足元ヒーターの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID6589のサムネイル画像

足元ヒーターは寒い冬の強い味方!オフィスで、プライベートで、ホッと一息入れたいリラックスタイムで、大活躍してくれるアイテムですよね。そんな足元ヒーターを購入したいと考えている方のために、さまざまな観点から考えたおすすめランキングをご紹介します。

足元ヒーターで寒い冬を乗り切ろう!

足を重点的に温めてくれる足元ヒーターはさまざまなシーンで活躍してくれる、冬のマストアイテムです。暖房がない部屋で使うのはもちろん、足元が冷えがちなオフィスなどでも活用している人が多数!

 

また足元だけを温めるため、通常の暖房器具よりも電気代が節約できると大好評です。そんな足元ヒーターを今年はゲットしたいと考えている方も多いことでしょう。しかし、足元ヒーターの商品ラインナップはたくさんあります。どれにしようか迷ってしまいますよね。

 

そんな方のために、今回は足元ヒーターのおすすめランキングをご紹介します。ランキングの基準は設置場所、機能性、サイズ、電源です。ぜひ足元ヒーターを購入するときの、参考にしてください。

足元ヒーターおすすめランキング15選

15位

Veramz

足元ヒーター

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足を入れれば至福の時間!

ブーツのような形をしている足元ヒーター。足を全体的に包んでくれるので、足先が冷えてどうしようもないという方にも大変おすすめです。足をすっぽりと入れてしまうことで、足先からじんわりとした暖かさを体感できるおすすめのアイテムです。

タイプ床置き本体サイズ約35×28×20cm
重量458g電気代-
温度調節機能-

口コミを紹介

とりあえず生地の感じはふわふわで肌触りが気持ち良いです。付属のUSBをさして温まるのですが、思いのほか早く温まってくれました。温かさも長く足を入れておける丁度良い感じです。冬場は足先が冷えるとヒリヒリしちゃうので、これから寒くなる季節には活躍してくれると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

EagleJapan.Ltd

2wayデスクヒーター

価格:6,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンドタイプとしても使える!

デスク裏などに貼り付けて使えるだけではなく、スタンドタイプとしても活用できる、とても優秀な足元ヒーター。小型でありながらも、電気代も大変リーズナブル。1時間でわずか1.1円ほどしかかかりません。

 

また、6.5時間使うと自動的に電源が切れる、安全タイマー付きの足元ヒーターです。安全性を重要視しているのであれば、ぜひおすすめです。

タイプパネル本体サイズ幅430×高さ340×奥行30mm
重量2.8kg電気代弱(50W)、強(100W)、
温度調節機能

口コミを紹介

人知れず机の下が温かいです。音も匂いもなく、そしてしっかりとした造りです。
磁石もとても強力で動くことなく、安定感抜群です。
ちょうど良い温かさですし、電源も切り忘れ防止で勝手に切れてくれていますので安心です。オススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

WONNIE

小型ファンヒーター

価格:3,380円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足元だけではなく、体を温めるのにも使える!

コスパの良い足元ヒーターをお探しならば、こちらのコンパクトタイプの小型ヒーターを検討されてはいかがでしょうか。3段階の温度調節ができるだけではなく、安全対策もバッチリとされている、とっても使いやすいヒーターです。

 

足元に置いて足元ヒーターとして使うのはもちろんのこと、テーブルなどに置けば上半身を温めるのにも重宝します。さまざまな使い方ができる、コスパと機能性を兼ね備えた足元ヒーターをぜひ。

タイプスタンド型本体サイズ200幅X160長X270mm高
重量1.4Kg電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

エアコンの暖房だと電気代が高いので節約のため、安さと評価でこちらを選びました。
動作なども問題なく、小さいのにとってもあったかくしてくれて大満足です!部屋が狭いので、このヒーターだけで十分温まりました。机の下に置いて足元から部屋全体までぽかぽかです。耐久性等はまだ届いたばかりなので、何かあったら追記したいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ホットマット

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで使いやすい!マットタイプのヒーター

コンパクトで使いやすいものが欲しい、軽い足元ヒーターが欲しい、なんて方におすすめのマット型の足元ヒーターがランキングに入りました。数々の商品を発売している、アイリスオーヤマの商品の中でも、大変人気があり愛用者も多いです。

 

その性能は、肌触りの良いマット部分、3段階の温度調節機能、40×40cmというコンパクトなサイズ感など、1人で使うのにはピッタリなアイテムとなっています。

 

これでは小さすぎるという方は、同じシリーズのサイズ違いが販売されていますのでぜひチェックをしてくださいね。

タイプマット本体サイズ40×40cm
重量400g電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

うちの猫は2匹ともにこれが大好きです。うちに届いたその日からちゃんと乗ってくれました。温度調整があるのも良いですね。弱で十分温かいみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

ZENKEN

足元ヒーター スポットウォーム

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスクに貼り付けるアイデア商品

強力マグネットでデスクにピタリと貼り付けられる、とっても斬新かつ面白い足元ヒーターです。コンパクトサイズで、小さなデスクにも気軽に使えるだけではなく、ピンポイントで足を温めたい方にも大変おすすめです。

 

足元ヒーターは安定感が悪いというイメージを持っている方もご安心ください。しっかりとしたマグネットで貼り付けられるため、ちょっとした衝撃で外れる心配はありません。

 

足先、太もも、ふくらはぎなど、温めたいところに自由に使える便利ヒーターです。

タイプパネル本体サイズ幅43.5×高さ34.5×奥行3.0㎝
重量約1.9kg電気代1時間約3.3円(150W)
温度調節機能

口コミを紹介

会社で足元、特に爪先が冷えて困っていたため購入。
爪先から膝までポカポカしっかり暖まるので、次第に上半身まで暖かくなる感じです。
社内の暖房が効いてくると逆にポカポカし過ぎて暑くなり、途中で切ることもある位です。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

広電(KODEN)

カバー一体型 電気マット

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超省エネ!1日使っても電気代はわずか10円

足元ヒーターを一日中使用するという方にぜひおすすめしたいのが、省エネタイプのこちらの商品です。その電気代は1時間でわずか0.37円。1日使っても10円未満という、驚きのリーズナブルさです。

 

マットタイプなので、火傷の心配も少なく、倒れて家事になってしまった!なんてことも少なく安心です。温度コントロールも可能、マットのカバーは大変肌触りもよく、高級感のある見た目なので、プレゼントとしても大変おすすめです。

 

ソフトで滑らかなタッチの足元ヒーターが欲しいという方には、ぜひご検討くださいますようにお願いいたします。

タイプマット本体サイズタテ40×ヨコ40cm
重量0.42g電気代27W
温度調節機能-

口コミを紹介

窓際の席のため、スキマ風が寒くて足元が冷え「耐えられん!」ということで購入。
本当に小さいです。なので、足元を温めるだけなら十分。
わたしは、電気マットとひざ掛け2枚を駆使して、ミニおこた状態にしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

森永エンジニアリング

コンパクトフットヒーター(竹踏みヒーター)

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹踏み型の足元ヒーター

竹踏みが好きな方にはぜひ試したいただきたい、少々変わった足元ヒーター。足をふみふみすることでマッサージできる竹踏み型の足元ヒーターは、足裏を刺激しながらポカポカと温められると人気を集めています。

 

足が常に疲れているという方、足を温めるだけではなく程よくマッサージしたい、消費電力が低いものが欲しい、なんて方にも選ばれている商品です。

タイプ床置き本体サイズ幅450mm×奥行115mm×高さ35mm
重量750g電気代15W
温度調節機能-

口コミを紹介

前後長が短いので、指と土踏まずを同時に温めるというようには足は置けませんが、青竹のような形は机の下に置いて足をのせておくのはなかなか快適です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

メトロ電気工業

木枠フットヒーター

価格:8,558円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足を直接置ける足元ヒーター

ちょっと変わったデザインの足元ヒーターはいかがでしょうか?こちらは、ヒーターの上に直接足を乗せることができます。素足で使うと、とっても心地が良いのだとか。

 

素材は木を使っているので、素足に感じる感触と、程よい暖かさが癒されます。

 

オフィスシーンで使うようというよりは、自宅のデスクワーク時に使うのがおすすめです。足を直接温めたいという方、お子さまの勉強用の足元ヒーターが欲しいという方にも選ばれている商品です。

タイプ床置き本体サイズ幅49×奥行21.8×高さ10.7cm
重量 約3.0kg電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

テーブルの下に置いています。こちらの商品とテーブルの寸法にあうテーブルクロス(こたつ用)をニトリで購入して、熱が逃げないように使用しています。1月のこの時期は神奈川県でも寒いので使います。今はお食事用のテーブルで使っていますが、大人と子供の机にもサイズの小さいハロゲンを購入しようと検討中です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

KEYNICE

ファンヒーター

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

わずか2秒でポッカポカ!

電源をつけてからわずか2秒で暖かくなるという、大変ハイスペックかつ、高機能なファンヒーター。寒い部屋に帰宅したとき、あまりの寒さに泣きたくなることありませんか?そんな経験のある方におすすめしたいファンヒーターでもあります。

 

足元ヒーターでは暖かさが足りないという方、オフィスやデスク下で使えるタイプだけど、とにかく温かい物が欲しいという方にも愛されている商品です。ハイパワー足元ヒーターをお探しの方はぜひ!

タイプスタンド型本体サイズ18 x 23.5 x 15 cm
重量1Kg電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

ワンコ用に購入しました。
冬場はゲージ付近寒くなるので今年はヒーターをおいてあげることにしました。
試運転したところすぐに暖かい風がきてゲージ付近をあたためるにはすごくよいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

椙山紡織

ホットマルチヒーター

価格:3,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製!足を入れればポカポカあったか

足がとにかく冷える、足先を重点的に温めたい!なんて方に大変おすすめなのがこちらのホットマルチヒーター。足をヒーターは付いた中に入れるだけで、冷えている足先がすぐにポッカポカになってくれます。

 

デスクワーク時はもちろん、寝るときや、テレビを見ているとき、読書やスマホをしているときにも大変おすすめです。安心と安定の日本製というのも、嬉しいポイントですよね。足をすっぽり覆うタイプの床置き足元ヒーターをお探しならばぜひご検討ください。

 

ちなみにAmazonや楽天などでも人気が高く、オフィス用、自宅用など複数個購入されている方も多いですよ。

タイプ床置き本体サイズ-
重量921g電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

実物は、おもいのほか大きめでつくりもいかにも日本製ってかんじのしっかりして見栄えが良いです。柔らかくてあたたかい素晴らしい商品だと私は思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

グリーンウッド

2WAY暖房機

価格:6,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦置きも横置きも可能!

縦置きも横置きもできるとっても便利な足元ヒーター!さらには床に直置きすることで、マットタイプとしても使用可能です。スタンド型で足全体を温めるのもOK。床に置くことで、足裏からジンワリ温めることもOKと大変優秀なアイテム。

 

さらに足温器カバーもついているのも嬉しいポイントです。デスクの下に置くのも良し!リビングで使うのも良し!プライベートで使うのも良し!などなど、さまざまなシーンで使うようにしてみましょう。

タイプパネル本体サイズH378×W515×D160mm
重量3.5Kg電気代〔最小〕30W、〔最大〕150W
温度調節機能-

口コミを紹介

金属製の机の下(足元の奥)に置いて使用しています。
足の寒さから解放され、更に机の温度もほどよく上がる為
とても快適です。手放せなくなると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ドウシシャ(DOSHISHA)

セラミックヒーター

価格:7,634円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足湯に入っているような心地良さ

足元から出る温風が心地よい、足元ヒーターが第4位に入りました。足を包みこむように温風が温めてくれるので、まるで足湯に入っているような心地良さを体感できます。

 

足先が特に冷えるという方や、足先だけを温めたい方、あまり強い温風は苦手という方におすすめ。

 

ちなみに温度調節ができるだけではなく、タイマーもついているため安心、安全に使うことができるというのも嬉しいポイントです。プライベートシーンではもちろん、オフィスなどでも気兼ねなく使ってくださいね!

タイプ縦置き本体サイズ33×20×28.5cm
重量2Kg電気代130W
温度調節機能

口コミを紹介

本当、足湯の様にじんわり。ずっと当たっていても熱過ぎず音もとても静か!色々物を置いてる会社のデスクの下に場所取らずピッタリでした。以前は小型ファンヒーターでしたが熱すぎても足先の冷えは解消しなかったからこれは最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

パナソニック(Panasonic)

デスクヒーター

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスク下に置きたい人に大人気!

大手メーカーのパナソニックから発売されているパネル型の足元ヒーター。デスクの下にすっぽりと収まるスリムタイプのヒーターでありながら、足元をしっかりと温めてくれるのです。

 

またこちらの製品は省エネタイプのものであり、その電気代は1時間で10円未満!ランニングコストは抜群です。その証拠に、Amazonなどの通販サイトでも常にランキング上位にランクインしています。

 

とにかく暖かくしてくれる足元ヒーターが欲しいという方、大手メーカーの安心できる製品を使いたいという方、さらには省エネタイプのものが欲しいという方はぜひご検討ください。

タイプパネル本体サイズ30 x 45 x 48 cm
重量2.24Kg電気代1時間10円未満
温度調節機能

口コミを紹介

スイッチを入れるとほんのり暖かくなってきて、熱すぎず。スイッチのオンオフも簡単で楽です。コンセントの位置がデスクから少し離れているので、もうちょっとコードが長いと助かりましたね。あとやっぱりタイマーがあるともっといいですけど。お値段や手軽さを考えると、許せる範囲です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

デスクヒーター

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コタツのような使い方ができる足元ヒーター

ランキング第2位に輝いたのは、デスクの下に簡単に取り付けられるコタツタイプの足元ヒーター。木製デスクには両面テープで、金属デスクには強力マグネットで簡単に取り付けられる優れもののアイテムです。

 

上のカバーは簡単に取り外しができるだけではなく、洗濯も可能なのでいつでも清潔にお使いいただけます。足元が冷えて仕方がないという方、カバーを取り外しできるものがいいという方、こたつがとにかく大好きだという方におすすめです。

 

ちなみにAmazonや楽天などの各種通販サイトでも大人気のアイテムで、口コミ表も大変良いです。中には何度も購入しているリピーターもたくさんいらっしゃるようです。

タイプパネル本体サイズ幅46.0×奥行35.0×高さ3.0㎝(本体のみ)
重量0.88kg電気代-
温度調節機能

口コミを紹介

会社の階段が吹き抜けのようになっているため、昼間は1階の熱気が集まるので2階のフロワーは暖かいのですが、夜残業中は寒いので、使用しております。他の方のレビューを参考に「強力マグネット」を張って使用しています。そのお陰で引き出しを引いたりしても落ちてきません。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Miriyon

遠赤外線デスクヒーター

価格:5,478円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工夫次第で使い方は無限大!

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングでも大人気の足元ヒーターがランキング1位に輝きました。パネル式の足元ヒーターで、3方向から温めてくれるパワフルなアイテムです。スタンドタイプになっているため、下半身を全体的に温めます。

 

さらに注目していただきたいのは、工夫次第でさまざまな使い方ができるという点です。普通に使うのもいいですが、上からブランケットをかければコタツのように使うことも可能。熱を籠らせることで、さらに暖かさが増すのもいいですよね。

 

さらに、折り畳めるのでシーズンオフの時でも収納がコンパクトにできるのも嬉しいポイントです。オフィスシーン、プライベートシーンなど、足元ヒーター選びに困っている方は、ぜひこちらの商品の購入を検討してくださいね。

タイプパネル型本体サイズ幅40.0×奥行30.0×高さ51.0㎝
重量1.98㎏電気代1時間3.8円
温度調節機能

口コミを紹介

受験生の息子に足元が冷えないように購入しました。
3方向から温めてくれるので、足元がとてもあったかいです。これから冬に向けて大活躍しそうです。デザインも余計な柄など入って無くてシンプルで気に入ってます

出典:https://www.amazon.co.jp

足元ヒーターの選び方

足元ヒーターの選び方を知っていれば、自分の理想とする商品に出会えるかもしれませんよ。ぜひ、ランキングを参考にしながら足元ヒーターを選ぶポイントを抑えておきましょう。

タイプで選ぶ

足元ヒーターを選ぶ時にまず考えていただきたいのがタイプについてです。どのように設置をしてどのように使っていくかによって、温まり方や使い方がガラリと変わってきます。ぜひ、設置方法についてしっかりと把握しておくようにしましょう。

マット型

床置きタイプのマット型は、足元からジンワリと温めたい方に大変おすすめなタイプです。足をマットに乗せることで、足裏から温めることができるので下半身全体を徐々に温めてくれます。

 

あまり暑すぎる足元ヒーターは苦手という方や、床下からの冷気をシャットダウンしたいという方に大変おすすめのタイプです。

スタンド型

スタンド型の良い点は、足元だけではなく下半身全体を温められるという点です。熱の強さも調節できますので、隙間風が入ってくるような場所や、暖房器具が他にない場所で使うのがおすすめです。

 

ただし、スタンド型は火事や低温火傷の原因になりやすいので注意が必要です。安定感のある商品を選ぶのと同時に、倒れたら自動で電源が切れるなどのセーフティー機能が付いていると安心ですね。

パネル型

デスクの下に取り付けて温まれるパネル型はオフィスで使いたい方におすすめです。机をコタツのように使えるので、下半身全体を温めることができるだけではなく、長時間使っても苦になりにくいのです。

 

また、足を囲うように立てるタイプもあります。これは足を全体的に温めるため、さらにポカポカとした使い心地を味わえます。体の芯からポカポカと温まりたい方や、冷え性でお悩みの方に大変おすすめです。

音で選ぶ

オフィスなどのシーンとした場所で使うのであれば静音タイプを選ぶようにしましょう。マットタイプの物ならば音はほとんどならないでしょうが、スタンド型は場合によっては大変音が五月蝿く感じてしまうこともあります。

 

熱量が大きくなればなるほど、作動音は大きくなりますので、選ぶ時は静音タイプか否かをチェックし、使う状況を考えながらチョイスするようにしましょう。

大きさで選ぶ

音だけではなく大きさについても選ぶようにしましょう。オフィスなどのデスク周りで使うのであれば、コンパクトなタイプの足元ヒーターがおすすめです。また、目立ちにくいデザインの物を選ぶとオフィスでも気兼ねなく使えます。

 

自宅で使う場合や、広い場所で使うのであれば、サイズが大きいものを選ぶと良いでしょう。これは、サイズが大きい方が温かくなりやすく、機能もたくさん付いているものが多いためです。

 

小型、大型、どちらにもメリットとデメリットはありますので、自分が使う状況や、どのようなポイントを重要視するかを考えながら選ぶようにしましょうね。

収納性で選ぶ

シーズン物である足元ヒーター。やはり収納性については見逃せないポイントだと言えるでしょう。足元ヒーターを使う時期は短いですから、一年間のうちで収納をしている期間の方が長くなります。

 

そのため、あまりにもサイズが大きすぎるものを選んでしまうと、収納できる場所がなくて困ってしまうかもしれません。足元ヒーターをしまう場所を確保できないのであれば、折り畳めるものや、邪魔にならないコンパクトなタイプを選ぶようにしましょう。

電源で選ぶ

足元ヒーターを選ぶ時に重要なのは「電源」です。多くの場合はコンセントを使って動くタイプですが、中にはUSBタイプや充電タイプもあります。

 

あまりにも大きなものはコンセントでしか動かないタイプがほとんどでしょうが、小型タイプならばUSBなどで気軽に使えます。ぜひ、購入をする時は電源についてもしっかりと把握しておくようにしましょう。

省エネタイプ

長時間使うのであれば、省エネタイプかどうかをチェックするのも忘れないでおきましょう。最近は、電気代節約のために足元ヒーターを使う人も多いですが、選ぶ商品を間違えてしまうと、通常の暖房器具よりも電気代がかかってしまうこともあります。

 

足元ヒーターを選ぶ時は、電気代がどれくらいかかるのか、省エネタイプなのか否かなどに注目をしながら選んでみましょう。

安全性で選ぶ

特にスタンド型を選ぼうと思っている方は、安全性についても注意をしましょう。足元ヒーターはデスクや机の下に置くものがほとんどなので、熱がこもりやすく低温やけどの事故などが起こりやすいと言われています。

 

足元ヒーターを選ぶときは、温度調節機能が付いているものを選ぶ他に、安全のために人感センサー付き、タイマー付きのものを選ぶと安心ですね。

足元ヒーターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5208443の画像

    Miriyon

  • 2
    アイテムID:5209259の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5209282の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:5209293の画像

    ドウシシャ(DOSHISHA)

  • 5
    アイテムID:5209303の画像

    グリーンウッド

  • 6
    アイテムID:5209317の画像

    椙山紡織

  • 7
    アイテムID:5209336の画像

    KEYNICE

  • 8
    アイテムID:5209342の画像

    メトロ電気工業

  • 9
    アイテムID:5209350の画像

    森永エンジニアリング

  • 10
    アイテムID:5209358の画像

    広電(KODEN)

  • 11
    アイテムID:5209364の画像

    ZENKEN

  • 12
    アイテムID:5209370の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 13
    アイテムID:5209374の画像

    WONNIE

  • 14
    アイテムID:5209383の画像

    EagleJapan.Ltd

  • 15
    アイテムID:5209386の画像

    Veramz

  • 商品名
  • 遠赤外線デスクヒーター
  • デスクヒーター
  • デスクヒーター
  • セラミックヒーター
  • 2WAY暖房機
  • ホットマルチヒーター
  • ファンヒーター
  • 木枠フットヒーター
  • コンパクトフットヒーター(竹踏みヒーター)
  • カバー一体型 電気マット
  • 足元ヒーター スポットウォーム
  • ホットマット
  • 小型ファンヒーター
  • 2wayデスクヒーター
  • 足元ヒーター
  • 特徴
  • 工夫次第で使い方は無限大!
  • コタツのような使い方ができる足元ヒーター
  • デスク下に置きたい人に大人気!
  • 足湯に入っているような心地良さ
  • 縦置きも横置きも可能!
  • 安心の日本製!足を入れればポカポカあったか
  • わずか2秒でポッカポカ!
  • 足を直接置ける足元ヒーター
  • 竹踏み型の足元ヒーター
  • 超省エネ!1日使っても電気代はわずか10円
  • デスクに貼り付けるアイデア商品
  • コンパクトで使いやすい!マットタイプのヒーター
  • 足元だけではなく、体を温めるのにも使える!
  • スタンドタイプとしても使える!
  • 足を入れれば至福の時間!
  • 価格
  • 5478円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 7634円(税込)
  • 6450円(税込)
  • 3530円(税込)
  • 4680円(税込)
  • 8558円(税込)
  • 9500円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 3380円(税込)
  • 6580円(税込)
  • 2500円(税込)
  • タイプ
  • パネル型
  • パネル
  • パネル
  • 縦置き
  • パネル
  • 床置き
  • スタンド型
  • 床置き
  • 床置き
  • マット
  • パネル
  • マット
  • スタンド型
  • パネル
  • 床置き
  • 本体サイズ
  • 幅40.0×奥行30.0×高さ51.0㎝
  • 幅46.0×奥行35.0×高さ3.0㎝(本体のみ)
  • 30 x 45 x 48 cm
  • 33×20×28.5cm
  • H378×W515×D160mm
  • -
  • 18 x 23.5 x 15 cm
  • 幅49×奥行21.8×高さ10.7cm
  • 幅450mm×奥行115mm×高さ35mm
  • タテ40×ヨコ40cm
  • 幅43.5×高さ34.5×奥行3.0㎝
  • 40×40cm
  • 200幅X160長X270mm高
  • 幅430×高さ340×奥行30mm
  • 約35×28×20cm
  • 重量
  • 1.98㎏
  • 0.88kg
  • 2.24Kg
  • 2Kg
  • 3.5Kg
  • 921g
  • 1Kg
  • 約3.0kg
  • 750g
  • 0.42g
  • 約1.9kg
  • 400g
  • 1.4Kg
  • 2.8kg
  • 458g
  • 電気代
  • 1時間3.8円
  • -
  • 1時間10円未満
  • 130W
  • 〔最小〕30W、〔最大〕150W
  • -
  • -
  • -
  • 15W
  • 27W
  • 1時間約3.3円(150W)
  • -
  • -
  • 弱(50W)、強(100W)、
  • -
  • 温度調節機能
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

理想的な足元ヒーターは見つかりましたか?Amazonや楽天などで人気の商品はもちろん、実際に足元ヒーターを愛用している人の、リアルな口コミも含めてランキングでご紹介してみました。ぜひ、今回の記事を参考に理想の足元ヒーターを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ