【楽しくお出かけ】海外製ベビーカー人気おすすめランキング10選

記事ID6277のサムネイル画像

おしゃれでスタイリッシュなデザインが特徴の海外ベビーカーは、日本の流行に敏感なママ達からも大人気です。その人気の秘密は、ファッション性だけでなく、実用性も兼ね備えたているからです。海外製ベビーカーの人気おすすめ商品をランキング形式で紹介します。

日本にはないデザインが魅力的

おしゃれでスタイリッシュなデザインが多い海外製ベビーカーは、流行に敏感な日本のママ達から人気があります。その魅力は何といっても、日本にはないデザインではないでしょうか。

 

デザイン性だけでなく、実用性も兼ね備えた海外製ベビーカーの人気おすすめランキングをサイズ重さ対象年齢にスポットを当てながら紹介していきますので、ライフスタイルに合った海外製ベビーカーを見つけてみてくださいね。

海外製ベビーカー人気おすすめランキング10選

10位

cybex

両対面ベビーカー MIOS ミオス

価格:90,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで使いやすい

cybexは「安全性・デザイン性・機能性」を信条としてベビー用品を開発し、優れた安全性、品質とデザインを誇るドイツ発のブランドです。

 

cybexのベビーカーと言えば、値段が高く大きいという印象ですが、cybex miosは日本の交通事情に合わせて作られたコンパクトタイプのベビーカーです。改札口などのタイトな空間でもストレスなく操作できると評判です。

 

折りたたみがしやすい点も特徴で、簡単に折りたたいが可能で自立もしてくれるという優れものです。見た目やステイタス性だけでなく、実用的な海外製ベビーカーを探している方にとっては理想的な商品といえるでしょう。

サイズ(開いた時)W50×D85-111×H98-108cmサイズ(閉じた時)W50×D39×H72cm
重さ8.7kg対象年齢1ヶ月 ~ 48ヶ月

口コミを紹介

本当に最高のお品でした!上の2人にはアップリカも使用したりもしてきましたが、日本製も良いけれど、さすがドイツ製!これ以上のベビーカーには出会えないと出会えた私たち夫婦も我が子も幸せ者です!クラウドQプラスと使用していますが、折り畳めて自立し場所もそこまで取らず、作りもオシャレで軋む事もなく走行性も抜群に良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

bugaboo

バガブービー5

価格:90,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新生児から使える

海外製ベビーカーの購入を考える際に真っ先に名が挙がるのがバガブービーではないでしょうか。バガブーは世界的にとても有名なベビーカーブランドです。中でも人気のあるモデルがビーなのです。

 

バガブービーは、新生児から使用できるという点がポイントで、両対面にも対応しているのでどのシーンでも安心して使うことができます。また、4輪サスペンション搭載で軽い押し心地と高い操作性が特徴です。

 

豊富なカラーコーディネートを楽しめるのも人気の秘密です。また、ワンタッチで折りたたみができ、かつ自立するなど使いやすさも抜群の海外製ベビーカーです。

サイズ(開いた時)W53×D87×H87cmサイズ(閉じた時)W46×D90×H32cm
重さ8.9 Kg対象年齢新生児~17kgまで

口コミを紹介

デザインがとにかくお洒落で可愛いです。細かい作業をする時の各種のボタンやスイッチも使いやすく、フットブレーキも使いやすいんですよね。
使い込むほど便利さが分かってきて細かい気配りが随所に見られました。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

cybex

イージーSツイスト

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたたみ時のコンパクトさが魅力

cybexのイージーSツイストは軽量で、コンパクトさが最大の魅力な海外製ベビーカーです。幅は45cmと、日本ブランドのベビーカーとほぼ同じです。コンパクトながらも、タイヤのホイールすべてにサスペンションを搭載しているのが特徴で走行性は抜群です。

 

イージーSツイストの一番の目玉は、シートを360°回転させることによって、対面・背面の切り替えができる点です。シート自体が回転することによって、フレームの剛性はそのままに、安定した走行性操作性が期待できます。

 

また、イージーSツイストは海外メーカーのベビーカーの中では比較的良心的な値段で手に入るというのが魅力的です。

サイズ(開いた時)W45×D83×H103cmサイズ(閉じた時)W25×D45×H53cm
重さ7.3kg対象年齢1ヶ月 ~ 48ヶ月

口コミを紹介

コンパクトに折りたためるので玄関の空きスペースにピッタリしまえました。車の足元にも置けました。走行性もよく、エアバギーほどではありませんが、段差もスムーズ。砂利道とかでなければ全然用は足ります。改札も、狭い方でも余裕で通ることができました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

QUINNY

ザップ フレックス

価格:55,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オランダ生まれのロングセラー

QUINNYはオランダ発のベビーカーブランドです。ザップ フレックスはそのスタイリッシュなフォルムコンパクトな折りたたみ性能で世界中に愛用者をもつクイニーのフラッグシップモデルです。

 

日本では最も知名度の高い海外製ベビーカーブランドのひとつとして長年に渡って愛されています。3輪ならではの軽快な機動力が特徴で、シートの背・対面切替可能な2WAYリクライニング機能などタウンユースに最適な1台と言えるでしょう。

 

また、リクライニングはフルフラットを含む各3段階のリクライニングができるので、お昼寝のときも快適なポジションで過ごせます。

サイズ(開いた時)W58xD82xH108cmサイズ(閉じた時)W37.5xD73xH38.5cm
重さ8.5 Kg対象年齢6ヶ月 ~

口コミを紹介

エアバギーかクイニーか悩んでクイニーにしました。決め手はデザインです。タイヤが大きくて多少の段差でも押していけます。おむつ替えも載せたままやっています。たためば結構コンパクトになり、作りもしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

STOKKE

エクスプローリー

価格:135,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な存在感で人気

STOKKEはノルウェー発のベビー用品ブランドで、海外製ベビーカーの購入を検討されている方にとっては欠かせないブランドです。STOKKEのポリシーである、“親子の距離をもっと近くに”という願いを具現化したハイシートポジションが一番の特徴です。

 

シートの位置が高いことのメリットは、子供をコンクリートの熱やホコリから守るほか、視線が高く、ママと近いので安心感があります。また、ベビーカーで散歩しながら、子供とお話ができます。

 

また、タイヤが大きく、安定感があり振動も少ないので走行性は抜群です。ハンドルの高さ調整ができるので、背が高い方やパパにも押しやすいので人気があります。

サイズ(開いた時)W57×D75~102×H89~123cmサイズ(閉じた時)W57xD42xH92cm
重さ10.5kg対象年齢6ヶ月 ~

口コミを紹介

うちは路面の輻射熱で子供が脱水症状になるということを聞いてから、路面からなるべく離せるストローラーを探してストッケにたどり着きました。また、歩きタバコの方が手にタバコを持ったまま歩いていたり、女性のバックが顔の高さにあったりと、人とすれ違う時にかなり子供にリスクがある、ということも購入を後押ししました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

STOKKE

スクート2

価格:56,210円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子どもの成長に合わせて長く使える

STOKKEのスクート2は小回りが効いて、子どもの成長に合わせて長く使えるスタイルの海外製ベビーカーです。 360度回転する前輪で、細い道や悪路も快適な走行性を保ってくれます。

 

人間工学に基づいたデザインが施され、子供の成長に合わせてハーネスの長さや高さを調整できる点が特徴です。扱いやすいコンパクト感と、カスタマイズしやすいロングユース設計が魅力だと人気があります。

 

スクート2単体で新生児期から使えるという点、両対面にも対応していることなどが日本のママ達が求める機能と一致しているのでおすすめの海外製のベビーカーです。

サイズ(開いた時)W55cmxD75xH111cmサイズ(閉じた時)W55cmxD72xH32cm
重さ12.8 Kg対象年齢1ヶ月~15kg

口コミを紹介

信じられないことですが、使用していると時々振り返って見られることがあります。それだけ、日本製の製品とは差別化がされているのですね。北欧デザインが存分に発揮されております。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Peg-Perego(ペグ・ペレーゴ)

ベビーカー Si

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスト・デザイン・機能性のバランスが最強

Peg-Peregoはイタリアを代表するベビーカーブランドです。日本国内でも長い間人気がありますが、その秘密は日本ブランドのベビーカーと変わらない大きさと機能性にあるといえます。

 

ペグ・ペレーゴ Siはコンパクトに折りたたみが可能で、自立できる点が特徴で日本国内での利用にはピッタリだと評判です。ペグ・ペレーゴ Siには、下部に大きな荷物入れがついています。これが見た目以上にかなりの荷物を詰め込め、最大5kgまで可能です。

 

子どもを乗せて、荷物をたくさん積んでも走行性は抜群です。大き目のタイヤで、サスペンションが効いているので安定感があります。機能面だけでなくデザイン性も高く、コスト・デザイン・機能性全てを叶えたいという方におすすめです。

サイズ(開いた時)W51xD87xH103cmサイズ(閉じた時)W33xD34xH99.5cm
重さ7.8 Kg対象年齢 1ヶ月 ~

口コミを紹介

ある程度重いベビーカーのほうが安定しており、赤ちゃんへの衝撃が小さそうなので、私も安心してほぼ毎日使っています。大きさの割に横幅があまりなく、小回りがきくので狭い通路でも大丈夫です。たたんだり開いたりが難しくなく簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Maclaren

Maclaren B-01

価格:30,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインが目を引く

Maclarenはイギリス生まれのベビーカーブランドで、世界中で人気があります。全てのモデルに、UPF+50(紫外線カット率95%以上)のUVカットフード(撥水加工)と専用のレインカバーがついているので、強い日差しや急な雨でも安心です。

 

片手でサッと簡単に折りたたむことができ、折りたたんだ後はとてもコンパクトになるので置く場所を取らない点が特徴です。マンションなど、置くスペースが限られているという方にもおすすめな海外製ベビーカーです。

 

内蔵のサンシェードが拡張機能付きなので、前からの日差しにも対応している点がポイントです。お子さまが寝てしまった時でも安心です。また、大容量のバスケット付きなので、お出かけに必要な荷物も楽々収納できるのが特徴です。

サイズ(開いた時)W46.5xD81xH104 cmサイズ(閉じた時)W33.5×D21×H102.5cm
重さ6 Kg対象年齢6ヶ月 ~

口コミを紹介

何より軽いので、持ち運びがとっても楽。背中もメッシュになってるので子供には涼しくていいと思います。畳み方、開き方は最初は戸惑いますが、慣れるととっで簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MOUNTAIN BUGGY

mountain buggy swift

価格:87,552円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな3輪タイヤで走行性抜群

MOUNTAIN BUGGYのmountain buggy swift は電車移動などの公共機関をよくご利用される方ににぴったりのスタイリッシュでコンパクトな海外製ベビーカーです。エアタイヤは衝撃を吸収してくれるので快適な乗り心地軽い操作性が特徴です。

 

3輪タイヤは小回りもスムーズにでき、ちょっとした段差も楽に乗り越えられるので人気があります。また、20kgのお子さままで乗ることができるので、途中で買い替えることなく、新生児~4・5歳までこれ1台で長くつかうことができます。

 

折りたたみもワンタッチで簡単にでき、折りたたんだ後は自立してくれるので置く場所を選びません。また、人ともかぶりにくいので、3輪の海外製ベビーカーの購入を検討されている方は要チェックのベビーカーです。

サイズ(開いた時)W59×D103×H80~110cmサイズ(閉じた時)W59×D30×H100cm
重さ9.5kg対象年齢 2ヶ月~20kg

口コミを紹介

マウンテンバギーのいいところは人とかぶらない所ですね。軽い段差ならスイスイ乗り越えてくれて、ストレスを感じません。長距離を歩くなら絶対エアタイヤがいいです。子供にもあまり振動が伝わりにくいようです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Inglesina

イングリッシーナ ジッピーライト

価格:56,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

押し心地とコンパクトさを兼ね備えたベビーカー

Inglesinaはイタリア生まれのベビー用品ブランドです。走行性や耐久性の高さに定評があり、ヨーロッパの石畳を走ることを前提として設計されているため、押し心地がスムーズな点が特徴です。

 

ジッピーライトは、「自動改札も通れるスリムな車幅」「扱いやすいコンパクトで軽量なボディ」「スムーズなワンアクション折りたたみ」など、毎日のお出かけにフィットするスタイリッシュモデルになっており、都会での使用にもピッタリです。

 

海外製ベビーカーでありながらも、日本のライフスタイルに合っており、且つデザイン性もスタイリッシュなデザインなのでおしゃれなママ達に人気があります。

サイズ(開いた時)W48×D80cm×H101.5cmサイズ(閉じた時)W31×D32cm×H96cm
重さ7kg 対象年齢新生児~36か月

口コミを紹介

走行性抜群です。スルスル動くのが気持ちいいです。タイヤも少し大きめで、多少の段差なら気にせず進めます。その場でクルリと回れるので、広めのエレベーターなら後ろ向きに出なくて済みます。ある程度重さもあるので、走りは安定しています。畳んだ時の細さが素晴らしい。畳むのも開くのも片手でできます。簡単で助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

海外製ベビーカーの選び方

海外製ベビーカーを選ぶときに、種類が多くて迷ってしまいます。また、日本で使うのに不便はないか、などチェックすべき項目もたくさんあるのでどれを選ぶのが最適なのかわからないという方も多いと思います。

 

ここでは、海外製ベビーカーの選び方を項目別に紹介していきますので、購入の際の参考にしてみてください。

ライフスタイルで選ぶ

海外製ベビーカーを選ぶにあたって、まず重要な点がそれぞれの家庭のライフスタイルです。どんなに評判が良く、人気の海外製ベビーカーを購入しても自身のライフスタイルに合っていなければ使いやすさも減少してしまうのでチェックするようにしましょう。

自動車をよく使う場合

普段のお出かけ、お買い物の際には自動車で出かけるという方は、ほぼ全ての海外製ベビーカーが購入の対象になります。重さ、大きさなどをあまり気にしなくても車に乗せてしまえば持ち運びが楽々できるからです。

 

しかし、注意していただきたい点はトランクや後部座席にベビーカーを積むことを考えて、一人でも持ち上げられて積み込みができるかどうか、車の収納する場所に収まるサイズか、という点は確認する必要があります。

 

トランクが狭い車の場合は、ベビーカーの折りたたみができるかどうかも確認するようにしましょう。

電車やバスなどの公共交通機関をよく使う場合

普段のお出かけ、お買い物の際には電車やバスで出かけるという方は、重量の軽いベビーカーを選ぶことをおすすめします。重さは最重要項目と考えてください。できれば5kg以内が理想的な重量でしょう。

 

中には、重量があっても肩に担ぎやすく重さをあまり感じにくいベビーカーもあります。荷物やお子さまを抱っこしながらでも折りたたみの操作がしやすいかどうか、折りたたんだ後の持ち運びがしやすいかどうかをチェックするようにしましょう。

 

また、海外製ベビーカーは幅が広いものも多くあるので、日本の駅の改札を通ることができる幅かどうかの確認も必要になってきます。改札の幅は通常55~60cmですので、参考にしてください。

住まいの環境で選ぶ

海外製ベビーカーを購入する際には、住まいの環境にも注目していただきたいです。集合住宅なのか、一軒家か、ベビーカー選びには注目すべきポイントが異なりますので、気を付けてください。

集合住宅(エレベーターあり)

住まいが、エレベーター付きであれば自宅の玄関先までベビーカーを折りたたまずに移動できるので、それほど困ることは無いでしょう。念のため、購入を検討しているベビーカーが自宅のエレベーターに入るサイズかどうかの確認はするようにしましょう。

 

海外製の大きなベビーカーを選ぶ場合には、ベビーカーでは入れなかったり、人が乗るのに窮屈になってしまう場合もあるので注意してください。また、エレベーターに乗るまでや敷地内に段差や階段がある場合はなるべく軽いベビーカーを選ぶ方が良いでしょう。

 

集合住宅(エレベーター無し)

住まいにエレベーターがない場合は、ベビーカーの重量の軽さを最重視することをおすすめします。ベビーカーだけでなく、お子さまを抱っこした、荷物も持っているので階段の上り下りがしやすい軽いタイプが人気があります。

 

注意点は、軽量タイプのベビーカーは当たり前ですが軽さを重視しているので、乗り心地や押し心地に重点を置いていないベビーカーもあります。長時間の使用には向いていないベビーカーもあるので気を付けるようにしましょう。

一戸建て

玄関に入るまでの段差や階段がある場合は、ベビーカー本体の重さを確認するようにしましょう。玄関までの段差や階段がない場合は、自宅の収納スペースに合ったベビーカーを選ぶようにしましょう。

 

収納場所が確保できれば、あとは使い勝手を優先して選ぶことができます。

ベビーカーの機能を確認

海外製ベビーカーを選ぶときには、自分のライフスタイルや環境に合ったベビーカーを選ぶことが大切です。その他にも、日常使用する上で欠かせない機能などをチェックするようにしましょう。

 

海外製ベビーカーの機能を紹介しますので、走行性や安全性、重量などどの項目を重視するかをチェックしてみてください。

走行性

海外製ベビーカーを購入する際のチェック項目で欠かせないのが、走行性です。押しやすさ、走りやすさは実際にベビーカーを押してみて確認するのが一番ですが、それができない場合には口コミなどをチェックするようにしましょう。

 

砂利道や段差でもガタガタすることなく安定して走れるのか、坂道でも押しやすいか、人込みでや狭い場所でも小回りがきくかどうかなどはチェックしてみてください。

折りたたみ

自宅での保管や 電車やバスに乗るとき、エスカレーターに乗るときなど、ベビーカーを折りたたむ場面は意外とあります。折りたたみの機能にも、ベビーカーによって異なります。

 

片手で簡単に折りたためるベビーカー、両手を使って折りたたむベビーカーもありますので、操作が簡単かどうか、一人でも折りたためるかどうかの確認をするようにしましょう。中でも人気があるのが片手で折りたためて高さもないタイプです。

 

車のトランクなどにも場所を取らずに収納可能で、ショルダーベルトで担ぎやすいという利点があります。

収納のしやすさ

ベビーカーを折りたたんだ後のコンパクトさは収納する際に重要なポイントなのでチェックすることをおすすめしますが、他にも折りたたんだ後に自立するかどうかの確認も忘れてはならないチェックポイントです。

 

自立させるのに手間がかかったり、立てた時に安定しにくいベビーカーもあるので確認するようにしましょう。

安全性

海外製ベビーカーを購入する際に気を付けていただきたいのが、安全性です。赤ちゃんを乗せるベビーカーには安全であることが第一です。CEBSなど、各国の安全基準に基づいているかを確認するようにしましょう。

日よけ

お子さまをベビーカーに乗せてお出かけするときに気を付けたいのが紫外線です。直射日光を避けるためにも、ベビーカーの日よけの大きさを確認するようにしましょう。中には大きく広がる日よけもあります。

 

大きな日よけは風通しが悪くなるので、通気性の良い素材で作られているものがおすすめです。ベビーカーをよく使う時間帯や移動の距離などを考慮して選ぶようにしましょう。

海外ベビーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5187393の画像

    Inglesina

  • 2
    アイテムID:5187363の画像

    MOUNTAIN BUGGY

  • 3
    アイテムID:5184737の画像

    Maclaren

  • 4
    アイテムID:5184726の画像

    Peg-Perego(ペグ・ペレーゴ)

  • 5
    アイテムID:5184688の画像

    STOKKE

  • 6
    アイテムID:5184645の画像

    STOKKE

  • 7
    アイテムID:5182906の画像

    QUINNY

  • 8
    アイテムID:5182861の画像

    cybex

  • 9
    アイテムID:5182807の画像

    bugaboo

  • 10
    アイテムID:5182611の画像

    cybex

  • 商品名
  • イングリッシーナ ジッピーライト
  • mountain buggy swift
  • Maclaren B-01
  • ベビーカー Si
  • スクート2
  • エクスプローリー
  • ザップ フレックス
  • イージーSツイスト
  • バガブービー5
  • 両対面ベビーカー MIOS ミオス
  • 特徴
  • 押し心地とコンパクトさを兼ね備えたベビーカー
  • スタイリッシュな3輪タイヤで走行性抜群
  • おしゃれなデザインが目を引く
  • コスト・デザイン・機能性のバランスが最強
  • 子どもの成長に合わせて長く使える
  • 圧倒的な存在感で人気
  • オランダ生まれのロングセラー
  • 折りたたみ時のコンパクトさが魅力
  • 新生児から使える
  • コンパクトで使いやすい
  • 価格
  • 56160円(税込)
  • 87552円(税込)
  • 30556円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 56210円(税込)
  • 135300円(税込)
  • 55000円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 90090円(税込)
  • 90200円(税込)
  • サイズ(開いた時)
  • W48×D80cm×H101.5cm
  • W59×D103×H80~110cm
  • W46.5xD81xH104 cm
  • W51xD87xH103cm
  • W55cmxD75xH111cm
  • W57×D75~102×H89~123cm
  • W58xD82xH108cm
  • W45×D83×H103cm
  • W53×D87×H87cm
  • W50×D85-111×H98-108cm
  • サイズ(閉じた時)
  • W31×D32cm×H96cm
  • W59×D30×H100cm
  • W33.5×D21×H102.5cm
  • W33xD34xH99.5cm
  • W55cmxD72xH32cm
  • W57xD42xH92cm
  • W37.5xD73xH38.5cm
  • W25×D45×H53cm
  • W46×D90×H32cm
  • W50×D39×H72cm
  • 重さ
  • 7kg
  • 9.5kg
  • 6 Kg
  • 7.8 Kg
  • 12.8 Kg
  • 10.5kg
  • 8.5 Kg
  • 7.3kg
  • 8.9 Kg
  • 8.7kg
  • 対象年齢
  • 新生児~36か月
  • 2ヶ月~20kg
  • 6ヶ月 ~
  • 1ヶ月 ~
  • 1ヶ月~15kg
  • 6ヶ月 ~
  • 6ヶ月 ~
  • 1ヶ月 ~ 48ヶ月
  • 新生児~17kgまで
  • 1ヶ月 ~ 48ヶ月

ベビーカーの人気おすすめランキングをもっと見る

下記の記事で、今回は紹介しきれなかった海外製ベビーカーの他に日本製ベビーカーセカンドベビーカーなどを紹介しています。ベビーカー選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ

海外製ベビーカーを選ぶ時には、ライフスタイル環境使う場面を具体的に考えることが大切です。たくさんの種類の中から選ぶのは大変ですが、是非この海外製ベビーカーの人気おすすめランキングを参考にしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ