観葉植物の鉢の人気おすすめランキング15選【鉢カバー兼用・おしゃれ】

記事ID9230のサムネイル画像

インテリアをおしゃれに彩る観葉植物。観葉植物を植える植木鉢には、安い陶器製やプラスチック製のもの、北欧系のおしゃれなデザインのもの、大型の観葉植物を植える大きめのものなど多くの種類が出ています。今回は観葉植物用の植木鉢のランキングと選び方を紹介していきます。

観葉植物の鉢の魅力とは?

植木鉢の魅力は何といってもおしゃれな観葉植物をインテリアとして室内に飾れることでしょう。ただ、観葉植物用の植木鉢には多くの素材やデザインやサイズがあってどれを選べばよいか迷ってしまいますよね。

 

でも実は、植木鉢は植える植物や花に合わせたサイズ・素材選びが大事なのです。たとえば大型の観葉植物に合わせた大きめのサイズ、プラスチック製で軽量なタイプ、鉢カバーにも兼用できる穴なしタイプなどがあります。

 

今回は、そんな観葉植物用の植木鉢の人気おすすめランキングと選び方を素材・サイズ・重量を基準にしてご紹介します。

鉢と鉢カバーは違う!

植木鉢を選ぶ前に知っておきたいのは、鉢と鉢カバーの違いですね。一般的に植木鉢と呼ばれるものは、底に穴があいている「穴あり」がほとんどです。これは植物に水をやったときに排水性を高めるためです。

 

それとは反対に、鉢カバーというのは一般的に植木鉢の上からかぶせるので「穴なし」のものが多いです。鉢のデザインを気にせず、鉢カバーを着せ替えすることで雰囲気を変化させることができます。

観葉植物の鉢の選び方

観葉植物の植木鉢を選ぶ際には、どんなポイントに気を付ければいいのでしょうか。ここでは、「素材」「サイズ」など鉢選びで気を付けなければいけないことを紹介します。

素材による特徴で選ぶ

植木鉢はその素材によって、特性が変わってきます。素焼き鉢・陶器鉢・プラスティック鉢などは重さも特徴も違うのでチェックしておきたいですね。

「素焼き鉢」は通気性・排水性がよいのが魅力

素焼鉢は水はけや通気性のよさに定評があります。というのも素焼鉢は、釉を塗らずに粘土を高温で焼くことで微細な穴が表面にあいているのが特徴です。そのため鉢の表面から水分が放湿され根腐れを防いでくれます

 

海外で有名な素焼鉢であるテラコッタ鉢なども通気性・排水性に優れていて人気です。熱を通しづらいため外気の温度変化に強く、室外に置いておくのも安心ですね。

「陶器鉢」は保温性が高くデザインが豊富

陶器鉢というのは、素焼鉢の上から特定の釉薬を塗布することで色や質感やデザインを楽しめる鉢です。素焼鉢と比較すると、通気性・排水性は劣りますが保温性が高いです。また鮮やかなカラーや個性的なデザインも揃い、インテリアとして楽しむ人も多いですね。

 

洋風だけでなく、アジアンデザインや和風デザインなども多く出ていて自分の好みに合ったアイテムを選ぶことができるでしょう。

「プラスチック性」の鉢は排水性のよいスリット鉢がおすすめ

樹脂製の鉢は「プラスチック製」と呼ばれることも多く、安くて軽量なのが特徴です。ホームセンターや100均などでも多く流通していて安価で使いやすいので人気があります。たとえば、グラスファイバー・ポリプロピレンなどの素材があります。

 

見た目が素焼き鉢や陶器鉢に似せて作られたアイテムもあるため、好みのインテリアになじませることも可能でしょう。そのままだと通気性・排水性に劣るため、底に切り込みを入れた「スリット鉢」を使ったり、鉢底に穴を自力であけたりする工夫が必要です。

「木製鉢」や木製プランターはナチュラルな質感が人気

木を使って作られた木製鉢、木製プランターは見た目のナチュラルさが人気の理由でしょう。観葉植物の雰囲気に合った自然なデザイン・カラーが多いためナチュラル系や北欧系のインテリアにも使われます

 

木の特徴として排水性・通気性に優れているというメリットはあるものの、屋外に置くことで割れやすい、変形しやすいなどのデメリットも考えられます。

「ブリキ缶」の鉢はアンティークでおしゃれな雰囲気に

観葉植物の鉢としてブリキ缶を用いるのも人気の方法です。ブリキ缶は、レトロ感やアンティーク感を求める際に活躍し、おしゃれな空間を作ってくれます。デザインや塗料のカラーによって雰囲気がガラリと変わるのでインテリアに合わせたものを選びましょう。

「ガラス鉢」はハイドロカルチャーに人気の素材

ガラス製の鉢は一般的な土を使って育てない「ハイドロカルチャー」で人気の素材です。ガラスは透き通っているので鉢のなかがクリアに見え、ホワイトカラーの土やカラフルな石を使い、見た目を整えているのが特徴でしょう。

 

屋内の観葉植物・ハイドロカルチャーにはおすすめですが、屋外で用いると中身が高温になりやすいというデメリットもあります。そのため、適度な日当たりの室内で使ってあげてください。

「セメント」やコンクリートの鉢は安定感がバツグン

セメントやコンクリート製の鉢は、重さがあるおかげで安定感をキープしたいときに便利です。たとえば屋外で観葉植物を育てたい場合、セメント鉢は紫外線や風雨に耐久性のあるので安心できます。大型の観葉植物が倒れないようにセメント・コンクリート鉢を使うのもおすすめです。

 

ただコンクリートはアルカリ性で雨などにより成分が土のなかに溶けだす可能性があります。そのため酸性や中性の土で育つ植物を植え替えるのはやめましょう

「ペーパークレイ」は通気性と軽量性を求める人向け

通気性と軽さを求めているなら、ペーパークレイの植木鉢もおすすめです。ペーパークレイの鉢はリサイクル紙と粘土を合わせて作られています。そのため通気性や放湿性がよく、根腐れしにくいのがうれしいですね。

 

ただ手作り製が多いので1つ1つ形が違ってくる可能性もあるので気を付けましょう。またそこまで耐久性がないので、温度や風雨に左右されやすい屋外で使う場合は注意が必要です。

鉢の素材によって重量が変わるので注意!

植木鉢を選ぶときには重量にも注意をしなければいけません。鉢の重さは素材によってかなり変化します。セメントや陶器や素焼きの鉢は一般的に重量があることで安定感があります。ただ土が入ることでより重さが増えるので場合によっては移動がしにくいですね。

 

一方、プラスチックやペーパークレイの鉢は軽量性が高く移動するのが簡単でしょう。軽いぶん、屋外では風の影響により倒れてしまう可能性もあります。このようなメリット・デメリットを考えつつ素材を選ぶことが大切です。

鉢のサイズは観葉植物の種類や大きさによって選ぶ

観葉植物の鉢は、その植物に合わせたサイズも考慮しましょう。種類によってスモールサイズ・ミドルサイズ・ラージサイズなど大きさが変わってきます。

多肉植物や小さめの観葉植物を育てたいときに活躍するのが、スモールサイズの鉢ですね。小さい植物に対してあまり大きいサイズの鉢を使うと栄養や水がしっかりいき渡らなくなり非効率です。

 

卓上のピッタリのミニ観葉植物や、多肉植物やミニシダ・挿し木・ハイドロカルチャーなどは3~5号のサイズを選びましょう。余分なスペースが空いてしまうときは「寄せ植え」などの工夫もおすすめです。

中型の観葉植物は「ミドルサイズ」の鉢を

ミニ観葉植物よりも少し育った、中型の観葉植物(60~120cmほど)はミドルサイズの植木鉢を使ってみてください。たとえば、中型のアスプレニウム・アンスリウム・モンステラ・スパティフィラムなどは、しっかりと根を張ることができる6~8号の鉢を選びましょう。

9号・10号などの「ラージサイズ」は大型の観葉植物にピッタリ

観葉植物の高さが140cm以上あるような大型のものは、ラージサイズの鉢をおすすめします。たとえばドラセナやヤシ科の植物、大型のパキラなどは9号~10号サイズの大きい鉢を選んでください。

 

また、大型の観葉植物は相当な重量があるため、植木鉢もしっかりと安定感があるものを選ぶ必要があります。軽くて小さい鉢を選ぶと、倒れたり壊れたりする可能性があるので注意しましょう。

「植え替え」をするならワンサイズ大きめがおすすめ

観葉植物を植え替えするときは、鉢の口径だけでなく高さもワンサイズ広げてあげるのが基本です。 これを怠っていつまでも同じ大きさ・高さの鉢に入れていると成長した根っこのいき場所がなくなってしまいなかで酸素不足・栄養不足を起こしてしまうこともあります。

 

ぜひ植え替えの際には、これらのことを注意しましょう。

鉢の深さは観葉植物の根の長さで選ぶ

観葉植物の鉢選びでは、鉢の深さもしっかり確認しておきます。深さは観葉植物の根っこの長さで決めるとよいでしょう。

「普通鉢」はほとんどの観葉植物におすすめ

鉢の口径と高さがほぼ同じくらいの鉢は「標準鉢」と呼ばれていろいろな観葉植物に用いることができます。口径の大きさによって号数(サイズ)が決まっているので、その植物に合わせた号数を選ぶことが大切です。

 

植物のサイズに合わせた鉢選びのコツは以下のサイトにも詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

「深鉢」は根がしっかりと深く張る観葉植物向き

口径よりも鉢の高さがあるものは、一般的に「深鉢」と呼ばれるタイプです。普通鉢と比較して高さがありシンビジウム・ユリなど根っこが長く深く伸びる植物に最適でしょう。しっかりと深さがあるぶん、土が大量に入るので水持ちがよいです。

 

ただ、植物の高さや重量に気を付けないとバランスを崩して転倒する可能性もあるので注意しなければいけません。高さや重さのある観葉植物の場合、陶器製やセメント製の鉢がバランスを取りやすいでしょう。

「浅鉢」は根が横に浅く張る観葉植物に

鉢の口径がある程度広く、深さがあまりない鉢は「浅鉢」や「平鉢」と呼ばれます。根が横に広がっていくようなツツジ科の植物、多肉植物、ミニ観葉植物の寄せ植え向きです。また盆栽などにも使われる鉢なので和風の家にもマッチするでしょう。

観葉植物の置き場所で選ぶ

観葉植物の鉢は置き場所によっても大きな影響を受けます。そのため屋内に置くか、屋外に置くか、購入の前に決めておきましょう。

「屋外」に置くなら日光や雨風に耐久性のある素材が大事

観葉植物を屋外で育てる場合、紫外線や風雨に強い素材を選ぶことが大事です。紫外線や寒暖差にも耐久性のある素材を選ぶことで、植物を守ることにつながるでしょう。プラスチック・樹脂製の植木鉢のなかには耐久性のある素材をウリにしたアイテムも出ていますよ。

「屋内」で用いる観葉植物用の鉢は受け皿つきが便利

室内用として利用される植木鉢は基本的に受け皿があるタイプが多いです。これは、受け皿があることで室内で水やりをしても底穴から水が漏れないようにしているからです。ベランダや庭に出して水やりをするつもりがないのであれば受け皿つきの鉢が使いやすいでしょう。

天井から吊るす「ハンギング」には軽いプラスチック鉢を

天井に吊るすような「ハンギングタイプ」の観葉植物には、プラスチック製の鉢が人気です。そのまま天井に吊るせるように、フックがついたようなタイプもあればフックなしで「ハンギングロープ」で吊るせるタイプもあります。インテリアや好みによって選んでください。

好みに合わせた色で選ぶ

鉢はその色によっても雰囲気が変わります。植物やインテリアの雰囲気に合った好みのカラーを選びましょう。

白・黒などの「モノトーンカラー」はどんなスタイルにもマッチ

白や黒やグレーなどのモノトーンカラーは、どのようなインテリアに合わせてもなじみやすいのが魅力です。シンプルスタイルやモダンスタイル、北欧スタイル、ブルックリンスタイルなど多くの雰囲気にマッチするでしょう

 

植物の色ともケンカしないので、ホームセンターやインテリアショプなどでも多く扱われている色ですね。

「素焼き色」やテラコッタカラーは温かみを与える人気色

素焼きの鉢の色は、いわゆる「テラコッタカラー」とも呼ばれ暖かさのあるブラウン系のオレンジカラーが特徴ですね。落ち着いた色味とおしゃれさを感じられ、世代を問わずにいろいろな人に人気があります。

お部屋のインテリアの雰囲気で選ぶ

部屋のインテリアスタイルに合わせて鉢を選ぶのも1つの手でしょう。いま現在のインテリアだけでなく、理想のインテリアスタイルに合わせて選ぶのもよいでしょう。

「北欧系」インテリアはナチュラル素材がおすすめ

北欧系のインテリアにはナチュラルな木や布、グリーンやブラウンカラーが使われることが多いです。そのため自然な雰囲気に合う白やアイボリーのほかブラウンやベージュなどのナチュラル色、テラコッタカラーなどの鉢を選ぶとなじみやすいでしょう。

「ヨーロピアンスタイル」はアンティークな雰囲気が似合う

ヨーロッパの伝統と可憐さを合わせ持つヨーロピアンスタイルインテリアには、美しい絵柄が施されたものや、アンティーク調に加工されたものが似合うはずです。観葉植物だけでなく、家具やインテリアに合わせて色・デザインを選んでくださいね。

「スタイリッシュスタイル」インテリアはガラスや金属がマッチ

無機質でおしゃれなスタイリッシュスタイルのインテリアには、モノトーンカラーの陶器鉢や、ガラスや金属製の鉢を用いるとマッチしやすいです。おしゃれさと最先端の雰囲気が出て、女性だけでなく男性にも人気のあるスタイルといえます。

 

また、シルバーやゴールドにペイントされた植木鉢もスタイリッシュスタイルの空間になじみやすく、おしゃれさを引き立ててくれるでしょう。

「ナチュラルスタイル」は優しいぬくもりがあるインテリア

素材の暖かさを感じられるような優しい「ナチュラルインテリア」が好みであれば、淡色の色味を使った明るい植木鉢を選びましょう。たとえばオフホワイトやクリーム色、ベージュなど自然色で優しい色合いを選択するとうまくコーディネートできます。

 

素材は木製や素焼きや石など自然素材のものがしっくりとなじみます。

「アジアンリゾートスタイル」は籐や木彫りがマッチ

南の島のラグジュアリーホテルに旅行したかのような「アジアンスタイル」のインテリアには、リゾート風の植木鉢を用意しましょう。たとえば、籐の素材や、木彫りや石素材は観葉植物をエキゾチックで神秘的な雰囲気に仕上げてくれます。

「カジュアルポップスタイル」は鮮やかな色味好きに

ハッキリとした色づかいが印象的な、ビビットカラーを用いたインテリアは個性的な植木鉢が好きな人にピッタリです。家具・カーテンなどの色味と揃えれば、そこまで悪目立ちせずにポップでおしゃれな空間を作り出すことができます。

「和モダンスタイル」はレトロな浅鉢が人気

洋風と和風をうまいバランスで調合した「和モダンスタイル」には、シックで大人っぽい鉢が合います。明治時代や大正時代のような古風さとモダンさが融合したインテリアなので、盆栽鉢や金魚鉢のリメイク品のようなアイテムもマッチします。

 

和風の浅鉢や、舟型の鉢などもおしゃれで落ち着いた和風のインテリアに華をそえてくれるはずです。

鉢の機能で選ぶ

穴があいていない「穴なし」は鉢カバーとしても使える

「穴なし」は、穴があいていない鉢のことを指します。一般的な観葉植物の植木鉢には、穴があいていることが多いです。ただ、なかには穴なしのアイテムも市販されています。穴なしの植木鉢は、排水性はないですが鉢の上から被せる「鉢カバー」としても使えます

手に入れやすい価格で選ぶ

手を出しやすい価格にこだわって選ぶのもアリです。人によって安い、高いという基準は違うものの、初心者の人がまだ詳しくないうちから高い植木鉢を選ぶときは注意をしましょう。

「安い」観葉植物の鉢は初心者向き!「100均」や「ニトリ」がおすすめ

初めて観葉植物を育てる人、初心者の人は安い植木鉢を選ぶことで失敗しにくいはずです。市販されている陶器鉢のなかには100円から1000円以下で手に入るものもたくさんあります。100均で取り扱っているテラコッタ鉢やプラスチック鉢も手が出しやすいでしょう。

洗練されたデザインや「高級」素材に拘った5000円以上の鉢も人気

観葉植物を長年育てている方や上級者の方には、デザインや素材にこだわった5000円以上の植木鉢も人気があります。なかには手作りで個性的なもの、信楽焼や高級ブランドのアイテムも揃うのでぜひ自分好みの植木鉢を仕入れましょう。

プラスチック・観葉植物の鉢の人気おすすめランキング4選

4位

アマブロ

アートストーン

価格: 770円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プラスチック製なのにナチュラルな質感!

一般的なポリプロピレン製なのに、ストーンパウダーが配合されているので質感が石のように感じられる鉢です。鉢底の部分にある貯水空間からに水を吸い上げることで、土が乾きにくくなるメリットがあります。

素材 ストーンパウダー・ポリプロピレン サイズ 18x17.8x15cm
重量 350g 底穴 栓あり
受け皿 受け皿別売り

口コミをご紹介

プラスチックぽいかなと思ったのですが、かなりしっかりした質感で、水抜き構造なので同じシリーズの皿と一緒に使っていますがハンギングでも問題なく使えました。この金額でこの品質はおすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リッチェル

キンバリー 鉢カバー

価格: 679円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗練されたダイヤモンドカットデザイン

プラスチック製の植木鉢・植木鉢カバーなのに、ダイヤモンドカットの模様・加工で安っぽさがなく高級感があります。モダンインテリアやモノトーンインテリアのよきアクセントになってくれるはずです。

素材 ポリプロピレン サイズ 23x23x25cm
重量 390g 底穴 穴なし
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

リビングのスパティフィラムの鉢カバーにしました。白でちょっと高級感があり、満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

T4U

自己給水 プランター

価格: 1,899円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外出が多い人でも自動で水やりが可能に

紐を使って自然に底の水を吸って、自動給水ができるようにしているプランターです。毎日のように水やりをする必要がないので、旅行や出張が多い人、水やりをつい忘れてしまう人に便利でしょう。

素材 プラスチック サイズ 10.1x10.1x10.3cm
重量 底穴 底穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

給水が不安でしたが、編み紐がしっかり給水します。水の補給も今なら週1です、枯らすこともないでしょう。家の中では綺麗に扱えます。いい買い物でした。サイズ違いも購入しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

S.fields.inc

ハンギングバスケット

価格: 2,080円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

籐編みデザインに見えるおしゃれハンギング

プラスチック製ですが、コロンと丸みのある編みカゴのようなデザインがおしゃれに見えるハンギングプランターです。お気に入りの観葉植物を簡単に天井やベランダに吊り下げることができます。大サイズもいくつか選べて便利ですね。

素材 サイズ 21×13cm
重量 330g 底穴 穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

ベランダが無いため、カーテンレールに吊り下げて使用しています。安定感もあり、安心して植物を育てることができます。水やりの際も平らな場所に置くことができるため、底から出た水も処理することが容易です。

出典:https://www.amazon.co.jp

プラスチック・観葉植物の鉢のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7109060の画像

    S.fields.inc

  • 2
    アイテムID:7109057の画像

    T4U

  • 3
    アイテムID:7109054の画像

    リッチェル

  • 4
    アイテムID:7109051の画像

    アマブロ

  • 商品名
  • ハンギングバスケット
  • 自己給水 プランター
  • キンバリー 鉢カバー
  • アートストーン
  • 特徴
  • 籐編みデザインに見えるおしゃれハンギング
  • 外出が多い人でも自動で水やりが可能に
  • 洗練されたダイヤモンドカットデザイン
  • プラスチック製なのにナチュラルな質感!
  • 価格
  • 2,080円(税込)
  • 1,899円(税込)
  • 679円(税込)
  • 770円(税込)
  • 素材
  • プラスチック
  • ポリプロピレン
  • ストーンパウダー・ポリプロピレン
  • サイズ
  • 21×13cm
  • 10.1x10.1x10.3cm
  • 23x23x25cm
  • 18x17.8x15cm
  • 重量
  • 330g
  • 390g
  • 350g
  • 底穴
  • 穴あり
  • 底穴あり
  • 穴なし
  • 栓あり
  • 受け皿
  • 受け皿なし
  • 受け皿なし
  • 受け皿なし
  • 受け皿別売り

おしゃれな観葉植物の鉢の人気おすすめランキング4選

4位

Ekirlin

陶器鉢

価格: 3,899円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

モノトーンのバイカラーが人気

白とグレーのバイカラーに金色のラインが施されたデザインの鉢です。洗練されたおしゃれインテリアとして友達や家族へのギフトにも喜ばれるでしょう。サイズやカラーも数種類用意されているので、好みのものを選べるはずです。

素材 陶器 サイズ 15x15x15cm
重量 500g 底穴 底穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

写真通りでデザインがよく大変満足です。
そこには穴があり植物の水吐口もあるので実際に育てるのにいいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

モダンなセメント製ミニポッド

セメントのおしゃれな質感が際立つミニポッドです。多肉植物のほか、3号サイズのミニ観葉植物、挿し木やミニサボテンにおすすめです。底穴や受け皿がついているので、室内での水やりも漏れの心配がありません。

素材 セメント サイズ 10.5x8.5cm.9cmx1.1cm
重量 1032g 底穴 底穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

可愛くて品があって、すごく気に入りました。また購入したいです。ありがとうございました。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

T4U

冰裂紫砂陶器 植木鉢

価格: 1,899円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光沢感のある美しいカラーリングが人気

適度なツヤありの質感で高級感がある陶器の植木鉢です。派手ではない美しいカラーリングが魅力的で、遠くからでも目をひくでしょう。玄関や出窓やキッチンで観葉植物をひきたててくれます。

 

小さめサイズなので、多肉植物・ミニサボテン・ミニ観葉植物におすすめです。

素材 陶器 サイズ 4.4×6×6cm
重量 底穴 穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

家の玄関で多肉植物に使ってます、
かわいいのでリピータです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SPICE OF LIFE(スパイス)

植木鉢 オリンポスプランター

価格: 1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ローマ・ギリシャ風の古代デザインが個性的

古代ローマやギリシャのような個性的で伝統的なデザインが光る植木鉢です。シンプルで一般的な観葉植物ほか、シダ系の植物や多肉植物やサボテンなど多くの植物にマッチします。小ぶりでコンパクトなので移動がしやすく模様替えもラクです。

 

受け皿つき・底穴ありで屋外でも室内でも使い勝手がよいでしょう。

素材 テラコッタ サイズ 17.5×17.5×17.5cm
重量 2.1kg 底穴 穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

すごく良かったです。おしゃれです。今まで、鉢といえば白だったのですが、これひとつでこなれた感じ。もうひとつ同じものがほしくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

おしゃれな観葉植物の鉢のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7109074の画像

    SPICE OF LIFE(スパイス)

  • 2
    アイテムID:7109071の画像

    T4U

  • 3
    アイテムID:7122585の画像

    T4U

  • 4
    アイテムID:7109065の画像

    Ekirlin

  • 商品名
  • 植木鉢 オリンポスプランター
  • 冰裂紫砂陶器 植木鉢
  • セメント鉢
  • 陶器鉢
  • 特徴
  • ローマ・ギリシャ風の古代デザインが個性的
  • 光沢感のある美しいカラーリングが人気
  • モダンなセメント製ミニポッド
  • モノトーンのバイカラーが人気
  • 価格
  • 1,728円(税込)
  • 1,899円(税込)
  • 2,299円(税込)
  • 3,899円(税込)
  • 素材
  • テラコッタ
  • 陶器
  • セメント
  • 陶器
  • サイズ
  • 17.5×17.5×17.5cm
  • 4.4×6×6cm
  • 10.5x8.5cm.9cmx1.1cm
  • 15x15x15cm
  • 重量
  • 2.1kg
  • 1032g
  • 500g
  • 底穴
  • 穴あり
  • 穴あり
  • 底穴あり
  • 底穴あり
  • 受け皿
  • 受け皿あり
  • 受け皿あり
  • 受け皿あり
  • 受け皿あり

大きめな観葉植物の鉢の人気おすすめランキング4選

4位

KANEYOSHI

鉢 三河焼

価格: 3,590円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キレイなペールブルーが目をひく!

愛知県西三河南部から生み出された国産の美しい植木鉢です。耐久性があり、そこまで価格が高価ではないので手が出しやすいのが魅力でしょう。

素材 陶器 サイズ 25.5×26cm
重量 3kg 底穴 穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

どっしりした重厚感があって良いと思います 深さもあるし肉厚も十分で素焼きのものよりオシャレで室内にぴったり

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

アップルウェアー

鉢植・鉢カバー

価格: 1,368円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鉢カバーとしても使用OK

穴なしの観葉植物プランターとして、また鉢カバーとして人気があるアイテムです。またポリ栓を取り外せば、普通の鉢としても使用ができます。大きめの10号サイズなので高さのある植物でも無理なく入れることができるでしょう。

素材 ポリプロピレン サイズ 36.4x36.4x35.8cm
重量 1.14kg 底穴 穴あり(栓つき)
受け皿 受け皿なし

口コミを紹介

機能性、耐久性、軽量性!!イイ

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

サンブルーム

ミータム アイスウォッシュ

価格: 6,299円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高さのある果樹や木も植え替えOK

陶器のテラコッタ製で約40cmもの直径があるため、高さのある果樹や植木も問題なく植えられるのがうれしいですね。重量があるおかげで転倒しにくいので安心感があります。

素材 陶器 サイズ 40×36×28cm
重量 底穴 穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

薔薇の植え替え用に購入しました。この色の鉢は初めて購入しましたが、白やピンク何色でも合うので気に入っています。梱包も大変丁寧で安心して購入出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

焼杉メッシュプランター

価格: 1,980円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木目が美しいアンティークプランター

木製の植木鉢で、インテリアやエクステリアにナチュラルな雰囲気を与えてくれます。底には細かい目のスノコを敷いているので、底石や砂が出てこなくて便利でしょう。通気性・排水性の高さもおすすめできる理由です。

素材 天然木・ポリプロピレン・スチール サイズ 28.5x28.5x27 cm
重量 1.4kg 底穴 穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

金木犀とミモザをそれぞれ植えました 大きさもちょうど良くて 持ち手も付いているので 場所の移動もし易くて…近くのホームセンターでは無い商品 お願いして良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

大きめな観葉植物の鉢のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7109086の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 2
    アイテムID:7109083の画像

    サンブルーム

  • 3
    アイテムID:7109082の画像

    アップルウェアー

  • 4
    アイテムID:7109079の画像

    KANEYOSHI

  • 商品名
  • 焼杉メッシュプランター
  • ミータム アイスウォッシュ
  • 鉢植・鉢カバー
  • 鉢 三河焼
  • 特徴
  • 木目が美しいアンティークプランター
  • 高さのある果樹や木も植え替えOK
  • 鉢カバーとしても使用OK
  • キレイなペールブルーが目をひく!
  • 価格
  • 1,980円(税込)
  • 6,299円(税込)
  • 1,368円(税込)
  • 3,590円(税込)
  • 素材
  • 天然木・ポリプロピレン・スチール
  • 陶器
  • ポリプロピレン
  • 陶器
  • サイズ
  • 28.5x28.5x27 cm
  • 40×36×28cm
  • 36.4x36.4x35.8cm
  • 25.5×26cm
  • 重量
  • 1.4kg
  • 1.14kg
  • 3kg
  • 底穴
  • 穴あり
  • 穴あり
  • 穴あり(栓つき)
  • 穴あり
  • 受け皿
  • 受け皿なし
  • 受け皿なし
  • 受け皿なし
  • 受け皿あり

安い観葉植物の鉢の人気おすすめランキング4選

4位

大和プラスチック

シャビーポット

価格: 840円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンティークで重厚感のある質感に

ナチュラルでアンティークな雰囲気が漂うシャビーテイストが人気のアイテムです。自然な色むらがあって、金属が時間の経過とともに風化したようなおしゃれな雰囲気があります。重厚感と高級感があるのもよいですよね。

素材 木粉・ポリプロピレン サイズ 31.0×26.5cm
重量 880 g 底穴 穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

ガジュマルの植え替えに使いました。
大きさも丁度良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

大和プラスチック

クエンチローポット

価格: 296円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人っぽいおしゃれなツヤ消し鉢

プラスチック鉢特有の安っぽさがなく、ツヤ消しで落ち着いた素材感が魅力です。シンプルで使いやすい四角形もよいですね。カラーがブラック・白・レッド・ピンクなど豊富なのでインテリアに合わせたい人におすすめできます。

素材 ポリプロピレン サイズ 14.0×14.0×15.0cm
重量 254g 底穴 穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

ガジュマルをこの鉢に植え替えて育てています。大きさもちょうどよく受け皿もついてこの値段なのでとても安いと思います。観葉植物にぴったりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

gardens(ガーデンズ)

鉢 ハンギングエコポット

価格: 2,206円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素焼き鉢のような風合いで軽いのが魅力

素焼きの植木鉢に見えるのに、その軽さに驚くアイテムでしょう。素材は、ポリプロピレンに天然の木粉を合わせています。そのため、一般的なプラスチック素材よりもナチュラルな雰囲気に仕上がっているのが魅力です。

 

また通気性・排水性のよい穴あきで、ベランダや壁に吊るせるハンギングタイプです。

素材 ポリプロピレン(木粉入り) サイズ 14.7x21x25.1cm
重量 465g 底穴 穴あり
受け皿 受け皿なし

口コミをご紹介

これまで素焼きにこだわっていましたが、とにかく「軽さ」が気に入りました。
エコポットは風雨にさらされると、少しやわくなるものがありますが、
これはかなりしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SPICE OF LIFE(スパイス)

植木鉢 レリーフプランター

価格: 880円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性的でおしゃれなヘリンボーン柄

シンプルなのに、素材感から何だか温かみを感じることができる鉢ポッドです。ヘリンボーン柄はどんなインテリアにもマッチしやすいので部屋の模様替えをしても使い続けることができるでしょう。

 

底穴があって排水性が高く、皿つきで水が漏れないのもうれしいですよね。

素材 セメント サイズ 12.5×12.5×12cm
重量 820g 底穴 穴あり
受け皿 受け皿あり

口コミをご紹介

母に買ってあげたらものすごく気に入って模様違いで4つ買いました。僕も気に入ってます。物としての完成度が高い

出典:https://www.amazon.co.jp

安い観葉植物の鉢のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7109100の画像

    SPICE OF LIFE(スパイス)

  • 2
    アイテムID:7109097の画像

    gardens(ガーデンズ)

  • 3
    アイテムID:7109094の画像

    大和プラスチック

  • 4
    アイテムID:7109091の画像

    大和プラスチック

  • 商品名
  • 植木鉢 レリーフプランター
  • 鉢 ハンギングエコポット
  • クエンチローポット
  • シャビーポット
  • 特徴
  • 個性的でおしゃれなヘリンボーン柄
  • 素焼き鉢のような風合いで軽いのが魅力
  • 大人っぽいおしゃれなツヤ消し鉢
  • アンティークで重厚感のある質感に
  • 価格
  • 880円(税込)
  • 2,206円(税込)
  • 296円(税込)
  • 840円(税込)
  • 素材
  • セメント
  • ポリプロピレン(木粉入り)
  • ポリプロピレン
  • 木粉・ポリプロピレン
  • サイズ
  • 12.5×12.5×12cm
  • 14.7x21x25.1cm
  • 14.0×14.0×15.0cm
  • 31.0×26.5cm
  • 重量
  • 820g
  • 465g
  • 254g
  • 880 g
  • 底穴
  • 穴あり
  • 穴あり
  • 穴あり
  • 穴あり
  • 受け皿
  • 受け皿あり
  • 受け皿なし
  • 受け皿あり
  • 受け皿なし

「植え替え」で鉢が「大きすぎた」場合は枯れてしまうことも!

観葉植物の植え替え時に「鉢が大きすぎた」感じることがありますよね。いずれ成長するだろうと、そのまま大きい鉢に植え替えると枯れてしまう可能性があります。というのも、植木鉢の容量が大きくなると土の量もそれだけ増えます。

 

それによって、植物の根に必要な水分や栄養がいき渡らなくなることがあるからです。土が増えると保水性も高まるので根腐れを起こす原因にもなります。そのためできれば少しずつ鉢を大きくしていくのが理想です。

 

以下のサイトでは、植え替えのときの鉢のサイズについて詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

観葉植物の植木鉢は「どこで買う」?

観葉植物の植木鉢は、インテリアショップのほか100均やニトリや無印、ホームセンターでも市販されています。ただ店舗の場合はそのお店によって取り扱いのアイテム数に差があるのも事実です。

 

オンラインでの取り寄せであれば、Amazonや楽天などで常時いろいろなアイテムが出ているのでおすすめですよ。以下のサイトでは、観葉植物やお花のほか家庭菜園でも使えるプランターの人気おすすめランキングを紹介していますので、ぜひご覧ください。

 

鉢を「風水」で選ぶなら?

観葉植物を風水で取り入れている方も多いのではないでしょうか?観葉植物の鉢を風水に取り入れるのであれば、自然素材のものが良いといわれています。なかでも陶器の鉢はお手入れも簡単なのでおすすめです。

 

反対に、プラスチックの鉢は運気を下げるといわれています。もし、プラスチックの鉢しかないという場合は、自然素材のカゴでカバーしたり木製の鉢やラタンでカバーで隠すようにすると良いですよ。

「鉢からキノコ」や「鉢にカビ」のトラブル対処法はある?

観葉植物の土からキノコが生えてしまった場合は、キノコを抜いてもまた生えてくる可能性があるので土を日干しにして乾燥させたり、黒いビニール袋に土を入れて直射日光を当てて消毒するようにして土の環境を改善しましょう。

 

鉢の土の上にカビが生えてしまった場合は消毒用アルコールを吹き付けることでカビ菌を死滅させることができます。また表面の白くなっている部分を取り除きその上に新しい土を補充することでも可能です。

まとめ

観葉植物の植木鉢には多くの種類があることが分かりました。手に入れやすい安いものからおしゃれな北欧系アイテム、プラスチック製で移動がラクなものなどさまざまです。今回のランキングを参考にしつつ、使い勝手のよい植木鉢を選んでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

サボテンの人気おすすめランキング15選【選び方から育て方まで徹底解説!】

サボテンの人気おすすめランキング15選【選び方から育て方まで徹底解説!】

インテリア雑貨
【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選【キャンプなどで使える椅子をご紹介】

【2021年最新版】アウトドアチェアの人気おすすめランキング22選【キャンプなどで使える椅子をご紹介】

アウトドアチェア・ベンチ
【2021年最新版】大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【パソコンが入る!周りとかぶらないものも】

【2021年最新版】大学生向けリュックの人気おすすめランキング46選【パソコンが入る!周りとかぶらないものも】

バッグ
新築祝い人気おすすめランキング15選【時計、食べ物、お酒など紹介】

新築祝い人気おすすめランキング15選【時計、食べ物、お酒など紹介】

住まい
【2021年最新版】システム手帳の人気おすすめランキング19選【女性や男性にも!】

【2021年最新版】システム手帳の人気おすすめランキング19選【女性や男性にも!】

文房具・文具
PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

PEラインの人気おすすめランキング15選【青物・船釣り・遠投に!】

釣具