楽譜ファイルの人気おすすめランキング10選【かわいい・手作り】

記事ID23025のサムネイル画像

歌唱する際や楽器を演奏する際にあると便利なのが楽譜ファイルです。丸まって譜面台に置き辛くなってしまったり風に飛ばされたり…その様な色々な問題を解決してくれる楽譜ファイル。今回は楽譜ファイルの種類や選び方、おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

楽譜ファイルってどんなものがあるの?

楽譜ファイルは使用する用途や譜面の大きさによっても選ぶものが変わります。練習用や本番用、屋外でも使用したい、安定感が欲しいなど、自分の目的・用途に合ったものを選びましょう。

 

実は楽譜ファイルには譜面を保管するためのものや書き込めるタイプ、2面3面4面まであるものなど様々なタイプがあります。種類がありすぎてどれが使いやすいのか、自分に合っているのか分からなくなってしまいますよね。

 

そこで今回は楽譜ファイルの種類や選び方、人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。最後のほうで100均でも揃う楽譜ファイルの作り方も紹介しています。ぜひ参考にして自分に合った楽譜ファイルを見つけてください。

楽譜ファイルの選び方

沢山の種類があって迷ってしまいなかなか選べない楽譜ファイル。ここでは楽譜ファイルの選び方について紹介します。

練習の時に使いやすいものを選ぶ

追加で楽譜を収納したい場合や書き込みをしたい場合など、目的によって選ぶ楽譜ファイルが変わります。練習の際に使用しやすいものを選びましょう。

ファイル数を増やしたいのなら「リフィル」を追加できるものがおすすめ

今後楽譜が増える予定があるのであればリフィルが追加できるルーズリーフタイプの楽譜ファイルがおすすめです。

 

保存のほかにも練習時や本番時にも使用したい場合は、なるべく光を反射しにくいタイプを選ぶと見やすいです。ルーズリーフタイプだとリフィルが追加できるほかに曲の順番の入れ替えなども簡単に出来るので便利です。

「書き込み」をするのなら五線譜部分が開いている楽譜ファイルがおすすめ

練習用の楽譜ファイルは、書き込めるタイプが便利です。自分でメモしておきたいことや先生のアドバイスなどを素早く書き込むことができます。また譜面台に乗せやすいように左右に開きやすいタイプがよいでしょう。

 

書き込めるタイプの楽譜ファイルは上下または左右の帯で譜面を押さえるので五線譜部分は楽譜そのままなので反射も気にせずに使え、見やすいです。

大きめの楽譜を入れるのなら「A3サイズ」が入る楽譜ファイルがおすすめ

大きめの楽譜を手に入れた場合も、やはり切ったり縮小コピーなど手を加えずにそのまま保存したいものですよね。その場合はA3サイズも収納できる楽譜ファイルがおすすめです。

 

長い曲の場合にはA4サイズの楽譜が4枚にわたるときもあります。4枚いっぺんに見渡せる楽譜ファイルはとても便利で役立ちますよ。

部活などでも使いやすいものを選ぶ

部活などでは、次々と楽譜が増えますよね。部活などでも使える楽譜ファイルを選びましょう。

大容量を収納したいのなら「リングタイプ」がおすすめ

沢山の楽譜を収納するのならリングタイプがおすすめです。演奏途中で楽譜が閉じてしまっては困りますよね。リングタイプは180度しっかり開くので、見やすく途中で閉じてしまう心配もありません

 

リングタイプは、比較的には大容量の楽譜が収納できるタイプが多くあります。また持ち運ぶ際にもかさばりにくくなっているため、カバンに入れても邪魔になりにくいですね。

 

下記の記事では、ルーズリーフバインダーの人気おすすめランキングを紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

統一感をUPさせたいのなら「揃える」のがおすすめ

何種類か色の違うデザインのファイルを出しているメーカーもあります。作曲家によって色を分けるのもわかりやすく、面白そうですね。

 

また所属しているメンバーとも色を合わせれば連帯感が出てきてもっと絆も深まるのではないでしょうか。見た目にも綺麗で美しいですね。様々なデザインやカラーの楽譜ファイルがあるので、ぜひお気に入りを見つけてください。

本番の時にも使えるものを選ぶ

いざ本番となるとやはり緊張してしまうものですよね。なるべく余計な不安や心配事を減らすために、本番にも向いているファイルを選びましょう。

「本番」で使うなら反射しにくい楽譜ファイルがおすすめ

本番のステージ上では照明の数も普段より多く光も強いので、楽譜を入れているファイルが反射してしまうと見えずらくなってしまいます。

 

暗譜の出来ていない曲の楽譜が、反射して見えなくなってしまっては困りますよね。演奏にしっかりと集中できるように本番用には反射しにくいタイプの楽譜ファイルをおすすめします。またきちんと180度に開くものを選びましょう。

「開きやすさ」も重要

やはり演奏中に楽譜ファイルが自然に閉じてしまっては困りますよね。きちんと180度に開く楽譜ファイルを選べば安心です。リングタイプは特におすすめです。

 

そして180度にきちんと開くタイプの楽譜ファイルは、見やすくてページめくりも簡単になり、譜面台に乗せる際にも安定感があります本番の時は特に、開きやすさに着目して楽譜ファイルを選びましょう。

集中して演奏する時には「めくりやすさ」も重要

ある程度の長い曲になると譜面も多くなり、譜めくりが必要になります。ポケット状になっているファイルだと楽譜全体がフィルムに覆われているので、譜めくりがしやすくなります。

 

譜めくりのしやすさは、楽器を演奏する際には重要ですね。また本番時にも使用できるように、反射のしにくいタイプのものを選びましょう。

譜めくりを避けたいのなら「2面・3面・4面」タイプがおすすめ

譜めくりをなるべく避けたい場合は、2面・3面・4面タイプの楽譜ファイルを選びましょう。譜めくりをせずに済むので気持ちも楽になりますね。自分の演奏する曲に合わせて選びましょう。発表会にもぴったりです。

 

以下の記事では譜面台の人気おすすめランキング10選【卓上タイプ・折り畳みタイプも】をご紹介しています。用途に合った譜面台を見つけてみてくださいね。

「安定感」を求めるのならしっかりした楽譜ファイルがおすすめ

空調や風によって飛ばされてしまったり、振動や譜めくりの際に譜面台から落ちてしまうなんてことがあったら大変ですよね。特に本番では演奏がいったん中断されてしまうハプニングは避けたいものです。

 

やはり本番の演奏時にはしっかりとした重みや厚みがあり、なおかつフルフラットに開く楽譜ファイルがおすすめです。本番中の余計な不安や心配が減ります。

楽譜ファイルの人気おすすめランキング10選

島村楽器・Amazonでも買える楽譜ファイル

リング式でA4サイズの楽譜ファイルです。楽譜を上下の帯で挟み込むだけなので簡単で、なおかつ、書き込みもできます。やはりパッと素早く書き込めるのは便利ですね。

 

五線譜の部分にはフィルムがないので反射して見えづらくなってしまう心配もないので舞台上での演奏にも向いています。

ポケット数 30ポケット リフィル ×
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

普通のクリアファイルだと書き込みをするのに、いちいち取り出さないといけないので、
煩わしかったのですが、これはそれがなく、とても使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

50~100ページまで増やせるハンドファイル

リフィルも追加することが出来るリングタイプの楽譜ファイルです。リフィルを追加すれば最大100ページまで可能で大容量を収納したい方におすすめです。

 

楽譜を上下の帯で挟むタイプなので書き込めるのも嬉しいですね。また反射もしないので光って見づらくなってしまう心配もありませんね。

ポケット数 20ポケット(~100) リフィル
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

曲をコピーした A 4の紙がたくさん入るので
練習にはとても便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

ノートノートの楽譜ファイル

ルーズリーフタイプの楽譜ファイルです。リフィルも追加が可能なので、楽譜だけでなくメモしたノートなど挟んでもよいかもしれませんね。

 

上下で挟むタイプなので譜面への書き込みも出来、反射もしないので様々な場面で快適に使えます。表紙も厚めなので耐久性にも優れています。

ポケット数 20ポケット リフィル
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A3

口コミを紹介

ファイルしたまま楽譜に書き込めるのがとても便利です。有りそうで無かったアイデア商品だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

A3サイズの楽譜を2枚広げられる楽譜ファイル

ファイルの穴の部分に切り込みが入っているので、楽譜のページ移動や追加も簡単におこなえます。リングを一回一回開け閉めしなくてもファイル移動ができるのはとても楽ですね。

 

書き込みも可能で反射の心配もありません。A3サイズの楽譜を2枚収納できるものは、なかなかないので助かりますね。

ポケット数 A4サイズ20ポケット・A3サイズ10ポケット リフィル
書き込み 見開きページ数 4ページ
サイズ A3・A4

口コミを紹介

表紙を好きなものに入れ替えられるのも、とても良いアイデアです。愛猫の写真や気に入ったイラストを入れて楽しんでます。他の人のものと間違えようがありませんし、シールなどと違って、飽きたら入れ替えられます。セットリストなどを入れるのに使っても良いですし。

出典:https://www.amazon.co.jp

表紙の猫がかわいい楽譜ファイル

リフィルの追加も可能なリングタイプの楽譜ファイルです。ファイルの穴に切り込みが入っているのでリフィルの追加や入れ替えが簡単におこなえます。上下の帯で挟むタイプなので書き込みも素早く出来、反射もしません。

 

表紙の猫ちゃんのデザインが可愛いですね。180度フラットに開くので途中で閉じてしまう心配もありません。厚さが約2cmでかさばらないので持ち運びにも便利です。

ポケット数 10ポケット リフィル
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

今までのファイルは、光が当たると反射して見づらいのが悩みの種でしたが、これはそんな悩みから解放してくれる優れもの。
もちろん、ファイルから出さずに書き込みが出来るのも便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

譜面台を隠せる楽譜ファイル

表紙が二重構造になっているため、譜面台にかぶせて使用することが出来るので安定感もあります。反射しずらいフィルムを採用しています。また左右にファイルを差し込むポケット付きなので風でめくれにくく屋外の使用でも安心です。

 

A4サイズの楽譜は40枚A3サイズなら19枚入るのも便利で嬉しいですね。ゴムバンド付きなので持ち運びにも便利です。

ポケット数 A4サイズ40ポケット・A3サイズ19ポケット リフィル ×
書き込み × 見開きページ数 2ページ
サイズ A3・A4

口コミを紹介

大変満足しております
これからもよろしくおねがいします(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

高級感漂う楽譜ファイル

ファイル自体に厚みがあり高級感のある楽譜ファイルです。ピアニストが考え作ったデザインなだけあって見た目も実用性にも優れています。

 

楽譜をとめるバンドは、反射しづらい透明バンドを使用しているので見えにくくなりません。4面タイプで譜めくりの必要もないので演奏に集中できますね。

ポケット数 4ポケット リフィル ×
書き込み 見開きページ数 4ページ
サイズ A4

万能な楽譜ファイル

楽譜を上下の帯で挟んで固定するタイプなので、サッと簡単に書き込みができ、反射で見えなくなる心配もありません。またリングタイプのファイルなので、180度に開き見やすく途中で閉じてしまうこともないので安心です。

 

譜面だけでなく、料理のレシピや会議資料など入れても便利です。

ポケット数 30ポケット リフィル ×
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

大容量なので重宝しています。
暑さも譜面台に何とか載る最大サイズだと思います。
満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

クリアホルダー付き!使い分け可能な楽譜ファイル

上下の帯が楽譜をおさえるので、素早く書き込みもでき反射で見えなくなる心配もありません。リング式なので180度に開き、途中で閉じてしまうこともありません。薄型ファイルなので60枚収納しても1.3cm程の厚さに抑えることが出来るので持ち運びにも便利です。

 

通常のクリアファイルも付いているので、持ち運びの際にはクリアファイルに入れるなど様々な使い方が出来ます。6種類の色から選べるのも嬉しいですね。

ポケット数 30ポケット リフィル ×
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

1ページずつ譜面上下の部分だけ挟むんで使えるファイルポケットに入れれば譜面台に立てたまま直接書き込みできるし、本番は普通に全面入るポケットに入れて使えるのでとても便利です。そして楽譜を譜面台に開いた時の安定感もあり開きやすく良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

プロ推薦の「バンドファイル」

楽譜を3点のホルダーでおさえるため、素早く書き込むことができる上に反射もしません。リング式なので180度開き、演奏途中で譜面が閉じてしまう心配もないので安心です。厚みのあるファイル素材なので耐久性にも優れています

ポケット数 20ポケット リフィル ×
書き込み 見開きページ数 2ページ
サイズ A4

口コミを紹介

はさみこみ部分も丈夫で、なおかつ反射せず、練習しやすいです。
ちょっと重たいですが、耐久性がありそうです。
バンドファイルの存在を、もっとはやく知りたかった・・・

出典:https://www.amazon.co.jp

楽譜ファイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6688726の画像

    Libliss(リブリス)

  • 2
    アイテムID:6688520の画像

    FILE PLUS+DO!

  • 3
    アイテムID:6687907の画像

    陌の街角

  • 4
    アイテムID:6687822の画像

    クラウンハート

  • 5
    アイテムID:6687701の画像

    KSS

  • 6
    アイテムID:6687572の画像

    コモライフ(Comolife)

  • 7
    アイテムID:6685824の画像

    クープ

  • 8
    アイテムID:6685760の画像

    ミュージックエイト(Music Eight)

  • 9
    アイテムID:6685682の画像

    バンドファイル

  • 10
    アイテムID:6685595の画像

    SuperNote

  • 商品名
  • 楽譜ファイルバンドファイル
  • 楽譜ファイル30ポケット
  • 60ページ楽譜ファイル
  • 4ページ楽譜ファイル
  • ミスターファイル ウィズリフィル
  • ミュージックスコアファイル
  • Raku−fu【ラクフ】
  • 楽譜ファイルダブルリングタイプ
  • バンドファイル バインダータイプ
  • フリーファイルスーパーノート
  • 特徴
  • プロ推薦の「バンドファイル」
  • クリアホルダー付き!使い分け可能な楽譜ファイル
  • 万能な楽譜ファイル
  • 高級感漂う楽譜ファイル
  • 譜面台を隠せる楽譜ファイル
  • 表紙の猫がかわいい楽譜ファイル
  • A3サイズの楽譜を2枚広げられる楽譜ファイル
  • ノートノートの楽譜ファイル
  • 50~100ページまで増やせるハンドファイル
  • 島村楽器・Amazonでも買える楽譜ファイル
  • 価格
  • -
  • 1,480円(税込)
  • 1,299円(税込)
  • 4,950円(税込)
  • 2,530円(税込)
  • -
  • -
  • 1,628円(税込)
  • 2,200円(税込)
  • -
  • ポケット数
  • 20ポケット
  • 30ポケット
  • 30ポケット
  • 4ポケット
  • A4サイズ40ポケット・A3サイズ19ポケット
  • 10ポケット
  • A4サイズ20ポケット・A3サイズ10ポケット
  • 20ポケット
  • 20ポケット(~100)
  • 30ポケット
  • リフィル
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • 書き込み
  • ×
  • 見開きページ数
  • 2ページ
  • 2ページ
  • 2ページ
  • 4ページ
  • 2ページ
  • 2ページ
  • 4ページ
  • 2ページ
  • 2ページ
  • 2ページ
  • サイズ
  • A4
  • A4
  • A4
  • A4
  • A3・A4
  • A4
  • A3・A4
  • A3
  • A4
  • A4

楽譜ファイルが増えてきたら、綺麗に収納しておきたいですよね。以下の記事ではファイルボックスの人気おすすめランキング14選【おしゃれに収納】をご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。区別化をして収納するのも、わかりやすそうでやってみたくなりますね。

セリアなどの100均で楽譜ファイルを手作りしよう

楽譜ファイルをわざわざ買うまでではない譜面の量や、オリジナリティを出したい方や、お子様への発表会用のプレゼントに楽譜ファイルを手作りしてみてはいかがでしょうか?少量の楽譜ファイルを作りたい方は厚紙で、多量の場合はスケッチブックがおすすめです。

 

わざわざ楽譜ファイルは買わずにスケッチブックで自作する方も多くいらっしゃいます。リングタイプのスケッチブックに楽譜を貼るだけなので簡単ですね。リングタイプなので勝手に閉じてしまうこともなく、厚さもあるので安定しています。

 

貼る楽譜2枚をあらかじめテープなどで接着させておくことで見開き4ページの譜面にすることができます。お子様の発表会に“頑張ってね”という気持ちを込めて手作りの楽譜ファイルをプレゼントなさってみてはいかがでしょうか。きっと喜んでくれるはずです。

「クリアファイル」も持っていると便利

楽譜ファイルの他にクリアファイルも持っていると便利です。レッスンの時や演奏する曲数が少ないときに、楽譜のたくさん入った楽譜ファイルごと持ち運ぶのは重くてかさばって大変ですよね。

 

そんな時にはクリアファイルに入れて持ち歩くことがおすすめです。また、特定の楽譜を区別する際にも使えます。

 

音楽用に特化したクリアファイルなら、音楽好きらしい五線譜や鍵盤が描かれたデザインのものや、音楽の勉強もできる記号の説明入りのものまであります。見ているだけでも面白いクリアファイルがたくさんあります。何枚か持っていても損はなさそうです。

譜めくりしやすいタイミングを作るのなら「用紙タイプ」がおすすめ

長い曲を演奏していると譜めくりの回数が増えますよね。必ずしも、キリの良いタイミングで次のページに切り替わるとは限りません。そこでおすすめなのが、スケッチブックやリングノートに貼る方法です。

 

譜面をコピーし(しなくても良い)譜めくりをしやすいタイミングで切り取り、リングノートに貼ります。そうすることにより、自分の好きなタイミングで譜めくりをすることが出来るので便利ですね。

 

またオーケストラや大勢で演奏する際に、パート内で合わせたノートを作っておけば皆で譜めくりのタイミングを合わせることができますね。

まとめ

楽譜ファイルと一言でいっても様々なタイプがありましたね。目的に合うお気に入りの一冊は見つかりましたか?お気に入りの楽譜ファイルがあれば練習ももっと頑張れそうですね。素敵な楽譜ファイルで素敵な音楽ライフを楽しんでくださいね!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事