【徹底比較】ホームルーターの人気おすすめランキング5選

記事ID6592のサムネイル画像

今やパソコンだけではなく、スマート家電や防犯カメラなど家の中でインターネットを利用する機器がますます増え、インターネットとの接続を行うホームルーターの重要度も増してきています。そこで、おすすめのホームルーターご紹介するとともに、詳しい選び方について解説します。

ホームルーターの基礎知識

ホームルーターとは、回線工事をすることなく簡単な設定をするだけで、家庭の中のパソコン、スマホ、タブレット、ゲーム機などの複数の機器と無線・有線で接続し、モバイル回線を通じて外部のインターネットに接続してくれる機器のことです。

 

IoT(Internet of Things)の普及と共に最近では通信機能を持ったさまざまなスマート家電なども現れてきました。ホームルーターはそれらの通信機能を持った機器も含めてインターネットと接続する重要な役割を担う注目のデバイスです。

 

ただし、ホームルーターは自分のライフスタイルや予算に合っているものでなければ意味がありません。そこで今回は、通信速度、通信回線、同時接続台数の観点からランキングを作成し、分かりやすくご説明します。

固定回線やモバイルルーターとの違いは?

通信機能を持たないパソコンやタブレットをインターネットに接続してくれる機器をルーターと呼びますが、接続の方法は光回線・ケーブルテレビ・ADSL などの「固定回線」と LTE や WiMAX などの「モバイル回線」に分かれます。

 

モバイルルータやホームルーターは「モバイル回線」を使用するルーターです。モバイルルーターは小型で持ち歩きタイプの主に個人用のルーター、ホームルーターは自宅やオフィス全体をインターネットが使用できる環境にする据え置きタイプの共用ルーターです。

 

モバイルルーターの電波の届く範囲は狭く約20mくらいですが、ホームルーターは約60mくらいまで届きますので、2階や離れた部屋まで電波を届けることができ、モバイルルーターの2〜3倍の数の機器に同時接続できるので大人数での利用が可能です。

ホームルーターはどんな人におすすめなの?

固定回線がまだ無い、自宅が固定回線のサービスエリアに含まれていない、引っ越したばかり、でもインターネットはすぐに利用したいという人には、届いたその日から電源に接続し簡単な設定を行うだけで使えるホームルーターはおすすめです。

 

最新機種には光回線と同等程度の通信速度を達成している機種もあるので、インターネットの利用は自宅がメインで、外出時にパソコンやタブレットを使用するときはWiFiポイントの利用やスマートフォンのテザリングで十分という方にもピッタリ。

 

また、家族が多い、部屋が分かれている、或は家の中で パソコン、ゲーム機、タブレット、スマートスピーカーや最近普及し始めたスマート家電など、多くの機器をインターネットと常時接続して使用したいという人にもホームルーターはおすすめです。

ホームルーターのメリット

ホームルーターはモバイル回線を使用するため、光回線のような開通工事は必要なく、当然工事費用の負担もありません。また、在庫があれば早いときには翌日届き、その日のうちに利用が開始できるところは大きなメリットです。

 

また、アンテナを内臓しているホームルーターは電波の送信距離が長いので、父親は書斎にいてパソコンで調べ物、母親はリビングで動画の視聴、子供たちは自分の部屋でゲーム、という様に複数の人が離れた場所でも安心して同時に利用できるのもメリット。

 

そして、同時接続台数がモバイルルーターよりも多いので、スマート家電や監視カメラを接続しておくと、家の外から家電を遠隔操作したり、家の中の状況をモニターしたりすることもできるので、その利用価値は日々向上しています。

ホームルーターのデメリット

ホームルーターのデメリットは、重量・サイズが大きく、バッテリーを備えていないため持ち歩きできないことと、光回線と比べ通信速度が遅いことが挙げられます。しかし、最新機種の中には光回線とほぼ同等程度の通信速度を実現している機種も登場して来ています。

 

また、モバイル回線には契約によっては3日間で通信容量が10GBを超えると速度が遅くなる通信制限がありますので、高画質の映画を楽しみたい、大容量のファイルを頻繁に送りたいという方は、ホームルーターの性能や回線のサービスプランの事前確認が必要です。

 

いつも身につけ持ち歩きしたい人には「モバイルルーター」、家やオフィス全体をカバーしたい人には据え置き型の「ホームルーター」と考えると、重い・大きい・バッテリーが無いなどのデメリットは問題にならないでしょう。

ホームルーターの人気おすすめランキング5選

5位

NECプラットフォームズ

Aterm PA-HT100LN-SW

価格:12,499円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしの方におすすめ!

同時接続台数が10台と、モバイルルーターを据え置き型にしたようなモデルです。モバイルルーターもクレードルと言う充電台にセットすると据え置き型での使用は可能ですが、購入費用がかかり、電波の届く範囲も狭く家全体を安定してカバーするのは難しいでしょう。

 

モバイル回線の契約がセットになっているホームルーターもありますが、SIMフリーであれば自分の予算に合わせて格安SIMなどを選択することもでき、回線を選べる自由は魅力です。また、タワー型とは異なり薄型なので設置しているのが気づかないくらいです。

 

通信速度は下り最大300Mbpsと十分な性能を実現しており、LANケーブルとも接続可能です。また、長時間の通電時に電池が発火するのではないかという心配もいりません。一人暮らしの方が低コストでストレスなく使用するのに最適な機種です。

サイズ幅130×奥行130×高さ37mm重量200g
通信速度(最大)下り300Mbps、上り50Mbps通信回線LTE (SIMフリー)
同時接続台数最大10台
4位

シンセイコーポレーション

novas HOME+CA FREE

価格:25,380円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな本格派!

SIMフリーのホームルーターです。通信速度は下り最大300Mbpsと、固定回線レベルではありませんが十分な高速通信を実現しています。有線LANポートが2つと無線LANが最大で16台、合計最大18台とホームルーターに必要な同時接続台数を確保しています。

 

特に、外付けの高感度アンテナがモバイル回線の電波をしっかりキャッチし、ハイパワーで出力できるので広い家でも隅々まで安定してインターネット利用が可能です。アンテナは可動式で、設置する環境に応じて最適な角度に調整が可能です。

 

回線工事が不要でSIMを用意すれば、簡単な設定でその日のうちにインターネットが楽しめる、小型ですがハイパワー出力の本格的なホームルーターです。

サイズ幅130×奥行69×高さ162mm重量317g
通信速度(最大)下り300Mbps、上り50Mbps通信回線LTE (SIMフリー)
同時接続台数最大18台
3位

NECプラットフォームズ

WiMAX HOME 01

価格:3,880円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2018年モデルでも実力は一級品!

WiMAX HOMEの2018年モデルで下りの通信速度や同時接続台数は2019年モデルのSpeed Wi-Fi HOME L02に及ばないものの、電波が弱い時に送信パワーを上げ通信品質を向上させるなど、ホームルーターの中ではまだまだトップレベルの性能を持ってます。

 

高性能なワイドレンジアンテナを搭載し、Wi-Fi機器の位置を検知し電波を集中して送信する技術「Wi-Fi TXビームフォーミング」によってWi-Fi電波が弱い場所でも通信を安定させられるので、2階建てや広い建物内でもストレスなく使用できます。

 

WiMAX回線は、3日間で10GB以上使用すると通信速度が遅くなる速度制限があり、通信速度、端末価格、各種特典などはプロバイダーによっても異なりますので事前に確認することをおすすめします。

サイズ幅70×奥行100×高さ155mm重量338g
通信速度(最大)下り440Mbps、上り75Mbps通信回線WiMAX2+ / au 4G LTE
同時接続台数最大22台
2位

SoftBamk

Air ターミナル4

価格:3,800円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

容量無制限、速度制限なし!

データ容量無制限がでスマートフォンやモバイルルーターのような容量超過による速度制限がないところが最大の魅力です。同時接続台数もホームルーターの中ではもっとも多く、接続機器の多い家庭や中小規模のオフィスにも十分対応できます。

 

通信速度は下り最大962Mbpsと光回線と同等程度を実現しています。データー量の大きいオンラインゲームや大容量のファイルを頻繁にやりとりするヘビーユーザーには、速度制限無しと合わせてとても魅力的な一台です。

 

モバイル回線は地域によって通信状態が悪いところもあり、モバイルルーターのスペック通りの通信速度が出ない場合もありますので、Air ターミナルの場合には必ずSoftBankに自分が住んでいる地域の通信速度などを確認してから契約するようにしましょう。

サイズ幅103×奥行103×高さ225mm重量635g
通信速度(最大)下り962Mbps、上り(ー)Mbps通信回線LTE(Softbank)
同時接続台数最大64台
1位

HUAWEI

Speed Wi-Fi HOME L02

価格:3,609円(税込)

公式サイトで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

固定回線なみの実力!

ホームルーターの中で通信速度は最速で、固定回線レベルを実現しています。ただし、3日間で10GB以上使用すると通信速度が遅くなる速度制限があり、通信速度や端末価格もWiMAXと4G LTE 回線では異なりますので事前に確認することをおすすめします。

 

指向性を持った4本の高感度アンテナによって360度全方位をカバーし、強力な電波によって広い範囲をカバーします。パソコン、スマートフォン、タブレットだけでなく、4Kなどの高画質動画を楽しむにはおすすめの一台です。

 

また、WiMAX HOME 01と同様に、スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し電波を集中して送信する技術「Wi-Fi TXビームフォーミング」によってWi-Fi電波が弱い場所でも通信を安定させられるので、2階建てや広い建物内でもストレスなく使用できます。

サイズ幅93×奥行93×高さ178mm重量436g
通信速度(最大)下り1000Mbps、上り75Mbps通信回線WiMAX2+ / au 4G LTE
同時接続台数最大40台

ホームルーターの選び方

ホームルーターは、SIMフリーのタイプ、回線業者やプロバイダーとの契約がセットになっているタイプの2種類がありますが、これはどのモバイル回線を使用するかという選択になります。一人暮らしでデータの使用量も少ないという方にはSIMフリーのタイプがおすすめ。

 

家族みんなで使いたい、インターネットを頻繁に利用したいなどの方には、回線サービスがセットになった容量無制限のタイプをおすすめします。また、ユーチューバーや仕事で大容量のファイルを頻繁にアップロードしたいという方には固定回線が良いでしょう。

 

このように、ホームルーターの選び方は通信速度、同時接続台数、電波の強さなどはの性能のチェックも必要ですが、使用する回線を格安SIM、モバイル回線、光回線などの固定回線の選択も重要になってきますのでどれを選んで良いか迷ってしまいます。

最初に通信速度を確認

インターネットの通信速度には「上り」と「下り」の2種類があります。「上り」はメール・写真・動画などの自分の情報を送る(アップロードする)時の速度、「下り」は逆にOSや、動画・ブログなどの情報を自分の端末にダウンロードする速度です。

 

ホームルーターを選ぶ際には、この「上り」「下り」の通信速度が自分の使い方に合っているかどうかが重要です。特にゲームや容量の大きな動画を楽しむには「下り」が遅いとストレスになるので30〜100Mbpsくらいは欲しいものです。

 

「上り」の速度については、アップロードする容量が大きいとそれだけ時間がかかってしまいますので、YouTuberのように大容量のデーターを頻繁にアップロードすると言うのでなければ、10〜50Mbpsを目安にしてはいかがでしょうか。

速度制限の規定もチェック

速度制限とは高速通信が一定以上の容量を超えたときに低速になるものですが、格安SIMの場合は高速通信自体は遅い訳ではありませんが月間の契約容量が少なく、1日の容量が1GBを超えると速度が200kbpsと一気に低速になるものなどがあり確認が必要です。

 

一方、Softbamkは速度制限がなく、WiMAXでは、人気のギガ放題プランで高速通信が3日間で10GBを超えると翌日の夜だけ最大通信速度が1Mbpsになります。10GBとはYouTube の超高画質動画7時間、高画質動画(HD)13時間、標準画質47時間程度が見られる容量です。

 

ホームルーターを選ぶ際には、自分だけではなく利用者全員の利用方法や大まかな通信容量などを確認し、機器の性能だけではなく回線業者やプロバイダーのサービスプランの内容が適しているかどうかを十分確認した上で選ぶことをおすすめします。

月額料金もチェック

モバイル回線のプランは、キャッシュバック、スマートフォンとセット割引、期間ごとに変化する月額料金などプロバイダーによってもさまざまで、中々わかりづらいところがあります。でも、ホームルーターを選択する場合には実質の料金を知っておく必要があります。

 

ここでは、プロバイダーなどを選択する目安として容量無制限の主なサービスプランに絞り、36ヶ月間の平均月額料金を計算しまとめました。ただし、月額料金だけではなく、自宅がサービスエリアに含まれているか、他の割引キャンペーンなども確認しましょう。

 

36ヶ月の平均月額料金は、登録費用は別としてホームルーター単体を利用する際の「回線料金」「端末価格」「キャッシュバック」などから算出したもので、2019年11月現在の金額です。価格改定や解約条件なども異なりますのであくまでも目安としてください。

モバイル回線 月額料金(36ヶ月平均、税別) 対応機種

モバコレAir

3,230円(※24ヶ月平均)

※端末36回分割払いの場合

Air ターミナル4

GMOとくとくBBのWiMAX 2+

3,366円(ギガ放題)

Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAX HOME 01

Broad WiMAX 3,573円(ギガ放題) Speed Wi-Fi HOME L02
カシモWiMAX 3,685円(ギガ放題)

Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAX HOME 01

SoftBank Air

3,800円(※24ヶ月平均)

※端末36回分割払いの場合

Air ターミナル4
So-net WiMAX 2+ 4,044円(ギガ放題) Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAX HOME 01

BIGLOBE WiMAX 2+ 4,263円(ギガ放題) Speed Wi-Fi HOME L02
UQ WiMAX

4,297円(ギガ放題)

※2年自動更新あり

Speed Wi-Fi HOME L02

WiMAX HOME 01

同時接続台数から選ぶ

同時接続台数とはスマートフォン、パソコン、タブレット、ゲーム機などが同時にホームルーターに接続し使用することができる端末の台数のことで、これは利用者の数と同じではありません。

 

防犯カメラ、アマゾン Echoのようなスマートスピーカー、その他スマート家電など今後ますますインターネットを利用する機器の増加が予想されます。ですから、同時接続台数はインターネットと接続する端末数と考えホームルーターを選択しましょう。

 

目安としては、一人暮らしの場合には10〜20台、家族のいる家庭では20〜40台、中小のオフィスでは40〜60台と、できれば利用者にプラスして10〜20台くらい余裕を持っていた方が良いと思います。

 

ホームルーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5222407の画像

    HUAWEI

  • 2
    アイテムID:5222410の画像

    SoftBamk

  • 3
    アイテムID:5222414の画像

    NECプラットフォームズ

  • 4
    アイテムID:5222412の画像

    シンセイコーポレーション

  • 5
    アイテムID:5222413の画像

    NECプラットフォームズ

  • 商品名
  • Speed Wi-Fi HOME L02
  • Air ターミナル4
  • WiMAX HOME 01
  • novas HOME+CA FREE
  • Aterm PA-HT100LN-SW
  • 特徴
  • 固定回線なみの実力!
  • 容量無制限、速度制限なし!
  • 2018年モデルでも実力は一級品!
  • コンパクトな本格派!
  • 一人暮らしの方におすすめ!
  • 価格
  • 3609円(税込)
  • 3800円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 25380円(税込)
  • 12499円(税込)
  • サイズ
  • 幅93×奥行93×高さ178mm
  • 幅103×奥行103×高さ225mm
  • 幅70×奥行100×高さ155mm
  • 幅130×奥行69×高さ162mm
  • 幅130×奥行130×高さ37mm
  • 重量
  • 436g
  • 635g
  • 338g
  • 317g
  • 200g
  • 通信速度(最大)
  • 下り1000Mbps、上り75Mbps
  • 下り962Mbps、上り(ー)Mbps
  • 下り440Mbps、上り75Mbps
  • 下り300Mbps、上り50Mbps
  • 下り300Mbps、上り50Mbps
  • 通信回線
  • WiMAX2+ / au 4G LTE
  • LTE(Softbank)
  • WiMAX2+ / au 4G LTE
  • LTE (SIMフリー)
  • LTE (SIMフリー)
  • 同時接続台数
  • 最大40台
  • 最大64台
  • 最大22台
  • 最大18台
  • 最大10台

まとめ

ホームルーターは通信速度や同時接続台数など色々なタイプがありますので、自分の予算、利用者数、使い方などを整理してから選ぶことをおすすめします。その際には、今回のランキングや選び方などを参考に、自分にピッタリのホームルーターをを見つけてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ