【2021年最新版】バルサミコ酢の人気おすすめランキング15選【ローマやスペインも】

記事ID5968のサムネイル画像

バルサミコはイタリア語で「芳香性がある」という意味で、香りのよい調味料です。一般的にはイタリア料理の調味料として使うものですが、和食の隠し味として使うのもおすすめです。今回はそんなバルサミコ酢の選び方やおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介します。

バルサミコ酢とは

バルサミコ酢とは、ぶどうの濃縮果汁を熟成させた果実酢です。日本で一般的に使われる米酢のように、料理の隠し味など調味料として使われますが、ぶどう特有の甘みがありますので、デザートにかけるソースにもよく用います。

 

バルサミコ酢は大きく分けて、バルサミコビネガーとバルサミコクリームの2種類があります。どちらも原料は同じぶどうですが、味わいは大きくことなります。また産地、熟成期間の長さによっても違います。

 

そこで今回は、バルサミコ酢の選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは種類、産地、熟成期間を基準に作成しました。購入を迷われている方は、是非ご参考になさってください。

バルサミコ酢の選び方

バルサミコ酢をはじめて買う方は、何を基準にして選べばよいのか分からないことも多いでしょう。ここでは、バルサミコ酢の種類や選び方についてご紹介します。目的に応じて使いわける参考になさってください。

種類で選ぶ

バルサミコ酢を大きくわけると、赤ぶどうと白ぶどうを熟成させた「赤バルサミコ酢」と、白ぶどうを使った「白バルサミコ酢」の2種類があります。特徴を把握して、目的にあった使い方をすることで、より美味しい料理を作ることができます。

肉料理に使いたい方は「赤バルサミコ酢」がおすすめ

木樽で熟成させた赤バルサミコ酢は、ウッディな風味や赤ワインのようなコクとまろやかな酸味を持ちます。ハーブやスパイスをきかせた肉料理などのパンチがある料理や、甘いアイスクリームなどの乳製品との相性がとてもよいです。いろいろ試してみましょう。

魚料理に使いたい方は「白バルサミコ酢」がおすすめ

白ぶどうから作られた白バルサミコ酢はフルーティーですっきりした後味です。繊細な魚料理など素材の風味を生かしたいときにぴったりです。意外にも和食にもよく合います。また素材に色をつけたくないときも、白バルサミコ酢がおすすめです。

本物志向の方は「D・O・P」マークがおすすめ

イタリア製のバルサミコ酢は、伝統的な製法で最低でも12年の木樽熟成があるものに「D・O・P」マークがついています。自然に熟成したバルサミコ酢の味わいは格別です。本格的なバルサミコ酢を使いたい人は、マークがあるものを試してみるとよいでしょう。

「効能・効果」を意識する方は赤バルサミコ酢がおすすめ

普段使いするためのバルサミコ酢は、スーパーでも買えるものを選ぶと気軽に使うことができます。お値段も比較的リーズナブルなので、いろいろなメーカーを使い比べたり、意外な使い方を試してみるのもおすすめです。

バルサミコ酢は赤と白の2種類があります。どちらも健康によいといわれますが、おすすめは赤のバルサミコ酢です。赤のバルサミコ酢にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用やアンチエイジングに効果があるといわれています。

素材にこだわる方はオーガニックのバルサミコ酢がおすすめ

農薬や化学肥料が使われていない食品を使いたい人は、オーガニック認定をうけているバルサミコ酢を選ぶとよいでしょう。特に使う頻度が高い方は、オーガニック商品を選ぶと安心して使うことができておすすめです。

日本人好みの味が好きな方は国産バルサミコ酢がおすすめ

くせがなく和食にも合いやすいまろやかな味わいが好きな方は国産のバルサミコ酢もおすすめです。国産のぶどうを原料とし、日本人の口にあいやすい味に仕上げています。普段使っている米酢の代用として使うと新しい発見があるかもしれません。

粘度で選ぶ

バルサミコ酢は、さらさらのビネガータイプと、とろみがあるクリームタイプの2タイプがあります。それぞれの目的によって使い分けましょう。

広範囲に使いたい方はビネガータイプがおすすめ

さらさらのビネガータイプは、均等に混ぜやすいため、味付けやドレッシングに最適です。また煮詰めてソースにすることもできます。応用しやすいので、1本で多目的に使いたい方はビネガータイプがおすすめです。

ソースに使いたい方はクリームタイプがおすすめ

バルサミコ酢を煮詰めとろみをつける手間を省いたものが、クリームタイプのバルサミコ酢です。そのまま肉料理やデザートのソースに使えるのでとても便利です。バルサミコ酢をソースに使うことが多い方は、あらかじめとろみがある、クリームタイイプがおすすめです。

味にこだわる方は「添加物」がないタイプがおすすめ

販売されているバルサミコ酢には、カラメル色素や亜硫酸塩が含まれているものも多くあります。気になる人は原材料をみて添加物が入っていないものを選ぶようにしましょう。

店で選ぶ

バルサミコ酢は様々な店で販売されています。お店によって取り扱い商品も変わりますので、目的に買う店を選んでください。

普段使いをする方は「スーパー」で買うのがおすすめ

普段使いするためのバルサミコ酢は、スーパーでも買えるものを選ぶと気軽に使うことができます。お値段も比較的リーズナブルなので、いろいろなメーカーを使い比べたり、意外な使い方を試してみるのもおすすめです。

たくさんの種類から選びたい方は「カルディ・成城石井」で買うのがおすすめ

カルディや成城石井では、輸入食品を多く取り扱っています。そのためスーパーよりも品数が多く、こだわった商品もみつけやすいでしょう。実際に商品を手にとりながら選ぶ時間も楽しいです。

お得に買いたい方は「業務スーパー」がおすすめ

業務スーパーはレストランで使うような商品がお得に安く販売されています。良い品をお得に買いたいという方は、足を運んでみましょう。思わぬ戦利品を獲得できるかもしれません。

バルサミコ酢の人気おすすめランキング15選

ホワイトバルサミコ酢ならでは甘み

伝統と最新技術をとりいれた製法のイタリアのメンガツォーリ社の商品で、バルサミコ酢の本場、モデナ産のバルサミコ酢です。ホワイトバルサミコ酢ですので、さわやかですっきりとした酸味。酢のものやお刺身などの和食に使ってみてはいかがでしょうか。

内容量 250ml 原材料 有機ワインビネガー、有機ぶどう果汁

口コミを紹介

いつも使っていたバルサミコ酢は一般的な黒色なので、サラダ等の料理によっては見た目が・・・でしたが、こちらのはいい感じです。見た目色も良いのですが、非常にマイルドな酸味でとても良いです。野菜炒め等、普段はお酢を使わないおかずにちょっとかけるとさっぱりして美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

和食の隠し味にも

世界的に有名なソムリエ、田崎真也氏が監修したバルサミコ酢です。甘味と酸味のバランスがよいのが特徴、はじめてバルサミコ酢を使う方におすすめです。イタリアンにはもちろん、ぶどうの濃縮感が醤油と相性がよいので和食の隠し味にとしてもよく使われています。刺身やお寿司用の醤油にひとさじいれてもおいしいですよ。

内容量 250ml 原材料 ぶどう酢、濃縮ぶどう果汁、加熱ぶどう果汁、着色料(カラメル)など

口コミを紹介

しばらく切らしていて、久しぶりに購入してみましたバルサミコ酢。タマノイさんのバルサミコ酢は初めて購入しましたが、お値段も手頃でなにより美味しい♪ハンバーグソースに、ドレッシングにとほんの少し加えるだけでコクと旨みが増してグレードアップ。まだまだ色々使ってみたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

凝縮感あるバルサミコクリーム

凝縮した味が楽しめるのがバルサミコクリームです。ぶどうの旨味とバルサミコ酢ならではの酸味をぎゅっと閉じこめた味わいです。よく煮込んだ肉やこってりと煮付けた魚料理の仕上げにひと回しすると、素材の味を引き立てることができます。

内容量 250ml 原材料 バルサミコ酢、濃縮グレープマスト、ぶどう糖果糖液糖/カラメル色素など

口コミを紹介

やっぱりこのソースタイプに慣れてしまうと他のが使えなかった
味も良いし、皿に絵を書いたりとなんとも便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドイツビネガーのトップメーカーのバルサミコ酢

白ぶどうからつくられたまろやかな味のバルサミコ酢です。マスカット色を帯びた透明な色ですので、色鮮やかなサラダにおすすめです。フルーティなのでそのままでも飲みやすい味ですので、炭酸で割っても飲んでもおいしいですよ。

内容量 250ml 原材料 ワイン,ワインビネガー,ブドウ果汁,酸化防止剤(亜硫酸塩)

口コミを紹介

本来赤ワインでのバルサミコが主流ですが野菜サラダで使うとその色が邪魔をしてしまいます。白ワインバルサミコは見た目にもおいしくいただけます。バルサミコはローストビーフ、スモークサーモンにもよく合います。透明な白バルサミコをケースバイケースでおいしく利用しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

伝統的製法でつくられた正統派バルサミコ酢

バルサミコ酢の本場、イタリア・モデナの老舗メーカー、マルピーギ社のバルサミコ酢です。1850年から5世代にわたり、伝統的な製法を守って作り続けています。伝統的なバルサミコ酢製造に使われるブドウだけを原料として、酸化防止剤やカラメルを使っていません。甘く深い味わいは多くの人をとりこにしています。

内容量 100ml 原材料 ぶどう(イタリア産)

口コミを紹介

これを食べてから今までのバルサミコ酢はなんだったのか‼と思います。
よく肉料理のソースとして蜂蜜と煮詰めて酸っぱさを飛ばしますが、これはそのまま行けます。 やっぱり高いので800円くらいのバルサミコ酢を買いましたがやっぱり戻れませんでした

出典:https://www.amazon.co.jp

軽い味わいがサラダによく合う

イタリア・モデナ地方を代表する老舗バルサミコ酢メーカーのマツェッティの商品です。木樽でじっくりと熟成する伝統製法にて作られています。バルサミコ酢としては、比較的軽い味わいでサラダとの相性が高いです。500mlサイズで1,000円を切る価格は、毎日使う人にとってはありがたいことでしょう。

内容量 500ml 原材料 ぶどう酢(イタリア)、加熱濃縮ぶどう果汁(イタリア)、着色料(カラメル)など

口コミを紹介

黒酢を飲む感覚で、毎朝大さじ1杯を飲んでいます。 バルサミコ酢:ミネラルは1:2の割合。
サラダのドレッシングとしても軽い感じが気に入って使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

味の素

信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢

国産醤油メーカーのバルサミコ酢

「日本人の味覚にあわせた」国産バルサミコ酢は、味の素と醤油メーカー・内堀醸造との共同開発によって誕生しました。特有のクセが苦手な方に選ばれています。酸が強すぎるのも苦手だけれども、高級熟成ものよりもさっぱりとした味のものがほしい方におすすめです。

内容量 500ml 原材料 濃縮ぶどう果汁、カラメル色素

口コミを紹介

値段は安いがイタリア製の安いものにありがちな酸が強すぎるようなこともない。
かと言って、イタリア製の高価なもののように濃厚で深みのある甘さではなくさっぱりした甘さです。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

東京セントラルトレーディング

biologicoilsイタリア産有機バルサミコ酢(白)

やさしい風味の有機白バルサミコ酢

イタリアの有機ぶどうを使用し、アルコール発酵、低温熟成、酢酸発酵を経て丁寧につくられたオーガニックバルサミコ酢です。まろやかな風味で、繊細な魚介やサラダによく合います。

内容量 500ml 原材料 有機白ワインビネガー・白ぶどう果汁

口コミを紹介

赤に比べて白は、酸味も弱く、後味もすっきりとしており、お酢の苦手な家族も喜んで使っています。合わせるオリーブオイルにもよると思いますがドレッシングとしては最高です。様々なお酢を使用する料理に試してみたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ヨーロッパで高いシェアを誇るバルサミコ酢

ポンティ社はヨーロッパでは20%以上、イタリア本国では55%以上のシェアをほこるビネガー製造会社です。ドルチェアグロは「甘酸っぱい」という意味で、まさにぶどうの甘さそのものです。サラダやマリネなどの繊細な味を損ねることなく、料理をランクアップします。

内容量 250ml 原材料 ぶどう酢、ぶどう果汁、酸化防止剤(亜硫酸塩)

口コミを紹介

一般的なバルサミコに比べると、酸味の角が取れた感じです。私は酸味が大好きなのですが、好まない家族もいるのでこちらを購入してみました。オリーブオイルとペッパーを足すだけでもおいしくお野菜が食べられますよ。サンドイッチに入れる野菜を和えたり、あっという間に1本を消費しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ最高の有機バルサミコ酢

有機JAS認証なのに500mlでこの値段はお買い得、と手にされる方が多いバルサミコ酢です。カラメル色素で着色するのが主流ですが、こちらは熟成の過程でできた本物のバルサミコ酢の色です。味はすっきりとしているものの、有機製造ならではの旨味が感じられます。

内容量 500ml 原材料 有機赤ワインビネガー,有機ぶどう果汁

口コミを紹介

以前はスーパーに並んでいる一般的な物を購入していましたが、今回、こちらの商品を購入してみて本当に良かったと思っています。値段も手頃ですし品質、味、風味ともに申し分ないです。生野菜にオリーブオイルと本品を加え、毎日頂いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

木樽の風味をまとったバルサミコ酢

日本で初めて国内自社工場で製造したバルサミコ酢で、木樽の風味が効いています。野菜や肉料理に合うのはもちろん、まろやかな味なので、アイスクリームやヨーグルトにかけてもも相性バツグンです。容量が150mlと少量なのも試しやすくおすすめです。

内容量 150ml 原材料 ぶどう果汁(イタリア)

口コミを紹介

色々な料理に合う。温野菜、サラダのドレッシングとして、玄米黒酢1・和風だし(液体)1/2・内堀醸造バルサミコ酢1/2の割合、一回分にエゴマオイル大さじ1を入れて使っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

有名調味料ブランドのバルサミコ酢

イタリアモデナ産の伝統的製法にて、5種類の木樽で熟成して作られたバルサミコ酢です。酸味とぶどうの甘味が調和しています。フランスの老舗調味料ブランド、マイユ社の商品は、「マイユだから買う」というファンの方もいらっしゃるほど、強く支持されています。

内容量 500ml 原材料 ワイン、ぶどう果汁、カラメル色素、酸化防止剤(亜硫酸塩)

口コミを紹介

バルサミコ酢はマイユのものが好きです。少し甘めかもしれませんが、醤油との相性も良いように思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Aグロソリ

アチェート・バルサミコ IGP

気品ある香りのバルサミコ酢

世界中のお酢のなかでも最高峰といわれる「アチェート・バルサミコ」で、イタリアのIGP認証のバルサミコ酢です。別名「侯爵の酢」ともよばれ、甘酸っぱさと花のような香りのハーモニーがすばらしい逸品です。

内容量 1L 原材料 葡萄酢、葡萄果汁、カラメル色素、酸化

口コミを紹介

普通に美味しいです。私はレーズンにハチミツを少し入れて、バルサミコ酢をレーズンが隠れるくらいいれて、作っています。
サラダや、酢の物など何にでもかけて食べてます。1Lはたっぷり使えていいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

まろやかな味のバルサミコ酢

トロミがあり、かつ旨味が凝縮しているの、ソースとして使うのがおすすめです。サラダや肉料理などいろいろな料理にあいます。柔らかいプラスチックボトルなので、お皿の上に線を描くように、バルサミコクリームでデコレーションもできます。

内容量 250ml 原材料 バルサミコ酢、濃縮葡萄果汁、ワインヴィネガー、葡萄果汁、砂糖など

口コミを紹介

これまではバルサミコ酢を煮詰めるしかないと思っていたし、量をかなり使う割には今一つの出来だったので、こういうのがあると大変助かります。しかも凄く美味しい!甘みがあり酸っぱすぎないので、普通のバルサミコ酢は少し苦手という方にも食べやすいかと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

こだわりの味でもリーズナブル

有機農法のリーディングカンパニー、イタリア発祥のアルチェネロの有機バルサミコ酢です。イタリア産の有機ぶどうを使い、酸化防止剤などの添加物は不使用です。これだけのこだわりにもかかわらず、比較的価格が安いのでコスパがよいと評判の商品です。

内容量 250ml 原材料 有機ワインビネガー、有機ブドウ果汁

口コミを紹介

この原材料で、このお値段はとにかくお買い得という感じです。買うならコレ、コレ以外の選択肢が思いつきません。イヤな酸味やキツさがなくて美味しい。一時期、キャベツにこれとオリーブオイルとお醤油少しいれたサラダにハマりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

バルサミコ酢のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6806979の画像

    日仏貿易

  • 2
    アイテムID:6806976の画像

    Aグロソリ

  • 3
    アイテムID:6806973の画像

    Aグロソリ

  • 4
    アイテムID:6806970の画像

    マイユ

  • 5
    アイテムID:6806967の画像

    内堀醸造

  • 6
    アイテムID:6806964の画像

    biologicoils

  • 7
    アイテムID:6806961の画像

    ポンティ

  • 8
    アイテムID:6867696の画像

    東京セントラルトレーディング

  • 9
    アイテムID:6806955の画像

    味の素

  • 10
    アイテムID:6806952の画像

    マツェッティ

  • 11
    アイテムID:6806949の画像

    マルピーギ

  • 12
    アイテムID:6806946の画像

    キューネ

  • 13
    アイテムID:6806943の画像

    ユウキ

  • 14
    アイテムID:6806940の画像

    タマノイ酢

  • 15
    アイテムID:6806937の画像

    メンガツォーリ

  • 商品名
  • 有機バルサミコ・ビネガー
  • バルサミコ・クリーム
  • アチェート・バルサミコ IGP
  • バルサミコビネガー
  • バルサミコ酢
  • モデナ産有機バルサミコ酢 IGP
  • バルサミコ 白ドルチェアグロ
  • biologicoilsイタリア産有機バルサミコ酢(白)
  • 信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢
  • アセト・バルサミコ
  • サポローゾ 6年熟成バルサミコ
  • バルサミコ白
  • バルサミコクリーム
  • バルサミコ酢
  • 有機 バルサミコ酢 白
  • 特徴
  • こだわりの味でもリーズナブル
  • まろやかな味のバルサミコ酢
  • 気品ある香りのバルサミコ酢
  • 有名調味料ブランドのバルサミコ酢
  • 木樽の風味をまとったバルサミコ酢
  • コスパ最高の有機バルサミコ酢
  • ヨーロッパで高いシェアを誇るバルサミコ酢
  • やさしい風味の有機白バルサミコ酢
  • 国産醤油メーカーのバルサミコ酢
  • 軽い味わいがサラダによく合う
  • 伝統的製法でつくられた正統派バルサミコ酢
  • ドイツビネガーのトップメーカーのバルサミコ酢
  • 凝縮感あるバルサミコクリーム
  • 和食の隠し味にも
  • ホワイトバルサミコ酢ならでは甘み
  • 価格
  • 560円(税込)
  • 1005円(税込)
  • 1730円(税込)
  • 1477円(税込)
  • 540円(税込)
  • 1311円(税込)
  • 670円(税込)
  • 994円(税込)
  • 1346円(税込)
  • 919円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 540円(税込)
  • 788円(税込)
  • 382円(税込)
  • 955円(税込)
  • 内容量
  • 250ml
  • 250ml
  • 1L
  • 500ml
  • 150ml
  • 500ml
  • 250ml
  • 500ml
  • 500ml
  • 500ml
  • 100ml
  • 250ml
  • 250ml
  • 250ml
  • 250ml
  • 原材料
  • 有機ワインビネガー、有機ブドウ果汁
  • バルサミコ酢、濃縮葡萄果汁、ワインヴィネガー、葡萄果汁、砂糖など
  • 葡萄酢、葡萄果汁、カラメル色素、酸化
  • ワイン、ぶどう果汁、カラメル色素、酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • ぶどう果汁(イタリア)
  • 有機赤ワインビネガー,有機ぶどう果汁
  • ぶどう酢、ぶどう果汁、酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • 有機白ワインビネガー・白ぶどう果汁
  • 濃縮ぶどう果汁、カラメル色素
  • ぶどう酢(イタリア)、加熱濃縮ぶどう果汁(イタリア)、着色料(カラメル)など
  • ぶどう(イタリア産)
  • ワイン,ワインビネガー,ブドウ果汁,酸化防止剤(亜硫酸塩)
  • バルサミコ酢、濃縮グレープマスト、ぶどう糖果糖液糖/カラメル色素など
  • ぶどう酢、濃縮ぶどう果汁、加熱ぶどう果汁、着色料(カラメル)など
  • 有機ワインビネガー、有機ぶどう果汁

以下の記事では、さまざまな果実酢の人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

バルサミコ酢のおすすめ「レシピ」

バルサミコ酢の用途として多いのがドレッシングやソースとして使うことでしょう。ここではバルサミコ酢を使ったおすすめの使い方をお伝えします。

バルサミコビネガーを選ぼう

ドレッシングには、均等に混ざりやすいビネガータイプがおすすめです。白バルサミコ酢、赤バルサミコ酢のどちらを使っても美味しく作れますが、どちらを使うかで風味や味わいが変化しますので、具材や好みで選びましょう。気軽に試してみてください。

オリーブオイルをいれてドレッシングを作ろう

混ぜ合わせたドレッシングもよいですが、バルサミコ酢・塩・オリーブオイルをサラダに直接ふりかけてみましょう。簡単に、サラダが美味しくいただけます。ニンニクやハーブなどの香辛料を混ぜてもおすすめ。エキストラバージンオリーブオイルがおすすめです。

和食にもぴったりな白バルサミコ酢

クセがなくフルーティーな白バルサミコ酢は、酢飯や酢の物などの和食にも合います。特に生ハムやツナなどを使った洋風ちらし寿司など、洋風の具材を取り入れる場合は、白バルサミコ酢を使用することでよりマッチする味わいになるでしょう。是非お試しください。

「パスタ」にも合うバルサミコ酢

醤油・バター・クリーム・トマトソース。どのパスタソースにもバルサミコ酢はよく合います。さっとひとまわしするだけで、レストランソースのような本格的なコクがでてきます。ぜひ、いつものパスタソースにお試しください。

「豚肉」などの肉料理にぴったりなソースはクリームタイプがおすすめ

バルサミコ酢を煮詰めたようなとろみがはじめからあるクリームタイプは、豚肉や鶏肉などの肉料理に大変ぴったり合います。料理の上からお皿に格好よくソースを線状に描いてまわしかけると、味だけでなくレストランのような演出ができて、おしゃれです。

「デザート」にもぴったりなクリームタイプ

バルサミコ酢は料理だけでなく、甘いデザートにも手軽に使うことができます。特にアイスクリームの上からクリームタイプをまわしかけると、甘みと合わさって高級感のあるスィーツに早変わりします。さらにシナモンなどのスパイスを振りかけてもよいでしょう。

酸味を「まずい」と感じたときは加熱する

バルサミコ酢の酸味が苦手な方は、加熱してみてはいかがでしょうか。酸味が飛んで甘みが増します。さらに、お好みでバターを加えるとさらにコクがでておすすめです。

バルサミコ酢の「作り方」

バルサミコ酢がないときは、黒酢+ソースで赤バルサミコ酢に。米酢+はちみつで白バルサミコ酢の代用として作ることができます。作りたいレシピに「バルサミコ酢」と書いてあるけれど、わざわざ買うほど使う頻度がないかもしれないな、と思われる方は一度試してみてください。

「白ワインビネガー」と白バルサミコ酢の違い

ワインビネガーとバルサミコ酢は製造工程や風味が異なります。ワインビネガーはぶどう果汁を発酵させて「酢」にしたもの。バルサミコ酢は木樽などで「熟成」させてものになります。バルサミコ酢はビネガーのような酸味に加えコクや独特の風味が感じられます。

余ったバルサミコ酢を活用

バルサミコ酢を買ったものの、思ったほど使う機会がなく大量に余ってしまったという方も多いのではないでしょうか。ここでは余ったバルサミコ酢の意外な使い方をご紹介します。

焼酎や炭酸と割って爽やかドリンクに

バルサミコ酢+焼酎+炭酸飲料で、爽やかなバルサミコ酢サワー、焼酎抜きならノンアルコールになります。サイダーやコーラ、ジンジャーエールなどいろいろな炭酸飲料で試してみましょう。バルサミコ酢のポリフェノールを手軽に摂取できて一石二鳥です。

スープの仕上げにいれてコクを出す

肉や野菜で出汁をとった、洋風スープの仕上げにバルサミコ酢を入れてみましょう。コクが出てとても美味しくなります。酸味が好きな人は多めにいれると、コクが出るだけでなく酸っぱい風味が全面に出て、夏バテにぴったりな爽やかなスープとなり、おすすめです。

煮込み料理に使う

鶏肉やスペアリブなどの肉料理の煮込みに、バルサミコ酢を一緒にいれてみましょう。ポリフェノールや酸の効果で肉がより柔らかくなり、ほどよい酸味が食欲をそそる一品になるでしょう。普段の煮込み料理が、ぐっとレストランの味に近づくこと間違いなしです。

バルサミコ酢の賞味期限

自然に熟成された高級品の場合は、未開封で保管状態がよければ、あまり気にする必要がありません。安価なものは5年を目安にします。開封後は1-3年を目安に使いきります。保管状態にも大きく左右されますので、風味に異常を感じる場合は使用を中止しましょう。

バルサミコ酢の保管方法

バルサミコ酢は腐りにくいものではありますが、保存方法や環境が合っていないと劣化してしまいます。まずは酸化すると風味が落ちるため、栓をしっかり閉めましょう。高温にもダメージを受けるため、冷暗所に保管。特に夏場は冷蔵庫に保存してもよいでしょう。

「最高級」バルサミコ酢を使う

1本1000円以上する高級なバルサミコ酢には理由があります。産地や熟成へのこだわりなど、少量生産のバルサミコ酢は希少。自分では買いづらいためプレゼントにも最適です。

IGPモデナのバルサミコ酢

I.G.Pとは、農産物および食品の生産・加工・仕上げが保護指定地域内で行われたものに与えられる品質認定表示です。モデナはイタリア北東部にある都市で、伝統的なバルサミコ酢を製造しています。I.G.Pモデナの商品は厳しい規定に従って生産されており大変希少です。

長期熟成

熟成した味わいを出すために、カラメル色素を添加しているバルサミコ酢も多くあります。そのような調整をせず熟成のみでコクを出しているものは希少ですが、その中でも12年以上のものはトラディツィオナーレ、25年以上のものはストラベッキオと呼ばれています。

「最高級」バルサミコ酢はプレゼントにもおすすめ

大切な方や普段お世話になっている方へ、最高級バルサミコ酢をプレゼントしてはいかがでしょうか。味はもちろん、高級バルサミコ酢はパッケージデザインが素敵なものも多いです。使用中はもちろん使用後の瓶をキッチンに置いても、素敵なインテリアになります。

まとめ

バルサミコ酢のおすすめランキングをご紹介しました。ぜひ参考に気になったバルサミコ酢を使ってみてください。バルサミコ酢をひと回しすれば、本格的な一皿に変わるでしょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】線香の人気おすすめランキング15選【白檀・贈答】

【2021年最新版】線香の人気おすすめランキング15選【白檀・贈答】

冠婚葬祭用品
生ハムの人気おすすめランキング15選【おすすめレシピも】

生ハムの人気おすすめランキング15選【おすすめレシピも】

肉類
【2021年最新版】梅のお菓子の人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】梅のお菓子の人気おすすめランキング15選

菓子・スイーツ
【2021年最新版】人気の高級シャンパンおすすめランキング15選【ドンペリやモエシャンドンも】

【2021年最新版】人気の高級シャンパンおすすめランキング15選【ドンペリやモエシャンドンも】

お酒
【市販・通販で買える】ジャムの人気おすすめランキング20選【安くて美味しいジャムもご紹介】

【市販・通販で買える】ジャムの人気おすすめランキング20選【安くて美味しいジャムもご紹介】

パン・ジャム
シードルの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

シードルの人気おすすめランキング15選【2021年最新版】

お酒