【2022年最新版】モバイルルーターの人気おすすめランキング15選

モバイルWi-Fiルーターがあれば外出先でもインターネットに接続できるので大変便利。そうはわかっていてもキャリアや価格・料金プランもさまざまで何が自分に最適なのかわからない方も多いのでは?そこで今回はモバイルルーターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

モバイルルーターがあれば場所を選ばずインターネットが可能

モバイルWi-Fiルーターは固定回線のように工事が不要なので、手軽に使えるのが大きな特徴です。携帯に便利なように小型で軽量なものが多く、外出先でもインターネット接続が簡単にできます。

 

ご存知ですか?スマホの通信をモバイルルーターを上手に活用することで、家でも外でもインターネットが思う存分使えるのに月々のスマホの利用料を安くすることもできるんですよ。

 

そこで今回はモバイルルーターの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・最大速度・サイズを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

モバイルルーターの選び方

モバイルルーターは通信キャリアによって、接続するネット回線に種類があります。選び方が幅広いところが魅力でもあり、迷う点でもあります。

通信会社の使用回線で選ぶ

モバイルルーターは通信会社各社が販売していて、その通信会社のルーターを選べば実質無料になるなど各社でサービスや特徴が異なります。

安定した通信や5Gを使いたいなら通信キャリアが提供する「ポケットWi-Fi」

ドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルなどの通信キャリアが提供しているポケットWi-Fiはゲームや動画をいつでもどこでも楽しみたい方には大変魅力的なのではないでしょうか。4G LTE回線をしようするので広いエリアでも安定した通信が特徴です。

 

プロバイダによって料金やサービスの違いがありますが、一般的にWiMAXやクラウドSIMと比較すると月々にかかる料金は高めになります。

 

また、近年では5Gサービスがスタートし、大手キャリアのモバイルルーターの中には5Gに対応しているものもあります。5Gなら対応エリア内で下り最大4.2Gbpsという高速通信が可能で、特に都市部で大容量通信をする方におすすめできます。

超高速インターネットを無制限に楽しみたいなら「UQ WIMAX回線」

UQモバイル・auが提供するWiMAX回線はモバイル業界で初めて1ギガを超える高速を実現しました。日本全国で利用が可能で、地下鉄や地下街でもどこでも接続できるようになって使いやすさも抜群です。

 

WiMAX回線の大きな特徴は通信速度制限が設けられていないことです。高速通信のモバイルWi-FIルーターを無制限で使うならWiMAX回線がおすすめです。数多くのプロバイダのキャンペーン等を活用すればお得に使えます。

SIMをクラウド上で管理する「クラウド系回線」は海外でもお得

クラウド上でSIMを管理できるため、日本で利用しているルーターをそのまま海外に持って行くだけで自動で現地の最適なキャリアを選択して利用することができます。国内でも主要なキャリアの回線を使用します。

 

月々の料金は安いですが、持ち運ぶモバイルルーターではご使用地域などによっては通信速度が遅くなる場合もあるので注意が必要です。端末によってSIMカードのサイズが異なりますのでモバイルルーターとSIMカードを別々に購入する場合は注意しましょう。

 

                                         

NTTドコモとFOMAの両エリアに対応OCN モバイル「Oneルーター」

NTTドコモとFOMAの両方に対応したOCNモバイルONEのモバイルルーターはNTT回線は幅広いエリアで安定して接続するのが大きな魅力です。OCNモバイルONEのSIMカードをモバイルルーターに取り付けるだけで簡単に設定ができます。

 

iPhoneはもちろん、幅広い機種に対応しています。専用のアプリでデータ容量を確認しながら使用ができるので便利です。サポート体制がしっかりしている点も安心です。

デザインがかわいい楽天モバイル提供「Rakuten WiFi Pocket」

発売当初に打ち出された本体価格とデータ通信費が実質無料になるキャンペーンが大好評。キャンペーン期間終了後も、お得なワンプランが人気です。20GB超過後は100GBでも定額の(税込)3,278円と大変お得です。

 

コンパクトサイズでも連続通信は約10時間と大容量で同時接続も10台まで可能です。プライベートでの使用も自宅でのリモートワークが増えても安心してご使用できます。

利用目的と通信速度で選ぶ

通信速度は外出先で使用する場所によって差が出てきます。さらに新しい機種になるほど端末の性能が良くなるので速度が遅いと感じたら最新ルーターに変更するのもおすすめです。

メールやサイトの閲覧が中心なら「10Mps以上」

テキストが中心ならそれほど多くのデータ容量は必要ありません。メールに写真や動画が添付されていても安定して見ていられるためには10Mbps以上あれば良いでしょう。あくまでも速度は個人の感じ方の問題なのでひとつの目安として考えてください。

YouTube動画やゲームが中心なら「30Mbps」を目安に

動画やゲームが途中でフリーズするほど嫌なものはありません。どんなときも映像が途切れることなく視聴するためには30Mbps程度の速度があると安定します。

 

あくあでも画質は標準です。高画質での視聴を希望するならさらに高速処理ができるルーターを選ぶ必要があります。

高画質の動画再生で使用するなら「60MBPS」を目安に

ドラマや映画などを高画質で楽しみたい場合は30~60Mbpsの速度が必要です。ですが、5分間YouTube動画を高画質で視聴すると約13時間で10GBになってしまいます。

 

モバイルルーターの使用量はプランによって制限があるので長時間使用したいときには注意が必要です。

モバイルルーターの形で選ぶ

モバイルルーターの形状は、大きく分けてポケット型とスティック型があります。よく使う端末に適したものを選ぶと、外出時に扱いやすくなります。

複数の端末につなげるのなら「ポケット型」

ポケット型は、持ち運びやすく頑丈です。どれもデザインは似ていますが、操作性はさまざまです。タッチパネルやディスプレイのないものや収納ケース付きなど、自分が使いやすいものを見つけましょう。

 

スマホやタブレット、ノートパソコンなど複数の端末を同時につなげるのならポケット型の無線タイプが便利。接続台数も確認して、適したものを選びましょう。

ノートパソコンで使用するなら「スティック型」

パソコンのUSB端子に挿して、充電しながら使うのがスティック型です。USBメモリーのような形と大きさで、ポーチの隅にでも入る超小型ルーターです。

 

最大のメリットはパソコンと直接接続するのでスピードが早い事です。さらに、パソコンと電源を共有できるので複数接続できるポケット型のモバイルWi-Fiルーターのように充電をしておく必要がない事です。

通信方式と機種は最新を選ぶ

モバイルルーターは通信会社専用のものと、SIMフリーの各社共通タイプがあります。常に最新のサービスが受けられる機種を選択するようにしましょう。

docomo・ソフトバンク・Y!mobile・auと電波を共有する「LTE」対応か確認

3G回線を高速にするLTEに対応しているかどうかしっかり確認しましょう。LTEはdocomo・softbank・Y!mobile・auと4社の電波を共有するので幅広いエリアをカバーしています。

 

そして、時代は4Gから5Gへと進化しています。5Gは人とテクノロジーをつなぐサービス・無人自動運転やロボット操作の分野での技術開発を加速させます。身の回りのあらゆるものがネットに繋がる時代になっていきます。

「対応バンド」の広いルーターを

LTEバンドの数は44ありますが、会社ごとに割り当てが決められています。バンド19・21はNTTドコモ、バンド8はソフトバンクなど。このため、使っているSIMのバンドに対応していないルーターを購入してしまうと、インターネットが繋がりません

 

通信会社専用のルーターなら大丈夫ですが、SIMフリーはLTEバンドを自分で確認して、対応するモバイルルーターを選ぶ必要があります。 できるだけ幅広いバンドのルーターを選んだほうが、のちのち通信会社を変えたときにも対応できるのでおすすめです。

「契約期間」に縛られない方法もある

モバイルルーターは携帯電話同様に契約期間に2年や3年の縛りがあることが多いです。契約期間満了前に解約すると違約金が発生する場合が多いので注意が必要です。申し込むプロバイダによって違いがあるので購入前に確認しましょう。

 

契約期間なしのモバイルルーターもあります。契約期間がない分、月々の料金は高めになります。契約期間があっても毎月のコストを抑えたいか、割高でも最新機種に変更もしやすい縛りがないタイプがいいのかは個人の考え方で変わってくるでしょう。

「同時接続台数」の確認を忘れずに

モバイルルーターは機種によって同時接続できる台数に幅があるので機種を選ぶ際のポイントになります。自分がインターネットへ接続したいデバイスが何台あるのかを考えてみてください。最低でも、その数が同時に接続できるモバイルルーターが必要です。

 

さらに、家族で使いたい場合には接続台数が多いものを選択した方が安心です。ですが、ホームルーターではないので必要以上の接続台数を選ぶ必要もありません。

「バッテリーの駆動時間」は長い方が良い

バッテリーの駆動時間が短いとモバイルルーターをいざ使おうと思ったときにもう電池が残り少なくなってしまっていては困ります。連続使用で約10時は欲しいところです。それと合わせて充電時間も高速だと使いやすいですね。

 

外出が多いビジネスマンは駆動時間を確認して選ぶようにしましょう。

「データ使用量」は重要ポイント

外出先でもインターネットを快適に使用するためには、ご自分がどんな事にどれほどのデータ量が必要なのかを把握してみることがおすすめです。テキストが中心なのか、動画やゲームに時間をかけているのかによって使用量は大きく変化します。

 

モバイルルーターには無制限で使用できるプランを打ち出しているキャリアもありますが、1日の使用制限などが設定されている場合もあるので条件をよく確認してみることをおすすめします。

スペックが同じなら「本体価格が安い」モバイルルーターがおすすめ

比較検討しているモバイルWi-Fiルーターがいくつかある場合は、キャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているものを選ぶのもおすすめです。タイミングを見逃さずに活用するのも大事です。

 

モバイルルーターの通信速度・接続使用可能な待機時間・ひと月のデータ通信量が同じならモバイルルーター本体の金額が少しでも安いものがおすすめです。

「複数のSIMカード」を使い分けることもできる

複数のSIMカードを切り替えて使えるタイプは大変便利です。一枚目のSIMでつながりが悪ければ、ほかのSIMを利用することも可能。また、ビジネス用を別にすることもできます。

 

国内の地域別や海外用などに多くのSIMを使い分けたい方は、できるだけ入れ替えをしなくてすむように、複数対応のルーターを探しましょう。SIMは小さいので、紛失のリスクを軽減できます。

世界対応モバイルルーターの人気おすすめランキング9選

9位

GWiFi

世界対応モバイルWiFiルーター G3000A

日本でも世界100か国でもこれ1台で対応

GWiFiは設定不要で到着したらその日から簡単に使用が可能です。使う分だけパケットを購入する仕組みなので月々の利用料はかかりません。

 

海外100か国でもそのまま使えるのも魅力的。連続待受け8時間・同時接続台数5台がスペック的に気にならない方にはおすすめです。

下り最大速度 150Mbps サイズ 10×7×1.5㎝
重量 150g 同時接続台数 5台
使用回線 4GLTE softbank 連続待機時間 8時間
SIMサイズ -

口コミを紹介

香港でつかってますが、快適に使えています。日額が空港レンタル安いのと、複数国に行っても大丈夫みたいなので助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

最新機能満載で動画視聴・オンライン通話に最適

世界93カ国対応で、多くの国で利用できるモバイルルーターです。デュアルバンドWiFi対応、長時間駆動バッテリーと小型ながら、充実した性能。データ使用量メーターがついて、ギガの使いすぎも防ぐことができます。

 

ゲストWiFi、マルチSSID搭載と最新機能が満載です。最大32台接続可能でセキュリティも安全です。

下り最大速度 300Mbps サイズ 15×9.2×5.6cm
重量 260g 同時接続台数 32台
使用回線 docomoLTE回線 連続待機時間 11時間
SIMサイズ microSIM

口コミを紹介

軽くて、持続時間が長い。

出典:https://www.amazon.co.jp

140カ国以上対応で海外でもリーズナブルに通信

クラウドSIMで、世界100カ国以上に対応している世界Wi-Fiのモバイルルーターです。海外旅行で現地に着いたら、SIMの抜き挿しなしですぐインターネットが利用できます。

 

5インチの大画面のタッチスクリーンで端末の状況を確認しながら使用できるのでデータの使い過ぎ等の管理が簡単です。

下り最大速度 150Mbps サイズ 17.2x11.2×4.6cm
重量 190g 同時接続台数 10台
使用回線 docomo・au・softbank 連続待機時間 13時間
SIMサイズ -

口コミを紹介

G2→G4Proに機種変更しました。軽くなった&薄くなったので持ち運びがかなり楽、あと起動がかなり早くなった。取説に日本語がある(以前はなかったので販売代理店から日本語のものを送ってもらった)画面が大きくなった。

出典:https://www.amazon.co.jp

最速のキャリアに自動接続してくれて便利

クラウドSIM技術を採用しているので世界の140か国以上の国と地域でそのまま使用が可能です。利用する場所によって最速のキャリアに自動接続してくれます。

 

契約料・月額料がなく使用したい分だけデータパッケージを購入するシステムです。内臓バッテリーは3000mAHと大容量で持ち運びに便利です。

下り最大速度 150Mbps サイズ ‎14.4x8.2x3.5cm cm
重量 200g 同時接続台数 5台
使用回線 docomo・au・softbank 連続待機時間 13時間
SIMサイズ nanoSIM

口コミを紹介

薄くてコンパクト、その割りには電池が持つ。今回ハワイ島とオアフ島で使用しているが、11時間連続で3人で使用したが、電池は充分に残っていた。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量ボディでアプリを使って管理可能

軽量でコンパクトなボディ。多くの国の通信方式に対応しているため、海外旅行や出張で現地のSIMを問題なく使えます。大容量の3000mAhで、スマホの充電も可能。

 

専用アプリを使えば、スマホから遠隔管理が可能。スマホやタブレットからバッテリー残量やデータ通信量、ネットワーク状態を一目でチェックできます。

下り最大速度 300Mbps サイズ 15.2x9.6x6cm
重量 340g 同時接続台数 16台
使用回線 docomo 連続待機時間 12時間
SIMサイズ microSIM

口コミを紹介

楽天モバイルと組み合わせて使っています。SIMを入れ電源を入れると、勝手に接続してくれたので相性は良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

ドコモやauなどのnanoSIMカード2枚挿入できて自動切換え

対応バンドが広いのでdocomo・au・softbank・楽天を網羅しています。ご自分の気になるサービスを選んでご契約できます。インターネット接続はLTE回線に対応。国内と海外170か国以上の地域で利用ができます。

下り最大速度 150Mbps サイズ 16.4 x13.8x4.4cm
重量 260g 同時接続台数 16台
使用回線 docomo・au・softbank・楽天 連続待機時間 -
SIMサイズ nanoSIM×2

契約不要で国内海外で使える安いtripwifi

tripwifiは契約不要なので月々の基本利用料がかからず世界中で利用できます。使いたいときに必要な分をチャージするだけなので大変便利です。また端末を購入するだけなので、ギフトにも適しています。

 

マルチキャリアなので 、国内では「docomo」「softbank」「au」の主要なキャリアから自動的に最適な回線に接続します。いずれかの回線に障害などが生じた際は、端末の電源ボタンを長押しで別の回線も使えて便利です。

下り最大速度 150Mbps サイズ 19.1x9.9x2.6cm
重量 130g 同時接続台数 10台
使用回線 docomo・au・softbank・Rakuten 連続待機時間 8時間
SIMサイズ -

口コミを紹介

私は楽天アンリミットのSIMを入れて使用しています。
ドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルや国内の通信業者すべてに対応しているのでとても便利です。接続や電池持ちも満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

SIMをセットして電源を入れればすぐに使用できるSIMフリー端末

購入しやすい価格で人気のモバイルルーターです。LTEオート接続機能搭載なのでSIMカードをセットして電源を入れればすぐに使用ができます。SIMフリーなのでご自分の使いたいサービスプランを用途に合わせて選ぶことができます。

 

また、とてもコンパクトなので持ち歩くのにも非常に便利です。携帯性が高い上にバッテリーの持ちも連続使用で10時間程度は持つので、日中長時間接続し続けても十分使い続けられます。

下り最大速度 150Mbps サイズ 15.8x12.1x4.6cm
重量 180g 同時接続台数 10台
使用回線 docomo・楽天・au・OCN 連続待機時間 10時間
SIMサイズ nanoSIM

口コミを紹介

楽天エリアの電波、auの電波にも対応。
小さくて扱いやすいので、普段からポケットに入れてiphoneやPCで回線を使用している。

出典:https://www.amazon.co.jp

SIMロックフリーの進化型機種でデュアルSIMを自動切り替え

3つの周波数帯の電波を束ねることで動画やブラウジングがスムーズなったのはもちろん、10台までWi-Fi機器を同時接続可能です。デュアルSIMスロットで、2枚のSIMを状況によって簡単に使い分けられます

 

必要な情報は本体のホーム画面で一目瞭然です。ショートカットからは利用中のSIMや回線、電波受信レベルなどの状態がすぐわかるステータスアイコンで現在の電波状況が把握できます。

下り最大速度 375Mbps サイズ 15.8x14x4cm
重量 278g 同時接続台数 10台
使用回線 docomo・au他 連続待機時間 14時間
SIMサイズ nanoSIM×2

口コミを紹介

中国と日本で利用。au, Biglobe, OCN mobile-one, China Unicom, China Mobile, China Mobile香港と様々なsimを試したが、ほぼ一発で繋がる。

出典:https://www.amazon.co.jp

世界対応モバイルルーターのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 下り最大速度 サイズ 重量 同時接続台数 使用回線 連続待機時間 SIMサイズ
1
アイテムID:10139991の画像
LTE モバイルルーター Aterm MR05LN

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

SIMロックフリーの進化型機種でデュアルSIMを自動切り替え

375Mbps 15.8x14x4cm 278g 10台 docomo・au他 14時間 nanoSIM×2
2
アイテムID:10139988の画像
モバイルルーター MP02LN SW

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

SIMをセットして電源を入れればすぐに使用できるSIMフリー端末

150Mbps 15.8x12.1x4.6cm 180g 10台 docomo・楽天・au・OCN 10時間 nanoSIM
3
アイテムID:10139985の画像
ポケットWi-Fi

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

契約不要で国内海外で使える安いtripwifi

150Mbps 19.1x9.9x2.6cm 130g 10台 docomo・au・softbank・Rakuten 8時間 -
4
アイテムID:10139982の画像
LTE モバイルルータ Aterm MR10LN

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ドコモやauなどのnanoSIMカード2枚挿入できて自動切換え

150Mbps 16.4 x13.8x4.4cm 260g 16台 docomo・au・softbank・楽天 - nanoSIM×2
5
アイテムID:10139979の画像
E5785 SIMフリー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

軽量ボディでアプリを使って管理可能

300Mbps 15.2x9.6x6cm 340g 16台 docomo 12時間 microSIM
6
アイテムID:10139976の画像
U3 モバイルWi-Fiルーター

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最速のキャリアに自動接続してくれて便利

150Mbps ‎14.4x8.2x3.5cm cm 200g 5台 docomo・au・softbank 13時間 nanoSIM
7
アイテムID:10139973の画像
GlocalMe G4 Pro

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

140カ国以上対応で海外でもリーズナブルに通信

150Mbps 17.2x11.2×4.6cm 190g 10台 docomo・au・softbank 13時間 -
8
アイテムID:10139970の画像
WiFi LTE モバイルルーター SIMフリー

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最新機能満載で動画視聴・オンライン通話に最適

300Mbps 15×9.2×5.6cm 260g 32台 docomoLTE回線 11時間 microSIM
9
アイテムID:10139967の画像
世界対応モバイルWiFiルーター G3000A

Amazon

詳細を見る

日本でも世界100か国でもこれ1台で対応

150Mbps 10×7×1.5㎝ 150g 5台 4GLTE softbank 8時間 -

国内使用モバイルルーターの人気おすすめランキング6選

コンパクトかつUSB接続でLTE高速データ通信が可能

市販のUSBアダプターを用いてコンセントにつなげば複数のデバイスと接続することができます。SIMフリー対応なので、ドコモのネットワークを利用した市販のSIMカードを用いてLTE通信が可能です。軽量・コンパクトなので持ち運びには邪魔になりません。

下り最大速度 150Mbps サイズ 12.3x8.4x3.1cm
重量 154g 同時接続台数 8台
使用回線 docomo 連続待機時間 -
SIMサイズ microSIM

口コミを紹介

設定は容易でした。 SIMカードの設定説明書どおりの項目を入力してすぐに使えます。また、USB接続の向きやスペースを考慮しての延長ケーブルに、ノートパソコンのフラップ部分等に固定するためのマジックテープも付属しており、良心的なご配慮が感じられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

大容量で最大20時間の連続通信が可能

SIMロックフリーで、主要3社をはじめ、多くの通信会社に対応しています。3060mAhの大容量バッテリー搭載なのでほかの機器へ給電も可能な頼もしい存在です。別売りのホームキットを購入すれば家でも高速で安定した回線が工事不要で楽しめます。

下り最大速度 300Mbps サイズ 74×74×17.3㎜
重量 128g 同時接続台数 5台
使用回線 docomo・au・softbank 連続待機時間 20時間
SIMサイズ micro

口コミを紹介

値段が高いですがモバイルルーターで接続範囲が広いものは他になさそうなので購入してよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュな新世代のモバイルブロードバンド

ノートパソコンに挿入して使う、スタイリッシュな次世代のSIMフリーモバイルルーター。ディスクなしでドライバーが自動インストールされるため手間なしです。

 

小型で持ち運びが容易にできる大きさで、使用時もスペースをとりません。ワンクリック接続して、インジゲータランプが点灯すれば、インターネットが接続されています。

下り最大速度 100Mbps サイズ 9.8x3.5x1.2cm
重量 60g 同時接続台数 -
使用回線 4G LTE 連続待機時間 -
SIMサイズ -

16台同時接続可能で無制限高速通信が可能

WiMAX2+とau4GLTE回線を使用します。プロバイダのプランによってはデータ使用量無制限のサービスも利用できるので外出先での動画視聴も快適です。

下り最大速度 1.2Gbps サイズ 17.4x14.2x4cm
重量 252g 同時接続台数 16台
使用回線 WiMAX 連続待機時間 -
SIMサイズ nanoSIM

口コミを紹介

他の機種は接続台数10なのにこの機種は16台。自宅でパソコン2台ゲーム機2台、スマホ、タブレットあとアレクサ2台とラトックシステム2台とfire TVで既に10台越えているので、助かります。

出典:https://www.amazon.co.jp

5GHz帯の周波数を使用可能で小型のメタリックカラーで見え方が変わる

小型でメタリックカラーが印象的な高性能のモバイルルーターです。業界最小で最軽量。コンパクトでも連続動作時間は10時間と長く外出にも便利。

 

LTE対応で、バンド1(2GHz)、バンド19・26(800MHz)の周波数で使えます。SIMサイズはnanoSIMなので、標準SIMとmicroSIMをお使いの方は注意が必要です。

下り最大速度 150Mbps サイズ 11.7x15.7x1.2cm
重量 71g 同時接続台数 -
使用回線 LTE 連続待機時間 10時間
SIMサイズ nanoSIM

口コミを紹介

マイネオのナノsimで快適LTEライフ 学生一人暮らしにはコスパ良くモバイル通信できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

車載用Wi-Fiルーターで動画や音楽を快適に再生

車載専用Wi-Fiルーターです。車内でオンラインを楽しめます。同時接続5台まで可能なので運転者・お子さんもスマホやタブレットで動画再生など楽しむことができます。

 

申し込みにはドコモのdアカウントが必要です。手続きは簡単で、取り付けはシガー電源に挿し込むだけです。

下り最大速度 150Mbps サイズ 15x12.8x3.8cm
重量 200g 同時接続台数 5台
使用回線 docomoLTE 連続待機時間 -
SIMサイズ -

口コミを紹介

非常にシンプルな発想&構造の逸品だとおもいます。使用開始登録と利用プランの設定を済ませてしまえば、あとは普通のWifiルータと同じでIDとパスワードを入力すればPCもタブレットも車内でネット接続できるようになります

出典:https://www.amazon.co.jp

国内使用モバイルルーターのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 下り最大速度 サイズ 重量 同時接続台数 使用回線 連続待機時間 SIMサイズ
1
アイテムID:10140011の画像
カロッツェリア DCT-WR100D

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

車載用Wi-Fiルーターで動画や音楽を快適に再生

150Mbps 15x12.8x3.8cm 200g 5台 docomoLTE - -
2
アイテムID:10140008の画像
Aterm PA-MP01LN

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

5GHz帯の周波数を使用可能で小型のメタリックカラーで見え方が変わる

150Mbps 11.7x15.7x1.2cm 71g - LTE 10時間 nanoSIM
3
アイテムID:10140005の画像
SpeedWi-Fi NEXTW06

Amazon

詳細を見る

16台同時接続可能で無制限高速通信が可能

1.2Gbps 17.4x14.2x4cm 252g 16台 WiMAX - nanoSIM
4
アイテムID:10140002の画像
LTEルータ USBドングル

Amazon

詳細を見る

スタイリッシュな新世代のモバイルブロードバンド

100Mbps 9.8x3.5x1.2cm 60g - 4G LTE - -
5
アイテムID:10139999の画像
FS040WMB1 +F FS040W

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

大容量で最大20時間の連続通信が可能

300Mbps 74×74×17.3㎜ 128g 5台 docomo・au・softbank 20時間 micro
6
アイテムID:10139996の画像
LTE対応USBドングル PIX-MT100

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

コンパクトかつUSB接続でLTE高速データ通信が可能

150Mbps 12.3x8.4x3.1cm 154g 8台 docomo - microSIM

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

旅行や出張・入院等で一時的に使うならレンタルがおすすめ

旅行先や出張、入院の際に短期間だけモバイルWi-Fiルーターが必要なときにはレンタルがおすすめです。日本国内だけではなく世界100か国以上でつながるWi-Fiルーターもあります。1日単位で申し込めるので大変便利ですね。

 

受取は宅配で自宅のほかにも病院やホテルといった場所でも受取りが可能な場所なら発送してもらうことができます。全国主要な空港やコンビニでも受取れて大変便利なサービスです。

モバイルルーターの月額料金はいくらなら安いといえる?

一般的に、モバイルルーターの平均的な月額料金は4000円台前半程度と言われているため、月額料金が3000円台であれば、平均より安めとなります。ただし、安いものを選ぶ際には、広告などに記載されている月額料金だけでなく「実質料金」にも注目しましょう。

 

契約時にはキャンペーン等で安い料金で使用できても、何か月か経つと値段が上がることも多くあります。そのため、契約時だけでなくその後の期間の月額料金も踏まえて選ぶことが大切です。

電池の容量にだまされてはいけない

モバイルルーターには10時間以上の長時間使用できる大容量バッテリーを売りにしているものも多くあります。ところが、電池の消耗は使用状況によって影響を受けやすいので実際にそこまで長時間電池が持たないことが非常に多いのです。

 

そんなときにモバイルバッテリーがあれば安心です。こちらの記事ではモバイルバッテリーの選び方や人気の商品をランキング形式で紹介しています。万が一に備えたい方はぜひご参考にしてみてください。

SIMフリーを利用すれば節約になる?

SIMカードは、そのデバイス固有のID番号が記録されているチップで携帯やスマホが通信するために必要になります。キャリアによってロックがされているので、安いプロバイダーのプランに変更する際にはロックを解除してもらう必要があります。

 

SIMフリー端末は、最初からロックがかかっていないデバイスで、キャリアに縛られずにさまざまなお得なプランを活用することで月々のスマホ料金を大幅に節約することができます。しかし、キャリア独自のアドレスが使えなくなるなどのデメリットもあります。

SIMの大きさも要チェック

SIMの大きさは、標準SIM・microSIM・nanoSIMと3種類あります。モバイルルーターのSIMスロットとサイズが違うと、使うことができないものもあるため注意が必要です。サイズを確認して、スロットの大きさが対応しているものを選びましょう。

 

 SIMが小さいのなら、アダプターを利用する方法もありますがスロットの破損や端末から取り出せないなどのトラブルが起きる可能性もあります。おすすめはSIMカードを再発行してサイズ変更することです。しかしほとんどが有料なので確認をおすすめします。

一人暮らしにもおすすめ!モバイルルーターを自宅で使うメリット

インターネット回線を自宅で使用する際、光回線などの固定回線は工事が必要になるのですぐに利用することができません。対してモバイルWi-Fiルーターなら工事が不要で届いたその日からすぐに利用することができます

 

工事がないので費用もかかりません。家でも外に持ち出してもインターネットに接続することができるのです。モバイルルーターは一人暮らしの方には大変おすすめだといえます。

クラウドSIMで世界WIFI

クラウドSIMとは、実際にSIMカードを端末に挿すのではなくクラウドサーバー上で管理するという新しい通信技術のことです。これを利用するには、世界WiFi端末という新しい規格のモバイルルーターを使います。

 

これにより、旅行や出張で海外に出かけても、その国のSIMカードを用意することなく、世界WiFi端末が現地のSIMカードを自動で選択してくれます。 SIMのクラウドサービスで海外でも国内同様にインターネット通信を楽しむことができます

tripwifiなら、契約・解約の面倒な手続きは無い

tripwifiは基本料金が無料で使う分だけチャージする形式で、使う期間が限定されている方におすすめの形式です。国内外の電波をキャッチ可能で、普段利用している端末をそのまま海外に持っていき、普段と変わらない使い方でWi-Fiが利用できます。

 

端末を用意できれば、あとはデータ追加のためのアプリをインストールするだけで手続きが完了するので、初心者の方でも難しい手続きをせずに申し込んですぐに使えます。

おうち時間をより快適にするために

コロナ禍の影響で在宅時間が増えている昨今では、自宅でのネット環境も重要です。普段なら出勤しているお父さんが在宅ワークで自宅にいるとホームルーターの接続デバイスが多くなり、動作が重たくなってしまっているご家庭もあるのではないでしょうか。

 

こちらの記事ではホームルーターの選び方や人気の商品をランキング形式で紹介していますので合わせてぜひ参考にしてください。

まとめ

ここまでおすすめのモバイルルーター15選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。モバイルルーターがあればスマホのテザリングでは心配なデータ通信量を気にせず無制限でインターネットに接続できます。不安な方はまずはレンタルで試してからもいいですね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月29日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

8インチタブレットのおすすめ人気ランキング20選【Android搭載や通話可能なものも】

8インチタブレットのおすすめ人気ランキング20選【Android搭載や通話可能なものも】

タブレットPC
50人に調査|安いタブレットのおすすめ人気ランキング15選【格安タブレット】

50人に調査|安いタブレットのおすすめ人気ランキング15選【格安タブレット】

タブレットPC
格安タブレットの人気おすすめランキング15選【2022年最新】

格安タブレットの人気おすすめランキング15選【2022年最新】

タブレットPC
iPhone対応USBメモリの人気おすすめランキング15選【写真の保存やバックアップにも】

iPhone対応USBメモリの人気おすすめランキング15選【写真の保存やバックアップにも】

USBメモリー
マイクロSDカードの人気おすすめランキング15選【データを保存】

マイクロSDカードの人気おすすめランキング15選【データを保存】

SDメモリーカード
microSDカードのおすすめ人気ランキング15選【ウォークマンやswitchにも】

microSDカードのおすすめ人気ランキング15選【ウォークマンやswitchにも】

SDメモリーカード