芝刈り機の人気おすすめランキング10選【2020年最新版】

記事ID10501のサムネイル画像

美しい芝生を保つには芝刈り機が必須です。芝刈り機の動力源には電動式と手動式、エンジン式があり、刃の種類も製品によって異なります。メーカーでは、マキタやキンボシ、リョービなどが人気。ここではそんな芝刈り機の中から、おすすめ商品をランキング形式で発表します!

初心者でも使いやすい芝刈り機で美しい庭を!

庭に美しい芝生を敷きたいと思っても、いざ敷いてみるとお手入れが大変ですよね。芝生を綺麗に手入れするためには、芝刈り機が必須です。製品によって動力源や刈幅、刈高さなども異なりますので、芝生の面積や芝生の高さによって製品を選ぶと良いでしょう。

 

家庭で人気の芝刈り機には、低価格な手動式広めの敷地もサクサク刈れる電動式があります。どちらも初心者でも扱いやすいので日々のお手入れに活用したいです。芝刈り機の中にはコードレスで使えたり、芝のカスを取るサッチング機能付の便利なモデルもあります。

 

そこで今回は数ある芝刈り機の中から、「動力源」「使いやすさ」「刃の種類」の点に着目した芝刈り機の人気おすすめランキング10選をご紹介します。また、失敗しない芝刈り機の選び方もまとめましたので、購入時の参考にして下さいね!

失敗しない芝刈り機の選び方

芝刈り機には様々な種類がありますので、どの芝刈り機を選べば良いのか迷ってしまいますよね。ここでは、芝生の広さや刃の種類などを考慮した、失敗しない芝刈り機の選び方を伝授いたします。

「動力源の種類」と「使う場所の面積」で選ぶ

芝刈り機を選ぶにあたり、最も大切なのは「動力源」と「芝生の広さ」です。芝刈り機には、いくつかの動力源があります。また、その動力源は芝生の広さによって適したものが異なります。ここでは、そんな動力源の種類や使う場所の面積で選ぶポイントをご紹介します。

3~10坪以下の広さには価格も安い「手動式」

3~10坪程度の広さには、手動式芝刈り機がおすすめです。手動式芝刈り機は、その名の通り、人の力で作業をする芝刈り機。そのため、多少の体力が必要ですが、比較的コンパクトで収納にも便利ですし、低価格なコストも魅力的です。

 

軽量コンパクトなので、小回りも利きやすいですし、慣れれば女性の方でも扱いやすいのが◎。扱いやすいモデルでは、お子様でも芝刈りができてしまうほど使いやすいものもあります。ちなみに、3坪以下の芝生の場合は、ハンディタイプのバリカン式芝刈り機もおすすめです。

10~100坪以下の広さには楽に刈れる「電動式」

10~100坪と芝生の面積が広めの場合は、電動式芝刈り機がおすすめです。広めの芝生では、手動式では体力が必要になりますので、電動式での芝刈りがサクサクと作業が進みます。電動式は手動式よりもお値段が高めで重量も重めにはなりますが、中にはコンパクトサイズのものも販売されていますよ。

 

電動式の芝刈り機には、屋外コンセントを使用するものと、充電式のコードレスのものがありますので、作業環境に合うものを選ぶと良いでしょう。

100坪以上の広大な敷地には「エンジン式」

芝生が100坪以上といった広大な広さには、エンジン式がおすすめです。100坪以上の芝生となると、運動場や公園などの芝生に使われれることが多いでしょう。エンジン式はガソリンを使って動き、刈り幅も広いので広大な芝生を効率よく刈れます。

 

中には、人が乗れる乗用芝刈り機もあります。ただし、機械音が大きいので、近隣への騒音対策も必要です。

刈り込み刃の種類で選ぶ

芝刈り機には、いくつかの刃の種類があります。この刃の種類によって、芝生の仕上がり度も異なってきます。ここでは、そんな芝刈り機の刈り込み刃の種類で選ぶポイントをご紹介します。

短めの芝生には音も静かな「リール式」

リール式の刃は、円筒状の刃が縦方向に回転して作動します。この刃が地面を転がすように回転し、固定した刃の間に芝生を挟んで刈りこみます。そのため、芝生が美しく仕上がるのがメリット。ただし、長めの芝生にも不向きですので、短めの芝生をこまめに刈る方に適しています。

 

多少お手入れの頻度が増えたとしても、美しい芝生を維持したいという方におすすめ。

長い芝生も刈れて初心者にも扱いやすい「ロータリー式」

ロータリー式の刃は、円盤状の刃が地面を水平に回転させながら刈り取っていきます。そのため、長くなった芝生も効率よく刈れるのがポイント。芝生の中に生えている雑草も一緒に刈り取ってくれるので、とても便利です。また、カッターに小石などが当たって刃が多少かけたとしてもそのまま使用ができます。

 

そのため、初心者でも容易に芝生を刈れるのが◎!ただし、ロータリー式の芝刈り機はリール式と比べて、芝生の断面に葉脈が残るので、芝生の先端が枯れやすくなるというデメリットがあります。また、リール式よりも仕上がりの美しさが劣ります。

壁際にも使いやすい小型ハンディタイプの「バリカン式」

バリカン式の芝刈り機は2枚の刃が重なり、芝生の上を水平に滑らせながら刈り取っていきます。ハンディタイプで小型のため、細かい場所も簡単に刈り取れるのがポイント。特に通常の芝刈り機では入り込みにくい、壁際の芝生もきれいに刈り取れます。

 

芝生の面積が3坪以下の場合は、このバリカン式のみの芝刈り機で十分でしょう。しかし、それ以上の広さの場合は、電動式や手動式の芝刈り機をメインに使いつつ、壁際などの細かい場所にはバリカン式を使用するという補助的な使い方がおすすめです。

「刈幅」や「刈高さ」で選ぶ

芝刈り機は、製品によって一度に刈れる幅(刈幅)や高さ(刈高さ)が異なります。これによって作業の効率や仕上がりも異なります。ここでは、刈幅や刈高さで選ぶポイントをご紹介します。

家庭用の芝刈り機は「300~400mm幅」が効率的

芝刈り機が一度に刈れる「幅」を「刈幅」と言います。この刈り幅によって、芝生を刈る時間も異なってくるでしょう。芝刈り機の刈幅が狭いと作業の効率が悪くなりますが、逆に広すぎると刈りこむ際の負担が大きく、芝刈り機を押す力が必要です。

 

基本的に家庭向けの芝刈り機では、200~400mmほどの刈り幅を謳った商品が多いでしょう。芝生の面積や形によって選ぶ刈幅は異なりますが、入り組んだ形の庭でない場合は、300~400mm刈幅の製品が扱いやすいでしょう。

壁際や入り組んだ場所が多いなら「200~250mm幅」も

芝生を刈る範囲が小さめだったり、入り組んだ場所や壁際も刈りたい場合は、刈り幅が200~250mmほどの狭めのモデルも活用できます。狭めの刈り幅ですので小回りが利きやすく、通常の芝刈り機では刈りにくい箇所もラクラク刈れます。

 

使用する芝生の範囲や形で刈り幅を選ぶの目安です。

「刈りこみの高さを調整できるもの」なら安心

刈りこみの高さは、「刈高さ」と表現します。刈高さは製品によって異なりますが、刈り高さを調整できる製品がおすすめです。日本芝や西洋芝など、芝生の種類によって、適した刈高さが異なりますので、芝生の種類によって選ぶのも良いでしょう。

「軸刈り」にはご注意!

芝生を刈る時、すぐに生えてくるからと刈りこみすぎるのが厳禁。基本的に、芝生は高さを3分の2ほど残して刈るのが基本です。手間を減らそうと低い高さで刈込すぎると、新しい葉が生える部分まで刈ってしまう「軸刈り」が起こってしまうのです。

 

軸刈りは新葉を刈ってしまうので、新葉が育たずに芝生を枯らしてしまう原因になります。刈りこむ際は、そんな軸刈りにならないように、刈高さを調整しておきましょう。

コードレス式の芝刈り機を選ぶ

庭の屋外コンセントが近くにない方や、面倒なケーブルが苦手な方には、電動のコードレスタイプ芝刈り機がおすすめです。コードレスタイプの芝刈り機は、あらかじめ充電をしておくことで、ケーブルレスでご使用することができます。

 

庭が大きめでコンセントまでケーブルが届きにくい方や、手間なく簡単に芝刈り機を使いたい方は、充電式の芝刈り機も探してみましょう。

収納のしやすさで選ぶ

芝刈り機を選ぶ際は、収納のしやすさも念頭に入れて選ぶと便利です。一般的に、手動式の芝刈り機は電動式の芝刈り機に比べて、軽量でコンパクトな仕様になっているものが多いです。そのため、収納も比較的しやすいのがポイント。

 

ただし、最近では電動式の芝刈り機もコンパクトで軽量タイプのものも販売されています。それぞれのご家庭での収納場所を考慮し、環境に応じた芝刈り機を選ぶと便利でしょう。

刃研ぎのしやすさで選ぶ

芝刈り機は刃を使用しているため、刃が劣ってくるとその効率も下がります。刃が劣ってきたら、芝刈り機や刃を買い替える他に、刃研ぎを自分で行う方法もあります。製品によっては刃研ぎがしやすいように、刃研ぎ専用のレバーなどが搭載されたモデルもあります。

 

また、メーカーによっては無料で刃研ぎサービスを行っている場合もあります。こういったアフターケアも考えて芝刈り機を選ぶのも、長く芝刈り機を使うポイントになります。

価格で選ぶ

芝刈り機は製品によってその価格帯もまちまち。基本的に芝刈り機のお値段は、効率や機能性によってお値段が推移していきます。手動式芝刈り機は低コストですので、多少の手間がかかってもコストを抑えたい方には手動式が良いでしょう。

人気メーカーで選ぶ

現在様々なメーカーから芝刈り機が発売されていますが、その中でも人気のメーカーを選ぶのも1つの方法ですね。ここでは、そんな芝刈り機の人気メーカーをいくつかご紹介します。

国産の老舗メーカー「キンボシ」

キンボシは、明治3年に創業された老舗の園芸用品メーカー。キンボシの芝刈り機の特長は、その切れ味の良い刃。種類が豊富な芝刈り機を扱っていますが、他のメーカーよりも手動式芝刈り機のラインナップが豊富です。老舗の国産メーカーならではの品質の良さが売り!

電動式芝刈り機が豊富「マキタ」

大正4年に創業された老舗の国産電動工具メーカー・マキタ。高品質で種類が豊富なマキタの芝刈り機は、日本だけでなく、海外でも多くの賞賛を得ています。特に、電動式芝刈り機のラインナップが豊富。便利なコードレスタイプも人気です。

サッチング機能も優秀「リョービ」

芝刈り機の人気メーカーとして大人気のリョービは、手動・電動共に種類が豊富な芝刈り機を販売中です。リョービの芝刈り機は、パーツを取り替えることで、芝生のカスを取り除くサッチング機能が充実。刈った後のお手入れまでしっかりと配慮されています。

リーズナブルなお値段が魅力「アイリスオーヤマ」

リーズナブルな価格ながらも確かな品質でお馴染みのアイリスオーヤマからも、電動式・手動式共に芝刈り機が販売されています。アイリスオーヤマの芝刈り機の種類はそんなに多くありませんが、家庭用芝刈り機に必要な機能を最低限備え、購入しやすい価格が魅力。

手動式芝刈り機の人気おすすめランキング5選

5位

アイリスオーヤマ

アイリスプラザ 手動式芝刈り機 MLM-300

価格:8,060円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに折りたためるグラスキャッチャー付き

リーズナブルな価格でお求めやすいアイリスオーヤマの手動式芝刈り機。リール式の5枚刃採用で、密集した芝にも対応。折りたたみ可能なメッシュ式グラスキャッチャーが付いていますので、刈り込みしながら刈った芝をキャッチすることもできます。軽量でコンパクトなので収納にも安心。

刃の種類リール式刈り幅300mm
刈り高さ無段階(7~35mm)その他メッシュ式グラスキャッチャー(20L)

口コミを紹介

ホームセンター等を見て回り,なかなか決めきれずにいました。今回,思い切って購入,実際に使ってみて,大喜びです。永く使い続けたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

本宏製作所

HONKO 手動式芝刈り機 VR-300 Revo

価格:12,930円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

300mmの刈り幅と6枚刃で効率アップ

手動式芝刈り機は刈り幅が狭めのものが多い中、刈り幅が300mmと広め。芝生の面積が広めながらも、手動式芝刈り機を使って作業の効率を高めたい方におすすめ。リール式の6枚刃を採用し、刈り込みやすさもアップ!刃調整が不要なのもうれしいですね!

刃の種類リール式刈り幅30cm
刈り高さ4段階(10/20/30/40mm)その他刃調整不要・ハンドル高さ調整可

口コミを紹介

良く切れます。(切った葉の回収率は低いかな?) 葉の調整がいらないのが良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

山善(YAMAZEN)

手動芝刈機 刈る刈るモア KKM-200

価格:6,091円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要な機能は十分なコスパ重視モデル

お安い価格と確かな品質でお馴染みの山善の手動式芝刈り機。低価格ながらも、家庭用芝刈り機としては必要な機能を十分備えているのも◎。刃調整不要なので、届いたその時から気軽に使えるのもうれしい。グラスキャッチャー付で、刈った芝の後片付けも楽々!

刃の種類リール式刈り幅200mm
刈り高さ5段階調節可能(約10・16・23・30・36mm)その他グラスキャッチャー付き

口コミを紹介

初めての手動芝刈り機として購入。組み立ても、説明書を見ながら難なく組み立て可能。子供(6才)でも、楽々の取り回し。この価格でこの性能は、大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キンボシ(Kinboshi)

ナイスバーディーモアーDX GSB-2000NDX

価格:16,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芝生をこまめに刈っている人に使いやすいモデル!

切れ味の鋭い刃が人気のキンボシのエコノミー手動式モデルとして人気なのがこちら。刈り高さはワンタッチで調整可能。5枚刃を採用し、刃の切れ味も◎。ただ、200mmの刈り幅で刈り高さも25mmまでですので、こまめに芝生を手入れしている方向けです。

 

狭めの刈り幅ではありますが、小回りも利きやすいので、壁際や細かい場所、入り組んだ場所なども刈りやすいのも◎!

刃の種類リール式刈り幅200mm
刈り高さ10、15、20、25mm(ワンタッチ4段調節)その他キャッチャー脱落防止機構

口コミを紹介

期待以上‼︎
組み立ては想像通り、一瞬でできます。びっくりしましたが切れ味は抜群です。耐久性はわかりませんが、研磨のキットもありますので切れ味が悪くなったら購入します。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

キンボシ(Kinboshi)

ゴールデンスター ナイスファインモアー  GFF-2500N

価格:32,424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切れ味が抜群でサクサク刈れる!

伝統的な刃物製造で人気のキンボシ。そんなキンボシの超優秀モデルとして大人気なのがこちらのモデル。小回りの利く250mm幅ですので、壁際までしっかりと刈り取れるのが◎。刈り高さも5段階調整ができます。

 

また、キンボシならではのハイクオリティの刃は、キレ味が抜群で、刃の持ちも良いと好評です。少ない力でもスイスイ動き、サクサクと刈れるので女性やお子様でも扱いやすいモデルです。

刃の種類リール式刈り幅250mm
刈り高さ10,16,22,28,34mm5段階その他後ろキャッチャー

口コミを紹介

知人の勧めで買いました。
見る間にスパスパと芝が刈られてゆきます。来年の春が待ち遠しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

手動式芝刈り機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5525504の画像

    キンボシ(Kinboshi)

  • 2
    アイテムID:5525496の画像

    キンボシ(Kinboshi)

  • 3
    アイテムID:5525498の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 4
    アイテムID:5525523の画像

    本宏製作所

  • 5
    アイテムID:5525517の画像

    アイリスオーヤマ

  • 商品名
  • ゴールデンスター ナイスファインモアー  GFF-2500N
  • ナイスバーディーモアーDX GSB-2000NDX
  • 手動芝刈機 刈る刈るモア KKM-200
  • HONKO 手動式芝刈り機 VR-300 Revo
  • アイリスプラザ 手動式芝刈り機 MLM-300
  • 特徴
  • 切れ味が抜群でサクサク刈れる!
  • 芝生をこまめに刈っている人に使いやすいモデル!
  • 必要な機能は十分なコスパ重視モデル
  • 300mmの刈り幅と6枚刃で効率アップ
  • コンパクトに折りたためるグラスキャッチャー付き
  • 価格
  • 32424円(税込)
  • 16999円(税込)
  • 6091円(税込)
  • 12930円(税込)
  • 8060円(税込)
  • 刃の種類
  • リール式
  • リール式
  • リール式
  • リール式
  • リール式
  • 刈り幅
  • 250mm
  • 200mm
  • 200mm
  • 30cm
  • 300mm
  • 刈り高さ
  • 10,16,22,28,34mm5段階
  • 10、15、20、25mm(ワンタッチ4段調節)
  • 5段階調節可能(約10・16・23・30・36mm)
  • 4段階(10/20/30/40mm)
  • 無段階(7~35mm)
  • その他
  • 後ろキャッチャー
  • キャッチャー脱落防止機構
  • グラスキャッチャー付き
  • 刃調整不要・ハンドル高さ調整可
  • メッシュ式グラスキャッチャー(20L)

電動式芝刈り機の人気おすすめランキング5選

5位

マキタ(Makita)

コードレス電動芝刈機36V MLM430DWB

価格:65,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使う場所を選ばない!便利なコードレスタイプ

電源コードが届きにくい場所や近くに電源が確保できない時に便利なのが、コードレスの電動芝刈り機です。こちらの製品は、充電器付きでコードレスで使用ができます。連続運転時間は約15分。10~20坪ほどの範囲であればこれだけで十分です。

 

15分間では時間が不足する場合は、別売りのバッテリーも追加ができますので、使用環境によって調整することができますよ。

刃の種類ロータリー式刈り幅430mm
刈り高さ20~75mm(13段階)その他充電器付き

口コミを紹介

コードがなくて快適!何もない20坪であればバッテリー1つで大丈夫だと思います。新しいので切れ味抜群!芝刈りが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

電動芝刈り機 G-200N

価格:7,894円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

できるだけコストを抑えたい方に!

低価格な電動式芝刈り機をお求めなら、イチオシなのがこちらの商品。1万円以下で購入ができる良心的なお値段ながらも、家庭用の芝刈り機に必要な機能も十分兼ね備えています。刃はステンレス製で、別売りの替刃セットで刃の交換も可能です。

刃の種類ロータリー式刈り幅200mm
刈り高さ8、14、20mmの3段階その他替刃セット製品もあり

口コミを紹介

芝の刈り取りも問題なく綺麗に刈れ、後ろのダストボックスに刈り取った芝が集まるので楽が出来ます。しかも、替え刃が安く済むので維持がし易いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

リョービ(Ryobi)

電子芝刈機 LM-2810 

価格:21,708円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

別売パーツを使用するとサッチングもできる!

電動芝刈り機の中でも、数少ないリール式の芝刈り機。こちらは別売りのパーツを付け加えることで、芝のカスを取り除くサッチング機能も充実。芝の美しさを維持する機能が満載でありながらも、この価格は見事なコストパフォーマンスですよね。

 

Amazonや楽天などの通販でも高評価の口コミが多く見られます。

刃の種類リール式刈り幅230mm
刈り高さ5~50mmの19段階その他別売パーツにてサッチング可

口コミを紹介

芝刈り機としても良い商品だと思いますが私の場合
芝刈りよりサッチングと根切りに大変重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

リョービ(Ryobi)

充電式芝刈機 BLM-2300

価格:51,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

約30坪分の芝生が一度に刈れる!コードレス式

屋外電源を確保するのが困難な場合や、電源から遠くてケーブルが届かない方には、コードレスタイプの芝刈り機がラクチン!充電式ですので、あらかじめ充電をしておくことで、1回あたり約30坪の芝を刈れます。音も静かなので、近所を気にせずに使えるのも◎!

刃の種類リール式刈り幅230mm
刈り高さ5~25mm(無段階調節)その他電池残量、通電状態を知らせるLEDモニター搭載

口コミを紹介

30坪程度刈っても半分程度の電池残量があります。良く刈れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

マキタ(Makita)

電動芝刈機 MLM2301

価格:15,368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ◎!初心者でも扱いやすい優良モデル!

世界的にも人気のマキタの電動芝刈り機。こちらは基本的な性能を兼ね備えた、低価格でコストパフォーマンスの高い人気モデルです。壁際13mmまでの芝生も刈れますし、刈り高さの調整は専用レバーで楽々。ハンドルの高さも調整可能です。

 

刈り幅は230mmと少し狭めではありますが、電動式ですので広範囲の敷地でも効率的に芝生を刈ることができるでしょう。お値段や機能性など総合的に見ても、コスパが高くてイチオシのモデル!Amazonや楽天などの通販でも「初心者にも扱いやすい」と高評価です。

刃の種類ロータリー式刈り幅230mm
刈り高さ10~55mm(8段階)その他ハンドル高さ調整可

口コミを紹介

非常に扱いやすく、音も思ったより静かで高性能。70代の両親も扱えるほど軽量で、今までの機種(マキタや日立製)をつかってきましたが、1番良いと感じます。
値段もこのクラスでは手頃で、購入して良かったと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

電動式芝刈り機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5525461の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5525489の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5525459の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 4
    アイテムID:5525468の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:5525474の画像

    マキタ(Makita)

  • 商品名
  • 電動芝刈機 MLM2301
  • 充電式芝刈機 BLM-2300
  • 電子芝刈機 LM-2810 
  • 電動芝刈り機 G-200N
  • コードレス電動芝刈機36V MLM430DWB
  • 特徴
  • コスパ◎!初心者でも扱いやすい優良モデル!
  • 約30坪分の芝生が一度に刈れる!コードレス式
  • 別売パーツを使用するとサッチングもできる!
  • できるだけコストを抑えたい方に!
  • 使う場所を選ばない!便利なコードレスタイプ
  • 価格
  • 15368円(税込)
  • 51500円(税込)
  • 21708円(税込)
  • 7894円(税込)
  • 65130円(税込)
  • 刃の種類
  • ロータリー式
  • リール式
  • リール式
  • ロータリー式
  • ロータリー式
  • 刈り幅
  • 230mm
  • 230mm
  • 230mm
  • 200mm
  • 430mm
  • 刈り高さ
  • 10~55mm(8段階)
  • 5~25mm(無段階調節)
  • 5~50mmの19段階
  • 8、14、20mmの3段階
  • 20~75mm(13段階)
  • その他
  • ハンドル高さ調整可
  • 電池残量、通電状態を知らせるLEDモニター搭載
  • 別売パーツにてサッチング可
  • 替刃セット製品もあり
  • 充電器付き

芝生肥料・除草剤もチェック!

美しい芝生を維持するには、芝刈り機の他にも芝生を元気にする「芝生肥料」、雑草を手早く除草できる「除草剤」も重要です!下記の記事ではおすすめ商品を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

まとめ

芝刈り機の人気おすすめランキング10選をご紹介しました。種類によって刈り方や仕上がりが異なる芝刈り機。芝生の広さや効率の良さなどでベストな芝刈り機を選びたいですよね!ぜひとも今回のランキングを参考に、あなたにベストな1台を選んでみて下さい!

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ