサイズが調整できて、嫁も着られます。ボタンだけではなく、線ファスナーも付いているから、豪雨でも大丈夫かなあ。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

小川

korko サイクリング レインポンチョ

価格:5,142円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧風のオシャレデザインで人気!

北欧風のオシャレなデザインが可愛いと人気の小川「korko サイクリング レインポンチョ」。小川は傘の製造をメインとする国内有数のメーカーです。その小川から発売されているレインコートはどれも機能的かつデザイン性に優れるものばかり。

 

憂鬱な雨の日を楽しく過ごせるようなキュートで遊び心あふれるデザインが魅力です。もちろんデザインだけでなく、耐水圧生地を採用し、シームレス加工を施すなど、老舗傘メーカーとして防水にも力を入れています。信頼できる一着なら「小川」で決まりです!

生地機能性耐水圧2,000mmサイズ感ミドル丈・モモンガタイプ
仕様2重構造・フード調整ヒモ付き・手元ループ付き安全性明るめのカラー
携帯性
1位

カジメイク

SOMETHING ウィズレインハイポンチョ Plus ST-300

価格:4,600円(税込)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレかつ機能的な自転車用レインコート

SOMETHINGらしくデニムを取り入れたデザインがオシャレな自転車用レインコート。製作しているのは、カジメイクという老舗のレインコートメーカーです。そのため、デザイン性だけでなく、レインコートとしての機能性も抜群!

 

ロング丈で膝や足が濡れにくい設計となっています。リュックを背負ったまま着用できるゆとりもあります。耐水圧は5,000mmと普段使いするには充分な防水力。別売りのバイザーをつければ、顔もほとんど濡れません。

生地機能性TPUラミネート(耐水圧5,000mm)サイズ感ロング丈・リュック対応
仕様手甲カバー・別売りバイザー安全性反射材
携帯性

口コミを紹介

ズボンの雨具を履かなくても大丈夫、ほとんど濡れません。手の甲まで袖があるので、グリップも濡れなく使い勝手がとても良いです。コートを着ても着用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

自転車用レインコートの選び方

それでは次に、自転車用レインコートの選び方を確認します。自転車用レインコートの選び方のポイントはいくつかあるので、参考にしてみてください。

生地の機能性で選ぶ

自転車用レインコート選びで最も重要なのは、生地の機能性です。生地の機能性をチェックするポイントは、防水性・撥水性・透湿性の3つ。

防水性

「自転車用レインコートを着ても水が染み込んでくる…」という場合は、防水性能の低さが原因です。しっかりと雨から身を守るには、防水性が高い自転車用レインコートを選ぶことが重要。防水性の高さは、「耐水圧」表示をチェックすることで判断します。

 

大雨の日でも自転車に乗る可能性があるなら耐水圧10,000mmを目安にしましょう。通常の雨なら耐水圧5,000mm程度で充分です。台風の日に自転車に乗ることは想定し辛いとは思いますが、耐水圧20,000mmという高い防水力を誇るレインコートもあります。

撥水性

防水性とは別に注目したいのが、撥水性です。撥水性とは、生地表面が雨水を弾く能力のことを指します。撥水性がある自転車用レインコートなら、生地表面についた雨水を弾いて流してしまうため、表面がべたつくことがなく快適。

 

また、自転車で走っていると泥を浴びてしまうこともありますが、撥水性のある生地なら泥も同時に弾いてくれるため、お手入れが楽です。

 

ただし注意したいのが、防水性がなく撥水性のみという商品。撥水性だけだと、水が浸透します。必ず防水性もあるレインコートを選びましょう。また使い続けるうちに撥水性は徐々に低下します。撥水加工を長持ちさせるために、お手入れを怠らないようにしましょう。

透湿性

自転車を一生懸命こぐと汗をかき、蒸れが気になります。蒸れを防ぎたいなら、透湿性の高い自転車用レインコートを選びましょう。透湿性とは、内部の蒸気を外に逃がす性能のことです。

 

透湿性は、「g/m2/24h」という単位であらわされます。これは、24時間でどのぐらいの量の水蒸気を外部に放出できるかを示したものです。数値が大きいほど透湿性が高いということ。一般的に5,000g/m2/24hあれば、快適な衣服内環境を保てます

 

ただ、自転車に乗るという特殊な状態では、できれば透湿度10,000g/m2/24hは欲しいところ。透湿性の高い生地を使ったレインコートは、どうしても価格が高くなりがちですが、快適性も同時にぐんとアップします。

形状で選ぶ

使いやすいように、自分に合った形状のものを選びましょう。

動きやすいセパレートタイプ

セパレートタイプはジャケットとパンツに分かれていて、濡れにくく動きやすいのが特徴です。長時間着る場合はこちらのタイプがおすすめです。蒸れやすく暑くなりやすいので、透湿性が高いものを選ぶと着心地がいいです。

着脱簡単なポンチョタイプ

ポンチョタイプは着脱が簡単で着やすいことと、リュックもカバーできて濡れないところがポイントです。通気性はいいのですが、下半身が濡れやすいので水溜まりを通過するときなどは注意が必要です。

袖口や裾のフィット感もポイント

裾や袖が広いものだと、風や雨が入ってきたり引っ掛かりやすかったりと不便に感じることが多いです。そのため、しっかり絞れていてフィットしているタイプを選ぶとより安全に過ごすことができます。

サイズ感で選ぶ

自転車用レインコートを選ぶポイントとしてサイズ感もとても重要です。どの程度の大きさのものを用意したらいいのかよく考えて購入しましょう。

ロング丈

上下に分かれたレインウェアではなく、レインコートを選ぶ場合は、丈がとても重要な選択ポイントです。自転車用レインコートで「足が濡れる」という悩みがある場合、丈選びが間違っていることも多いと言われます。

 

自転車に乗る際に、自転車用レインコートは大きくめくりあがります。自転車に乗るという動作を考慮して、ロング丈の自転車用レインコートを選ぶのがおすすめです。

 

ただあまりに長すぎると、裾を自転車の車輪に巻き込んでしまう恐れがあります。商品のサイズ表を目安に、自分の身長に合ったロング丈の自転車用レインコートを選びましょう。

リュック対応

自転車に乗るときにリュックを愛用しているという方も多いのではないでしょうか?リュックを背負ったまま着用できる自転車用レインコートを選ぶと、とても便利です。

 

ただ、リュック対応タイプのレインコートは、リュックを背負わない場合、やや大き目。ボタン留めなどでサイズを調整できるようになっているタイプなら、より使い勝手は良いでしょう。

特徴で選ぶ

徹底的に雨に濡れない自転車用レインコートがいいなら、身頃の造りやフード、袖など各部の仕様にもこだわって選びましょう。

身頃開き部分

自転車用レインコートで浸水率が高いのが、身頃の開き部分、つまり前部分です。身頃の開き部分にファスナーが使われている場合は、止水ファスナーであるか確認を。止水ファスナーではない場合、浸水する可能性が高いでしょう。

 

また、身頃の開きが2重フラップになっていると、水の侵入を物理的に食い止めることができます。2重フラップ構造には2種類あります。1つはファスナーの外側にフラップを設けているタイプで、もう1つは内側にフラップを設けているタイプです。

 

内側にフラップを設けているタイプは、外から見た際にファスナーが丸見えの状態ですが、内側フラップでしっかりと水の侵入を食い止めてくれます。ファスナーが中に隠れないため、着脱しやすくおすすめの構造です。

フード部分

自転車用レインコートで「顔が濡れる」という悩みがある場合、フード部分の仕様を確認しましょう。顔を濡らさないようにするには、フードを深くかぶれることが必須条件。ただ深くかぶると前が見えなくなります。視界をさえぎらないよう、透明であることも大切です。

 

また、いくら深くかぶれるフードでも自転車で走行中に脱げてしまっては意味がありません。フードが脱げないよう、ヒモなどでフィット感を調整できるタイプがいいでしょう。

袖部分

雨の日に自転車に乗っている最中に「手が濡れる」のはしょうがない…とあきらめていませんか?最近の自転車用レインコートの中には、手の濡れまで配慮されたものがあります。

 

袖部分の造りが通常のレインコートより長めで、自転車のハンドルを握った状態でも手の甲が濡れない仕組みです。さらに、袖部分から水が浸入してこないよう、袖部分に絞り調整機能がついたものがおすすめです。

反射材や目立ちやすい色の、安全性が高いもの

自転車用レインコートを選ぶなら、安全性も考慮しましょう。雨天時はどうしても視認性が落ちます。車から発見されやすいレインコートを選ぶことが大切です。反射材つきのものや、目立つカラーのものを選んで安全性を確保しましょう。

 

雨天時はどうしても視認性が落ちます。安全性を考えるなら、反射材がついている自転車用レインコートを選ぶようにしましょう。また、黄色やオレンジなど明るい蛍光カラーを基調としたレインコートなら、車からの視認性が良くなります。

 

特に夜間や早朝にも自転車を走らせる可能性があるという方は、安全性第一でレインコートを選んでくださいね。

通勤・通学に使うならコンパクトに収納し携帯できるもの

できれば携帯性の良い自転車用レインコートがおすすめです。例えば「朝は晴れているけれど、帰りに雨が降るかもしれない」という場合は、自転車用レインコートを携帯する必要があります。コンパクトに折りたたんで収納袋に入れて持ち運べるタイプが便利です。

 

折りたたんだ時のサイズや全体の重量などもチェックして、持ち運びしやすいものを選びましょう。ただし、携帯性の良さに関しては、最重要項目ではありません。同じような機能性のレインコートでどちらにするか迷った場合に、携帯性にも注目してみましょう。

自転車用レインコートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5345167の画像

    カジメイク

  • 2
    アイテムID:5346326の画像

    小川

  • 3
    アイテムID:5346385の画像

    SUKIYO

  • 4
    アイテムID:5346404の画像

    YSKJ

  • 5
    アイテムID:5346433の画像

    カミオジャパン

  • 6
    アイテムID:5346458の画像

    QCOCO

  • 7
    アイテムID:5346494の画像

    Gouler

  • 8
    アイテムID:5346536の画像

    Utsukusi

  • 9
    アイテムID:5346558の画像

    マルト

  • 10
    アイテムID:5346657の画像

    カジメイク

  • 11
    アイテムID:5346707の画像

    ウィンターチェリー

  • 12
    アイテムID:5346746の画像

    Smile You

  • 13
    アイテムID:5346767の画像

    ウィンターチェリー

  • 14
    アイテムID:5346798の画像

    スイートピー

  • 15
    アイテムID:5346817の画像

    カジメイク

  • 商品名
  • SOMETHING ウィズレインハイポンチョ Plus ST-300
  • korko サイクリング レインポンチョ
  • 魔法レインコート
  • レインコート
  • Chou Chou Poche 自転車用レインウェア
  • レインコート
  • レインコート
  • レインコート
  • 自転車屋さんのポンチョ D-3POOK
  • ドキュメント エントラント使用レインコート 7260
  • レインタックレインコート 3304
  • アマグー レインコート
  • レインコート 手甲カバー付き
  • レインコート
  • Boxe メンズ用 レインウェア レッグカバー付
  • 特徴
  • オシャレかつ機能的な自転車用レインコート
  • 北欧風のオシャレデザインで人気!
  • ボタン開閉により4変化する機能的なレインコート
  • 安価で軽量!防水シリコン靴付きでお得
  • 可愛いのにかなり使える!機能派レインコート
  • 安全で機能的な自転車用レインコート
  • ファスナーとボタンの2重構造で水の侵入をブロック!
  • 「絶対に顔を濡らしたくない」という方におすすめ
  • 自転車の前かご部分までスッポリ覆える!
  • 耐水圧・透湿性ともに最高!
  • 通学自転車用レインコートのド定番!
  • 満足度高め!着脱式バイザーが超便利
  • 手甲カバー付きで手元の冷えを防止!
  • 幼稚園のお迎えに最適!オシャレなレインコート
  • レッグカバーで足元を守る!
  • 価格
  • 4600円(税込)
  • 5142円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 3884円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 1199円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 6327円(税込)
  • 4365円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 2385円(税込)
  • 8127円(税込)
  • 4806円(税込)
  • 生地機能性
  • TPUラミネート(耐水圧5,000mm)
  • 耐水圧2,000mm
  • PEVA素材(防水・3重撥水)
  • 非毒性EVA素材(防水性)
  • 撥水・シームテープ加工
  • ナイロンオックスフォードPVC防水コーティング(防水・撥水)
  • EVA素材(防水性)
  • オックスフォード生地(PVC防水)
  • PVCラミネート(防水)
  • エントラント2000K(防水・透湿)
  • PVCラミネート(防水)
  • PUコーティング(防水・撥水)
  • PVCラミネート(防水・撥水)
  • PUコーティング(撥水)
  • PUコーティング(防水・撥水・透湿)
  • サイズ感
  • ロング丈・リュック対応
  • ミドル丈・モモンガタイプ
  • ロング丈・ボタン調整可
  • ロング丈
  • ミドル丈・リュック対応
  • ミドル丈・リュック対応
  • ミドル丈・リュック対応
  • 超ロング丈・リュック対応
  • ミドル丈・リュック対応・前かごまでカバー
  • ロング丈・リュック対応
  • ロング丈
  • ロング丈
  • ロング丈・リュック対応
  • ロング丈
  • ミドル丈+レッグカバー付き
  • 仕様
  • 手甲カバー・別売りバイザー
  • 2重構造・フード調整ヒモ付き・手元ループ付き
  • 透明フード・袖ボタン
  • フードヒモ付き・袖口絞り・防水靴付き
  • 透明フード・2重袖・大き目袖・裾絞り
  • 透明フード・フードヒモ付き
  • ボタン&ファスナーの2重構造・透明フード・スマホ用防水ケース付き
  • 2重透明バイザー・前ヒモ付き
  • 前かごクリップ付き
  • フロントベルクロアジャスト・裾三角マチ・逆水止めひだなど
  • 裾三角マチ・袖2重
  • 着脱可能バイザー・裾三角マチ・2重袖
  • 手甲カバー付き・フード調節可
  • 着脱可能透明フード・2重仕立て・内部にバタつき防止ヒモ
  • フードヒモ付き・裾三角マチ・裾ファスナー
  • 安全性
  • 反射材
  • 明るめのカラー
  • 反射材
  • 反射材
  • 目立つカラー
  • 反射材
  • 反射材
  • 反射材
  • 反射材
  • 反射材
  • 反射材・目立つカラーあり
  • 反射材
  • 携帯性

お気に入りの傘で雨の日を楽しく過ごそう

機能性に優れたレインコートを選んだら、合わせて傘も揃えてみましょう。傘は、雨の日には必要不可欠なアイテムです。お気に入りの傘を選ぶことで、雨の日を楽しく過ごすことができます。

 

傘はコンビニやスーパーでも買えますが、品質の良い商品を選ぶことで長く愛用することができます。傘は自分へのご褒美としてだけでなく、家族やお友達へのプレゼントとしても人気があります。傘の種類や機能性を比較して、いつもより高級な傘を選んでみましょう。

 

以下の記事では、傘全般の人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回は、自転車用レインコートの人気おすすめランキング15選をご紹介しました。自転車用レインコートの選び方のポイントは、生地の機能性・サイズ感・特徴・安全性・携帯性の5つです。ポイントをおさえて快適な自転車用レインコートを手に入れましょう!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ