クロスバイク向けリアキャリアの人気おすすめランキング9選【泥除けになるものも】

泥除けや荷物の積載に便利なリアキャリア。リアキャリアがあるとカゴやバッグなどを取り付けることができ、雨天時の泥除けにも活躍してくれます。この記事ではクロスバイク用リアキャリアの選び方やおすすめ人気商品ランキングをご紹介します。

泥除けにもなるリアキャリアをクロスバイクに取り付けよう

クロスバイクにはリアキャリアやカゴがついていないので、荷物を運ぶときはリュックを背負うことになります。そのため荷物が重いと肩に負担がかかり、暑い季節だと背中に汗をかいて不快感です。

 

そんなときに便利なのがリアキャリアです。荷物を直接載せたりバッグを取り付けたりできるので、身体に負担がかかることなくたくさんの荷物を運べます。また雨の日には泥除けとしても活躍してくれます。

 

この記事ではクロスバイク用リアキャリアの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは重さ・耐荷重・素材などを基準に作成しました。取り付け方法まで詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

細身でシンプルなデザインがおしゃれ

700cc・29erのスポーツ自転車に対応しているリアキャリアです。細身・シンプルで、クロスバイクの雰囲気を損なわないおしゃれなデザインです。18kgまで載せることができ、見た目よりもしっかりとした作りになっています。

サイズ - 重さ 1.1kg
素材 スチール 耐荷重 18kg
取付箇所 ダボ穴

クロスバイクのリアキャリアはいらない?メリットとは?

クロスバイクにリアキャリアは標準装備されていないのでいらないという声もありますが、あるととても便利なアイテムです。リアキャリアがあると背負わなくても荷物やバッグを載せられるので身体の負担を軽減できます。

 

またリアキャリアに直接荷物やバッグを載せられるので、大量の荷物を持ち運びたい場合にも便利です。買い物で飲み物をたくさん購入したときや、ツーリングキャンプでテントやチェアなどの大型な荷物を持ち運ぶのにも活躍してくれます。

 

さらに天板があるリアキャリアなら、荷物を載せていないときでも泥除けとして活躍します。地面から跳ね返った泥から服を守ってくれるので、通勤や通学にも便利です。

クロスバイク向けリアキャリアの選び方

クロスバイク向けのリアキャリアにはさまざまな種類があります。ここではクロスバイク向けリアキャリアの選び方について詳しく解説していきます。

取り付け方法で選ぶ

クロスバイクへのリアキャリアの取り付け方法は、主にダボ穴タイプとシートポストタイプの2種類があります。それぞれの特徴を紹介していきます。

強度を重視するなら「ダボ穴」タイプがおすすめ

シートステーの根元にある穴(ダボ穴)に取り付けるのが「ダボ穴」タイプです。リアキャリアをクロスバイクのフレームにしっかり固定できるので、固定力が高く強度に優れています。耐荷重も高いものが多く、ツーリングキャンプにもおすすめです。

簡単に着脱したいなら「シートポスト」タイプがおすすめ

使用・不使用に応じて頻繁に取り外しをしたい方には「シートポスト」タイプがおすすめです。工具がなくても取り付けられるものもあり、ダボ穴がないクロスバイクでも装着可能です。耐荷重は高くないものが多いので、ちょっとした荷物を置きたいときに役立ちます。

素材で選ぶ

リアキャリアには主にアルミ製とスチール製の2種類があります。それぞれ異なる特徴があるのでチェックしていきましょう。

軽量さを重視するなら「アルミ」がおすすめ

リアキャリアの軽さを重視するなら「アルミ」製がおすすめです。軽量なので、クロスバイクならではのスピーディな走行を邪魔することなく使えます。またサビにも強いのでお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

 

耐久性はそこまでなく耐荷重も低いものが多いので、ちょっとした荷物を運びたい方や泥除けとして使いたい方におすすめです。

重い荷物を運ぶなら「スチール」がおすすめ

たくさん荷物を載せたり重い荷物を持ち運びたい場合は、耐久性のある「スチール」製がおすすめです。耐荷重が高いものが多く、買い物やツーリングキャンプなどでたくさん荷物を載せたい場合でも重宝します。

 

また高級感がありおしゃれなデザインも魅力です。アルミよりもサビやすい特徴があるので、定期的にお手入れをする必要があります。

タイヤ・フレームに合う「サイズ」かチェック

リアキャリアを取り付ける場合はクロスバイクのサイズに合うかどうかがとても重要です。リアキャリアのサイズで失敗しないためには、クロスバイクのタイヤサイズとフレームサイズを確認しましょう。

 

タイヤサイズは700cに対応しているリアキャリアがほとんどです。タイヤサイズに合わないとタイヤに干渉してしまうので、手持ちのクロスバイクのタイヤが700cでない場合は注意して選びましょう。

 

フレームサイズとはシートチューブの長さを指し、高床タイプや低床タイプなどがあります。高床タイプが多いので、リアキャリアも高床タイプに対応しているものが豊富です。対応するフレームサイズの記載があるか確認しましょう。

使い方によって天板の広さを選ぶ

リアキャリアを選ぶ場合は天板の広さも重要です。荷物の載せ方や使い方によって天板の広さを選びましょう。

直接荷物を乗せるなら「天板が広い」サイズがおすすめ

リアキャリアの上に荷物を直接載せてロープで固定したり、バッグを載せて持ち運んだりする場合は「天板が広い」サイズを選びましょう。天板が広いと載せられる荷物の量や大きさの幅も広がり、荷物を載せたときの安定感も増します。

バッグをかけて使うなら「天板が狭い」サイズがおすすめ

パニアバッグやサイドバッグを左右にかけて使う場合は、天板が広くなるほど重心が左右に広がって不安定になってしまいます。安定して走行するためにも、バッグをかけて使うなら「天板が狭い」サイズを選びましょう。

載せる荷物によって「耐荷重」をチェック

リアキャリアには、どれくらいの重さまでなら耐えられるかが「耐荷重」として表されています。載せる荷物の量や重さに適した耐荷重があるかどうかを確認しましょう。ほとんど荷物を載せず泥除けとして使うなら5kg程度でも問題ありません。

 

普段の買い物や通勤・通学で使うなら10〜18kg程度を目安に選びましょう。キャンプや旅行で重い荷物を載せるなら25kg以上のリアキャリアがおすすめです。

ダボなしのクロスバイクなら「アダプター」をチェック

お持ちのクロスバイクにダボ穴がない場合は、専用のアダプターを使えばリアキャリアを取り付けることができます。アダプターをクイックリリースに挟むとリアキャリアを付けられるので、ダボ穴がない場合はアダプターの購入も検討してみてください。

クロスバイク向けリアキャリアの人気おすすめランキング9選

軽量でスピーディな走行を邪魔しない

500gほどしか重さがなく軽量なので、クロスバイクでのスピーディな走行を邪魔しないリアキャリアです。トップにフェンダーボードがついているので、荷物を載せていないときでも泥除けとして活躍してくれます。

サイズ - 重さ 575g
素材 アルミ 耐荷重 25kg
取付箇所 ダボ穴

口コミを紹介

見た目にも安っぽさはないし取り付け後まだ数週間ですが緩みもありません。重量も許容範囲です。

出典:https://www.amazon.co.jp

専用バッグをワンタッチで装着可能

荷物の積み下ろしをよくする方に便利なリアキャリアです。専用バッグなら工具やベルトなしでワンタッチで装着できるので忙しい朝にも活躍してくれます。最大9kgまで積載できるので通学や通勤にぴったりです。

サイズ L54×W12.7×H8.1cm 重さ 680g
素材 - 耐荷重 9kg
取付箇所 -

口コミを紹介

イメージ通りだしトピークの製品はそこそこの値段でありその分クオリティも高いと思っている。
背中のビショビショも解消され嬉しい限りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

パニアバッグの取り付けにも対応

パニアバッグの取り付けに対応しているリアキャリアです。ゴム紐用フックが4ヶ所ついており、荷物をそのまま載せたいときにもロープを引っ掛けられます。縦型のリアリフレクタ取り付け金具もついていて便利です。

サイズ W13.5×D31.5×34cm 重さ 1.2kg
素材 スチール 耐荷重 18kg
取付箇所 -

口コミを紹介

溶接部分がしっかりしているので耐久性に不安を感じません。
脱着はボルト4本でスムースにできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3パターンの使い方ができリュックとも併用しやすい

荷台部分が展開でき、3パターンの使い方ができるリアキャリアです。フラットスタイルやダウンスタイルにすればリュックも背負いやすくなります。クロスバイクはもちろん、ロードバイクや折りたたみ自転車にも取り付け可能です。

サイズ 全長約55cm/天板35.5×14.5cm 重さ 1.4kg
素材 アルミ 耐荷重 50kg
取付箇所 シートポスト

口コミを紹介

リュックで汗をかくのが嫌で購入。サイドを立ててリュックを挟んでます。背中の汗がかなり軽減されたので買って正解!

出典:https://www.amazon.co.jp

クロスバイクによって長さを調節できる

シートポストに工具不要で簡単に着脱できるシートポストです。長さは調節できるので、クロスバイクのサイズに長さを合わせることができます。バックには赤いリフレクターがついているので夜間走行の際も安心です。

サイズ - 重さ 1.5kg
素材 アルミ 耐荷重 50kg
取付箇所 シートポスト

口コミを紹介

後付けで頑丈だし取り付けは簡単

出典:https://www.amazon.co.jp

ブレーキの種類に自信がなくても安心

ディスクブレーキとVブレーキどちらにも対応しているので、ブレーキの種類に自信がなくても安心して使えるリアキャリアです。工具不要で簡単に取り付けができます。荷台の後ろにリフレクターがついているので夜間の走行でも安心です。

サイズ - 重さ 1.3kg
素材 アルミ 耐荷重 50kg
取付箇所 シートポスト

口コミを紹介

しっかりしたつくりです
安心して使えています

出典:https://www.amazon.co.jp

工具不要で簡単に着脱可能

サドル下のシートポストに取り付けられるリアキャリアです。工具不要でレバーをひねるだけで簡単に着脱できるので、不要なときは取り外したい方におすすめできます。通勤や通学などでちょっとした荷物を乗せるのにぴったりです。

サイズ 幅12x高さ7.8x長さ49cm 重さ 660g
素材 - 耐荷重 9kg
取付箇所 シートポスト

口コミを紹介

通学時に背中が蒸れることを嫌い、こちらの荷台を使ってみました。
背中にあった重い荷物を背負わなくて良くなるので楽に通学できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

泥除けにもなって雨の日に便利

トップにフェンダーボードがついており、泥除けとしても活躍してくれるリアキャリアです。IBERA PakRakシリーズのリアバッグやパニアバッグならワンタッチで着脱ができます。耐荷重も25kgなので自転車でのキャンプにもおすすめです。

サイズ 48.5×4×44.5cm 重さ 750g
素材 アルミ 耐荷重 25kg
取付箇所 ダボ穴

口コミを紹介

マウンテンバイクに簡単に取り付けました。
ネジの位置もピッタリ。
黒で格好です。

出典:https://www.amazon.co.jp

細身でシンプルなデザインがおしゃれ

700cc・29erのスポーツ自転車に対応しているリアキャリアです。細身・シンプルで、クロスバイクの雰囲気を損なわないおしゃれなデザインです。18kgまで載せることができ、見た目よりもしっかりとした作りになっています。

サイズ - 重さ 1.1kg
素材 スチール 耐荷重 18kg
取付箇所 ダボ穴

口コミを紹介

10Lの灯油のポリタンクで走ったが安定している。シティサイクルでは常識のフックも付いてるので使いやすい。ダブルレッグスタンドと併用することでシティサイクルと同等の積載性を確保できた。

出典:https://www.amazon.co.jp

クロスバイク向けリアキャリアのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 サイズ 重さ 素材 耐荷重 取付箇所
アイテムID:11732125の画像

楽天

Amazon

ヤフー

細身でシンプルなデザインがおしゃれ

-

1.1kg

スチール

18kg

ダボ穴

アイテムID:11729005の画像

楽天

Amazon

ヤフー

泥除けにもなって雨の日に便利

48.5×4×44.5cm

750g

アルミ

25kg

ダボ穴

アイテムID:11732337の画像

楽天

Amazon

ヤフー

工具不要で簡単に着脱可能

幅12x高さ7.8x長さ49cm

660g

-

9kg

シートポスト

アイテムID:11729026の画像

楽天

Amazon

ヤフー

ブレーキの種類に自信がなくても安心

-

1.3kg

アルミ

50kg

シートポスト

アイテムID:11729305の画像

楽天

Amazon

ヤフー

クロスバイクによって長さを調節できる

-

1.5kg

アルミ

50kg

シートポスト

アイテムID:11729463の画像

楽天

Amazon

ヤフー

3パターンの使い方ができリュックとも併用しやすい

全長約55cm/天板35.5×14.5cm

1.4kg

アルミ

50kg

シートポスト

アイテムID:11730025の画像

楽天

Amazon

ヤフー

パニアバッグの取り付けにも対応

W13.5×D31.5×34cm

1.2kg

スチール

18kg

-

アイテムID:11733304の画像

楽天

Amazon

ヤフー

専用バッグをワンタッチで装着可能

L54×W12.7×H8.1cm

680g

-

9kg

-

アイテムID:11730035の画像

楽天

Amazon

ヤフー

軽量でスピーディな走行を邪魔しない

-

575g

アルミ

25kg

ダボ穴

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングも是非以下より参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

リアキャリアの取り付け方

クロスバイクへのリアキャリアの取り付け方は難しくありません。ここではタイプごとに取り付け方を解説していきます。

ダボ穴タイプの取り付け方

ダボ穴にリアキャリアを取り付ける場合は、まずボルトにグリスを塗ります。フレームにリアキャリアをボルトで取り付けたあと、ステーをリアキャリアとクロスバイクに取り付けます。

 

ステーは仮締めしておいて、リアキャリアの角度を調節してから本締めするようにしましょう。

シートポストタイプの取り付け方

シートポストにリアキャリアを取り付ける場合は、まず取り付け部分をシートポストに当ててタイヤに接触しないか確認します。タイヤに接触していなかったらネジを締めて取り付けます。緩まないようにしっかりとネジを締めるようにしましょう。

リアキャリアの取り付けには六角レンチが必要

リアキャリアの取り付けには基本的に六角レンチが必要になります。シートポストタイプは工具不要のものもありますがダボ穴に装着するタイプは必須です。購入するリアキャリアをよく確認し、必要なら六角レンチも準備しておきましょう。

 

以下の記事では、六角レンチの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

フレームによってはリアキャリアが取り付けられない場合も

リアキャリアを取り付ける際はクロスバイクのフレーム素材にも注意する必要があります。特にフレームがカーボン素材の場合、リアキャリアの重さでフレームが破損してしまう恐れがあるので取り付けることはできません。

 

フレームがカーボンでもシートポストが丈夫な素材であれば、シートポストにリアキャリアを取り付けることはできます。その場合もなるべく軽量なリアキャリアを選ぶようにしましょう。

バッグを併用して積載量アップ!

クロスバイクのリアキャリアに荷物を載せるだけでなく、バッグも併用することでさらに多くの荷物を持ち運ぶことができます。

リュックはサイドポケットが便利

ちょっとした荷物を運ぶなら、やはりリュックは便利なアイテムです。リュックならサイドポケットに飲み物を入れられるので、わざわざバッグを降ろさなくてもサッと取り出して水分補給ができて便利です。

 

またリュックの中には折りたためるものもあるので、不要になればコンパクトに折りたたんで収納できて便利です。以下の記事ではリュックの人気おすすめランキングを紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

コンパクトなサイクリング用バッグもチェック

サイクリング用バッグの中には、クロスバイクのフロントやフレーム・サドル下に取り付けられるコンパクトなものもあります。スマホや飲み物といった必要最低限のものだけ持ち運びたい場合に便利です。

 

以下の記事ではサイクリング用バッグの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

他のパーツもこだわって自分好みにカスタマイズしよう

リアキャリア以外にも、クロスバイクはさまざまなパーツのカスタマイズができます。自分好みの乗り心地やデザインのクロスバイクにアレンジしましょう。

フロントにカゴを取り付けるのもおすすめ

クロスバイクに荷物をたくさん載せたい方は、一般的な自転車と同じようにフロントキャリアにカゴを取り付けるのもおすすめです。リアキャリアよりもたくさん荷物が入れられ、飲み物やスマホを入れておくと走行中にサッと取り出せて便利です。

 

後付けできる前カゴには折りたためるものもあり、使わないときは取り外せるのでクロスバイクの見た目も損いません。またカゴの中にはエコバッグと一体になったものもあり、普段の買い物にとても役立ちます。

 

以下の記事では、折りたたみ自転車用カゴの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

サドルやペダルも交換できる

サドルやペダルは最初から標準パーツとしてついていますが、位置やサイズなどが自分の身体に合っていないと乗り心地が悪く違和感を覚えてしまいます。特にサドルが合っていないと身体が痛む場合もあるので、自分に合うものにカスタマイズするのがおすすめです。

 

サドルにはさまざまな種類があり、座ってもお尻が痛くならないふかふかのものもあります。またペダルを自分に合うものに変えるとスピードが格段に上がり、クロスバイクの乗り心地もさらに快適になります。

 

サドルやペダルを変えると見た目もおしゃれになるのでおすすめです。以下の記事ではクロスバイク用サドル・ペダルの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひあわせてご覧ください。

クロスバイクの選び方もおさえておこう

クロスバイクと一口に言っても性能・デザイン・メーカーなどによってさまざまな種類があります。クロスバイクの選び方もしっかりおさえておくと、自分に合ったクロスバイクが見つかります。

 

以下の記事では、クロスバイク・初心者向けクロスバイク・女性向けクロスバイクの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

クロスバイク向けリアキャリアの人気おすすめ9選と、リアキャリアの選び方まで詳しく紹介しました。リアキャリアは泥除けにもなり、見た目を損なわないおしゃれなものもたくさんあります。ぜひクロスバイクのリアキャリアを選んでみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

アクセスランキング

ロードバイク用輪行袋のおすすめ人気ランキング10選【横型も紹介】のサムネイル画像

ロードバイク用輪行袋のおすすめ人気ランキング10選【横型も紹介】

自転車
【2023年版】折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものや軽量なものも】のサムネイル画像

【2023年版】折りたたみ自転車のおすすめ人気ランキング15選【おしゃれなものや軽量なものも】

自転車
自転車ヘルメットの人気おすすめランキング15選【小学生にも】のサムネイル画像

自転車ヘルメットの人気おすすめランキング15選【小学生にも】

自転車
街乗りbmxの人気おすすめランキング11選【安いものや通勤仕様も】のサムネイル画像

街乗りbmxの人気おすすめランキング11選【安いものや通勤仕様も】

自転車
【2023年最新版】自転車空気入れの人気おすすめ商品ランキング17選【電動のものから携帯用まで!】のサムネイル画像

【2023年最新版】自転車空気入れの人気おすすめ商品ランキング17選【電動のものから携帯用まで!】

自転車
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。