電気あんかの人気おすすめランキング15選【コードレスなど】

記事ID9244のサムネイル画像

暖かい布団で眠ることは、人間にとって最も安らげる時間のひとつです。しかしながら、寒い時期はいざ眠ろうとしても足元から入ってくる風が冷たかったりします。そんなときに活躍するのが電機あんかです。ここでは、電気あんかの人気おすすめランキング15選を紹介していきます。

冷たさから足を守ってくれる電気あんか

電気あんかは、布団で眠る日本人から、寒さの厳しい季節の対策として使われてきました。布団に入って眠る際、暖かくなるのが遅くなりがちな足元を温めることによって、快適な睡眠の方法を模索していたのです。

 

足元を温めることの効果は科学的にも実証されています。というのも、足の裏には神経と血管が密集しているからです。そのため、電気あんかを使うことは快適な睡眠を取るために効果的だといえます。しかし、電気あんかを選ぶ時、迷ってしまうのではないでしょうか。

 

そこで今回は、電気あんかの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ご購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは暖かさ・肌ざわり・価格の3つのポイントを基準として作成しました。

電気あんかの人気おすすめランキング15選

15位

広電(KODEN)

広電 平形あんか 電気あんか ブラウンチェック チェック VAH607-BC

サイズ小さめでも使いやすさ抜群

こちらの商品は、サイズが小さめでも非常に使いやすい電気あんかです。価格も安く手ごろなため、とりあえず寒い布団を温めたい、机に座っている際に足を温めておきたいという方におすすめできる商品といえます。

表布 ポリエステル 表面温度 強:60度 中:45度

足湯のような暖かさを体験できる

こちらの商品は、お湯を入れることで足元を温めることのできる商品です。サイズ感がちょうどよく、コードレスなためあんか・湯たんぽ・カイロなど、体を温める目的であればどこでも使うことができます。本体が柔らかいので、非常に手触りのよい質感も魅力的です。

表布 ポリエステル 表面温度 お湯次第

口コミを紹介

少し充電するだけで暖かくなります。
価格もそこまでしないのでオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

可愛いデザインのハンドウォーマー

こちらの商品は、充電によって長時間手を温めることのできる「電気カイロ」です。あんかに比べるとサイズが小さいものの、手ごろなサイズであるため、足だけではなく脇や首など、主要な血管を温めることができます。汎用性を重視したい方におすすめです。

表布 PP 表面温度 35~60度

口コミを紹介

可愛いし、あったかいし、重宝します!
似た商品も購入したのですが、そちらは使用感がいまいちだったのでこちらの商品をお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

手軽に持ち運べる電気あんか

この電気あんかの特徴は、なんといっても手軽に持ち運びができる点です。直径23cm程度の大きさなので、脇に抱えても運ぶことができ、大抵のハンドバッグにはすっぽり入ってい増しいます。また、その薄さと小ささのおかげで、子どもの布団に使うことも可能です。

表布 ポリエステル 表面温度 弱:30度 中:45度 強:60度

口コミを紹介

毎晩、寝る前に3時間程タイマーを付けて就寝。 心地よく眠れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

広範囲をカバーできるパナソニック製品

こちらの商品は、広範囲をカバーすることのできるパナソニックの電気あんかです。とはいえ、持ち運びが面倒になるほど大きいわけではないので、その点も含めて使いやすい商品といえるでしょう。また、抗菌を行っていることから、臭いがしづらいのも特徴です。

表布 ポリエステル 表面温度 30~50度

口コミを紹介

手元でオンオフできることと、温度調整機能が良いです。値ははるけど、それなりの機能で満足です。最初からこれを買えばよかったと後悔しています。(半額以下の大きなソフトアンカを先に買った…)

出典:https://www.amazon.co.jp

山型で足を置きやすい

こちらの商品は、あんかの一部が傾斜になっている「山型」の電気あんかです。この形状のおかげで、足をあげて眠ることができます。この耐性は普段よりもリラックスしやすく、そのため、快眠を望んでいる方におすすめの商品です。

表布 ポリエステル 表面温度 弱~強で調節可

口コミを紹介

触り心地はゆるくクッションが敷かれていてふわふわしています。山形なので足の裏に暖かい部分がフィットして、朝なかなか離れることができません。

出典:https://www.amazon.co.jp

充電も可能な多機能電気カイロ

こちらの商品は、可愛いデザインに目が惹かれますが、それ以上にあんかやカイロ機能以外の機能が目につきます。具体的に、この商品はモバイルバッテリーとしても使用することが可能です。そのため、冬などの寒い時期にも使えます。夏にも使えるのでおすすめです。

表布 なし 表面温度 弱:45度 強:55度

口コミを紹介

発送が遅くて、期待しながらちょ〜待ってたよ、クレームしようが、手についたら、可愛い可愛い可愛いすぎて、ちょっとのミスを許す、暖かくて可愛くて、この冬でいい気持ちゅ

出典:https://www.amazon.co.jp

消費電力小さめでポケットに入れやすい

こちらの商品は、非常に長持ちする商品です。たったの3.5時間の充電で8時間の連続使用ができるようになります。消費電力も低めです。もちろん使用しながら充電をすることもできるため、寝ている間のあんか、カイロとして使うことができます。

表布 ABS 表面温度 中:45度 強:60度

口コミを紹介

意外にカイロとしてパワー強いです♪~買ってからもう一週間使えみました、触り心地が良かったし、一回充電してて出勤と退勤の途中に対しては十分役立ちます。特にポケットがある服と似合いますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

マイクロファイバーで手触りのよい商品

こちらの商品は、非常に手触りのよい商品です。機能的で上質なぬくもりを味わうことができます。寝ている際の肌ざわりを気持ちよくすることができるので、上質な睡眠を楽しむことが可能です。また、雑菌の繁殖を抑えることができる点も有用でしょう。

表布 ポリエステル 表面温度 -

口コミを紹介

布団に入れて毎日使っています。
寒い日でも足元があたたかいので寝やすいそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

カイロ+バッテリー

こちらの商品は、カイロとバッテリーの一大二役をこなすことができる商品です。それだけではなく、カイロ機能では珍しい4段階での調節ができます。そのため、自分の寒さにあわせて暖かさをうまく調整するようにしてください。

表布 ABS 表面温度 38度 42度 48度 55度

口コミを紹介

寒がりなので、私はもっぱらMAX温度で使いますけど、まぁ!温かいこと!!!
寒空の中バスを待つのも楽になりました!
もう手放せないかも(笑)

出典:https://www.amazon.co.jp

可愛いデザインのおしゃれなデザイン

こちらの商品は、非常におしゃれなデザインの星柄が特徴的な電気あんかです。寝具と本体との間に隙間ができるようにデザインされているので、蒸れづらい点も魅力的です。また、デザインもちょうどいいので、非常に使いやすい商品といえます。

表布 ポリエステル 表面温度 3段階調節可

口コミを紹介

母が泊まりにくるので購入しました。柄も星がらでかわいく、温さも調節できて、足元暖かだったらしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

画期的な形の電気あんか

こちらの商品は、「足こたつ」と呼ばれていた電気あんかを、現代の技術で進化させた商品です。電気あんかが足先から足元の全てを覆ってくれるため、必要な部位を全てを温めることができます。また、USB給電も可能なので、自宅以外の場所でも温めることが可能です。

表布 繊維 表面温度 低:40度 中:45度 高:80度

口コミを紹介

冷え性の私には、不可欠な物になりました。フワフワ気持ち良い、足を中に入れて、暖かくなって、離れたくなってしまいました。

出典:https://www.amazon.co.jp

温度の伝播がしやすい商品

こちらの商品は、温度の伝播がしやすい商品となっています。足元に温度が簡単に温まるので、冷え性の方から老人の方まで、暖かさを求める方には広く使うことができるのが魅力的です。加えて価格のほうも安めであるため、その点も有用性が高いといえるでしょう。

表布 ポリエステル 表面温度 3段階調節可

口コミを紹介

この値段にしては、いい感じです
電源 オンオフ ボタンがあったらよかったなw

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

蓄熱式の電気あんか

こちらの商品は、非常に優れた保温性を有している電気あんかです。就寝前に2時間程度、電気による蓄熱を行うだけで、かなり長い時間暖かさを保ってくれます。この保温性は他の電気あんかや湯たんぽと比べても高く、一定の温度を保ってくれるのが有用です。

表布 ポリエステル 表面温度 40~50度

口コミを紹介

充電時間が短いのも気に入ったひとつです。
コードをつなぐ…温まったらコードを抜くという扱いが単純なのもいいですね!!

出典:https://www.amazon.co.jp

寒い冬にはどこでも使える商品

こちらの商品は、寒い時期であれば多様な場所を温めることができる商品です。ソファやカーペットにおくのもよし、もちろん布団の中に置くのもよしと、高い汎用性を備えています。心地よい時間を暖かくして過ごしたいという方におすすめです。

表布 ポリエステル 表面温度 弱:30度 中:45度 強:60度

口コミを紹介

人に進められてアンカを初めて購入♡
熱すぎないとこが良いです◎
生理痛のひどい時はダイヤルを中にしてお腹に置いて寝たりもしました。安眠効果抜群です!

出典:https://www.amazon.co.jp

電気あんかの選び方

電気あんかの目的はいずれも「足元ないしは別の場所を温めること」です。しかしながら、電気あんかにはいくつかの種類が存在しており、それぞれ特徴を備えているので、自分にとって最適なものを選ぶ必要があります。以下では電気あんかの選び方を紹介しましょう。

タイプで選ぶ

電気あんかには色々な商品がありますが、そこには色々なタイプが存在します。例えば、最も一般的な平らなタイプの電気あんか以外にも、小さくしたタイプの電気あんかなど、色々なものが存在しているのです。よって、自分のぴったりなタイプを選ぶようにしましょう。

平形・山形タイプ

多数の人が「電気あんか」と聞いてイメージする形が、平形・山形のものの電気あんかです。さながら湯たんぽのように使うことができる電気あんかで、布団の中に入れるのであれば最もな適切な形といえます。

 

また、平らなものであれば足置きとして適切でしょうし、山形のものであれば、足置きとして適切です。このように、昔ながらの電気あんかは眠る時の足置きとして、ぴったりな商品といえるでしょう。

 

また、スタンダードな形の電気あんかであることから、非常にリーズナブルな点も見逃せません。コストが安く、使いやすい商品として活用することができます。

大判タイプ

大判タイプの商品は、文字通り非常に大きいタイプの電気あんかのことをいいます。見た目は平型のものに似ていますが、大判タイプのものはそれよりもさらに広く、平らなのが特徴です。座布団のようなものを想像するといいでしょう。

 

そのサイズの関係上、大判タイプのものは広範囲を温めることができるのが特徴です。そのため、寝ている間、マットの下に敷いたり、ひざ掛けと併用して使ううつもりであるのならベストな選択肢となりうるでしょう。

 

ただし、平型のものと比べると、サイズが大きい分置く場所に困ってしまったり、価格が高くなってしまう可能性も高いので気を付けてください。置き場所に困らないときに使うようにしましょう。

蓄熱タイプ

蓄熱タイプのものは、いわゆる「充電式」と考えるといいでしょう。一定時間電熱をチャージすることによって、暖かい時間を長く続かせることができます。蓄熱式の商品は、通常のものと比較すると暖かい時間が長く続くので、寒い時期も安定して快適です。

 

さらに、蓄熱式の電気あんかが一般的なものと比較したとき、優れている点が、「どこでも使える」という点でしょう。一度充電さえしておけば、冬の寒空の下でも、電車や車の中でも、電気あんかを活用することができます。

 

ただし、蓄熱式は内部の電熱に頼って暖かくするので、どうしても温度が少し低くなる傾向にある点は注意しておきましょう。また、商品によっては充電しながらの使用ができない可能性もあるので、その点もあらかじめ確認しておいてください。

電気カイロタイプ

電気カイロタイプの電気あんかは、蓄熱式のものを非常に小さくしたタイプの商品です。他の電気あんかと比較して最も小さいので、最も高い携行性を備えているのが魅力的だといえるでしょう。こと、持ち運びに関してはあらゆるものより優れています。

 

そのため、電気カイロタイプはどんな場所でも持って行くことができる点が魅力的です。例えば、ポケットに入れて会社に持っていくこともできます。また、電気カイロにはUSB給電に対応しているものが多い点も魅力的です。

 

ただし、サイズが小さい点から寝ているときに足を温めるという電気あんか本来の使い方には向いていません。よって、主に自宅で使うことが多いという方は電気カイロタイプのものよりも他の商品を選ぶようにするといいでしょう。

機能で選ぶ

昔のあんかは、「行火」という名前からわかるように、足元を温めるために火をくべていました。しかし、電気あんかになってからは火を使うことがなくなったため、多様な機能を持たせられています。

温度調節機能

温度調節機能とは、文字通り電気あんかの温度を調節することのできる機能のことです。例えば、「低」「中」「高」などで温度を調節することができます。それぞれの温度がどの程度なのかは商品によって異なりますが、調節することで気候にあわせられます。

 

例えば春先などでは「低」、初春などでは「中」、本格的に寒い冬においては「高」など、季節によってうまく使い分けることが可能です。そのため、温度調節機能があるものは長く使うことができる商品といえるでしょう。

 

また、温度調節機能があれば、冷え性の方や寒がりの方など、個人のニーズにあわせて温度を調節することができる点も魅力的です。はじめて電気あんかを購入する方など、暖かさの程度がわからないというときには、温度調節機能がついたものを買うといいでしょう。

抗菌機能

電気あんかは、一般的に足の裏に敷いて暖かくすることが多いでしょう。もちろんひざ掛け替わりや座布団のように使うこともあると思いますが、基本的には足の裏と接触していることが多いでしょう。

 

そうなると、心配になってくるのが雑菌の繁殖です。足の裏は自分が思っていないところで汗をかいていることが多く、そのせいで電気あんかを覆う布が汗を吸い、それが結果として雑菌の繁殖に繋がってしまいます。そうなると、電気あんかが臭いを発するのです。

 

こうした事態を防ぐために重要なのが、電気あんか本体を覆う布が「抗菌仕様」になっているかどうかです。抗菌仕様の商品であれば臭いがつくこともなく、また、衛生的に電気あんかを使うことができます。

ソフトな肌ざわりかどうかで選ぶ

言うまでもなく、電気あんかは肌に密着して使う商品です。そのため、肌ざわりが気持ちいいかどうかは非常に大切です。こと、一日の間で長い時間電気あんかを使おうとしている場合は、肌ざわりに気を配りましょう。

 

特にふわふわした肌ざわりの商品であれば、肌に密着している間も暖かく、気持ちのいい時間を過ごすことができます。よって、購入前に肌ざわりがソフトなものなのかどうかを確認してください。例えば「マイクロファイバー」などは、肌ざわりがソフトです。

 

また、肌ざわりがソフトなものは保温性脳がよく、暖かさを長時間保持することができるというメリットがあります。ただし、布の手触りが良い場合は臭いがつきやすいというデメリットがあるので気を付けてください。

コードレス

蓄熱式のものなど、電源から離れても暖かさを維持できる商品も存在しています。そうした商品はコードレスで使用することも可能です。コードレスのものであれば、眠っているときに邪魔をすることがないので、さらに快適な睡眠を楽しむことができるでしょう。

電気あんかのメリット

昨今の耐寒用器具には、電気あんか以外にも多様なものが存在しています。では、そうした多様な電気あんか以外の器具と比べたときの、電気あんか特有のメリットはどこにあるのでしょうか。以下では、電気あんか特有のメリットを紹介します。

消費電力が低コストなのがメリット

電気あんかのメリットとして挙げられるのが、その低コストぶりです。他の暖房器具などと比べたときにかかる電気代を比べると、非常に低コストなのが特徴といえます。具体的にどれくらい低コストになるのかは商品によって異なるので、注意してください。

 

一般的に、電気あんかは電気ふとんの5分の1の電力で十分な暖かさを得ることができるとされています。また、湯たんぽなどとは異なり、水などを使うこともないので、その点に関してもコストがかかりません。

 

さらに、電気あんかは電気毛布やストーブなどと比較すると、非常に価格が安い点もコストが安いものといえるでしょう。このように、電気あんかは、他の暖房手段と比較すると価格が安い点が魅力的です。

すぐに暖かくなるのがメリット

電気あんかは、他の暖房系のアイテムと比較すると、暖かくなるまでの時間が短い点が大きなメリットです。例えば冬の寒い時期、布団に入る前に電源を入れると、はやい時間布団に入ることができます。

 

一方、一般的な湯たんぽなどですと、布団に入るまでに暖かくなる時間がかかってしまいがちです。特に、湯たんぽなどは布団に入るまでの時間が長くなってしまうので、寒い時期には大きなデメリットを抱えることになってしまいます。

 

また、すぐに暖かくなることから、外に出たとき、思ったより寒かった、などというシチュエーションですぐに暖かくすることができます。そうした点もあわせて、電気あんかがすぐに暖かくなる点はメリットといえるでしょう。

一定の温度を保つことができるのがメリット

一定の温度をキープすることができるという点も、電気あんかが持つ大きなメリットのひとつです。例えば湯たんぽなどは、どうしても時間が経つにつれて温度が下がってしまいがちですが、電気あんかであれば暖かさをキープし続けることができます。

 

特に長時間の暖かさは、就寝時や長い時間歩く際には重要です。特に寒い時期に電気あんかを使う場合は、温度を言って以上キープすることは非常に重要だといえるでしょう。

電気あんかの注意点

電気あんかは、かつて火を使っていた時代よりも十分に安全になりました。しかしながら、それでも注意しておかなければならない点があるので、使う際は必ず意識しておきましょう。

注意点: 低温やけどに注意!

低音やけどとは、低い温度でも長時間熱源に当て続けることによって火傷に似た症状を起こしてしまうことをいいます。これだけ見ると、「軽い火傷」のような症状を思い出すかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

むしろ、低音やけどは重篤な症状になることも多く、皮膚組織まで焼けたせいでひどい後遺症に悩まされることも多いのです。そのため、低音やけどにならないように体の逃げ道を作っておいたり、就寝時に使う場合は皮膚から一定以上離れておくようにしてください。

電気あんかのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5405526の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:5405509の画像

    株式会社ジェイ・エス・ピー

  • 3
    アイテムID:5405491の画像

    ゼピール(Zepeal)

  • 4
    アイテムID:5405484の画像

    Lyeiaa

  • 5
    アイテムID:5405469の画像

    株式会社広電

  • 6
    アイテムID:5405462の画像

    MERISNY

  • 7
    アイテムID:5405455の画像

    リフォン(Lifon)

  • 8
    アイテムID:5405444の画像

    lemoistar

  • 9
    アイテムID:5405440の画像

    MARTUBE

  • 10
    アイテムID:5405425の画像

    コウデン

  • 11
    アイテムID:5405397の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 12
    アイテムID:5405362の画像

    株式会社ライフジョイ

  • 13
    アイテムID:5405341の画像

    OEM

  • 14
    アイテムID:5405329の画像

    スリーアップ

  • 15
    アイテムID:5405325の画像

    広電(KODEN)

  • 商品名
  • 平型電気あんか YDK-607HD
  • 蓄熱式コードレス電気あんか ぬくぬく
  • DYA-A6015
  • 足温器,
  • 広電 電気あんか VAY608-R
  • 電気カイロ 充電式カイロ 1台2役
  • LAY-60HB
  • 充電式カイロ 一台两役
  • 電気カイロ うさぎ MARTUBE
  • CAY-60Y
  • DW-78P-H
  • AH601
  • 充電式ハンドウォーマー 肉球型
  • 蓄熱式フットウォーマー EWT-1546BR
  • 広電 平形あんか 電気あんか ブラウンチェック チェック VAH607-BC
  • 特徴
  • 寒い冬にはどこでも使える商品
  • 蓄熱式の電気あんか
  • 温度の伝播がしやすい商品
  • 画期的な形の電気あんか
  • 可愛いデザインのおしゃれなデザイン
  • カイロ+バッテリー
  • マイクロファイバーで手触りのよい商品
  • 消費電力小さめでポケットに入れやすい
  • 充電も可能な多機能電気カイロ
  • 山型で足を置きやすい
  • 広範囲をカバーできるパナソニック製品
  • 手軽に持ち運べる電気あんか
  • 可愛いデザインのハンドウォーマー
  • 足湯のような暖かさを体験できる
  • サイズ小さめでも使いやすさ抜群
  • 価格
  • 1,078円(税込)
  • 8,900円(税込)
  • 2,980円(税込)
  • 2,370円(税込)
  • 1,980円(税込)
  • 1,820円(税込)
  • 2,400円(税込)
  • 2,490円(税込)
  • 2,380円(税込)
  • 2,350円(税込)
  • 5,310円(税込)
  • 1,111円(税込)
  • 2,480円(税込)
  • 1,985円(税込)
  • 1,000円(税込)
  • 表布
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 繊維
  • ポリエステル
  • ABS
  • ポリエステル
  • ABS
  • なし
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • PP
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 表面温度
  • 弱:30度 中:45度 強:60度
  • 40~50度
  • 3段階調節可
  • 低:40度 中:45度 高:80度
  • 3段階調節可
  • 38度 42度 48度 55度
  • -
  • 中:45度 強:60度
  • 弱:45度 強:55度
  • 弱~強で調節可
  • 30~50度
  • 弱:30度 中:45度 強:60度
  • 35~60度
  • お湯次第
  • 強:60度 中:45度

まとめ

電気あんかには多くの種類がありますが、それぞれ特徴とデメリットがあります。そのため、自分にあった電気あんかは何なのかをよく考えて、適切な商品を選びましょう。特に寒い時期になる前に、電気あんかは買い揃えておきたいところです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月25日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

寒い季節に!電気ひざ掛けの人気おすすめランキング15選【コードレスタイプも】

寒い季節に!電気ひざ掛けの人気おすすめランキング15選【コードレスタイプも】

電気毛布・ひざ掛け
【2021年最新版】足温器の人気おすすめランキング10選【歩けるタイプも紹介!】

【2021年最新版】足温器の人気おすすめランキング10選【歩けるタイプも紹介!】

電気毛布・ひざ掛け
電気毛布の人気おすすめランキング15選【洗い方も解説!2021年版】

電気毛布の人気おすすめランキング15選【洗い方も解説!2021年版】

電気毛布・ひざ掛け
電気ストーブの人気おすすめランキング15選【2021最新版!】

電気ストーブの人気おすすめランキング15選【2021最新版!】

ヒーター・ストーブ
ホットカーペットの人気おすすめランキング15選【フローリングタイプも紹介!】

ホットカーペットの人気おすすめランキング15選【フローリングタイプも紹介!】

ホットカーペット
【2021年最新版】エアコンの人気おすすめランキング20選【置き型もご紹介!】

【2021年最新版】エアコンの人気おすすめランキング20選【置き型もご紹介!】

エアコン・クーラー