【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】

JAMIS
ジーティー (GT)
カノーバー (CANOVER)
Amistad
フジ (FUJI)
キャノンデール (CANNONDALE)
ブリーザーバイクス (BREEZERBIKES)
メリダ (MERIDA)
トレック (TREK)
ジェイミス (JAMIS)
FELT
【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】

通勤から悪路や未舗装道路でも快適に走行できるグラベルロード。10万円以下のもの、5万円程のコスパ最強で安いもの、初心者向けのエントリーモデル、クロモリやジャイアントなどさまざま。今回はグラベルロードの後悔しない選び方や2023年おすすめ人気ランキングをご紹介。いらない?と疑問を持つ方も必見です。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

2023年版!通勤やツーリングにおすすめなグラベルロードは?

グラベルロードは、砂利道などの未舗装道路でも問題なく走行可能な自転車です。最近では、安定しているうえスピードが出るので通勤で使用する方も増えています。また、拡張性の高いグラベルロードなどあり、さまざまな場面で使用可能です。


グラベルロードは種類も多く、10万円以下のもの、5万円程度の安いもの、エントリーモデル、ジャイアント、クロモリ素材のものまでさまざまです。そんな魅力的なグラベルロードですが、グラベルロード自体「いらない」との声があるのも事実です。


そこで今回はグラベルロードの選び方やコスパ最強なおすすめ商品の2023年最新ランキングをご紹介します。ランキングは素材・乗り心地・価格を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。初心者でも後悔しないように選びましょう。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

1位

JAMIS

RENEGADE A1

すべてのバランスが取れた初心者向きモデル

RENEGADE A1は、積載性の高い軽さと剛性を備えたダブルバテッド成型アルミフレームを使用しています。ダボ穴も複数設置してあり、ロングツーリングにも最適です。タイヤの幅は広いため、安定感のある走行ができます。

コンポーネントやディスクブレーキなど各パーツの性能は実用性が高く、使い勝手がいいグラベルロードに仕上がっています。価格もお手頃なので、初めの1台におすすめしたいモデルです。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク アルミニウム
メインコンポーネント シマノ Claris
サイズ 44・48・51・54・56・58・61cm
重量 10.9kg
カラー Deep Purple・Ano Palladium
もっと見る

グラベルロードバイクとは

グラベルロードバイクとは、コンクリートや砂利道など場所を選ばずに走れるオールラウンドなバイクのことです。通勤からロングツーリングまで幅広く使用できます。ダボ穴が開いていれば好きにカスタムできるのも魅力です。

また、一般的な自転車よりも太いタイヤやディスクブレーキを装備しているのも特徴です。太いタイヤによって悪路や荷物を大量に積んでも安定感をもって走行ができ、雨の日などでもしっかりと減速ができます。

シクロクロスバイクとの違いは何?

シクロクロスバイクとグラベルロードバイクは、どちらもオフロードでも走行できるバイクですが、シクロクロスバイクは競技用に作られているバイクです。グラベルロードバイクは安定性重視の一方、シクロクロスバイクは、軽量かつ競技用規格を満たしているものとなります。

グラベルロードの魅力

グラベルロードの購入を考えている方必見です。ここではグラベルロードの魅力について解説するので、ぜひ参考にしてください。

【目次】

1: 細いタイヤから太めのタイヤまで履ける

グラベルロードは細いタイヤから太いタイヤまで履けるのが魅力です。タイヤ幅23Cの細いスリックタイヤから40〜50Cの太いブロックタイヤまで履けます。自分が走る道に合わせてタイヤをカスタムできるのが魅力です。

2: 急な坂も上りやすいギア比

急勾配の坂を登りやすいのもグラベルロードの魅力です。グラベルロードはギア比34〜42Tのワイドギアを搭載しているモデルが多く、急な坂でもペダルが軽く登りやすいのが特徴。坂道を走る機会が多い方におすすめです。

3: 荷物が取り付けやすい

荷物を取り付けやすいのもグラベルロードのメリットです。グラベルロードにはフォーク・トップチューブ・ダウンチューブなどにダボ穴がついているものが多いので、設置したい場所に荷物を取り付けられます。荷物が多いキャンプツーリングをする方におすすめです。

4: 舗装していない道路でもハンドリングしやすい

塗装していない道路でもハンドリングしやすいのもグラベルロードの魅力。グラベルロードはドロップハンドルを搭載しているので、ハンドリングしやすく凸凹の道でも走りやすいのがメリットです。

5: 長距離走行でも疲れにくい

グラベルロードはフレーム自体で振動吸収できるように設計されているモデルが多いので、長時間走行しても疲れにくいのがメリットです。グラベルロードで長時間走行する方にうってつけといえます。

グラベルロードの選び方

スピードを出したいなど使用目的で「タイヤの幅」をチェック

タイヤの幅によって、スピードの出し易さや安定感が違うため、使用目的や通るルートによって選びましょう。グラベルロードのタイヤ幅は、28c~47cまでの太さがあり、細いほどスピードが出やすく、太いほど安定感があります。

フレーム素材で選ぶ

フレームに使われている素材によって、乗り心地や耐久性などが変わってきます。また、予算なども踏まえてフレーム素材を選びましょう。

【目次】

コストを抑えたい方は「アルミ」がおすすめ

アルミはグラベルロードに使われている素材の中で、最も安く軽量でサビにくい特徴があります。また、サビにくいためメンテナンスの頻度も少なくていいのもメリットの1つです。唯一のデメリットは、数年で伸びてしまい剛性が減少します。

長く愛用したい方は「クロモリ」がおすすめ

クロモリはフレーム素材の中で、最も耐久性が高く比較的安価で振動吸収性が優れているなどの特徴を持っています。強度も十分にあるので、キャンプなど荷物を多く積んだ状態でのロングライドに最適で、デメリットは、重くサビやすい点です。

軽量さを求める方は「カーボン」がおすすめ

カーボンは、軽量で振動吸収性が優れている素材です。軽量なうえ振動吸収もしてくれるので、快適なツーリングを楽しめます。性能のいい素材ですが、価格が高く外部からの衝撃に弱いです。カーボンは走り心地を重視したい方におすすめします。

ブレーキの種類で選ぶ

グラベルロードを選ぶ際は、ブレーキの性能も確認しましょう。ここでは各ブレーキについて紹介します。

コスパ最強なものなら「機械式」がおすすめ

機械式のブレーキは、一般的な自転車にも採用されている種類でコスパ最強なブレーキです。アルミフレームなど、コストを抑えてあるエントリーモデルに装備してあります。メンテナンスには少し時間がかかりますが、コスト重視の方は機械式がおすすめです。

メンテナンスの回数を減らしたい方は「油圧式」がおすすめ

油圧式ブレーキはやや高価なブレーキですが、軽い力でコントロールできるのとメンテナンスをしなくていいメリットがあります。油圧式はほとんどのグラベルロードに採用されていますが、油圧式がいい方は念のため確認しましょう。

メンテナンスを頻繁にする方は「ホイール」の固定方法をチェック

ホイールの固定方法は工具無しでホイール交換ができるクイックリリース式と固定力が高いスルーアクスル式の2種類です。砂利道などの未舗装路を通る方は手入れが簡単なクイックリリース式、通勤でのしようがメインの方はスルーアクスル式をおすすめします。

性能の差が出る「コンポーネント」をチェック

自転車のコンポーネント(通称コンポ)とは、まとめて生産されているパーツを示しており、ブレーキやクランクなど駆動系や制動系の総称です。おすすめのコンポーネントはシマノ製のGRXで、通勤はもちろん山道にも対応できる性能を誇っており、人気があります。

キャリアなど取り付けたい方は「カスタム性」の高さをチェック

遠方のキャンプに行く方や長距離のツーリングをする方は、ボトルゲージやキャリアを取り付けられるようにカスタム性が高いグラベルロードがおすすめです。ネジを止める穴が多いほど取り付けられるので、荷物が多い方はネジを止める穴の数を確認しましょう。

初心者の方は5万以下の「安いエントリーモデル」を確認

クロスバイクやグラベルロードなど購入したことがない初心者の方は、5万以下の安いエントリーモデルがおすすめです。グラベルロードはパーツを分解したりなど、定期的なメンテナンスが欠かせません。また、メンテナンスを怠ってしまうと乗れなくなります。

そのため、メンテナンスに自信のない方や、難しい方、時間がなくメンテナンスがあまりできない方は、安価でメンテナンスがあまり必要ないアルミ製のグラベルロードがおすすめです。

メーカーで選ぶ

グラベルロードをなかなか決められない場合は、メーカーから選ぶのも1つの方法です。今回は、特に人気のある大手メーカーをご紹介します。

耐久性と乗り心地が抜群なら「GT(ジーティー)」がおすすめ

GTは1970年にアメリカのカルフォルニア州で設立されたメーカーです。フレームにはGT独自の溶接技術が使用されており、剛性と乗り心地が特に優れています。そのほかにもさまざまな工夫がされており、耐久力も優れ長い間快適に走行可能です。

以下の記事では、GTが販売するマウンテンバイクを紹介しています。気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

ヘルメットなども揃う!おしゃれなカラーなら「Bianchi(ビアンキ)」がおすすめ

ビアンキは、イタリアで1885年に設立された老舗メーカーです。主にレースバイクに力を入れています。ビアンキの特徴である空色のチェレステカラーはとても鮮やかです。人目を惹き印象に強く残り、ヘルメットなどを同色で揃えることもできます。


以下の記事でビアンキのロードバイクを紹介しています。気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

軽量なバイクが欲しい方は「Cannondale(キャノンデール)」がおすすめ

キャノンデールは、アメリカで1971年に設立された老舗自転車メーカーです。特に人気が高いのがアルミフレームのロードバイクで、カーボンと変わらない軽量さと剛性を持っています。

ロングライドをしたい方は「Trek(トレック)」がおすすめ

トレックは、アメリカで1975年に設立されたメーカーです。コンポーネントなどの性能はもちろん、拡張性が優れたグラベルロードを扱っており、乗り心地と使い勝手も抜群でより一層楽しく走行できます。

圧倒的な技術力を実感するなら「SCOTT(スコット)」がおすすめ

スコットは屈指の技術開発力を持つスイスのメーカーです。世界一検査基準が厳しいといわれるEFBeの検査を通った自転車のみを販売しており、安全性もお墨付き。1kg未満のフレームを世界初で開発するなど、今後も革新的な開発に注目です。

高コスパなメーカーなら「GIANT(ジャイアント)」がおすすめ

ジャイアントは1972年に創業した台湾のメーカーで、コスパのよさが売りです。世界一の生産台数を誇っているだけあり、日本の街中でもよく見かけるようになりました。リーズナブルに高品質なものを買いたい方におすすめです。

人気シリーズに乗りたいなら「FUJI(フジ)」がおすすめ

1899年に日本で創立されたブランドですが、現在はアメリカに本部があるブランドです。アメリカでのロードレース人気に際してアメリカに進出したことがきっかけとなりました。人気シリーズは「JARI」で、どんな走りも得意とされています。

豊富なバリエーションから選びたいなら「SPECIALIZED(スペシャライズド)」がおすすめ

スペシャライズドは、「Innovate or Die”(革新を、さもなくば死を)」をスローガンとするアメリカのバイクメーカー。グラベルロードの種類もカラーバリエーションも豊富で、こだわりが強い方でも自分の求めているバイクを見つけられそうなブランドです。

高品質なものを探しているなら「MARIN(マリン)」がおすすめ

マリンは、大量生産をせず、一台一台の性能を重視しているメーカーです。軽量で長く乗れるバイクを求めている方にぴったり。デザイン性にも優れており、通勤やフィットネスに使いたいと考えている方にもおすすめです。

グラベルロードの人気おすすめランキング12選

1位

カノーバー(CANOVER)

Amazonベストセラー 3位  スポーツ&アウトドア ロードバイク部門

(2024/05/09調べ)

CAR-014-DC NERO

後悔しない!21段変速が可能な5万円以下の安いコスパ最強商品

CAR-014-DC NEROは、アルミニウム製のコスパに優れたグラベルロードです。ギアは21段変速できるシマノ7 スピードリアディレーラーを採用しており、快適に変速ができます。ブレーキ性能は優れており、急な停車も可能です。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク アルミニウム
メインコンポーネント Shimano
サイズ -
重量 12.5kg
カラー ホワイト
もっと見る
2位

Amistad

RB77

10万以下で手に入るリーズナブルなグラベルロード

RB77は、通勤にも最適で基本性能を抑えてあるグラベルロードです。太めのタイヤを採用しており、どんな道でも安定感をもって走行できます。変速ギアは7段階の変更が可能です。

 

フレーム素材は、軽量なスチールを採用することでお手頃な価格を実現しています。クランクやリムにはアルミニウムが使用してあり、メンテナンスもあまりいらないと言えるほど頻繁にしなくても大丈夫です。

基本情報
フレーム スチール
フォーク アルミニウム
メインコンポーネント Shimano
サイズ 26インチ
重量 13.5kg
カラー グリーン
もっと見る
3位

フジ(FUJI)

JARI 1.7

通勤にもおすすめ!クロモリ素材で乗り心地抜群な2023年モデル

JARI 1.7は、積載性を重視して強度が高いフレームを採用したモデルです。強度は高いですが、アルミフレームの中では平均的な重量をしています。ハンドルは握りやすい工夫がされており、悪路でもコントロールがしやすいです。

また、ロングホイールベースとBB位置が低重心なので、速度キープがしやすいのもおすすめのポイントです。このモデルは汎用性が高く、グラベルから通勤まで幅広く使用できます。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク クロモリ
メインコンポーネント Shimano Sora
サイズ 46・48・52・54・55.5cm
重量 11.9kg
カラー Silk Black・Sabi
もっと見る
4位

JAMIS

RENEGADE A1

すべてのバランスが取れた初心者向きモデル

RENEGADE A1は、積載性の高い軽さと剛性を備えたダブルバテッド成型アルミフレームを使用しています。ダボ穴も複数設置してあり、ロングツーリングにも最適です。タイヤの幅は広いため、安定感のある走行ができます。

コンポーネントやディスクブレーキなど各パーツの性能は実用性が高く、使い勝手がいいグラベルロードに仕上がっています。価格もお手頃なので、初めの1台におすすめしたいモデルです。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク アルミニウム
メインコンポーネント シマノ Claris
サイズ 44・48・51・54・56・58・61cm
重量 10.9kg
カラー Deep Purple・Ano Palladium
もっと見る
5位

キャノンデール(CANNONDALE)

TOPSTONE 4

初心者に最適で乗り心地抜群なモデル

TOPSTONE 4は、グラベルなど悪路の走行にぴったりなモデルです。フレームには耐久性の高いアルミを、フォークには軽量で振動吸収に優れたカーボンを採用しています。また、タイヤはエアボリュームがたっぷりで初心者でも通勤が快適です。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク カーボン
メインコンポーネント microSHIFT Advent
サイズ SM・MD・LG
重量 -
カラー Black Magic
もっと見る
6位

ブリーザーバイクス(BREEZERBIKES)

RADAR EXPERT

フレームに乗り心地と耐久性の優れたクロモリを採用

RADAR EXPERTは、太めの45cの標準装備したモデルです。フレームやフォークには乗り心地と耐久性の優れたクロモリを採用しています。ダボ穴は合計5か所空いているため、荷物を多めに持ち運びできロングツーリングも快適です。

基本情報
フレーム クロモリ
フォーク クロモリ
メインコンポーネント Shimano Deore
サイズ 45・48・51cm
重量 -
カラー Blue Tan・Cherry Cola
もっと見る
7位

ジーティー(GT)

GRADE ALLOY ELITE 2022年モデル

バランスの取れたエントリーモデル

GRADE ALLOY ELITEは、アルミを使用したリーズナブルなエントリーモデルです。トップチューブ・シートステー・フォーク横にダボ穴があり、ボトルケージやキャリアが取り付けできます。

 

タイヤは37cを装備しているため、どんな道でも安定感をもって走行できます。ロングツーリングにも向いているバランスが取れたモデルなので、初めてグラベルロードを購入する方におすすめです。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク カーボン
メインコンポーネント Shimano Claris
サイズ 44・48・51・55
重量 -
カラー バーガンディ
もっと見る
8位

メリダ(MERIDA)

SILEX 100

アルミとカーボンをを使い分け快適な走行を実現

SILEX 100はフレームに耐久性の高いアルミを、フォークには振動吸収性の高いカーボンを使用したモデルです。振動はカーボン素材のフォークで受け止めるため、ロングツーリングやグラベルでも快適に走行できます。

フレームはアルミを使用してることで、積載性も高くロングツーリングにも適しています。また、ハンドルが低く下ハンドルが握りやすいため、グラベルも快適に走行可能です。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク カーボン
メインコンポーネント Shimano Claris
サイズ 44・47・50・53
重量 -
カラー オレンジ・シルクバーガンディレッド
もっと見る
9位

トレック(TREK)

CHECKPOINT ALR5

ダボ穴が多くロングライドも最適

CHECKPOINT ALR5は、高品質なアルミがハイドロフォーム加工された軽さと剛性を兼ね備えたグラベルロードです。変速は2×11速まで変更可能で、傾斜に最適なギアにできます。タイヤの太さ調整が可能なので目的ごとに付け替えも可能です。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク カーボン
メインコンポーネント Shimano GRX RX600
サイズ -
重量 約10.03kg
カラー -
もっと見る
10位

ジェイミス(JAMIS)

RENEGADE S2 LTD

振動吸収性が抜群でロングツーリングにも最適

RENEGADE S2は、クロモリより柔軟性の高いマンガンモリブデン鋼を採用したグラベルロードです。振動吸収性が優れているため、ロングツーリングでも快適に走行できます。また、ボトルケージや荷物を縛って運ぶことも可能です。

基本情報
フレーム マンガンモリブデン鋼
フォーク -
メインコンポーネント SHIMANO GRX
サイズ 48
重量 10.51kg
カラー グレー
もっと見る
11位

ジーティー(GT)

GRADE CARBON ELITE

メンテナンス性が重視されたスマートなデザイン

GRADE CARBON ELITEは、メンテナンスがしやすいようシフトとブレーキのケーブルは外装仕様されています。垂直方向の柔軟性が高いトリプルトライアングルフレームを採用し、サドルに長時間腰かけても快適です。

基本情報
フレーム カーボン
フォーク カーボン
メインコンポーネント Shimano
サイズ 55
重量 9.98Kg
カラー ブルー
もっと見る
12位

FELT

BROAM 60

ヘルメットを同色で揃えても!安定感のあるロングライド向きモデル

BROAM 60は、キャンプなどロングツーリング向きな積載性の高いモデルです。ダボ穴は多く設置してあり、アルミフレームなので重いキャンプ用品も積めます。また、40ccのタイヤを標準装備しているので、悪路でも安定感をもって走行可能です。



軽い力でも抜群のコントロール性を発揮します。多くの荷物を積載可能かつ極太タイヤで安定的に走行できるため、キャンプなどロングツーリングメインの方におすすめです。かわいい色合いなので、ヘルメットを同色で揃えるのもおすすめします。

基本情報
フレーム アルミニウム
フォーク カーボン・アルミニウム
メインコンポーネント Shimano Claris・Sora
サイズ 47・51・54・56
重量 11.3kg
カラー ダックエッグ・ブラック
もっと見る

グランベルロードのおすすめ商品比較一覧表

商品 画像 商品リンク 特徴 フレーム フォーク メインコンポーネント サイズ 重量 カラー
アイテムID:14407016の画像

Amazon

楽天

ヤフー

後悔しない!21段変速が可能な5万円以下の安いコスパ最強商品

アルミニウム

アルミニウム

Shimano

-

12.5kg

ホワイト

アイテムID:14407003の画像

楽天

ヤフー

10万以下で手に入るリーズナブルなグラベルロード

スチール

アルミニウム

Shimano

26インチ

13.5kg

グリーン

アイテムID:14407015の画像

楽天

ヤフー

通勤にもおすすめ!クロモリ素材で乗り心地抜群な2023年モデル

アルミニウム

クロモリ

Shimano Sora

46・48・52・54・55.5cm

11.9kg

Silk Black・Sabi

アイテムID:14407013の画像

楽天

ヤフー

すべてのバランスが取れた初心者向きモデル

アルミニウム

アルミニウム

シマノ Claris

44・48・51・54・56・58・61cm

10.9kg

Deep Purple・Ano Palladium

アイテムID:14407012の画像

ヤフー

初心者に最適で乗り心地抜群なモデル

アルミニウム

カーボン

microSHIFT Advent

SM・MD・LG

-

Black Magic

アイテムID:14407011の画像

楽天

フレームに乗り心地と耐久性の優れたクロモリを採用

クロモリ

クロモリ

Shimano Deore

45・48・51cm

-

Blue Tan・Cherry Cola

アイテムID:14407010の画像

楽天

ヤフー

バランスの取れたエントリーモデル

アルミニウム

カーボン

Shimano Claris

44・48・51・55

-

バーガンディ

アイテムID:14407009の画像

楽天

ヤフー

アルミとカーボンをを使い分け快適な走行を実現

アルミニウム

カーボン

Shimano Claris

44・47・50・53

-

オレンジ・シルクバーガンディレッド

アイテムID:14407008の画像

ヤフー

ダボ穴が多くロングライドも最適

アルミニウム

カーボン

Shimano GRX RX600

-

約10.03kg

-

アイテムID:14407007の画像

楽天

ヤフー

振動吸収性が抜群でロングツーリングにも最適

マンガンモリブデン鋼

-

SHIMANO GRX

48

10.51kg

グレー

アイテムID:14407006の画像

楽天

ヤフー

メンテナンス性が重視されたスマートなデザイン

カーボン

カーボン

Shimano

55

9.98Kg

ブルー

アイテムID:14407014の画像

楽天

ヤフー

ヘルメットを同色で揃えても!安定感のあるロングライド向きモデル

アルミニウム

カーボン・アルミニウム

Shimano Claris・Sora

47・51・54・56

11.3kg

ダックエッグ・ブラック

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

クロスバイクとグラベルロードの違いは?

クロスバイクとグラベルロードはハンドルやタイヤの太さなどさまざまな部分が違います。まず、ハンドル部分が異なっていてグラベルロードはロングライド向きなドロップハンドルでクロスバイクはバランスがとりやすいフラットハンドルです。

また、タイヤの太さですが、グラベルロードは30~40c・クロスバイクは28cと太さがかなり違います。価格もグラベルロードの方が高いため、利用目的に合ったものを選ばないといけません。

グラベルロードは、ロングツーリングやキャンプ・オフロードを走りたい方におすすめです。クロスバイクは、通勤や短距離のツーリングなどさっと軽い運動をしたい方におすすめします。

後悔しないようにあさひなど店舗で確認

自転車の知識がなく初めてグラベルロードを購入する方はあさひなど実店舗に行き、実際に目で確かめることもおすすめです。また、中古の場合なども店舗に行くことでスタッフが教えてくれるので後悔しないグラベルロードが選べます

まとめ

今回はグラベルロードの選び方とおすすめランキングをご紹介しました。商品によって価格や耐久性が異なり、乗り心地も変わってきます。ぜひ、本記事を参考にぴったりなグラベルロードを選んでくださいね。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2024年05月13日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

砂利のおすすめ人気ランキング15選【化粧砂利など人気の種類も!】

砂利のおすすめ人気ランキング15選【化粧砂利など人気の種類も!】

エクステリア・ガーデンファニチャー
【2024年最新】マウンテンバイクの人気おすすめランキング11選【通勤にも使える】

【2024年最新】マウンテンバイクの人気おすすめランキング11選【通勤にも使える】

自転車
庭砂利の人気おすすめランキング10選【施工例もご紹介!】

庭砂利の人気おすすめランキング10選【施工例もご紹介!】

エクステリア・ガーデンファニチャー
シクロクロスバイクの人気おすすめランキング15選【2024年最新版】

シクロクロスバイクの人気おすすめランキング15選【2024年最新版】

自転車
防犯砂利のおすすめ人気ランキング10選【処分方法まで紹介】

防犯砂利のおすすめ人気ランキング10選【処分方法まで紹介】

防犯グッズ
【2024年版】街乗りマウンテンバイク(MTB)のおすすめ人気ランキング10選【街乗りにも】

【2024年版】街乗りマウンテンバイク(MTB)のおすすめ人気ランキング10選【街乗りにも】

自転車

アクセスランキング

【中型も】バイクのおすすめ人気ランキング24選【かっこいい単車もご紹介】のサムネイル画像

【中型も】バイクのおすすめ人気ランキング24選【かっこいい単車もご紹介】

自転車
【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】のサムネイル画像

【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】

自転車
【2024年版】eMTBのおすすめ人気ランキング7選【電動マウンテンバイクのフルサスも】のサムネイル画像

【2024年版】eMTBのおすすめ人気ランキング7選【電動マウンテンバイクのフルサスも】

自転車
【2024年版】ママチャリのおすすめ人気ランキング15選|最軽量やかっこいいものものサムネイル画像

【2024年版】ママチャリのおすすめ人気ランキング15選|最軽量やかっこいいものも

自転車
通学向け自転車の人気おすすめランキング25選【中学生から高校生まで!】のサムネイル画像

通学向け自転車の人気おすすめランキング25選【中学生から高校生まで!】

自転車
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。