マウンテンバイクの人気おすすめランキング15選【通勤にも使える】

記事ID7881のサムネイル画像

マウンテンバイクは未舗装路などでも問題なく走ることができます。見た目がかっこいいのもマウンテンバイクの魅力です。しかし、マウンテンバイクは価格帯の幅も広く、一般的な自転車とは選び方も異なります。マウンテンバイクの選び方やおすすめランキングをまとめました。

マウンテンバイクなら悪路でも安心

マウンテンバイクは、太くて大きめのタイヤに頑丈なフレーム、衝撃を吸収するサスペンションなどを搭載した自転車です。未舗装路を走ることができるのはもちろん、本格的なマウンテンバイクなら山を登ったりすることもできます。

 

ホイールサイズやマウンテンバイクのタイプ、フレームサイズを基準にマウンテンバイクのおすすめランキングを作成しました。マウンテンバイクの選び方もまとめました。

 

マウンテンバイクおすすめ人気ランキング15選

15位

21Technology

軽量アルミフレーム26x1.95 シマノ製21段変速

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格の街乗り用

人間工学に基づいた握りやすいグリップを採用したマウンテンバイクです。小さめの26インチタイヤなので、小回りの利くタイプです。過酷な環境に耐えられるタイプではありませんが、サスペンションを搭載しているのでちょっとした悪路には十分に対応できます。

 

リーズナブルな価格で購入できるマウンテンバイクですが、街乗り用マウンテンバイクとしてはコスパの良いモデルです。

ホイールサイズ26インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

まず見た目がめちゃめちゃかっこいい!!!!
それから、届くのが凄い早かった!
値段もマウンテンにしてはそこまで高くなかったので素晴らしいと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ダートキング ATB330 外装18段変速

価格:26,229円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルサスペンション装備で小学生でも乗車可能

低価格ですが、フルサスペンションなどを採用しています。他にも機能が充実しており、コストパフォーマンスの優れたマウンテンバイクです。サドルの位置を下げることができるので、小学生でも乗ることができます。

 

子供が乗る場合は成長に合わせて、サドルの高さを調整すれば長く使用可能です。ただし小柄な人向けに作られているので、背の高い人が乗るには向いていません。

ホイールサイズ26インチタイプフルサスペンション
フレームスチール

口コミを紹介

良かった点、サスペンションが段差をしっかり吸収している 中々スピードが出る チャリドリにも使用していましたが壊れませんでした 悪い点 届いた時、フレームに目立ついくつかの傷があった リアの泥除けが下がってタイヤに当たる 少し重い といった感じでした ですがとてもいい車両でした

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

SAVANE(サヴァーン)

カーボンフレーム&フロント油圧式サスペンションフォーク

価格:92,489円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボンフレームに油圧式のディスクブレーキを搭載

高級なハイエンドモデルに使われることが多い、フルカーボンフレームを採用したマウンテンバイクです。ブレーキは前後共に制動力の強い油圧式のディスクブレーキを採用しています。

 

さらにフロントには油圧式サスペンションを搭載し、SHIMANOの30段変速機にタイヤはMICHELN(ミシュラン)の27.5×2.1インチが使われています。

 

本格的な性能のマウンテンバイクがお手頃価格で手に入ります。ブレーキの扱いが難しいですが、かなりコスパの優秀なマウンテンバイクです。

ホイールサイズ27.5インチタイプハードテイル
フレームカーボン

口コミを紹介

出荷時に点検と調整がして有りましたのでデスクブレーキやギヤなどは調整しなくて済みました早くコースを走りたいですよね(走行時タイヤの風切り音が気に鳴りますがタイヤがタイヤなので仕方ありません)大変リーズナブルな値段で手に入り良かったですありがとうございました

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

29er [ ATB / シマノ外装21段変速 ] YG-279

価格:54,691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走破性の高い29インチタイヤ採用

29インチの大きめのタイヤを搭載したマウンテンバイクです。大きめのタイヤは、加速性能や走破性に優れています。21段変速で急な坂道はもちろん、細かな変化にも対応できます。体が大きめの人におすすめのマウンテンバイクです。

 

フレームなどが一般的なマウンテンバイクに比べて太目に作られています。デザインがカッコいいと好評ですが、正面に「鹿番長」と書かれたステッカーが張られています。気になる人は注意しましょう

ホイールサイズ29インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

思っていたとうりの太さとゴムの弾力と強さとても安心しました、フレームも他の安いマウンテンバイクから見ると一回り太めで丈夫な作りです。ギアーや変速機もスムーズに作動します。ブレーキもききが良いですし、何も問題はありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

Panther

オフロード シマノ 24段変速 ST-EF41

価格:45,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

里山の走行が楽しめるオフロード仕様

スポーツ車専門メーカーのPANCERのマウンテンバイクです。走破性の高い29インチタイヤを採用したオフロード仕様になっています。里山トレイルやレースイベントを安心して楽しむことが可能です。

 

パーツのバージョンアップなどを前提に作られたステップアップコストパフォーマンスモデルになっています。素早い変速が可能な点も魅力です。

ホイールサイズ29インチタイプハードテイル
フレームアルミニウム

口コミを紹介

17kgとは思えないくらい軽い車体とスムーズなギヤ、調整しやすいブレーキ、グリップのいいタイヤなど、値段からすると満足ゆくものです。さっそく台風19号でかなり荒れている林道を下ってきましたが、フロントサスペンションもよく効いており、29インチのタイヤも相まって楽しいツーリングとなりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

自転車館びーくる

アンカー XG6 ACERA MODEL 27段変速

価格:135,575円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた性能の国産マウンテンバイク

日本の人気ブランド・アンカーの2020年モデルのマウンテンバイクです。2台あるXG6シリーズの安価なタイプなので、より改良されたXG6ジオメトリーを手軽に楽しめます。

 

抜群の振動吸収性を持つので、細かなターンも快適に行えます。 上位モデルと変わらない優れたフレーム操作性を持ったマウンテンバイクです。オールマイティーなマウンテンバイクとして、設計されています。

 

街中用としても、里山を登るのにも適したマウンテンバイクです。 アップグレードがしやすい作りになっているので、ベース車としてもおすすめできます。

ホイールサイズ27.5インチタイプハードテイル
フレームアルミ
9位

FALCON BIKE

KONA ユニット 2019 コナ UNIT

価格:88,000円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した快適な走行ができるマウンテンバイク

クロモリフレームを採用したコナのマウンテンバイクです。耐久性に優れたしなやかなフレームが快適な走行を可能にします。タイヤは27.5インチですが、29インチのタイヤに履き替えることも可能です。

 

チューブレスレディータイヤ・バルブ・シーラントを採用しており、タイヤがパンクしにくくなっています。また、低い空気圧で走ることができるため、グリップ力が増してより安定した走りを実現します。

 

シンプルでカスタマイズ性が高いのも特徴です。シティライドにもおすすめですが、幅広い用途に対応するマウンテンバイクです。

ホイールサイズ27.5タイプハードテイル
フレームクロモリ

口コミを紹介

素早い対応で喜びも2倍です!次回からもお願いします

出典:https://item.rakuten.co.jp

8位

DREAMSロードバイク直販店

ジャイアント 2019モデル ATX 660 シマノ 24段変速

価格:44,900円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い初心者向けのマウンテンバイク

小回りの利くジャイアントのマウンテンバイクです。26×1.95インチのタイヤを採用しており、街乗りに適したモデルになっています。制動力に優れたディスクブレーキを採用していますが、修理が簡単にできる機械式です。

 

ディスクブレーキは油圧式の方が制動力により優れていますが、メンテナンスが難しいので初心者には機械式の方がおすすめです。

 

街乗り向きのマウンテンバイクですが、サスペンションがしっかりと衝撃を吸収するので荒れた道でも走行できます。価格もかなりリーズナブルなので、マウンテンバイクが初めての人におすすめです。

ホイールサイズ26インチタイプハードテイル
フレームアルミ
7位

サイクルヨシダ PayPayモール店

キャノンデール 19’TRIGGER 3(1x11s)MTB27.5”

価格:447,270円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なヒルクライムやダウンヒルにも対応した高性能モデル

カーボンフレームにフルサスペンションを搭載したキャノンデールのマウンテンバイクです。キャノンデール独自のバリステックカーボン構造を採用した、フレームは軽量で剛性の高いものになっています。

 

TRIGGERは、登りにも下りにも高い性能を発揮するオールマウンテン系のバイクとして設計されています。価格は40万以上しますが、その分本格的なマウンテンバイクとして優れた性能を発揮するモデルです。

ホイールサイズ27.5インチタイプフルサスペンション
フレームカーボン
6位

アトミック サイクル 自転車 通販

メリダ MATTS 6.10 MD ER28 2019

価格:49,417円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

悪天候に強い街乗りメインのマウンテンバイク

26インチのタイヤを採用したメリダのマウンテンバイクです。マウンテンバイクの中では小ぶりなタイヤを搭載しているため、小回りが利きます。

 

アルミ製のフレームは軽量で、サビにも強いので雨天時の走行でも安心です。ブレーキの制動力にも優れているので、濡れた道でも問題なく止まることができます。

 

本格的なオフロード向きではありませんが、無茶な乗り方をしなければ十分に対応できます。信号の多い場所での走行に向いており、通勤通学用としてもおすすめのマウンテンバイクです。

ホイールサイズ26インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

乗りやすく、とても良い。赤なので、派手な感じかと心配しましたが、とても落ち着いた赤で 満足しています。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

5位

カノーバー(CANOVER)

シマノ24段変速 CAMT-043-DD

価格:31,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街中の悪路も安心のマウンテンバイク

街中での走行に向いたリーズナブルなマウンテンバイクです。サスペンションが衝撃を吸収してくれるので溝や段差がある場所でも安定した走りができます。オフロードタイヤを使用しているので、悪路でも問題なく走ることができます。

 

こぎやすいメタルフラットペダルは、軽めの未舗装路でも安定した走行が可能です。 上位機種のマウンテンバイクで採用されているシフトレバーを搭載しています。

 

ギアポジションを素早く確認し、スムーズに変速することができます。コスパもよく街乗り用におすすめのマウンテンバイクです。

ホイールサイズ26インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

デザインも乗り心地もギアの快適さもとても良く、通勤が楽になりました。ディスクブレーキは制動性も高く、これまで乗っていたチャリより安全に止まれてます。ただ細かいネジなどのパーツは安価なものなのか、すぐに錆びてきます。防錆の対策を前もってしとく必要がありますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

フェラーリ(Ferrari)

FB2680A 前後ディスクブレーキ Wサスペンション搭載

価格:111,086円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フェラーリの名に恥じない高性能マウンテンバイク

自動車メーカーとして有名なフェラーリのマウンテンバイクです。フェラーリらしい赤いフレームは高級なカーボン素材で、軽量で強度にも優れています。フェラーリのロゴも入っています。細かなギアチェンジが可能な30段変速機を搭載しています。

 

路面状況や傾斜に合わせてギアを変えることで、スムーズな走行が可能です。フルサスペンションやクイックリリース式のディスクブレーキも搭載しており、非常に性能の高いモデルといえます。

 

過酷な環境でも安心して乗ることができるので、本格的マウンテンバイクがほしい人におすすめです。

ホイールサイズ26インチタイプフルサスペンション
フレームカーボン

口コミを紹介

どのスペックを取っても一流品というのがわかりますね。
店の飾りとしても抜群の効果があるという声もあり、買っていかれるレビューも見たことがあります。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サイクルショップ S-STAGE

2020年 ロッキーマウンテン SOUL10 MTB

価格:85,690円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレイルライドを始めたい人におすすめ

マウンテンバイクで山道を登るトレイルライドの入門用として、作られたモデルです。タイヤは27.5インチなので、初心者がマウンテンバイクの操作性を覚えるのに適しています。ロッキーマウンテンの商品としてはリーズナブルな価格のモデルです。

 

トレイルライドに適した構造のフレームやパーツで作られたマウンテンバイクなどで、荒れた道でも安定して走行できます。

 

山道に適していますが、街乗りでも活躍します。初めてマウンテンバイクに乗る人やトレイルライドを始めたい人におすすめのモデルです。

ホイールサイズ27.5インチタイプハードテイル
フレームアルミ
2位

カンザキバイク 楽天市場店

BIANCHI ビアンキ 2019 MAGMA 27.1

価格:75,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りから未舗装路にまで対応した初心者用モデル

人気の高かったビアンキ「KUMA」の後継モデルとして発売されたマウンテンバイクです。エントリークラスの「MAGUMA27.2」が1.95インチ幅のタイヤを使用した街乗りタイプなのに対して、MAGUMA27.1は2.10インチのタイヤを搭載しています。

 

そんため、山登りにも適したモデルといえます。 街乗りメインで、未舗装路も走ってみたいという人におすすめのマウンテンバイクです。扱いの簡単な機械式ディスクブレーキを採用しています。ブレーキの修理が簡単なので、マウンテンバイク初心者にもおすすめです

ホイールサイズ27.5インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

色はもちろんフレームのシェイプ、ウィール、全てが美しいです。安定した乗り心地で未舗装の下りでも、とてもスムース!大切に長いこと乗りたいです。

出典:https://item.rakuten.co.jp

1位

RIDE ON!

GT 2019年モデル アグレッサースポーツ 27.5

価格:49,302円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格であらゆるシチュエーションに対応

林道の走行やキャンプ、街乗りなど幅広いシチュエーションの走行に対応したGTアグレッサーのスポーツタイプです。リーズナブルな価格ですが、あらゆるシチュエーションに対応したマウンテンバイクです。

 

独自のトリプルトライアングル構造のアルミフレームを採用しています。アルミ製ですが、過酷な環境の使用にも耐えられる頑強さをフレームです。

 

ホイールサイズが扱いやすい27.5インチで、理想的な重心バランスを実現した構造なので運転しやすくなっています。初心者でも安心して乗ることができるマウンテンバイクです。

ホイールサイズ27.5インチタイプハードテイル
フレームアルミ

口コミを紹介

届いて、早速乗りましたが、なんの問題もなく乗れたので良かった!

出典:https://review.rakuten.co.jp

マウンテンバイクの選び方

マウンテンバイクを選ぶ際は、考えるべきポイントは多いです。種類や機能、メーカーについて紹介するのでマウンテンバイクを選ぶ参考にしてください。

種類で選ぶ

マウンテンバイクはサスペンションの数によって、ハードテイルやフルサスペンションなどのタイプに分けられます。代表的な2つのタイプについて解説します。

ハードテイル

ハードテイルはフロントのみにサスペンションが疲れているタイプのマウンテンバイクです。乗り心地が固いため、ハードと呼ばれています。フルサスペンションに比べると軽量で、平地や登りに強いタイプです。

 

また、衝撃を吸収する力は弱いので、体に負担がかかります。クロスカントリーや街乗りにはハードテイルの方がおすすめです。

フルサスペンション

フルサスペンションは、リアとフロントの両方に衝撃を吸収するサスペンションが搭載されたタイプです。ダブルサスペンションと呼ばれることもあります。サスペンションが2つあるため、重量は重いです。

 

また、リアサスペンションのせいでペダルにパワーが伝わりにくいという弱点がありました。しかし、フルサスペンションの弱点はどんどん改良されているので、採用したマウンテンバイクは増えています。

 

下りに強く衝撃を受けることが多い競技などに、おすすめのタイプです。街乗りには適していませんが、サスペンションをロックすることができるマウンテンバイクもあります。

機能で選ぶ

マウンテンバイクを選ぶ際は、フレームの素材やホイールサイズ、ブレーキの性能などをチェックする必要があります。それぞれの特徴やポイントなどをまとめました。

フレーム

マウンテンバイクはフレームの素材も考えることが重要です。フレームはアルミやカーボン、クロモリなどで作られています。アルミは軽量で加工しやすいため人気がありますが、強度は強くありません。

 

アルミフレームも加工や形状で強いものもありますが、過酷な環境を走るタイプにはアルミフレームはほとんど使われません。クロモリは自転車のフレームとして最も長く使われる合金で、しなやかで剛性が強いのが特徴です。

 

カーボンは軽くしなやかな素材で、高級なマウンテンバイクに使われることが多いです。チタンやステンレスを使ったフレームも存在します。

ホイール

マウンテンバイクを選ぶサイズはホイールサイズも重要なポイントです。26インチ、27.5インチ、29インチの3つのサイズがありますが、それぞれ一長一短があります。29インチは大きいため加速に優れていて、段差があっても暗転した走行が可能です。

 

逆に26インチは小さいため加速は弱いですが小回りが利くため、技術が必要なコースを走るのに向いています。27.5インチは両方の中間ですが、使い勝手が良いので良いとこ取りとも言われている人気のサイズです。

 

それぞれの特徴を考えて、目的に合ったホイールサイズのマウンテンバイクを選びましょう。

ブレーキ

マウンテンバイクのブレーキは制動力が高く、すぐにスピードを落とせるディスクブレーキを採用したものが多いです。マウンテンバイクは悪路を走ることが多いので、ディスクブレーキが搭載されたものを選びましょう。

 

ディスクブレーキは機械式と油圧式の2種類に分けられます。油圧式は、機械式より制動力が高くなります。そのため、過酷な環境での使用を考えるのなら、油圧式のディスクブレーキを搭載したマウンテンバイクがおすすめです。

 

ただし、油圧式はメンテナンスが大変で、故障すると修理できる店が簡単に見つからないかもしれません。トラブル時のことを考えると、初心者は機械式の方がおすすめという意見もあります。

メーカーで選ぶ

マウンテンバイクは、非常に多くのメーカーから販売されています。有名なメーカーの特徴などについて解説するので、マウンテンバイクを選ぶ参考にしてください。

GTバイシクルズ

GTは、アメリカの自転車ブランドです。1973年に初めてBMXを制作し、1979年から海外に販売を開始しました。現在でもBMXのメーカーとして有名で、マウンテンバイクやロードバイク、クロスバイクを生産しています。

 

マウンテンバイクが日本で人気になったのは、このメーカーのおかげといわれています。トリプルトライアングルフレームという独自のフレームを開発したことで知られています。このフレームを採用したマウンテンバイクは、高い剛性と快適さを実現しています。

ビアンキ(BIANCHI)

1885年に創業したイタリアの自転車ブランドです。現役の自転車ブランドとしては、世界最古で、現在の形の自転車が発明された年に自転車の生産を始めました。

 

伝統あるブランドとして高い人気があり、マウンテンバイクだけでなくシティサイクルやクロスバイクなど幅広い種類の自転車を作っています。

 

若草色のシンボルカラーが人気のメーカーです。マウンテンバイクは、街乗りからクロスカントリー、ヒルクライムなど幅広いシチュエーションに対応したモデルが販売されています。

コナ(KONA)

コナ(KONA)は1988年に二人だけでスタートしたマウンテンバイクのブランドです。世界で初めてストレートレッグMTBフォークを量産したメーカーとしても知られています。クロスカントリー用のマウンテンバイクで非常に高い評価を受けています。

 

マウンテンバイクの操作性と乗り心地に関して、他のメーカーを圧倒するという意見もあるメーカーです。 快適な走行ができるマウンテンバイクが欲しい人におすすめのメーカーです。

ジャイアント(GIANT)

台湾で最大の規模を誇る自転車メーカーです。OEM生産を行うことで高い技術を獲得したメーカーで、現在でもOEM生産を積極的に行っています。他者との共同で電動アシスト自転車の開発も行ないました。

 

マウンテンバイクはリーズナブルなものが多いですが、プロが使用する本格的なものも生産しており技術力は高いです。台湾製に不安を感じる人がいるかもしれませんが、安心して購入できます。

 

リーズナブルなマウンテンバイクがほしい人におすすめですが、本格的なモデルが欲しい場合もチェックすべきメーカーです。

メリダ(MERIDA)

1972年に創業した台湾の自転車メーカーです。ジャイアントに次いで台湾で2番目の規模を誇ります。世界的にも珍しいマグネシウムフレームを作っていたこともあり、アルミやカーボンのフレームにも独自の技術を開発しているメーカーです。

 

生産は高いレベルで自動化されており、ロボット溶接でフレームを量産しています。マウンテンバイクに関しては幅広いラインナップを扱っており、リーズナブルな価格のものも多く製造しています。

 

コスパに優れたマウンテンバイクが欲しいなら、おすすめのメーカーです。

アンカー

アンカーは、日本のタイヤメーカー・ブリヂストンの子会社ブリヂストンサイクルの自転車ブランドです。独自の施設で研究した科学的なデータに基づいて自転車の開発を行っています。海外ブランドが人気の中、日本国内で高い人気を持ちます。

 

日本のメーカーということもあり、日本人の体型に合わせた乗りやすいマウンテンバイクを開発しています。また、欧米に比べて道が狭い日本の山を登るのに適したマウンテンバイクを開発しているのも特徴です。

キャノンデール

1971年に創業したアメリカの自転車メーカーがキャノンデールです。現在はカナダのドレルレクリエーショナルレジャーの傘下に入っていますが、自転車に関して独自の技術を多く開発しています。

 

1984年に、ライバルメーカーに先駆けてマウンテンバイクを発表したことでも有名です。リアにサスペンションを搭載したマウンテンバイクを初めて量産したメーカーとしても有名です。

 

かつてはアルミのキャノンデールといわれるほど、アルミ製にこだわる自転車のメーカーとして有名でしたが、現在はアルミ製以外の自転車も販売しています。

ロッキーマウンテンバイシクルズ

1981年にバンクーバーで創業したカナダのマウンテンバイクメーカーです。過酷なバンクーバーの小道を走ることで技術を開発してきたメーカーで、過酷なレースで活躍するマウンテンバイクを作ることを得意としています。

 

山道を移動することを前提としたマウンテンバイクだけでなく、キッズ用や街乗りに適したモデルも開発しているメーカーです。100万円を超える高価なマウンテンバイクから、リーズナブルな価格のものまで販売しています。

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5301247の画像

    RIDE ON!

  • 2
    アイテムID:5301272の画像

    カンザキバイク 楽天市場店

  • 3
    アイテムID:5303800の画像

    サイクルショップ S-STAGE

  • 4
    アイテムID:5303877の画像

    フェラーリ(Ferrari)

  • 5
    アイテムID:5303850の画像

    カノーバー(CANOVER)

  • 6
    アイテムID:5301253の画像

    アトミック サイクル 自転車 通販

  • 7
    アイテムID:5303756の画像

    サイクルヨシダ PayPayモール店

  • 8
    アイテムID:5303778の画像

    DREAMSロードバイク直販店

  • 9
    アイテムID:5301261の画像

    FALCON BIKE

  • 10
    アイテムID:5303819の画像

    自転車館びーくる

  • 11
    アイテムID:5303856の画像

    Panther

  • 12
    アイテムID:5304084の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 13
    アイテムID:5303892の画像

    SAVANE(サヴァーン)

  • 14
    アイテムID:5303868の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 15
    アイテムID:5303873の画像

    21Technology

  • 商品名
  • GT 2019年モデル アグレッサースポーツ 27.5
  • BIANCHI ビアンキ 2019 MAGMA 27.1
  • 2020年 ロッキーマウンテン SOUL10 MTB
  • FB2680A 前後ディスクブレーキ Wサスペンション搭載
  • シマノ24段変速 CAMT-043-DD
  • メリダ MATTS 6.10 MD ER28 2019
  • キャノンデール 19’TRIGGER 3(1x11s)MTB27.5”
  • ジャイアント 2019モデル ATX 660 シマノ 24段変速
  • KONA ユニット 2019 コナ UNIT
  • アンカー XG6 ACERA MODEL 27段変速
  • オフロード シマノ 24段変速 ST-EF41
  • 29er [ ATB / シマノ外装21段変速 ] YG-279
  • カーボンフレーム&フロント油圧式サスペンションフォーク
  • ダートキング ATB330 外装18段変速
  • 軽量アルミフレーム26x1.95 シマノ製21段変速
  • 特徴
  • リーズナブルな価格であらゆるシチュエーションに対応
  • 街乗りから未舗装路にまで対応した初心者用モデル
  • トレイルライドを始めたい人におすすめ
  • フェラーリの名に恥じない高性能マウンテンバイク
  • 街中の悪路も安心のマウンテンバイク
  • 悪天候に強い街乗りメインのマウンテンバイク
  • 本格的なヒルクライムやダウンヒルにも対応した高性能モデル
  • コスパの良い初心者向けのマウンテンバイク
  • 安定した快適な走行ができるマウンテンバイク
  • 優れた性能の国産マウンテンバイク
  • 里山の走行が楽しめるオフロード仕様
  • 走破性の高い29インチタイヤ採用
  • カーボンフレームに油圧式のディスクブレーキを搭載
  • フルサスペンション装備で小学生でも乗車可能
  • お手頃価格の街乗り用
  • 価格
  • 49302円(税込)
  • 75400円(税込)
  • 85690円(税込)
  • 111086円(税込)
  • 31980円(税込)
  • 49417円(税込)
  • 447270円(税込)
  • 44900円(税込)
  • 88000円(税込)
  • 135575円(税込)
  • 45800円(税込)
  • 54691円(税込)
  • 92489円(税込)
  • 26229円(税込)
  • 29800円(税込)
  • ホイールサイズ
  • 27.5インチ
  • 27.5インチ
  • 27.5インチ
  • 26インチ
  • 26インチ
  • 26インチ
  • 27.5インチ
  • 26インチ
  • 27.5
  • 27.5インチ
  • 29インチ
  • 29インチ
  • 27.5インチ
  • 26インチ
  • 26インチ
  • タイプ
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • フルサスペンション
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • フルサスペンション
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • ハードテイル
  • フルサスペンション
  • ハードテイル
  • フレーム
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • カーボン
  • アルミ
  • アルミ
  • カーボン
  • アルミ
  • クロモリ
  • アルミ
  • アルミニウム
  • アルミ
  • カーボン
  • スチール
  • アルミ

まとめ

マウンテンバイクの人気おすすめランキングと選び方をご紹介しました。自転車では走れないような場所でも行けるのがマウンテンバイクの魅力です。あなたもお気に入りのマウンテンバイクを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ