自転車のレインカバーの人気おすすめランキング15選【2019最新版】

記事ID6502のサムネイル画像

自転車は金属で出来ているため、雨に晒されると何らかの問題を引き起こします。そのために活躍するのがレインカバーです。レインカバーがあれば、自転車や荷物が雨にぬれずに済みます。ここでは、自転車のレインカバーの内、人気おすすめランキングを紹介していきましょう。

レインカバーで愛車や子どもを守りましょう

自転車のレインカバーには、大きくわけて2つのものがあります。ひとつは自転車を停車している際、雨に濡れないようにするためのカバーで、こちらは自転車全体を覆うのが特徴です。

 

もうひとつのレインカバーが、自転車に乗っているとき、前や後ろに備え付けるためのレインカバーです。こちらは子どもや荷物が雨に濡れることを防ぐことができます。雨の間に移動しなければならないときも、こうしたレインカバーをつけておけば安心です。

 

しかし、レインカバーは何を基準に選べばいいのか悩んでしまうと思います。そこでここでは、数あるレインカバーを、用途・デザイン・価格の面から選出し、おすすめランキングを紹介していきましょう。

15位

Eastshining

Eastshining 自転車カバー 210D

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐風性と防水性ばっちり

こちらの商品は、風雨の両方に対して高い耐性を誇るレインカバーです。本体は軽いものの、商品の中に風で飛ばないように固定することのできるパーツが補完されているので、風にさらされても問題ありません。

 

普段使いとしても扱いやすく、風を受けてもバタつかないため、置き場所に困るということもありません。総合的に、大変使いやすい一品といえるでしょう。

用途停車時用撥水以外UVカット

口コミを紹介

雨に直接当たる所には置いていないので耐水性については不明
ですが、軽く水をかけた感じでは綺麗に水をはじいていました。
裾は部分的にゴムで軽く絞ってあるのでバタつかず綺麗に自転車
に被せる事が出来ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

DIZA100

DIZA100 【最新版】自転車カバー

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防犯性能もある一品

こちらのレインカバーは撥水加工だけに限らず、防犯加工まで施されているのが特徴的です。厚手で水が染み込まないしっかりとした造りに加えて、カバーに鍵がついています。これのおかげで、万が一に盗まれるということを防ぐことが可能です。

 

防犯性能に関しても撥水性能に関しても一品級なので、初心者の方にもおすすめしたたい商品といえます。

用途停車時用撥水以外防犯ロック

口コミを紹介

撥水効果がよく、鍵をつけておく穴があるので盗まれる心配も風で飛ばされる心配もない。
他のレビュアーさんも書いてましたが、最近の異常気象で風にあおられて自転車が飛ばされないように気を付けるのみですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Ohuhu

Ohuhu 自転車カバー 210D

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で丈夫

こちらの商品は、低価格で丈夫な点が特徴的なレインカバーです。価格は2000円以下と非常に安く、その上、丈夫で撥水加工も施されています。全体的に使いやすい上、しかも長く使うことができます。はじめての人におすすめできる商品です。

用途駐車時用撥水以外UVカット

口コミを紹介

生地は300番台のため多少ゴワゴワしていますが、逆に信頼性や丈夫さを感じます。
ホームセンターや自転車量販店でもこれほど丈夫なカバーは置いておらず価格もこれより高いので、おすすめの製品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Double Elite

自転車レインカバー 子供乗せ自転車

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つけっぱなしでも問題のないカバー

こちらのレインカバーは、運転中、子どもが雨に濡れないようにつけることのできるレインカバーです。このカバーをつけていれば、通園中に雨が降り出しても、わざわざ着替えを持っていく必要がありません。

 

このカバー特有のメリットとして、入り口が広い点も挙げられます。乗ったり降ろしたりするのが楽なので、通園・通学など、頻繁に使う人におすすめです。

用途運転時撥水以外UVカット

口コミを紹介

サイズ通りピッタリと装置できシワもならず、見た目もとても綺麗です。ビニール部分の曇りもなく、視界も広く、イヤイヤ期の子供も嫌がらず乗っててくれて助かります。取り付けもとても簡単で、入り口は大きく開くので、子どもの乗せ下ろしが楽で、大好物です。よい買い物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

マルト(MARUTO)

マルト(MARUTO) 自転車屋さんのポンチョ

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レインコートとレインカバー兼用

こちらの商品は高い汎用性を秘めているレインカバーです。まるでポンチョのような形で自分の体を覆うことができます。通常のレインコートと異なり、全身と前方の籠を覆うことのできる商品です。買い物に自転車を使う人におすすめできるものといえるでしょう。

用途運転時撥水以外特になし

口コミを紹介

頭からすぽっとかぶるだけの簡単着用でありながら、ワンタッチで前かごもカバーするこの利便性の塊。すごいですね・・・イライラな雨の日の自転車が驚愕レベルの快適度に激変、これは驚くしかないですwww もう傘には戻れん・・・w

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

マルト(MARUTO)

[ハイバックリアチャイルドシート専用レインカバー]

価格:3,565円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子どもを雨風から守る

こちらの商品は、自転車の後ろに乗っている子どもを保護することを目的としたレインカバーです。四方に取り付けるタイプであるため、どんな位置からの雨であっても防ぐことができます。ただし、特定のチャイルドシートでなければ使うことができないので注意しましょう。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

ファスナーの持ち手が大きくてやりやすい。
たたむときもきちんともとのサイズになる。
水が染みてこない。文句なし。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SHINE HAI

Qimh 自転車レインカバー

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

つけやすいレインカバー

こちらのレインカバーは、その簡素な造りが特徴的なレインカバーです。開けやすく、そして締めやすいのが特徴的になっています。子どもを送るときは日常的に開け閉めをすることが多いので、この点は大きなメリットとなるでしょう。

 

しかも、子どもの身を預けるのに最適な丈夫な布地を採用しているのも特徴です。子どもを預けるなら良いスペースを、と考えているのなら、おすすめしたいレインカバーです。

用途子どもの保護撥水以外開け閉め簡単

口コミを紹介

やはり子供を自転車で送り迎えする時に必要だと思い、購入するつもりだけど、以前使用していた自転車レインカバーのファスナーの開閉が悪かったし、まただめな商品を買うのは嫌なので、結構時間をかけて、探してきた。この商品はよいレビューがあったので、購入してみた。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

SHINE HAI

Qimh 自転車レインカバー

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめで子どものことを考えたレインカバー

こちらの商品は、子どものことを考えたレインカバーです。第一に視界が広く、乗ったときに子どもが不安がりません。さらに入り口が広く、子どもにとっても快適です。また、撥水性能だけではなく通気性についても考えらています。

 

そのおかげで夏などの暑い時期でも問題なく快適な空間を作ることが可能です。子どもに少しでも快適な空間を提供したいという方におすすめです。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

ファスナーの開閉が良好とレビューに記載があったので、購入してみました。
実際は、引っかかりはなく、スムースに動くので、雑に扱わなければ、長持ちしそうです。
以前使っていた物よりも通気性が良さそうなので、夏の暑さを軽減できていると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

RAYWILL

子供乗せ自転車チャイルドシート レインカバー

価格:6,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雨が降っていないときも使えるレインカバー

こちらのレインカバーは、雨が降っていないときでも使うことのできる有用なレインカバーです。通気性のよさと視界の広さを両立しているため、雨が降っていないときでも子どもの保護を目的にして使うことができます。

 

さらに商品の質もよく、耐久度も高めになっています。せっかく商品を購入するのなら長く、色々な場所で使える商品が欲しいという方におすすめしたいものです。

用途運転中撥水以外雨の時以外にも

口コミを紹介

屋根部分の浸水は、長く雨ざらしになるときに、背面ポケット内に用意しておいたポリ製ゴミ袋でも被せておけばOKだし、更に防水スプレーでもしておけば対応できます。

生地も厚くしっかりした商品でした('ω`)ありがとうございました❗

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

マルト(MARUTO)

マルトファッション前バスケットカバー

価格:1,171円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

荷物を雨から守る

こちらのレインカバーは、籠の中の荷物を雨から守ってくれるものです。籠の中の荷物が雨に触れるのを保護してくれるので、その点は非常に有用となっています。値段も安く、荷物を取り出すのも簡単なので、手軽で使いやすい商品を求めている方はとてもおすすめです。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

100均のだとカゴより少し小さめだし、ファスナーも閉めにくかったり使いにくかったので、大変快適になりました。
これなら1000円払ってもいいかなという感じです。
ファスナーが後ろ開きなのも重要なポイントですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

Convida

Convida

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性の高さがあるレインカバー

こちらの商品は非常に高い汎用性を誇るレインカバーです。画像のように全方位を覆うカバーであることはもちろん、開け方も簡単です。そのうえ折りたたんでしまうことができ、着脱も簡単と、レインカバーに求められる点はすべて備えています。

 

品質の高い商品が欲しいという方には、ぜひおすすめしたい商品といえるでしょう。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

梅雨の季節だずっと雨で購入して良かったです!臭い匂いもないし、十分丈夫な材質と思います。安くて買えてよかっただす。着脱もしやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ACTIVE WINNER

チャイルドシート レインカバー

価格:3,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

窓の大きさと耐久性に気を配ったレインカバー

こちらの商品は、大きな窓が特徴的なレインカバーです。窓の大きさからわかるように、かなり広く視界を確保することができます。それに加えて、この商品は安全性の面においても重視されているのが特徴です。具体的には、透明部分の素材が硬いものになっています。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

左右前に通気口もあり視界窓がすごく大きいので視界良好なところが
とても良いです^^
圧迫感が嫌いなうちの子にぴったりでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

AngLink

自転車カバー

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のある自転車用レインカバー

こちらのレインカバーは、黒一色で艶のある、他の商品にはない高級感が特徴的なレインカバーです。バイクカバーにも使われるものなので見た目がとても美しく、使い勝手のほうもよいものとなっています。

 

ロードバイクのような、高額な自転車を持っている方におすすめです。

用途停車時撥水以外特になし

口コミを紹介

ロードバイクを外で保管する人は珍しいと思いますが(笑)ウチはそうなんです
このカバーだとタイヤの下まで覆えるので良さそうです
表地はバイクカバー並みに丈夫そうで、裏地はゴムの様な材質でかなり防水性が高そうです

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

SHINE HAI

自転車レインカバー 子供乗せ自転車

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンス高め

こちらの商品は、非常にコストパフォーマンスの良い商品です。まず値段が安く、手に入りやすいのが大きなメリットといえます。値段以上に品質もよく、長く使うことができ、さらに撥水性の面でも問題ありません。

 

総合的に、お手軽にレインカバーを取り付けることのできる、大変有用な商品だといえるでしょう。

用途運転中撥水以外特になし

口コミを紹介

これからの梅雨時期に保育園の送り迎えが楽になりそうです。雨漏りする事もなく利用させていただきました。
子供も楽しかったようで、喜んで乗っておりました!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

SHINE HAI

子供乗せ自転車 レインカバー

価格:2,149円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子どもの後に荷物へ使うことも

チャイルドシート用のレインカバーが共通して抱える問題のひとつに、「子どもが大きくなると出費が無駄になる」という点が挙げられます。その点、こちらのレインカバーは子どもが大きくなったあとも荷物用のレインカバーとして使うことが可能で、汎用性が高めです。

用途運転中撥水以外反射素材

口コミを紹介

このレインカバーなら紫外線で子供が日焼けしたり、虫に刺されるのを防ぐことができます。突然の雨から子供が濡れるのを防いでくれますし、晴れの日も風や寒さをしのぐことができる優れものです。

出典:https://www.amazon.co.jp

自転車用レインカバーの選び方

自転車用のレインカバーを選ぶ際に最も重要なのは、何よりも撥水性です。雨を弾くために利用するのですから、撥水性の低いレインカバーはその役割を果たすことができないからです。

 

そのため、撥水性に関しては当然ながらどのメーカーも気を配っています。よって、自転車用レインカバーを選ぶときは、撥水性を第一として、他の要素を考慮する必要があるのです。以下では、その内で特に重要なものを紹介します。

チャイルドシートや自転車の大きさから選ぶ

自転車用レインカバーの内、チャイルドシートに着用するタイプのものは、つけられるタイプが決まっています。使っている自転車に合致するものを選ばなければ無駄な買い物になってしまうので気を付けましょう。

前乗せ用か後ろ乗せ用か

子どもを自転車に乗せるとき、前に乗せる方と後ろに乗せる方がいます。そのため、レインカバーにも前乗せ用と後ろ乗せ用のものがあるのです。一般的に、前乗せ用のものを「フロント」、後ろ乗せのものを「リア」といいます。

 

使っている自転車にあわせてフロント、リアを選びましょう。もし同時に自転車も購入する予定であれば、常に視界に入れておきたいか、よくとおる場所に上り坂が多いか、という点を考えてフロントかリアかを選ぶといいでしょう。

 

なお、レインカバーの中にはリア・フロントの関係がなく、特定のメーカーのものにしか使えないものもあります。購入前に、自分の自転車がレインカバーに対応しているか確認しておきましょう。

チャイルドシートの形で選ぶ

チャイルドシートにつけるレインカバーを選ぶ際に注意したいのが、お使いのチャイルドシートの形状です。チャイルドシートの形は、大きくわけるとヘッドレストがある形とない形にわけられます。

 

ヘッドレストとは、いわゆる「頭おき」のことです。かつてはコストや意識の違いからヘッドレストつきのものはあまりなかったのですが、今は安全性の観点から、ヘッドレスト付きのものが主になっています。

 

ただ、ヘッドレストがついていないものも少なからず存在しているので、レインカバーを購入する際にはチャイルドシートのヘッドレストの有無を調べておきましょう。ヘッドレストのあるものは「ハイバック」のものを、ないものは「ローバック」のものを選んでください。

着脱方式で選ぶ

レインカバー、特にチャイルドシート用のレインカバーには大きくわけて2つの着脱方式が存在します。それぞれの着脱方式にはそれぞれメリットがあるので、自分の需要とかみ合ったものを選びましょう。

 

もちろん、自分が好きなものを選んでも構いません。

つけっぱなしが可能なタイプ

チャイルドシートのレインカバーの中には、つけっぱなしでも問題のないタイプのものが存在しています。そうしたタイプのレインカバーは「オープン走行可能タイプ」と呼ばれています。

 

このタイプのレインカバーは常につけっぱなしでも問題の無いように工夫されており、雨の降っていない時はレインカバーの全面を開いて走行することができます。途中で雨が降っても、すぐに閉じればいいので問題ありません。

 

また、普段からチャイルドシートの周りを覆うことが多いことから、レインカバーにUVカット機能などが追加されていることが多いのも特徴的です。レインカバーの着脱が面倒だと感じている方や、副次効果が欲しい方におすすめといえます。

必要に応じて着脱が可能なタイプ

レインカバーの中には、着脱の仕方に工夫をもたせたタイプのものも存在します。もちろん、より簡単にするためです。

 

例えば、開けたり閉めたりするのが簡単なファスナータイプのものがその典型です。他にも、ゴム紐で縛ればすぐにレインカバーになることができるタイプの商品が存在します。

 

つけっぱなしで問題のないタイプのものと比較すると少しだけ手間はかかりますが、普段使いの際におしゃれをしたい方にはおすすめのタイプです。

子どもの安全性と快適性で選ぶ

チャイルドシートタイプのレインカバーは、雨を防ぐものという面だけではなく、子どもの安全を守るためのものでもあります。また、レインカバーの多くは子どもの快適性に関しても考えて作られています。

撥水加工と防水加工で選ぶ

レインカバーの最も重要な使命は、当然雨を防ぐことです。そのために注目したいのが、レインカバーに撥水加工か防水加工が施されているのかどうか、という点でしょう。

 

撥水加工とは水を弾く素材で作られているという意味で、ほとんどのレインカバーに施されています。防水加工とは、レインカバー内部に水が浸入しにくい加工を施しているという意味です。

 

商品によって撥水性と防水性の強さは異なっているので、購入するときははどの程度撥水するのかという点を確認しておきましょう。加えて、子どもが乗り降りするときに雨に晒される時間が短いような作りになっているかも確認するといいでしょう。

レインカバー内の快適性で選ぶ

子どもがレインカバーの中で過ごす時間は、実際の時間ではそれほど長くありません。しかし、子どもからすると、レインカバーの中でじっとしていて過ごす時間は意外と長く感じるものです。

 

そのため、レインカバー内の空間は出来る限り快適にしてあげましょう。具体的には、レインカバーの前方が透明になり、視界の開けたものにすると、子どもも圧迫感を感じずに済みます。

 

それに加えて重要なのが通気性です。特に夏の暑い時期や梅雨になると、防水加工の施されたレインカバーの内部は汗で蒸れやすくなるのです。そのため、ある程度通気性の確保されているレインカバーを選ぶといいでしょう。

 

 

UVカットなどの副次効果で選ぶ

レインカバーの中には、メインの防水性の他にも様々な副次効果を備えたものが存在します。例えば、UVカットがその典型です。特に普段使いする場合は、子どもの肌を紫外線から守ることができます。

 

そのほかにも、秋冬の使用を想定した、防寒機能のついているものも存在します。こうした副次効果はメインとなる雨の時の使用の他、普段使いの際に効果を発揮してくれるでしょう。

 

雨をどの程度防いでくれるのかという点以上に気にする必要はありませんが、つけっぱなしでチャイルドシートを使う場合は一考に値する要素です。

安全対策で選ぶ

レインカバーの中には、夜における使用を想定しているものも存在します。例えば、後ろから見たときにわかりやすいよう、反射素材をつけているものなどがあります。

 

こうした安全対策は、子どもの安全を守るだけではなく、自分の安全を守ることにもつながるのです。特にリヤにつけるタイプのレインカバーを採用している場合は、後ろの視界が狭くなることが多いので安全対策に気を配るといいでしょう。

 

加えて、安全対策のために素材自体が光の反射しやすい素材で作られているレインカバーなども存在します。夜に出歩くことが多い場合や、日照時間の少ない時期に使用する場合は考慮しておきましょう。

大きさは余裕のあるものを

チャイルドシートに乗せる子どもの身長は必ず確認しておきましょう。チャイルドシートには身長制限と体重制限の両方が存在しています。これを確認しておかないと、チャイルドシートが脱落したり、壊れてしまうこともあるからです。

 

レインカバーも同様に身長制限が存在しています。一般的には115cm以下の子どもを対象にして作られていますが、商品の中にはそれ以上の身長に対応しているものもあるようです。

 

購入する前に自分の子どもの身長に対応しているのかを確認しましょう。

デザインで選ぶ

レインカバーは、基本的には雨を防ぐために使うものです。しかし、普段使いする場合は同時に装飾品、服飾品としての役割も存在しています。また、自宅に保管するために使うレインカバーも装飾品のひとつといえるでしょう。

 

そのため、デザインや色合いでレインカバーを選ぶのも、選び方のひとつです。デザインにおいて重視すべき点は人それぞれですが、通学・通園でレインカバーを使うのなら、他の人とかぶらないものにするといいかもしれません。

 

また、あえて黒以外の目立つ色を使うのも選び方のひとつです。というのも、夜出歩く時や天気が悪いときなどに目立つ色を使うことで、事故の確率を低減することができるからです。

自転車用レインカバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5203210の画像

    SHINE HAI

  • 2
    アイテムID:5203197の画像

    SHINE HAI

  • 3
    アイテムID:5203182の画像

    AngLink

  • 4
    アイテムID:5203174の画像

    ACTIVE WINNER

  • 5
    アイテムID:5203080の画像

    Convida

  • 6
    アイテムID:5203068の画像

    マルト(MARUTO)

  • 7
    アイテムID:5202896の画像

    RAYWILL

  • 8
    アイテムID:5202881の画像

    SHINE HAI

  • 9
    アイテムID:5202825の画像

    SHINE HAI

  • 10
    アイテムID:5202781の画像

    マルト(MARUTO)

  • 11
    アイテムID:5202739の画像

    マルト(MARUTO)

  • 12
    アイテムID:5202646の画像

    Double Elite

  • 13
    アイテムID:5202598の画像

    Ohuhu

  • 14
    アイテムID:5202568の画像

    DIZA100

  • 15
    アイテムID:5202534の画像

    Eastshining

  • 商品名
  • 子供乗せ自転車 レインカバー
  • 自転車レインカバー 子供乗せ自転車
  • 自転車カバー
  • チャイルドシート レインカバー
  • Convida
  • マルトファッション前バスケットカバー
  • 子供乗せ自転車チャイルドシート レインカバー
  • Qimh 自転車レインカバー
  • Qimh 自転車レインカバー
  • [ハイバックリアチャイルドシート専用レインカバー]
  • マルト(MARUTO) 自転車屋さんのポンチョ
  • 自転車レインカバー 子供乗せ自転車
  • Ohuhu 自転車カバー 210D
  • DIZA100 【最新版】自転車カバー
  • Eastshining 自転車カバー 210D
  • 特徴
  • 子どもの後に荷物へ使うことも
  • コストパフォーマンス高め
  • 高級感のある自転車用レインカバー
  • 窓の大きさと耐久性に気を配ったレインカバー
  • 汎用性の高さがあるレインカバー
  • 荷物を雨から守る
  • 雨が降っていないときも使えるレインカバー
  • 大きめで子どものことを考えたレインカバー
  • つけやすいレインカバー
  • 子どもを雨風から守る
  • レインコートとレインカバー兼用
  • つけっぱなしでも問題のないカバー
  • 低価格で丈夫
  • 防犯性能もある一品
  • 耐風性と防水性ばっちり
  • 価格
  • 2149円(税込)
  • 2398円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 3797円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 1171円(税込)
  • 6580円(税込)
  • 2398円(税込)
  • 2398円(税込)
  • 3565円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 用途
  • 運転中
  • 運転中
  • 停車時
  • 運転中
  • 運転中
  • 運転中
  • 運転中
  • 運転中
  • 子どもの保護
  • 運転中
  • 運転時
  • 運転時
  • 駐車時用
  • 停車時用
  • 停車時用
  • 撥水以外
  • 反射素材
  • 特になし
  • 特になし
  • 特になし
  • 特になし
  • 特になし
  • 雨の時以外にも
  • 特になし
  • 開け閉め簡単
  • 特になし
  • 特になし
  • UVカット
  • UVカット
  • 防犯ロック
  • UVカット

まとめ

自転車用レインカバーのおすすめランキング15選について紹介しました。雨は自転車にとって天敵です。対処しなければ、せっかくの自転車が不調をきたしたり、挙句、壊れてしまう可能性もあります。また、自転車に子どもを乗せるのなら、子どもを保護するレインカバーは必需品といっていいでしょう。自分の需要をしっかりと把握し、適切なレインカバーを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ