ペティナイフの人気おすすめランキング10選【切れ味抜群グローバルも】

記事ID700のサムネイル画像

ペティナイフにはサイズや素材でも鋼やダマスカス鋼などがあります。勿論切れ味も様々でかっこいいものからおしゃれなものまで多様ですよね。ペティナイフの有名メーカーではヘンケルスやグローバルなどがあります。また魚を捌くのにも便利だって知っていましたか?おすすめのペティナイフをランキング形式でご紹介します!

ペティナイフってどんなもの?

一般的に調理に使われる包丁には、和包丁・洋包丁・中華包丁の3種類がありますが、ペティナイフは、このうちの洋包丁の一種です。実はフランス語で小さいを意味する「petit」と英語の「knife」を組み合わせた和製英語。

 

洋包丁の中でも、刃渡り80mmから150mm程度の小さいものをペティナイフと呼んでいます。形状は洋包丁の代表的なものである牛刀をそのまま小さくしたものです。ペティナイフはどんな時に使うものでしょうか?

 

名前の響きが可愛らしいので、果物など、食卓の上で手軽にカッティングや皮むきをしたい時に使うものかな?と思っておられる方はいるかもしれませんね。もちろんそれは間違っていません。でもそれだけではないんです。ペティナイフは、普通の調理の時でも大活躍するんですよ。

 

先に紹介したように、ペティナイフの刃渡りは80mmから150mm程度と、倍近い差があります。一般的な家庭用包丁である三徳包丁が大体刃渡り180mmですから、それより少し小さめになる150mmものでしたら、むしろ小回りが利いて普段の調理では使いやすいでしょう。じゃがいもの芽とりのような細かい作業でしたら、80mmくらいの小さなものがとっても便利。

 

更に、現代の包丁は様々な素材で作られています。これらも加味して、手元に置きたいペティナイフの選び方をご案内します。

ペティナイフの人気ランキング10選

10位

グローバル

ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3

価格:7,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールステンレスのさきがけ

おしゃれなカトラリーのような優雅なフォルムのペティナイフ。両刃で利き手を選ばない万能タイプです。130mmの刃渡りはペティナイフとしては大きめで、皮むき以外の調理でも活躍します。重量が100gあってやや重めですが、その分安定感があります。

 

一体成型のハンドル部は握りやすい形状で、滑りにくいように細かく窪みをつけたディンプル加工を施してあります。汚れがたまりにくく、刃が柄から抜けてしまう心配もありません。また衛生面でも優れています。

材質ステンレス全長260mm
重量100g刃渡り長130mm

口コミを紹介

実家で15年前に購入して今も使ってる。一人暮らしで料理するようになってからセラミックを買ったか、なんと刃が欠けたのでこちらを購入。重み、手馴染み、切れ、どれも申し分ない。小さい方が意外と使う。シャープナーが付いてるので思い出した時に気軽に研げるのも良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

OXO

ペティナイフ グリーン

価格:1,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カバー付きで携帯に便利

まるでおもちゃのようなポップなカラー。びっくりするのは刀身まで色がついているところです。ステンレスの上にシリコン系の樹脂でコーティングしています。刃渡りは100mmの小さめサイズ。透明な専用カバーがついていて携帯に便利、アウトドアでも活躍します。

 

見た目はおもちゃのようですが、切れ味はしっかり食材が刃に張り付きにくいので、扱いやすくなっています。食洗器は使えませんが、汚れの付きにくい加工ですから安心です。キャンプ釣りのお供にいかがですか?

材質刀身:ステンレス鋼(シリコン系樹脂コーティング) 柄:ポリプロピレン サントプレーンゴム カバー:ポリアセタール ポリカーボネート全長215mm
重量57g刃渡り長約100mm

口コミを紹介

デザインが気に入り購入しました。刃の部分も赤くておしゃれです。切れ味も良いですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

Zwilling J.A. Henckels

ツインフィンL ペティナイフ

価格:3,248円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ老舗刃物メーカーの安定感

Zwilling J.A. Henckelsと言えば、ドイツの老舗刃物メーカーとして世界的に有名です。ブランドを示す双子マークは、日本でもすっかりお馴染みになりました。美しく機能的な流線型のデザインは、本場の技術を感じさせます。刃渡りは130mmで、120mmでは少し物足りない方におすすめです。

 

刀身はツヴィリング独自のフリオデュア特殊冷硬焼入処理で、ひずみ・割れを防いでいます。切れ味もステンレスとは思えない長持ちで満足感たっぷり。ハンドル部はポリプロピレン製で軽く、手首への負担がありません。更に非対称デザインで、どのように握っても快適なグリップが得られます。

材質刀身:特殊ステンレス鋼 柄:ポリプロピレン全長235mm
重量49g刃渡り長130mm

口コミを紹介

よく見ているyoutuberのはるあんちゃんが使っている包丁が使いやすそうだと思い調べたところ、こちらが該当しました。ちょうど値下げされていてラッキー!今まで切れ味の悪い包丁を使いなれてたせいか、力加減が今は難しいですが、使いこなしたいと思います♪

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

東亜金属

メルペール ネコ ペティナイフ

価格:2,386円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

調理のひととき、ネコに和む

刀身にネコがデザインされているという、ネコ好きにはたまらないキュートなペティナイフです。レーザーで焼き付けているので、プリントが剥がれるという心配はありません。刀身だけではなく、ハンドルにも可愛いネコの顔と、シリーズ名のロゴが焼き付けられています。刃渡りは115mm、小回りの利く使いやすい長さです。

 

ネコが刀身に見えるだけで調理が楽しくなりますが、ペティナイフとしても一級の仕上がりです。モリブデン鋼の刀身は切れ味抜群。また一体型デザインなので、刀身とハンドルの間に汚れがたまりません。食洗機も使えて、衛生面は安心です。また包丁としてのデザインはオーソドックスなものなので、使い勝手に不安を感じさせません。

材質刀身:モリブデンステンレス鋼 柄:ステンレス全長218mm
重量62g刃渡り長115mm

口コミを紹介

ネギやニンニクなどを、まな板を使わずに手で持ったままササッと切ることができるペティナイフが欲しくて購入。使った感想ですが、想定していた通りの切れ味。大満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

VICTORINOX

グランメートル ペティーナイフ

価格:9,752円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアでも大活躍・アーミーナイフの名門メーカー製品

アーミーナイフやマルチツールで有名な、スイスのビクトリノックスのペティナイフです。アーミーナイフの名門ブランドだけあって、調理用ツールも質実剛健なデザイン。刃渡り100mmというサイズは、120mmを持て余す方におすすめです。

 

刀身に使われているモリブデンバナジウム鋼(MV鋼)は、ステンレススチールの一種です。モリブデンは合金素材の中でも信頼性の高い素材で、鋼の強度や粘り強さを高めます。バナジウムは強度のほかにも、耐摩耗性に優れた鋼を作ります。この二つの素材で強化されたMV鋼は、錆びにくく切れ味のいい刃物となるのです。

 

また柄に採用されているポリアセタール樹脂は、プラスチック類の中でもエンジニアリング・プラスチックと呼ばれる、非常に優れた性能を持った樹脂です。プラスチックとしては極めて耐熱性が高く、また耐摩耗性にも優れています。

 

キッチンはもとより、アウトドアでも大活躍してくれる逸品です。

材質刀身:MV鋼 柄:ポリアセタール樹脂全長
重量99.8 g刃渡り長100mm

口コミを紹介

切れ味も良くて大満足です!!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

實光

堺實光 日本鋼 ペティーナイフ 12cm

価格:5,377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道の切れ味

切れ味を追求したいハガネの刀身。日本鋼を採用した本格的なペティナイフです。刃渡りは120mmで、小回りの利くサイズがこちらです。片刃仕上げで、切れ味は更に向上しています。調理の下ごしらえにおすすめです。ハンドル部は木製。すべて職人の手で1本ずつ仕上げて、お届けしています。

 

鋼の包丁は、どうしてもお手入れが欠かせません。包丁は錆びるもの、という前提で使いましょう。その手間が、切れ味として調理作業を補佐します。調理の大半は下ごしらえです。その重要な作業を担う包丁の切れ味は、料理の仕上がりを大きく左右します。料理は食材だけでなく、道具にも手をかけてみませんか?

材質刃身:日本鋼 柄:黒合板全長230mm
重量69g刃渡り長120mm

口コミを紹介

細身なので見た目もかっこよくてスッと切れるので重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

京セラ

ファインプレミアシリーズ ぺティナイフ

価格:4,695円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の切れ味耐久セラミックブレード

金属よりも硬度が高く、切れ味は群を抜いて優れているセラミックのペティナイフです。漆黒の外観は、一瞬調理ツールであることが思い浮かばない、異質のスマートさ。ホワイトブレードのシリーズに比べて、熱間静水圧プレス加工によって強度が20%以上UPしました。セラミックの泣き所である刃こぼれや欠けを減らしています。刃渡り130mmで使い勝手のいいサイズです。

 

落とした時の衝撃を和らげるために、刃先は丸く仕上げました。ハンドル部の素材はフィット感を重視したオレフィン系エラストマー。耐熱温度は110℃で、食洗機にも対応しています。また漂白剤での除菌もできるので、とても衛生的です。お手入れ簡単、切れ味抜群で料理が一層楽しくなることでしょう。

 

この商品には無料研ぎ直し券(1回)がついています。セラミックブレードは耐久性が高いですが、切れ味が悪くなったかな、と思ったら、活用してください。

材質刃:ファインセラミックス 柄:ポリプロピレン、オレフィン系エラストマー全長250mm
重量59g刃渡り長130mm

口コミを紹介

刀が黒くてかっこいい!切れ味も良いのが嬉しいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

堺味正作

ぺティナイフ135mm

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

17層ダマスカス鋼が描き出す二つとない波

オーソドックスなデザインはすっきりとしていて、衒いのないシンプルなもの。キッチンに置いて、落ち着く木製ハンドルです。刃はステンレス鋼で、お手入れも手軽。

 

とはいえ、ただのステンレス鋼ではありません。刃に使われているV金10号は武生特殊鋼材製の鋼材で、ステンレスとしては硬度の高い材質です。切れ味がいいので包丁にはもってこいですが、加工が難しいのでその分価格が高めです。それを挟み込むのは17層ダマスカス鋼。2種類の鋼材を折り畳んで叩き上げる工法で作られていて、独特の文様が浮き出ます。模様の出方は、同じものがありません。ダマスカス鋼はステンレス鋼とは言いませんが、錆びにくいという特徴を持っています。

 

ハンドル部の素材は落ち着いた黒マホガニーを使用しています。しっかりとしてあたたかな持ち手は、台所仕事を易しく支えてくれることでしょう。

材質刀身:V金10号 ダマスカス鋼 17層 柄:黒マホガニー全長245mm
重量91g刃渡り長135mm

口コミを紹介

まだ魚何匹かしか捌いていないですが、箱から出してそのまま使いましたが切れ味抜群です!トマトなどの切れ味が悪いと切れなくなるものも切りましたが、しっかり包丁を引くだけでするっと切れました!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

貝印

ペティ 150mm 匠創

価格:2,583円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切れ味追及のステンレス

人気の貝印「関孫六」シリーズです。150mmの刃渡りは、メイン包丁として活躍できるサイズ。両刃タイプで万能です。刃物の材質は炭素分を多めにした、切れ味志向のステンレスです。研ぎなおして長く使えるペティナイフを目指しました。

 

一体成型の柄の部分は18-8ステンレス。美しい輝きと、汚れのつきにくさがうれしいデザインです。また食材への切れ込みを良くするために、刃先を薄く仕上げる「スキ加工」と「三段階研削加工」を行い、鋼包丁に劣らない切れ味を実現しています。

材質刀身:ハイカーボンステンレス刃物鋼 柄:18-8ステンレス全長255mm
重量68g刃渡り長150mm

口コミを紹介

切れ味はもちろんだが、一体型なので水洗いの後に拭き上げが一発で済むのは自分的には高評価。ハンドルのつなぎ目って、意外と水滴貯まるもんね。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

下村工業

ヴェルダン ペティナイフ

価格:2,047円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールラウンドなペティナイフ

ステンレス一体成形のシャープなシルエットが美しいペティナイフ。刃渡りは125mmの手ごろなサイズ、優しく手にフィットするハンドル部、使いやすさを形にしたデザインです。刃の部分にはモリブデン鋼を、持ち手には18-8ステンレスで仕上げました。

 

モリブデン鋼は日本製のステンレスで、少し硬度は低めですが、お手頃価格で、家庭向け包丁によく使われています。よく使われるということは、その良さが広く認められているということ。このペティナイフも、使いやすくお求めやすい価格、という2つのポイントを押さえた良品となっています。

 

刃と柄が一体成型のデザインなので、継ぎ目がなく、汚れがたまりにくい構造です。食器洗い機に対応していて、熱湯洗浄が可能ですから、お手入れ簡単。衛生面でも安心なのは、キッチンツールの必須条件ですね。

材質刃身:モリブデン鋼 柄:18-8ステンレス全長235mm
重量75g刃渡り長125mm

口コミを紹介

商品が着いて即、ちょっと柔らかめのトマトを切ってみたら、とてもスムーズに切れて、ストレスを感じずでした。買って良かったです。(^^)軽いので、女性には特に良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ペティナイフの選び方

一口にペティナイフといっても、いろいろなものがあることはおわかりいただけたでしょうか。ではどんなものを選べばいいのかといえば、やはり一番には大きさでしょう。それから素材。素材によって切れ味やお手入れの方法も変わります。また刃の構造にも違いがあります。それぞれのポイント別に、選び方を見ていきましょう。

サイズで選ぶ

ペティナイフは、小さなものでは80mmから、大きなものでは150mmと、刃渡りに幅があります。使う場面や手の大きさで使い分けのできるツールなのです。

130mm~150mm

日常の調理では、野菜の皮をむいたり切ったりするだけでなく、スーパーで売られているパック詰めのお肉を切ったり、イワシやアジ程度のお魚を処理したいものです。一般的に使われる三徳包丁の刃渡りは180mm程度。

 

三徳包丁ではちょっと大きいな、という方には、150mm程度のペティナイフをメイン使いにしてみてはどうでしょう。

 

また皮むき用途でも、大きめの手の方には130mmくらいあると安定感があって良いでしょう。10mmの違いは思ったよりも作業性に影響します。日常の調理では、小回りの利く道具が効率UPにつながりそうです。

80mm~120mm

特定の作業に限定して使うのであれば、その用途に向いたサイズがおすすめ。皮むきのような、細かい作業に使うならば、刃渡りの短い方が使いやすいですね。ペティナイフは小さいものでは刃渡り80mm前後からあります。

 

じゃがいものように、手に収まる程度でやや不規則な形をしたものの皮を剥く時には、80mm前後のものが良いでしょう。りんごなど、つるっとした形状のものであれば、120mm程度のものが使いやすいです。

 

ペティナイフは大きなもの・硬いものは苦手です。だからこそ小回りの良さが活きる道具でもあります。自分の手の大きさや調理傾向に応じて、サブ包丁を使い分けられるようになると、お料理の達人ですね!

素材で選ぶ

刃物は素材によって使い勝手もお手入れ方法も変わります。ペティナイフにはどんな素材が使われているでしょう。

ステンレス|お手入れ簡単

使いやすさの一番といえばステンレスでしょう。切れ味の点で鋼に劣ると言われていますが、現在では様々な種類のステンレス鋼が開発されていて、切れ味の点でもなかなかのものです。何よりほとんど錆びることがなく、におい移りも少ないので、普段使いには一番のおすすめです。

 

ステンレスというのは、鉄に炭素のほかにクロムという素材を加えた合金です。炭素は鉄に硬さを与え、クロムは鉄に粘りを与えて錆びにくくします。両方たっぷり入れれば最強の合金じゃないか、と思われそうですが、クロムは鉄に炭素を受け付けにくくしてしまうんですね。

 

クロムを多めにすると炭素が少なくなって、錆びにくいけれど切れ味が悪くなってしまう。逆もしかりで、この配合バランスによって、様々なステンレスが作り出されているのです。

 

従って、価格の幅が広いのは、使われるステンレス鋼のお値段に左右されるから、というわけです。1000円前後のお安くて手軽なものから、こだわり材質のお高めペティナイフまで、自分の納得のいくものを見つけ出したいですね。

鋼(ハガネ)|切れ味が抜群

伝統的な刃物の素材は鋼(ハガネ)切れ味の安定感は他の素材の追随を許しません。鋼というのは鉄(Fe)に炭素(C)を0.04~2%加えた合金の一種です。純鉄(Fe100%)というものは、実際には材として使うには柔らかすぎるのです。使いやすいのは、炭素を加えて硬度を増したものなんですね。

 

現代では用途に応じて炭素量を加減したものが使われています。手入れを怠るとあっという間に錆が出て切れ味が鈍ってしまうのも、鋼の特徴。使用後には丁寧に水気を拭いて湿気を防いだ場所に保管しなければなりません。もっとも錆が出てしまったとしても、研ぎなおせばまた切れ味は戻ります

 

切れ味を追求するなら、やはり鋼に勝るものはないでしょう。こまめな手入れが必要、ということは、自分好みの道具に育てることができる、ということでもあります。料理のこだわりに、道具は欠かせません。

セラミック|新素材

近年の新素材ではセラミック製というものがあります。この中でもペティナイフにも用いられるのはファインセラミックスと呼ばれるものです。ファインセラミックスは、天然材料を焼成して作られる一般的なセラミックとは異なり、高純度で成分調整のされた微粉末を素材として作られたものです。

 

ナイフ素材に用いられるのは、ジルコニアという原料です。セラミック製の刃の良い点は、食材に金属臭が移らないことです。ステンレスも比較的つきにくいのですが、もとの素材が金属ではないセラミックには、そもそも金属の臭いがありません。

 

生野菜サラダなどでは良く違いがわかることでしょう。更に鉄に比べて軽いため、手首への負担が軽くなります。またお手入れも簡単です。金属ではないので錆びませんし、切れ味も長持ちします。食洗器に入れられるのもメリットでしょう。

 

切れ味が悪くなってきたら、普通の砥石ではなくて、セラミック専用のシャープナーを使用します。欠点もあります。セラミックというのは、硬いものです。金属に見られる粘り・弾性がありません。堅いものを無理に切ろうとすると、刃が欠けることがあります。その点には注意しましょう。

ダマスカス鋼|万能素材

刀身に現れる独特なまだら模様が特徴のダマスカス鋼ですが、起源はインドの「ウーツー鋼」だと言われています。ダマスカス鋼の特徴はしなやかさと鋭い切れ味で当時のヨーロッパなどではとても重宝されていました。

 

ですが近代にこのダマスカス鋼の作り方は継承されておらず、今あるダマスカス鋼は刀芯に「モリブデン鋼」を使いその上からダマスカス鋼を何十層も重ねてるくるやり方をしています。

 

錆びにくく切れ味もいいのが特徴ですが製造コストがかかってしまうためどうしても値段は春のですがそれでも一本もっておきたい憧れのペティナイフの素材です。

グリップで選ぶ

グリップにも注目してみましょう。握った感じが自分の手に馴染むかどうかは重要なポイントです。

木製

木製は手に馴染みやすく、しっかりとした握り感が得られます。また手触りも良く水に濡れても滑りにくいのがとても魅力のある素材です。また万が一消耗してしまってもメーカーが修理の対応をしてくれるところが多いのもメリット。

 

もし同じものを長く愛用したいならばおすすめの素材です。ただ濡れっぱなしにしてしまうと刀身が錆びてしまうのでしっかり乾かすことは意識してください!

金属製

衛生面を重視したい場合はオールステンレスや金属製のグリップがおすすめです。全て一体になっているので隙間に垢が溜まることもなく食洗機などでも洗えるのでとても便利なタイプです。

 

錆びにも強く、水が溜まる部分が少ないのもメリット、ただ水に濡れた時に滑りやすかったりする場合があ流のでそこは注意ポイントです。

樹脂製

樹脂製は華やかなカラーリングに目を奪われますが、軽くて丈夫なのも特徴です。また冷たくないので寒い冬場などでも使いやすく、軽いのでお子さんでも簡単に扱うことができます。ですが樹脂製は劣化してしまう可能性がありますのでそういった点だけは注意点です。

グリップの太さ

見逃しがちなのがグリップの太さです。ジャガイモなどを向くときは繊細な作業がしやすい細めのものがおすすめですし、お肉などの大きいものを切るときはグリップが太いものがおすすめです。

 

男性や女性とわず手の大きさで使いやすさも代わりますので自分で使う場合やプレゼントする場合などは自分や相手の手の大きさを確認してから購入することをおすすめします。

刃のタイプで選ぶ

ペティナイフにも、他の刃物同様、刃の付き方が2種類あります。両刃片刃です。両刃というのは、左右どちらの面にも刃がついているタイプです。利き手の左右を選ばないという点はいいですね。また食材を切るときには、両側に刃がついているので、まっすぐ刃が通ります

 

一方、片刃は片側だけに刃がついているタイプになるのですが、片刃にはどんなメリットがあるでしょうか。片刃には、食材が張り付きにくいという長所があります。魚をおろす時にはありがたいですね。また皮むきなど、一方向に刃を寝かせるような使い方をする時にも向いています。

 

万能型の両刃に比べて、片刃は用途が限定されてしまうように見えます。ですが、片刃は刃がしっかりしている分、適した使い方をした時には作業性がより向上します。用途に応じて使い分けるのがおすすめです。

メーカーで選ぶ

ペティナイフを製造しているメーカーは多くありますが特に有名なメーカーをいくつかご紹介します。

貝印|関孫六

「関孫六」は貝印の家庭向け包丁ブランドの名称です。貝印は岐阜県関市を拠点にする刃物メーカーです。岐阜県関市は包丁の製造において国内の50%シェアを誇る市で、鎌倉時代の刀剣で栄えた街でもあります。

 

貝印の特徴は何と言っても鋭い切れ味です。ただの剃刀でも使い方を謝ると怪我をしてしまうほど、そして安価であるという点です。コストパフォーマンスにも優れ、なおかつ質もいいのでおすすめのブランドです。

吉田金属工業|グローバル(GLOBAL)

吉田金属工業は1954年に新潟の燕三条でステンレス製品のメーカーとして起業しました。1番人気のブランドは持ち手までステンレスのオールステンレスである「グローバル(GLOBAL)」です。

 

本ランキングでも10位にランクインしており、そのスタイリッシュな見た目や切れ味などから世界中で人気があります。特にプロの料理人の中でも愛用している方がいるほどですので、いいものが欲しい!という方にはぜひおすすめの一品です!

堺刀司

文化2年から鋳造をはじめ、徐々に天下の台所として活気をあげていた堺の地で誇りのある職人たちと切磋琢磨し作られた過去がある、切れ味使い心地ともに最高品質の刃物メーカーです。

 

今でも刃物に関しては国内外でとても人気が高く、昔ながらの日本の技術を継承されているので安心と信頼を担保してくれるメーカーです。

ヘンケルス

ヘンケルスはドイツのゾーリンゲンという場所で生まれた刃物メーカーです、日本でも人気の強いメーカーです。プロでも愛用する方が多く、ドイツの細やかな技術がしっかり刻み込まれたおすすめのブランドです!

 

錆に強い特徴があり切れ味も群を抜いて鋭く、トマトでも潰れることなく豆腐のようにスッと切ることができます。デザインもカラーが選べてかっこよくおしゃれなのが特徴です。

かっこいい物やおしゃれなペティナイフのおすすめ!

せっかく買うなら質が良くてデザインも自分好みのほうがいいですよね、今回はかっこいいペティナイフやお洒落なペティナイフのご紹介をしていきたいと思います!

かっこいいペティナイフ

一心刃物

セルヴィス・アン・サーレ

価格:9,350円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ御用達の鋭い切れ味と洗練されたデザイン

刀身にはダマスカス鋼を使い鋭さやしなやかさをだし、切りやすいペティナイフになっています。また見た目も洗練されてシンプルなのにしっかり主張してくれて料理をするのが楽しくなるデザインをしています。

 

オールステンレスながらグリップ部分には切り込みが入っており、濡れても滑りにくくなるという細やかな気遣いも嬉しいところ、もしかっこいいペティナイフを探している場合はおすすめの商品です!

おしゃれなペティナイフ

スミカマ (SUMIKAMA)

オパール 12cm 霞(KASUMI)

価格:6,600円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刀身が輝く、カラーが豊富!

レインボーカラーのこのペティナイフは刀身にチタンコーティングがされており、金属即とくの嫌な匂いがしにくく、また食材などの臭い移りも防いでくれます。そのほかにも摩耗性にも特化している見た目だけでなく機能にも優れた商品です。

 

カラーもレインボーから深い青、黄色など多様に存在しているので自分の好きなカラーのものが選びやすく、見た目にも華やかでおしゃれですのでキッチンの雰囲気に合わせるのも簡単だと思います。もしおしゃれなペティナイフを探しているならとてもおすすめの商品です!

ケース付きのおすすめペティナイフ

ペティナイフは小さく切れ味も鋭いので持ち運びの時や机において気軽に使いたいときに生身のままおいておくのは少し怖いですよね。そんな時におすすめなのがケース付きのペティナイフです。

ケース付きで安全に!

貝印(Kai Corporation)

フルーツナイフ

価格:849円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切れ味の鋭い貝印でも安全に!

フルーツを切る時などにキッチンにそのままおいて細かいものをさっと切りたい人にはこのケース付きのペティナイフは嬉しいですよね。例えばお見舞いの時にフルーツを軽く切りたい時なども持ち運びの面で安全ですのでおすすめです。

 

貝印は切れやすい代表格のようなメーカーですがこのケースに入れることでそのまま包丁を出していても怪我の心配がないのでおすすめの商品です。またケース部分はABS樹脂で硬いのでそのまま刃先が飛び出ることがないのがメリットです!

ティファール(T-fal)

ペアリングナイフ

価格:1,357円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインもかっこよく実用的

チタン強化コーティングがされていて錆にくくスパスパと食材を切る事ができるおすすめのペティナイフです。カバーもおしゃれで特に切れやすい刃の部分を強化したカバーなので安全性もしっかりしています。

 

アマゾンでもベストセラー商品として取り上げられており、その人気や切れ味、安全性は担保されています!

ペティナイフで魚は捌ける?

ペティナイフで魚が捌けるのか!?と思う方もいるかもしれませんがキスや脂の乗ったサンマなどは大きな出刃包丁を使うよりも小さく切れ味の鋭いペティナイフで捌いたほうが綺麗に捌けるって知っていましたか?

 

細かくてやりづらい背骨部分などもペティナイフなら簡単に取り回しができるのでスッと裁くことができます、もし出刃包丁はないけどペティナイフならあるという方はこの機会にお魚を捌いてみるのもおすすめですよ!

ペティナイフのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • アイテムID:5387013の画像

    一心刃物

  • 1
    アイテムID:4804898の画像

    下村工業

  • 2
    アイテムID:4804897の画像

    貝印

  • 3
    アイテムID:4804894の画像

    堺味正作

  • 4
    アイテムID:4804885の画像

    京セラ

  • 5
    アイテムID:4804878の画像

    實光

  • 6
    アイテムID:4804874の画像

    VICTORINOX

  • 7
    アイテムID:4804867の画像

    東亜金属

  • 8
    アイテムID:4804860の画像

    Zwilling J.A. Henckels

  • 9
    アイテムID:4804851の画像

    OXO

  • 10
    アイテムID:4804788の画像

    グローバル

  • 商品名
  • セルヴィス・アン・サーレ
  • ヴェルダン ペティナイフ
  • ペティ 150mm 匠創
  • ぺティナイフ135mm
  • ファインプレミアシリーズ ぺティナイフ
  • 堺實光 日本鋼 ペティーナイフ 12cm
  • グランメートル ペティーナイフ
  • メルペール ネコ ペティナイフ
  • ツインフィンL ペティナイフ
  • ペティナイフ グリーン
  • ペティーナイフ 刃渡り 13cm GS-3
  • 特徴
  • プロ御用達の鋭い切れ味と洗練されたデザイン
  • オールラウンドなペティナイフ
  • 切れ味追及のステンレス
  • 17層ダマスカス鋼が描き出す二つとない波
  • 最高の切れ味耐久セラミックブレード
  • 王道の切れ味
  • アウトドアでも大活躍・アーミーナイフの名門メーカー製品
  • 調理のひととき、ネコに和む
  • ドイツ老舗刃物メーカーの安定感
  • カバー付きで携帯に便利
  • オールステンレスのさきがけ
  • 価格
  • 9350円(税込)
  • 2047円(税込)
  • 2583円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 4695円(税込)
  • 5377円(税込)
  • 9752円(税込)
  • 2386円(税込)
  • 3248円(税込)
  • 1428円(税込)
  • 7560円(税込)
  • 材質
  • 刃身:モリブデン鋼 柄:18-8ステンレス
  • 刀身:ハイカーボンステンレス刃物鋼 柄:18-8ステンレス
  • 刀身:V金10号 ダマスカス鋼 17層 柄:黒マホガニー
  • 刃:ファインセラミックス 柄:ポリプロピレン、オレフィン系エラストマー
  • 刃身:日本鋼 柄:黒合板
  • 刀身:MV鋼 柄:ポリアセタール樹脂
  • 刀身:モリブデンステンレス鋼 柄:ステンレス
  • 刀身:特殊ステンレス鋼 柄:ポリプロピレン
  • 刀身:ステンレス鋼(シリコン系樹脂コーティング) 柄:ポリプロピレン サントプレーンゴム カバー:ポリアセタール ポリカーボネート
  • ステンレス
  • 全長
  • 235mm
  • 255mm
  • 245mm
  • 250mm
  • 230mm
  • 218mm
  • 235mm
  • 215mm
  • 260mm
  • 重量
  • 75g
  • 68g
  • 91g
  • 59g
  • 69g
  • 99.8 g
  • 62g
  • 49g
  • 57g
  • 100g
  • 刃渡り長
  • 125mm
  • 150mm
  • 135mm
  • 130mm
  • 120mm
  • 100mm
  • 115mm
  • 130mm
  • 約100mm
  • 130mm

まとめ

いかがでしたか? 使いやすい道具は、作業そのものを楽しくします。特に刃物は良いものを使いたいですね。今回は扱いやすさの点で人気のステンレス鋼製のものを中心にご紹介しました。楽しいキッチンタイムをお過ごしください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ