エアコン用延長コードの人気おすすめランキング4選【長さが足りない時に】

エアコンのコンセントが遠いとき普通の延長コードを使っても問題ないと思いがちですが、実は火災の危険性があるので避けましょう。100V・20Aなどエアコンに合ったものがおすすめですが、どれを選ぶか難しいですよね。そこで今回はエアコン用延長コードの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

エアコンにはエアコン用延長コードを使おう

エアコンを設置するときに本体コードとエアコン用コンセントの位置が離れていて届かず困った経験のある方もいると思います。そんなときには延長コードが便利ですが、実はエアコンにはエアコン用の延長コードを使わないと発火・火災などのリスクがあるんです!

 

しかしエアコンはモデルにより100V・200V・15A・20Aなど電源・電圧はさまざまで、消費電力も異なります。コンセントにもIL型やエルバー型などいろいろな形状があり、どんなエアコン用延長コードを選べば良いかわからない方も多いのはないでしょうか?

 

そこで今回はエアコン用延長コードの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは長さ・重さ・定格を基準に作成しました。エアコン用延長コードが必要な理由や法律で禁止されているのかなども解説していますのでぜひ最後までご覧ください。

普通の延長コードとエアコン用延長コードの違い

エアコン用延長コードと普通の延長コードは対応W(ワット)数が違います。エアコンは消費電力が大きく、高電流が一気に流れるので普通の延長コードでは対応できません。エアコンに使うならかならずエアコン用延長コードを使用しましょう。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

200V20Aにも対応したパナソニックの延長コード

200V15A・20Aの電化製品に対応したパナソニックの延長コードです。高ワット対応なので適合したエアコンはもちろん、消費電力の大きい電子レンジ・IHクッキングヒーターなどにも向いています。

 

長さは3mとたっぷりあるので少し離れた場所のコンセント用におすすめです。ただしエアコン用に使う場合は長すぎても良くないのでちょうど良い長さとどうか確認して購入しましょう。

長さ 3m 重さ 610g
定格 20A・250V

エアコン用延長コードの選び方

エアコン用延長コードといってもいろいろな種類があります。ここでは選ぶときのポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

1m・5m・10mなど足りない距離に合った「長さ」をチェック

エアコン用延長コードには1m・2m・3mなどいろいろな長さの商品があります。足りない分をよく確認してなるべくぴったりの長さを選びましょう。5m・10mはあまり現実的な長さではなく、それだけ離れている場合はエアコン用コンセントの移設も検討してください。

電源タイプで選ぶ

エアコン用コンセント・電源プラグは対応している電流や電圧により4つのタイプに分けられます。エアコン用延長コードを購入する場合には適合したものを選びましょう。

単相100V15Aなら上限1500Wの「平行型」がおすすめ

平行型はエアコン用ではなくよくある一般的なコンセントの形状です。通常エアコン向けではありませんが6畳用の小さいものなどで、単相100V・15Aと書いてあるものには適合します。上限は1500Wなので消費電力が1500Wかどうかも併せて確認してください。

単相100V20Aなら「IL型(平行兼用型)」がおすすめ

単相100V20Aの電源プラグはIL(アイエル)型・平行兼用型と呼ばれます。アルファベットのIとLのような形状なのでそう呼ばれますが、Iとトのような形状のプラグもIL型です。いずれにしても単相100V・20Aと書いてあるエアコンに適合します。

単相200V15Aなら「タンデム型」がおすすめ

単相200V15Aの電源プラグはタンデム型と呼ばれます。上2つ・下1つのプラグ形状です。エアコンに単相200V・15Vと記載のあるモデル向けで、主に10~18畳用のエアコンに多く見られます。

単相200V20Aなら「エルバー型」がおすすめ

単相200V20Aの電源プラグはエルバー型と呼ばれます。タンデム型の上部分がひとつL字になった形状です。200V・20Aと表記のあるエアコンに適合し、主に14畳以上のエアコンに多くパワフルに温め・冷やしたい方に向いています。

見て選ぶならヤマダ電機など「家電量販店・ホームセンター」を確認

エアコン用延長コードを見て選びたい方はヤマダ電機などの家電量販店やホームセンターをチェックしましょう。家電量販店ならエアコン担当の店員さんに相談できるメリットもあります。

 

ホームセンターの場合は店舗の規模によりエアコン用延長コードを扱っていない場合もあるため、足を運ぶ前に取り扱い有無を問い合わせておくのがおすすめです。ぜひ確認してみてください。

メーカーで選ぶ

ここではエアコン用延長コードを扱っているメーカーについてご紹介します。購入時の参考にしてください。

15A・20A兼用200Vの延長コードなら「Panasonic(パナソニック)」がおすすめ

パナソニックは総合家電メーカーだけあって延長コードの種類が豊富です。ほとんどが1500Wまでの一般的なタイプですが、WH4931WPは接地15A・20A兼用200Vで多くのエアコンに使えます。長さは3mあるので汎用性の高い人気商品です。

長さの種類が豊富なメーカーなら「サンワサプライ」がおすすめ

サンワサプライは岡山に本社を置くコンピュータ・パソコンサプライ製品メーカーです。エアコン専用ではありませんが15A・125V・1500Wまでの延長コードを扱っており、10cm・50cm・1m・2m・3m・5m・7m・10mと種類豊富でジャストな長さを選べます。

エアコン用延長コードの人気おすすめランキング4選

1500Wまでの100V・15A機種に使える延長コード

パナソニックの人気テーブルタップシリーズ「ザ・タップX」の技術をフル装備した商品です。コンセント部に採用した防水扉が一時的な水しぶき・ホコリの侵入をガードしてくれます。

 

コンセントは発熱をおさえる高電導材を採用し、内ボディに熱に強いユリア樹脂を施した二重ボディで熱に強いのも嬉しいポイントです。1500Wまで対応しています。

長さ 5m 重さ 400g
定格 15A・125V・1500W

口コミを紹介

プラグは回転するので、コンセント(壁)にピッタリ接続することができて
見た目もすっきり。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サンワサプライ

トラッキング火災予防絶縁キャップ付きスイングプラグ TAP-EX2102

0.1m~10mまで展開しているPSE技術基準適合の延長コード

タップや機器の電源延長に便利なサンワサプライの延長コードです。電気用品安全法であるPSE技術基準の適合品で、トラッキング火災防止絶縁キャップ付のスイングプラグを採用しています。

 

こちらは2mタイプですがこのほかにも0.1m・0.3m・0.5m・1m・3m・5m・7m・10mと全部で9タイプがあり、用途に合わせて延長できるのが嬉しいポイントです。15A・125Vで1500Wが上限となります。

長さ 2m 重さ 70g
定格 15A・125V・1500W

口コミを紹介

ウインドエアコンの延長コードとして購入
非常に高級感があって丈夫、差込口が可動式で倒せますので、スペースも取りません
線の柔らかさも適度にあって、使い勝手がいいです

出典:https://www.amazon.co.jp

1m・3m・5mが揃う125V15A延長コード

新東電器は茨城県にある電気配線器具製造メーカーで、こちらは125V・15Aに対応した高ワット器具用延長コードです。自社製造なので日本製となり、製造国が気になる方にも向いています。

 

狭い場所でも邪魔にならないL型プラグも嬉しいポイントです。ご紹介している商品は長さ3mですが、ほかに1mと5mもラインナップしており、使いたい状況に合わせて選べます。

長さ 3m 重さ 500g
定格 125V・15A

口コミを紹介

今回、エアコンコンセントが設置位置の関係で遠くなったので、コード延長用で購入しました。早速、接続して使ってますが、長さもちょうど良く、安心して使えますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

200V20Aにも対応したパナソニックの延長コード

200V15A・20Aの電化製品に対応したパナソニックの延長コードです。高ワット対応なので適合したエアコンはもちろん、消費電力の大きい電子レンジ・IHクッキングヒーターなどにも向いています。

 

長さは3mとたっぷりあるので少し離れた場所のコンセント用におすすめです。ただしエアコン用に使う場合は長すぎても良くないのでちょうど良い長さとどうか確認して購入しましょう。

長さ 3m 重さ 610g
定格 20A・250V

口コミを紹介

200Vの延長コードは「コレしかない」という製品です。
スペック的には エアコンの電源にも使用可能な製品であり、我が家では とても役に立ってくれる品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

エアコン用延長コードのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 長さ 重さ 定格
アイテムID:11327473の画像

楽天

Amazon

ヤフー

200V20Aにも対応したパナソニックの延長コード

3m

610g

20A・250V

アイテムID:11327474の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1m・3m・5mが揃う125V15A延長コード

3m

500g

125V・15A

アイテムID:11327477の画像

楽天

Amazon

ヤフー

0.1m~10mまで展開しているPSE技術基準適合の延長コード

2m

70g

15A・125V・1500W

アイテムID:11327989の画像

楽天

Amazon

ヤフー

1500Wまでの100V・15A機種に使える延長コード

5m

400g

15A・125V・1500W

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

エアコン用コンセントの見分け方

引っ越し・入居などでコンセントの位置を確認する際に、コンセントがエアコン用か普通のものか迷う方も少なくありません。まずポイントは場所です。エアコン用のコンセントはエアコンを設置する場所のそばに配置するので、壁の高い位置についています。

 

またコンセントの形状も普通の2本平行ものとは異なり、L字に曲がっていたり穴が3つあったりするのでチェックしてみましょう。確認しておかないとエアコン設置当日に作業できない場合があるので、わからない場合はエアコン業者に確認するなどしておいてください。

エアコン用延長コードが必要な理由

ここではエアコンにはなぜエアコン用延長コードを使わなくてはならないのか、その理由についてご紹介していきます。しっかり理解しておきましょう。

エアコンは使用電力が大きい

エアコンはほかの家電よりも消費電力が圧倒的に多く、大きな電流(高電流)が一気に流れます。普通の延長コードは一般的な家電を想定した容量で作られているため、エアコンの高電流には耐えられません。そのため必ずエアコン用延長コードを使用しましょう。

窓用エアコンにもエアコン用電源・延長コードを

壁掛けの一般的なエアコンではなく窓用エアコンは工事もなく手軽に取り付けられますが、こちらもエアコン用コンセントを使用しましょう。届かない場合はエアコン用延長コードを利用してください。

 

商品によっては通常のコンセントでも使用できるとなっているものもありますが、一般的な家電よりも消費電力が大きいのは確かです。火災など万が一の事態を避けるためにもエアコン用電源と、場合によっては延長コードを使いましょう。

 
以下の記事では窓用エアコンの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

エアコン用コンセントの新設・移設工事も可能

エアコンを設置したい場所にエアコン用コンセントが無い場合は電源の新設工事が可能です。すでにエアコンがある場合や購入予定の機種が決まっている場合はそれに合った規格のコンセントが必要なので事前に業者へ伝えておきましょう。

 

エアコン用コンセントはあるがコードが届かないときにはエアコン用延長コードの出番ですが、あまりにも場所が遠い場合は延長コードを使用するよりも電源の移設がおすすめです。エアコン業者で対応できるので確認してみてください。

普通の延長コードを使っても問題ない?大丈夫?

エアコン用延長コードの必要性をお伝えしましたが、普通の延長コードでも問題ないのでは?大丈夫では?と思う方もいると思います。危険性について解説するのでご覧ください。

発火・火災の恐れがある

エアコンにはエアコン用延長コード使用しないと発火し火災が発生する恐れがあります。エアコンは消費電力が高い家電なので、一般的な延長コードでは定格電流を超えてしまう場合がほとんどです。

 

エアコン本体と定格電流を超えた延長コードをつなげると限度を超えた電気が流れ続け、コンセントが耐え切れずに溶けてしまったり、そのうち発火が起きたりする場合があります。非常に危険なので、必ずエアコン用延長コードを使用してください。

エアコンが故障する恐れがある

エアコンに一般的な延長コードを使用すると発火の可能性があるだけでなく、エアコン側にも影響が出ます。熱でエアコン形状が変形したり、内部に不具合が起きたりする可能性があるので一般的な延長コードの使用はおすすめできません。

エアコンに普通の延長コードを使うのは法律で禁止されている?

エアコンに一般的な延長コードの使用を禁止する法律はありません。しかし法律はなくても危険が伴う事実は変わりませんので、エアコンには必ずエアコン用延長コードを使用するようにしてください。

普通の延長コード使用はダイキンなどのメーカーも非推奨

ダイキンなどエアコンを発売するメーカーでも一般的な延長コードの使用は推奨していません。発熱・発火・火災の原因になってしまう危険性があるので避けてください。エアコン本体にもトラブルが起こる場合があるので、必ずエアコン用延長コードを使用しましょう。

エアコンのコンセント・コードが熱いときにはどうする?

エアコン用コンセントや電源コードが熱くなる場合は定格電流を超えてしまっている可能性があります。規格が合っているか確認するとともに、異常に熱い場合はすぐにエアコンの運転を停止して電源プラグを抜き、エアコンの販売店またはメーカーに連絡してください。

エアコンのコードが届く範囲はどのくらい?

エアコンのコンセントは室内機本体の右裏にあります。長さとしては150cm程度が一般的です。エアコンの右側からコード出す場合は120cm程度、左側からコードを出すと50cm程度になります。

 

もちろん機種によるので上記はあくまで目安ですが、これよりエアコン用のコンセントが離れているときにはエアコン用延長コードを準備しましょう。またはコンセント移設工事が必要になります。設置時に慌てないように、事前にチェックしておくのがおすすめです。

エアコンのコンセント設置工事の費用はいくら?

エアコンのコンセントが遠すぎる場合や延長コードを使いたくないなら設置または移設工事が必要です。工事費の相場は4千円~3万円とだいぶ幅があり、単純に新設だけなのか、差し込み口・配線・電圧変更が必要かで大きく値段に差が出ます。

 

電圧変更に関しては、例えば100Vのエアコン用コンセントのところに200Vのモデルを購入した場合にコンセント工事が必要です。エアコンを購入する際はコンセントを確認しておかないと、こうした工事費用が余計にかかってしまう場合があるので覚えておきましょう。

人気のエアコンもチェック

エアコンの買い替え・新規購入を考えている方はぜひ以下の記事で人気のエアコンをチェックしてみてください。エアコン・省エネエアコン・寒冷地エアコンの選び方と人気おすすめランキングをご紹介しています。気になる記事がありましたらぜひ参考にしてください。

メーカーにこだわってエアコンを検討するならこちら

特定メーカーのエアコン選びで迷う方やメーカーごとの特色を確認したいなら以下の記事を参考にしてください。ダイキン・霧ヶ峰(三菱電機)・日立しろくまくん・パナソニック・シャープの特徴や人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

普通の延長コードをチェックしたい方はこちら

エアコン用延長コードとともに、エアコン以外に用途で普通の延長コードもお探しの方は以下の記事をチェックしてみてください。延長コードの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しています。

まとめ

エアコン用延長コードの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介しました。エアコンに一般的な延長コードの使用はおすすめできません。エアコンからコンセントまで距離がある場合は、ぜひ本記事を参考にご家庭に合ったエアコン用延長コードを探してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年01月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事