大根おろし器の人気おすすめランキング16選【アメトーークで紹介された商品も!】

記事ID6388のサムネイル画像

大根おろし器が注目のアイテムに!マツコの知らない世界やアメトーク等でも紹介され、金属やセラミックなど素材もさまざまで、使いやすくおしゃれなものも多く、貝印などの刃物メーカーが手がけた切れ味にこだわったものも。今回は大根おろし器のおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介します!疲れないおろし方もチェックしてくださいね。

使いやすい最強大根おろし器でお好みの風味を楽しもう

大根おろし器は、家庭で大根おろしを作りたい時に欠かせないアイテム。大根おろしがちょっとあるだけで栄養をプラスでき、料理に風味を添え、薬味にもなり重宝します。しかし、準備が面倒で、おろすのに力が必要なことや洗うのがたいへんなことで敬遠されがちに。

 

最近では、軽い力で大根がおろせるタイプや細かいパーツが分解できて洗いやすくメンテナンスが楽な商品もたくさん登場しています。実は、アメトーク・ヒルナンデス・マツコの知らない世界などでも紹介される注目アイテムなんです!

 

そこで今回は、大根おろし器の選び方や人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。なおランキングは、刃の素材・使いやすさ・価格などを基準に作成しました購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてください。

大根おろし器の選び方

大根おろし器には、刃の素材や大きさ、機能性などさまざまなタイプの商品が販売されているので、用途やニーズに最適なものを選びましょう。選び方のポイントをご紹介していきます。

タイプで選ぶ

大根おろしは、案外力を必要とする作業ですよね。そのため、従来の手動タイプの他に、電動タイプも販売されています。それぞれの特徴やメリットなどをご紹介しましょう。

業務用や大人数用などには手軽な「電動タイプ」がおすすめ

電動タイプの大根おろし器は、フードプロセッサーのように食材投入口に適量の大根を入れてスイッチを入れるだけで簡単に大根おろしを作ることができ、力が要りません。商品によっては10秒もかからずに素早く大根おろしが作れますよ。他に、小型のミルタイプもあります。

 

大根おろしを毎日のように食するご家庭や、大人数用や業務用には特におすすめです。大根以外の人参や山芋などにも使用することが可能なものが多く、料理の幅が広がりますよ。

1人暮らし用や少量だけなら「手動タイプ」がおすすめ

手動タイプは一般的に家庭用に広く使われ、手と腕を使っておろす作業が必要なので、力も時間もかかってしまうタイプですよね。とはいえ、自分で必要な量やおろし方などを調整しやすいことはメリットです。電動と違いってランニングコストもかかりません。

 

また、少量だけで良い場合にはコンパクトサイズの商品で用が足りるため、省スペースに収納でき、手軽に使い回せますよ。ハンディタイプなら重量を、下に置いて使用するタイプは滑り止めが付いているかといった使いやすさもチェックしておきましょう。

素材で選ぶ

大根おろし器は、おろし部の刃に使われる素材により使いやすさや耐久性、切れ味などが変わるため、選ぶときの大切なポイントです。そこで、素材の種類ごとに特徴などをご紹介します。

安全性を重視するならケガをしにくい「プラスチック製」がおすすめ

刃も含めて全体がプラスチック素材の大根おろし器は、軽量でリーズナブルな商品が多くデザインが豊富なため、使いやすい形状や見た目などにこだわる方におすすめです。金属製と比べて刃に指が当たってもケガをしにくい点も人気の理由ですよ。

 

そのため、お子様と一緒に料理をする場合などにも、安全性の高さからおすすめです。パーツが分解できるものなども多く、洗いやすいなどお手入れもしやすいため清潔に使用できます。しかし、落下などの衝撃に弱いなど耐久性では劣るので、扱いに注意しましょう。

食卓で多用途に使いたいなら「セラミック製」がおすすめ

セラミック製はコンパクトな商品が多く、刃の部分も金属製品ほど鋭くないので、大根だけでなくわさびやしょうがなどの小さい他の食材にも使えます。食材の繊維が歯の部分に残りにくいため、お手入れが簡単なのも大きなメリットです。

 

耐久性もあり、白色で陶磁器のように見た目にも高級感があるので、そのまま食卓に出して使ってもおしゃれで人気があります。サイズが小さい場合は滑り止めがある方が使いやすいのでチェックしておきましょう。

手軽さを重視するなら軽量で使いやすい「アルミ製」がおすすめ

アルミニウム製の大根おろし器は、軽量でハンディタイプでも手が疲れにくいため、使いやすく人気です。おろし金とも呼ばれ、価格もリーズナブルな商品が多く、手軽に購入できることからも、一般的に広く家庭で使われています。

 

ただし、扱い方を間違えると変形してしまったりするので注意が必要です。また、刃の部分の切れ味も落ちやすいため、耐久性は高くありません。切れ味が悪くなったと感じたら交換時期です。

耐久性を重視するなら錆びに強い「ステンレス製」がおすすめ

ステンレス製の大根おろし器は錆びに強く、お手入れも簡単なことから人気の高いタイプです。この頃人気の大根おろし器の多くに使用されており、耐久性も高いため、長く愛用できるものが欲しい方にもおすすめですよ。

 

刃の切れ味が良く、軽い力で使え、おいしい大根おろしが作れることから、人気が高くなっています。ただし、刃の切れ味が良さから、使用中にケガをしてしまう可能性もあるのがデメリットで、小さなお子様が使う際には注意が必要です。

高級なプロ仕様の道具が欲しいなら「銅製」がおすすめ

金属製の中で、銅製は見た目にも高級感があり耐久性も高く、プロの職人さんからも人気があります。ただし、ステンレスと違って錆びに弱いため、お手入れをしっかりと行う必要があり、手間がかかる点はデメリットです。

 

銅製の大根おろし器でおろした大根おろしは、非常に滑らかで柔らかい食感が楽しめるため、高価ですが、大根おろしの味にとことんこだわりたい方にはこちらもおすすめですよ。

形状で選ぶ

大根おろし器には、おろし金のように刃の付いた板状の本体のみのタイプと、下に受け皿や水切りトレーなどがセットになったタイプがあります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

省スペースに収納したいならスリムな形状の「おろし金」タイプ

おろし金タイプの大根おろし器は、昔からある定番の板のようなスリムな形状で、シンプルな造りです。刃の部分に穴が開いて下に器を受けておろしていくタイプと、板状ながらも先におろし受け部分があり、少量なら溜めておけるようになったタイプもあります。

 

パーツが少ないことでお手入れも簡単なうえ、収納も省スペースでできるのはメリットです。

作業のしやすさを重視するなら便利で安定感のある「受け皿付き」がおすすめ

大根おろし器には専用の受け皿が付いてセットになった商品が多く、おろすとそのまま皿で受けられ、大根おろしを多量に作るのにおすすめです。受け皿とおろし面はきっちりと装着できてズレにくく、おろす作業中に安定感もあり、おろしやすいというメリットもあります。

 

また、受け皿の底部には滑り止めの機能が付いたものも多く、より安定性が高くなっていますよ。

おろしやすさで選ぶ

大根おろし器を選ぶ際、おろしやすさは大切なポイントです。刃の部分の大きさや安定性などのチェックしたいポイントをご紹介します。

大根のおろしやすさからは幅8cm以上・長さ20cm以上の「サイズ」がおすすめ

大根おろし器のサイズは、おろす食材に合わせたサイズを選ぶとおろしやすくなります。一般的な大根の直径は8cm前後のものが多いため、大根おろし器の幅のサイズは8cm以上の商品から選ぶのがポイントです。幅だけでなく、長さもしっかりチェックしておきましょう。

 

上下におろす場合は、長さ20cm以上ある大根おろし器を用意するとおろしやすいですよ。のの字を描くようにおろしたい場合は、幅がもう少し広い商品から選びましょう。

安定感にこだわるなら「滑り止め付き・おろし面傾斜付き」がおすすめ

大根おろし器を使う時、安定感があるとおろしやすいですよね。受け皿付きのタイプなら、底部に滑り止めが付いていると作業中に全体が滑りにくいので安定感があり、おろしやすいですよ。また、刃のあるおろし面に傾斜が付いて、さらにおろしやすくなった商品もあります。

 

おろし金タイプの場合は安定性で劣りますが、器の上に置いて使うタイプの他に、使い方によっては片方を机に付けて使うタイプのものもあります。使い方に合わせて、固定しやすいかなどもチェックしましょう。

仕上がり(食感)で選ぶ

大根おろし器の刃によって、大根おろしの仕上がりも大きく変わります。大根の食感が残った方が良いか、ふわふわとした食感を楽しみたいかの風味の違いで選びましょう。

シャキシャキな食感にしたいなら「刃の粗い」ものがおすすめ

刃の種類によって、仕上がる大根おろしの食感が大きく変わります。鬼おろしと呼ばれるような刃の目が粗い商品はシャキシャキ感の残る大根おろしが作れます。繊維を潰しにくいので、水分が出た大根おろしが苦手な方にもおすすめです。

 

また、粗い目の刃でおろすと、大根特有の辛味もしっかり楽しめます。そのまま食べてもおいしいですが、ドレッシングや料理に加えると辛味だけでなく食感がアクセントになりますよ。

ふわふわで優しい口当たりがいいなら「目の細かい刃」がおすすめ

刃の目が細かい商品は、フワフワとした食感の大根おろしが作れます。薬味としての大根おろしを作る場合や調味料と合わせる場合などは、細かい刃の製品を選ぶのがおすすめです。雪のような食感といわれる柔らかい舌触りの大根おろしが作れ、調味料とのなじみも良いですよ。

 

食感を大切にしたい料理の場合にも、大根の風味だけをプラスできます。

便利な機能で選ぶ

大根おろし器には使いやすく便利な機能が付いた商品があるので、付加された機能から選ぶ方法もあります。おすすめの機能をご紹介しましょう。

水切りを簡単にしたいなら「水切りトレー付き・注ぎ口付き」がおすすめ

大根をおろすと、大根おろしとともに水分も出てきます。この水分も一緒に料理に使用するなら問題ありませんが、一般的に水分は使わない場合も多く、水切りをする必要がありますよね。そのため、水切り機能が付いたタイプは簡単に水切りができておすすめです。

 

受け皿付きタイプには、おろし面と受け皿の間に水切りトレーが付いたものや、受け皿に水を捨てやすいように注ぎ口が付いたものもあります。

多用途に使いたいなら「スライサー・薬味おろし刃」付きがおすすめ

大根おろし器の中にはおろし機能だけでなく、食材を細切りやスライスにしたりできる刃やしょうがやワサビなどもおろせる薬味おろし刃が付いた商品もあります。1台で複数の用途に使用できて使い勝手の良さから人気です。料理が効率良くできますよ。

お手入れのしやすさで選ぶ

大根おろし器を選ぶ際、お手入れのしやすさも大切なポイントです。調理器具には洗いにくいものや収納に困るものもあるので、しっかりチェックして選びましょう。

洗いやすさにこだわるなら「分解性や刃の形」もチェック

大根おろし器は、刃の部分に食材の繊維が付きやすく汚れやすい調理器具の1つですが、洗う時にもスポンジが引っかかったり繊維が付いたりするのもデメリットですよね。洗いやすさにこだわるなら、刃の形にも注目しましょう。比較的洗いやすいのは、丸い刃のタイプです。

 

大根おろし器は、直接口に入れる食品を作るため清潔に使用することができるかは重要なポイントです。パーツが分解できるタイプは、細かい部分も洗いやすく清潔にして使えますよ。また、熱湯に耐えられるかどうか耐熱温度をチェックしておくのもおすすめです。

収納のしやすさにこだわるなら「コンパクト」なタイプがおすすめ

調理器具にはさまざまなものがあるので、キッチンは収納がかさばりますよね。大根おろし器も必要な時にさっと取り出せるのはもちろんですが、収納もしやすいものがおすすめです。セラミック製や、受け皿タイプでもプラスチック製の商品には小型のものもありますよ。

 

ケースが付いて衛生的に収納できるものや、おろし金タイプの省スペースに収納できるものなどいろいろなタイプの中から、使う頻度や使い勝手、収納スペースに合わせて選びましょう。

「ヒルナンデス」で紹介された大根おろし器をチェック

ナンチャン司会で人気のお昼の情報TV番組「ヒルナンデス!」で紹介され、人気を継続している大根おろし器があります。それは、山善の電気大根おろし器『おろしの達人』です。力を使わなくても大根おろしが簡単に作れると評判です。

 

なお、山善の「おろしの達人」は、人気おすすめランキングの中で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

「アメトーーク」で紹介された大根おろし器をチェック

テレビの人気情報番組の「アメトーーク」で紹介され、爆発的な人気となった大根おろし器があります。それは、アーネストの『楽楽おろしてみま専科 』です。まず土台が固定されて安定感が抜群なことや、双方向の強力な歯で1往復で2回の2倍のスピードでおろせることで評判です。

 

なお、アーネストの『楽楽おろしてみま専科 』は、人気おすすめランキングの中で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

初心者でも誰でも「楽におろせる」タイプがおすすめ

大根おろし器を選ぶときに重視したいポイントが、「楽におろせる」こと。初心者でも誰でも楽におろせる大根おろし器として、電動式・持ち手固定タイプ・水切りトレー付き・おろし面が湾曲したタイプなどが挙げられます。

 

まず、電動式の大根おろし器は、力を使わずに短時間で大根を」楽におろしてくれます。持ち手固定タイプは、持ち手でしっかり固定できるの楽に下せるのが特徴です。また、水切りトレー付きは、手を汚さずに水分の水切り工程を担ってくれるので楽におろせます。

 

おろし面が湾曲したタイプでは、力をうまく使えるので腕へと負担が軽減され、大根を楽におろすことができます。以上のように大根を楽におろせるタイプの中から、お気に入りのタイプを選びましょう。

楽しく使いたいなら「おしゃれなデザイン」のものがおすすめ

大根おろし器は無骨なデザインになりがちですが、この頃は実用性も兼ね備えながらおしゃれなデザインのものも増えています。また、おしゃれな商品にはプラスチック製のものが多く、重量も軽いため扱いやすいことからもおすすめです。

人気のメーカーから選ぶ

大根おろし器は人気の調理器具で、多くのメーカーからいろいろなタイプの商品が販売されています。迷ったら人気ブランドや自分の好きなメーカーの製品から選ぶ方法もおすすめですよ。

高品質で家庭で使いやすいタイプなら「パール金属」がおすすめ

フライパンや鍋などの金属製の台所用品を多く手掛けるメーカー、パール金属は、セラミック製なども含め数多くの大根おろし器を販売しています。コンパクトサイズで収納もしやすく使い勝手の良い人気商品がそろい、品質の良さからも支持されていますよ。

切れ味の良さなら「貝印」や「プログレード」などの刃物メーカーがおすすめ

キッチン用や化粧などの刃物商品を中心として販売する人気の国産メーカー、貝印は高品質な商品がそろうことで有名です。大根おろし器にも技術を生かし、切れ味が良く軽い力でしっかりおろせ、耐久性も高い商品がそろい人気があります。

 

燕三条の刃物鍛冶として創業した下村工業のプロ仕様調理器具シリーズ、プログレードも人気です。刃物メーカーの技術を生かした切れ味の良さで評判で、目詰まりしにくく使いやすい形状と耐久性の高さで人気があります。

リーズナブルで使い勝手の良いものなら「ニトリ」がおすすめ

お値段以上のコスパの高い商品がそろうことで人気の生活用品ブランド、ニトリでも使いやすくリーズナブルな大根おろし器が手に入ります。おろし器の他に、スライサーや千切り、ツマ切り刃にも変えられコンパクトに収納できる野菜調理器セットが人気です。

 

他に、金物・刃物の町、新潟県燕三条で作られたステンレス鋼製のやさしいおろし器もあります。受け皿付きで、なんと食洗器対応!おろし面に傾斜が付いておろしやすさも評判です。しかも、コンパクトサイズで少量だけおろす場合や一人暮らしの方にもおすすめですよ。

受け皿付き大根おろし器の人気おすすめランキング11選

電動で楽に7秒で大根おろしが作れる

電動タイプのコンパクトな大根おろし器です。わずか7秒で大根おろしが作れるとあって人気が高く、手でおろすのが苦手な方や面倒な方におすすめですよ。人参や山芋など、他の食材にも使え、料理を時短にすることができます。

 

大根の繊維をわずかに残した仕上がりで、手動のおろし器でおろした場合と変わらない食感を楽しめますよ。容器は簡単に各パーツを取り外して丸洗いすることができるため、清潔に使える点もポイントです。

サイズ 17×11×21cm 重さ 770g
本体素材 ABS樹脂、AS樹脂 刃の素材 ABS樹脂

口コミを紹介

大根すりが好きなんですが、手で擦るのは大変でした。手入れも器具を蛇口で洗うだけで済みます。毎日大根すりが食べれるのが何よりいいです。ほんの数秒で仕上がります。こんな良品があるとは知りませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハンディタイプで使いやすい

おろし器に透明な角型の容器がカチッと装着できて、ハンディに使えて便利な人気商品です。おろし面が細目と粗目が使える両面タイプで、大根だけでなくチーズ、りんご、しょうがなどにも使用できて使い勝手の良さからも評判です。

 

きめ細かい雪のような大根おろしが作りたい方にもおすすめですよ。先と持ち手が滑り止めになる樹脂製で安定性が高く、テーブルに先をつけて斜めに持っておろしてもしっかりと握れて使いやすいですよ。

サイズ 29.2x10.8x4.7cm 重さ 178g
本体素材 ABS樹脂、エラストマー樹脂 刃の素材 ステンレス

口コミを紹介

高齢者になると大根おろしも大変でしたが、この卸し金なら大丈夫です。毎日シラス下ろしが食べられます!

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

取っ手付きで使いやすい

家庭用調理器具の人気ブランド、パール金属から発売され、厚さ0.3mmと薄く特殊加工を施したステンレス刃のおろし器です。底部に滑り止め付きなうえ、おろし面は湾曲していて容器にセットすると絶妙な角度で斜めになるため軽い力でおろせます。

 

細かくシャープなエッジの効いた刃なので、きめ細かくふわふわ食感の大根おろしが楽しみたい方におすすめです。おろし面には取っ手が付いているので、取り外して使う際にも使い勝手が良い2wayタイプです。

サイズ 9×28×7.5cm 重さ 160g
本体素材 ABS樹脂 刃の素材 ステンレス鋼

口コミを紹介

軽い力で大根おろしができるのでリウマチで手が痛い80代の母もサンマを食べるとき必ず大根おろしをつくっています。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

斜めにセットもできる機能満載の人気商品

おろし部分を斜めにセットすることもでき、軽い力でしっかりと食材をおろすことができる大人気商品です。水切りネットが付いて便利ですよ。もちろん水切りネットは外しても使えるので、大根以外の食材にもおすすめです。

 

おろし面が湾曲した3D仕様で底面には滑り止めが付いているので、軽い力で素早くふわっとした大根おろしが作れますよ。おろし金だけを外しても使え、使わない時にはコンパクトに収納できます。切れ味が良く機能の充実したタイプをお探しの方におすすめです。

サイズ 11.4×19×5.4cm 重さ 356g
本体素材 ポリプロピレン 刃の素材 ステンレス

口コミを紹介

手早く美味しいシャッキリ大根おろしを楽しめて満足。そのものは決して小さくはないが四角い形状なので片付ける場所に困らない。本気で気をつけないと手に怪我するので気をつけること。

出典:https://www.amazon.co.jp

刃が細かくフワッとしたおろしが作れる

12.5×30cmの大きなおろし面を持つ人気商品の楽々おろしてみま専科が、家庭用にぴったりなサイズになりました。受け皿付きでフタもあり、おろした食材から汁を切るのも簡単にできて、そのまま食卓にも出せるという使い勝手の良さからも人気です。

 

刃物の町、燕三条に本社を持つメーカーならではの切れ味の良い刃で、湾曲したおろし面で使いやすく、細かくフワッとした柔らかい食感の大根おろしが作りたい方におすすめですよ。底面に滑り止めが付いて、余計な力をかけずに楽におろすことができます。

サイズ 10.5×20.5×5.5cm 重さ 280g
本体素材 ABS樹脂 刃の素材 ステンレス鋼

口コミを紹介

とても素早くおろせます。キメも荒くなく美味しいです。切れ味が良いので間違えて手を切らないように注意が必要です。蓋がついてるので、水切りもラクラク、後で食べる人のために取っておくときにもラップの必要がありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

傾斜付きおろし面で使いやすさ抜群の人気商品

和田商店から発売されている人気商品です。業務用より一回り小さいサイズですが、幅・長さともに使いやすい大きさで、こちらもおろし部が中心から少し盛り上がった形で傾斜付きのため、おろしやすさで人気ですよ。

 

水切りトレーも付いているため、水分が不要な場合は簡単に捨てられて使い勝手が良いことも好評です。新設計のおろし刃を採用し底部には滑り止めゴム付きで、安定性があり楽におろせますよ。

サイズ 17×12.8×8.5cm 重さ
本体素材 ポリプロピレン 刃の素材 ステンレス

口コミを紹介

今まで使ってたプラスチック系のやつとは比べ物にならないぐらい早くおろせて、おろした後も水切りでき、なんといってもふわふわ感が一番ビックリしました!大根おろし食べるのが大好きになり、いっぱい食べれようになりました。 

出典:https://item.rakuten.co.jp

安定感抜群で軽い力で使える

おろし部の素材にステンレスを採用し、軽い力でしっかりとおろすことができる大人気の商品の業務用サイズです。おろし面が中心部が盛り上がり傾斜になっているのでおろしやすいと評判ですよ。軽い力でおろせます。

 

プラスチック製の受け皿には滑り止めのゴム足も付いているため抜群の安定性で安全に使用できますよ。大きなサイズなので、大人数用や多量に大根おろしを作りたい場合におすすめです。

サイズ 23×13.7×8.5cm 重さ 約380g
本体素材 ポリプロピレン 刃の素材 ステンレス鋼

口コミを紹介

本当に使いやすくて感動的でした。おろし器が安定しているとこんなにおろしやすいんですね。疲れることもなくガンガンおろせます。大きくて存在感がありますが、だからこその使いやすさなのだと思います。嬉しくてやたらと大根おろし率が高くなっています。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

ヒルナンデスで紹介された電動おろし器

お昼の大人気情報番組「ヒルナンデス!」で紹介された電動の大根おろし器「おろしの達人」です。電動式なので力を使わなくても簡単に大根がおろせると評判になりました。圧倒的に速いスピードで大根おろしを作れることが魅力です。

 

また、仕上がった大根おろしはスプーンで簡単に取り出せます。さらに、下の方には仕切りが付いていて汁と繊維を自動的分けてくれる便利ものです。大根おろしが苦手な方におすすめです。

サイズ 幅18.5×奥行11×高さ22cm 重さ 900g
本体素材 プラスチック 刃の素材 ステンレス鋼

口コミを紹介

大根おろしにはまって買いました。セットすればあっという間にすりおろします。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロ仕様の鋭い切れ味とやさしい形状

プロ仕様の調理器具がそろう、人気のプログレードシリーズのおろし器です。おろし面に傾斜を付け、楕円形の刃が交互に配置されているため、食材をしっかりとらえて、やさしいおろし器の名の通り、軽い力でおろせますよ。

 

刃物の町、燕三条で作られた切れ味の良い刃と、取っ手のある持ちやすい形状、さらに底部にはゴム製の滑り止めも付いて、使いやすさも抜群です。

サイズ 21×11×5.7cm 重さ 151g
本体素材 ポリプロピレン 刃の素材 ステンレス鋼

大根おろしに購入。大根おろしは好きですが、面倒なので敬遠していましたが、この商品を買って毎日食べれるようになりました。滑り止めと角度付き、切れ味でこんなに楽になるとは。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

安全性が高くシンプルで使いやすい

便利な水切りトレーが付いているため片手でも簡単に不要な水分を捨てられる、使いやすさ抜群のおろし器です。シンプルな形状ですが、おろし面が曲面になって、目立て角度を工夫しているので効率良くおろせるため調理の時間の短縮にも繋がりますよ。

 

パーツが分解できるので、洗ったりお手入れをする際にも楽にでき、いつまでも清潔に使える人気の高い商品です。樹脂製で刃の部分もケガをしにくいため、お子様にもおすすめですよ。

サイズ 約21×10.7×6.3cm 重さ 約230g
本体素材 スチロール樹脂 刃の素材 スチロール樹脂

口コミを紹介

大根おろしを使う料理の回数が2倍くらいになった。唐揚げの上とかにも乗せるようになった。とにかく、おろしやすい。金気臭くならない。大根が小さくなっても手を痛めない。水分の抜け具合もキメもちょうど良い。払いやすい。洗いやすい。言うことありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

アメトーークで紹介されて楽におろせると評判!

人気TV番組の「アメトーーク」で、見た目から『おろし金界のベンツ』と紹介された人気商品です。刃は鋭利な杢目立てのため切れ味がよく、食材の繊維をしっかりと切れます。食材をつぶさないので、水分を含んだ滑らかな大根おろしが作れますよ。

 

おろし面に傾斜が付いておろしやすく、ハンディでも使用できて水切りトレーがついているなど、機能性も抜群です。滑らかでふわふわ食感の大根おろしが作りたい方や、使いやすい機能付きが欲しい方におすすめですよ。

サイズ 12.5x30x8.5cm 重さ 530g
本体素材 ABS樹脂、ポリプロピレン 刃の素材 ステンレス

口コミを紹介

今までの大根おろしだと疲れるし、ザラザラ食感で、頑張っておろしたのに美味しくない。でも、楽々おろしはホントに楽におろせて、ふわふわ食感でとても美味しい大根おろしでビックリしました。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

受け皿付き大根おろし器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8036512の画像

    アーネスト(Arnest)

  • 2
    アイテムID:8036520の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 3
    アイテムID:8036518の画像

    下村工業(Shimomura Kougyou)

  • 4
    アイテムID:8036602の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 5
    アイテムID:8036515の画像

    和田商店

  • 6
    アイテムID:8036509の画像

    和田商店

  • 7
    アイテムID:8036506の画像

    アーネスト(Arnest)

  • 8
    アイテムID:8036503の画像

    サンクラフト

  • 9
    アイテムID:8036500の画像

    パール金属(PEARL METAL)

  • 10
    アイテムID:8036497の画像

    ののじ(nonoji)

  • 11
    アイテムID:8036494の画像

    三ツ谷電機

  • 商品名
  • 楽楽おろしてみま専科 極み
  • おろし専科
  • プログレード やさしいおろし器
  • おろしの達人 YFB-D250
  • 業務用プロおろし
  • プロおろしV 水切り付
  • ふわっとおろしてみま専科
  • 快菜スーパーおろし器
  • 大根おろし 容器付
  • 大根スリスリ
  • 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々
  • 特徴
  • アメトーークで紹介されて楽におろせると評判!
  • 安全性が高くシンプルで使いやすい
  • プロ仕様の鋭い切れ味とやさしい形状
  • ヒルナンデスで紹介された電動おろし器
  • 安定感抜群で軽い力で使える
  • 傾斜付きおろし面で使いやすさ抜群の人気商品
  • 刃が細かくフワッとしたおろしが作れる
  • 斜めにセットもできる機能満載の人気商品
  • 取っ手付きで使いやすい
  • ハンディタイプで使いやすい
  • 電動で楽に7秒で大根おろしが作れる
  • 価格
  • 4,728円(税込)
  • 794円(税込)
  • 969円(税込)
  • 8,000円(税込)
  • 2,000円(税込)
  • 2,178円(税込)
  • -
  • 2,827円(税込)
  • 999円(税込)
  • 1,164円(税込)
  • 3,980円(税込)
  • サイズ
  • 12.5x30x8.5cm
  • 約21×10.7×6.3cm
  • 21×11×5.7cm
  • 幅18.5×奥行11×高さ22cm
  • 23×13.7×8.5cm
  • 17×12.8×8.5cm
  • 10.5×20.5×5.5cm
  • 11.4×19×5.4cm
  • 9×28×7.5cm
  • 29.2x10.8x4.7cm
  • 17×11×21cm
  • 重さ
  • 530g
  • 約230g
  • 151g
  • 900g
  • 約380g
  • 280g
  • 356g
  • 160g
  • 178g
  • 770g
  • 本体素材
  • ABS樹脂、ポリプロピレン
  • スチロール樹脂
  • ポリプロピレン
  • プラスチック
  • ポリプロピレン
  • ポリプロピレン
  • ABS樹脂
  • ポリプロピレン
  • ABS樹脂
  • ABS樹脂、エラストマー樹脂
  • ABS樹脂、AS樹脂
  • 刃の素材
  • ステンレス
  • スチロール樹脂
  • ステンレス鋼
  • ステンレス鋼
  • ステンレス鋼
  • ステンレス
  • ステンレス鋼
  • ステンレス
  • ステンレス鋼
  • ステンレス
  • ABS樹脂

おろし金タイプの大根おろし器の人気おすすめランキング5選

食器洗浄機にも対応で使いやすい

耐熱温度110度の取っ手付きのステンレス製おろし器で、大根やにんじんなどの食材が滑らかにおろすことができる人気商品です。食器洗浄機にも対応しているためお手入れが簡単で、いつも清潔に使用することができます。

 

取っ手は握りやすく、安全に安定して使うことができる点もおすすめポイントです。取っ手の先に開いた引っ掛け用の穴を使うこともでき、すっきり省スペースに収納できますよ。コスパも良く、使いやすくてシンプルなおろし金タイプをお探しの方におすすめです。

サイズ 26.8×9×1.4cm 重さ 82g
本体素材 ポリプロピレン 刃の素材 ステンレススチール

口コミを紹介

ステンレス製は丈夫で衛生的で使いやすいこういうおろし金を探していました。大満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

天然孟宗竹を使用した鬼おろし

珍しい竹製で、鬼おろしと呼ばれる、粗くおろしてふんわかしながらもシャキシャキ食感のおろしが作れる商品です。柔らかくフワッとした大根おろしでなく、食べ応えのある大根おろしが作りたい方におすすめですよ。

 

素材には天然孟宗竹を採用し、自然を感じられることも人気の理由です。持ち手部分には穴が付いているため吊るして保管することもできます。薬剤は一切使わず、防虫・防カビのために炭化加工を施し、深みのある茶色の落ち着いた風合いが楽しめますよ。

サイズ 約30×8.5×4cm 重さ 約110g
本体素材 炭化竹(ウレタン塗装仕上げ) 刃の素材

口コミを紹介

鬼おろしにすると、甘みが増すような気がします。食感も出るし、とても美味しいです。
指も入るので、キレイに洗えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽くて使いやすいアルミ製

人気の高い刃物メーカー、貝印から発売されている昔ながらのアルミ製の定番おろし金タイプ。安価なうえに非常に軽量で持ちやすい形状に作られ、上部には薬味おろし刃まで付いて使い勝手の良さからも人気が高い商品です。

 

手に持っておろしても疲れを感じにくい点もおすすめのポイントで、サイズはしっかりと使いやすい幅と長さがあるのに、薄くコンパクトに収納できますよ。

サイズ 23×9.5×2cm 重さ 51g
本体素材 アルミニウム(アルマイト加工) 刃の素材 アルミニウム(アルマイト加工)

口コミを紹介

大根をすっているときにとても安定するし、少しの力で十分すれるので、小学生の息子でも簡単に大根おろしが出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

両面タイプで業務用にも人気

両目立タイプで便利な、業務用にも人気の総ステンレス製おろし器です。家庭でも使い勝手が良く、さまざまなシーンで活躍できますよ。ステンレス製なのでお手入れがしやすいうえに錆びに強く、耐久性に優れている点もおすすめポイントです。

 

シンプルで素材の繊維が残りにくい形状は洗いやすく、長く衛生的に使用できますよ。大根だけでなく、薬味などを同時におろす際にもくるっと裏返して使えて重宝する大人気の商品です。長く愛用できるプロ仕様のものをお探しの方にもおすすめですよ。

サイズ 10.5×21.5cm 重さ 185g
本体素材 ステンレス 刃の素材 ステンレス

口コミを紹介

両面使えて、大根おろしやしょうが等使い分けができるので良かったと思います。目が細かいのですったときに繊維が残らないので美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

食卓でおしゃれに使える

白い陶磁器製のセラミック大根おろし器です。耐久性も高く、汚れが付きにくいのでお手入れも楽で人気があります。コンパクトサイズですが、底面にシリコン素材の強い滑り止めが付いているので、片手でおろすことができるほど安定感があり使いやすいですよ。

 

金属と違い金気が出ないので、食材の風味や味を壊すことなく味わえる点もおすすめのポイントです。そのまま食卓に出して使ってもおしゃれなところも人気の理由ですよ。しょうがなどの薬味おろしとしても使えて便利。ブラシ付きで、刃部分も洗いやすいですよ。

サイズ 16×16×3cm 重さ 350g
本体素材 陶磁器 刃の素材 陶磁器

口コミを紹介

私の愛用の品です。一度つかったら大根おろしはこれしかだめです。繊細なおろしがでできます。ふわふわ感がいいですよ.

出典:https://www.amazon.co.jp

おろし金タイプの大根おろし器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:8036537の画像

    京セラ(Kyocera)

  • 2
    アイテムID:8036534の画像

    ツボエ

  • 3
    アイテムID:8036531の画像

    貝印(Kai Corporation)

  • 4
    アイテムID:8036528の画像

    虎斑竹専門店 竹虎

  • 5
    アイテムID:8036525の画像

    下村工業(Shimomura Kougyou)

  • 商品名
  • セラミックおろし器 ブラシ付き
  • ステンレス製おろし金
  • おろし器 Kai House Select
  • 竹製大根おろし器 鬼おろし
  • フルベジ ステンおろし
  • 特徴
  • 食卓でおしゃれに使える
  • 両面タイプで業務用にも人気
  • 軽くて使いやすいアルミ製
  • 天然孟宗竹を使用した鬼おろし
  • 食器洗浄機にも対応で使いやすい
  • 価格
  • 1,336円(税込)
  • 1,824円(税込)
  • 550円(税込)
  • 2,480円(税込)
  • 515円(税込)
  • サイズ
  • 16×16×3cm
  • 10.5×21.5cm
  • 23×9.5×2cm
  • 約30×8.5×4cm
  • 26.8×9×1.4cm
  • 重さ
  • 350g
  • 185g
  • 51g
  • 約110g
  • 82g
  • 本体素材
  • 陶磁器
  • ステンレス
  • アルミニウム(アルマイト加工)
  • 炭化竹(ウレタン塗装仕上げ)
  • ポリプロピレン
  • 刃の素材
  • 陶磁器
  • ステンレス
  • アルミニウム(アルマイト加工)
  • ステンレススチール

大根おろしを誰でも簡単につくる方法

ここでは、誰でも簡単に大根おろしを作る方法をご紹介します。まず、大根おろしをする前の大根の切り方がポイント。大根を横に輪切りにした後、葉っぱのない部分は縦に2つから4つに切り割りすると、持ちやすくて力も要らず簡単に大根をおろすことができますよ。

 

大根は、葉が付いている頭の部分が甘く、先っぽほど辛くなるのが一般的。そこで、辛い大根おろしを作るには、できるだけ中央部から先っぽの切り割りした断面を刃に当てて、上下に力を入れながらザクザクとおろします。

 

いっぽうで辛くない大根おろしを作るには、葉っぱのある頭に近い部分の断面でない面を、刃に当てて「の」の字を描くようにやさしくおろします。また、簡単に作る方法を大根おろし器に任せるならば、電動式や持ち手が固定タイプがおすすめです。

おろし金を長持ちさせる手入れ方法

おろし金を長持ちさせて愛用するための重要なお手入れ方法は、まず「使ったらすぐに洗うこと」です。次に、洗うときには、歯ブラシなどを使って刃と刃の間のカスを丁寧に取り除くこと。さらに、洗った後はカビの発生や菌の繁殖を防ぐために、しっかり乾かすことも重要です。

 

なお、金属製のタイプは、熱湯で消毒すると菌の繁殖を抑えられます。また、おろし金は耐久性に優れていますが、長年使用すると刃先が磨耗して切れ味が悪くなります。その場合には、購入先に依頼(有料?)して目立て直し(古い刃を削り落として新しい刃に立て直す)をしましょう。

辛くならない大根おろしにするには?ポイントをご紹介

大根おろしは様々な料理の+αとして非常に人気がありますが辛くて苦手という方も多いですよね。大根をおろす動作には、一般的に上下におろす動作平仮名の、のの字を描くようにおろす動作との2種類があります。

 

この2つのおろし方のうち、のの字を描くようにおろすことで大根おろしの辛味が減少し、甘い大根おろしを作ることができますよ。このおろし方の場合でも、おろした際に出る水分に辛味成分が溶け出すためしっかり水を切ることも重要です。

 

また、使う大根の部位によっても味が変わることをご存知ですか?大根の真ん中辺りを使うと最も甘みが強く、辛くない大根おろし作りには最適だと言われています。逆に、根に近い方を使うと、特に辛い大根おろしになるそうなので気をつけてくださいね。

疲れない大根のおろし方のコツを紹介

大根をおろすのは案外、重労働なんですよね。大根をすりおろした時にはもう腕がヘトヘトなんてことも。そんな時におすすめの疲れない大根のおろし方についてご紹介しましょう。

大根には持ちやすい切り方がある

大根おろしをする際には、大根の皮をむいて適当な大きさに切りますが、たいていの方が横方向に切って、そのまま使っていると思います。しかし、そのままだと太さがあるので大根が持ちにくく、指に変な力がかかってしまい疲れやすいですよね。

 

持ちやすくするために、横方向に半分から1/3くらいに大根を切ったら、さらに縦方向に4分の1に割るように切ると細長い形にできます。この切り方なら、持つ時に棒を掴むようにしてしっかり力を入れられ、疲れにくくなりますよ。

利き手側の足を前に出す

大根をおろす作業の時、利き手に大根を持つと思いますが、その際に大根を持った方の手と同じ方向の足を前に出してやってみてください。そうすることで無理なく前傾姿勢を取ることができ、全体的に疲れにくい体制を取ることができます。

 

また腕の使い方にもポイントがあり、肘から動かすのでなく、肩や上半身を使って体全体を使うイメージでおろすと、疲れにくいおろし方ができるのでおすすめですよ。

座った状態で楽におろす方法と大根おろし器の角度をチェック

大根おろし器は少し斜めにして置くことで楽に使うことができます。布巾などを使ってぜひ試してみてくださいね。この頃は、傾斜が付いて安定して置ける大根おろし器も多数販売されていて、この記事でもご紹介していますので参考にしてみてください。

 

また、大根おろし器を使う際は、座るより立った状態で作業する方が力が入りやすく楽ですよ。そうは言っても、立っているのが大変な時もありますよね。そんな時は、いつもよりおろし器と自分の顔が離れて高い位置になるように椅子や床に座ってみてください。

 

座面が上がる椅子が便利ですが、座布団などを重ねて座ると肩が高い位置になり力が入りやすくなりますよ。次の記事では、キッチンにあると便利な、高さ調節ができて座って作業がしやすいスツールもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

大根おろし器の手入れ方法

大根おろし器には、使った後に刃の部分に大根の繊維が残りやすいため、使用後はできるだけ早く水で流しておきましょう。乾燥してしまってからだとますます取れにくくなり、こびりついてしまうこともあります。

 

水で流しただけでは取れない場合は、専用のブラシやスクレーパーで刃の部分をなぞって落としてみてください。歯ブラシなどを使う方法もありますよ。洗剤を使う場合は、素材によってNGなものもあるので、取扱説明書などでチェックしておきましょう。

 

プラスチック製タイプは、ニオイ移りなどが気になってくることがありますが、ニオイを取りながら汚れも落とせるので、クエン酸や重曹などを使って漬け置き洗いにする方法がおすすめです。ただし、アルミ製のものには重曹は厳禁なためご注意ください。

まとめ

大根おろしは、おろし器やおろし方によっても食感や辛みなどの風味がいろいろ楽しめます。収納スペースや使い勝手などから我が家に最適なこだわりの商品を選んで、おいしい大根おろしを楽しみましょう。今回ご紹介した選び方やおすすめの人気商品もぜひ参考にしてくださいね。

おろし金を長持ちさせるお手入れ方法

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年09月06日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】生姜おろし器の人気おすすめランキング15選【セラミック製も紹介】

【2021年最新版】生姜おろし器の人気おすすめランキング15選【セラミック製も紹介】

調理器具
【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

【カレー研究家監修】レトルトカレーの人気おすすめランキング80選【2021年最新版】

レトルト・惣菜
おたまの人気おすすめランキング17選【人気の無印やシリコン製も!】

おたまの人気おすすめランキング17選【人気の無印やシリコン製も!】

調理器具
【2021年最新版】電動コーヒーミルの人気おすすめランキング16選【コンパクトモデルも】

【2021年最新版】電動コーヒーミルの人気おすすめランキング16選【コンパクトモデルも】

コーヒー・ティー用品
【2021年最新版】万能ハサミの人気おすすめランキング15選【魚や料理にも】

【2021年最新版】万能ハサミの人気おすすめランキング15選【魚や料理にも】

工具
キャンプで大活躍のアウトドアナイフの人気おすすめランキング20選【料理用・薪割り用】

キャンプで大活躍のアウトドアナイフの人気おすすめランキング20選【料理用・薪割り用】

アウトドアグッズ