萩尾望都の人気おすすめランキング 15選【ファンタジーの世界へ】

記事ID4157のサムネイル画像

美麗イラストと幻想的な世界観が魅力の萩尾望都作品は、現在も幅広い年代に人気です。各作品は多彩なテーマで描かれているため、初めて萩尾望都作品を読む人の中には選び方に困る人も少なくありません。今回は、萩尾望都作品の選び方・おすすめ作品をランキング形式で紹介します。

少女漫画の巨匠が手掛ける魅惑の世界観

1970年代~1990年代を中心に多くの作品を生み出してきた萩尾望都は、福岡県大牟田市生まれの漫画家であり、SF・ファンタジー・ミステリーなどの多彩なジャンルに精通しており、少年少女の儚さ・無垢さを表すような繊細なタッチで描かれる漫画・イラストが人気です。

 

また、自身のこれまでの体験・親子関係なども多くの作品に反映されており、ファンタジックななかにもリアリティを含んだ内容も魅力的といえます。

 

その独特の世界観は、多くの文化人にも高く評価されており、2012年には少女漫画家初の「紫綬褒章」を受賞しています。そこで今回は「少女漫画の神様」とも呼ばれた萩尾望都作品について、内容・読みやすさの観点からおすすめの作品をランキング形式でご紹介します。

萩尾望都作品のおすすめランキング15選

15位

小学館

あぶない丘の家

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アズ兄ちゃんとのはちゃめちゃなタイムトラベルの始まり

時空を飛べる力を持つ正体不明のアズ兄ちゃんのおかげで、マヒコの日常は大きく変化していく。怨霊少女との対決・源平の戦いへの参戦・未来少年との出会いなど、はちゃめちゃな日々を描いた短編集となっています。

 

各作品は多種多様なテーマに基づいており、萩尾望都の美麗イラストとコミカルかつ軽快に展開されていくシナリオが大人気であり、初めて作品に触れる人はもちろん「スキマ時間などに手軽に読める本が欲しい」という人にもおすすめできる1冊です。

出版年月日2001年11月1日ページ数550ページ

口コミを紹介

萩尾先生のストーリー・テラーとしての才能を味わえる見事な作品集です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

小学館

ローマへの道

価格:607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

生々しい心理描写が魅力的なバレエダンサーたちの成長物語

野心にあふれるバレエダンサーの男性・マリオは、次々と頭角を現していく同級生たちの様子に焦りを感じていた。プライドや不安・自身に隠された過去にとらわれ、本来の実力を出せなくなっていた。

 

萩尾望都が手掛けるバレエ作品の1つであり、主人公の心の軌道を描いたこちらの作品は、全ての人間が持つ弱さ・苦悩が繊細に描いた全3作品を収録しており、まるでドキュメンタリードラマを見ているかのようなリアリティが幅広い年代に大人気です。

出版年月日2000年8月1日ページ数309ページ

口コミを紹介

どれも舞台の華やかさがよく描かれていて、バレエの熱気が伝わってきます。
世界を舞台に活躍する日本人が出てきて、興味を持つ人が増えてきているというバレエ、私はこの「ローマへの道」を読んでバレエのファンになりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

白泉社

銀の三角

価格:669円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊な力を持つ異星人は時を越えて再び姿を現す

惑星「銀の三角」に住む民は、金虹彩の瞳を持ち、近未来を予言する音楽を奏でることができる力を持っていた。特殊な力を持つがゆえ、戦争に巻き込まれた絶滅したと伝えられていたが、3万年後のある日「銀の三角」の民が再び姿を現したのだった。

 

過去から未来へと時間移動の力を持つマーリーが時空を超えて謎を解き明かすタイムトラベルミステリーであり、萩尾望都によるSF・ファンタジー作品のなかでも「SF超大作」と呼ばれるほどの人気作品となっています。

出版年月日1994年9月1日ページ数316ページ

口コミを紹介

萩尾望都にしかかけない作品は?と誰かに問われれば、「銀の三角」を推したい。
この人の作品は総じて非常に感性に訴える内容のものが多いが、その中でも「銀の三角」はスケール感が飛び抜けて大きい。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

河出書房新社

美しの神の伝え ─萩尾望都・小説集─

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

萩尾望都による人気の小説作品が大集結

1977~80年の『奇想天外』に発表したSF小説11作品に加え、単行本未収録の貴重な2作品を収録しており、萩尾望都によるファンタジックで圧倒的なボリュームを誇るシナリオを詰め込んだ珠玉の作品集となっています。

 

美麗イラストはもちろん、キャラクター達がふいに見せるしぐさ・心理状態の変化が繊細に描かれており、まるで1つの世界を創造したかのような独特の世界観が口コミにおいても高く評価されています。

出版年月日2017年8月5日ページ数448ページ

口コミを紹介

萩尾作品のお好きな方にはオススメです。特に、一節の文章からマンガのコマ割りまで幻視してしまう、重度の萩尾ワールド症候群の罹患者の方に…。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

小学館

イグアナの娘

価格:555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テレビドラマも人気が高い異色の短編集

青山ゆり子は長女・リカの出産直後から、娘の姿が醜いイグアナの姿に見えてしまうことから、リカのことを愛せずにいた。その後生まれた次女・マミを溺愛する母の様子から、リカは自分自身に自信が持てなくなっていく。

 

テレビドラマ化されたことでも話題となったこちらの作品は、醜形恐怖症による親子の確執を描いており、葛藤と愛憎が詰め込まれた異色の短編集となっています。

 

ファンタジックでありつつも、リアリティのある表現・描写が幅広い年代に高く評価されているため「手軽に読める作品が良い」という人におすすめです。

出版年月日2000年11月1日ページ数230ページ

口コミを紹介

数ある萩尾望都先生の名作短編集の中でも素晴らしい短篇集です。
イグアナの娘はドラマで有名ですが、実は短編作品です。しかしその濃密かつ完成された内容のため、まるで長編作品を読んだかのような読後感があります。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

河出書房新社

ピアリス

価格:1,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊な力を持つ姉弟の過酷で数奇な運命の物語

過去視の力を持つ姉・ピアリスと、未來視の力を持つ弟のユーロ。特殊な力を持つ2人は、戦争が原因で故郷の星を離れることとなり、難民という立場から5歳で離ればなれになってしまう。お互いの無事と再会を願い、姉と弟は過酷な人生を生き延びていく。

 

こちらの作品は、萩尾望都が90年代に「木下司」という名前で執筆・発表したものであり、生き別れになった双子の数奇な運命を描いた作品となっています。萩尾望都ファンの間では「幻のSF小説」と呼ばれるほどの人気作品となっています。

出版年月日2017年7月13日ページ数240ページ

口コミを紹介

優れた描写力がさすがで、イラストも魅力的で、哀しい話ですが、魅了されました。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

小学館

萩尾望都-愛の宝石-

価格:7,955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

萩尾望都が手掛ける人気作品が連載時の姿で大集合

少女漫画界の革命児たちによる短編アンソロジーシリーズの1編であり、ファンタジックでありながらリアリティを含んだ作品を多く生みだしてきた萩尾望都によるラブストーリー集となっています。

 

代表作『ポーの一族』をはじめとした、傑作たちの連載時のカラー扉を集めたイラストギャラリーをはじめ、若き日の珍道中・世界各国を巡るトラベルエッセイをまとめた『モーさま世界を行く!』も収録されており、まさに萩尾望都ファン必見の1冊です。

出版年月日2012年12月7日ページ数416ページ

口コミを紹介

萩尾望都さんの初期の甘酸っぱいラブストーリー装丁が素晴らしく所有欲も満足、
モーさまのファンなら是非買って本棚に置きましょう!

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

新潮社

私の少女マンガ講義

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

萩尾望都による実際の講義を収録した1冊

「少女漫画の神様」として名高い萩尾望都がかつて行ったイタリア・ナポリでの講義を完全収録した1冊となっています。

 

萩尾望都自身が創作をするうえで大切にしている考え・思いはもちろん、実際の創作方法や話題となった人気作品の魅力などを通して、少女漫画のすばらしさが語られています。

 

萩尾望都ファンはもちろん、漫画が好きな人・創作に打ち込んでいる全ての人におすすめしたい1冊です。

出版年月日2018年3月30日ページ数221ページ

口コミを紹介

作品を堪能するだけでなく、萩尾さんの少女漫画についての深い考えを知ることができる良書と思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

小学館

トーマの心臓

価格:730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

純粋で複雑な少年たちによる愛の物語

冬の終わりのその朝、トーマ・ヴェルナーという1人の少年が死んだ。トーマは生前、ユーリに「これがぼくの愛、これがぼくの心臓の音」と書かれた1通の手紙を残していたのだった。

 

信仰の暗い淵でもがき苦しむユーリ、父とユーリへの想いを秘めた少年・オスカー、トーマそっくりの転入生・エリークなど、様々な思いを抱えた少年たちの「愛」の物語となっています。

 

「萩尾望都初期作品の大傑作」と呼ばれるこちらの作品は、ティーンエイジャーならではの漠然とした不安・複雑な人間関係などが絡み合うシナリオが人気であり、初めて萩尾望都作品を読む人にもおすすめです。

出版年月日1995年8月1日ページ数461ページ

口コミを紹介

ティーンエイジャーのときに読んだはずですが、あまり記憶になく、今回機会を得て購入、再読しました。
意味深長なタイトルだったのですね。
若い子たちの繊細かつ大胆な心理に魅かれるものを感じました。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

小学館

訪問者

価格:607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

『トーマの心臓』では語られなかったオスカーを中心とした短編集

少年・オスカーの出生にまつわる秘密は、父母を破局に導くだけでなく、思いがけない悲劇を呼び寄せてしまう。オスカーは父・グスタフとのあてどもない旅の中で一体何を見るのか。

 

萩尾望都の人気作品『トーマの心臓』に登場したキャラクターであるオスカー・ライザーを主人公としたスピンオフ作品である表題作『訪問者』を中心に『エッグ・スタンド』や『天使の擬態』などの「問題作」と称される短編3作品を収録しています。

 

繊細な心理描写や少年たちをとりまく複雑な人間関係など、まるで本当にあったかのようなリアリティを含む展開が魅力的です。『トーマの心臓』を読んだことがある人はもちろん、手軽に読める作品を探している人にもおすすめの1冊です。

出版年月日1995年8月1日ページ数293ページ

口コミを紹介

もう一ページめくるごとに泣けちゃって…。オスカー…。切なすぎます。
会社の休憩中に読んだけどあんまり泣けるからヤバかった。
萩尾先生ホント天才です。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

秋田書店

アメリカン・パイ

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両親のいない少年少女による出会いと別れの物語

主人公・グランパは両親を早くに亡くし、育ててくれた祖母とも死に別れた天涯孤独の身。グランパはある日、浮浪児の少女・リューと出会い、一緒に暮らし始めることになる。

 

ドン・マクリーンの『アメリカン・パイ』という歌をモチーフに、過酷な経験をしてきたキャラクター達が出会いと別れを繰り返しながら、精一杯生き抜く姿が描かれた表題作をはじめとした短編集となっています。

 

また、表題作は宝塚歌劇団によってミュージカル化もされているため、初めて萩尾望都作品を読むという人にもおすすめです。

出版年月日2003年5月1日ページ数337ページ

口コミを紹介

やさしい気持ちになれるような思い出のひとつとして、 何度でも蘇る。
本当の天使が一時舞い降りてきたような、そういうお話として私は受け止めています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

河出書房新社

萩尾望都 SFアートワークス

価格:2,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

萩尾望都の40年間が詰まった珠玉の1冊

萩尾望都が40年間で描きためたSFジャンル全50作品を収録したこちらの1冊は、200ページを超える圧倒的なボリュームが魅力的です。

 

美麗のカラーイラスト・人気漫画の原稿なども収録されており、掲載点数は200点以上という萩尾望都ファンはもちろん、少女漫画好きにはたまらない内容が盛りだくさんとなっています。

 

少女漫画史に残る萩尾望都作品の歴史・データも網羅されているため「萩尾望都作品はいくつか読んだ」という人におすすめの1冊です。

出版年月日2016年4月9日ページ数192ページ

口コミを紹介

期待以上の素晴らしい内容でした。
カラーページが多く、カラーイラストがたくさん掲載されていて嬉しかったです。
その美しさに感動してしまい、言葉を失いました。これ以上の感想が出てきません。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

小学館

半神

価格:607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファンタジー・SFなどの多彩なジャンルを収録した短編集

神のいたずらにより、身体が結びついたまま生まれた双子の姉妹ユージーとユーシー。美しさは妹のユーシーが、知性は姉のユージーが持っていましたが、13歳になったある日、ユージーは生きるために妹のユーシーを切り離す手術をする決意をします。

 

同じ1つの身体を共有する姉妹それぞれの苦悩と人生を描いた表題作『半神』をはじめ『ラギーニ』や『真夏の夜の惑星』など、独特の世界観で展開される短編ストーリーが収録されています。

 

短編集でありながら、長編小説にも劣らないボリュームと心が揺さぶられる展開・読後感が口コミでも大人気です。「読書にじっくり浸りたい」という人におすすめの1冊です。

出版年月日1996年8月1日ページ数308ページ

口コミを紹介

半神がとにかく素晴らしいです。読むたびにいろいろな感情に心が支配されます。すごく短い話なのに内容にこれだけの深みと重みを持たせられる人はそういません。
半神だけでも買う価値有りなのに他の短編も傑作揃いです。個人的には偽王が好きですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

小学館

萩尾望都スペースワンダー 11人いる! 復刻版

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

宇宙船で繰り広げられるサバイバル青春物語

宇宙大学の受験会場で行われた最終試験は「外部との接触を断たれた宇宙船白号で53日間生き延びる」という内容だった。10人で1つのチームとなるはずが、宇宙船には11人の受験者がいた。数々のトラブルに見舞われる中、果たして彼らは合格できるのか。

 

萩尾望都が手掛けるSF・ファンタジー作品のなかでも屈指の人気を誇るこちらの作品は、異なる文化を持つ星からやって来た受験生たちによる友情と成長の物語となっています。

 

時には命にかかわるようなトラブルに襲われる受験生たちが、互いにぶつかり合いながらも強力し、乗り越えていく姿が多くの読者を虜にしており、初めて萩尾望都作品を読むという人にもおすすめの1冊です。

出版年月日1994年12月10日ページ数323ページ

口コミを紹介

宇宙船でのサバイバル中に起こるトラブルを乗り越えていきながらそれにより変化し続ける人間関係、次々と明らかになっていく登場人物達の秘密、これで面白くないわけありません。非常に昔の漫画ですが今読んでも全く古さを感じさせない漫画です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

小学館

ポーの一族 (1)

価格:607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

永遠を生きるバンパネラの少年の人生を辿る物語

青い霧に閉ざされ、バラが咲き乱れる村には、西洋に伝わる吸血鬼(バンパネラ)の一族が住んでいた。子供のまま永遠の時を生き続けるという運命を背負う少年・エドガーと彼の妹・メリーベルは19世紀のある日、アランという少年に出会う。

 

萩尾望都の代表作であり『第21回小学館漫画賞少年少女部門』を受賞し、少女漫画の読者層を広げた作品と評されるほどの人気を誇るこちらの作品は18世紀~20世紀という壮大な舞台のなかで、大人になれない少年の、儚くも力強く生きる姿が描かれています。

 

コミックでありながら、まるで1本の映画ように繊細な表現は、読み進めていくうちに独特の世界観に吸い込まれそうになるほどの魅力を持っています。初めて萩尾望都作品に触れる人におすすめです。

出版年月日1998年7月1日ページ数300ページ

口コミを紹介

「ポーの一族」は、漫画というより、「映画」。白黒の絵なのに、カラー映像が浮かんで来ます。エドガー、マリーベル、アランの声も聞こえてくるよう。

出典:https://www.amazon.co.jp

萩尾望都作品の選び方

実に多彩ジャンル・テーマで展開されている萩尾望都作品は、作品ごとに世界観や描写のこだわり方などが異なっており、初めて萩尾望都作品に触れる人のなかには、作品ごとにガラリと変わる世界観に驚く人も多いのです。ここでは萩尾望都作品の選び方をご紹介します。

作品の形態で選ぶ

少女漫画を中心に有名な萩尾望都ですが、実は様々な形態で作品を展開しています。形態によって収録されている作品はもちろん、描写の仕方・作風が大きく異なってくるため、より自分が読みやすい形態を選ぶことが大切です。

漫画

初めて萩尾望都作品を読む人や「萩尾望都の代表作が読みたい」という人におすすめなのが「漫画」です。

 

こちらの形態の作品は、主に『なかよし』『週刊マーガレット』などの有名少女漫画雑誌を中心に展開されており、萩尾望都作品ならではの繊細なタッチで描かれる美しいイラストが堪能できるうえ、キャラクター達がふいに見せる仕草の1つまでこだわられているのが特徴です。

 

個性的なキャラクター・幻想的な世界観を視覚的にとことん堪能できるのも魅力的であり、萩尾望都が手掛ける作品のなかで、最も多い形態であるため「様々な作品を読んでみたい」という人にもおすすめできる形態といえます。

小説

漫画とは一味違う描写を楽しみたい人におすすめなのが「小説」です。萩尾望都といえば少女漫画が中心ですが、かつては「木下司」という名義で小説作品を発表するなど、小説作品も多く展開しているのです。

 

漫画のように視覚的な情報が少ない分、各キャラクターの言動・背景の1つひとつが丁寧に描写されているのが魅力的です。作品自体は短編が中心になっていますが、まるで1本の長編映画を観ているかのようなボリュームと迫力が多くの読者を虜にしています。

 

また、1970年代~1980年代に刊行された人気SF雑誌『奇想天外』に掲載されていることもあり、作品はSF・ファンタジージャンルが中心となっているため、普段から本を読まない人にも読みやすく、ファンタジー小説が好きな人にもおすすめです。

対談・エッセイ集

「少女漫画家・萩尾望都の素顔を見てみたい」という人におすすめなのが「対談・エッセイ集」です。

 

こちらの形態では「少女漫画の神様」として、多くの漫画家・文化人から高く評価されている萩尾望都自身が作品を作るうえで大切にしている思い・各作品の舞台となっている場所を巡る様子などが収録されています。

 

作品からでは読み取れない萩尾望都の人柄がまとめられているだけでなく、小説・漫画各ジャンルの著名人との対談が収録されているため、萩尾望都ファンはもちろん、漫画・小説が好きな人にもおすすめです。

絵本・画集

「萩尾望都が手掛けるイラストをじっくり堪能したい」という人におすすめなのが「絵本・画集」です。

 

こちらの形態では、時に儚さ、またある時には力強さを感じさせる萩尾望都の人気作品の描き下ろしイラストや漫画原稿が収録されており、数々の話題作を手掛けてきた萩尾望都の熱意やこれまでの少女漫画の歴史が伝わってくるとして大人気です。

 

漫画・小説作品では見られなかったキャラクター・世界観の細部まで注目している画集も多く展開されているため、萩尾望都ファンはもちろん、萩尾望都作品をいくつか読んだことがあるという人にもおすすめできます。

作品のジャンルで選ぶ

人気少女漫画雑誌を中心に展開されている萩尾望都作品ですが、作品によって様々なジャンルで展開されており、ジャンルによって作風・特徴が大きく変化するため、より自分が読みやすいと感じるジャンルを選ぶようにしましょう。

SF

萩尾望都作品の代表的なジャンルの1つといえるのが「SF・ファンタジー」です。萩尾望都は、様々な特徴や不思議な力を持つ異星人・宇宙を舞台とした作品が多いのが特徴です。

 

幻想的でありながら、戦争・生命などのリアリティな要素を含んでいるものも多く、キャラクター達が様々な困難を乗り越えていく中で成長・変化を繰り返していく様子が多くの読者に高く評価されています。

恋愛

萩尾望都作品のなかでも屈指の人気を誇り、多くの作品における大きなテーマにもなっているのが「恋愛」です。こちらのジャンルでは、男女間の恋愛よりも、少年同士の友愛・ボーイズラブが中心となっているのが特徴です。

 

作中に登場するキャラクターの多くが複雑な心境・背景を抱えているのが特徴であり、ティーンエイジャーならではの繊細さ・純粋さが感じられる内容に心打たれる読者が多いジャンルといえます。

 

恋愛系の漫画・小説が好きな人はもちろん、初めて萩尾望都作品を読む人にもおすすめできるジャンルです。

バレエもの

「読みごたえのある漫画・小説が良い」という人におすすめなのが「バレエ作品」と呼ばれるジャンルです。

 

1980年代ごろに観劇・バレエへの関心が強まったことから増え始めたこちらのジャンルは、バレエに打ち込む若き少年少女達が、自身が抱える漠然とした不安や過去・プライドなどといった負の感情に立ち向かっていく姿などが描かれています。

 

まるでドキュメンタリードラマのようなリアリティと迫力が魅力的であり、青春をテーマとした作品が好きな人はもちろん、初めて萩尾望都作品に触れる人にもおすすめです。

受賞作品から選ぶ

少女漫画の歴史を支えてきた人気漫画化である萩尾望都は、文学的な作風・イラストから様々な文学賞・漫画賞を受賞しています。多くの読者・文化人に認められた作品である分、取っつきやすい内容であるため、初めて作品に触れる人は受賞作品から選ぶのも良いでしょう。

星雲賞コミック部門受賞作品

萩尾望都が受賞した賞のなかで最も受賞回数が多いのが「星雲賞コミック部門」です。「星雲賞」とは、前暦年に発表・完結した優秀なSF作品に贈られる賞であり、毎年行われる日本SF大会に参加するファン投票により選ばれます。

 

1954年に刊行された日本初のSF雑誌『星雲』が由来となっており、日本でもっとも古いSF賞の1つです。ファンにより選ばれるため、内容もボリューミーで読みごたえのあるものが多いため、SFジャンルが好きな人にはぴったりといえます。

小学館漫画賞受賞作品

初めて萩尾望都作品に触れるという人におすすめなのが「小学館漫画賞受賞作品」です。「小学館漫画賞」とは1955年に誕生して以降、1年に1回行われている漫画賞であり、数多くのノミネート作品から優秀な作品に贈られる賞です。

 

なかでも小学館漫画賞を受賞した萩尾望都作品は、ボリューミーでありながら、普段あまり読書をしないという人にも取っつきやすい軽快なストーリー展開と個性的なキャラクターが多くの読者に人気です。

萩尾望都のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5026392の画像

    小学館

  • 2
    アイテムID:5026390の画像

    小学館

  • 3
    アイテムID:5026383の画像

    小学館

  • 4
    アイテムID:5026377の画像

    河出書房新社

  • 5
    アイテムID:5026375の画像

    秋田書店

  • 6
    アイテムID:5026371の画像

    小学館

  • 7
    アイテムID:5026368の画像

    小学館

  • 8
    アイテムID:5026366の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:5026360の画像

    小学館

  • 10
    アイテムID:5026342の画像

    河出書房新社

  • 11
    アイテムID:5026328の画像

    小学館

  • 12
    アイテムID:5026313の画像

    河出書房新社

  • 13
    アイテムID:5026304の画像

    白泉社

  • 14
    アイテムID:5026292の画像

    小学館

  • 15
    アイテムID:5026265の画像

    小学館

  • 商品名
  • ポーの一族 (1)
  • 萩尾望都スペースワンダー 11人いる! 復刻版
  • 半神
  • 萩尾望都 SFアートワークス
  • アメリカン・パイ
  • 訪問者
  • トーマの心臓
  • 私の少女マンガ講義
  • 萩尾望都-愛の宝石-
  • ピアリス
  • イグアナの娘
  • 美しの神の伝え ─萩尾望都・小説集─
  • 銀の三角
  • ローマへの道
  • あぶない丘の家
  • 特徴
  • 永遠を生きるバンパネラの少年の人生を辿る物語
  • 宇宙船で繰り広げられるサバイバル青春物語
  • ファンタジー・SFなどの多彩なジャンルを収録した短編集
  • 萩尾望都の40年間が詰まった珠玉の1冊
  • 両親のいない少年少女による出会いと別れの物語
  • 『トーマの心臓』では語られなかったオスカーを中心とした短編集
  • 純粋で複雑な少年たちによる愛の物語
  • 萩尾望都による実際の講義を収録した1冊
  • 萩尾望都が手掛ける人気作品が連載時の姿で大集合
  • 特殊な力を持つ姉弟の過酷で数奇な運命の物語
  • テレビドラマも人気が高い異色の短編集
  • 萩尾望都による人気の小説作品が大集結
  • 特殊な力を持つ異星人は時を越えて再び姿を現す
  • 生々しい心理描写が魅力的なバレエダンサーたちの成長物語
  • アズ兄ちゃんとのはちゃめちゃなタイムトラベルの始まり
  • 価格
  • 607円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 607円(税込)
  • 2916円(税込)
  • 648円(税込)
  • 607円(税込)
  • 730円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 7955円(税込)
  • 1550円(税込)
  • 555円(税込)
  • 972円(税込)
  • 669円(税込)
  • 607円(税込)
  • 864円(税込)
  • 出版年月日
  • 1998年7月1日
  • 1994年12月10日
  • 1996年8月1日
  • 2016年4月9日
  • 2003年5月1日
  • 1995年8月1日
  • 1995年8月1日
  • 2018年3月30日
  • 2012年12月7日
  • 2017年7月13日
  • 2000年11月1日
  • 2017年8月5日
  • 1994年9月1日
  • 2000年8月1日
  • 2001年11月1日
  • ページ数
  • 300ページ
  • 323ページ
  • 308ページ
  • 192ページ
  • 337ページ
  • 293ページ
  • 461ページ
  • 221ページ
  • 416ページ
  • 240ページ
  • 230ページ
  • 448ページ
  • 316ページ
  • 309ページ
  • 550ページ

まとめ

まるで本当に存在するかのように、繊細で生き生きとしたイラストと重厚なシナリオが現在でも多くの読者を虜にしている萩尾望都作品は、今回ご紹介したもの以外にもたくさん存在しています。ぜひ1度「少女漫画の神様」と呼ばれた萩尾望都の世界観に触れてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ