自転車の人気おすすめグリップランキング15選【サイクリングを快適に】

記事ID1020のサムネイル画像

自転車にはグリップというパーツがあります。手への振動を抑える上で重要ですし、簡単にカスタムができる箇所でもあります。そんな自転車グリップのおすすめランキングをまとめました。このランキングがあなたの自転車グリップ選びのヒントになれば幸いです。

自分に合ったグリップで快適なサイクリングを

あまり知らない方はいないと思いますが、自転車のグリップとはハンドルの両端についているゴムなどで出来た、手で握る部分のことです。付いていて当たり前という部品ですが、これによって地面から手に伝わる振動を抑え、腕の疲れを軽減してくれます。

 

このグリップがないとブレを直に拾ってしまい手が痺れてしまいます。自転車運転の鍵を握るハンドリングに影響する非常に大事なパーツと言えます。またカスタムがしやすい箇所でもありますので、自分の好きなものに交換するとサイクリングをより楽しむことが出来るでしょう。

 

今回はこの自転車グリップを「機能性」「使いやすさ」「コスパ」の3つの視点から評価しました。

自転車グリップの人気ランキング15選

15位

BeiLan

ハンドルグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでリーズナブル

メイン素材として耐候性に優れたゴムと、部分的にアルミ合金が使われているグリップです。耐久性が高いため頻繁に交換する必要がなく、本体価格も控えめなので経済的な商品です。表面の細かい凹凸によって握り心地が向上し、また滑り止めの役割も担っています。ネジ止め式なので、走行中にズレてくる心配もありません。手にフィットする形状は、長時間の走行からくる疲労を軽減してくれるでしょう。クロスバイク・マウンテンバイク・ロードバイクなど種類を問わず幅広い車種に適合しています。脱着も簡単ですのでおすすめできる商品です。

機能性D使いやすさD
コスパC

口コミを紹介

価格を考えるとリーズナブルな製品だと思います、グリップ感も良く(硬い感じ)、締め付けのネジもしっかり締まりました(他のレビューではネジ山がなめたなどありました)、このての類似グリップは良く見ますがやはり耐久せいがどのくらいもつかですかね、とりあえず新品でにぎりは気持ち良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

BBB

マルチフォームグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチトレッキングバー対応

バーテープを巻くことが多いマルチポジションやブルホーン・ドロップなどの、特殊なハンドル用のロンググリップです。衝撃吸収性に優れ、握り心地を追求したスポンジ素材を採用しており、エンドキャップも付属しています。スポンジなので経年劣化でベタつきません。かなりの長さがあるので、装着するのは少し大変ですが、付けてしまえばかなり使いやすくなるとレビューでも好評です。またカットして使えば、通常のハンドルであれば2~3回交換できるくらいの長さがありますので、お得なグリップ素材として購入するのも良いでしょう。

機能性C使いやすさD
コスパC

口コミを紹介

良い商品です。
自転車のブルホーンバーには付けています。
バーが細かったので、ちょうど良いくらいになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

Winkeyes®

スポンジグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量・柔軟で快適さアップ

アルミ合金のエンド部分と高品質のスポンジで作られており、衝撃吸収と耐久性に優れています。ゴム系の素材でないため、経年劣化でベタつくことがないのが特徴です。弾力があるスポンジ製なので、握り心地がよく汗をかいても滑りにくいのが嬉しいですね。また通常のグリップより軽量なので、車体の重量をなるべく削りたい方にも最適です。振動をかなり減らしてくれるので、長距離ライディングを好む方には特におすすめしたい商品です。グリップが少し太めとのレビューがありますので、大体の幅を予め確認しておくと良いでしょう。

機能性C使いやすさC
コスパC

口コミを紹介

これでいいんじゃん!って思ったね。握りごこちと、グリップの太さと、壊れたらまた買えばいい!

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

タイオガ

Eグリップショート

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広がるカスタマイズ性

取り付けたいバーエンドに合わせるため、やや短めに設計された貫通型グリップです。ですのでバーエンドをグリップの内側に付けることも可能です。表面の独特な凹凸が滑り止めの役割をし、握り心地も向上させています。作りはしっかりしておりシンプルなデザインも好評です。ボルトロックタイプなのでガッチリと固定され、走行中にズレてこないのが嬉しいところですね。手が大きい人には少し小さかったというコメントもありますので、バーエンドも含めてサイズをよく確認してから購入されることをおすすめします。

機能性C使いやすさC
コスパC

口コミを紹介

もともとエスケープについていたグリップが溶けだして、簡易的に布を巻くなどをして凌いでいたんですが、
タイヤ交換と同時にグリップも交換しました。
最初にエスケープについていたグリップがごつい感じだったので交換直後は違和感がありましたが
慣れてしまえばどうということはありませんでした。逆にゴツくないぶんグリップしやすい感じです。
おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

FF-R

クルールグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的なカラーバリエーション

無駄を省いたシンプルなデザインのこちらのは、程よく手になじみ、握り心地が良いクラプトン製です。表面の細かい凹凸は滑り止めとして機能します。色は全部で12種類あるので、少し珍しい色の自転車をお持ちの方でも、マッチする色がきっと見つかります。サドルと色を合わせてもオシャレですね。装着も簡単で、長さが合わなければカットして調節できます。ですが径幅を間違うと装着できませんので、買ってみたが付けられないという事の無いよう購入する間にはお手持ちの自転車のハンドル径を確認しておく必要があります。

機能性C使いやすさB
コスパC

口コミを紹介

安くて、グリップ感もしっかり在り、色も良いです。交換はエアコンプレッサーを持っていれば、エアーで膨らませながら挿入します。
簡~単~!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

BIKERIBBON(バイクリボン)

コーンイエローグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニークなコーン型グリップ

質の高いプロダクトにこだわったイタリアのバイクリボン社からの、ユニークな商品です。ミニベロなどに装着するとカワイさがより引き立つのではないでしょうか。トウモロコシをモチーフにおり見た目も精巧に作られていますが、握り心地も抜群です。ジョークグッズではなくグリップとして高い性能を備えています。ただし、どちらかというと白に近い色合いなので汚れが目立つのが弱点です。しばらく使っていると焼きトウモロコシのようになってしまうかもしれませんが、それもこのグリップの良さとして受け入れられる方にはおすすめです。

機能性B使いやすさC
コスパB

口コミを紹介

デザイン良し。硬さもワタシには好み。
気に入って10年で3回目の購入。もうちょい安くしてもらいたいけど個性が突き抜けてるから仕方ないね。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

BRIDGESTONE(ブリヂストン)

スーパーヒューバイテックグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで高品質

自転車メーカーでもあるブリヂストンからのグリップです。指が当たる部分に全てに窪みや滑り止めがついており、握りやすく手触りの良い設計になっています。シンプルで飽きが来ないデザインも良いですね。通常のシティサイクルにはぴったりですが、マウンテンバイクやクロスバイクにも勿論使えます。長さが合わなければカットして調節することも可能です。カラーバリエーションが少ないのが少し残念ですが、お求めやすい価格ですのでお手持ちのグリップが傷んでいたらぜひ交換してみてはいかがでしょうか。

機能性B使いやすさB
コスパB

口コミを紹介

言わずもがな高品質、安く買えて満足です。

注意点
古いグリップを外すためのカッター、新しいグリップを押し込むためのプラスチックハンマーが必要です。
また、グリップが半分ほど入ると位置調整は難しいです。最初から慎重に位置合わせしましょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

PINKING

ブレーキレバーグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたブレーキ用グリップ

ハンドルではなくブレーキレバーに装着するタイプのグリップです。見た目がオシャレになるだけでなく、ブレーキレバーへの感触がソフトになり、また滑り止めにもなります。握り心地が良く、操作性も向上するとレビューでも好評です。夏場での熱伝導や、冬場での金属の冷たさでレバーが握れないなんて心配もこれで無くなりますね。全5色展開とカラーバリエーションも豊富です。お求めやすい価格なので、傷んできた際も気兼ねなく交換できますね。簡単にカスタマイズができるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

機能性B使いやすさB
コスパA

口コミを紹介

安い商品だったけど、とても気に入っています。 簡単にプチカスタマイズ出来ました! 夏場の炎天下に駐輪していて、急に乗ったら熱くてブレーキレバーが握れなかった!・・・という経験がある方は、是非試して見てください。 熱伝導ありません。&滑り止めの効果もありますよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

GORIX ゴリックス

エルゴグリップバーエンド

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーエンド一体型モデル

マウンテンバイクやクロスバイクのフラットハンドルに最も適したグリップです。グリップ部分とバーエンドが繋がっており継ぎ目がありませんので、昇り道でしっかりバーエンドを掴みたいときも安心して体重を預けられます。ネジで締め付けるボルトオンタイプなので、段々とズレてくる心配が無いのが嬉しいですね。筒状のグリップとは違い平らな面積が大きいエルゴ型なので、掌にフィットし圧力が分散されるため疲れを軽減することが出来ます。脱着も簡単なのでおすすめできる商品です。山道や長距離ライディングを好む方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

機能性B使いやすさA
コスパB

口コミを紹介

エルゴノミクス形状でまわりドメ付を探して、この安い型を見つけました。ゴムにややベタつきがあるようにも感じますが、どうせグローブをするのもあり許容範囲。あとはどれだけ持つか。
経験的には、直射日光に当たる青空駐輪場ではどのゴムでも持ちが厳しい、と思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

THEODORE(セオドール)

シフトグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリア本革を使用した上品デザイン

クラシックな外観が美しいこちらのグリップは、人間工学に基づいた疲れにくいデザインになっています。高級イタリア産カウハイドレザーを使用し、ハンドメイドで製造されています。天然皮革を使っているため、染めムラ、キズ、汚れなど商品によって差異がありますが、それがまた自然な風味が出ていて良いですね。革のなめし工程は、敢えて手間のかかる植物性タンニンなめし法を採用している拘りぶりです。なおグリップシフト用に右側が少し短い作りになっていますので、お手持ちの車種に適合するかしっかり確認しましょう。

機能性A使いやすさB
コスパA

口コミを紹介

ブリジストン製リアルストリームmini(20インチ)。オリジナルのグリップより長かったので、ブレーキレバーを中央寄りに移設しました。車体のオリーブ色に合わせてグリーンを選択。というか、このグリップに合わせて緑色の自転車を購入したようなものです。外観感触ともに最上級です。期待していませんでしたが実用性もあり;グリップ外側の幅広部分で手のひらを休ませることができるため、遠距離でも疲れません。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

ERGON【エルゴン】

GP3グリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バーエンド付きのベーシックタイプ

こちらは基本形のグリップに角度調整可能なバーエンドが付いたカスタムモデルです。角がついているようで見た目がカッコいいですね。バーエンド部分を握ることにより腕の向きかが自然な90度になるので、楽な姿勢になります。平坦な道路でのライディングの距離が長くなるほどその差がハッキリ現れるでしょう。高品質なラバー素材を使い耐候性にすぐれていますので、長期間太陽光や雨風に晒されても経年劣化でベタつきません。クランプが変更されたカーボンハンドルバーにも装着可能ですし、取り付け自体も簡単で良い商品です。

機能性A使いやすさA
コスパB

口コミを紹介

コストパフォーマンス最高。疲れませんし、段差でもハンドルへの衝撃を緩和されたと思います。満足です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

PRUNUS

ハンドルグリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づく設計

ブラックとグレーのクラシックデザインのこちらは、柔軟で衝撃吸収性に優れたグリップです。人間の手にフィットするように作られているため、握り心地が非常によいのが特徴です。走行時の振動をしっかりと軽減し、掌にピッタリ収まる幅なので長時間の運転の疲労を最小限に留めてくれます。通常の径のハンドルであればほとんどの車種に適合します。値段は安いですが、手にピッタリ馴染むよう設計されているおすすめのグリップです。多くを望むのは贅沢ですが、カラーバリエーションがあれば言うことナシのアイテムですね。

機能性A使いやすさB
コスパA

口コミを紹介

書き込み0で多少の不安がありましたが商品をハンドルにセットし試乗してみると其のグリップの握り心地の良さにびつくり物凄く握りやすく手のひら、手首の負担が少ないゴムの質感と作りも良く耐久制も有りそうだ。過日30Kほどほど走ったが矢張り手のひらの負担少なく最高のグリップである。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ノグチ(NOGUCHI)

グリップ [NGS-005]

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

疲れにくい幅広型

こちらは長距離移動に最適なエルゴノミックデザインのグリップです。手にしっくりくる感触はもちろん、手首への負担を抑えてくれるのでロングライディングでも疲れにくいのが特徴です。ネジで固定するボルトオンタイプのため、時間の経過とともにズレてきたり回ったりしないので、安心して体を預けられるのが嬉しいポイントですね。指の掛かりが良いので力が伝わりやすく、休みたいときは広い部分で掌を支えてくれるので運転が楽になるとレビューでも好評です。装着する自転車を選ばないシンプルなデザインと落ち着いたカラーも指示されている理由でしょう。

機能性A使いやすさB
コスパA

口コミを紹介

PAS CITY Xの方のレビューもありますが、それの兄弟車のリアルストリームミニに取り付けました。元はクッション性のないツルツルのもので汗で滑ったり軍手的な手袋では怖いのと、のんびり乗っていると掌が痛いのでこういうのを探していました。エンドキャップは、もともとついていたものを流用しましたが、取り付けも六角さえあれば簡単で、グリップも良く、掌を開く部分には芯がないので、適度にソフトで大満足です。
本気で漕ぐ時も、指かかりが良く安心です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

BROOKS(ブルックス)

ERGON GP1

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タンニングレザーの高級モデル

解剖学に基づき人間の手の形にフィットするよう設計されており、不要なストレスを緩和して握り心地を極限まで高めたエルゴノミクスデザインのグリップです。金属部分のアルミ加工、エンドキャップに至るまでしっかり作りこまれています。表面の素材として使用されているベジタブルタンニングレザーは、ひとつひとつ丁寧になめし加工が施されているため肌に優しく、本革が本来持つ小さな凹凸のある形状が高い通気性を生み出しています。使う程に味が出てくるこのレザーグリップは貴方の相棒として長きにわたって活躍してくれるでしょう。

機能性A使いやすさA
コスパA

口コミを紹介

今まではエルゴングリップを使用してましたが見ための色や質感がイマイチだったので今回割高ですがこちらを購入してみました。レザーなので最初手にした時ツルツルと滑る印象でしたが自転車を漕いでみて握りやすさに大満足でした。高級感もありオススメの商品ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

ERGON【エルゴン】

GP1 グリップ

楽天で詳細を見るAmazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベーシックなコンフォートタイプ

耐候性に優れたラバー素材を使用していますので、長期間使用していてもベタつかないのが特徴です。滑りにくい上にクッション性も高いのが嬉しいポイントですね。手のひらにフィットする形状なので、角度さえ合わせれば運転が格段に楽になります。どのような自転車に装着してもきっと満足して頂けますが、特にフラットタイプのバーで前傾姿勢を取る方にはピッタリのグリップです。ネジ部分などの細かい部分もカッコよく、全体の仕上がりも美しいブランド品なので、迷われている方はこれを選んでおけば間違いないといえるでしょう。

機能性A使いやすさA
コスパA

口コミを紹介

MTBに付けましたがすっごくいい買い物したと思います!まだ付けたばかりなので耐久性などはわかりませんが他の方のレヴュー見て買ったのであまり心配はしてません( 笑 )

出典:https://www.amazon.co.jp

自転車グリップの選び方

ここまで自転車グリップのおすすめを紹介してきましたが、何を見て決めればよいか分からない方もいらっしゃるでしょう。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきます。

機能性で選ぶ

グリップには様々な形状のタイプがあり、それぞれ特色があります。自分の走行スタイルにあったものを選べば、きっと高いパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

長距離走行向きのエルゴタイプ

グリップの形状が平らになっており、握るというよりは手の平を置くといったイメージで使うのがこの「エルゴタイプ」です。細かいハンドリングが必要となる入り組んだ地形には不向きですが、直線距離を長時間巡行するようなサイクリングでは、手の平を置いてもたれかかるような姿勢が保てるので非常に楽になります。

しっかり握れる丸形タイプ

長時間の走行よりは通常の街乗りが多いという方にはこの「丸形」のグリップをおすすめします。指先でしっかり包み込んで握るため細かいコントロールがしやすく、立ちこぎの際も力が入りやすいのが特徴です。通常の自転車に多く採用されているので、交換しても違和感なく運転できます。シャープなデザインが多いのも街乗りにはピッタリですね。

万能なエンドバータイプ

エンドバーとはグリップの端に付いている角のような縦部分です。エンドバーを握ることにより、親指側が上にくる自然な腕の向きになるので巡行が楽になるのが利点です。腕が捻じれていないので上り坂でもしっかり踏ん張ることが出来ますし、エルゴタイプのようにバーエンドに手の平を乗せて楽にすることもできる万能タイプです。

使いやすさで選ぶ

形状は良くても、肌ざわりの悪い素材は使いやすいとは言えませんね。ベタついてるグリップなどはもう使い心地としては最悪です。経年劣化に強いことも使いやすさの一つです。

手になじむレザータイプ

革という素材は何となく惹かれるものがありますね。自転車グリップでも革製品のものがあり、化学素材には無いその肌触りと手に纏わりつく革の匂いが魅力的です。天然本革となると通常のグリップより少しお高くなってしまうのが難点ですが、外観も良いですし長く使いたい方にはおすすめです。

ベタつかないスポンジタイプ

長い間自転車に乗っているとハンドルグリップが何だかベタベタしてきたという経験がある方は多いと思います。交換してもまたベタついてきたら嫌ですよね。そんなお悩みから解放してくれるのがこのスポンジタイプです。ゴム素材のように溶け出す心配がなく、握り心地も抜群です。スポンジとはいっても丈夫な素材で出来ているので耐久性も備えています。

コスパで選ぶ

自転車のグリップはパーツの中でも傷みが早い方ですが、なるべく費用は抑えつつも長期間の間ベストな状態を維持したいものですね。

お買い得なマルチフォームタイプ

本来はマルチポジションハンドルやドロップハンドル用として作られたロングタイプのグリップですが、通常のハンドル用にカットすれば2~3回は交換できる長さになります。あまり値段は変わりませんので、普通のグリップの2~3倍の素材が購入できることになります。サイクリング仲間で一つ購入して、皆で分けて使うのも楽しそうですね。

ずっと使える高級モデル

最初の出費は少し大きくなってしまいますが、そこそこのグリップを買い替えていくよりは良いものをずっと使っていく方が、長い目で見て費用対効果は優れていると言えるでしょう。高いグリップにはやはりユーザーを納得させるだけの性能と高級感があります。特に革製品などは寿命も長く、経年変化も楽しめますのでおすすめです。

見た目で選ぶ

自転車のパーツ選びにおいてデザインの秀逸さや、カワイさも重要なポイントですね。そして自分の自転車の雰囲気に合うということも大事です。

色を合わせやすいカラフルタイプ

愛車の見た目をカッコ可愛くするためにも色というのは大事な要素ですね。アクセントとして目立つ色のグリップや、サドルの色に合わせたグリップを付けているとオシャレ度がアップします。特に個性的な自転車に乗っていて、車体に合う色のグリップがなかなか見つからないという方にはおすすめです。

ユーモア溢れるモチーフ系

思わず二度見してしまうようなユニークなグリップも面白いですね。普通のグリップより少し高めな印象ですが、使用感も中々良いようです。特にミニベロなどの小型の自転車に着けていると可愛さがより引き立つでしょう。ベーシックなグリップに飽きてしまった方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

自転車グリップの交換方法

自転車グリップの交換方法をご紹介します!

必要なもの

ベーシックな自転車グリップ交換は、カッターナイフ、ディグリーザー、ウェス、プラスチックハンマー、水があればOK。ロックオンタイプのものはこれにY型ヘックスレンチが必要です。

交換方法

まず古いグリップを外しましょう。エンドキャップのついているハンドルの場合はエンドキャップを外し、カッターナイフでグリップに切れ目を入れます。切れ目が入ったら手で裂いてグリップを外します。(グリップを無傷でとっておきたい場合は、棒状のものを差し込んで石鹸水を流し込み、地道に抜いていきます)

 

ディグリーザーやウェスを使ってハンドルレバーの余分なほこり、脂を取り除きます。新しいグリップを水で濡らしてハンドルレバーにはめ込みます。これがなかなかの力作業です。難しい場合はグリップの端を保護してからプラスチックハンマーで叩きはめましょう。最後にエンドキャップをはめ込んで完成です!

自転車好きの方へ!おすすめアイテムのご紹介

自転車にこだわりのある皆様に、おすすめの自転車、自転車アイテムをご紹介します。グリップと合わせて自分好みのカスタムを楽しんでください!

自転車

まずは自転車。皆さんはどのような基準で自転車を選んでいますか?電動アシスト機能や折りたたみ機能、変速機能やカゴの有無などたくさんの基準がありますよね。もちろんデザインや形で選ぶ方も多いでしょう。

 

様々な自転車をランキングで並べてみました。ぜひ参考になさってください。

サドル

グリップと同様、自分好みにカスタムできる自転車サドル。乗り心地にも大きく影響しますから大事なパーツですよね。

 

サドルは自転車に乗る際、一番大きく身体と接しますし、長い時間の運転では疲労感にも関わってきます。ほとんどのサドルが普通の自転車からロードバイク用の自転車まで幅広く取り付けが可能なので、なにか座り心地に不具合を感じている方はサドルの付け替えを検討してみましょう!

 

こちらのランキング記事ではサドルの交換方法もご紹介しています。気に入ったサドルを見つけたら是非試してみてくださいね。

今の自転車にはどのような鍵をお使いですか?ママチャリやロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、電気自転車など自転車にはたくさんの種類がありますが、どの種類の自転車でも必ず必要になるアイテムが鍵です。

 

ママチャリは最初から鍵が付いていることが多いですが、防犯性は低くプロの自転車窃盗犯ならすぐに開けることができます。自転車の盗難を防ぐためには、防犯性の高い鍵を使う必要があります。

 

大切な自転車を守るために、鍵選びは慎重に行ってください。

自転車のグリップのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4819177の画像

    ERGON【エルゴン】

  • 2
    アイテムID:4819939の画像

    BROOKS(ブルックス)

  • 3
    アイテムID:4819242の画像

    ノグチ(NOGUCHI)

  • 4
    アイテムID:4819257の画像

    PRUNUS

  • 5
    アイテムID:4819810の画像

    ERGON【エルゴン】

  • 6
    アイテムID:4819841の画像

    THEODORE(セオドール)

  • 7
    アイテムID:4819898の画像

    GORIX ゴリックス

  • 8
    アイテムID:4820167の画像

    PINKING

  • 9
    アイテムID:4820216の画像

    BRIDGESTONE(ブリヂストン)

  • 10
    アイテムID:4820268の画像

    BIKERIBBON(バイクリボン)

  • 11
    アイテムID:4820315の画像

    FF-R

  • 12
    アイテムID:4820415の画像

    タイオガ

  • 13
    アイテムID:4820500の画像

    Winkeyes®

  • 14
    アイテムID:4820590の画像

    BBB

  • 15
    アイテムID:4820654の画像

    BeiLan

  • 商品名
  • GP1 グリップ
  • ERGON GP1
  • グリップ [NGS-005]
  • ハンドルグリップ
  • GP3グリップ
  • シフトグリップ
  • エルゴグリップバーエンド
  • ブレーキレバーグリップ
  • スーパーヒューバイテックグリップ
  • コーンイエローグリップ
  • クルールグリップ
  • Eグリップショート
  • スポンジグリップ
  • マルチフォームグリップ
  • ハンドルグリップ
  • 特徴
  • ベーシックなコンフォートタイプ
  • タンニングレザーの高級モデル
  • 疲れにくい幅広型
  • 人間工学に基づく設計
  • バーエンド付きのベーシックタイプ
  • イタリア本革を使用した上品デザイン
  • バーエンド一体型モデル
  • コスパに優れたブレーキ用グリップ
  • リーズナブルで高品質
  • ユニークなコーン型グリップ
  • 圧倒的なカラーバリエーション
  • 広がるカスタマイズ性
  • 軽量・柔軟で快適さアップ
  • マルチトレッキングバー対応
  • シンプルでリーズナブル
  • 価格
  • 3196円(税込)
  • 11500円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 5097円(税込)
  • 4050円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 145円(税込)
  • 467円(税込)
  • 1036円(税込)
  • 500円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1205円(税込)
  • 974円(税込)
  • 896円(税込)
  • 機能性
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A
  • A
  • B
  • B
  • B
  • B
  • C
  • C
  • C
  • C
  • D
  • 使いやすさ
  • A
  • A
  • B
  • B
  • A
  • B
  • A
  • B
  • B
  • C
  • B
  • C
  • C
  • D
  • D
  • コスパ
  • A
  • A
  • A
  • A
  • B
  • A
  • B
  • A
  • B
  • B
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C

まとめ

いかかでしたでしょうか。自転車のグリップは常に手が触れている大事なパーツであり、一番簡単にカスタムできる部分でもあります。このランキングを参考にして、ぜひ自分に合ったものを見つけて頂ければと思います。最後までご覧いただきありがとうございました。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2019年12月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ