【2021年最新版】AB型ベビーカーの人気おすすめランキング10選【コンパクトで軽いタイプも!】

記事ID13479のサムネイル画像

A型とB型のいいとこ取りをしているAB型ベビーカー。正式な名称ではありませんが、多くの人から人気を集めています。次々と新たなタイプが出てきているのも特徴です。そこで、今回はAB型ベビーカーの選び方をはじめ、人気おすすめ商品をランキング形式で紹介します。

今回の記事では「AB型のベビーカー」に絞ってご紹介させていただいています。しかし、ベビーカーはAB型だけではなく、さまざまな種類のベビーカーがありますよね。そこで、下記記事ではAB型のベビーカーに限らず幅広くベビーカーを紹介させていただいています。ぜひ、こちらの記事も併せて参考にしてみてくださいね。

A型とB型のいいとこ取りをしたAB型ベビーカー

AB型ベビーカーは正式な名称ではありませんが、A型とB型のいいとこ取りをしているのが特徴です。今までは最初はA型ベビーカーを使い、腰が据わりはじめたらB型に移行するというのが主流でしたよね。

 

ただ、AB型ベビーカーが登場したことにより、実は物によってはベビーカーが1台で済むようになったのです!最近はコンパクトで軽量なタイプも出てきていて、商品数も大幅に増えてきています。従来のベビーカーに感じていた不満やデメリットを解消したのがAB型なんです。

 

そこで、今回はAB型ベビーカーの種類や選び方をはじめ、人気おすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは軽さやコンパクトさ、機能性、安全性などを基準に作成しました。

A型とB型ベビーカーとの違いとは

A型・B型ベビーカーとの違いやそれぞれのメリットデメリットについて紹介していきます。はっきりとした基準がない分、従来のモデルとの違いを知っておいたほうがいいでしょう。

AB型ベビーカーのメリットデメリット

AB型ベビーカーは生後1ヵ月~3歳頃まで長期間使用できるのがメリットです。A型ベビーカーと比べてコンパクトに収納できる、B型ベビーカーよりも安定感があります。A型B型と比べて高機能ですが価格が高いデメリットがあります。

A型ベビーカーのメリットデメリット

A型ベビーカーは生後1ヶ月から使うことができ、「乳母車」ともいわれているタイプです。常に赤ちゃんの様子を見ることができる対面式になっていて、赤ちゃんはずっと横になっていられるメリットがあります。機能が充実しているので非常に重いデメリットがあります。

 

AB型ベビーカーは150度以上もリクライニングをすることができるのに加え、非常に軽くてコンパクトな作りになっているのが特徴です。A型ベビーカーに軽さを加えたモデルともいえるでしょう。ちなみに、厳密にいうと、AB型ベビーカーはA型に分類されます。

 

以下の記事では、A型ベビーカーの人気おすすめランキング15選【赤ちゃんも安心】を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

B型ベビーカーのメリットデメリット

B型ベビーカーは首や腰が据わってきた生後7か月頃から使うことができるタイプです。A型ベビーカーとは違い、B型は赤ちゃんが進む方向を見ながら座ることができる背面式になっています。

 

赤ちゃんが外の世界を見やすくなり、さまざまな好奇心を刺激できるメリットがあります。赤ちゃんと対面できないので、赤ちゃんが泣いてもあやしにくいのがデメリット。

 

AB型ベビーカーは両対面式になっているという点が、B型ベビーカーとの大きな違いといえるでしょう。以下の記事では、B型ベビーカーの人気おすすめランキング15選【軽量でコンパクト】を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

AB型ベビーカーの選び方

AB型ベビーカーは、タイプ、機能、メーカーなどさまざまな選ぶポイントがあります。購入する前にどのようなベビーカーがあるのか確認しておくとよいでしょう。それぞれの特徴についてみていきましょう。

タイプで選ぶ

AB型ベビーカーは、両対面式、折りたたみ式があります。それぞれの特徴と選ぶときにポイントについてみていきましょう。

子どもの成長に合わせて使うなら「両対面式」

A型ベビーカーは対面式、B型は背面式になっている中で、AB型は対面式にも、背面式にもなる両対面式というタイプもあります。長く使い続けることを想定しているからこそ、子どもの成長や気分に合わせられるタイプになっています。

 

最初の頃は子どもの様子を確認することができる対面式で、さまざまなものに興味をもちはじめたら背面式にするといった使い方もできます。特にこだわりがないのであれば、両対面式から選ぶことをおすすめします。

車に乗せたりするなら軽いコンパクトな「折りたたみ式」

赤ちゃんがベビーカーに乗っている最中は問題ありませんが、ベビーカーから降りたり、お店に入ったりすることも考えると、やはり折りたたみ式のベビーカーがおすすめです。使わないときにコンパクトに折りたためと、電車や車に乗せたるときに大いに助かります

 

最近のベビーカーは折りたたみ式であっても、安定性に優れているタイプも多いので、コンパクトに折りたためるかをチェックするようにしましょう。

機能で選ぶ

AB型ベビーカーは機能に注目して選ぶことも大切で、赤ちゃんの乗り心地などにも大きく関わってきます。衝撃吸収性、通気性、ハイシートなどについてみていきましょう。

赤ちゃんの乗り心地を重視するなら「衝撃吸収性」

ベビーカーは常に地面と接触しながら動いていくので、特に地面からの衝撃を受けやすいアイテムです。でこぼことした道を歩けば、赤ちゃんにも大きな振動が伝わります。赤ちゃんが寝ていた場合は起こしてしまう可能性もあります。

 

赤ちゃんに快適な乗り心地を与えるためにも、高い衝撃吸収性を誇るベビーカーから選ぶのがいいでしょう。足元のサスペンションがついているのがおすすめです。

 

以下の記事では、三輪ベビーカーの人気おすすめランキング10選【おしゃれにお散歩】を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんが夏でも快適に過ごすなら「通気性」の確認を

赤ちゃんは意外と汗をかきやすいところもあるので、通気性に優れたベビーカーがおすすめです。特に夏場は汗をかきやすい時期。熱を逃がしてくれる通気性もチェックするべきポイント。赤ちゃんに快適に乗ってもらうためにも、高い通気性を誇るベビーカーがいいでしょう。

 

以下の記事では、スリングの人気おすすめランキング10選【新生児にも使える!】を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

砂ぼこりや直射日光を防ぐなら「ハイシート」

一般的なベビーカーと比べ、ハイシートタイプはシートが高く設計されています。通常のシートよりも10センチほど高くなっていて、親と子どもの距離が近くなっているのが特徴です。また、地面からくる砂ぼこりや直射差日光を防ぐためにもおすすめすることができます。

 

以下の記事では、【楽しくお出かけ】海外製ベビーカー人気おすすめランキング10選を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

押しやすさを重視するなら「オート4輪(オート4キャス機能)」を

押しやすさを重視するならオート4輪(オート4キャス機能)タイプのAB型ベビーカーを選びましょう。対面式と背面式のハンドルが連動し前輪がフリーになります。対面式と背面式で使用してもストレスなくスムーズに動かすことができます。

買い物が多いならシート下の「かご容量」も気にして

荷物が多い方や買い物が多いならシート下のかごの容量も確認しましょう。赤ちゃんとお出かけするときは荷物多くなります。バッグをハンドルに掛けておくこともできますが、荷物が重いと転倒する可能性があります。

 

カゴの容量十分なら、座席下に荷物が置けて安心です。軽量タイプのベビーカーはかごの容量が少ないです。購入前には確認してから選びましょう。

軽量さを求めるなら「5キログラム」を目安に

AB型ベビーカーを選ぶ際は重さにも注意するようにしましょう。もちろん軽ければ軽いほどいいというわけではありませんが、さまざまなシーンでベビーカーを使うことを考えると、やはり軽めに作られているタイプがおすすめです。具体的には5キログラム前後のベビーカーを選ぶといいでしょう。

 

以下の記事では、【新生児から4歳まで】軽量ベビーカーの人気おすすめランキング10選を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

清潔に使い続けるなら「丸洗いできるシート」を

清潔に使い続けたい方は、シートが丸洗いできるタイプがおすすめです。ベビーカーのシートは汗やミルクなどで汚れやすいです。簡単に取り外して丸洗いできれば、いつでも清潔です。より簡単にお手入れをしたいなら、洗濯機で洗えるタイプを選ぶとよいでしょう。

おすすめ人気ブランドで選ぶ

AB型ベビーカーは、さまざまなメーカーから販売されています。Aprica(アップリカ)、Combi(コンビ)、Pigeon(ピジョン)などのメーカーについてご紹介します。

安全性の高さなら「Aprica(アップリカ)」

ベビーカー、チャイルドシート、抱っこ紐などベビーグッズでの人気のAprica(アップリカ)。赤ちゃん医学と育児工学に基づいて安全性の高い製品づくりをしています。安全性を重視して選びたい方におすすめのメーカーです。

使いやすさで選ぶなら「Combi(コンビ)」

チャイルドシート、ベビーカー、衣類などの赤ちゃん用品を数多く展開するCombi(コンビ)。赤ちゃんが安心して使える、ママが快適に使える安全なベビー用品が揃っています。

 

また、ベビーカーには赤ちゃんの頭を衝撃から守るエッグクッションを採用しているのが特徴です。赤ちゃんを快適にベビーカーに乗せたい方におすすめです。

軽量なシングルタイヤなら「Pigeon(ピジョン)」

哺乳瓶、おしりふき、産後ママのグッズなどを展開するPigeon(ピジョン)。ベビーカーを販売しているイメージが低いですが、安全で小回りの利くシングルタイヤを採用しているのが特徴です。軽量でコンパクトなベビーカーを探している方におすすめです。

コスパのいい海外ブランドなら「joie(ジョイー)」

おしゃれでコスパのいい海外ブランドのjoie(ジョイー)。4輪タイヤと3輪タイヤのベビーカーのラインナップがあり、素早く折りたためるのが特徴です。海外ブランドのベビーカーを使いたいけど、なるべくコストを抑えたい方におすすめです。

価格の安さで選ぶなら西松屋の「SmartAngel(スマートエンジェル)」

西松屋では価格の安いベビー用品が揃っています。価格の安さで選ぶなら西松屋のSmartAngelのAB型ベビーカーがおすすめです。他メーカーと比べて価格が安く、1万円以前後で購入することができます。

安心して使用するなら「SGマーク」の確認を

赤ちゃんを安心して乗せられるようSGマークの確認をしましょう。安全基準をクリアした国産のベビーカーには、安全基準のSGマークが貼られています。規格外のものにはマークが貼られていないので注意が必要です。

両対面式AB型ベビーカーの人気おすすめランキング3選

3位
 

Cybex(サイベックス)

MIOS(ミオス)

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

横幅50cmスリムにたためる

生後1ヵ月~4歳まで長期間使えるAB型ベビーカー。折りたたんだ横幅は50cmとスリムなので、改札口もスムーズに通れます。 

 

荷物が多い時、赤ちゃんを抱っこしている時でも、片手で簡単におりたためるのもポイントです。汗っかきの赤ちゃんが安心なエアスルーメッシュシートを採用。背中やおしりの蒸れから守ってくれます。

重さ8.7kgサイズW50×D85-111×H98-108cm

口コミを紹介

8キロの子供を片手で抱っこできる方であればこちらも片手で運搬出来ると思いますよ。また、折り畳んだ状態で持ち運ぶ為に取り付けられている持ち手を持ってキャリーバッグみたいに転がしながら運ぶ事もできるので負担は少ないと思います。折りたたみ方も簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

ピジョン

ランフィ RB0

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

スムーズに走行できるシングルタイヤ

押しやすいギュットグリップ、スムーズな走行のシングルタイヤ、振動を和らげるスイング式サスペンションなど機能が充実したピジョンのベビーカー

 

ベビーカーはダブルが主流ですが、ピジョンはシングルタイヤを採用し動きやすさや軽量さを追求しています。赤ちゃんを汗から守る通気性、透湿性のシートを採用。1時間に約300mlの湿気を通すので、汗っかきの赤ちゃんも安心です。

重さ5.5kgサイズW52.5×D94.5×H101.5cm

口コミを紹介

タイヤがシングルなので扱いやすく、大きくて自在に動くのでママでも扱いやすいと思います。重さはもちろんB型には負けますが新生児からいけてこの重さならいいかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

ピジョン

ランフィ RB0

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

スムーズに走行できるシングルタイヤ

押しやすいギュットグリップ、スムーズな走行のシングルタイヤ、振動を和らげるスイング式サスペンションなど機能が充実したピジョンのベビーカー

 

ベビーカーはダブルが主流ですが、ピジョンはシングルタイヤを採用し動きやすさや軽量さを追求しています。赤ちゃんを汗から守る通気性、透湿性のシートを採用。1時間に約300mlの湿気を通すので、汗っかきの赤ちゃんも安心です。

重さ5.5kgサイズW52.5×D94.5×H101.5cm

口コミを紹介

タイヤがシングルなので扱いやすく、大きくて自在に動くのでママでも扱いやすいと思います。重さはもちろんB型には負けますが新生児からいけてこの重さならいいかな。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

コンビ

fugebaby ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

らくらくと行きたい方向に行ける

徹底的に軽さにこだわったAB型ベビーカーです。片手で簡単に持ち上げることができ、収納する際もコンパクトに折りたたむことができます。対面や背面のハンドル切り替えに連動し、前輪のキャスターが自動で回転するシステムを採用しています。

 

座面や車輪で振動を軽減する振動レスシステムを搭載することで、赤ちゃんへの振動を軽減しています。シートに内蔵した通気性抜群のエッグショックは、乗り心地もよくて洗うことも可能です。頭には卵を落としても割れないほどの衝撃吸収素材を採用しています。

重さ4.8㎏サイズ49.7×74.5~88×100.5~105cm

口コミを紹介

スイスイ進んで本当に楽です。早く買えばよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

両対面式AB型ベビーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6256083の画像

    コンビ

  • 2
    アイテムID:6256077の画像

    ピジョン

  • 3
    アイテムID:6256074の画像

    Cybex(サイベックス)

  • 商品名
  • fugebaby ベビーカー
  • ランフィ RB0
  • MIOS(ミオス)
  • 特徴
  • らくらくと行きたい方向に行ける
  • スムーズに走行できるシングルタイヤ
  • 横幅50cmスリムにたためる
  • 価格
  • 38701円(税込)
  • 44980円(税込)
  • 円(税込)
  • 重さ
  • 4.8㎏
  • 5.5kg
  • 8.7kg
  • サイズ
  • 49.7×74.5~88×100.5~105cm
  • W52.5×D94.5×H101.5cm
  • W50×D85-111×H98-108cm

コンパクトなAB型ベビーカーの人気おすすめランキング3選

3位
 

Joie(ジョイー)

三輪ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

簡単に折りたためる機能性

2秒で折りたたむことができるAB型ベビーカーです。ボタンを押してハンドルを引っ張るだけで、簡単にすぐに折りたたむことができるため、急を要するシーンでも活躍してくれます。大型のキャノピーがついているので、頭上や側面からの日差しもガードします。

 

また、5点式のシートベルトを搭載しているため、赤ちゃんも安定して座ることができます。ちゃんと改札も通れるサイズになっているので、電車を乗る際にもスムーズに使うことができます。レインカバーがついているのも嬉しいポイントです。

重さ9.3kgサイズ54×89×103cm

口コミを紹介

3台目で出会った最高のベビーカーです!どんな段差もスイスイ進め、片手でも押せる軽さ。そして1ヶ月から使える事、無段階のシート調整機能、チューブタイプの車輪じゃないから空気を入れる必要が無い、荷物カゴの大きさなどなどスペックも良い!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

Joie(ジョイー)

両対面ベビーカー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

重さ5.4kgという軽量タイプ

ハンドルを回すだけで、簡単に背面と座面を切り替えられるAB型ベビーカーです。座面の高さは51cmのハイシートになっているため、地面からくるホコリや熱から守ってくれます。重量が5.4kgという軽量タイプになっていて、非常に持ち運びやすくなっています。

 

チャイルドシートと同じソフトパッドを採用することで、走行中の振動や衝撃を抑えてくれます。昼寝にも最適な大きめのホロがついているのも嬉しいポイントです。リクライニングは125~160度まで調節することができます。

重さ5.4kgサイズ46×95×105cm

口コミを紹介

いろいろな候補があったなか、某老舗リゾートホテルにて貸し出し用に当ベビーカーを利用したいへん満足でききたので購入しました。まず軽いこととハイシートで乗せおりが楽にできました。また対面への操作が簡単でモタモタすることがありませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

アップリカ

軽量ハイシートベビーカー

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

圧倒的な軽さを実現したベビーカー

両対面式のベビーカーにもかかわらず、3.9kgという軽さを実現したAB型ベビーカーです。フレームと車輪に備わったサスペンションにより、でこぼこ道などでの振動も最小限に抑えてくれます。

 

背もたれにはWサーモメディカルシステムを採用し、風を通して熱が逃げやすい設計になっています。出し入れしやすい大きなバスケットがついているのも嬉しいポイントです。3年間無料保証がついているのも魅力です。

重さ3.9kgサイズ45.5×81.5~98.5×100~103.5cm

口コミを紹介

軽くて折りたたみ簡単ですごく使いやすいです!!もっと早く買えばよかったです

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトなAB型ベビーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6256094の画像

    アップリカ

  • 2
    アイテムID:6256091の画像

    Joie(ジョイー)

  • 3
    アイテムID:6256088の画像

    Joie(ジョイー)

  • 商品名
  • 軽量ハイシートベビーカー
  • 両対面ベビーカー
  • 三輪ベビーカー
  • 特徴
  • 圧倒的な軽さを実現したベビーカー
  • 重さ5.4kgという軽量タイプ
  • 簡単に折りたためる機能性
  • 価格
  • 27230円(税込)
  • 17200円(税込)
  • 17600円(税込)
  • 重さ
  • 3.9kg
  • 5.4kg
  • 9.3kg
  • サイズ
  • 45.5×81.5~98.5×100~103.5cm
  • 46×95×105cm
  • 54×89×103cm

アップリカAB型ベビーカーの人気おすすめランキング4選

4位
 

アップリカ

オート4輪ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

赤ちゃんがのびのびと座れるシート

赤ちゃん医学と育児工学から生まれたアップリカのAB型ベビーカーです。ワイドなシートを採用することで、3歳の子でもゆったりと座ることができるようにしました。もちろんサスペンションも搭載していて、地面からの振動を抑えてくれます。

 

台形の形をしたシートを採用しているのも特徴で、赤ちゃんの身体のために工夫されています。初めて購入する人にもおすすめすることができます。

重さ6.9kgサイズ51.7×87~94x101~104cm

口コミを紹介

もちろんリーズナブルな価格帯の物でも十分だと言う人もいるかと思いますが、もし一歳の子がベラベラ話しが出来、感想をスラスラと述べることが出来たなら、この商品はベビーカー評論家の試乗レビューでもかなりの高得点を出すこと間違いなしだと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位
 

アップリカ

オート4輪ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

成長に合わせてサポートしてくれる

赤ちゃんの成長に合わせて変化させられるシートは、頭と首を支えたり、前すべりを防いだりしてくれます。車体に内蔵されたクッションが上下することで、地面からの衝撃や振動も吸収します。およそ3歳まで使い続けることができるAB型ベビーカーです。

重さ7.1kgサイズ51.7×87~94×101~104cm

口コミを紹介

Perfect

出典:https://www.amazon.co.jp

2位
 

アップリカ

ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

ワイドで快適なシートを採用

赤ちゃんの姿勢や動きをを考えたワイドなシートを採用したアップリカのAB型ベビーカーです。シートは取り外し可能で、手洗いをすることもできます。サスペンションも搭載しているので、地面からの衝撃を和らげてくれます。

 

また、オート4輪でスムーズな走行ができるのも嬉しいポイントです。ベビーカーの操作性を重視する人にもおすすめで、どんな道でもストレスなく押し進めることができるでしょう。

重さ7kgサイズ52.5x91.0~101.3x102.5~104cm

口コミを紹介

高めなだけあって品質はとても良かったです

出典:https://www.amazon.co.jp

1位
 

アップリカ

3輪ベビーカー

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

スムーズな操作性が魅力!

安定感があって押しやすいアップリカのAB型ベビーカーです。赤ちゃんの頭と首を安定させ、成長に合わせて自然な姿勢を保ちます。シートは汚れても取り外し、手洗いが可能で、いつでも清潔に使うことができます。ほどよい重さで安定した走行ができるのも魅力です。

重さ9.4kgサイズ55×86×114cm

口コミを紹介

持ち運びは少し重いかなと感じますが全然大丈夫な程度です。ワンタッチで畳めるし走行時の安定感はバッチリです。大変満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

アップリカAB型ベビーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6256108の画像

    アップリカ

  • 2
    アイテムID:6256105の画像

    アップリカ

  • 3
    アイテムID:6256102の画像

    アップリカ

  • 4
    アイテムID:6256099の画像

    アップリカ

  • 商品名
  • 3輪ベビーカー
  • ベビーカー
  • オート4輪ベビーカー
  • オート4輪ベビーカー
  • 特徴
  • スムーズな操作性が魅力!
  • ワイドで快適なシートを採用
  • 成長に合わせてサポートしてくれる
  • 赤ちゃんがのびのびと座れるシート
  • 価格
  • 55187円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 65057円(税込)
  • 55048円(税込)
  • 重さ
  • 9.4kg
  • 7kg
  • 7.1kg
  • 6.9kg
  • サイズ
  • 55×86×114cm
  • 52.5x91.0~101.3x102.5~104cm
  • 51.7×87~94×101~104cm
  • 51.7×87~94x101~104cm

以下の記事では、高級ベビーカーの人気おすすめランキング15選を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

ベビーカーはいらない?いつからいつまで使う?

初めて赤ちゃん用品を揃えるママにとって、ベビーカーの購入は迷うものです。ベビーカーは本当に必要?いつからいつまで使うものなの?と悩む方もいるでしょう。いつからいつまで使うのかをみていきましょう。

ベビーカーは生後1ヶ月頃から必要

ベビーカーは生後1か月頃から必要になってきます。新生児の間は連れ出す機会も少ないです。1ヵ月を過ぎるとママの体調も良くなり散歩へ行ったりすることが多くなります。連れ出すときは、抱っこ紐やスリングを使うことが多いでしょう。

 

しかし、赤ちゃんと外出するときはおむつやミルクなど荷物が多くなるものです。ベビーカーが荷物置きになったり、ベッドの代わりに使えて便利です。なかなかお昼寝をしない赤ちゃんをベビーカーに乗せてお散歩にでると昼寝してくれることもあります。

ベビーカーは2歳半~3歳頃まで必要

ベビーカーは2歳半~3歳頃まで必要になります。歩きはじめるとベビーカーに乗りたがらなくなるものです。しかし、荷物を置いたり、お昼寝したら寝かせておくなど便利に使えます。荷物が多い方や外出する機会が多くなりそうという方は、、3歳まで使えるベビーカーを選びましょう。

まとめ

AB型ベビーカーのおすすめランキングを紹介しました。A型とB型のいいとこ取りをしたAB型ベビーカーは、コンパクトで長く使い続けることができます。ぜひ長く愛用できるAB型ベビーカーを見つけ、快適な毎日を楽しんでください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年01月22日)やレビューをもとに作成しております。

TOPへ