飯盒のおすすめ人気ランキング15選【キャンプに!焦げ付かないものも】

キャンプなどのアウトドアでおいしいご飯を食べるなら、飯盒が欠かせません。日本製や小型などさまざまな種類が販売されているので、どれがいいのか迷っている方のために、最強のおすすめ飯盒をランキング形式でご紹介します。飯盒選びのポイントもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

時間がかからない飯盒炊さんは家でもおすすめ!最強の飯盒とは?

キャンプなどのアウトドアでお米を炊くときに便利な飯盒ですが、電気炊飯器と比べて火加減の調整などが難しい反面、美味しく炊けたときの喜びはひとしおです。しかし、「アウトドアの趣味がないから自分には無縁だ」と思っていませんか。

 

実は飯盒には調理器具としての機能も充実していて自宅のキッチンで使えるものも多数あり、飯盒炊さん以外にも調理時間短縮のためやフライパンの代わりになったり鍋として使えたりと用途はさまざまなので、持っていて損はないです。

 

そこで今回は、飯盒の選び方と最強のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは機能性・価格・満足度を基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

飯盒の選び方

飯盒にはさまざまな形や機能があります。持ち運びやすさや、炊飯以外の用途にも注目してみましょう。

形状の種類で選ぶ

飯盒には丸型飯盒・兵式飯盒・角型飯盒・タンブラータイプの4種類があります。用途に合わせて選びましょう。

雰囲気と利便性を重視するなら「兵式飯盒」がおすすめ

兵式飯盒とはその名の通り軍隊の装備品として使用されていたものです。誕生はヨーロッパですが、日本ではお米を炊けるように改良され現在の形となりました。昔ながらの雰囲気を味わいたい方におすすめします。

 

そら豆のような形状で、くびれ部分がリュックやベルトにフィットしやすく持ち運びやすいのがメリットです。また、炊くときに飯盒の数が多くても、キレイに並べれば省スペースで炊飯できます。登山などの本格的なアウトドアをする方におすすめです。

アウトドア初心者には「丸形飯盒」がおすすめ

丸形飯盒は鍋のような円柱形なので熱が均等に伝わりやすく、底面も円形なので焚火やガス火の上でもムラが出にくいのがメリットで、飯盒でご飯を炊いたことがない方や、アウトドア初心者の方におすすめです。

 

洗うときも、隅まで汚れを落としやすいのでおすすめです。ただし、兵式飯盒に比べて場所をとってしまうので、少ない荷物でキャンプをしたい方やソロキャンプする方にはあまりおすすめできません。なるべくコンパクトなものを選びましょう。

ソロキャンプには小型のものも多い「角型飯盒」がおすすめ

メスティンとも呼ばれる角型飯盒は、長方形のお弁当箱のような形をしてます。小型の商品も多く少量で炊けるので、ソロキャンプの方におすすめで、煮る・焼く・蒸す・揚げるなど炊飯以外の使い方もできるので非常に便利です。

 

熱伝導率も高く、どんな調理法でも均一に熱を伝えることができます。角があるために液体を入れても注ぎやすく便利で、小物入れとしても使え、デザインもおしゃれなのでアウトドアを始めたばかりの方でも持ち歩きやすいです。

汁物には深みのある「タンブラータイプ」がおすすめ

スープや煮物などを作りたいなら深みのあるタンブラータイプがおすすめで、炊飯はもちろん、ケトルとしても利用でき、大自然の中での食後のコーヒーにもってこいのアイテムです。取っ手を折りたためばコンパクトに収納できます。

 

両サイドにストッパーが付いているので中身が溢れる心配もありません。また、空のときは小物入れにもなり、突然必要になったアイテムを素早く取り出せます。自宅では調味料やコーヒー豆入れにもおすすめです。

初心者には軽くて熱伝導率が高い「ステンレス・アルミ素材」のものを

飯盒の素材には主にアルミ・ステンレス・チタン・鉄の4種類があります。この中では軽くて熱伝導率が高いアルミと耐久性のあるステンレスがおすすめで、軽さを重視するならチタンもおすすめですが、熱伝導率が低いのがデメリットです。

 

熱伝導率の高さでいうと鉄が一番ですが、重いので持ち運びが不便で、チタンは耐久性に優れていますが、値段が高く珍しいのがデメリットです。迷ったらアルミ製かステンレスのものを選ぶのが無難でしょう。

何合炊きか容量で選ぶ

ご飯の場合は一合でお茶碗2杯分、丼1杯分を目安と考えます。何合炊きか確認し、大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。

1~3人分なら「2合前後」がおすすめ

ソロキャンパーや少人数でのアウトドアをする方には二合炊き前後の飯盒がおすすめで、一食で食べきることができるサイズなので食材が余らず片付けが簡単です。飯盒が小さければ燃料も少なくて済むので荷物もコンパクトにまとめることができます。

4人以上のグループやファミリーには「4合前後」がおすすめ

大人数でのアウトドアやご飯をたくさん炊きたい方には4合炊き前後の飯盒がおすすめで、水が1.5L入るのでインスタントラーメンやスープを作りたい方にもおすすめです。少量で炊くこともできるので持っていて損はないでしょう。

 

容量が大きく大きいので荷物が嵩張りそうですが、ほかの小物を空の飯盒に入れてしまえば意外とコンパクトにまとめることができます。飯盒に入るサイズの食器類を揃えるのがコツです。

機能性で選ぶ

ただお米を炊くだけじゃない使いやすさや、万能調理機としての機能が備わった商品にも注目です。

吊るさず直火で調理する場合は「取っ手が固定できる」タイプがおすすめ

飯盒を吊るさずに使用するという方は、取っ手を上向きにしたまま固定できる商品がおすすめで、加熱中に取っ手が下向きになってしまうととても熱くなるため、持ち上げる際に危険です。上で固定できれば安全に扱うことができます。

 

しかし最近では持ち手の固定が仕様という商品が減っているため、見つけるのが難しくなっています。実際に店舗で触って選ぶのが理想ですが、通販で購入する場合は、口コミの写真を参考にして買うのがおすすめです。

炊飯以外の調理には「蓋に取っ手が付いている」タイプがおすすめ

ご飯を炊くだけであれば炊きあがりまで蓋を触ることはないですが、そのほかの料理に関しては蓋を何度も開け閉めする場合があります。いちいち軍手やグローブをつけて蓋を扱うのは大変なので、あらかじめ取っ手がついているものを選ぶと安心です。

レシピを充実させるなら「蓋がフライパンになる」タイプがおすすめ

アウトドアではいつもよりお腹がペコペコになるので、ご飯だけでなくおかずもたくさん欲しくなりますよね。レシピを充実させるなら蓋がフライパン代わりになるタイプの飯盒がおすすめです。フライパンなら炒め物やフライを作ることもできます。

 

油料理でも取っ手があるので洗浄もラクラクです。また、蓋にストッパー取っ手が付いているものであれば移動中に蓋が外れてしまう心配もありません。飯盒をリュックにぶら下げて登山をするときにおすすめです。

大人数のキャンプや煮物には鍋型の「ライスクッカー」がおすすめ

大人数でのキャンプには鍋型のライスクッカー飯盒がおすすめです。ライスクッカー飯盒にはお米と水の計量が表示されているものもあり、人数分無駄のない調理ができます。鍋型なので煮物の調理にもおすすめです。

 

自宅用としても使用できるのもポイントで、炊飯器が壊れてしまったときにライスクッカー飯盒があれば、艶やかなご飯がいつでも準備できます。耐久性も抜群で素材も炊飯器と匹敵するほど優れたものもあり、美味しさに引けを取りません。

ご飯を美味しく炊くなら「焦げ付かない加工」がされているものを

せっかくの料理も底に焦げ付いてしまったらもったいないです。テフロン加工や鋳鉄製ならくっつきや焦げ付きを防止できます。アルミ製の飯盒でもアルマイト加工になっているものは焦げ付かないのでおすすめです。

 

洗浄も素早くできるので、水使用が制限されたアウトドアには便利な素材となります。なお、飯盒の品質を維持するためにはステンレス製のヘラなどを使用しないことも大切です。ナイロンや木製、シリコンで長持ちさせましょう。

まろやかに仕上げるなら「重層飯盒」がおすすめ

野外でも炊飯器で炊いたようなふっくらまろやかなご飯を食べたいなら重層飯盒がおすすめです。熱を保持しながらムラなく炊くことができ、耐久性にも優れているので頻繁に移動できます。

肉料理や煮込み料理には「圧力鍋機能」のあるものがおすすめ

鉄製のものや中蓋がついているものには圧力鍋として使える商品もあり、内部を高温で維持できるので硬いお肉や芯のある野菜なども短時間で柔らかく調理できます。また、煮込み料理は身体を温めてくれるので標高の高い登山には特におすすめです。

メーカーで選ぶ

飯盒はさまざまなアウトドアメーカーから発売されていますが、それぞれに特徴があります。求めるポイントに合ったものを選べるよう、ぜひチェックしてください。

豊富な種類から選びたいなら「キャプテンスタッグ」がおすすめ

アウトドア用品を広く手掛けるキャプテンスタッグの飯盒は、その豊富なバリエーションが特徴。形はもちろん大きさも一人キャンプ向けのものからファミリー向けのものまで取り揃え、価格もリーズナブルで初めての飯盒にもおすすめです。

伝統的なデザインと機能性なら「ロゴス」がおすすめ

これぞ飯盒という伝統的なデザインを求めるならロゴスがおすすめです。なお、見た目は本格派ですが、軽量かつ丈夫なアルミ製・持ちやすいハンドル搭載など機能面も優秀で使いやすい飯盒が揃っています。

質を重視するなら「日本製」がおすすめ

近年では中国製の飯盒の生産が増えてきました。日本製に比べて価格は安いのですが、機能や性能の部分ではかなり劣ります。日本製の飯盒なら材質、塗装もしっかりしており安心して使えます。長く使いたいなら日本製がおすすめです。

おしゃれキャンパーを目指すなら「デザイン性」にも注目

飯盒というと無機質なグレーなどのイメージがありますが、最近では赤や黄色などのカラーが付いたものやデザイン性の高いものが増えています。キャンプを始めたばかりの方や個性を出したい方におすすめです。

 

ただ、直火で使用することが多いアウトドアではどうしても塗装が剝げやすいというデメリットがあります。色味をキープするためには火加減に注意して柔らかいスポンジなどで洗うようにしましょう。

兵式飯盒の人気おすすめランキング5選

ソロキャンプでも美味しく炊ける!何時間も保温ができる

人間工学に基づいた人に優しいハンドルの飯盒で、滑り止め付きで、握り心地がよくて持ち運びしやすくなっています。真空の状態で何時間も保温ができるので、ソロキャンプに最高な弁当箱です。

容量 4合炊き 重量 0.6kg
サイズ 17×10cm 素材 アルミ

口コミを紹介

キャンプでこの飯盒一個あれば中蓋で炊飯、本体でスープやカレー、上蓋で炒め物等、
料理のバリエーションが増えます。
近頃価格が高騰しているアルミ箱より全然使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

種類豊富なロゴスからフタにも取っ手がついている兵式飯盒

種類豊富なロゴスの兵式飯盒です。引っかけて使ったり蓋を鍋や食器として使ったり用途もいろいろに使えます。容量は2.2Lと大きめなので、スープや鍋なら2~3人前準備することが可能で、小物入れとしても重宝する多用途です。

容量 2200ml・4合炊き 重量 365g
サイズ 20.5×13×15cm 素材 アルミ

口コミを紹介

フタに取っ手が付いていて、フライパンとして料理しやすい
皿としても使いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

パッキングがしやすい!ステンレス製で取っ手が使いやすい飯盒

GIタイプのシンプルな飯盒です。ほかのアウトドア用品とも合わせやすく、バタフライタイプの取っ手が特徴的です。取っ手上部が火に触れないため持ちやすく、収納時も取っ手が動かないのでパッキングしやすい作りになっています。

 

フタにも取っ手がついているので、飯盒に慣れていない方でも扱いやすい商品となっています。ステンレス製で耐久性も高く、アウトドアのあらゆるシーンで活躍する一品です。

容量 重量
サイズ 素材 ステンレス

口コミを紹介

シンプルな形状に十分な強度を持っており、道具としてのポテンシャルは高く、使用頻度も高くなると思います。車中泊はもちろん、散策の備品にも加えるつもりです。

出典:https://www.amazon.co.jp

自衛隊が使う2型に似ていておすすめ!日本製で熱伝導率が良い

「LOGOS(ロゴス)」は「ENJOY OUTING」を合い言葉にアウトドアスタイルを提案している日本製アウトドアメーカーです。この兵式飯盒は自衛隊が使う2型に似ていて四合のお米を炊くことができ、お鍋としても使えます。

 

アルミで作られているため熱伝導率がよく調理がしやすく、たき火などの安定しない熱源で調理をするときも、美味しくご飯を炊くことができます。また、収納がしやすく場所をとらないところもアウトドアに最適です。

容量 2200ml・4合炊き 重量 315g
サイズ 20.5×11.5×14cm 素材 アルミ

口コミを紹介

軽くて、アルミ材料も品質良く精度もしっかりと作られていてとても良い品でした。
食料を直接入れる調理器具であるため混じりけのある鉄や、アルミを採用し品質の悪い中国製の安物を選ばずに日本製の品を選んで良かった。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルデザインで手軽においしく炊ける初心者向け飯盒

安くてご飯の炊きあがりも良い兵式の飯盒です。飯盒らしいシンプルなデザインと色味が印象的です。本体に無駄な装飾がないので、洗いやすくなっています。1人前からでも炊きやすい四合炊きサイズです。

 

中ブタはお米2合分の容量なので、計量カップを使わずに簡単に計量することができます。また、高さは135mmと浅めなので、4合炊きの飯盒の中ではスペースを取らず持ち運びしやすいです。

容量 4合炊き 重量 340g
サイズ 18×11×13.5cm 素材 アルミ

口コミを紹介

ステンレスのクッカーに比べてアルミの鍋は驚くほど簡単に美味しくご飯が炊けます。
あまりに簡単に美味しく炊けるので、クッカーもアルミに変えました。

出典:https://www.amazon.co.jp

兵式飯盒のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 重量 サイズ 素材
1
アイテムID:10160864の画像
林間兵式ハンゴー 4合炊きM-5545

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルデザインで手軽においしく炊ける初心者向け飯盒

4合炊き 340g 18×11×13.5cm アルミ
2
アイテムID:10160861の画像
兵式ハンゴウ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

自衛隊が使う2型に似ていておすすめ!日本製で熱伝導率が良い

2200ml・4合炊き 315g 20.5×11.5×14cm アルミ
3
アイテムID:10160858の画像
ハンゴウ G.I. Type

楽天

詳細を見る

パッキングがしやすい!ステンレス製で取っ手が使いやすい飯盒

ステンレス
4
アイテムID:10160855の画像
ハンドル付ハンゴウ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

種類豊富なロゴスからフタにも取っ手がついている兵式飯盒

2200ml・4合炊き 365g 20.5×13×15cm アルミ
5
アイテムID:10160852の画像
ハンドル付ハンゴウ

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソロキャンプでも美味しく炊ける!何時間も保温ができる

4合炊き 0.6kg 17×10cm アルミ

丸型飯盒の人気おすすめランキング5選

何合炊くかがわかりやすい!アルミ素材で優れた熱伝導

内ブタは、米2合を量ることができ、本体に2合、4合用の水位表示が付けられているので、何合炊くかがわかりやすいです。フタはフライパンとしても使えます。ハンドル付きでトライポッドやツールスタンドに掛けるのに便利です。 

容量 1900ml・4合炊き 重量 320g
サイズ 外径155x高さ140mm/内径140x125mm 素材 アルミ

口コミを紹介

使用前に米のとぎ汁でシーズニングしました。焦げつきもなく、美味しい米が炊けました。シングルバーナーで炊いたのですが、中火で試したけど問題なく炊き上がります。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

厨房用品メーカーの使いやすい飯盒で煮物も

アルミニウムにメラミン塗装が施された、5合炊きの丸型飯盒で、ボディには、2.5合と5合の目盛が付けられているので便利です。炊飯にはもちろん、煮物鍋として使うこともできます。大容量の丸型なので材料が入れやすく、取り出しもスムーズです。

容量 5合炊き 重量
サイズ 素材 アルミ

口コミを紹介

自分は大体4合を炊きます 強火にかけ15分 裏にして蒸らし10分 よく言われてる火加減、音、蒸気とか細かく気にしなくても時間さえ守れば これで美味しいご飯が炊けて 友人にも流石と言われる。

出典:https://www.amazon.co.jp

たっぷり炊ける炊飯以外の調理にも重宝する飯盒

4合のお米を炊くことができ、飯盒内部が洗いやすく横幅をとらないコンパクトさが特徴です。ご飯を炊くのはもちろんのこと、円柱形なのでカレーやシチューといった煮込み料理やスープを作ることもできます。

 

計量カップ要らずなのもポイントで、本体の中蓋のすり切りいっぱいで2合、外蓋のすり切りいっぱいで4合のお米が量れ、飯盒の側面に付いている2つの線に水位を合せるだけで2・4合を炊くのに適した水量を入れられます。

容量 4合炊き 重量 360g
サイズ 15.5×13.5cm 素材 アルミ

口コミを紹介

飯ごう炊飯は20年振りくらいでしたが、想像以上に美味しく炊き上がりびっくりしました。今では家族(特に嫁)が気に入り、何でもないときでもこの飯ごうで炊飯しています(笑)値段も安く、コスパ最高です!!

出典:https://www.amazon.co.jp

炊きやすくて大容量!焦げ付かないロゴスの丸型飯盒

ロゴスの丸飯盒は、最大で五合のお米を炊くことができ、丸型なので洗いやすく、清潔に保つことができるうえ、火の回りがよいため安定して炊くことができ、内側のアルマイト加工と外側のアクリル樹脂加工で焦げ付かないで焚き上げられます。

 

付属の中蓋はすり切りいっぱいで2.5合のお米が計れ、飯盒本体には2.5合と5合に必要な水位に印があるので、その目盛りに合せることで適した水量が入れられます。初心者でも使いやすい一品です。

容量 2670ml・5合炊き 重量 380g
サイズ 18×15.5×15.7cm 素材 アルミ

口コミを紹介

39年ぶりに2回の飯炊きをしましたが、焦げの音がちゃんと出るので失敗せずに炊き上げ出来ました。内側をアルマイト加工しているので少しの焦げが出ても、柔らかスポンジで無傷で綺麗に落とせます。

出典:https://www.amazon.co.jp

開口部が広い!ハンドル付きの食器セット

アルミ製浅型クッカーのセットで、煮込み料理などにも活躍します。また、食器としても使用でき、洗いやすいのも特徴です。開口部が広いので具や調味料が入れやすく、かき混ぜたり、煮込んだりといった調理作業もスムーズにできます。

容量 クッカーL/1,000ml、クッカーS/700ml、フタL/500ml、フタS/350ml 重量 485g
サイズ クッカーL/φ148×75mm、クッカーS/φ128×69mm、フタL/φ157×33mm、フタS/φ132×30mm 素材 アルミ

口コミを紹介

アルミ製クッカーの特性さえ分かっていれば、ここまでコスパが良く頑丈で便利なクッカーはそうそう無いと思います。サイズは1人から2人で丁度いい。ご飯を炊きながら汁物を作るなど、例えるなら男女ペアでご飯とカレーを丁度いい量作れます。

出典:https://www.amazon.co.jp

丸型飯盒のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 重量 サイズ 素材
1
アイテムID:10160881の画像
アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

開口部が広い!ハンドル付きの食器セット

クッカーL/1,000ml、クッカーS/700ml、フタL/500ml、フタS/350ml 485g クッカーL/φ148×75mm、クッカーS/φ128×69mm、フタL/φ157×33mm、フタS/φ132×30mm アルミ
2
アイテムID:10160878の画像
丸型ハンゴウ5合 81234300

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

炊きやすくて大容量!焦げ付かないロゴスの丸型飯盒

2670ml・5合炊き 380g 18×15.5×15.7cm アルミ
3
アイテムID:10160875の画像
林間丸型ハンゴー 4合炊きM-5546

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

たっぷり炊ける炊飯以外の調理にも重宝する飯盒

4合炊き 360g 15.5×13.5cm アルミ
4
アイテムID:10160872の画像
飯盒 5合

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

厨房用品メーカーの使いやすい飯盒で煮物も

5合炊き アルミ
5
アイテムID:10160869の画像
ハンゴー丸型 4合炊き OFCAHG1

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

何合炊くかがわかりやすい!アルミ素材で優れた熱伝導

1900ml・4合炊き 320g 外径155x高さ140mm/内径140x125mm アルミ

角型飯盒の人気おすすめランキング5選

小型ガスバーナーでご飯がしっかり炊けるサイズ

熱伝導率の高いアルミ製飯盒で、食器やランチボックスにもなるので、お昼はお弁当、夜は調理器具として使うことも可能です。 コンパクトで軽く、安定したハンドル構造で取っ手は折りたたみができます。


オールアルマイト加工で焦げ付きにくく、コンパクトストーブや小型ガスバーナーで1合のご飯がしっかりと炊けます。本体内側にはお米と水の分量を量るのに便利なメモリ付きです。 

容量 1合炊き 重量 185g
サイズ 170×115×高さ65mm 素材 アルミ

口コミを紹介

。容量1Lは、ソロキャンプでは不足無しです。まるでお弁当箱のようですが、丸っこい形が好きですね。メスティン全般的に蓋の開け閉めの硬さ調整は、本体・蓋の長い方の縁を片方又は両方を手で押すか広げると良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ソロキャンパー向け!デザイン性にも定評のあるトランギア

モダンなデザインで人気のトランギアの角形飯盒です。この商品はデザインが素敵なのはもちろんですが、熱伝導率が高く、熱が全体に回り、アルコールバーナーでもごはんを美味しく炊けます。小物入れにも便利な取手付きで機能性も抜群です。 

容量 750ml 重量 160g
サイズ 16.5×9.0×6.5cm 素材 アルミ

口コミを紹介

最近は炊き込みご飯に凝ってます。この小さい容器でも、オムライスやサバ飯、ジャンバラヤなど一人分の炊き込みご飯おいしく作れますよ♪

出典:https://www.amazon.co.jp

バーナーや焚き火でも炊きやすい大容量クッカー

約3.5合まで炊けるラージサイズの角形飯盒です。使い方は飯盒と変わらず、ご飯もふっくら炊きあがります。バーナーでも焚き火でも炊飯が可能で、もしライスクッカーに対して火が小さい場合は、バーナーパッドをのせると安定し安全です。

 

また、角型だと食材を寝かせたり並べたりして調理できるので、ソーセージや魚の調理にも向いています。フライパンに近い使用感なので、アウトドア料理に慣れていない方も扱いやすいのでおすすめです。

容量 1350ml・3.5合炊き 重量 270g
サイズ 20.7×13.5×7cm 素材 アルミ

口コミを紹介

普通のメスティンを先に買って炊飯専用にしていました。ラージの存在を知りまた購入。キャンプ飯を作るのにとても使い勝手が良いです。バリ取り儀式は金たわしでゴシゴシで終わり。

出典:https://www.amazon.co.jp

いろいろな炊き方ができる!バリ取り済みの高品質メスティンセット

メスティン・バット網・ポケットストーブ・収納袋・箸・スプーン・ナイフ・フォークの8点がセットになっており、日本語の説明書も付いていて、いろいろな炊き方ができるので初心者におすすめのセットです。

 

メスティンの内側に目盛りが入っているので、計量カップがなくても簡単に測れ、縁は二重研磨され、バリ処理されていますお弁当箱や収納箱などとしても使え、お友達へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

容量 700ml・2合炊き 重量 620g
サイズ 165x95x70mm(メスティンのみのサイズ) 素材 アルミ

口コミを紹介

PrimeDayで割安で購入出来て、付属品も充実し本体の造りもバリ取りまでちゃんと処理されているので、コスパ最高ではと個人的に思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

お米もおかずメニューもこなせる最強の一品

食器やお弁当箱として使えることはもちろん、フライパンやお鍋の代わりとしていろいろな料理を作ることもできる便利な一品です。熱伝導率の高いアルミ製のため、熱が全体に回り、 アルコールバーナーでもごはんが大変美味しく炊けます

 

また、お米のアレンジ料理はもちろん、ラーメンやパスタなどの麺類も調理可能で、さらに、別売りのぴったり網をプラスすれば蒸し料理も燻製も可能で最強の逸品です。アウトドアメニューのレパートリーを増やしたい方におすすめします。

容量 850ml・2合炊き 重量 153g
サイズ 16×9.5×6cm 素材 アルミ

口コミを紹介

ご飯が100均の固形燃料で炊けると知って購入しました。2合用なので2合炊いてみましたが、本当に火を付けて放置してご飯が炊けました。

出典:https://www.amazon.co.jp

角型飯盒のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 重量 サイズ 素材
1
アイテムID:10160898の画像
メスティン MR-250

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

お米もおかずメニューもこなせる最強の一品

850ml・2合炊き 153g 16×9.5×6cm アルミ
2
アイテムID:10160895の画像
メスティン 8点セット

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

いろいろな炊き方ができる!バリ取り済みの高品質メスティンセット

700ml・2合炊き 620g 165x95x70mm(メスティンのみのサイズ) アルミ
3
アイテムID:10160892の画像
ラージメスティン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

バーナーや焚き火でも炊きやすい大容量クッカー

1350ml・3.5合炊き 270g 20.7×13.5×7cm アルミ
4
アイテムID:10160889の画像
メスティン(TR-210)

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ソロキャンパー向け!デザイン性にも定評のあるトランギア

750ml 160g 16.5×9.0×6.5cm アルミ
5
アイテムID:10160886の画像
アルミ角型クッカー 1合

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小型ガスバーナーでご飯がしっかり炊けるサイズ

1合炊き 185g 170×115×高さ65mm アルミ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

以下のリンクでは、おすすめのキャンプ用品やアウトドアグッズをご紹介しています。ぜひ、併せてチェックしてください。

元祖メスティン!陸上自衛隊が使う戦闘飯盒2型の使い方は?

飯盒はもともと軍隊が使っていたもの、というのは前述のとおりですが、日本の陸上自衛隊が実際に現場で使用しているのが戦闘飯盒2型というものです。旧式のものより小型の弁当箱サイズでメインの鍋と中蓋、フライパンになる外蓋が付いています。

 

実際の現場ではこの飯盒でご飯を炊くことはほとんどなく、主な使い方はお皿の代わりだったようです。実物は官支給品なので転売厳禁で出回っているものはレプリカですが、弁当箱や皿として十分に使えるのでリアリティを求める方にはおすすめします。

バリ取り?シーズニング?メスティンを使う前の下準備

メスティンを購入したら、まずバリ取りとシーズニングを行わなくてはなりません。バリ取りというのはヤスリがけのことで、出荷状態では淵が尖っており、怪我をする恐れがあるので、本体や蓋の淵を紙やすりで削ってなめらかにします。

 

次に、シーズニングというのはメスティンを焦げや錆から守るためのコーティング作業です。やり方は簡単で、沸騰させたお米のとぎ汁にメスティンを入れて20分煮立たせるだけで、アルミ製の飯盒はこれを行うことで被膜ができ、長く使用することができます。

着火剤に松ぼっくり?焚き火のコツ

焚き火での飯盒炊飯に挑戦したいけど火がうまくつかないという方に、焚き火を起こすコツをお教えします。まず、焚き火台の中に丸めた紙などを入れ、その上に小枝などを立てかけます。その上に太い薪を立てていきましょう。

 

次に、着火剤として乾いた松ぼっくりを用意します。トングなどで松ぼっくりを挟み、火をつけて焚き火台に入れ、火が消えそうになったら松ぼっくりをもう1つ入れてみましょう。下記の記事では焚き火台のおすすめ商品を紹介しているので参考にしてみてください。

飯盒飯の正しい炊き方

飯盒飯の正しい炊き方をご紹介します。ぜひ、正しい炊き方で美味しいご飯を作ってみてください。

お米を研ぐ

水場がない場所でお米を炊く場合は、お米は先に研いでおくようにしましょう。ただし、夏場の暑いときにお米に水分を含んだまま4〜6時間が経つと、発酵が進んでしまい食べられなくなってしまうので注意が必要です。

水の分量

ほとんどの飯盒には軽量メモリが付いており、メーカーによりますが、一般的に飯盒についた下の線がお米2合、上の線がお米4合分の水の目安量になっています。標高が高い場所でお米を炊くときは、メモリよりも多めの水で炊くようにしましょう。

火加減に気を付けて炊く

3合までの場合は中蓋をして圧力を高めることもできますが、4合以上の場合は中蓋をしてはいけません。ぐつぐつと吹きこぼれが始まり、吹きこぼれがなくなって蒸気だけが出るようになったら火を弱くしましょう。

 

火から飯盒を遠ざけて、プチプチ、パチパチという音が聞こえたらご飯が完成している合図です。火からおろし、約10分間蓋をしたまま蒸らすとムラなく美味しいご飯が炊きあがります。

飯盒のお手入れ方法

飯盒がまだ熱を持っている状態のときに新聞紙を使って飯盒の周りを水洗いすると、吹きこぼれやすすがきれいに取れ、まだ汚れが残っている場合は石鹸水を塗って火にかけると頑固な汚れも落ちやすくなります。

 

また、飯盒の内側が焦げ付いた場合は細かい砂を中に入れてたわしやスポンジでこすると汚れが取れます。アウトドアでは環境に有害な合成洗剤は使わず、必ず石鹸を使うようにしましょう。

まとめ

今回はおすすめの飯盒をランキング形式でご紹介しました。飯盒はキャンプだけでなく、自宅で使うこともできます。コンロがあれば料理ができるので防災グッズとしても重宝すること間違いなしなのでぜひこの機会に飯盒料理に挑戦してみてください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年07月07日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年版】ワンタッチテントのおすすめ人気ランキング20選【最強の簡易テントも】

【2022年版】ワンタッチテントのおすすめ人気ランキング20選【最強の簡易テントも】

テント
キャンプ用包丁のおすすめ人気ランキング15選【まな板セットやケース付きも!2022年最新】

キャンプ用包丁のおすすめ人気ランキング15選【まな板セットやケース付きも!2022年最新】

アウトドアグッズ
ドームテントのおすすめ人気ランキング20選【キャンプに!人気メーカーも紹介】

ドームテントのおすすめ人気ランキング20選【キャンプに!人気メーカーも紹介】

テント
シュラフの人気おすすめランキング15選【登山やキャンプにも!】

シュラフの人気おすすめランキング15選【登山やキャンプにも!】

寝袋・シュラフ
キャンプ用フライパンの人気おすすめランキング18選【鉄製やアルミ製・ソロキャンプにも】

キャンプ用フライパンの人気おすすめランキング18選【鉄製やアルミ製・ソロキャンプにも】

調理器具
キャンプ用ケトルのおすすめ人気ランキング15選【登山用のやかんにも】

キャンプ用ケトルのおすすめ人気ランキング15選【登山用のやかんにも】

アウトドアグッズ