バックパックの人気おすすめランキング15選【海外ブランドも紹介】

記事ID12211のサムネイル画像

バックパック(リュックサック)は、ビジネス・アウトドア・旅行などのシーンで荷物を運ぶのに便利なアイテムです。学生やママにも人気があり、ザ・ノースフェイスなどの海外ブランドも種類が多いです。バックパックの選び方やおすすめランキングをまとめました。

学生から大人まで人気のバックパック

バックパックは、通勤・通学・旅行など幅広いシーンで便利に使えます。必要な荷物は収納できるだけでなく、仕切りなどがあるものなら整理して入れることが可能です。背負って運ぶので、両手が自由に使えるのが便利ですよね。

 

荷物を運ぶのに便利なバックパックですが、適度な重さのものを背負うことで筋肉が活性化し姿勢が良くなるので健康にもいいんです!バックパックは学生から大人まで人気で、海外ブランドの数も豊富で選ぶのが大変です。

 

そこで今回はバックパックの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。ランキングは容量・重量・サイズの3つのポイントを基準に作成しました。

バックパックの選び方

バックパックは、容量の大きさや使用シーン、機能性などを考えて自分に合ったものを選ぶ必要があります。ブランドの数の非常に多いです。バックパックを選ぶためのポイントをまとめました。

容量で選ぶ

バックパックは、20L前後のものから80Lを超えるものなど容量の幅は広いです。用途ごとに最適な容量をまとめました。

通勤・通学などのデイリーユースには小さめの「20L」前後

普段使いに使う場合は、20Lのバックパックがおすすめです。通勤・通学に使う場合でも、コンパクトサイズなので邪魔になりません。両手が自由に使えるので、非常に便利です。ポケットがついたものなら、容量が小さくても荷物が多く収納できます。

 

壊れやすい物を持ち歩くなら、クッション材がついたものがおすすめです。あまり荷物を持ち歩かないなら、ハイキングなどに行く場合でも対応できます。

ハイキング・キャンプなどで使うなら大きめの「30L」前後

ハイキングやアウトドアの日帰り旅行などに行くことが多いなら、容量は30Lあった方がいいでしょう。一泊程度のキャンプにも向いています。防水性に優れたものを選べば、雨が降った場合でも安心して使うことができます。

 

普段から荷物を持ち歩くことが多いなら、デイリーユースでもこのくらいの容量の方が使いやすいです。

登山や旅行に行くなら「40L」以上の大容量タイプ

本格的な登山や旅行に行く際にバックパックを使うなら、40L以上の大容量タイプです。一目で大きいと感じるサイズで日常使いでは邪魔になりますが、衣類なども大量に運べます。ポケットなどサブの収納が多いので、小物も整理して入れることが可能です。

 

80Lあれば世界一周旅行も可能で、登山やキャンプでも荷物を運ぶのに困ることはありません。ただしバックパックが重くなるので、荷物を入れると20kgを越える場合もあります。自分が運べる重さを考えて選びましょう。

使用シーンで選ぶ

バックパックは、使用シーンによっても適したものが変わってきます。使用シーンごとに適したタイプのバックパックをご紹介するので、参考にしてください。

大学生の通学用には「A4サイズ」が折れずに入るもの

教科書やテキストを持ち歩く大学生用は、容量の大きさよりもA4サイズのものをそのまま収納できるサイズであることが大事です。容量は20Lでも間に合うことが多いですが、部活やアルバイトなどで荷物が多くなる場合は30Lを選びましょう。

 

毎日の通学に背負うものなので、体格に合った背負いやすいサイズにすることも大切です。荷物の種類が多い場合は、整理しやすさも考えましょう。防水性のあるバックパックなら、雨が降った場合でも教科書やレポートを濡らさずにすみます。

「ビジネス用」にはスリムで収納性に優れたものを

ビジネス用にバックパックを使う場合は、ポケットの多いものやタブレット端末など収納できるタイプがおすすめです。仕事に使う雑貨なども収納しやすくなります。スリムなタイプなら、持ち運びにも便利です。

 

クッション素材がついたものなら、衝撃に弱いノートパソコンなどを保護できます。バックパックはカジュアルなイメージがありますが、ビジネスマン向けのものはデザインもビジネス向けです。スーツを着ても違和感なく使うことができます。

「タウンユース」を考えるならカラーはシンプルに

バックパックは、アウトドアブランドのものだと蛍光色やかなり鮮やかなカラーのものが販売されています。バックパックのカラーはコーディネートも考えて選ぶべきですが、あまり個性的などタウンユースで使うには抵抗があります。

 

タウンユースで普段使いも考えるなら、派手なカラーは避けた方が無難です。どんなコーディネートにも合わせやすいブラックは、迷った場合におすすめです。

「登山・アウトドア」には専用のものを

登山は、険しい崖や急な坂道を登ることになります。体にしっかり固定されたバックパックでないと、安定しないので動きを妨げてしまいます。タウンユース向けのバックパックは、体に固定されていないのでおすすめできません。

 

登山用のものは肩や腰についたベルトで固定できると動きを妨げないだけでなく、体にかかる負担を分散してくれます。下の記事は登山向けのリュックのおすすめ商品や選び方をご紹介しています。興味のある人は参考にしてください。

小さな子供がいる「ママ」にはマザーズバッグが便利

小さなお子さんがいるママには、マザーズバッグ(マザーズリュック)がおすすめです。バックアップは背中に背負えて両手を自由に使えるので、子供を抱っこすることもできます。マザーズバッグはポケットが多くて収納力があるだけでなく、開口部が大きくものが多いです。

 

荷物を取り出しやすく、中身がよく見えます。女性向けなので、軽量タイプが多いのも魅力です。

「サブバッグ」として使うなら小さめのものが使いやすい

旅行用のサブバッグなどに使うなら、コンパクトサイズのバックパックも便利です。ホテルに荷物を置いて、必要なものだけバックパックに入れて観光に行くことができます。

 

コンパクトに折りたためるものなら、何もいれずに持ち歩いて荷物ができた時に使うことも可能です。

機能で選ぶ

バックパックを選ぶ際は、防水性や収納のためのポケットなど便利な機能についても考える必要があります。バックパックの機能についてまとめました。

荷物を濡らしたくない人は、「防水性・撥水性」のあるものを

デイリーユースでバックパックを使う場合でも、急な雨などで荷物を濡らしてしまう可能性があります。傘を差してもバックパックをカバーできないことは多いので、防水・撥水加工がされたものを選べば安心して使えます。

 

防水性は軽い雨を弾く程度のものから、かなりの悪天候に耐えられるものまであります。アウトドアに使う場合は、防水性の高いバックパックがおすすめです。防水ファスナーを搭載したものなら、ファスナーから水が入るのを防ぐことができます。

荷物の種類が多い人は「ポケット・仕切り」の多いものがおすすめ

バックパックの収納力を考える場合、容量の大きさに意識が行きがちです。容量の大きなバックパックは収納力に優れていますが、サイズが大きいので重くなってしまいます。サイズが大きいと街中を移動する際に、邪魔になることもあります。

 

容量が同じでも、ポケットや仕切りの多いバックパックはより多くの荷物を収納しやすいです。整理して入れることができるので、取り出すのも簡単になります。荷物の種類が多い場合は、収納しやすさも重要です。容量だけでなく、収納しやすさも考えて選びましょう。

移動中にスマホを使う人に便利な「USBポート」付き

バックパックには、USB充電用のポートがついたものもあります。バックパックを下ろさすに、USBポートにスマホを差し込むだけで簡単に充電できます。

 

スマホで音楽やゲームをしたり、ビジネスで使う人には便利です。ただし、モバイルバッテリーを用意していないと充電できないので注意しましょう。

手軽に水分補給したいなら「ハイドレーション」対応のもの

ハイドレーションは、ボトルに吸水用のチューブが付いたアイテムです。バックパックの中からペットボトルなどを取り出さずに水を飲めます。登山中や自転車に乗っている時でも素早く水分が補給が可能です。

 

ただし、バックパックの中にハイドレーションを入れるスペースがないと使用することができません。ハイドレーションを使いたい場合は、対応したバックパックを選びましょう。

海外旅行に行くなら「セキュリティ対策」を意識したもの

海外旅行では、ひったくりなどに合う可能性も高くなります。体にバックパックが固定されるウエストハーネスは、最低限の備えとして必要です。背中のポケットを開けられることも多いので、蓋が二重になったものや鍵が掛けられるものだと安全性が高くなります。

 

盗難防止用のネットなども販売されていますが、取り付ける場合は装着しやすいタイプか確認しておきましょう。

背中に背負う以外の使い方がしたいなら「2WAY・3WAY」タイプ

バックパックには、ショルダーバッグやトートバッグなどとしても使える2WAYや3WAYタイプがあります。使用シーンに応じて、最適な使い方ができるので便利です。旅行用の大容量タイプにはスーツケースとして使えるものもあります。

「飛行機」に乗ることが多いなら持ち込み可能なサイズか確認

バックパックを持って飛行機になるなら、機内に持ち込めるサイズを確認してから購入しましょう。海外旅行に行かない場合でも、国内線の飛行機に乗るならサイズは限られます。座席100以上の飛行機で、幅55cm×高さ40cm×奥行25cm以内なります。

 

容量的にはは40L前半が限界です。航空会社によっても、細かな規定は違います。よく利用する航空会社がある場合は、規定を確認してからバックパックを選びましょう。持ち込めずに預け荷物になってしまう場合は、衝撃に強いバックパックを選ぶ必要があります。

メンズ・レディースで選ぶ

バックパックは、男女問わず人気があります。ユニセックスモデルも多いですが、メンズとレディースでは考えるべき点も変わってきます。メンズ・レディースごとに選び方をまとめました。

「メンズ」用は収納性・耐久性を重視しよう

メンズは、通勤・通学に使うだけでなく、スポーツや登山などでハードな使い方をする人が多いです。収納性だけでなく、耐久性の高い生地を使用したものがおすすめです。耐摩耗に優れた生地を使用したものや衝撃に強いものもあります。

 

大容量になるほど重くなるので、軽量な素材を使用したものや体にかかる負担を減らしてくれる構造のものになっているかチェックしましょう。通気性に優れているかどうかも、快適に使う上で重要なポイントです。

「レディース用」はデザインやカラーがおしゃれでかわいいもの

レディース用には、デザインやカラーがおしゃれなものやかわいいものがおすすめです。同じも出るのでカラーリングが豊富なものもあるので、自分の好きなカラーを選ぶこともできます。デザインがおしゃれで機能性に優れたバックパックは多く販売されています。

 

登山用などに大容量のバックパックを選ぶ場合は、できるだけレディース用と明記されたものを選びましょう。大容量だと重くなりがちですが、女性向けに作られているので体にかかる負担が軽くなっています。

海外ブランドで選ぶ

バックパックは、海外ブランドのものが人気が高いです。バッグブランド・アウトドアブランド・スポーツブランドのものは品質的な面でも安心して購入できます。

アウトドアでもタウンユースでも使いやすいものがなら「ザ・ノースフェイス」

ノースフェイスは、カリフォルニアに本社がある世界最大級のアウトドアブランドメーカーです。登山用具を中心に販売しており、バックパックはアウトドアだけでなく、タウンユースでも使いやすいものを販売しています。

 

大容量のバックパックは少ないですが、タウンユースから登山・スポーツなど幅広いシーンで活躍します。普段使いから幅広いシーンで使えるバックパックが欲しい人におすすめです。

機能性とデザイン性に優れたものなら「アークテリクス」

アークテリクスは、カナダ発祥のアウトドアブランドです。約20人のデザイナーが開発に参加しているデザインに力を入れたメーカーですが、機能性でも高い評価を受けています。防水ジッパーを採用するなど、特に防水性に優れたバックパックが多いです。

 

デザイン性と機能性に優れたバックパックは、アウトドアでもタウンユースでも高い人気があります。

フィット感を重視したいなら「グレゴリー」

グレゴリーは、カリフォルニア発祥のバックパックブランドです。フィット感を重要視するブランドで、人体工学に基づいた背負い心地の良いバックパックを製造しています。デイパックも多いですが、登山用の大容量タイプが欲しい人にもおすすめです。

レトロな雰囲気のものほしいなら「ケルティ」

ケルティは、現在のバックパックの原型を作ったといわれる老舗のブランドです。70年代のようなレトロな雰囲気が人気で、男女どちらでも使えるシンプルなデザインのものを販売しています。

 

カラーバリエーションも豊富です。デイリーユース用のバックパックが人気ですが、元々は登山用が中心のメーカーでした。

厳しい環境に耐えられるものが欲しいなら「パタゴニア」

パタゴニアは、アメリカのアウトドアブランドで軍用品やサーフィン用品なども手掛けています。パタゴニア地方の厳しい環境に耐えられる製品を作ることを目指して作られたメーカーで、撥水性と耐久性の高さで有名です。

 

タウンユースでも使いやすいオシャレなデザインのバックパックが多いですが、10年以上使用できるといわれています。長く使えるバックパックが欲しい人におすすめのメーカーです。

イギリス製のリュックサックが欲しいなら「カリマー」

カリマーは、リサイクルバッグメーカーとして生まれたイギリスのブランドです。アルピニズムが生まれたイギリスのトップクライマーの意見を取り入れて作られたバックパックは、エベレスト遠征にも採用されています。

 

本格的な登山向けの大容量モデルも多いですが、タウンユースやビジネス向けのバックパックも販売しています。

スポーツで使いやすいものが欲しいなら「アディダス」

アディダスは、ドイツ生まれの世界的なスポーツブランドです。バックパックは、デザインもおしゃれでタウンユースで使いやすい機能性に優れたものを販売しています。スポーツブランドなので、スポーツ用に便利なものが多いです。

 

暑い中でもランニングしやすい素材が使われたものやシューズを収納できるスペースが用意されたものがあります。価格も比較的リーズナブルなものが多いです。

機能的で価格が安いものが欲しいなら「ナイキ」

ナイキはアメリカのオレゴン州に本社を持つアメリカのスポーツブランドです。バスケやテニスなどスポーツごとに特化したバックパックが多いですが、デイリーユースにも使いやすいです。男女ともに使いやすいユニセックスモデルが多く、若者に人気があります。

 

キッズ用も販売しており容量は小さめのものが多いですが、価格が他のブランドに比べてリーズナブルです。防水性や耐久性の高い素材を使用したバックパックが多く、機能性にも優れています。機能性が高く、価格がリーズナブルのものが欲しい人におすすめです。

40L以上の旅行用バックパックの人気おすすめランキング3選

3位

GREGORY

コンパス40

価格:17,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛行機に乗るのに最適なバックパック

40Lの大容量ですが、飛行機に持ち込めるサイズになっています。ほとんどの航空会社の基準をクリアするように計算されているので非常に便利です。ノートPCを収納する専用のスペースが用意されています。

 

ビジネス用・プライベート用の両方の荷物を入れること考えて作られているので、出張・プライベートな旅行のどちらでも安心です。内部の仕切りパネルがあるので、汚れた荷物を入れても他の荷物を汚す心配がありません。

容量40L重量980g
サイズ55×32×25cm

口コミを紹介

背負いやすく、荷物もしっかり入ります。海外旅行で、手荷物でいつも行く方にはピッタリ!使いやすいです!買ってよかった!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

adidas

EPS 2.0

価格:5,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長距離移動に耐えられる旅行用バックパック

合宿や遠征などのために作られたアディダスのバックパックです。大容量で収納力もあるので、旅行用にも適しています。耐摩耗性のある生地で作られているので、耐久性にも優れています。

 

背面にはノートPCを収納できるスペースがあり、小物を入れるポケットなども豊富です。一番下に靴を収納できるスペースがあるので、履き替える際にも重宝します。バックパック1人旅にも便利ならバックパックです。

容量40L重量1160g
サイズ60x31x21cm

口コミを紹介

オーストラリアにこれ1つで旅行に行きました。40lなので数日間であれば十分です。当然機内持ち込みは可能です。便利な点としては、1番下でシューズを収納できることでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

solo-tourist

アブロードキャリー43

価格:20,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外旅行でも安心

キャリーケース・ボストンバッグとしても使える3WAYタイプのバックパックです。長期の旅行にも対応できる大容量サイズになっています。機内に持ち込み可能なサイズで、メインの開口部はロックスライダー付きで鍵がかかります。

 

ウエストベルトはクッション付きで、背中に負担がかかりません。荷物を整理して収納するのには向いていませんが、海外旅行に行く場合でも安心して使えるバックパックです。

容量43L重量2750g
サイズ54×36×25cm

口コミを紹介

購入後二年経ちました、上海、バンコク、シンガポール、日本国内各所と出張で出番です。概ね15回程使用。エキストラで容量が増やせるのが便利ですね。カート部車輪は随分と減って来ましたが問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

40L以上の旅行用バックパックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5717777の画像

    solo-tourist

  • 2
    アイテムID:5717818の画像

    adidas

  • 3
    アイテムID:5717769の画像

    GREGORY

  • 商品名
  • アブロードキャリー43
  • EPS 2.0
  • コンパス40
  • 特徴
  • 海外旅行でも安心
  • 長距離移動に耐えられる旅行用バックパック
  • 飛行機に乗るのに最適なバックパック
  • 価格
  • 20900円(税込)
  • 5490円(税込)
  • 17980円(税込)
  • 容量
  • 43L
  • 40L
  • 40L
  • 重量
  • 2750g
  • 1160g
  • 980g
  • サイズ
  • 54×36×25cm
  • 60x31x21cm
  • 55×32×25cm

ビジネス用バックパックの人気おすすめランキング3選

3位

THE NORTH FACE

Cordura Ballistic(R)

価格:26,595円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量のビジネスバックパック

ビジネス向けのバックパックとしては、かなり大容量の38Lです。メインコンパートメントA4サイズの種類を余裕を持って入れられます。PC用のスリーブには、15インチの大型ノートPCを収納可能です。

 

スマホ用のポケットなども豊富に用意されています。立体的な背面パネルとメッシュ素材を採用しているので、通気性も良く快適に背負えます。荷物の多い人におすすめのビジネス用バックパックです。

容量38L重量1300g
サイズ50x33x18cm

口コミを紹介

持ち歩く物が多く丁度良い大きさでした。
私は体も大きいので違和感なく良かったです。
底が直接床に触れないように鋲が欲しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

patagonia

REFUGIO PACK

価格:15,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い用途に使えるバックパック

3層に分かれた構造になっており、メイン収納とポケット収納、フロントジッパーがあります。メイン収納部には大小のスリーブがあるので、ノートPCやタブレット端末など入れるのに便利です。

 

収納性に優れているのでビジネスだけでなく、デイリーユース・ハイキングなど幅広く使うことができます。撥水加工がされているので、雨が降っても大丈夫です。

容量666g重量28L
サイズ48x31x20 cm

口コミを紹介

ファスナーの付いたポケットが多く、それぞれの中にも細かい仕切りがついていてとても使いやすいです。大きく開くファスナーも両側に開くように2つ付いていてとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KELTY

アーバン・4ウェイ・パック

価格:11,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビジネスに活躍する4WAYバックパック

ショルダーベルト付きのバックパックです。バックパックとしてだけでなく、ショルダーバッグ・横持ち・縦持ちと4通りの使い方ができます。10個のポケットとPC用のスリーブもあるので収納力が高くビジネス用に活躍します。

 

容量が大きめなので、出張する際にも便利です。収納部分は大きく開くので、荷物を入れやすく取り出すのも簡単です。

容量30L重量1050g
サイズ29x40x15cm

口コミを紹介

とても、使い勝手がよく機能的です。堅固な作りで他の物と違いシンプルです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ビジネス用バックパックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5717804の画像

    KELTY

  • 2
    アイテムID:5717800の画像

    patagonia

  • 3
    アイテムID:5719890の画像

    THE NORTH FACE

  • 商品名
  • アーバン・4ウェイ・パック
  • REFUGIO PACK
  • Cordura Ballistic(R)
  • 特徴
  • ビジネスに活躍する4WAYバックパック
  • 幅広い用途に使えるバックパック
  • 大容量のビジネスバックパック
  • 価格
  • 11990円(税込)
  • 15000円(税込)
  • 26595円(税込)
  • 容量
  • 30L
  • 666g
  • 38L
  • 重量
  • 1050g
  • 28L
  • 1300g
  • サイズ
  • 29x40x15cm
  • 48x31x20 cm
  • 50x33x18cm

メンズバックパックの人気おすすめランキング3選

3位

コロンビア

ペッパーロック30L

価格:11,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いシーンで活躍するバックパック

ハイキングや旅行、タウンユースに適したバックパックです。撥水性に優れたオムニシールド素材を使用しているので、突然の悪天候にも対応できます。PCスリーブやスマホなどを入れられるスペースも充実しているので、普段使いでも活躍できます。

 

ボトルスリーブだけでなく、ハイドレーションにも対応しているので素早い水分補給が可能です。カラーはシックなブラックですが内側にはイエローの生地が使われており、外から見えないオシャレが楽しめます。

容量30L重量965g
サイズ51×31×18.5㎝

口コミを紹介

機能性と利便性、全てを叶え揃えている。リュックの一つの究極の理想の形である。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

カリマー

イントレピッド 40 タイプ3 テラ 56792

価格:26,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィット感と通気性を両立させた登山用バックパック

登山に最適なバックパックです。どんな体型にもフィットしやすく、荷重を効率良く腰に伝える構造になっています。フィット感は高いですが、通気性をしっかり確保したエアスペースシステム構造を採用しています。

 

背中のムレや発汗を押さえてくれるので、快適に山を登ることができます。大きく開くフロントアクセスジップがあるので、中の荷物を取り出しやすくなっています。

容量40L重量1700g
サイズ70x31x28cm

口コミを紹介

体にフィットする。中へのアクセスがいい。作りが丈夫なのに比較的軽い。そしていい色です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ARC'TERYX

ARC'TERYX ARRO22 ステルスブラック

価格:18,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれで機能性も優秀

アークテリクスの定番として人気のバックパックです。シンプルですが、おしゃれなデザインも高い評価を受けています。防水加工されたナイロン素材を使用しているだけでなく、水を通さない防水ジッパーを使用しています。

 

急に雨が降った場合でも、荷物が濡れる心配がありません。A4サイズに対応しているので、学生が使うのにも便利です。タウンユースに最適のおしゃれなバックパックです。

容量22L重量1030g
サイズ50×32×16cm

口コミを紹介

色違いを2011年頃から使っていますが、あまりくたびれている様子もなく重宝しています。最近は通勤用のバッグとして毎日背負っています。
防水なので雨の日でも安心して使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

メンズバックパックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5717764の画像

    ARC'TERYX

  • 2
    アイテムID:5720113の画像

    カリマー

  • 3
    アイテムID:5720127の画像

    コロンビア

  • 商品名
  • ARC'TERYX ARRO22 ステルスブラック
  • イントレピッド 40 タイプ3 テラ 56792
  • ペッパーロック30L
  • 特徴
  • おしゃれで機能性も優秀
  • フィット感と通気性を両立させた登山用バックパック
  • 幅広いシーンで活躍するバックパック
  • 価格
  • 18500円(税込)
  • 26400円(税込)
  • 11440円(税込)
  • 容量
  • 22L
  • 40L
  • 30L
  • 重量
  • 1030g
  • 1700g
  • 965g
  • サイズ
  • 50×32×16cm
  • 70x31x28cm
  • 51×31×18.5㎝

レディースバックパックの人気おすすめランキング3選

3位

Millet

リュック UBIC 40 LD

価格:50,312円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

登山に最適なレディースバックパック

クライミングやトレッキングなど登山で活躍するバックパックで、女性向けに作られたモデルです。2気室構造になっており、ストラップやポケットの数も多いので収納性に優れています。長尺のギアを装着できるので、スキーをするのにも便利です。

 

収納性に優れているので、旅行用のバックパックとしても使いやすくなっています。登山やスキーが好きなアクティブな女性におすすめのバックパックです。

容量40L重量1280g
サイズ53×28×22 cm

口コミを紹介

サイズ的にはちょうどよく、2気室の使い分けで撮影時の取り扱いもしやすくなりました。スノーシューやアイゼンホルダー、ピッケルホルダーも使いやすいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ナイキ(NIKE)

ヘイワード フューチュラ 2.0

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーリングが豊富で耐久性も高い

通勤・通学・タウンユースに使いやすいバックパックです。かわいいデザインでカラーリングも豊富に用意されています。メインコンパートメント以外にポケットも豊富なので、収納力は高いです。スポーツブランドのバックパックなので、耐久性にも優れています。

容量25L重量500g
サイズ46cm×37×18cm

口コミを紹介

娘用に買いました
目立ってとても可愛いです
使いやすく娘もとても気に入っています

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

marimekko(マリメッコ)

リュック BUDDY バディ 26994 グレー

価格:14,537円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マザーズバッグの定番

軽量でポケットも多い子育て中のママにも人気の高いバックパックです。子供の荷物を全て入れて両手を自由に使うことができます。ナイロン素材を使用しているので、汚れた場合でも簡単にお手入れできます。

 

A4サイズのファイルなどそのまま収納でき、ノートPC用のスペースもあります。肩と背中にクッションパッドが付けられているので、負担を軽減してくれます。水筒やビニール袋など様々なものをかけるのに便利なカラビナ付きです。

容量20L重量650g
サイズ42x29x17cm

口コミを紹介

私は、マザーズバッグとして使っていますが、オムツや衣類などの子供の荷物に加えて、自分の荷物もしっかり入りました!ポケットも数カ所あり、便利です!大容量で可愛くて、さらにお安くて、ずっと欲しかったものなので大満足です!

出典:https://www.amazon.co.jp

レディースバックパックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5720178の画像

    marimekko(マリメッコ)

  • 2
    アイテムID:5720179の画像

    ナイキ(NIKE)

  • 3
    アイテムID:5717792の画像

    Millet

  • 商品名
  • リュック BUDDY バディ 26994 グレー
  • ヘイワード フューチュラ 2.0
  • リュック UBIC 40 LD
  • 特徴
  • マザーズバッグの定番
  • カラーリングが豊富で耐久性も高い
  • 登山に最適なレディースバックパック
  • 価格
  • 14537円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 50312円(税込)
  • 容量
  • 20L
  • 25L
  • 40L
  • 重量
  • 650g
  • 500g
  • 1280g
  • サイズ
  • 42x29x17cm
  • 46cm×37×18cm
  • 53×28×22 cm

ザ・ノースフェイスのバックパックの人気おすすめランキング3選

3位

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

JESTER(ジェスター)

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高校生にも人気

通勤通学に使う人も多いバックパックです。背負いやすい形に作られており、デイリーユースでもアウトドアでも使いやすくなっています。パッド入りのPCスリーブや複数のオーガナイザーポケットがあるので収納力に優れています。

 

クッション素材が荷物から背中をガードし、通気性もあるので快適に使えます。日帰りの登山にも便利なバックパックです。

容量29L重量820g
サイズ34x50x19cm

口コミを紹介

高校生の女子です。
大きさはちょうど良かったです!
値段は少し高いですが買ってよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

THE NORTH FACE

リュック テラ65

価格:29,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長期の旅行にも便利なアウトドア用大容量バックパック

長期の旅行にもピッタリの大容量バックパックです。フィット感を高め、荷重を分散する構造なので肩に負担がかかりません。通気性も高いので、長時間の移動も快適に行えます。内部のデバイダーで2つに仕切ることができるので、荷物の仕分けも簡単です。

 

上部からだけでなく、左右からも荷物を取り出せます。背負いやすい大容量のバックパックが欲しい人におすすめです。

容量65L重量約1.84kg
サイズ63cm×34cm×27cm
1位

THE NORTH FACE

リュック シャトルデイパック

価格:14,591円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビジネス用に便利なバックパック

デイリーユースに使いやすいバックパックです。シンプルで使いやすいメインコンパートメントの他に、パソコンやタブレットを収納するスペースがあります。書類仕分け用のポケットもあるので、荷物がキレイに整理できます。

 

サイズ的にA4の種類も折れずに収まります。背面にスリットあるので、ウィーラーも通すことができます。カジュアルなシーンでも使えますが、スーツに合うデザインなのでビジネス用にも最適です。

容量21-30L重量1090g
サイズ46×29×14cm

口コミを紹介

転倒防止と転倒時のタブレット破損防止に買いました。
もともと荷物多めな性分で入るか心配でしたが案外たくさんモノが入ります
バッグインバッグがなくてもポケットがまあまああって仕舞い切れました

出典:https://www.amazon.co.jp

ザ・ノースフェイスのバックパックのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5717734の画像

    THE NORTH FACE

  • 2
    アイテムID:5717731の画像

    THE NORTH FACE

  • 3
    アイテムID:5717738の画像

    THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

  • 商品名
  • リュック シャトルデイパック
  • リュック テラ65
  • JESTER(ジェスター)
  • 特徴
  • ビジネス用に便利なバックパック
  • 長期の旅行にも便利なアウトドア用大容量バックパック
  • 高校生にも人気
  • 価格
  • 14591円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 容量
  • 21-30L
  • 65L
  • 29L
  • 重量
  • 1090g
  • 約1.84kg
  • 820g
  • サイズ
  • 46×29×14cm
  • 63cm×34cm×27cm
  • 34x50x19cm

バックパック・デイパック・リュックの違いとは

リュックは、リュックサック(Rucksack)の略語で元はドイツ語です。イギリス英語でも、リュックサックは使われますが、アメリカ英語ではバックパック(backpack)が使われます。つまり、リュックとバックパックは同じ意味です。

 

デイパックは、一日分の荷物を入れる小型のバックパックのことをいいます。ナップサックもバックパックと同じ意味です。ただし、日本では肩ひもで口を絞る小型の袋状のものをナップサックと呼びます。

バックパックのお手入れについて

バックパックは長く使用するものですが、適切にお手入れしないと劣化してしまいます。洗濯や保管を適切にすることで、長持ちさせることができます。

 

下のサイトでは、バックパックの損傷や劣化を確認するためのチェックポイントやお手入れの方法を解説しています。ぜひ、ご覧ください。

まとめ

バックパックのおすすめランキングや選び方などをご紹介しました。バックパックは、デイリーユース・旅行・登山など幅広い用途で活躍する便利なアイテムです。ぜひ、お気に入りのバックパックを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ