アナログミキサーの人気おすすめランキング15選【2019年最新版】

記事ID5562のサムネイル画像

ライブやレコーディングなど、さまざまなシーンで活躍する万能音楽機器「アナログミキサー」。アナログミキサーの商品は機能や種類が豊富で、どれを選んだら良いのか迷う人は多いでしょう。そこで今回は、アナログミキサーの選び方をおすすめランキングをご紹介します。

求める音楽を再現できるアナログミキサー

アナログミキサーとは、音声信号をアナログのまま音量や音色を調整し出力することができるミキサーです。必要なフェーダーやツマミはすべてミキシングコンソールに設置されているため、チャンネルのツマミやフェーダーの状況が一目で分かります。

 

またアナログミキサーが選ばれる大きな理由は、入出力数が比較的少ないことでシンプルで使いやすくコストを抑えることができるからです。初心者の方でも扱い方のコツさえ理解すればすぐに操作できるおすすめのミキサーです。

 

今回は、チャンネル数・エフェクト、価格を基準にランキングを作成しました。

知る人ぞ知るアナログミキサーの人気ランキング15選

アナログミキサーには、メーカーや用途によってさまざまな機能があるためしっかりと選ぶ必要があります。今回はアナログミキサーのおすすめ商品をランキング形式で紹介します。自分に合った製品を選ぶ参考にしてみて下さいね。

15位

PHONIC

AM85 / Mixer (ミキサー)

価格:8,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクト設計ながら6チャンネル

PHONICは1977年に設立された高性能のオーディオ機器を製造販売してきたメーカーです。コンパクトな設計ながら6チャンネルを持つアナログミキサーで、モノラルで使用する1チャンネルと2チャンネルには3バンドイコライザーが備わっています。

 

ACアダプターはスイッチングの安物ではなく、トランス式のようなヘッドホン出力の音が良いので携帯オーディオプレーヤーのヘッドホンアンプとしても使えます。この価格でこの造りと機能が実現できる、コンパクトさと機能性をもったアナログミキサーを求めている方におすすめの製品です。

チャンネル数6チャンネルエフェクトなし

口コミを紹介

この価格でこの造りと機能が実現できるとは驚きです。
自宅で簡易にミキサー使いたかったので、十分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

ALTO

Professionalミキサー ZMX52

価格:10,028円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きなツマミが使いやすいプロ仕様モデル

ALTOのアナログミキサーはコンパクトながら必要な機能を備えつつ、プロ仕様の高い性能を搭載したモデルです。5チャンネル(Mic x 1/Line x 5) + AUX IN(L/R)の計8入力が搭載されており、ファンタム電源を供給できる端子やコンデンサマイクを使用できます。

 

また細かい調節ができる大きなツマミがついているのも、使いやすいポイント。コンパクトでも高機能のミキサーを探してる人にはとくにおすすめです。     

チャンネル数5チャンネルエフェクトなし

口コミを紹介

PC1でゲームPC2にDiscord、AUXにはBluetooth受信機を接続して、スマホから音楽や、発信機を付けたTVをチラ見な視聴してます。
3つの音源をヘッドフォンで聞いてますがノイズは乗りませんでした。すばらしい!

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ヤマハ(YAMAHA)

ミキシングコンソール MG06X

価格:14,619円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メタルシャーシ採用でこれまでにない耐久性

ミキサーと言えば定番のYAMAHAですが、このアナログミキサーは6チャンネル仕様でエフェクト内蔵のモデルです。コンパクトサイズでアダプタ部分も軽量でかさばらないため、持ち運びに大変便利ですよ。

 

このMGシリーズはメタルシャーシを採用することで、これまでにない耐久性をもっています。またコンデンサーマイクを使用するのに必要なファンタム電源を装備しており、コンパクトミキサーに必要な要素は最低限揃っているおすすめモデルです。

チャンネル数6チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

ものすごく良い商品だ。
製品の質感がとてもいい。安っぽい箇所が全然ない。
これだけで値段以上の価値がある。
海外製の格安品と比較すると本当に痛感する。
音質も不安な点が一切ない。
小型USBオーディオインターフェースを買おうとしている人は
持ち運びしないのであれば、購入費用を上乗せしてコレを買ったほうがいい。
入力も多いしやれることがたくさんある。費用対効果が抜群。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

Behringer USA

Xenyx 1202

価格:10,615円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12チャンネル仕様の高品質なアナログミキサー

Behringer Xenyx 1202は、あらゆるミキサー製品の中でも最も人気のあるシリーズで12チャンネル仕様となっており、超低ノイズ・ハイヘッドルームを搭載した高品質なアナログミキサーです。

 

またリバーブやコーラス、フランジャー、ディレイ、ピッチシフターなど100種に及ぶエフェクトが内蔵されているため、すぐにさまざまな音を楽しめます。1万円程度の価格でこの機能であれば十分コスパが良いアナログミキサーです。

チャンネル数12チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

最初はこの値段で大丈夫か?と思いましたがいい買い物をしました。やはりベリンガーいいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Maker hart

Loop Mixer

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なミックス・モニタリング搭載

Maker hart Loop Mixerは、最大5つのステレオ入力または10つのモノラル入力が可能なオーディオミキサーです。ステレオヘッドホンを接続すると便利なミックス・モニタリングを行うことができます。

 

またループケーブルを介して複数のLOOP MIXERに接続できるため、全体のミックスに影響せずに他の機器の音量を調整できる優れものです。操作に関してはダイアルノブの高さがないので若干回しづらい点がありますが、ボリューム調整に関してはスライダー操作なので使いやすいでしょう。

チャンネル数5チャンネルエフェクトなし
10位

BEHRINGER

アナログミキサー XENYX X1204USB

価格:23,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

各チャンネルに楽器を割り振ってさまざまな使い方ができる

コスパの良さで知られるベリンガーの8チャンネルのアナログミキサーですが、このモデルはスタジオグレードの4つのXENYXマイクプリアンプと「ブリティッシュ」チャンネルイコライザーを搭載したコンパクトサイズのミキサーです。

 

Group outにも対応しており超低ノイズで広いヘッドルーム、さらにはリバーブ、コーラス、フランジャー、ディレイなどのマルチエフェクトを含む16のプリセットを搭載。各チャンネルに楽器を割り振ることによってさまざまな使い方ができるので、チャンネル数の多いモデルを求めている方に最適です。

チャンネル数8チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

bastlのdudeが、ミニフォンなので使用していますが、モノラル。
(ただし、フィードバック的な音作りは、秀逸!!!)
ステレオ感を残して使用したい機器も多々あるので
前々から探していたのですが、見つからず、
仕方なく普通のミキサーに変換コネクタを使って接続・・という感じでした。
これ、素晴らしいです。
roop接続もよく考えられているとおもいます。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

BEHRINGER

XENYX 802

価格:8,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネット配信のサウンドミキシングから、ライブ、レコーディングのモニター等、様々なシチュエーションで活躍

XENYXミキサーはネット配信のサウンドミキシングから、ライブ、レコーディングのモニター等、様々なシチュエーションで活躍するアナログミキサーです。各チャンネルにFXセンドコントロールが搭載され、柔軟なルーティングを可能としたレコーディングミキサーとしての使用でも十分な品質のモデル。

 

また100種類のエフェクトやイコライザーを搭載など十分な機能となっており、コンパクトで必要な機能が付いたアナログミキサーを探しているかたにおすすめです。

チャンネル数8チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

良いです。さすがです。ちなみに二台買って二台とも安定の動作。(1台はかれこれ2年くらい前に買ったけど、もう一つ必要になったため購入)
この値段でこの機能なら大変満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

ヤマハ(YAMAHA)

ウェブキャスティングミキサー AG06

価格:18,594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる場面で活躍する万能アナログミキサー

YAMAHAウェブキャスティングミキサーは、歌声、演奏、トークなどインターネット配信できるウェブキャスティングに便利な機能を搭載した6チャンネルミキサーです。またトークのボリュームを最適に調整できるコンプレッサー機能や、歌にエコーを掛けられるリバーブなどのエフェクトも内蔵。

 

入力端子もヘッドセットマイク端子、コンデンサーマイクも接続できるマイク入力端子、ギターやベースを直接接続できる入力端子など、豊富な数を備えておりあらゆる場面で活躍できる万能おすすめミキサーです。

チャンネル数6チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

弾き語り生放送などに最適です。
オーディオインターフェースに簡易ミキサーを混ぜたような機種で、ループバック機能も付いているのでゲーム実況などにも使えます。色んな機能がこれ一台に凝縮されており、これ一つでギター、キーボードなどを PCと接続出来ます。
楽器をお持ちでなくとも、マイクを繋げばエコー機能が使用できますし、手元で声の大きさを調整出来るのは大変便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

MACKIE

超コンパクトエフェクト内蔵アナログミキサー MIX12FX

価格:12,628円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

移動時にも最適な超コンパクトサイズのアナログミキサー

MackieマッキーMIX12FXは、12チャンネルコンパクトミキサーは低ノイズでエフェクター内蔵という機能が搭載されているアナログミキサーです。耐久性の高い頑丈なデザインと、誰でも選びやすい価格設定ですので初めて購入される方にもおすすめ。

 

また持ち運び可能な超コンパクトサイズなので、ライブなどの移動時で使用するにも最適なアナログミキサーです。

チャンネル数12チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

korgのシンセvolcaシリーズと、ドラムマシンの音を一つのヘッドホンでモニター、録音する目的で購入しました。
FX(エフェクト?)をかけ、volcafm、volcabassをつないで音を鳴らしてみると、単体で鳴っていた音より遙かに「本格的」な音になり、もの凄く感動しました。少し値が張りますが、これは楽しいです…本当におすすめ。
質感もとても高く、不良もなく…本当良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

ammoon

ミニデジタルオーディオミキサ AGM02

価格:7,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フェーダー式の2バンドイコライザーを搭載した直感的な操作ができるアナログミキサー

ammonのミニデジタルオーディオミキサ AGM02は、シンプルながらフェーダー式の2バンドイコライザーを搭載し、より直感的な操作を可能にするアナログミキサーです。またUSBでパソコンと接続することでオーディオインターフェイスとしても使え、レコーディングに最適。

 

このサイズの中では性能が良く金額も安いので、気軽に宅録、配信などに使いたい方や、簡単な操作でミキサーを使用したい方におすすめです。

チャンネル数2チャンネルチップの重さなし

口コミを紹介

手元で直観的に操作が行えるので、PC上でデジタルミキサーを利用するより簡単にミックスができます。音質もラジオ配信用途であれば、まったく問題ない音質です。
接続も簡単で扱いやすいです!

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ヤマハ(YAMAHA)

ミキシングコンソール MG10XU

価格:22,474円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品位なSPXマルチエフェクトプロセッサーを装備

YAMAHAのミキシングコンソールーMG10XUは、ミキシングコンソールに高品位なSPXマルチエフェクトプロセッサーを装備したアナログミキサー。パソコンとのUSB接続にも対応しており、ライブパフォーマンス、デジタルレコーディングから自宅での音楽制作まで対応したハイユーティリティモデルです。

 

またワイドな周波数特性と高音質が特徴のコンデンサーマイクを使用するのに必要なファンタム電源を装備しているため、ボーカルから楽器まで本格的なサウンドを実現します。

チャンネル数10チャンネルエフェクトあり
4位

MACKIE

超コンパクトアナログミキサー MIX8

価格:7,756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロフェッショナルながら誰でも選びやすいリーズナブルな価格設定

MACKIEの超コンパクトアナログミキサーMIX8は、8チャンネルコンパクトミキサーで低ノイズでエフェクター内蔵という機能が搭載されているアナログミキサーです。耐久性の高い頑丈なデザインと高品位なパーツを採用し、プロフェッショナルながら誰でも選びやすいリーズナブルな価格設定ですので初めて購入される方にもおすすめ。

 

また持ち運び可能な超コンパクトサイズで、ライブなどの移動時で使用するにも最適なアナログミキサーです。

チャンネル数8チャンネルエフェクトなし
3位

BEHRINGER

ミキサー XENYX 502

価格:5,555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レコーディングミキサーとしても十分な品質を持つモデル

BEHRINGERミキサーXENYX502は、必要な機能をコンパクトなボディに凝縮したプレミアム超低ノイズ・ハイヘッドルームアナログミキサーです。各チャンネルにFXセンドコントロールが搭載され、柔軟なルーティングを可能としたレコーディングミキサーとしての使用でも十分な品質のモデルです。

 

またネット配信のサウンドミキシングからライブやレコーディング等さまざまなシチュエーションで活躍することができ、高品質なマイクロフォンプリアンプ、イコライザー、100種類のエフェクトも搭載した機能十分のモデルとなっています。

チャンネル数5チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

使い方としてはマイク出力を適当な分配器で分け、PS3と直にアンプに行く系統に分けて使う事で遅延も無く、尚且つ採点もできるので重宝している。(JOYSOUNDのマイク出力は0にて調整)
この方法だとxbox one やdam 等でも応用できると思う、それからps4のdamはUSBマイク1本しか認識しないが、これを使えば2本使えるので便利だと思う(採点やデュエットの歌う表示は駄目だと思う)
とりあえず初めてのミキサー購入だったがコンパクトで安く、操作が簡単で良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

MACKIE

プロフェッショナルエフェクト搭載ミキサー ProFX16v2

価格:48,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロフェッショナルエフェクターを16種類搭載

MACHIEProFX16v2は、12チャンネルアナログミキサーです。プロフェッショナルエフェクターが16種類搭載されており、USBオーディオインターフェイス、さまざまな入力に対応可能な超低ノイズなど機能としては十分と言えるモデルです。

 

また耐久性の高い頑丈なデザインなので外での使用も安心。 持ち運びにも便利なおすすめコンパクトミキサーです。

チャンネル数12チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

This mixer packs an amazing amount of features into a small package, at an incredibly low price. The flexible combinations of input and output types allowed me to handle all kinds of surprises like they were no big deal (like needing to take a feed from a house mixer that had didn't have the usual assortment of outputs).

出典:https://www.amazon.com

1位

ヤマハ(YAMAHA)

ウェブキャスティングミキサー AG03

価格:15,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ミキサーといえばYAMAHA」の高品質定番アナログミキサー

「ミキサーといえばYAMAHA」と言われるくらい安心・安全をモットーにした定番アナログミキサー。このAG03は3チャンネル搭載されており、ループバック対応の2チャンネルUSBオーディオインターフェース機能を備えています。

 

またウェブキャスティングができるので、歌声、演奏、トークなど高音質でインターネット配信が可能。ほかにもコンプレッサー機能やアンプシミュレーターなど機能や入力端子も豊富にそろっており、プロで使用するにも大活躍すること間違いなしでしょう。

 

 

チャンネル数3チャンネルエフェクトあり

口コミを紹介

弾き語り生放送などに最適です。
オーディオインターフェースに簡易ミキサーを混ぜたような機種で、ループバック機能も付いているのでゲーム実況などにも使えます。色んな機能がこれ一台に凝縮されており、これ一つでギター、キーボードなどを PCと接続出来ます。
楽器をお持ちでなくとも、マイクを繋げばエコー機能が使用できますし、手元で声の大きさを調整出来るのは大変便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

アナログミキサーの選び方

アナログミキサーを選ぶ上で悩んでしまうのが、どうやって選ぶか?ということです。ここからは、アナログミキサーの選び方のポイントをご紹介します。

用途で選ぶ

アナログミキサーを選ぶ際に重要なのは、用途をはっきりとさせることです。用途によって選ぶ種類が大きく変わってきますので、どんなシチュエーションで使用するか考えてみましょう。

ライブで本格的に使う

ライブで使用する場合、他の楽器やスピーカーなどもありかなりの荷物になってしまうため、できるだけサイズの小さいミキサーをおすすめします。またアナログミキサーを使用するとケーブル類が多くなり手間がかかるので、電源ケーブルを使用しないミキサーを選ぶと良いでしょう。

 

通常のライブハウスなどの室内では電源が確保されていると思いますが、路上ライブや屋外でのセッティングとなると電源がない場合もあります。そんなときはUSBを繋いで給電できるタイプや電池で動くタイプなど、コンセント以外から電源を確保できるアナログミキサーを選びましょう。

レコーディングメインで使う

配信やレコーディング用でアナログミキサーを使うなら、メインの出力端子以外にGROUP OUTやTAPE IN OUTを搭載しているミキサーを選ぶのがおすすめです。GROUP OUTが搭載されていれば、録音の際全ての音を聴きながら演奏中の楽器などの音だけを調整できますし、TAPE IN/OUT搭載なら同様に全体の曲を聴きながら楽器の音だけ聴くことができます。

 

また普段自宅に固定して使うのであれば、大きなアナログミキサーが良いでしょう。

入出力で選ぶ

アナログミキサーは入力した音をミックスして出力するという基本的な使い方があるため、入出力が重要になってきます。ここでは入出力の選び方のポイントをご紹介します。

チャンネル数

アナログミキサーは入力チャンネル数が限られており、例えば2チャンネルなら最大2つの楽器しか演奏できません。だからと言って逆にチャンネル数が増えれば増えるほど、ミキサーのサイズが大きくなり価格も上がります。

 

最低限の音楽しか演奏しないのであれば楽器数+2chもあれば十分ですが、本格的に演奏するのであればチャンネル数が多いものを選ぶほうが良いでしょう。またステレオで出力するタイプに限りひとつの楽器で2チャンネルが必要となりますので、チャンネル数に余裕をもって選ぶことが大切です。

入出力の数

アナログミキサーは入出力の多さによってサイズが異なり、さまざまな機能性を持ったものがあります。ライブなどの移動が発生する場面では、なるべくサイズの小さいアナログミキサーを選ぶと良いでしょう。

 

またレコーディングなど毎回決まった入力を使用しない場合、入出力数に少し余裕のあるアナログミキサーがおすすめです。使用場面が決まっていない場合においても、入出力に余裕のあるモデルを選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

アナログミキサーには音を調整してミックスする使い方や、音をコントロールする機能が加わったタイプなどがあり、アナログミキサを選ぶ上では重要なポイントです。ここではポイントになる機能を2つご紹介します。

エフェクトの有り無し

アナログミキサーにはリバーブやディレイ、エコーなどのエフェクター機能を持ったものがあり、これらはそれぞれの楽器に必要に応じてエフェクトをかけることができる便利な機能です。 基本的にツマミだけでのシンプルなエフェクターなので細かな設定をすることができませんが、アナログミキサー1台あればボーカルの音声がより良いものとなります。

 

またコンプレッサーはダイナミクスに音を調整することができ、全体の音をまとめて聴かせたい時にも良いでしょう。ただしアナログミキサーの場合内蔵されていないものが多く、別に機器を接続する必要があるので選ぶ際には注意が必要です

イコライザーの種類

アナログミキサーについているイコライザーは、音の帯域をコントロールでき自分好みに楽曲の音質を変えられる機能です。高域と低域タイプや高域と中域など、細かく設定することによってメリハリをつけてパワフルな音質にしたり重低音を利かせるなど、まとまりのあるサウンドを作るのに欠かせない役割があります。

 

またイコライザーで作ることによってライブなどの聴衆の耳に聴きやすい音楽を出力することができるので、こだわって作りたい人にはとくに欠かせない重要な部分です。

操作性で選ぶ

アナログミキサーは、本体の各チャンネルの縦の列と全てのチャンネルをまとめてコントロールするマスター部分が操作部分となります。ここでは、この操作部分に関しての選ぶポイントを2つご紹介します。

フェーダー式

ミキサーでは音量を操作するツマミがあります。各チャンネル毎にそれぞれチャンネル・フェーダーが配置されており、把握しやすいスライド式になっているものをフェーダー式と呼びます。

 

ミキサーを操作する上でもっとも重要なツマミであり、操作感などにこだわる人にはこのフェーダー式がおすすめ。また上級機になるとプログラムされた通りに自動的にフェーダーを動かすムービングフェーダーや、タッチセンス付きムービングフェーダーなど、様々な機能が充実しています。

コンパクト式

コンパクト式アナログミキサーは、音量を操作する場合に回転ツマミで行います。時計回りに回すと大きくなり、反時計回りに回すと小さくなります。少ないツマミで操作できるため、気軽に使いたい人や個人的に趣味でちょっとやってみたいな、という方などにおすすめです。

 

フェーダー式に比べツマミをスムーズに動かすことが難しいのですが、慣れることでその点は解消することができます。

アナログミキサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5141566の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 2
    アイテムID:5141561の画像

    MACKIE

  • 3
    アイテムID:5141557の画像

    BEHRINGER

  • 4
    アイテムID:5141556の画像

    MACKIE

  • 5
    アイテムID:5141552の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 6
    アイテムID:5141549の画像

    ammoon

  • 7
    アイテムID:5141000の画像

    MACKIE

  • 8
    アイテムID:5140995の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 9
    アイテムID:5140987の画像

    BEHRINGER

  • 10
    アイテムID:5140977の画像

    BEHRINGER

  • 11
    アイテムID:5140964の画像

    Maker hart

  • 12
    アイテムID:5140947の画像

    Behringer USA

  • 13
    アイテムID:5140932の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 14
    アイテムID:5140918の画像

    ALTO

  • 15
    アイテムID:5140911の画像

    PHONIC

  • 商品名
  • ウェブキャスティングミキサー AG03
  • プロフェッショナルエフェクト搭載ミキサー ProFX16v2
  • ミキサー XENYX 502
  • 超コンパクトアナログミキサー MIX8
  • ミキシングコンソール MG10XU
  • ミニデジタルオーディオミキサ AGM02
  • 超コンパクトエフェクト内蔵アナログミキサー MIX12FX
  • ウェブキャスティングミキサー AG06
  • XENYX 802
  • アナログミキサー XENYX X1204USB
  • Loop Mixer
  • Xenyx 1202
  • ミキシングコンソール MG06X
  • Professionalミキサー ZMX52
  • AM85 / Mixer (ミキサー)
  • 特徴
  • 「ミキサーといえばYAMAHA」の高品質定番アナログミキサー
  • プロフェッショナルエフェクターを16種類搭載
  • レコーディングミキサーとしても十分な品質を持つモデル
  • プロフェッショナルながら誰でも選びやすいリーズナブルな価格設定
  • 高品位なSPXマルチエフェクトプロセッサーを装備
  • フェーダー式の2バンドイコライザーを搭載した直感的な操作ができるアナログミキサー
  • 移動時にも最適な超コンパクトサイズのアナログミキサー
  • あらゆる場面で活躍する万能アナログミキサー
  • ネット配信のサウンドミキシングから、ライブ、レコーディングのモニター等、様々なシチュエーションで活躍
  • 各チャンネルに楽器を割り振ってさまざまな使い方ができる
  • 便利なミックス・モニタリング搭載
  • 12チャンネル仕様の高品質なアナログミキサー
  • メタルシャーシ採用でこれまでにない耐久性
  • 大きなツマミが使いやすいプロ仕様モデル
  • コンパクト設計ながら6チャンネル
  • 価格
  • 15290円(税込)
  • 48384円(税込)
  • 5555円(税込)
  • 7756円(税込)
  • 22474円(税込)
  • 7000円(税込)
  • 12628円(税込)
  • 18594円(税込)
  • 8100円(税込)
  • 23320円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 10615円(税込)
  • 14619円(税込)
  • 10028円(税込)
  • 8580円(税込)
  • チャンネル数
  • 3チャンネル
  • 12チャンネル
  • 5チャンネル
  • 8チャンネル
  • 10チャンネル
  • 2チャンネル
  • 12チャンネル
  • 6チャンネル
  • 8チャンネル
  • 8チャンネル
  • 5チャンネル
  • 12チャンネル
  • 6チャンネル
  • 5チャンネル
  • 6チャンネル
  • エフェクト
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • なし
  • なし

まとめ

今回はアナログミキサーの選び方とおすすめランキングをご紹介しました。イメージしたり求めている音楽を表現するには、用途や機能をしっかり見て選ぶことが大切です。これを参考に時間をかけてでも自分にピッタリのアナログミキサーを見つけて、今まで以上に音楽を楽しんでくださいね!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ