ハードテイルマウンテンバイクの人気おすすめランキング10選【フルサスタイプも】

記事ID14287のサムネイル画像

ハードテイルマウンテンバイクはマウンテンバイクの中でも街乗りに適したバイクで、価格も比較的リーズナブルな点が魅力です。しかし、実際に選ぶとなると、何を基準に選べばいいのかわかりにくいのも事実です。そこで今回はハードテイルマウンテンバイクの選び方とランキングを紹介します。

フロントにサスペンションがついたマウンテンバイク

ハードテイルマウンテンバイクとは、路面からの衝撃を吸収するサスペンションがフロント部分についたマウンテンバイクのことで、後ろにサスペンションが無く硬いことから、硬いシッポの意味である「ハードテイル」と名付けられています。

 

現在、スポーツ自転車は一時期に比べて人気が低迷していますが、実はマウンテンバイクに関しては1店舗あたりの車種別平均販売台数は増減率が横ばいになっており、安定した人気を誇っているんです!

 

そこで今回は、ハードテイルマウンテンバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは用途・ホイール・フレーム素材の3つを基準に作成しました。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

マウンテンバイクの特徴

マウンテンバイクは、太くてゴツゴツとしたタイヤに、頑丈なフレーム、モトクロスのようなサスペンションやディスクブレーキを備えている点が特徴で、未舗装のオフロードやトレイルのような、シティサイクルでは走破できない道でも走破できます。

 

マウンテンバイク競技としては、4Xやダートジャンプといったものがありますが、近年では通勤通学でも利用されはじめており、おしゃれなデザイン性や、乗り心地の良さに注目が集まっています。

 

これまではスポーツ競技のための自転車というイメージがありましたが、近年ではマウンテンバイクは身近な自転車になりつつあります。

ハードテイルのマウンテンバイクとは

マウンテンバイクの中でも、ハードテイルマウンテンバイクは、他のマウンテンバイクに比べて軽量・メンテナンスの簡易さ・技術の向上に役立つなどメリットがたくさんあります。

フルサスペンションに比べて軽量

ハードテイルは、サスペンションがフロントだけに装備されているマウンテンバイクなため、サスペンションが前後に装備されているフルサスペンションに比べておよそ1kg以上軽量になっています。

 

後に紹介しますが、クロスカントリーなど、長い上り坂を走る際に、ハードテイルの強みをいかすことができます。

メンテナンスが簡単

ハードテイルマウンテンバイクは、衝撃を吸収するリアサスペンションが装備されていないため、リアサスに関連するさまざまな複雑なパーツも存在しない、極めてシンプルな構造をしています。

 

そのため自転車の性能を維持するためのメンテナンスやクリーニングが非常に簡単というメリットがあります。

ダウンヒルや階段で技術を磨ける

一般的にダウンヒルや階段にハードテイルマンテンバイクはあわないと言われています。その理由は、障害物が多く難易度が高いため、フロントにしかサスペンションがないハードテイルではそれなりの技術が求められるからです。

 

しかし逆に考えると、そのようなダウンヒルや階段でハードテイルを使えばハンドル操作などの基礎技術を磨くことができることになります。つまり、初心者や中級者がダウンヒルでハードテイルを使えば上級者に近づくことができることになります。

ハードテイルマウンテンバイクの選び方

ハードテイルマンテンバイクの選び方にはいくつかのポイントがあります。以下ではハードテイルマウンテンバイク選びで失敗しないためのポイントを紹介します。

用途で選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクをどのような用途で使うかによって、選び方にも違いが出てきます。

4Xやダートジャンプで使うなら「コンパクトモデル」がおすすめ

4Xとは短距離コースを複数のマウンテンバイクで走る競技で、ダートジャンプとはジャンプ台でさまざまなトリックを競う競技です。この2つの競技に共通する点は、小回りが利くフレームが求められる点にあります。

 

4Xではスローラムなど小回りが求められ、ダートジャンプではトリックを決めるために短いフレームが求められます。このような点から、4Xやダートジャンプではコンパクトモデルがおすすめです。

クロスカントリー系競技で使うなら「軽量モデル」がおすすめ

基本的にマウンテンバイク競技は、山の斜面を下る競技が多くを占めており、安定感が求められるため、マシンは重量があります。しかし、クロスカントリー系競技はこれとは別で、長距離コースで長い登り坂が存在している場合があります。

 

このようなコースではマシン自体が重いとスピードに乗ることが出来ず、体力を大きく消耗してしまいます。そこでクロスカントリー系競技では軽量性を重視したハードテイルマウンテンバイクがおすすめです。

通勤通学など街乗りに使うなら「低価格モデル」がおすすめ

ハードテイルマウンテンバイクを通勤通学など街乗りに使用するなら、緻密な設計や軽さはそれほど重視しなくても十分対応できるマシンがたくさん展開しています。ハードテイルマウンテンバイクの価格は、ほぼこの緻密な設計や軽さに左右されています。

 

そのため、通勤通学など街乗りに使うなら、高価なハードテイルマンテンバイクではなく、低価格なハードテイルマンテンバイクがおすすめです。

初心者には「軽量で安いモデル」がおすすめ

今までシティサイクルを使用していて、買い替えと同時にはじめてマウンテンバイクを選ぶという方には、軽量で安いモデルがおすすめです。はじめてのマウンテンバイクが重いと、扱いにくく、転倒など危険を招くおそれがあります。

 

また、いきなり高価なマウンテンバイクを手にしてしまうと、「思っていたのと違う」ということも起こり得ます。そこで初心者には扱いやすい軽量で、失敗してもあきらめがつく安いモデルがおすすめです。

ホイールの大きさで選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクのホイールの大きさは、主に26インチ、27.5インチ、29インチに分かれています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

「操作性を重視」するなら26インチがおすすめ

26インチのホイールを採用するハードテイルマウンテンバイクは、外径が他のホイールと比べて小さいことによる高いホイール剛性と旋回性によるハンドリングが魅力です。操作性が優れているので操ることを楽しむライディングと信頼性の高さが魅力です。

「操作性と安定性」の双方をバランスよく感じられる27.5インチ

27.5インチのホイールを採用するハードテイルマウンテンバイクは、26インチホイールに近いハンドリングと取り回し、さらに、29インチホイールに近い走破性と巡行性能と安定感を備えています。

 

そのため、26インチと29インチホイールのいいとこどりのホイールと呼ばれ、様々なシチュエーションで高い走行性能を発揮する点が魅力とされています。

「安定性を重視」するなら29インチ

29インチホイールを採用したハードテイルマウンテンバイクは、大きな外径のホイールにより障害物を乗り越える高い走破性、大きな接地面積の高いグリップ性能による登坂性能と安定性、速度維持しやすい巡航性が特徴です。

 

長い距離やハードな路面で高い性能を発揮することが魅力です。

フレーム素材で選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクのフレーム素材には、クロモリ、アルミ、カーボンが主に使われています。それぞれの特徴を把握して、自分にあったものを選びましょう。

乗り心地と耐久性を重視するなら「クロモリ」がおすすめ

クロモリとは、バネや鋼材に使われる素材で、本名はクロームモリブデン鋼で、鉄にクロムやモリブデンなどを配合した合金で自転車のフレームに使うパイプとしては最も歴史の長い素材です。

 

クロモリの特徴は、バネ性に優れており、しなって乗り心地がよく、剛性が高いので耐久性に優れている点にあります。

錆びが気になり、軽量性を追求するなら「アルミ」

アルミは、錆びにくく、軽いという点が魅力の素材です。アルミが錆びにくい理由は、表面が大気中で自然に酸化被膜に覆われて、自らが腐食しないように耐えていることがあげられます。

 

硬くてかっちりとした優れた乗り心地を得られ、それでいて錆びにくく長持ちする点が人気になっています。

振動吸収性を追求するなら「カーボン」

カーボンは、釣り竿やゴルフクラブに多く利用される素材で、自転車のフレームとしても採用されるようになっています。そのカーボンの特徴は、とてもしなやかで軽量で、振動吸収性が高い点が特徴です。

 

素晴らしい素材である反面、価格が高いという点がデメリットになっています。

耐久性を重視するなら「ステンレス」

ステンレスを使用したフレームの特徴は、何といっても耐久性にあります。さらにステンレスは見た目がとても美しいため、塗装を必要とせず、そのまま表面を磨くデザインが多い点も特徴です。

 

また、衝撃吸収性に優れているので、オフロードを走行することを想定しているマウンテンバイクにピッタリな素材と言われています。

ブレーキで選ぶ

マウンテンバイクのブレーキシステムは主に、ディスクブレーキとVブレーキが採用されています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

制動力を重視するなら「ディスクブレーキ」がおすすめ

ディスクブレーキは、真ん中についているローターを、ブレーキキャリパーと呼ばれる部分で挟み込むことでブレーキをかけるもので、制動力に優れたブレーキシステムとよばれています。

 

その理由は、泥などの影響を受けにくい場所にブレーキのローターパッドがある点にあり、泥や雪などの悪状況でも確実な制動力が得られ、高速走行でもブレーキが効きやすいといわれています。

メンテナンスが面倒な方には「Vブレーキ」がおすすめ

Vブレーキは、ディスクブレーキに比べて制動力は多少劣りますが、それでも一般的なシティサイクルに比べれば制動力は増しています。さらに部品数が少ないため、メンテナンスも簡単で、メンテナンスが苦手という方からは多くの人気を集めています。

 

さらに軽量なため、通勤通学などの街乗りに使用するという方にはおすすめのブレーキシステムです。

機能性で選ぶ

マウンテンバイクには、快適な乗り心地を実現するためにさまざまな機能性を備えたものが展開しています。

ダウンヒル、ヒルクライム、街乗りに応じて「ギア数」を選ぶ

マウンテンバイクの変速ギア段数はおおよそ7~24段になっています。細かい段数がある理由は、使いみちに合わせて必要な段数を選べるためです。

 

例えば、山を駆け降りる競技であるダウンヒルは、多くのギアは必要なく、山道を登るヒルクライムでは細かいギアの調節が必要になります。このように、ダウンヒル、ヒルクライム、街乗りによって必要な段数を選びましょう。

体力や筋力に自信がないなら「電動アシスト」機能付きがおすすめ

近年、シティサイクルなどで流行している電動アシスト機能付き自転車ですが、マウンテンバイクにも電動アシスト機能付きが販売されています。オフロード走行に必要な性能はそのままに、電動アシスト機能で通常よりもずっとラクに坂を上ることができます

 

体力に自信がないという女性やシニア世代の方におすすめの機能です。

街乗り向けハードテイルマウンテンバイクの人気おすすめランキング5選

5位

KINGTTU JP

EUROBIKE MTB S7

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りにおすすめのおしゃれなマウンテンバイク

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、ホイールに27.5インチを採用したバランスを重視したマウンテンバイクです。小回りが利き、安定感も兼ね備えたホイールは、L字の交差点でもスムーズに曲がることができ、オフロードでも安定した走行を実現します。

用途街乗りホイール27.5
フレーム素材ブレーキ前後ディスクブレーキ

口コミを紹介

通販で心配でしたが、181センチの自分にぴったりの自転車でした。
見た目も写真よりカッコよく
状態も奇麗で満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

GT

AVALANCHE SPORT

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プレミアムハードテイルMTB

長いGTの歴史の中でも最も息が長いアバランチェのプレミアムハードテイルモデルです。新しい「フローテキングステー・トリプルとライアングル」が、しなやかなフレームを生み出し、路面を舐めるリアタイヤと相まって、優れた乗り心地を実現しています。

 

街乗りはもちろん、通勤通学などで長い時間乗っていても疲れることがないおすすめのハードテイルマンテンバイクです。

用途全てホイール29
フレーム素材アルミブレーキ油圧式ディスクブレーキ

口コミを紹介

身長が192cm、なかなかこの身長にあうバイクがなくこもっていたけど、これは最適です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

3位

MUDDY FOX DIRT

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

MTBの規範となる仕様をフル装備

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、サスペンションは、手元にロックアウトコントロールレバーを搭載、もちろんハイドロディスクブレーキも標準装備された人気のマウンテンバイクです。

用途街乗りホイール27.5
フレーム素材アルミブレーキ油圧式ディスクブレーキ

口コミを紹介

反射板前後についておりスタンドもありがたい。街乗りや砂利道の走行など使いやすい

出典:https://review.rakuten.co.jp

2位

GT

AGGRESSOR SPORT

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街に映えるハードテイルマウンテンバイク

こちらは、GTから発売されているAGGRESSORで、オフロードのトレイルにも対応する堅牢さと快適さが特徴の、街に映えるハードテイルマウンテンバイクです。自転車におけるSUVときわれ、優れたハンドリングと堅牢な構造、そして快適な乗り心地が特徴です。

 

通勤通学などの街乗りから、林道、キャンプ、友達とのサイクリングなど、あらゆるシチュエーションに対応する人気のマウンテンバイクです。

用途全てホイール27.5
フレーム素材アルミブレーキ機械式ディスクブレーキ

口コミを紹介

迷ったらシアンブルー。差し色のイエローと相まって、とてもカッコ良い。ディスクブレーキがキラキラと輝いて渋い。やはりマウンテンバイクはGTと思わせる品質。

出典:https://review.rakuten.co.jp

1位

GT

PALOMAR ALLOY

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GT伝統のテクノロジーを搭載したエントリーMTB

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、GT伝統のテクノロジーを搭載したエントリーモデルで、毎日の通勤や通学に、気兼ねなく使えるマウンテンバイクです。日常の行動を広げてくれるポテンシャルを持ちます。

 

通勤通学など街乗りとしてだけではなく、本格的なレース用い使われるフレームやタイヤを装備しており、オフロード走行にも対応します。

用途街乗りホイール27.5
フレーム素材アルミブレーキVブレーキ

口コミを紹介

ホイールサイズ27.5に 乗ってみたくて 買いました。 信頼できるブランドで一番廉価なものを選びましたが コスパ高く良い商品で良かったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

街乗り向けハードテイルマウンテンバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6021464の画像

    GT

  • 2
    アイテムID:6021523の画像

    GT

  • 3
    アイテムID:6021658の画像

  • 4
    アイテムID:6021981の画像

    GT

  • 5
    アイテムID:6022589の画像

    KINGTTU JP

  • 商品名
  • PALOMAR ALLOY
  • AGGRESSOR SPORT
  • MUDDY FOX DIRT
  • AVALANCHE SPORT
  • EUROBIKE MTB S7
  • 特徴
  • GT伝統のテクノロジーを搭載したエントリーMTB
  • 街に映えるハードテイルマウンテンバイク
  • MTBの規範となる仕様をフル装備
  • プレミアムハードテイルMTB
  • 街乗りにおすすめのおしゃれなマウンテンバイク
  • 価格
  • 42372円(税込)
  • 51282円(税込)
  • 60280円(税込)
  • 71082円(税込)
  • 29980円(税込)
  • 用途
  • 街乗り
  • 全て
  • 街乗り
  • 全て
  • 街乗り
  • ホイール
  • 27.5
  • 27.5
  • 27.5
  • 29
  • 27.5
  • フレーム素材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • ブレーキ
  • Vブレーキ
  • 機械式ディスクブレーキ
  • 油圧式ディスクブレーキ
  • 油圧式ディスクブレーキ
  • 前後ディスクブレーキ

初心者向けハードテイルマウンテンバイクの人気おすすめランキング5選

5位

SPEAR

Viking Bike

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走破性の高い初心者向けマウンテンバイク

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、27.5インチ仕様で走破性の高い初心者向けマウンテンバイクです。フロントサスペンションが段差での衝撃を緩和し、はじめてマウンテンバイクに乗るという方にも乗りこなしやすいスモールブロックタイヤを採用しています。

 

また、ブレーキには制動力の高い前後Vブレーキを搭載しているので、ちょっとブレーキが遅れてもしっかりと止まることができます。

用途街乗りホイール27.5
フレーム素材アルミブレーキ前後Vブレーキ

口コミを紹介

ママチャリではない街乗りで使う自転車が欲しくて、このルック車を購入しました。購入から街中を約100km走ってますが、全く問題なく使えています。

出典:https://review.rakuten.co.jp

4位

自転車通販 SPEAR

SPM-2621 Tourney

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ド迫力のフォルムがスポーティーでかっこいい

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、ド迫力のフォルムがスポーティーでかっこいいと人気のマウンテンバイクです。前後ディスクブレーキにアルミフレーム、シマノ製21段変速ギアを搭載しています。

 

実際のカラーリングは派手ではなく、おしゃれなイメージなため、通勤通学用として使用する人も多く、男女性別を問わず人気のマウンテンバイクです。

用途全てホイール26
フレーム素材アルミブレーキ前後ディスクブレーキ

口コミを紹介

片道5kmの通勤に使ってます。
体重が110kgありますが快適に乗れています。
届いた時の組立も少しですし必要な工具も入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

オオトモ(otomo)

CANOVER CAMT-043-DD

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街中のあらゆる地形に対応

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、SHIMANO24段変速ギア、オフロードでもしっかりと走れるブロックタイヤ、ロングリーチのサスペンションに前後ディスクブレーキを搭載したCANOVERのハイエンドマウンテンバイクです。

 

ホイールは26インチを採用しているのでコンパクトで小回りが利き、フロントフォークの振動吸収により、街中での段差や溝でも衝撃を緩和でき、路面から離れることなく走行できます。

用途全てホイール26
フレーム素材アルミブレーキ前後ディスクブレーキ

口コミを紹介

組み立ても一時間くらいでチェンジレバーの調整もなくいい感じに出来上がりました。
初めてのMTBでしたが乗っても楽しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

KINGTTU JP

EUROBIKE MTB X1-27.5

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強モデル

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、通勤通学や買い物などの街乗りから、オフロード走行まで幅広く使える人気のマウンテンバイクで、SHIMANO製21段変速ギアを備えて3万円以下で手に入るというコスパ最強な点が特徴です。

用途全てホイール27.5
フレーム素材ブレーキディスクブレーキ

口コミを紹介

組み立て調整が簡単ですし、27.5インチで段差も軽々と乗り越えて楽ちん! 価格のわりにはGOODです。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GT

AVALANCHE EXPERT

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

GTを代表するロングセラーバイク

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、パワーを逃さないヒルクライムと俊敏なダウンヒルに使える、GTを代表するロングセラーのマウンテンバイクで、初心者が基礎技術を磨くのにはうってつけのモデルです。

 

金型内に置いた管材に高内圧と軸荷重(軸押込み)を負荷して変形させ,金型に沿った形状に成形する加工技術であるハイドロフォーミングを採用、ハイエンドなアルミフレームにロックが可能な100mmトラベルのフロントサスペンションを備えています。

用途ダウンヒル/ヒルクライムホイール27.5
フレーム素材アルミブレーキ油圧式ディスクブレーキ

口コミを紹介

1995年のリジット アバランチェ以来のMTB!HPでみてフレームラインの美しさとcoolなマットブラックにヤラれました。実車を見られなかったからSフレームでデザインを心配しましたがシャープで良い感じ。フロントサスのリモートロックもガチガチに固定される訳じゃないので乗っていて楽です。

出典:https://review.rakuten.co.jp

初心者向けハードテイルマウンテンバイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6021808の画像

    GT

  • 2
    アイテムID:6022249の画像

    KINGTTU JP

  • 3
    アイテムID:6022277の画像

    オオトモ(otomo)

  • 4
    アイテムID:6022319の画像

    自転車通販 SPEAR

  • 5
    アイテムID:6022578の画像

    SPEAR

  • 商品名
  • AVALANCHE EXPERT
  • EUROBIKE MTB X1-27.5
  • CANOVER CAMT-043-DD
  • SPM-2621 Tourney
  • Viking Bike
  • 特徴
  • GTを代表するロングセラーバイク
  • コスパ最強モデル
  • 街中のあらゆる地形に対応
  • ド迫力のフォルムがスポーティーでかっこいい
  • 走破性の高い初心者向けマウンテンバイク
  • 価格
  • 136620円(税込)
  • 27980円(税込)
  • 31307円(税込)
  • 27800円(税込)
  • 25080円(税込)
  • 用途
  • ダウンヒル/ヒルクライム
  • 全て
  • 全て
  • 全て
  • 街乗り
  • ホイール
  • 27.5
  • 27.5
  • 26
  • 26
  • 27.5
  • フレーム素材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • ブレーキ
  • 油圧式ディスクブレーキ
  • ディスクブレーキ
  • 前後ディスクブレーキ
  • 前後ディスクブレーキ
  • 前後Vブレーキ

マウンテンバイクを長持ちさせるためには自転車カバーがおすすめ

お気に入りのハードテイルマウンテンバイクを手に入れても、屋外で雨ざらしで保管していれば、雨やほこりにまみれて、それだけ劣化もすすんでしまいます。そこでおすすめなのが自転車カバーです。

 

以下の記事では自転車カバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

今回の記事ではを用途・ホイール・フレーム素材を基準にハードテイルマウンテンバイクのおすすめ商品を紹介させていただきましたが、以下の記事では、マウンテンバイクについて紹介しているので、こちらも併せてご覧ください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年10月28日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ