【コスパ最強!】フルサスマウンテンバイクのおすすめ人気ランキング10選【安いものも】

オフロード走行を楽しむためのマウンテンバイクですが、近年では衝撃を緩和するフルサスを搭載したものや、コスパ最強の安いものも増えています。そこで今回は、フルサスのマウンテンバイクの人気おすすめランキングと選び方の基本をご紹介します。

今回の記事ではフルサスマウンテンバイクの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではマウンテンバイクについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

街中で映えるフルサスマウンテンバイク

自転車ブームと呼ばれる近年において、オフロード走行を楽しめると注目のマウンテンバイク。特にフルサスのマウンテンバイクが人気を集めていて購入を検討している方もいるのではないでしょうか。

 

実はフルサスのマウンテンバイクは素材・ブレーキ・タイヤによって乗り心地が変わるので、何も知らずに適当に購入してしまうと思ったよりも乗り心地が良くないと感じてしまう可能性があります。

 

そこで今回は、フルサスのマウンテンバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはフレーム素材・タイヤサイズ・ブレーキの3つを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

フルサスのマウンテンバイクの選び方

自分にあったフルサスのマウンテンバイクの選び方にはいくつかのポイントがあります。以下では失敗しないためのフルサスのマウンテンバイクの選び方を紹介します。

用途で選ぶ

マウンテンバイクをどのような用途で利用するかによって、チェックすべきポイントにも違いがあります。

「クロスカントリー」に使うなら軽いものがおすすめ

クロスカントリーにはマウンテンバイク競技では珍しく、上りのセクションがあることから、クロスカントリーに使うなら軽量性のチェックをおすすめします。近年ではフレーム素材に軽量のカーボンを採用することでフルサスが見直されてきました。

ダウンヒルで使う方は「剛性」が高いものがおすすめ

ダウンヒルはある意味でクロスカントリーと対極にある競技で、坂を下ることに一貫しています。そのため、軽量性にこだわる必要がありません。耐久性が弱いと衝撃に耐えられず、破損してしまう恐れがあるため剛性が重要です。

街乗り用なら「折りたたみ」や「価格が安い」ものがおすすめ

マウンテンバイクを街乗りに限定して割り切るなら、折りたたみできるマウンテンバイクや軽量性に優れたものがおすすめです。耐久性では劣るかもしれませんが、コンパクトで十分な走行性を備えています。

 

また、クロスカントリーやダウンヒルにおすすめのマウンテンバイクに比べて価格も安いので、あまりお金をかけたくない方にもおすすめのマウンテンバイクです。

用途が決まっていない方は「トレイル・オールマウンテン」がおすすめ

マウンテンバイクは欲しいけれど、まだどこを走るか具体的にイメージができていない方はトレイルやオールマウンテンタイプがおすすめです。悪路走行を想定しつつも快適な走行性に重きを置いたバイクで、幅広い用途に使えます。

 

コンクリートの上を走っても不快な振動は少ないですし、悪路も走っていける柔軟性があるので、迷っている方におすすめです。

フレームの素材で選ぶ

マウンテンバイクに採用されているフレームの素材は主にカーボン・アルミ・クロモリなどが採用されています。それぞれの特徴をおさえておきましょう。

振動吸収性と軽量性を追求するなら「カーボン」

カーボンは、釣り竿やゴルフのクラブなどに良く使われており、 自転車でも最近は高額車種のフレームやフォークなどに多用されるようになっています。劣化しにくく、カーボン繊維を固めているため非常に軽い点が特徴です。

 

また振動吸収性に優れているため乗り心地がよく、ペダルを踏み込んだ際の力もあまり逃がさないため力を素直にスピードにつなげることができます。

初心者には一般的な素材である「アルミ」

アルミフレームの最大の特徴は軽量で一般的に多く使われている点にあります。マウンテンバイクに最も多く使われている素材のため、価格も低めに設定されており、はじめてマウンテンバイクの購入を検討している方にはおすすめです。

 

また、剛性が高いため、漕いだときの力がそのまま推進力を生み出すことから、乗り心地も優れています。

通勤通学など使用頻度が高いならコスパ最強の「クロモリ」

クロモリフレームはスチールの一種で、素材自体が弾性に優れて頑丈なため、フレームの傷がつきにくいです。さらに衝撃吸収性が高いため、長時間の走行でもお尻が痛くならず耐久性にも優れています。

 

また、仮に折れてしまっても溶接しやすく、補強しながら長期間に及んで使用できるため、コスパ最強と呼ばれています。

走りやすさを追求するなら「チタン」

チタンフレームは、頑丈で錆びにくい特徴があります。また、チタン自体が非常に軽いため、車体が軽くなり持ち運びにも便利です。軽量性と耐久性に加え、走りやすさを追求したい方にはおすすめの素材です。

錆びを防ぎたいなら「ステンレス」

ステンレスは一般的に錆びにくい素材として知られており、耐久性に優れています。また、見た目が美しいため、塗装の必要もなく、表面を磨くデザインが人気です。さらに衝撃吸収性に優れているので、悪路走行に特化したマウンテンバイクとの相性も抜群です。

ブレーキの種類で選ぶ

ブレーキは大きく、ディスクブレーキとVブレーキの2つに分けられます。それぞれの特徴をおさえておきましょう。

雨の日の路面走行を想定しているなら「ディスクブレーキ」がおすすめ

ディスクブレーキはブレーキをかけたときにホイールの中央部分の円いディスクを挟むブレーキで、近年、ディスクブレーキを搭載したマウンテンバイクが増えています。メリットは、軽い力でカチッとブレーキが効く点にあります。

 

長い下り坂でも安心で、雨天時などで路面が濡れている場合でもブレーキ性能がおちにくく、安全に走行できます。

メンテナンスが面倒な方は「Vブレーキ」がおすすめ

Vブレーキは、ブレーキの効きが良く、メンテナンスも非常に簡単な点が特徴です。ディスクブレーキに比べて重量が軽く、ユーザーレベルでの分解やオーバーホール、シュー交換も簡単です。

 

しかし、慣れるまでは急ブレーキのように効きすぎてしまったり、雨の日にはブレーキ性能がやや劣ってしまうデメリットもあります。

タイヤの大きさで選ぶ

マウンテンバイクのタイヤの大きさは、26・27.5・29インチの3種類から選択できます。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

小回りを利かせたいなら「26インチ」がおすすめ

26インチタイヤはマウンテンバイク用として古くから使われる規格ですが、27.5インチタイヤが登場してからは下火になりつつあります。最大の特徴は小回りが利いて、上り坂で威力を発揮します。

 

このような小回りが利く26インチタイヤは、狭い路地などで役立つほか、ダートジャンプやストリート系のトリックを決める競技に向いています。

バランスを追求するなら「27.5インチ」がおすすめ

27.5インチタイヤは2010年頃に登場した新しい規格のタイヤで、登場から爆発的にシェアを伸ばし、今やマウンテンバイクの標準規格とされています。27.5インチタイヤのメリットは、バランスの良さにあります。

 

26インチに比べて加速性があり、障害物も乗り越えやすくなっています。また、29インチよりも漕ぎだしが軽く、小回りが利くメリットが魅力です。26インチと29インチの弱点を補ったサイズといえます。

段差の激しいオフロードを走るなら「29インチ」がおすすめ

29インチタイヤは、競技用マンテンバイクで主に使われている規格で、ホイールの直径はロードバイクの700c規格と同じで、場合によっては互換性もあり、マウンテンバイクで使われているタイヤの中でも最も直径の大きい規格です。

 

29インチタイヤのメリットは、凸凹のあるオフロードや段差の激しい道を乗り換えやすい点にあります。さらに1度漕いだときに進む距離が長く、スピードに乗りやすい点も魅力です。

人気ブランド・メーカーから選ぶ

どのマウンテンバイクを選べばいいのか迷ったら、信頼と実績のある人気メーカーをチェックしてみましょう。

衝撃吸収性と路面追従性を求める方は「GT」がおすすめ

GTは1973年にアメリカで誕生したメーカーで、現在はマウンテンバイクやBMXはもちろん、ロードレーサーやクルーザー、シティサイクルまでラインナップする自転車の総合メーカーに成長しています。

 

特に人気なのがフルサスオールマウンテンで、独自のリアサスペンションシステムで高い衝撃吸収性と路面追従性を実現している点が特徴です。下記の記事では、GTのマウンテンバイクについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

軽さ・剛性・信頼性を重視する方は「ラピエール」がおすすめ

ラピエールはフランス生まれのスポーツバイクブランドで、ロードバイクに関してはツールドフランスをはじめ世界トップクラスのレースで活躍しています。最大の特徴は軽さ・剛性・信頼性の三拍子そろったバイクを展開している点です。

 

マウンテンバイクも車種が豊富で、独自のショックテクノロジーは多くのライダーから高い信頼を得ています。

豊富なラインナップから選びたい方は「KONA」がおすすめ

KONAはあ、カナダ発祥のマウンテンバイク総合メーカーで、ハードコアライダーにも人気の幅広いラインナップを展開している点が特徴です。マウンテンバイクのフルサスオールマウンテンには豊富なラインナップがあり、好みのバイクを探すことができます。

 

最近では27.5インチサイズも多数展開しており、登りも下りもアグレッシブに走行を楽しめるマウンテンバイクが見つかります。

カーボンフレームが欲しい方は「トレック」がおすすめ

トレックはアメリカの総合自転車メーカーで、プロの選手にも愛用されていました。また、航空宇宙技術をいち早く取り入れた独自のカーボンの開発を開始しています。独自開発されたカーボンOCLVを使用している点が特徴です。

スペックと価格を両立させたい方は「カノーバー」がおすすめ

カノーバーは、株式会社オオトモが展開するブランドで、格安自転車を多数展開しています。10万円以下のマウンテンバイクを多く発売しており、価格のわりにスペックが高くデザインも優れているのが特徴です。

街乗り向けのフルサスマウンテンバイク人気おすすめランキング3選

3位

自転車通販 SPEAR

マウンテンバイク アルミフレーム

街乗りで使いたい初心者におすすめ

街乗りに最適なマウンテンバイクです。ディスクブレーキのおかげで瞬時のブレーキングができ、フレームはアルミでできているので軽さも備えています。フルサスマウンテンバイクを始めて購入する方にもおすすめです。

フレーム素材 アルミ タイヤサイズ 26インチ
ブレーキ ディスクブレーキ

口コミを紹介

体重が110kgありますが快適に乗れています。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

アニマート(ANIMATO)

フルサスペンション マウンテンバイク

軽量で使いやすい18段変速バイク

軽量アルミフレームの18段変速マウンテンバイクです。多少の悪路をものともしない走破性を備えており、4色展開なので好みに応じて好きな色を選べます。26インチホイールの使いやすいマウンテンバイクです。

フレーム素材 アルミニウム タイヤサイズ 26インチ
ブレーキ Vブレーキ

口コミを紹介

いやぁ〜、やっぱり赤を選んで正解でした!カッコイイですw
乗り心地も良く、段差や凹凸もスムーズに走れますね〜、ダブルサスペンションの効果は絶大ですw

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Gic(Cycling)

HUMMER DH2618-E

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

デザイン性の高さが魅力のフルサスマウンテンバイク

強靭なボディーと優れたデザイン性が人気のマウンテンバイクです。フルサスペンションでシマノ製18段変速・極太アルミフレームを採用しています。タイヤが太めでグリップ力もあるので、雨天時の走行でも安定感が抜群です。

フレーム素材 アルミ タイヤサイズ 26
ブレーキ Vブレーキ

口コミを紹介

ダイエット目的で買って、どうせならかっこいい自転車が欲しくてこれにしました。
かっこよくて大変満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

街乗り向けのフルサスマウンテンバイクのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 フレーム素材 タイヤサイズ ブレーキ
1
アイテムID:10018928の画像
HUMMER DH2618-E

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

デザイン性の高さが魅力のフルサスマウンテンバイク

アルミ 26 Vブレーキ
2
アイテムID:10018925の画像
フルサスペンション マウンテンバイク

Amazon

詳細を見る

軽量で使いやすい18段変速バイク

アルミニウム 26インチ Vブレーキ
3
アイテムID:10018922の画像
マウンテンバイク アルミフレーム

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

街乗りで使いたい初心者におすすめ

アルミ 26インチ ディスクブレーキ

初心者向けフルサスマウンテンバイクの人気おすすめランキング4選

人間工学に基づいたデザインのマウンテンバイク

軽量でありながら錆に強く、お手入れが簡単なマウンテンバイクです。人間工学に基づいたデザインなので乗りやすく、初心者にも適しています。カラーリングが豊富なので、好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

フレーム素材 カーボンスチール タイヤサイズ 26インチ
ブレーキ ディスクブレーキ
3位

オオトモ(otomo)

カノーバー CAMT-042-DD

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

幅広い路面で快適に使えるタウン仕様

エアロチューブデザインのマウンテンバイクです。シマノ製21段変速ギア・ブロックタイヤ・ロングリーリのサスペンション・前後ディスクブレーキを搭載した、街中のあらゆる地形に対応しています。

 

駐輪時にバランスの崩れにくいスタンドを採用し、外観を損なわないスタイリッシュなデザインが特徴です。

フレーム素材 アルミ タイヤサイズ 26 x 1.95
ブレーキ ディスクブレーキ

口コミを紹介

自転車本体も軽く、フットワークも軽い感じでサイクリングを楽しめています。ギアチェンジもあり坂道なんかも楽しく乗れて居ます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オオトモ(otomo)

カノーバー CAMT-043-DD

24段変速で通勤通学におすすめ

カノーバーのハイエンドクラスのマウンテンバイクの中でも、シマノ24段変速・ブロックタイヤ・前後ディスクブレーキなどを搭載したコスパ最強モデルです。正確かつスムーズな変速ができるのでさまざまな場面に適しています。

フレーム素材 アルミ タイヤサイズ 26×1.95
ブレーキ ディスクブレーキ

口コミを紹介

組み立ても容易にできた、乗り心地はかなり良いです、操作性は、確実にスムーズに作動する、乗るのが楽しみです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

オオトモ(otomo)

Raychell26 MTB-2618RR

安いのに高機能な人気モデル

快適な走行に欠かせないフロント・リアサスペンションやシマノ18段変速を装備した初心者におすすめの人気モデルです。安い価格に対し充分な機能が搭載されているので、マウンテンバイクがはじめての方にも適しています。

フレーム素材 スチール タイヤサイズ 26
ブレーキ Vブレーキ

口コミを紹介

この値段で前後マッドカバー付きでダブルサスペンションなのはありがたい。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向けフルサスマウンテンバイクのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 フレーム素材 タイヤサイズ ブレーキ
1
アイテムID:10018940の画像
Raychell26 MTB-2618RR

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安いのに高機能な人気モデル

スチール 26 Vブレーキ
2
アイテムID:10018937の画像
カノーバー CAMT-043-DD

Amazon

詳細を見る

24段変速で通勤通学におすすめ

アルミ 26×1.95 ディスクブレーキ
3
アイテムID:10018934の画像
カノーバー CAMT-042-DD

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

幅広い路面で快適に使えるタウン仕様

アルミ 26 x 1.95 ディスクブレーキ
4
アイテムID:10018933の画像
メンズマウンテンバイク

Amazon

詳細を見る

人間工学に基づいたデザインのマウンテンバイク

カーボンスチール 26インチ ディスクブレーキ

下記の記事では、マウンテンバイクについて詳しくご紹介しています。合わせてご覧ください。

コスパ最強のフルサスマウンテンバイク人気おすすめランキング3選

3位

Switzsports

MDL31006

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/ 楽天で詳細を見る

街乗りにおすすめの折りたたみタイプ

街乗りにぴったりの折りたたみタイプです。フルサスペンションとスポーツサドルが快適な走行をサポートし、長距離走行にも対応できます。マウンテンバイクでの通勤を検討している方にもおすすめのモデルです。

フレーム素材 スチール タイヤサイズ 26x1.95
ブレーキ Vブレーキ

収納に便利な折りたたみ式バイク

フルサスペンションを採用しているので路面環境に合わせて衝撃を吸収してくれます。使わないときは折りたたんで玄関先での管理や車にも積み込みやすいコスパ最強のマウンテンバイクです。雨天などの滑りやすい路面にも対応できます。

フレーム素材 スチール タイヤサイズ 20
ブレーキ Vブレーキ

口コミを紹介

2年前にも同じ三石製自転車を購入していますがそれより作りが良くなっているのはわかりました

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

高性能なコスパ最強モデル

パワフルな走行性能と収納性を両立した26インチ折りたたみ式マウンテンバイクです。オーバルシェイプのフレームは強度が高く、マウンテンバイク用にY字型のフルサスペンションフレームを備えています。

フレーム素材 ハイテンスチール タイヤサイズ 26×1.95インチ
ブレーキ ディスクブレーキ

コスパ最強のフルサスマウンテンバイクおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 フレーム素材 タイヤサイズ ブレーキ
1
アイテムID:10018953の画像
AFM-001

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

高性能なコスパ最強モデル

ハイテンスチール 26×1.95インチ ディスクブレーキ
2
アイテムID:10018950の画像
AJ-01N

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

収納に便利な折りたたみ式バイク

スチール 20 Vブレーキ
3
アイテムID:10018947の画像
MDL31006

楽天

詳細を見る

街乗りにおすすめの折りたたみタイプ

スチール 26x1.95 Vブレーキ

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

\ポイント5倍キャンペーン開催中!!/ 楽天売れ筋ランキング
\5のつく日キャンペーン開催中!!/ Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

フルサスマウンテンバイクのメリット・デメリット

フルサスマウンテンバイクは前後にサスペンションを設けているため、どちら側に衝撃がかかってもショックを吸収しやすい点が特徴です。特に悪路を走行する時には大きな助けになり、微調整によるカスタマイズもできます。

 

一方で、リヤサスペンションがある分車体が重くなる点はデメリットです。乗っている間は快適な走行性を楽しめますが、押して歩いたりする場合はやや扱いづらいです。メリット・デメリットを比較して選んでみてください。

マウンテンバイクを大切に保管するために自転車カバーがおすすめ

お気に入りのマウンテンバイクを手に入れても、大切に保管しなければ劣化が早まるだけです。そこでおすすめなのが自転車カバーです。自転車カバーにもさまざまな特徴を備えたものが多数展開しています。

 

以下の記事では自転車カバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

安全のためにヘルメットもチェックしよう

マウンテンバイクは、一般的なシティサイクルに比べてスピードが出やすい特徴があります。スピードが出やすいと、それだけ転倒したときのケガのリスクが高まります。特に頭を守るためにもヘルメットは必要不可欠です。

 

以下の記事では、ロードバイク用ヘルメットの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

10万円以下の高性能バイクが欲しい方は中古や型落ちがおすすめ

高性能のマウンテンバイクは価格が高く、安いスクーターが買えてしまうくらいの金額です。レースで使えるような高性能かつ安いマウンテンバイクが欲しい方は中古や型落ち品で検討してみるのをおすすめします。

 

中古であれば10万以下でも高性能のフルサスマウンテンバイクが見つかる可能性があります。ただし、中古は1点物なので、売りに出されている質はさまざまです。しっかりと確認してから購入してみてください。

まとめ

ここまでフルサスマウンテンバイクの選び方と人気おすすめ商品をランキング形式でご紹介してきました。安い価格で高い機能性を備えたコスパ最強のフルサスマウンテンバイクを見つけたい方は、ぜひこの記事を参考にして選んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年08月09日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2022年版】街乗りマウンテンバイク(mtb)の人気おすすめランキング10選【街乗りにも】

【2022年版】街乗りマウンテンバイク(mtb)の人気おすすめランキング10選【街乗りにも】

自転車
ハードテイルマウンテンバイクのおすすめ人気ランキング10選【コスパ最強商品も】

ハードテイルマウンテンバイクのおすすめ人気ランキング10選【コスパ最強商品も】

自転車
クロモリのマウンテンバイク人気おすすめランキング10選【2022年版】

クロモリのマウンテンバイク人気おすすめランキング10選【2022年版】

自転車
【2022年最新版】GTのマウンテンバイクの人気おすすめランキング10選

【2022年最新版】GTのマウンテンバイクの人気おすすめランキング10選

自転車
通学向け自転車のおすすめ人気ランキング25選【高校生にも】

通学向け自転車のおすすめ人気ランキング25選【高校生にも】

自転車
【2022最新】e-bikeのおすすめ人気ランキング20選【クロスバイクタイプも】

【2022最新】e-bikeのおすすめ人気ランキング20選【クロスバイクタイプも】

自転車