ハードテイルマウンテンバイクのおすすめ人気ランキング10選【コスパ最強商品も】

ハードテイルマウンテンバイクは街乗りに適したバイクで、価格も安い点が魅力です。しかし、ディスクブレーキ・フロントフォークなど、厳選するパーツの種類が多く、どれを選べばいいのかわかりにくいのも事実です。そこで今回はハードテイルマウンテンバイクの選び方とランキングを紹介します。

・当サービスに掲載された情報は、編集部のリサーチ情報を掲載しております。記載の内容について(タイトル、商品概要、価格、スペック等)不備がある場合がございます。また、画像はイメージであり内容を保証するものではございません。詳細については、各EC/サービスサイトでご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。 なお、当ウェブページの情報を利用することによって発生したいかなる障害や損害についても、当社は一切責任を負いかねますので、予めご理解いただけますようお願い申し上げます。

・商品PRを目的とした記事です。gooランキングは、Amazon.co.jpアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。 当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部がgooランキングに還元されます。

※Amazonおよびこれらに関連するすべての商標は、Amazon.com, Inc.又はその関連会社の商標です。

今回の記事ではハードテイルマウンテンバイクの人気おすすめランキングを紹介していますが、下記の記事ではマウンテンバイクについて紹介しています。ぜひ参考にしてください。

マウンテンバイク(MTB)をはじめるならハードテイルがおすすめ

マウンテンバイク(MTB)の特徴の1つにサスペンションがあります。前輪にだけサスペンションが付いているマウンテンバイクを「ハードテイル」前後にあるものを「フルサス(フルサスペンション)」と呼びます。

 

ハードテイルマウンテンバイクは、後輪部分にサスペンションがなく硬いことから「硬いシッポ」という意味で「ハードテイル」と呼ばれるようになりました。マウンテンバイクの中でも街乗りに適したバイクで、価格も安い点が魅力です。

 

そこで今回は、ハードテイルマウンテンバイクの選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介します。ランキングは用途・ホイール・フレーム素材の3つを基準に作成しました。本記事を参考に、あなたにとって最高峰のハードテイルバイクを見つけましょう。

【結論コレ!】編集部イチ推しのおすすめ商品

街乗り向けハードテイルのおすすめ

1位

MARIN

BOLINAS RIDGE 2

価格: 57,420円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインで通勤等街乗りにも最適

BOLINAS RIDGE(ボリナスリッジ)2は、通勤通学の街乗りからゆるやかなトレイルまで対応したハードテイルマウンテンバイク。スタイリッシュなデザインは街中の走行でも違和感がなく、太いタイヤはパンクや雨に日にも強いです。

基本情報
用途 街乗り・緩やかなトレイル
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ ディスク

初心者向けハードテイルのおすすめ

1位

GT

AVALANCHE EXPERT

価格: 136,620円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒルクライム・ダウンヒルに使えるGTを代表するロングセラー

パワーを逃さないヒルクライムと俊敏なダウンヒルに使える、GTを代表するロングセラーのハードテイルマウンテンバイク。初心者が基礎技術を磨くのにはうってつけのモデルです。

 

ハイエンドなアルミフレームにロックが可能な100mmトラベルのフロントサスペンションを装備しています。

基本情報
用途 ダウンヒル/ヒルクライム
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ

ハードテイルマウンテンバイクの選び方

ハードテイルマンテンバイクの選び方にはいくつかのポイントがあります。以下ではハードテイルマウンテンバイク選びで失敗しないためのポイントを紹介します。

用途で選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクをどのような用途で使うかによって、選び方にも違いが出てきます。

4Xやダートジャンプで使うならトリックしやすい「コンパクトモデル」がおすすめ

4Xとは短距離コースを複数のマウンテンバイクで走る競技で、ダートジャンプとはジャンプ台でさまざまなトリックを競う競技です。この2つの競技に共通する点は、小回りが利くフレームが求められる点にあります。

 

4Xではスローラムなど小回りが求められ、ダートジャンプではトリックしやすいために短いフレームが求められます。このような点から、4Xやダートジャンプではコンパクトモデルがおすすめです。

クロスカントリー系競技ならの10kg以下の「軽量モデル」がおすすめ

基本的にマウンテンバイク競技は、山の斜面を下る競技が多くを占めており、安定感が求められるため、マシンは重量があります。しかし、クロスカントリー系競技はこれとは別で、長距離コースで長い登り坂が存在している場合があります。

 

このようなコースではマシン自体が重いとスピードに乗ることが出来ず、体力を大きく消耗してしまいます。そこでクロスカントリー系競技では10kg以下の軽量性を重視したハードテイルマウンテンバイクがおすすめです。

通勤通学など街乗りに使うなら「安い価格」がおすすめ

ハードテイルマウンテンバイクを通勤通学など街乗りに使用するなら、緻密な設計や軽さはそれほど重視しなくても十分対応できるマシンがたくさん展開しています。ハードテイルマウンテンバイクの価格は、ほぼこの緻密な設計や軽さに左右されています。

 

そのため、通勤通学など街乗りに使うなら、高価なハードテイルマンテンバイクではなく安い価格のハードテイルマンテンバイクがおすすめです。

初心者には「軽量で安いモデル」がコスパ最強でおすすめ

今までシティサイクルを使用していて、買い替えと同時にはじめてマウンテンバイクを選ぶという方には、軽量で安いモデルがおすすめです。はじめてのマウンテンバイクが重いと、扱いにくく、転倒など危険を招くおそれがあります。

 

また、いきなり高価なマウンテンバイクを手にしてしまうと、「思っていたのと違う」ということも起こり得ます。そこで初心者には扱いやすい軽量で、失敗してもあきらめがつく安いモデルがコスパ最強でおすすめです。

ホイールの大きさで選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクのホイールの大きさは、主に26インチ、27.5インチ、29インチに分かれています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

「操作性を重視」するなら26インチがおすすめ

26インチのホイールを採用するハードテイルマウンテンバイクは、外径が他のホイールと比べて小さいことによる高いホイール剛性と旋回性によるハンドリングが魅力。操作性が優れているため操ることを楽しむライディングをしたい方におすすめです。

「操作性と安定性」の双方をバランスよく感じられる27.5インチがおすすめ

27.5インチのホイールを採用するハードテイルマウンテンバイクは、26インチホイールに近いハンドリングと取り回し、さらに、29インチホイールに近い走破性と巡行性能と安定感を備えています。

 

そのため、26インチと29インチホイールのいいとこどりのホイールと呼ばれ、様々なシチュエーションで高い走行性能を発揮する点が魅力です。

「安定性を重視」するなら29インチがおすすめ

29インチホイールを採用したハードテイルマウンテンバイクは、大きな外径のホイールにより障害物を乗り越える高い走破性、大きな接地面積の高いグリップ性能による登坂性能と安定性、速度維持しやすい巡航性が特徴。

 

長い距離やハードな路面で高い性能を発揮することが魅力です。

フレーム素材で選ぶ

ハードテイルマウンテンバイクのフレーム素材には、クロモリ・アルミ・カーボンが主に使われています。それぞれの特徴を把握して、自分にあったものを選びましょう。

ロングライドなら最高峰の乗り心地と耐久性の「クロモリ」がおすすめ

クロモリとは、バネや鋼材に使われる素材。正式には「クロームモリブデン鋼」といい、鉄にクロムやモリブデンなどを配合した合金です。自転車のフレームに使うパイプとしては最も歴史の長い素材です。

 

クロモリはバネ性に優れており、しなって乗り心地がよく、剛性が高いので耐久性に優れているのでロングライドでも疲れません。最高峰の乗り心地を体験できます。

錆びが気になり、軽量性を追求するなら「アルミ」がおすすめ

アルミは、錆びにくく、軽いという点が魅力の素材です。アルミが錆びにくい理由は、表面が大気中で自然に酸化被膜に覆われて、自らが腐食しないように耐えていることがあげられます。

 

硬くてかっちりとした優れた乗り心地を得られ、それでいて錆びにくく長持ちする点が人気になっています。

振動吸収性を追求するなら「カーボン」がおすすめ

カーボンは釣り竿やゴルフクラブに多く利用される素材で、自転車のフレームとしても採用されています。カーボンはとてもしなやかで軽量、振動吸収性が高い点が特徴。価格が高いのが難点ですが、フレームに最適な素材です。

耐久性を重視するなら「ステンレス」がおすすめ

ステンレスを使用したフレームの特徴は、何といっても耐久性にあります。さらにステンレスは見た目がとても美しいため、塗装を必要とせず、そのまま表面を磨くデザインが多い点も特徴です。

 

また、衝撃吸収性に優れているので、オフロードを走行することを想定しているマウンテンバイクにピッタリな素材と言われています。

ブレーキで選ぶ

マウンテンバイクのブレーキシステムは主に、ディスクブレーキとVブレーキが採用されています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

制動力を重視するなら「ディスクブレーキ」がおすすめ

ディスクブレーキは、真ん中についているローターを、ブレーキキャリパーと呼ばれる部分で挟み込むことでブレーキをかけるもので、Vブレーキに比べ制動力に優れたブレーキシステムと言えます。

 

泥などの影響を受けにくい場所にブレーキのローターパッドがあり、泥や雪などの悪状況でも確実な制動力が得られ、高速走行でもブレーキが効きやすいです。

メンテナンスが面倒な方には「Vブレーキ」がおすすめ

Vブレーキは、ディスクブレーキに比べて制動力は多少劣りますが、それでも一般的なシティサイクルに比べれば制動力は増しています。さらに部品数が少ないため、メンテナンスも簡単で、メンテナンスが苦手という方からは多くの人気を集めています。

 

さらに軽量なため、通勤通学などの街乗りに使用するという方にはおすすめのブレーキシステムです。

機能性で選ぶ

マウンテンバイクは、快適な乗り心地を実現するためにさまざまな機能性を備えたものが展開しています。

トレイルラン・街乗りに応じて「ギア数」を選ぶのがおすすめ

マウンテンバイクの変速ギア段数はおおよそ7~24段になっています。細かい段数がある理由は、使いみちに合わせて最適なギアを選ぶためです。例えば、山を駆け降りる競技であるダウンヒルは多くのギアは必要ありません。

 

反対に、山道を登るヒルクライムでは細かいギアの調節が必須です。このようにトレイルラン・街乗りによって必要なギアが変わります

体力や筋力に自信がないなら「電動アシスト」機能付きがおすすめ

電動アシスト機能付き自転車が普及していますが、マウンテンバイクにも電動アシスト機能付き(e-bike)が販売されています。オフロード走行に必要な性能はそのままに、電動アシスト機能で通常よりもずっとラクに坂を上ることができます。

 

体力に自信がないという女性やシニア世代の方におすすめの機能です。

「コンポーネント」をチェック

コンポーネントとは大まかに言うと自転車のフレームとタイヤを除いた各パーツの総称です。そのためブレーキやギアも含まれます。コンポーネントで選ぶ場合、マウンテンバイクの知識もかなり必要となるため、初心者は余り気にしなくてもいいでしょう。

 

マウンテンバイクの知識を身に付けてきたなら、好きなパーツに交換したり、あるいはフレームとタイヤ、そしてコンポーネントを好きな物を選んで組み立てるという選択もあります。

「ハンドル幅・フロントフォーク」を確認

マウンテンバイクにはハンドルの幅が60cm以上の製品があります。道路交通法では60cm以上幅がある自転車は、自転車専用レーンを走ることは認められず、車道を走らなければなりません

 

街乗りで使用したいなら車道しか走れないのは、返って危険になる状況も考えられます。そのため、60cm以下のハンドル幅のマウンテンバイクを購入するようにしましょう。フロントフォークには、動きのよいサスペンションが装備してあるものがおすすめです。

GTやTREKなど「人気メーカー」のものをチェック

結局どれを選べばいいかわからない方はGTやTREKなど人気メーカーのものから選んでみるのもおすすめです。価格は高くなりますが人気メーカーのものは愛用者も多いので口コミなどの意見が参考になります。

街乗り向けハードテイルの人気おすすめランキング5選

5位

BIANCHI

MAGMA 7.2

価格: 83,600円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い汎用性のあるおしゃれなフレームの最高峰エントリーモデル

オンロードとオフロードのレジャーライドに最適な最高峰エントリーモデル。タイヤサイズは27.5インチで、イタリアンデザインのフレームは街の風景にも似合います。通勤やトレッキング用アクセサリーの装着が可能で汎用性が高いです。

基本情報
用途 街乗り
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ
4位

GT

AVALANCHE SPORT

価格: 71,082円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

10kg以下の軽量アルミフレームを採用したロングライドにもおすすめのMTB

GTの中でも最も長い歴史を持つAVALANCHE(アバランチェ)のプレミアムハードテイルモデルです。新しいフローテキングステー・トリプルとライアングルが、しなやかなフレームを生み出しました。10kg以下の軽量アルミフレームが魅力です。

 

路面を舐めるリアタイヤと相まって、優れた乗り心地を実現しています。軽量なアルミを採用し街乗りはもちろん、通勤通学などでロングライドでも疲れることがないおすすめのハードテイルマンテンバイクです。

基本情報
用途 全て
ホイール 29
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ
3位

ARAYA

MUDDY FOX DIRT

価格: 56,900円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディスクブレーキも標準装備

ハイドロ(油圧)ディスクブレーキも標準装備しており、天候や路面の影響を受けにくいです。また、ブレーキケーブルはフレームのM5ボルト台座にクランプ型クリップでしっかりと固定されています。

 

タイヤサイズは27.5インチで、乗りやすく街乗りにも対応しています。

基本情報
用途 街乗り
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ
2位

MERIDA

MATTS 6.10-MD

価格: 59,301円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常使いに最適な価格の安いハードテイルマウンテンバイク

MERIDA(メリダ)は台湾の人気スポーツサイクルメーカー。コスパに優れた製品が多く、その中でもMATTSは最も長い歴史を持つマウンテンバイクです。26インチで扱いやすく価格も安いので日常使いに最適。

 

街乗りからオフロードまで幅広く対応し、普段は街乗りで使用しているけど、たまにはオフロードを思い切り走りたいという方におすすめ。

基本情報
用途 全て
ホイール 26
フレーム素材 アルミ
ブレーキ ディスクブレーキ
1位

MARIN

BOLINAS RIDGE 2

価格: 57,420円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインでトレイル・通勤等街乗りにも最適

BOLINAS RIDGE(ボリナスリッジ)2は、通勤通学の街乗りからゆるやかなトレイルまで対応したハードテイルマウンテンバイク。スタイリッシュなデザインは街中の走行でも違和感がなく、太いタイヤはパンクや雨に日にも強いです。

基本情報
用途 街乗り・緩やかなトレイル
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ ディスク

街乗り向けハードテイルのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 用途 ホイール フレーム素材 ブレーキ
1位 アイテムID:12869985の画像

Amazon

楽天

ヤフー

スタイリッシュなデザインで通勤等街乗りにも最適

街乗り・緩やかなトレイル

27.5

アルミ

ディスク

2位 アイテムID:12870062の画像

楽天

ヤフー

日常使いに最適な価格の安いハードテイルマウンテンバイク

全て

26

アルミ

ディスクブレーキ

3位 アイテムID:12870061の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ディスクブレーキも標準装備

街乗り

27.5

アルミ

油圧式ディスクブレーキ

4位 アイテムID:12870060の画像

楽天

ヤフー

10kg以下の軽量アルミフレームを採用したロングライドにもおすすめのMTB

全て

29

アルミ

油圧式ディスクブレーキ

5位 アイテムID:12870059の画像

楽天

ヤフー

高い汎用性のあるおしゃれなフレームの最高峰エントリーモデル

街乗り

27.5

アルミ

油圧式ディスクブレーキ

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

初心者向けハードテイルの人気おすすめランキング5選

5位

JAMIS(ジェイミス)

DRAGON 29

価格: 25,080円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カーボンに負けじと劣らないクロモリハードテイルMTB

カーボンに負けじと劣らない乗り心地のクロモリハードテイルマウンテンバイクです。12段階の変則ギアを備えているので道に応じた走り方ができます。細めのフレームに太めのタイヤのコントラストがかっこいいです。

基本情報
用途 街乗り
ホイール 29
フレーム素材 クロモリ
ブレーキ Shimano4ピストン油圧ブレーキ
4位

自転車通販 SPEAR

SPM-2621 Tourney

Amazon での評価

(2024/05/31調べ)

価格: 27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ド迫力のフォルムでトリックしやすい

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、ド迫力のフォルムがスポーティーでかっこいいと人気のトリックしやすいマウンテンバイクです。前後ディスクブレーキにアルミフレーム、シマノ製21段変速ギアを搭載しています。

 

実際のカラーリングは派手ではなく、おしゃれなイメージなため、通勤通学用として使用する人も多く、男女性別を問わず人気のマウンテンバイクです。

基本情報
用途 全て
ホイール 26
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 前後ディスクブレーキ

口コミを紹介

片道5kmの通勤に使ってます。
体重が110kgありますが快適に乗れています。
届いた時の組立も少しですし必要な工具も入っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

オオトモ(otomo)

CANOVER CAMT-043-DD

Amazon での評価

(2024/05/31調べ)

価格: 31,307円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フロントフォークの振動吸収力で、街中のあらゆる地形に対応

こちらのハードテイルマウンテンバイクは、SHIMANO24段変速ギア、オフロードでもしっかりと走れるブロックタイヤ、ロングリーチのサスペンションに前後ディスクブレーキを搭載したCANOVERのハイエンドマウンテンバイクです。

 

ホイールは26インチを採用しているのでコンパクトで小回りが利き、フロントフォークの振動吸収により、街中での段差や溝でも衝撃を緩和でき、路面から離れることなく走行できます。

基本情報
用途 全て
ホイール 26
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 前後ディスクブレーキ

口コミを紹介

組み立ても一時間くらいでチェンジレバーの調整もなくいい感じに出来上がりました。
初めてのMTBでしたが乗っても楽しいですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

オオトモ(otomo)

CANOVER CAMT-042-DD ORION

Amazon での評価

ベストセラー3位 マウンテンバイク部門

(2024/05/31調べ)

価格: 21,980円(税込)

Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンス抜群で初心者におすすめ

スチール製のハードテイルマウンテンバイク。通勤通学や買い物などの街乗りから、オフロード走行まで幅広い道に対応しています。21段ギア、タイヤサイズ26インチで初心者にも扱いやすく、初めてのマウンテンバイクにおすすめです。

基本情報
用途 全て
ホイール 26
フレーム素材 スチール
ブレーキ ディスクブレーキ

口コミを紹介

値段の割に見た目は良いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

GT

AVALANCHE EXPERT

価格: 136,620円(税込)

楽天で詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒルクライム・ダウンヒルに使えるGTを代表するロングセラー

パワーを逃さないヒルクライムと俊敏なダウンヒルに使える、GTを代表するロングセラーのハードテイルマウンテンバイク。初心者が基礎技術を磨くのにはうってつけのモデルです。

 

ハイエンドなアルミフレームにロックが可能な100mmトラベルのフロントサスペンションを装備しています。

基本情報
用途 ダウンヒル/ヒルクライム
ホイール 27.5
フレーム素材 アルミ
ブレーキ 油圧式ディスクブレーキ

初心者向けハードテイルのおすすめ商品比較一覧表

商品名 画像 購入サイト 特徴 用途 ホイール フレーム素材 ブレーキ
1位 アイテムID:12870076の画像

楽天

ヤフー

ヒルクライム・ダウンヒルに使えるGTを代表するロングセラー

ダウンヒル/ヒルクライム

27.5

アルミ

油圧式ディスクブレーキ

2位 アイテムID:12870073の画像

Amazon

楽天

ヤフー

コストパフォーマンス抜群で初心者におすすめ

全て

26

スチール

ディスクブレーキ

3位 アイテムID:12870070の画像

Amazon

楽天

ヤフー

フロントフォークの振動吸収力で、街中のあらゆる地形に対応

全て

26

アルミ

前後ディスクブレーキ

4位 アイテムID:12870067の画像

Amazon

楽天

ヤフー

ド迫力のフォルムでトリックしやすい

全て

26

アルミ

前後ディスクブレーキ

5位 アイテムID:12870066の画像

楽天

ヤフー

カーボンに負けじと劣らないクロモリハードテイルMTB

街乗り

29

クロモリ

Shimano4ピストン油圧ブレーキ

※ クリックすると記事内の紹介部分へ飛びます。
※ 表は横にスクロールできます。

通販サイトの最新売れ筋ランキングもチェック!

各通販サイトの売れ筋ランキングもぜひ参考にしてみてください。

※上記ランキングは、各通販サイトにより集計期間・方法が異なる場合がございます。

マウンテンバイクを長持ちさせるためには自転車カバーがおすすめ

お気に入りのハードテイルマウンテンバイクを手に入れても、屋外で雨ざらしで保管していれば、雨やほこりにまみれて、それだけ劣化もすすんでしまいます。そこでおすすめなのが自転車カバーです。

 

以下の記事では自転車カバーの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

マウンテンバイクを安全で快適に乗るために必要なアイテム

ハードテイルマウンテンバイクに限らず、自転車を安全で快適に乗るために必要なものを紹介します。

頭部を守るために「ヘルメット」は必須

道路交通法第63条の10では、13歳未満の子どもが自転車に乗る際にヘルメットの着用努力義務があると定めています。もちろん13歳以上の方も、ヘルメットを着用して自転車を乗るほうが安全です。

 

マウンテンバイク用ヘルメットの選び方とランキングを以下のサイトで行なっているので、ハードテイルマウンテンバイクの購入を検討しているなら、ぜひヘルメットについてもチェックしてみてください。

義務化も始まっている「自転車保険」

自転車保険はすでに一部地域で「義務」や「努力義務」となっています。事故は思わぬ時に置き、場合によっては誰かを傷付けたり、最悪の状況を招くこともあるのです。そういった事態に備えるためにも自転車保険へ加入しておきましょう。

 

また、自分が住んでいる地域が自転車保険の義務化をされているかどうかを確認したい場合は、以下を参照してください。

普段着で乗るなら「サドルカバー」を付けよう

サイクルウェアの下半身にはクッションが入っており、サドルに座った時の痛みを和らげてくれます。しかし、普段着でハードテイルマウンテンバイクに乗るならクッションが入ったサドルカバーを装着するのがおすすめです。

 

特に長距離を乗ると股間周辺への痛みがヒドくなるため、クッションが厚めの物を選びましょう。

ハードテイルのマウンテンバイクのメリット

マウンテンバイクの中でも、ハードテイルマウンテンバイクは、他のマウンテンバイクに比べて軽量・メンテナンスの簡易さ・技術の向上に役立つなどメリットが多くあります。

フルサスペンションに比べて「軽量」

ハードテイルは、サスペンションがフロントだけに装備されているマウンテンバイクなため、サスペンションが前後に装備されているフルサスペンション(フルサス)に比べておよそ1kg以上軽量になっています。

 

後に紹介しますが、クロスカントリーなど、長い上り坂を走る際に、ハードテイルの強みをいかすことができます。

メンテナンスが「簡単」

ハードテイルマウンテンバイクは、後部の衝撃を吸収するリアサスペンションが装備されていないため、リアサスペンションに関連する多くの複雑なパーツがありません。そのためメンテナンスやクリーニングがしやすいと言えます。

フレームが「強固」

シティサイクルやロードバイクに比べてマウンテンバイクは強固なフレームをしています。特にハードテイルはフルサスに比べると、リアサスペンションの複雑なパーツがない分、より頑丈と言えるのです。

フルサスに比べて「リーズナブル」

ハードテイルはリアサスペンションがないこともあり、フルサスに比べリーズナブルです。ただし、ブランドや素材により価格は大幅に変わり、高価なハードテイルも存在します。安価なら3万円程度、高ければ70万円以上です。

 

マウンテンバイク初心者なら、安価な製品からはじめるのがおすすめ

まとめ

今回の記事ではを用途・ホイール・フレーム素材を基準にハードテイルマウンテンバイクのおすすめ商品を紹介させていただきました。記事を参考に自分に合ったハードテイルマウンテンバイクを選んでください。

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2023年04月16日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2024年最新】マウンテンバイクの人気おすすめランキング11選【通勤にも使える】

【2024年最新】マウンテンバイクの人気おすすめランキング11選【通勤にも使える】

自転車
【2024年最新版】GTのマウンテンバイクの人気おすすめランキング10選【安いものや型落ちも】

【2024年最新版】GTのマウンテンバイクの人気おすすめランキング10選【安いものや型落ちも】

自転車
【2024年版】街乗りマウンテンバイク(MTB)のおすすめ人気ランキング10選【街乗りにも】

【2024年版】街乗りマウンテンバイク(MTB)のおすすめ人気ランキング10選【街乗りにも】

自転車
クロモリのマウンテンバイク人気おすすめランキング10選【2024年版】

クロモリのマウンテンバイク人気おすすめランキング10選【2024年版】

自転車
マウンテンバイク用ヘルメットの人気おすすめランキング15選【MTB用の街乗りフルフェイスも!】

マウンテンバイク用ヘルメットの人気おすすめランキング15選【MTB用の街乗りフルフェイスも!】

自転車
マウンテンハードウェアの人気おすすめランキング15選【気になる評判も】

マウンテンハードウェアの人気おすすめランキング15選【気になる評判も】

メンズアウトドアウェア

アクセスランキング

【中型も】バイクのおすすめ人気ランキング24選【かっこいい単車もご紹介】のサムネイル画像

【中型も】バイクのおすすめ人気ランキング24選【かっこいい単車もご紹介】

自転車
【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】のサムネイル画像

【2024年】グラベルロードのおすすめ人気ランキング12選【コスパ最強な安いものも】

自転車
【2024年版】eMTBのおすすめ人気ランキング7選【電動マウンテンバイクのフルサスも】のサムネイル画像

【2024年版】eMTBのおすすめ人気ランキング7選【電動マウンテンバイクのフルサスも】

自転車
【2024年版】ママチャリのおすすめ人気ランキング15選|最軽量やかっこいいものものサムネイル画像

【2024年版】ママチャリのおすすめ人気ランキング15選|最軽量やかっこいいものも

自転車
通学向け自転車の人気おすすめランキング25選【中学生から高校生まで!】のサムネイル画像

通学向け自転車の人気おすすめランキング25選【中学生から高校生まで!】

自転車
広告掲載について

gooランキングでは、タイアップ広告やバナー広告を出稿いただける広告主様を募集しております。下記までお気軽にご連絡ください。