譜面台の人気おすすめランキング10選【卓上タイプ・折り畳みタイプも】

記事ID20182のサムネイル画像

たくさんある譜面台、ちゃんとしたものを使いたいけれどおすすめがわからないという方もいるのでは?そんな方に譜面台のランキングをご紹介!コンパクトな折りたたみ式や卓上の譜面台から木製のものまで選び方をまとめました!

どんなシーンで使いたい?使い方で選ぶ譜面台

楽器の演奏する方はよく使う譜面台。その種類は豊富でバリエーションもいろいろ。いざ買おうと思ったけれど、どれがいいのかわからない、そんな方も多いのではないでしょうか。

 

演奏中には不可欠とも言える譜面台ですが、どこで使いたいかでおすすめも変わってきます。立って演奏するのか座って演奏するのか。楽器でも違いがありますし、演奏スタイルでも一人ひとりの好みがありますよね。

 

さらに自宅の環境でも、選びたい譜面台が変わってくるのでは?安定感のある据え置きタイプの譜面台を置いておけるお家もあれば、自分の部屋で使う、一人暮らしで使いたいという方では少し邪魔になっていまうことも。

 

そこで今回は譜面台の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは使うシーンに合わせて据え置き型譜面台・折りたたみ式譜面台・卓上譜面台を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

譜面台の選び方

どういった場所で、どうやって使いたいのか、譜面台の選び方は人それぞれ。

譜面台も多くの種類があります。

 

据え置きタイプがいい方もいれば、持ち運べる折りたたみタイプがいい方も。

ご自分がどういったシーンで使うのか考えながら見ていきましょう!

譜面台で共通してチェックしたいポイントは?

この記事では据え置きタイプの譜面台、折りたたみ式の譜面台、卓上の譜面台を紹介します。でもその前に、共通してチェックしたいポイントを見ていきましょう。

譜面に書き込みをしたいなら「穴あきタイプ」でないものを

譜面台には穴あきタイプとそうでないものがあります。

 

自分が気をつけておきたいところ、理解するためにちょっとしたメモや注釈などを譜面に書き込みしたい場面は意外とあります。そんな時に毎回、わざわざ譜面をテーブルや膝の上に移動させて書き込むのは面倒に感じるものです。

 

そんな方には譜面を置く部分が面になっているものがおすすめ。譜面を移動することなく直接その場で書き込む事ができ、書き込んでいるうちに譜面にペンが刺さってしまった、なんてことも防げます。

安全性も大切

大切な譜面をおく譜面台。その安全性も選ぶ時はみておきたいところです。譜面台は安定性が良いものを選びましょう。演奏中に倒れそうでヒヤヒヤする、なんてことになればせっかく買った譜面台の意味がありません。

 

譜面台はある程度の重さがあると安定性がよくなります。また脚の先にゴムで滑りにくくなっているなど工夫されているものもいいでしょう。

「ページストッパー」があると◎

ページストッパーとはその名の通り、譜面のページを押さえて止めてくれるもの。

 

譜面一枚を置くのなら必要ありませんが、本の形になっているのであれば、ページがめくれないまでも、見たいページがだんだんと閉じてしまいそうになる…、という経験をした方もいるのではないでしょうか?

 

譜面台にページストッパーがついていると、楽器の練習中にページがめくれてしまった…、ということがないので演奏に集中しやすいです。どのタイプの譜面台でも付いていると便利です。

 

また屋外で演奏するようなシーンでは風の影響も考えて、必ずページストッパーが付いたものを選びましょう。

譜面を置く幅でも変わる

譜面台の使い勝手で見て欲しいのは譜面を置く部分のです。譜面は大きいものも少なくありません。通常の教本でもよく見る雑誌より大きいものもあります。あまり幅が狭いとぐらつきの原因にもなります。

 

譜面を置く部分が小さいものはコンパクトで便利というメリットがある反面、譜面が置きにくいというデメリットも。また譜面台が広ければチューナーや小物を置いたりもできるので、ご自分の使い方をよく考えて選びましょう。

据え置きタイプの譜面台はバリエーション豊富!

一番スタンダードな形の据え置き型譜面台。発売されている数も多く、どれにしようか迷うのでは?こちらでは据え置き型の選ぶポイントをご紹介します。

アンティークな「木製」?スタイリッシュな「黒」?

黒いスタイリッシュな譜面台が多い中で、アンティーク調の木製の譜面台も人気があります。その理由は重厚感があり、インテリアとしても木製の譜面台は雰囲気が良いこと。木製の譜面台はそのデザイン性の高さもあり、お部屋にあるだけで空間が華やかになります。

 

木製はスチール製やアルミ製の黒い譜面台よりも重さがあり持ち運びには向きません。しかしそれがデメリットだけでないのが譜面台です。木製に限らず、重さがあると重心が安定してふらつきにくくなるというメリットも。

 

特に据え置きタイプの譜面台を選ぶ場合は、頻繁に移動させるというよりも同じ場所で使いたい、という方がほとんどでしょう。重みのある教本をおいてもひっくり返るようなこともなく安心して使うことができます。

使うなら自分に合った「高さ」のものを

楽器はちょっとしたことでも音が変わります。その例としてよく言われるのは姿勢です。演奏する時、いかに姿勢が大切かは演奏する方なら知っているはず。姿勢が悪くなると、変に力が入ってしまったり、指や腕の動きに影響します。

 

姿勢の悪さの原因にもなり得るのが、譜面台の高さです。身長はもちろん人それぞれ違いますから、ご自分にあったものを使いましょう。特に身長の高い方で立って演奏したい方は譜面台の高さは重要なポイントです。

 

また適度な高さの譜面台を使うことで集中力も保たれます。なにげなく使っている譜面台。けれど毎回使うものだからこそ、ぜひ自分に合ったものを見つけたいですね。

持ち運びしたいなら折りたたみ式

折りたたみ式譜面台のメリットはコンパクトにたたんで持ち運べることです。屋外で使いたい人、家で使うけれど収納はコンパクトにしたい人、と希望はさまざま。

 

大人数でスタジオを使う場合や、屋外で使用したいときは、もちろん譜面台を自分で用意しなければいけません。そんなときは使い慣れた自分の譜面台があるとリラックスできますし、便利ですよね。こちらでは折りたたみ式の譜面台を選ぶポイントを紹介します。

どこへでも自由に!「折りたたみ式」の譜面台

折りたたみ式の譜面台、最大のメリットはどこにでも持ち運びができること!据え置き型も安定してとても使い勝手が良いですが、そのぶん部屋を移動させるだけでも大変なのは確かです。

 

そんな時にお勧めしたいのが折りたたみ式の譜面台です!屋外での演奏やどこかスタジオを借りての演奏、発表会と活躍の場は多いはずです。

 

さらに折りたたみ式の譜面台は持ち運びに便利なだけでなく、つかわない時にはコンパクトにしまっておけるのもポイント。屋外で演奏したり、自分の譜面台を持って移動したい方はこのタイプがおすすめです。

「高さ調節」はどこまでできる?

据え置き型の譜面台ももちろんですが、折りたたみ式でチェックしてもらいたいのは譜面台の高さ調節の範囲です。

 

立って演奏したい方は事前にしっかりと自分の好みの高さを確認してみてください。特に背の高い人は、せっかく譜面台を買ったのに高さが合わずに見にくい、となってしまっては困ります。演奏する人の身長にあった譜面台を使いましょう。

気になる重さもチェックのポイント

そして持ち運べることを前提としている折りたたみ式の譜面台では、その重さも重要です。演奏する時は楽器はもちろん、お手入れ用の小物などなにかと荷物も多くなります。そんなとき譜面台の重さが少し違うだけでも、かなり負担が減るはずです。

 

もちろん軽量のものはその分、安定が悪くなりやすいなどのデメリットもあります。しかし三脚部分の開き具合でしっかりと固定され、ふらつきにくくなるので、そこもチェックすることをおすすめします。

 

楽器によっても持ち運ぶものはかわってきますので、高さや重さ、ご自分にあった譜面台を選びましょう。

「譜面を置く部分」も折たためるか?

また折りたたみ式で見てほしいのは、譜面台の譜面を置く台の部分が折りたためるのかどうか。やはりメリットは折りたたみ式譜面台のメリットはコンパクトになってくれるところです。

 

屋外などに譜面台を持って移動したい場合、足の部分だけでなく、譜面を置く部分も折りたたんで一緒にまとめられるものはより運びやすくなります。お家で使わない時にも、コンパクトになってくれると小さなスペースでも収納でき、普段の生活の邪魔にもなりません。

 

ただし、据え置き型の譜面台でも紹介したように、よく書き込みをする方は譜面を置く部分が折りたたまないタイプのものもあります!ご自分の使い方で選ぶようにしましょう。

コンパクトで便利!卓上型の譜面台

お手軽な卓上の譜面台は楽器の演奏時だけでなく、ブックスタンドやタブレット置きとして兼用で使用している人も多いです。音楽に触れている時間以外にも、お家時間を充実させてくれるます。

 

卓上譜面台は他の譜面台の種類よりもコスパが良いので、本格的な譜面台はちょっと…、と思っている方にも挑戦しやすいかもしれません。

「省スペース」でお家時間も充実

卓上の譜面台の一番のメリットはその手軽さでです。お家の中でどこへでも片手で簡単に移動できます。

 

リビングで楽器を練習したい時、自分の部屋で練習したい時、卓上はコンパクトなものが多いので好きな場所に譜面台を持っていくことが出来ます。練習はスタジオでなく、お家派な方におすすめです。

 

また和の楽器をしている方は演奏会などで正座して演奏することも。慣れるためにも床に直接おける卓上譜面台は良い相棒になってくれるはずです。

「滑り止め」があるもの

卓上の譜面台はテーブルに置くことが多いでしょう。その際に気をつけてほしいのは、足や底の部分に滑り止めがあるかどうか。譜面台の安定感が増してくれる以上に、テーブルを傷つけないというメリットがあります。

 

意外と手が当たった拍子に譜面台にあたり、テーブルに小さな傷をつくってしまったということは起こりやすいものです。特に分厚い教本やタブレットで電子楽譜を使っている方は重みのせいで下に傷が付きやすいので注意したいところです。

 

楽器の練習中に、せっかくのインテリアに傷をつくってしまったとならないように、卓上の譜面台には下に滑り止めがついてるものがおすすめです。

据え置き譜面台の人気おすすめランキング4選

アンティーク調の木製譜面台

クラシカルなデザインの木製譜面台。インテリアに合わせて重厚な雰囲気の木製譜面台も人気があります。このデザイン性に憧れを持つ方も多いのではないでしょうか?

 

譜面を置く部分には穴がないため、書き込みなどしたい方にもおすすめです。また角度も調節できるよう、スライダー調節機能があります。

 

譜面を置く部分は325X515mmです。

高さ 815mm〜1,145mm 重さ 3.5kg

口コミを紹介

デザインが良く、部屋に置いていても絵になります。構造もしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

多機能!卓上にもなる譜面台

用途が広がる多機能な譜面台です。高さも充分だせるので、座っての演奏も、立っての演奏も、どちらにも対応できます。また安定感のある三脚には滑り止めも付いているので、屋内での使用で床を傷つけたりしにくいつくりになっています。

 

そして最大の特徴が付属のホルダを使うことで、卓上の譜面台としても使える点です!卓上になることで、使えるシーンがぐっと増します。譜面だけでなく、タブレットをおいてコンサート鑑賞なども良いかもしれません。

 

譜面を置く部分は最大180度まで角度を調節できます。また、ページストッパーも付いているので、練習中にページがめくれてしまうのも防ぐことができます。

 

譜面を置く部分は42cm x 31cmです。

 

高さ 80~145cm 重さ

口コミを紹介

三脚から外し、テーブルなどの上でも使える、付属パーツを使うと、思う以上に行動範囲が広がり、いつでもどこでも練習ができるので、最高にストレスフリーです♪
持ち運び用の付属の袋は、商品以外にも、小物が入るスペースがあるので、イロイロ入れて移動ができて良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

エレガントな木製譜面台

インテリアに馴染むアンティーク調の木製譜面台です。譜面は軽いものもありますが、分厚いものも少なくありません。当然重みも増しますが、しっかりと脚の部分がゆらつきのないことが据え置きタイプのメリットです。

 

こちらの脚はデザイン性がありながらも、コンパクトで安定感のあるものになっています。

 

譜面を置く部分は30×46cmです。

高さ 71.5cm~122.5cm 重さ 重量:2.86kg

口コミを紹介

長い間欲しかった木製の譜面立てを買いました。
組み立てるのがたいへんと評価にあったので夫にお願いしましたが、難なく組み立てられたようです。
鉛筆など置く場所も広く高さの調節もでき、優しい木のぬくもりがあり、一生モノです。

出典:https://www.amazon.co.jp

安定感が抜群!本格派におすすめ

こちらの譜面台はオーケストラ奏者のために開発された譜面台。そのためプロが使いやすいように譜面を置く下に小物をおけるようになっています。譜面に書き込む筆記用具やオイル、バイオリンなどの弓矢や吹奏楽のリードを置くことができることもポイントです。

 

高さの調節には独自の「マジック・フィンガー・クラッチ」を採用。止めた位置でロックがかかり、片手でも調節できます。安定性が高く、分厚いスコアを置いても高さに関わらず不安定になることはありません。

 

プロ仕様のしっかりした譜面台を探しているかたにおすすめです。

 

 

高さ 77~134cm 重さ 重量:2.6kg

口コミを紹介

ヴァイオリンを家で練習するために購入しました。立って練習できる高さになりますし、下の棚に鉛筆や消しゴムが収納できます。弓も一時的に置けます。また、譜面を置く部分に穴がないので、楽譜にそのまま書き込めます。
横幅もそこそこあるので、チューナーも譜面に並べて置けます。安定感もあるし、練習にストレスがなくなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

据え置きタイプのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6377990の画像

    Manhasset

  • 2
    アイテムID:6378000の画像

    K&M

  • 3
    アイテムID:6374722の画像

    CAHAYA

  • 4
    アイテムID:6378013の画像

    キクタニ

  • 商品名
  • マンハセット 譜面台 M50 オーケストラモデル
  • K&M 高級木製譜面台
  • 譜面台 卓上 折りたたみ 楽譜スタンド
  • キクタニ 譜面台 木製 高さ調整815~1,145mm FS-G ブラウン
  • 特徴
  • 安定感が抜群!本格派におすすめ
  • エレガントな木製譜面台
  • 多機能!卓上にもなる譜面台
  • アンティーク調の木製譜面台
  • 価格
  • 12121円(税込)
  • 23902円(税込)
  • 2540円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 高さ
  • 77~134cm
  • 71.5cm~122.5cm
  • 80~145cm
  • 815mm〜1,145mm
  • 重さ
  • 重量:2.6kg
  • 重量:2.86kg
  • 3.5kg

折りたたみ式譜面台の人気おすすめランキング3選

コスパ最強の折りたたみ式譜面台

三脚部分がしっかり広がって安定感のある折りたたみ式の譜面台。そしてコスパも良いこちらの譜面台ですが、ページストッパーもついているので、屋外の風のある場所での演奏にも安心です。

 

三脚の足には滑り止めのゴム使用になっており、屋内で使う場合も床を傷つけるといった心配がありません。また高さも60cm〜140cmと調節の幅も広いので、座っての演奏はもちろん立っての演奏にも対応できます。

 

譜面を置く部分のサイズは25cmx47cm。

収納時の折りたたまれた状態で約50cm。

高さ 60cm〜140cm 重さ 0.85kg

口コミを紹介

値段のわりにしっかりした作りで安心してつかえる。見た目もマットな感じで安っぽくない。使いやすい商品だった。

出典:https://www.amazon.co.jp

老舗ブランドのスチール製 折りたたみ譜面台

創設から120年以上、世界で長く愛されるウィットナー社のスチール製折りたたみ式譜面台です。スチール製なので耐久性が高く頑丈なつくりになっています。また、下の三脚部分もしっかり広がってくれるので、安定感もあります。

 

メーカーからは20年以上使える、との声もある自信の譜面台です。譜面を置く部分は調節することができ、450mmから1050mmまでとかなり広く使うことが可能!譜面台を広く使うため伸ばして使用する棒は、折りたたむことで譜面を押さえることもできます。

 

収納の折りたたみ時サイズ 約36cm×8cm×6cm(突起部含む)

高さ 約41cm~124cm 重さ 約1.0kg

口コミを紹介

Wittnerの譜面台が一番です。
少し重いですが、ガッチリしています。
強力磁石やクリップで譜面を押さえることができるので、
留め具がなくても大丈夫です。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量!アルミ製の折りたたみ式譜面台

こちらヤマハの折りたたみ式譜面台ですが、おすすめはやはり軽量なこと!もちろん楽器にもよりますが、譜面台を持ち歩くという時、ほとんどの方が自分の楽器も一緒に持っているのではないでしょうか?そんな時に軽量な譜面台は強い味方です。

 

もちろん屋外での仕様もできるので、ページストッパー付き。さらにプッシュ式角度調節方式採用でワンプッシュの角度調節もできるようになっています。

 

譜面を置く部分のサイズ 450×215/mm

収納時の折りたたまれた状態で450×215/mm

高さ 1,385mm 重さ 600g

口コミを紹介

娘が吹奏楽部で使用しています。
申し分のないアイテムのようで
安定性、軽さ、使いやすさ全て満足。

出典:https://www.amazon.co.jp

折りたたみ式譜面台のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6378032の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 2
    アイテムID:6378051の画像

    ウィットナー

  • 3
    アイテムID:6378044の画像

    COCOSUN

  • 商品名
  • YAMAHA MS303ALS ケース付属
  • ウィットナー 譜面台 961D
  • 楽譜スペクトルスタンド キャリングバッグ付き
  • 特徴
  • 軽量!アルミ製の折りたたみ式譜面台
  • 老舗ブランドのスチール製 折りたたみ譜面台
  • コスパ最強の折りたたみ式譜面台
  • 価格
  • 5200円(税込)
  • 3555円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 高さ
  • 1,385mm
  • 約41cm~124cm
  • 60cm〜140cm
  • 重さ
  • 600g
  • 約1.0kg
  • 0.85kg

卓上譜面台の人気おすすめランキング3選

角度も調節可能!譜面台にぴったりなブックスタンド

多機能なブックスタンド。雑誌や本だけでなく譜面台としてもお使いいただけるこちらの商品。譜面を置く台の部分は7段階に調節でき、好きな角度にすることが出来ます。

 

また、譜面を押さえてくれるページストッパーもしっかり付いています。ページストッパーには紙を傷つけないように先端にラバーを使用。土台は高い耐久性のABSエコプラスチックになっています。裏面には4つの滑り止めシートが付いて家具を傷つけてしまう心配もなし!

 

こちらは譜面台やブックスタンドの他にもタブレットやスマートフォンのスタンドにもなります。

 

折り畳み時 28.5×23×2cm

 

 

高さ 重さ

口コミを紹介

テーブルに置いて使えるし、
寝るとき枕元に置いて本も読めるし、
とても便利ですー
ありがとうございました

出典:https://www.amazon.co.jp

カフェ風のお部屋に

お部屋がぐっとオシャレになる譜面台。

インテリアに合わせて質感にぬくもりのある譜面台を探している方も多いのでは?

そんな方にピッタリな木製風の卓上譜面台です。

 

竹製になっており、6段階に角度調整が可能。お好みの角度にして演奏することが出来ます。オシャレなデザインなので、お部屋に出したままでも雰囲気を壊すことはありませんが、折りたたむとコンパクトになり、収納もしやすくなっています。

 

こちらはブックスタンドとしても使うことができ、レシピ本やタブレット等を置くことも!

ページストッパーも付いています。

大きさは縦: 23.5cm 幅: 34cmになります。

高さ 23.5cm 重さ

口コミを紹介

とてもいい商品です!
太い本を挟んでも倒れずキチンと立ってくれます!とてもオススメです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

KC(ケーシー)

KC キョーリツ 卓上譜面台 軽量スチール製 折りたたみ式 MS-140/BK ブラック (ソフトケース付属)

コンパクトな卓上譜面台

こちらの卓上譜面台は全体を折りたたむことができるので、収納時にとてもコンパクトになってくれます。譜面台を持ち運ぶことが多い方や家の中にあまり収納スペースがない方にもおすすめです。

 

もちろんコンパクトなだけではありません。譜面台の角度も細かく自分好みに調節が可能。ページストッパーも付いているので譜面をしっかり押さえてくれます。

 

譜面を置く部分の幅もしっかり41cmあるので安定感もあります。

 

(底面):505mm

高さ 23cm 重さ 500g

口コミを紹介

普通の譜面台の足を変えただけのように思いますが、卓上で譜面を支えて角度が自由に変えられ、重さのある譜面本もしっかり使えました。
テーブル、ローテーブルでもサッと出して使えるので、ちょっと練習と思った時に使えるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上譜面台のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6383082の画像

    KC(ケーシー)

  • 2
    アイテムID:6378309の画像

    Reodoeer

  • 3
    アイテムID:6378317の画像

    Fornaer

  • 商品名
  • KC キョーリツ 卓上譜面台 軽量スチール製 折りたたみ式 MS-140/BK ブラック (ソフトケース付属)
  • Reodoeer ブックスタンド 筆記台 書見台 本立て 6段階調整 竹製
  • Fornaer 書見台 折畳み
  • 特徴
  • コンパクトな卓上譜面台
  • カフェ風のお部屋に
  • 角度も調節可能!譜面台にぴったりなブックスタンド
  • 価格
  • 1073円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 高さ
  • 23cm
  • 23.5cm
  • 重さ
  • 500g

音楽を楽しむ毎日を

演奏に欠かすことのできなない譜面台。それとともに人それぞれ演奏する楽器は違います。バイオリンやチェロ、フルートなどを代表とするクラシックから、ギターまで。

 

初心者の方から、ベテランの方まで素晴らしい音楽の世界を楽しんでいただければと思います。

 

まとめ

今回はおすすめの譜面台を紹介しました。譜面台は使われるシーンで、据え置き型、折りたたみ式、卓上型と、適したものが変わってきます。合ったものを使うことで、演奏も充実したものになるはずです!

 

人によっては使え分けたほうが合っている、という方もいると思います。ぜひご自分の使い方を考えながら選んでみてくださいね。

 

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

革製ペンケースの人気おすすめランキング20選【メンズ向けからレディース向けまで!】

革製ペンケースの人気おすすめランキング20選【メンズ向けからレディース向けまで!】

文房具・文具
【インテリアコーディネーター秡川さん監修】2021年最新版!パソコンデスクの人気おすすめランキング17選

【インテリアコーディネーター秡川さん監修】2021年最新版!パソコンデスクの人気おすすめランキング17選

家具
お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

お部屋スッキリ!置き型消臭剤の人気おすすめランキング20選

日用品
ギタースタンドの人気おすすめランキング10選【ラッカー対応も紹介!】

ギタースタンドの人気おすすめランキング10選【ラッカー対応も紹介!】

楽器
55インチ対応のテレビ台の人気おすすめランキング15選【コーナータイプからハイタイプまで】

55インチ対応のテレビ台の人気おすすめランキング15選【コーナータイプからハイタイプまで】

家具
【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選

【現役ピアノ講師監修】電子ピアノの人気おすすめランキング15選

楽器