草刈り機の人気おすすめランキング12選【女性や初心者向けも】

記事ID20958のサムネイル画像

庭のお手入れに便利な草刈り機。この記事では、草刈り機をタイプ別にランキング形式で紹介しています。それぞれの特徴や性能によってどんなユーザーにおすすめなのか、どのような場所におすすめなのかも説明していますので、ぜひ草刈り機を選ぶときの参考にしてみてください。

失敗しない草刈り機で雑草と戦おう!

「抜いても抜いても生えてくる雑草、もう嫌!」と思いこの記事にたどり着いた方もいるでしょう。手で刈り取れるほどの広さでも、すぐに伸びる雑草と何度も対戦すれば、精神も腰も限界になるのは必然です。そんなとき、おすすめしたいのが草刈り機です。

 

「失敗するのが怖い」「初心者だと危なそう」「女性には重いかも」と不安を抱く方もご安心ください。はじめて使う方でも失敗しない草刈り機や、軽量で使いやすい草刈り機が多く登場しています。また、プロが使うようなエンジン式草刈り機もネットで購入できます。

 

今回の記事では、「草刈り機の選び方」と「草刈り機おすすめ人気ランキング」をご紹介していきます。購入を検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

草刈り機の選び方

草刈り機にはたくさんの製品があるので、どれを選べばいいか迷いますよね。ここからは草刈り機の選び方のポイントについて詳しくご紹介していきます。

電気かエンジン(燃料)か動力を決めよう!

草刈り機の動力には電気とエンジンの2つがあります。2つの違いを知って、ご自分に合った方を選びましょう。

コードレスで移動や扱いが楽ならば「充電式」がおすすめ

充電式の草刈り機は、コードレスなのでコンセントを気にせずに隅から隅まで手軽に使うことができ、移動や片付けが楽で扱いやすいのがポイントです。モーター駆動のため、草刈り機の中では作業音が小さく、排気ガスが少ないという特徴があります。

 

こまめに充電する必要があるため作業時間が比較的短い方に向いており、広い場所で使用する場合には充電が持たなくなる可能性があるので注意が必要です。また、バッテリーの劣化によって交換が必要になることもあるので、購入の際にはコスト面にも目を向けましょう。

初心者で手軽に扱えるなら「電動(コード)式」がおすすめ

電動(コード式)は、エンジンやバッテリーを搭載していないので他のタイプに比べて軽量で、初心者や女性でも手軽に扱うことができます。また、コンセントを確保することができれば電力が安定するので、パワーが落ちることなく時間を気にせずに作業できます。

 

機種が少なくパワーが控えめであるという面はありますが、こちらも作業音が小さく、また価格が安いものが多いので、家庭用としてはおすすめのタイプです。購入の際には、近くにコンセントがあるか、コードの長さは十分届くかよく確認しましょう。

田畑や山林で使うならパワフルな「エンジン(燃料)式」がおすすめ

エンジン(燃料)式の草刈り機は、エンジンを動力源として、ガソリンを燃料として使用します。非常にパワーがあるので多くの草を短時間で刈ることができ、業務用として最もよく使われるタイプでもあります。田畑や山林でよく使われています。

 

電動(コード)式のようなコードの煩わしさを感じることなく長時間の稼働が可能ですが、動作音が大きく排気ガスを排出することや、重量が重いため移動したり片づけたりするのに手間がかかること、燃料の補給が必要であることを考慮する必要があります。

エンジン(燃料)式は「2サイクル・4サイクル」をチェック!

エンジン(燃料)式には2サイクルエンジン式と4サイクルエンジン式があり、それぞれに個性があります。2サイクル式は軽くて速度が出やすく、ガソリンの補充も簡単なため手軽に使用できますが、4サイクル式より音が大きくガソリンの消費がやや多めであるという特徴があります。

 

4サイクル式は急激にスピードは出ませんが、安定した稼働で振動が少なく、音が静かです。燃費が良くガソリンを節約しつつ使うことが出来ますが、価格はやや高価です。

排気量をチェックしよう!

一般的な草刈り機の排気量は20cc~30ccで、それによってパワーと重量が変わってきます。刈りたい草の種類や目的に合わせて、適した排気量のものを選びましょう。

軽くて女性でも扱えるなら「20cc」がおすすめ

女性や初心者の方におすすめなのは、扱いやすくて気軽に使える20ccタイプです。軽量なので女性でも簡単に作業でき、取り扱いが容易です。庭や公園の草刈りなど、比較的背丈の小さな草の刈り取り作業に向いています。

 

価格についてもこれ以上の排出量のクラスに比べて安価なので、家庭用の気軽に使える草刈り機を探している方にはぴったりです。よりしっかりと刈り取りたい人にはパワーが物足りなく感じるかもしれませんので、23cc以上も検討してみてください。

一般的で手頃なタイプなら「23cc」がおすすめ

20ccよりもパワーが欲しい方、家庭用としてスタンダードな草刈り機を探している方には、23ccタイプがおすすめです。パワーは20ccの性能を上回り、よりしっかりと刈り取ることができます。重さも20ccに比べると重くはなりますが、十分取り扱える範囲です。

 

23ccタイプはパワー・重さ・価格などのバランスが整っているので、草刈り機の購入を検討している方は要チェックです。

パワー重視なら「26cc前後」がおすすめ

「高いパワーで手早く草を刈りたい」、そんな方には26cc前後のタイプをおすすめします。こちらは23ccまでのタイプよりパワフルで、冬の間に増えてしまった手ごわい雑草をどんどん刈ってくれます。

 

また、硬い草や小枝も切ることができるので、雑草が硬くて切りづらく進まないといったストレスがなく、スピーディーに作業ができます。そのぶん重量が重くなってしまいますが、広い場所を一気に処理したい方や生えている雑草が硬くて手ごわいといった方に向いています。

使う環境に合わせて刃のタイプを決めよう!

刃のタイプによって、刈るのに向いている雑草がそれぞれ違います。目的に合った草刈り機を選べば作業効率もアップしますよ。

安全重視なら「ナイロンカッター」がおすすめ

ナイロンカッタータイプは、ナイロンコードが回転し、ムチのようにしなりながら草を刈り取るという仕組みです。コードで草を叩き切るので、硬い雑草よりもやわらかく短い草を刈るのに向いています

 

刃がコードなので花壇やコンクリートなどの障害物に当たっても比較的安全に作業でき、安全面に不安がある初心者の方にもおすすめです。コードを自動で送り出す機能が付いており、使い方が簡単なのもポイントです。

切り心地を重視するなら「チップソー」がおすすめ

チップソーの「チップ」とは刃の先端に取り付けた部品のことです。また、チップソーは円形ののこぎりの形をして回転して草を刈り取ります。先端のチップは切れ味を決めるとても重要な部品で、鉄のやすりでも研ぐことができないほどの超硬金属でできています。

 

草刈り機の中では一般的なタイプで選択肢が多く、材質や形状によってピンからキリまで揃っているところもポイントです。

刃の数で使用用途を変得たいなら「金属刃」がおすすめ

金属刃タイプは、刃の外周に金属片(チップ)が付いていません。刃の数は2枚刃から8枚刃までさまざまで、刃の数によって用途が変わります。刃の少ない2~4枚刃のものは柔らかい草や牧草を刈るのに適しており、硬い草や草が密集した場所には向いていません。

 

6~8枚刃のものは藪などの密集した場所や硬い草まで刈ることができます。電動式に多いタイプで比較的コストが安いのもポイントです。

切れ味も安全性も満足させたいなら「樹脂刃」がおすすめ

こちらは刃が合成樹脂でできており、障害物に当たっても反発が少なく、跳ね返りによるケガをしにくいのが特徴です。金属刃より安全に使用でき、ナイロンコードの長所に加えて太く硬い草も刈れるという点が魅力です。

 

また、切れ味が落ちてきたら消耗した刃だけ交換できるため、経済的でお財布に優しいのもポイントです。切れ味と安全性が両立されているので、女性や初心者の方が作業するのにも適しています。

ハンドルの形状を見よう!

ハンドルの形状によって、作業に向いている地形や疲れにくさが変わってきます。特に長時間作業をする方はこだわって選びましょう。

安定感を重視するなら「両手ハンドル」がおすすめ

草刈り機の中で最も多いのは、この両手ハンドルタイプです。棹にU字のハンドルが付いていて、両手で握って使います。両手で持てるので左右に動かしやすく、平地での作業に向いています。

 

しかし、上下運動が難しく、細かいコントロールが行いづらいという特徴もあります。そのため傾斜がきつい場所や、障害物が多い場所での作業には向いていません。

機動性の高いハンドルならば「ループハンドル」がおすすめ

ループハンドルタイプは棹にわっかのようなハンドルが取り付けられたタイプです。こちらのタイプも両手ハンドルと同様、左右に動かしやすく上下運動は難しいという特徴がありますが、草刈り機の振動をコントロールしやすいという面もあります。

 

そのため草刈り中の姿勢を微妙に変えながら作業ができるので、長時間作業での腰などの疲れを軽減できます

細かい動きに対応したいなら「ツーグリップハンドル」がおすすめ

こちらのタイプは、棹の部分を両手で握って使用します。しっかりと握って作業ができるため障害物が多い場所や入り組んだ場所での作業に適しています。

 

しかし、細かい作業がやりやすい一方で、本体を常に支えていなければならないので広い平地など移動が多い場面には向いていません。また、腕や肩に負担がかかりやすい点にも注意が必要です。 

斜面などで負担を軽減したいなら「背負い式」がおすすめ

従来の肩掛け式では肩や腰が疲れやすいという方におすすめなのが、こちらの背負い式です。身体にかかる負担を減らすことができるほか、エンジン式でパワーも十分、斜面での作業にも適しています。

 

身体への負担をなるべく減らして草刈りをしたい方や、長時間作業をする方、斜面の草をきれいに刈り取りたい方に向いているタイプです。

移動や収納を楽にしたいなら「棹が分解できる」タイプがおすすめ

棹を分解して保管できるタイプを選べば、運びやすく、畑などに車で持ち出す際にも出し入れが容易です。軽乗用車のトランクに入れられるサイズのものもあります。

 

草刈り機は棹が長いものだと収納場所に困ることもありますが、分解できるタイプならよりコンパクトに収納できます。また、棹の長さが自由に変えられるものを選べば、使用者に合わせて長さを変えたり、短くして省スペースで収納したりすることが可能です。

人気メーカーを把握しよう!

メーカーによって、初心者向けのものからプロ仕様の商品までさまざまです。価格帯やタイプにも個性が出ているので気に入ったものを選んでくださいね。

充電式に強い「マキタ」

国内最大の電動工具メーカーです。マキタはリチウムバッテリーを搭載した充電式タイプをメインに販売しています。

 

メーカーで独自に開発しているバッテリーを使っているため、充電式でも十分なパワーがあるもの魅力です。充電式なら作業音も小さく、小型の商品も多く展開されているため値段を抑えられるのもポイントです。

エンジン式なら自動車メーカーの「ホンダ」がおすすめ

自動車メーカーとしても有名なホンダからは、エンジン式などで優秀な商品が販売されています。プロ用としても用いられるため、馬力のある草刈り機を探している方にはおすすめです。

 

また、購入後のサポートが充実しているため、保障がしっかりした国産のものを購入したい方にも向いています。

小型のエンジン式なら「ハスクバーナ・ゼノア」がおすすめ

ゼノア社の前身は1910年に設立された「東京瓦斯電気工業」で、2007年にスウェーデンのハスクバーナ社の日本法人と合併し、今の名前になりました。ゼノアの草刈り機はプロ仕様となっていて、強力なエンジンが搭載されているため他のメーカーと比較しても馬力があります。

 

また、エンジン式の中でも2サイクルをメインに起用しているため、小型で軽量でありながら高いパワーを出すことができます。

シンプルな使いやすさなら「リョービ」がおすすめ

世界的なダイカストメーカーであるリョービの草刈り機の特徴は、デザインがシンプルですっきりとしていることです。主に電動式や充電式の商品が展開されています。

 

余計な部品が少なく軽い作りになっているため、修理が比較的簡単で、リペアして長く使うことができます。また、リョービは価格設定が低めの商品が多く、手が届きやすいのもポイントです。

パワフルなエンジンが欲しいいなら「共立」がおすすめ

共立の草刈り機は、プロも利用する本格派として知られています。農業で不要な植物を処分する場面でも使われており、プロ仕様らしいパワフルな働きをするエンジン式が主に販売されています。

 

充電式より馬力がある事に加え、共立の製品はスムーズに速度を出しやすいため、しつこい雑草にもしっかり対応できます。

新型エンジンで馬力アップしたいなら「丸山製作所」がおすすめ

丸山製作所は、消火器などの主要製造メーカーで、2010年にチェーンソーを自社開発したのを皮切りに、今では農業機械の総合機械メーカーとなりました。

 

製品には自社の新型エンジンが搭載され、軽量ながら高出力でハイパワーな使い心地を実現しています。交換部品や付属品が種類が豊富で充実しているのも魅力です。

カインズなどで販売中の「自走式草刈り機」もおすすめ

ホームセンターのカインズなどでは自走式エンジン草刈り機も販売しています。車輪がついてエンジンで自走しながら草を刈っていくので、楽に庭や畑のお手入れができますよ。また、乗用式の製品も販売されています。

充電式草刈り機の人気おすすめランキング4選

ズバリ、収納・持ち運びが簡単な充電式が欲しい方にはこれ!

金属8枚刃で硬い草や草が密集した場所での使用に向いています。バッテリー残量確認ボタンが付いているため充電が必要なタイミングが分かりやすく、刈った草が飛び散りにくい大型安全カバー装備で安全に作業することができます。

 

2つに分割が可能なので、コンパクトに収納・持ち運びでき、車のトランクにも積むことができます。肩掛けバンド付きで長時間の作業でも身体に負担がかかりづらいのもポイントです。

重さ 2.4 Kg ブレード(刃)の種類 金属刃
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

軽くて使いやすいです。但し草刈り機と言うよりトリミングしている感じで、使用用途は狭い庭のところどころのびた雑草をまとめて刈り込みたいのに適してると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、軽量で付属品も充実の充電式が欲しい方にはこれ!

フロントガードと安全カバーが付いていて初心者の方でも安全に作業することができます。ブレードは工具なしで簡単に取り付けが可能です。約60分で充電が完了するのですぐに作業に入れます。

 

さらに、2.0kgと軽量で、補助ハンドル付きで持ちやすいため軽快に刈り取ることができます。替えブレードとゴーグルが付いており付属品が豊富なのも魅力です。

重さ 2.0kg ブレード(刃)の種類 ナイロンカッター
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

自宅庭の草刈り用に購入しました。金属の刃ではなので切れ味が心配でしたが、少し背が高くなってしまった草も余裕で刈れました。切れ味は申し分ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、買ったことを後悔しない手堅いものが欲しい方にはこれ!

草の密度で自動変速する楽々モードが搭載されており、省エネで低騒音な使い心地です。スピードは3段階に変更することができます。障害物にぶつかったときにストップするAFT搭載で、安全面で不安がある人にもぴったりです。

 

ツーグリップハンドルなのでしっかりと固定して持つことができ、斜面や障害物が多い場所でもしっかりと草を刈り取ることができます。

重さ 2.8kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ ツーグリップハンドル

口コミを紹介

電動草刈機購入歴18年。いろんな機種の功罪を経験し、このマキタに到達。ひとつはナイロンカッター用に今回はチップ用に。いちいちヘッドを付け替えるのも面倒なのでね。

出典:https://www.amazon.co.jp

女性でも使える草刈り機は機能性抜群の充電式!

約2kgと軽量でありながら、90~120cmの長さに伸縮が可能なので身長に合わせて使用でき、持ち運びや収納にも便利です。角度の調整ができ、ヘッド部分の角度ボタンを押すと、4段階に調節できます。

 

また、保護カバーが付いていて小石やごみの飛び散りを防ぎます。リチウムイオンバッテリー搭載で約45分の連続運転が可能です。さらに、替え刃にナイロンブレード・スチール刃・チップソー刃が付属しており、目的に合わせてブレードを使い分けられます。

重さ 2.48 kg ブレード(刃)の種類 ナイロンカッター、チップソー、金属刃(スチール)
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

リチュ-ム電池パワ-強力なので寿命が持つ限りこの草刈り機を使います。電線を引きずりながらの使用にはもう戻れません。

出典:https://www.amazon.co.jp

充電式草刈り機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7988381の画像

    Onestep

  • 2
    アイテムID:7988382の画像

    マキタ

  • 3
    アイテムID:7988383の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:7988384の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 商品名
  • 充電式草刈機
  • 充電式草刈機 MUR190WDRG
  • 草刈り機  JGT230
  • 草刈機 LBC-1825B
  • 特徴
  • 女性でも使える草刈り機は機能性抜群の充電式!
  • ズバリ、買ったことを後悔しない手堅いものが欲しい方にはこれ!
  • ズバリ、軽量で付属品も充実の充電式が欲しい方にはこれ!
  • ズバリ、収納・持ち運びが簡単な充電式が欲しい方にはこれ!
  • 価格
  • 8,720円(税込)
  • 44,826円(税込)
  • 10,681円(税込)
  • 13,696円(税込)
  • 重さ
  • 2.48 kg
  • 2.8kg
  • 2.0kg
  • 2.4 Kg
  • ブレード(刃)の種類
  • ナイロンカッター、チップソー、金属刃(スチール)
  • チップソー
  • ナイロンカッター
  • 金属刃
  • 持ち手のタイプ
  • ループハンドル
  • ツーグリップハンドル
  • ループハンドル
  • ループハンドル

コード式草刈り機の人気おすすめランキング4選

ズバリ、本体重量が気になる女性や初めて使う方にはこれ!

質量1.9kgと軽量で、12段階の角度調節機能付き補助ハンドルが付いているので安定した作業が可能です。

 

ナイロンコード付きセミオートスプールが採用され、スイッチを入れれば都度自動でナイロンコードが出てきます。不意の作動を防ぐ安全ロックスイッチ付きなので初心者の方にもおすすめです。

重さ 1.9Kg ブレード(刃)の種類 ナイロンカッター
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

10年以上芝刈り機で芝生部分を、雑草地帯は鎌で手作業をしていましたが、芝刈り機が壊れたことを機に、本機を購入。芝も雑草も一つで片付きうれしいです。芝刈り機ほど均一に刈ることはまだできませんが楽しく作業ができます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、シンプルな機能で使いやすい電動式が欲しい方にはこれ!

ナイロンコードが回転するナイロンカッタータイプで、庭木や縁石など障害物が多い場所でも安全に刈ることができます。

 

ループハンドルはご自身の使いやすい角度と位置に取り付けられるので扱いやすいのも特徴です。ボタンを押すと先端だけ回転し、キワ刈りなど細かい調節にも対応することができます。

重さ 2.3 kg ブレード(刃)の種類 ナイロンカッター
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

ナイロンコードオンリーのMUR1600と迷いましたが、金属刃も使える当機にして正解でした。付属のナイロンコードは10×4mほどの斜面を刈っただけで使い切ってしまい、そのあと金属刃に替えて仕上げることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、電動式1位の同ブランド商品より予算を抑えたい方にはこれ!

こちらもリョービから、金属8枚刃で硬い草までスイスイ処理でき、肩掛けバンドと補助ハンドル付きでしっかり握って長時間の作業でも疲れにくいのもポイントです。伸縮機能が付いていて使用者や場所によって長さを変えて刈ることができます。

 

キワ刈りに便利なキワ刈りガード付きで花壇や外壁などを傷つけにくいので家庭用を探している方にぴったりです。延長コードが10mついてくるので電源の心配もありません。

重さ 2.0kg ブレード(刃)の種類 金属刃
持ち手のタイプ ループハンドル

口コミを紹介

ガソリン式は音がうるさいため、庭を刈る程度には使い勝手がわるく、こちらを使いましたが、今の所非常に良いです。耐久性がどれくらいあるか、今後気にしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

エンジン式並みのパワーが評判の電動式が欲しい方におすすめ!

騒音が少ないので住宅地でも周りを気にせずに、エンジン並みの切れ味で刈り取ることができます。両手ハンドルタイプでしっかり固定でき、操作性に優れています。

 

軽量チップソー刃搭載で障害物に当たっても反発が少なく、安全面が心配な方にも扱いやすい商品です。エンジン式に比べて約1/10以下のランニングコストで稼働し、別売りの回転刃やナイロンコード部品を付け替えられるのも嬉しいポイントです。

重さ 5.0Kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ 両手ハンドル

口コミを紹介

永年エンジン刈払機を使い毎年何らかのトラブルに悩まされ続けてきましたがやっとその苦労から解放されました これからはメンテナンスフリーに♪~ すごく気が楽ですね! 

出典:https://www.amazon.co.jp

コード式草刈り機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7988387の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 2
    アイテムID:7988388の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:7988389の画像

    マキタ(Makita)

  • 4
    アイテムID:7988390の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 商品名
  • 草刈機 AK-6000
  • 刈払機 AK-2000 697502A
  • 電動草刈機  MUR2500
  • 草刈機 EGC26
  • 特徴
  • エンジン式並みのパワーが評判の電動式が欲しい方におすすめ!
  • ズバリ、電動式1位の同ブランド商品より予算を抑えたい方にはこれ!
  • ズバリ、シンプルな機能で使いやすい電動式が欲しい方にはこれ!
  • ズバリ、本体重量が気になる女性や初めて使う方にはこれ!
  • 価格
  • 19,888円(税込)
  • 12,502円(税込)
  • 8,480円(税込)
  • 5,615円(税込)
  • 重さ
  • 5.0Kg
  • 2.0kg
  • 2.3 kg
  • 1.9Kg
  • ブレード(刃)の種類
  • チップソー
  • 金属刃
  • ナイロンカッター
  • ナイロンカッター
  • 持ち手のタイプ
  • 両手ハンドル
  • ループハンドル
  • ループハンドル
  • ループハンドル

エンジン式草刈り機の人気おすすめランキング4選

プロ用のパワーを試したい方におすすめ!

25.4ccという高排出量でありながら、高性能エンジンによるハイパワーで軽量化が可能になりました。レバーから手を離すと自動でアイドリングに戻り、エンジンのストップスイッチも手元に設置されているので緊急時も素早くエンジンを停止することができます。

 

ハンドルは両手ハンドルで振り幅が広いため、広い場所を高いパワーで作業したい方に向いています。

重さ 4.6kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ 両手ハンドル

口コミを紹介

組み立てて、試運転しましたが使い勝手が非常に良さそうです。以前と同じメーカーの後継機として購入しました。これから安心して使用させて頂きます。

出典:https://ck.jp.ap.valuecommerce.com

ズバリ、安全で環境にも優しいエンジン式が欲しい方にはこれ!

チップソータイプで、レバーから手を離すとエンジンの回転数が下がる安全機構が搭載されており、安全に使用することができます。

 

部品点数が少ない構造で軽く、組み立てやメンテナンスが楽なのも魅力です。未燃焼ガスの流出を大幅に減少しているから環境にやさしく、燃費が30%以上アップしています。

重さ 5.6 kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ 両手ハンドル

口コミを紹介

我が家の一台が不調になったので、買うことにしました。稼働時の音はちょっと大きいかなと思いましたが、こんなものかな( '-`)軽めで操作も簡単で、問題なく元気に稼働しています(^.^)

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、軽量なエンジン式が欲しい方にはこれ!

22.5ccタイプで2ストロークエンジンが搭載されており、速度が出やすく軽快に作業を進めることができます。両手ハンドルタイプで操作性にも優れています。

 

エンジン式の中では軽量で機能がシンプルなため、家庭用など日常で使いやすいエンジン式を探している方におすすめです。

重さ 3.5 kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ 両手ハンドル

今までは、Jaで購入したマルヤマ草刈機でしたが、今回購入した、ゼノア草刈機はマルヤマより、全体作りしっかりしてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ズバリ、車メーカーの高クオリティ草刈り機を体験したい方にはこれ!

4サイクルだからエンジン式だと気になりがちな作動音が静かで、周りを気にせずに作業できます。

 

車のガソリンで動くので混合ガソリンを作る手間がなく、オイル消費を抑えられます。また、世界で最も厳しい排出ガス規制「EPA2005年」をクリアしており、環境への配慮もばっちりです。チップソーで広範囲の雑草も手早く刈り取れます。

重さ 6.6 kg ブレード(刃)の種類 チップソー
持ち手のタイプ 両手ハンドル

初めての草刈り機ですが、混合ガソリンを作る手間や保管とメンテナンスを考えて4ストロークモデルを探していました。使ってみては、始動性も問題無いし、エンジン音もイヤーマフラーしてるととても静かで余り回転を上げなくても、トルクで草が刈れる感じです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エンジン式草刈り機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7988393の画像

    ホンダ

  • 2
    アイテムID:7988394の画像

    ハスクバーナ・ゼノア

  • 3
    アイテムID:7988395の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 4
    アイテムID:7988396の画像

    共立

  • 商品名
  • 刈払機 UMK425H1-UVHT
  • 刈払機 966731029
  • 刈払機 EKK-2200
  • 刈払機 SRE2730UT
  • 特徴
  • ズバリ、車メーカーの高クオリティ草刈り機を体験したい方にはこれ!
  • ズバリ、軽量なエンジン式が欲しい方にはこれ!
  • ズバリ、安全で環境にも優しいエンジン式が欲しい方にはこれ!
  • プロ用のパワーを試したい方におすすめ!
  • 価格
  • 34,300円(税込)
  • 37,389円(税込)
  • 22,980円(税込)
  • 55,991円(税込)
  • 重さ
  • 6.6 kg
  • 3.5 kg
  • 5.6 kg
  • 4.6kg
  • ブレード(刃)の種類
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • チップソー
  • 持ち手のタイプ
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル
  • 両手ハンドル

エンジン式草刈り機の燃料はどこにある?

エンジン式草刈り機の燃料はガソリン混合ガソリンです。ガソリンはスタンドでも売っていますが携帯用には特別の専用缶が必要です。瓶やペットボトルに入れるのは危険ですし違法です。混合ガソリンは個人でも作れますが、ホームセンターでも売っています。

まとめ

ここまでタイプもお値段もさまざまな草刈り機を紹介してきましたが、あなたにぴったりのものは見つかりましたか。目的に合った草刈り機を選ぶことで、仕上がりや作業時間まで変わります。扱う際には安全に十分考慮して、快適なお庭ライフを楽しんでくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

芝生バリカンの人気おすすめランキング10選【マキタやリョービといった人気メーカーも】

芝生バリカンの人気おすすめランキング10選【マキタやリョービといった人気メーカーも】

農業資材・ガーデニング用品
電動カンナの人気おすすめランキング11選【マキタやハイコーキなどの人気メーカーも】

電動カンナの人気おすすめランキング11選【マキタやハイコーキなどの人気メーカーも】

電動工具
ガーデンシュレッダーの人気おすすめランキング10選【レンタルという選択肢も】

ガーデンシュレッダーの人気おすすめランキング10選【レンタルという選択肢も】

作業用品
【2021年最新版】電動おろし器のおすすめ人気ランキング10選

【2021年最新版】電動おろし器のおすすめ人気ランキング10選

調理器具
防刃手袋の人気おすすめランキング10選【料理や護身用に】

防刃手袋の人気おすすめランキング10選【料理や護身用に】

作業服・装備品
5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

楽器