メトロノームの人気おすすめランキング15選【2019年最新】

記事ID4993のサムネイル画像

楽器の練習などに必須のアイテムであるメトロノームですが、楽器に最適な種類を選ぶことで練習効率が各段にアップするのでメトロノーム選びは非常に重要です。振り子式から多機能な電子式まで幅広く販売されています。今回はメトロノームのおすすめの種類や選び方を紹介します。

メトロノーム選びで練習効率も大きく変わる

メトロノームと聞くと振り子式のメトロノームを想像する方が一般的ですが、ギターやドラムのような楽器の練習をする場合は振り子を見る余裕が少ない事から電子式のメトロノームの方が練習効率が良いとされています。

 

このように使用する楽器に最適なメトロノームを使用する事で練習効率は大幅にアップしたりダウンすることがあるので楽器の練習にメトロノームを使用する場合はしっかりとメトロノームを選ぶことも重要なポイントになります。

 

他にも電子式の場合は様々なタイプが販売されており、それぞれに最適に使用しやすいシーンがあります。今回はメトロノームの種類や機能性、性能性だけでなくタイプの観点からもランキングを作成しました。

メトロノームの人気ランキング15選

15位

KORG(コルグ)

メトロノーム

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木材を使用で高級感がある

フロントパネルに木材を採用しているため見た目にも高級感があり落ち着いた雰囲気の人気のメトロノームです。ビートパターンは19種類も搭載しておりテンポも3種類から設定することができるため使い勝手も良いです。メトロノーム音も8種類から選択することが可能なので自分の気に入った音で使用ができる大人気の商品です。

サイズ重量
種類電子式タイプ据え置きタイプ
テンポ

口コミを紹介

もう他のメトロノームは必要なくなりました。逸品、それ以上でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

SEIKO

クオーツメトロノーム

価格:3,372円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手でテンポの調整が可能

ボタンはビートとピッチを設定するためのボタン1つしか搭載されていないので機械に弱い方でも安心して使用ができるシンプルなメトロノームです。振り子式のカチカチ音も搭載しており、アコースティックな2種類の音色から選択することが可能な点もおすすめのポイントです。ボリューム調整機能付きで使いやすい人気の商品です。

サイズ62(W)×100(H)×29.5(D)mm重量
種類電子式タイプスタンドタイプ
テンポ40~208回/分(39ステップ固定)

口コミを紹介

この一つ前のモデルを持っていましたが、それよりもネジ式のメトロノームに近い音も出せます。ネジ式と同じ速度指定ができるので、クラシックの練習には欠かせません。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

KORG(コルグ)

リズム・トレーナー BEATLAB mini

価格:4,752円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型液晶ディスプレイで見やすい

大型の液晶ディスプレイで画面が見やすくバックライトも付いているため暗所での使用も可能な使いやすい商品です。サウンドアウト機能も搭載されているためドラムのチューニングなどにも便利で、豊富なリズムやバリエーションを備えているため打楽器の練習にもおすすめです。テンポも30~300/分と幅広い人気の商品です。

サイズ82x82x27mm重量97g
種類電子式タイプクリップ・スタンドタイプ
テンポ30~300回/分

口コミを紹介

他のレビューに書いてあるように、音が多少、小さいと思う時も有りますが、特に不自由さは感じません。その分、コンパクトでいつもポケットに入れて、持ち歩いています。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

ヤマハ(YAMAHA)

クリップ式デジタルメトロノーム

価格:1,111円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常に可愛いデジタルメトロノーム

こちらの商品はサイズもコンパクトでカラフルなカラーが豊富に展開されている大人気のメトロノームです。クリップ式となっているので衣服の一部に付けることで好きな場所で使用することが可能となっており、もちろん譜面台に付けて使用することもできます。音量調節もダイヤル式で簡単に行う事ができる使い勝手の良いメトロノームです。

サイズ重量
種類電子式タイプクリップタイプ
テンポ

口コミを紹介

背面にスピーカーがあるのでクリップで留めると聞き取りにくくなりますが、クリップに紐を通せる穴があるので首にかけて使えば問題ありません。音量も結構大きくできるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Soundbrenner(サウンドブレナー)

Pulse ウェアラブルメトロノーム

価格:10,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体に装着するメトロノーム

メトロノームの種類としては珍しい体に装着するタイプのメトロノームで、スマホのバイブレーションの約7倍の力強い振動力があります。連続使用時間は6時間もあるので長時間の練習にも対応できる点もおすすめのポイントです。アプリと連動させることで同期システムや様々なカスタマイズが可能となる人気の商品です。

サイズ重量
種類電子式タイプ装着タイプ
テンポ

口コミを紹介

ドラム練習に欠かせない、リズムキープがとても楽にできる!バイブで体感なので メトロノームみたいにずっと見ておく必要もなくて、パホーマンスするには最適です
私は大満足です(σ'∀`)σゲッツ!!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

KORG(コルグ)

デジタルメトロノーム

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

68gの超軽量で持ち運びに便利

非常にシンプルに使用ができる人気のメトロノームで、本体の重量が68gと超軽量になっているので持ち運びに便利な点もおすすめのポイントです。単4電池×2本で400時間の稼働が可能なのでお財布にも優しいです。大音量での再生が可能なので楽器音に負けることもなく耳で聞いてのチューニングも可能な使い勝手の良い商品です。

サイズ100(幅)✕16(奥行き)✕60(高さ)mm重量68g
種類電子式タイプスタンドタイプ
テンポ30~252回/分

口コミを紹介

リズムが必要なトレーニング用に購入。 2拍子だけあれば充分だった。 電源を切ったのち、再投入しても 電源を切る前の状態が保持されているので、すぐにトレーニングに使える。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

SEIKO

デジタルメトロノーム 薄型

価格:1,725円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カードサイズで操作がしやすい

イヤフォンにも対応しているので一人で周りに迷惑をかけたくない場合でも使用ができるおすすめのメトロノームです。薄型でカードサイズというコンパクトさなので片手で簡単に操作が可能なだけでなく持ち運びにも便利です。ボリューム調節機能やメモリー機能も付いているので使い勝手が良くシンプルに使用が可能な商品です。

サイズ54(W)×86(H)×12(D)mm重量約45g
種類電子式タイプ
テンポ30~250拍/分

口コミを紹介

最近、カードサイズは少なくなってしまったので、良いです。ヴォリュームや使い勝手等、充分です。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

KORG(コルグ)

メトロノーム

価格:3,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイマーモード搭載で基礎練習に最適

19種類のビート・パターンを衆力しているので様々なリズムでの練習に対応可能な大人気の商品です。基準音を聴きながらのチューニングも可能なので非常に使い勝手が良く据え置きタイプなので机の上などに手軽に置いて使用することができます。メトロノーム音も8種類から選択することができる点もおすすめのポイントです。

サイズ60(W)✕73(D)✕113(H)mm重量167g
種類電子式タイプ据え置きタイプ
テンポ30~252回/分

口コミを紹介

簡単に好きな音やビートに変えられます。前に買った電子音がとても不快でメトロノームを使うのがストレスでしたが、これでやっと楽しく練習できるようになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

ヤマハ(YAMAHA)

デジタルメトロノーム

価格:2,172円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードのようなデザイン

キーボードのようなデザインで聴きたい基準音が一発で聴ける使いやすい人気のメトロノームです。音量調節もダイヤル式で可能なので使いやすく片手でも操作ができるので楽器を持ちながらでも使用がしやすいです。スタンド機能も付いているため自立させて使用することもでき、光の動きによってもテンポの確認が可能な人気の商品です。

サイズ92×56×24.5mm重量52g
種類電子式タイプスタンドタイプ
テンポ30-250/min

口コミを紹介

コンパクトで重宝しています。音はあまり良くはないですが、この大きさなら仕方ないですね。ボタンをダブルでおすと1オクターブ上の音が出るとか、音の種類が選べるとかの機能があると良いですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

Wuxi Gleam Musical Instrument Technology Co., LTD.

伝統的なメカニカルメトロノーム

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な楽器に使える

巻き取り機構を採用している昔ながらの振り子式のメトロノームで、バッテリーを必要としないので好きな時に使用ができる人気の商品です。見た目にも非常に高級感があり、木製のため落ち着いた雰囲気の中で使用ができる点もおすすめのポイントです。フロントパネルはフタ状になっており保管用の袋も付いています。

サイズ12×12×24cm重量
種類振り子式タイプ据え置きタイプ
テンポ40~208回/分

口コミを紹介

自宅のピアノと色味が調和して素敵なリビングになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ヤマハ(YAMAHA)

クリップ式デジタルメトロノーム

価格:1,111円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで使いやすい

液晶画面にテンポやピッチ、ビートがしっかりと表示されるので今の環境が一目で確認できる使いやすいメトロノームです。クリップタイプとなっているため衣類の一部に付けて使用するだけでなく譜面台などに付けて使用することも可能なので使い勝手が良いです。ダイヤル式の音量調節機能も付いている使いやすいメトロノームです。

サイズ62mm×17mm×44mm重量30g
種類電子式タイプクリップタイプ
テンポ30-250/min

口コミを紹介

メトロノームを使うのは初めてです。語学のリズムを覚える為に、今までは手や足でリズムをとっていましたが人的でないので、狂うことも無く便利です。また、クリップ形式なので、洋服にも止められ置き場に困りません。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

SEIKO

メトロノーム

価格:2,386円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きなテンポ音で聞き取りやすい

丸みを帯びたデザインが非常に可愛らしい大人気のメトロノームです。古くからある振り子式がレトロな雰囲気を演出してくれるためどんな場所で使用しても馴染んでくれます。鉛を使用していないため環境にも優しく、テンポ音は大きいので楽器音に負けることなく使用ができる点もおすすめのポイントで、カラーも豊富な人気の商品です。

サイズ114(W)×202(H)×119(D)mm重量398g
種類振り子式タイプ据え置きタイプ
テンポ40~208回/分(39ステップ固定)

口コミを紹介

SEIKOのメトロノーム、音がカシャン!カシャン!という感じですが同じ部屋で複数台のメトロノームを同時に鳴らしてそれぞれ練習するときなどに結構目立つのが好きで学生時代から個人のメトロノームはずっとSEIKOを使ってます。色がかわいくてお気に入りです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ヤマハ(YAMAHA)

デジタルメトロノーム

価格:2,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンド付きで自立も可能

5箇所のLED表示でテンポ拍を目でも確認することが可能な人気のメトロノームです。音量調節機能はダイヤル式となっているため片手でも操作が可能な点もおすすめのポイントで、オートパワーオフ機能やメモリーバックアップ機能も搭載されているため非常に使い勝手が良いです。軽量で持ち運びにも便利な人気の商品です。

サイズ100×40×11mm重量33g
種類電子式タイプスタンドタイプ
テンポ30~250/min

口コミを紹介

とてもつかいやすく、娘の毎日のピアノ練習に使っています。コンパクトですが、音質も2種類あるので好みで使い分けできます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KORG(コルグ)

イン・イヤー・メトロノーム

価格:1,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個人の練習に最適なイヤホンタイプのメトロノーム

耳に直接装着して使用するタイプのメトロノームで周りに迷惑をかけることなく使用することができるので個人の練習に最適な商品です。クリップも付いているため使用しない時は衣類に付けることで邪魔に感じることもありません。ジョグ・スイッチでテンポを直感的に設定することもできるため非常に使いやすい人気の商品です。

サイズ49x22×22mm重量9g
種類電子式タイプイヤホンタイプ
テンポ30〜252回/分

口コミを紹介

ランニング時のケイデンス管理のため購入。ホールド感はどうかな?と気になっていましたが、問題ありませんでした。音に集中することで淡々と走れるというメリットもあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

NEUMA

NEUMA メトロノーム

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番の振り子式で使いやすい

クラシカルな雰囲気にも最適な定番の振り子式のメトロノームです。非常にデザインがシンプルで高級感もあるためどんな場所で使用しても馴染んでくれる点もおすすめのポイントで、バッテリーを必要としないため環境にも優しく正確なビートとリズムを刻んでくれるので楽器の練習にピッタリな大人気のメトロノームです。

サイズ重量
種類振り子式タイプ据え置きタイプ
テンポ40-208 bpm

口コミを紹介

娘のピアノの課題練習でメトロノームが必要になりこちらの製品を購入させていただきました。定価よりも、安価で購入出来て良い買い物が出来ました。個人的には、黒いピアノには黒のメトロノームが合っていると思う。問題無く使えているようです。愛用していきたいと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

メトロノームの選び方

メトロノームは一見すると似ている商品が多いように感じられますが実際はタイプや性能などが大きく違う製品も多いのでしっかりとチェックしてから選ぶようにしましょう。

メトロノームの種類から選ぶ

メトロノームには大きく分けて2つの種類が販売されています。それぞれに大きなメリットの違いなどがあるため自分が使用しやすい種類から選ぶことが重要です。

振り子式から選ぶ

振り子式のメトロノームは古くからあるメトロノームの種類で、振り子を弾くことで一定のテンポを刻む最も一般的な種類です。現在でも非常に人気が高くゼンマイ式が多くバッテリーを使用しないため環境にも優しい商品が多いのが特徴です。

 

耳で聞くだけでなく目で見てもテンポの確認をすることが可能なのが大きなメリットで、機能としては非常にシンプルな製品が多いです。ほとんどが据え置きタイプとなっており持ち運ぶのには適していません。お洒落な製品が多いことも特徴の1つです。

電子式から選ぶ

非常に多機能な製品も多く販売されているのが電子式のメトロノームです。一般的には音でしかテンポの確認ができない製品が多かったですが、現在では振り子の表示が付いた製品やLEDライトが付いており目で確認が可能な製品が増えたことで人気は高くなっています

 

振り子の音を選択することができたり、イヤホンをさして個人用として使用したりすることができる製品も多く非常に多機能な事が特長の1つです。バッテリーを使用しますがいつまでも正確にテンポを刻んでくれるというメリットもあります。

アプリ式から選ぶ

最近ではスマートフォンのアプリでメトロノーム機能を使用することができる事もあります。無料で使用が可能なアプリも多く、わざわざメトロノームを持ち運んで使用する手間が必要ないので好きな場所で手軽に使用が可能なので人気が高いです。

 

ただし無料アプリの場合は広告や使用制限があるアプリもあるため使い勝手が良いかというと難しい問題です。またテンポ調節や音量調節機能などもアプリによっては不可能な場合もあるので気に入ったアプリを探すのに時間がかかる可能性もあります

タイプから選ぶ

振り子式のメトロノームの場合は設計上、据え置きタイプがほとんどになりますが電子式の場合は様々なタイプがあるので自分が使用しやすいタイプから選ぶことも重要です。

据え置きタイプから選ぶ

据え置きタイプは名前の通り机の上や床の上に置いて使用するタイプで安定性があるため使いやすい人気のタイプです。一般的には振り子式に多く採用されており、平面があれば手軽に設置して使用できるため現在でも人気が高いです。

 

ただし楽器の種類によっては見えにくい場所にしか置けない場合もあるため自分が使用する楽器でも使用しやすいかどうかをしっかりと考えてから購入するようにしましょう。また据え置きタイプは持ち運びにはあまり向いていない点も注意が必要です。

クリップタイプから選ぶ

クリップタイプはメトロノームの裏側がクリップになっており衣類や譜面台に挟んで使用ができるため非常に使い勝手が良い人気のタイプです。主に小型のメトロノームに多く採用されています。

 

またクリップタイプでありながらスタンドタイプになる製品も人気が高く2Wayで使用ができるため使いやすいです。持ち運んで使用することが多い場合はぜひクリップタイプを購入することがおすすめです。

イヤホンタイプから選ぶ

イヤホンタイプのメトロノームは自分の耳にしか音が聞こえないので周りに迷惑をかけたくない場合に重宝するタイプです。夜などの時間にしか練習できない方には特におすすめで、個人でリズム練習することができます。

 

また音が大きな楽器類の練習をする場合、メトロノームの音が楽器の音に負けてしまうこともあります。そんな場合でもイヤホンタイプはダイレクトに耳にメトロノームの音が聞こえるのでしっかりとリズムを刻みながら練習が可能なのでおすすめです。

装着タイプから選ぶ

電子式のメトロノームの中には腕や足に装着して使用するメトロノームも販売されています。非常にお洒落で、まるで腕時計のようなデザインをしているため周りからはメトロノームだと気づかれない事も多いです。

 

音が出るわけではなく肌でリズムを感じられるようになっており、専用のアプリなどと連動させることで細かなリズムやテンポの設定が可能なだけでなく1台で複数人と同時接続をすることができるため非常に使い勝手が良いタイプです。

楽器に合わせて選ぶ

上記でも紹介しましたがメトロノームは楽器に合わせて種類やタイプを選ぶと練習効率がアップするので非常に大事なポイントです。ピアノなどの場合は、現在でも振り子式を使用することが定番になっておりピアノの上に置いて練習している事が多いです。

 

逆にドラムなどの場合は目でメトロノームを見る事ができないため電子式のメトロノームの方が練習がしやすいです。イヤホンなどが接続できるとドラムの大きな音に負ける事がないため練習がしやすいので楽器類に合わせたメトロノームをしっかり選びましょう

好みの音かどうかで選ぶ

メトロノームは一定のリズムを刻むので刻まれた音が自分にとって心地良いかそうでないかは非常に重要なポイントです。不愉快な音の場合は楽器の練習どころではなくなってしまうので自分が気に入った音でリズムを刻んでくれるかはしっかりとチェックしましょう。

 

振り子式の場合は音の変更ができない製品が多いですが、電子式の場合は複数の種類から選択することも可能な製品も販売されています。できるなら実際に耳で聞いてから購入すると気持ちよく練習が可能なのでおすすめです。

機能性や性能性から選ぶ

メトロノームにはリズムを刻む以外にも使いやすい機能が搭載されている製品も多く販売されているので自分が欲しい機能が搭載されているかしっかりとチェックしておきましょう。

チューナー一体型から選ぶ

チューナーが一体となっているメトロノームの場合はリズムを刻む以外にも楽器のチューニングをすることが可能なので非常に便利です。楽器と繋げてチューニングが可能な製品の他に基準音を出してくれる製品もあります

 

自分が使いやすいタイプかどうかしっかりとチェックすることでチューニングした音で練習することが可能なのでおすすめです。

テンポ設定が可能な製品から選ぶ

細かいテンポまで設定が可能なメトロノームだと様々なテンポの練習が可能なのでおすすめです。曲によっては複雑なテンポの曲もあるため細かく設定が可能であればるほど使い勝手も良くなるので人気があります。

 

もちろんテンポ以外にも速さの単位で設定が可能な製品も多く販売されています。1つの曲ばかり練習する訳では無いので様々な速さやテンポの設定が可能な製品から選ぶと幅広く使用が可能となるのでしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう

音量の設定が可能な製品から選ぶ

この機能は最近のメトロノームにはほぼ搭載されているので特に気にする必要はありませんが、万が一のこともあるのでしっかりとチェックしておきましょう。音の調節ができないと周りに迷惑をかけたり、楽器音に負けてしまうこともあるので注意が必要です。

サイズや重量から選ぶ

メトロノームを持ち運んで使用する場合はサイズや重量もしっかりとチェックしておきましょう。特にクリップタイプの場合は重量があると衣類が伸びてしまったり装着した部分が疲れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

また据え置きタイプの場合でも使用しない場合は片付けるので、片付ける際に邪魔になりにくいサイズから選ぶことが重要です。ただし振り子式の場合は小さいと振り子が見えにくいこともあるため実用性とのバランスを考えて選びましょう

メトロノームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5086004の画像

    NEUMA

  • 2
    アイテムID:5085996の画像

    KORG(コルグ)

  • 3
    アイテムID:5085989の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 4
    アイテムID:5085986の画像

    SEIKO

  • 5
    アイテムID:5085983の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 6
    アイテムID:5085980の画像

    Wuxi Gleam Musical Instrument Technology Co., LTD.

  • 7
    アイテムID:5085977の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 8
    アイテムID:5085974の画像

    KORG(コルグ)

  • 9
    アイテムID:5085971の画像

    SEIKO

  • 10
    アイテムID:5085968の画像

    KORG(コルグ)

  • 11
    アイテムID:5085963の画像

    Soundbrenner(サウンドブレナー)

  • 12
    アイテムID:5085959の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 13
    アイテムID:5085951の画像

    KORG(コルグ)

  • 14
    アイテムID:5085927の画像

    SEIKO

  • 15
    アイテムID:5085921の画像

    KORG(コルグ)

  • 商品名
  • NEUMA メトロノーム
  • イン・イヤー・メトロノーム
  • デジタルメトロノーム
  • メトロノーム
  • クリップ式デジタルメトロノーム
  • 伝統的なメカニカルメトロノーム
  • デジタルメトロノーム
  • メトロノーム
  • デジタルメトロノーム 薄型
  • デジタルメトロノーム
  • Pulse ウェアラブルメトロノーム
  • クリップ式デジタルメトロノーム
  • リズム・トレーナー BEATLAB mini
  • クオーツメトロノーム
  • メトロノーム
  • 特徴
  • 定番の振り子式で使いやすい
  • 個人の練習に最適なイヤホンタイプのメトロノーム
  • スタンド付きで自立も可能
  • 大きなテンポ音で聞き取りやすい
  • コンパクトで使いやすい
  • 様々な楽器に使える
  • キーボードのようなデザイン
  • タイマーモード搭載で基礎練習に最適
  • カードサイズで操作がしやすい
  • 68gの超軽量で持ち運びに便利
  • 体に装着するメトロノーム
  • 非常に可愛いデジタルメトロノーム
  • 大型液晶ディスプレイで見やすい
  • 片手でテンポの調整が可能
  • 木材を使用で高級感がある
  • 価格
  • 2380円(税込)
  • 1250円(税込)
  • 2050円(税込)
  • 2386円(税込)
  • 1111円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 2172円(税込)
  • 3490円(税込)
  • 1725円(税込)
  • 1480円(税込)
  • 10990円(税込)
  • 1111円(税込)
  • 4752円(税込)
  • 3372円(税込)
  • 5980円(税込)
  • サイズ
  • 49x22×22mm
  • 100×40×11mm
  • 114(W)×202(H)×119(D)mm
  • 62mm×17mm×44mm
  • 12×12×24cm
  • 92×56×24.5mm
  • 60(W)✕73(D)✕113(H)mm
  • 54(W)×86(H)×12(D)mm
  • 100(幅)✕16(奥行き)✕60(高さ)mm
  • 82x82x27mm
  • 62(W)×100(H)×29.5(D)mm
  • 重量
  • 9g
  • 33g
  • 398g
  • 30g
  • 52g
  • 167g
  • 約45g
  • 68g
  • 97g
  • 種類
  • 振り子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 振り子式
  • 電子式
  • 振り子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • 電子式
  • タイプ
  • 据え置きタイプ
  • イヤホンタイプ
  • スタンドタイプ
  • 据え置きタイプ
  • クリップタイプ
  • 据え置きタイプ
  • スタンドタイプ
  • 据え置きタイプ
  • スタンドタイプ
  • 装着タイプ
  • クリップタイプ
  • クリップ・スタンドタイプ
  • スタンドタイプ
  • 据え置きタイプ
  • テンポ
  • 40-208 bpm
  • 30〜252回/分
  • 30~250/min
  • 40~208回/分(39ステップ固定)
  • 30-250/min
  • 40~208回/分
  • 30-250/min
  • 30~252回/分
  • 30~250拍/分
  • 30~252回/分
  • 30~300回/分
  • 40~208回/分(39ステップ固定)

まとめ

人気のメトロノームをランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。メトロノームをしっかりと選ぶことで練習効率もアップするので、自分に合ったメトロノームを購入して楽器の練習効率を一段とアップさせましょう

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ