【2021年最新版】バーナーの人気おすすめランキング15選【アウトドアキャンプで活躍】

記事ID3988のサムネイル画像

アウトドアやキャンプ、登山などに必須となるアイテムがバーナーです。火を使用する度に薪などから火を起こすのは大変ですが、バーナーがあれば手軽で簡単に火を使用することができます。今回はバーナーのおすすめの種類や選び方を紹介します。アウトドア好きな方は必見です。

理科の実験からアウトドアまで使用されるバーナー

一概にバーナーと言ってもシングルバーナーやツインバーナーのように使用する用途に合った製品が多く販売されています。バーナーはキャンプや登山、アウトドア時には必須とも言われるアイテムなので、しっかり自分のニーズに合った製品を選ぶのが大事です。

 

バーナーなんかどれでも一緒だろうと思う方もいますよね。実は商品によって、バーナーはキャンプ・登山・アウトドアには必須とも言われるアイテムなので、しっかり自分のニーズに合った製品を選ばなくては、使い勝手も悪くなってしまうんです!

 

今回はそんなバーナーの選び方と人気おすすめランキングをご紹介します。ランキングでは主に、価格・サイズ・タイプ・そのほかの特徴を基準に作成しているので、是非参考にしてみください。

バーナーの選び方

バーナーは非常に便利なアイテムなので多くのメーカーからたくさんの種類が販売されています。自分のニーズにピッタリな製品から選ぶようにしましょう。

バーナーの口の数から選ぶ

バーナーには火口の数によってシングルバーナーとツーバーナーの2種類が販売されています。自分に合った種類を購入しましょう。

ファミリーの場合は「ツーバーナー」がおすすめ

ツーバーナーは火口が2つありゴトクもあるので一般家庭のコンロと同じような使い方が可能な非常に便利なアイテムです。ソロキャンパーの場合は特に必要がないですがファミリーや大人数でのアウトドアに適しています。

 

火力の調整ができる製品も多く大きな鍋やフライパンでの料理も可能です。そのため1度に2つの料理を作りたい場合にもツーバーナーを用意しておきましょう。

登山やツーリングをしたい方は「シングルバーナー」がおすすめ

シングルバーナーはサイズがコンパクトな製品が多くソロキャンパーやサブのバーナーとして非常に人気があります。少しのお湯を沸かしたりするのにも最適で、一人分のちょっとした料理なら問題なく作れるので使い勝手がいいです。

本体のタイプから選ぶ

バーナーの本体は一体型と分離型の2種類に分けることができます。それぞれに最適な使用用途やメリット、デメリットがあります。

コンパクトな商品をお探しの方は「一体型」がおすすめ

一体型は非常にコンパクトな製品が多く、ソロキャンパーにとっては非常に便利なアイテムなのでとても人気が高いです。本体に直接、燃料を取り付けて使用する製品が多いため、重心が高くなってしまうのがデメリットです。

 

そのため安定度は下記で紹介する分離型よりも悪くなってしまうので扱いには注意が必要です。ただし手軽で簡単に使用ができるので、少しの水を沸かしたりする場合などには非常に重宝されています。

安定性を求める方は「分離型」がおすすめ

分離型はバーナー本体と燃料をホースで繋いで使用するタイプでバーナー本体の重心が低いのが特徴です。そのため非常に安定した状態で使用が可能で、大きな鍋などで料理をする際に重宝し、少人数なら鍋料理なども楽しめるので人気があります。

対応する両方の燃料から選ぶ

バーナーは本体だけで使用することはできません。必ず燃料が必要となるので対応する燃料もしっかりとチェックしておきましょう。

凡庸性の高い商品をお探しの方は「OD缶」がおすすめ

ガスが燃料の場合でもOD缶と下記で紹介するCB缶の2種類に分けられます。OD缶は(OutDoor缶)の略になっており汎用性が高く対応している製品も多いです。バーナー以外のアウトドア用品であるランタンなどに使用できる場合もあります。

 

操作が簡単で軽量・コンパクトな製品が多いので少しでも荷物を減らしたい場合にはおすすめの燃料タイプです。ただし販売店が限られている場合が多く、値段が高い製品が多いのでコストがかかってしまうので注意してください。

手軽に手に入れられるものが欲しい方は「CB缶」がおすすめ

CB缶は(Cassette Bomb)の略で一般的によく見るカセットボンベの事を指します。OD缶よりも販売されている店舗が多く、コンビニなどでも売られている場合が多いので、手軽に購入できる点がおすすめのポイントです。

 

ただし寒冷地などでは火力が急激に落ちてしまう事があり、使用する場所によってはおすすめできない点がデメリットです。また1本1本が大きいので複数持って行くとなると荷物になってしまうので注意が必要です。

寒い日でも活用したい方は「ホワイトガソリン」がおすすめ

ホワイトガソリンは通常のガソリンを精製したもので揮発性が非常に高いので扱いに注意が必要です。上記で紹介したガスと違い、こちらは液体なので重量もあります。しかし燃料コストが安く火力が高いので人気があります。

 

また寒い場所でもしっかりと火力が出ます。ホワイトガソリンを使用する場合は火力を維持するためにポンピングという作業が必須になります。慣れていない方には難しい作業となるのでバーナー初心者の方はなるべく選ばないようにするのがおすすめです。

持ち運びたい方は「サイズ・重量」も重要なポイント

バーナーは基本的にキャンプやアウトドア、登山などの屋外で使用するシーンが多いので、持ち運びの事も考えてサイズや重量もしっかりとチェックしておきましょう。使用時のサイズだけでなく、収納時のサイズもチェックしておくと、よりベストです。

 

また、そのときにカバンやバッグの収納スペースも把握しておきましょう。

性能・機能から選ぶ

バーナーにはさまざまな使いやすい機能や工夫が施された製品が多く販売されています。自分にとって使いやすい機能が搭載されている製品から選びましょう。

強風時にも活用したい方は「強風対策されたバーナー」がおすすめ

上記でも紹介したようにバーナーは基本的に屋外で使用する場合が多いです。そのため風は大敵になります。本体やゴトクに風防が付いている製品から選ぶと強風時でも使用ができるのでおすすめです。別売りの風防ユニットを購入して携帯しておくとより便利です。

火力の強い商品をお探しの方は「発熱量2500kcal/h以上」がおすすめ

せっかくバーナーを使用しても火力が低いとストレスを感じてしまいます。商品によっては発熱量や、最大出力といった表記で火力のチェックできます。せっかくのバーナーなので、火力の強い製品から選ぶと屋外でも気持ちよく料理ができるのでおすすめです。

安定性の高い商品をお探しの方は「安定性重視のバーナー」がおすすめ

バーナーはガスやガソリンを使用するので、倒れたりすると非常に危険です。そのため、なるべく安定性が高い製品から選んでみてください。分離型は基本的に重心が低く安定しています。しかし、一体型でも安定感が高い製品も販売されているので、確認してみてください。

気軽に使える商品をお探しの方は「点火装置つき」がおすすめ

気軽に使えるシングルバーナーをお探しの方は、点火装置の搭載している作品がおすすめです。点火装置が搭載しているものは、ボタンを押すことができるため、ライターも要りません。初心者の方も気軽に使いやすいので、是非購入を検討してみてください。

 

費用を抑えたい方は「低価格の商品」もチェック

バーナーを選ぶ際は、価格の安い商品を選ぶのも一つのポイントです。バーナーの種類の中にはクッカーがセットになっている製品も多く販売されています。クッカーがセットだと鍋などの付属品が付いているので、非常に使い勝手がいいです。

 

自分が使用したい用品がセットになっているとお得なため、セット品もチェックしておきましょう。

人気メーカーから選ぶ

商品選びで悩んでいる方は、人気メーカーの商品がおすすめです。人気メーカーの商品は、どれも満足度が高いので、商品選びで失敗したくない方にも適しています。

安物から高性能な商品まで欲しい方は「スノーピーク(Snow Peak)」がおすすめ

スノーピークはさまざまなアウトドアグッズを販売している人気のメーカーです。バーナーも幅広い商品を揃えており、自分の用途に適したものを選ぶことができます。価格が安く高性能な商品もあるので、初心者の方にもおすすめです。

使いやすい便利なバーナーが欲しい方は「ソト(SOTO)」がおすすめ

高品質な商品をお探しの方は、SOTOの商品がおすすめです。コンパクトであり強力なバーナーを多数取り揃えているため、どんな場所にも持ち運ぶことができます。また、操作も簡単なので、初心者の方や女性の方からも人気が高いです。

一体型バーナーの人気おすすめランキング9選

すぐ使用できるスターターセット

収納袋が付いおり持ち運びがしやすく本体の重量は81gと非常に軽量なので邪魔になりにくいです。風に強い燃焼構造で強風の中でもしっかりと使用できます。安全性が高く、気軽に使える商品をお探しの方は購入を検討してみてください。

使用時サイズ 幅7.6×奥行10×高さ8.6cm 収納時サイズ 幅4×奥行4.3×高さ7.5cm
重量 81g タイプ 一体型
対応する燃料 OD缶 発熱量/出力 3.0kW

口コミを紹介

プリムスなどのバーナーと比べると女性的な感じがします。個人的な印象ですが。音が小さく炎が整ってきれい。フォルムも繊細で女性的ですね。小さく、軽くてソロキャン用のクッカーには良いと思います。作りも丁寧で仕上がり良し。

出典:https://www.amazon.co.jp

ゴトクは折り畳み式で携帯に便利

アウトドア製品において非常に高い実績と信頼があるアメリカのブランド、コールマン社製の製品なので安心して使用ができます。折りたたみ式ゴトクで携帯性が高く風に強い形状をしているので、外で使用するのにピッタリな製品です。

 

点火装置も付いているので慣れていない方でも簡単に着火することが可能で火力も高い人気のバーナーです。

使用時サイズ 約幅11×奥行9.5×高さ9.5cm 収納時サイズ 幅10×奥行5.5×高さ9.5cm
重量 200g タイプ 一体型
対応する燃料 LPガス 発熱量/出力 最高約3000kcal/h

口コミを紹介

とても便利で意外と力もあるので良い感じです。重いものは難しいけど、小さめのスキレットくらいなら余裕です!1つあると便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

バーナーヘッドが4区画に区切られている

4本ゴトクで非常に安定感のある人気のバーナーです。バーナーヘッドが4区画に区切られているので強風で1区画の火が消えてもほかの区画の火は着火を保つので、強風時での使用でも安心して使用ができます。

 

軽量・コンパクトで持ち運びに便利な上にパワーも非常にあるので、強い火力のバーナーが欲しい方に特におすすめの商品です。

使用時サイズ 収納時サイズ 7.5×8.8×3.0cm
重量 110g タイプ 一体型
対応する燃料 専用ガス容器 発熱量/出力 最高3600kcal/h

口コミを紹介

持っていたプリムスバーナーが古くなったため、買い換えです。火力、コンパクト性、信頼性ともに不動の製品ですが、富士山など標高の高い山では、点火装置が作動しない場合がありますので、必ずライター等は携行したほうが良いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

使いやすくシンプルなバーナー

片手でワンアクション点火をすることができるシンプルなガスバーナーです。調整つまみによって火の強弱を無段階で調節することができます。また、安定性をしっかりと確保することができる設計になっているため、初心者の方にもおすすめです。

使用時サイズ 7.5×11×11cm 収納時サイズ 7.5×7×4cm
重量 100g タイプ 一体型
対応する燃料 OD缶 発熱量/出力 3000kcal/h

口コミを紹介

小型軽量ながら、五徳部を展開すると中々の大きさとなり、安定感もそこそこです。実際の燃焼も安定していて、火力の調整もしやすく、湯沸しから鉄板焼きなどの色々なシーンにて使用できます。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

1人鍋用のセットで使いやすい

こちらの商品はバーナー単品ではなく一人鍋用のセットも付属している非常に使いやすい人気の商品です。4本ゴトクで安定性も高いので安心して使用ができるだけでなく、クッカーにガスカートリッジが収納可能なので持ち運びにも便利です。

 

価格もリーズナブルなので、費用を抑えたい方にも適しています。

使用時サイズ 幅125x奥行125x高さ82mm 収納時サイズ 幅117x奥行105x高さ65mm
重量 300g タイプ 一体型
対応する燃料 LPG 発熱量/出力 2700kcal/h

口コミを紹介

機能面でもコスト面でも申し分ありません。登山でカップラーメンを食べるのに重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハードケース付き

こちらの商品は器具せんが取り外し可能な上にゴトクも開閉式になっているので非常にコンパクトに収納ができるバーナーです。プラスチック製の専用ハードケースが付いているので持ち運びが便利な点もおすすめのポイントです。

 

発火装置も付いているのでライターやマッチも必要なく、4本ゴトクで安定性の高い人気の商品です。

使用時サイズ 125x125x82(h)mm 収納時サイズ 117x105x65(h)mm
重量 300g タイプ 一体型
対応する燃料 発熱量/出力 2700Kcal/h

口コミを紹介

ソロキャンプ用に購入しました!計量、コンパクトさが購入の決め手となりました点火もスムーズに付き問題ありませんでしたこれでキャンプを楽しみたいと思います

出典:https://www.amazon.co.jp

大型ゴトクで安定性が違う

収納型大型ゴトクが4本で一体型なのに安定性が非常に高い人気のバーナーです。収納時には非常にコンパクトになるので持ち運びにも便利で、圧電点火方式で初心者の方も安心して着火させることができます。

 

収納袋が付いているので持ち運びやすく直径19cmの大鍋にも対応しているので、使い勝手のいい人気の商品です。

使用時サイズ 166X奥行142X高さ110mm 収納時サイズ 幅140X奥行70X高さ110mm
重量 350g タイプ 一体型
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力 2.9kW

口コミを紹介

友達がイワタニのジュニア持っていて同じキャンプ時に安定して点かなかった中安定して使えて若干の冷え込みには強いという事を実感出来ました。

出典:https://www.amazon.co.jp

ステンレス素材でお手入れがしやすい

素材にステンレスを使用しているので見た目にも高級感があり、お手入れもしやすい人気のバーナーです。アウトドアやキャンプなどの屋外だけでなく家庭内でも気軽に活用できます。

 

ゴトクの重心は低く大きな鍋でも使いやすく収納や持ち運びにも便利なコンパクトさで、とても高い人気を得ている商品です。

使用時サイズ 301×346×120 収納時サイズ 90×120×255
重量 1.4kg タイプ 一体型
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力 2100kcal/h

口コミを紹介

早速購入大きさは1Lペットボトル位重さは動かない程度、適度と言えます色んな意味で、スゲーと思いますこの発想力大したもんだとにかく余計な事は書く必要無いです!買って見て触って使って納得するべしですわ笑

出典:https://www.amazon.co.jp

専用のハードケースで手軽に持ち運びが可能

1000mlの水なら4分程度で沸騰させるハイパワーが魅力のバーナーです。専用のハードケースが付属しているので持ち運びに便利で、非常に小さくコンパクトになる点も人気を得ています。

 

ゴトクはしっかりとした風防になっており強風時でも問題なく使用が可能で、圧電点火方式で電池やマッチなどが必要ないため、初心者にもおすすめです。

使用時サイズ 幅155×奥行155×高さ127mm 収納時サイズ 幅82×奥行68×高さ109mm
重量 約274g タイプ 一体型
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力 2.7kW

口コミを紹介

ガスはコンビニでイワタニカセットガス250gが300円以下で買えるので便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

一体型バーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7449448の画像

    岩谷産業

  • 2
    アイテムID:7449445の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 3
    アイテムID:7449439の画像

    SOTO(ソト)

  • 4
    アイテムID:7449433の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 5
    アイテムID:7449424の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 6
    アイテムID:7452636の画像

    SUPEEC

  • 7
    アイテムID:7449421の画像

    プリムス(PRIMUS)

  • 8
    アイテムID:7449409の画像

    コールマン(Coleman)

  • 9
    アイテムID:7449406の画像

    SOTO(ソト)

  • 商品名
  • ジュニアコンパクトバーナー
  • HOME&CAMPバーナー
  • レギュレーターストーブ
  • ガスバーナー
  • ガスバーナーコンロ・クッカーセット
  • シングルバーナー 一体型
  • ウルトラバーナー
  • アウトランダー マイクロストーブ
  • アミカス シングルバーナー
  • 特徴
  • 専用のハードケースで手軽に持ち運びが可能
  • ステンレス素材でお手入れがしやすい
  • 大型ゴトクで安定性が違う
  • ハードケース付き
  • 1人鍋用のセットで使いやすい
  • 使いやすくシンプルなバーナー
  • バーナーヘッドが4区画に区切られている
  • ゴトクは折り畳み式で携帯に便利
  • すぐ使用できるスターターセット
  • 価格
  • 3999円(税込)
  • 10887円(税込)
  • 5300円(税込)
  • 2934円(税込)
  • 4903円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 8340円(税込)
  • 3457円(税込)
  • 5184円(税込)
  • 使用時サイズ
  • 幅155×奥行155×高さ127mm
  • 301×346×120
  • 166X奥行142X高さ110mm
  • 125x125x82(h)mm
  • 幅125x奥行125x高さ82mm
  • 7.5×11×11cm
  • 約幅11×奥行9.5×高さ9.5cm
  • 幅7.6×奥行10×高さ8.6cm
  • 収納時サイズ
  • 幅82×奥行68×高さ109mm
  • 90×120×255
  • 幅140X奥行70X高さ110mm
  • 117x105x65(h)mm
  • 幅117x奥行105x高さ65mm
  • 7.5×7×4cm
  • 7.5×8.8×3.0cm
  • 幅10×奥行5.5×高さ9.5cm
  • 幅4×奥行4.3×高さ7.5cm
  • 重量
  • 約274g
  • 1.4kg
  • 350g
  • 300g
  • 300g
  • 100g
  • 110g
  • 200g
  • 81g
  • タイプ
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 一体型
  • 対応する燃料
  • CB缶
  • CB缶
  • CB缶
  • LPG
  • OD缶
  • 専用ガス容器
  • LPガス
  • OD缶
  • 発熱量/出力
  • 2.7kW
  • 2100kcal/h
  • 2.9kW
  • 2700Kcal/h
  • 2700kcal/h
  • 3000kcal/h
  • 最高3600kcal/h
  • 最高約3000kcal/h
  • 3.0kW

分離型バーナーの人気おすすめランキング3選

マイクロレギュレーター搭載で火力が安定

分離型のバーナーでゴトクが4本あるので、大きな鍋でも安定して使用ができる人気の商品です。マイクロレギュレーターが搭載されており、安定した火力で使用ができる点も高評価を得ています。

 

耐風性能も高く重心も低いので安定性があり、ガスを出して点火スイッチを押すだけなのでバーナー初心者の方にもおすすめです。

使用時サイズ 幅41×奥行12×高さ9cm 収納時サイズ 幅11×奥行7.5×高さ9cm
重量 245g タイプ 分離型
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力 2.9kW

口コミを紹介

CBが使用出来ます。SOTOは、他に2つ保有していますがこの機種が一番使い易いメスティンに本体が入ります。

出典:https://www.amazon.co.jp

サブバーナーとしても人気

発熱量が3.7kWもあるので、強い火力のバーナーが欲しい方には、特におすすめのシングルバーナーです。分離型なので重心が低く安定感が高いので大きな鍋などに使用しても、安心感が違います。

 

風防付きなので強風の日でも安定して使用が可能で、OD缶のほかにガソリンも使用ができる使い勝手のいい人気商品です。

使用時サイズ 幅19×奥行17.6×高さ8.3cm 収納時サイズ 幅16×奥行10×高さ9cm
重量 690g タイプ 分離型
対応する燃料 ガソリン/OD缶 発熱量/出力 3.7kW

口コミを紹介

いぶし処 スモークキットでベーコンを作るために使用しています。
約4時間熱燻で連続使用しましたがどこも破損せずガス缶も熱くならずに完成しました。

出典:https://www.amazon.co.jp

軽量でコンパクトな高火力バーナー

軽量でありコンパクトな使いやすい商品です。小型でありながら高火力なため、どんな場所にでも持ち運ぶことができます。ボタンを押すだけで点火することができるため、マッチやライターも使いません。また、マイクロレギュレーター搭載なので、火加減も調節可能です。

使用時サイズ 収納時サイズ
重量 タイプ 分離型
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力

口コミを紹介

家庭用のカセットボンベは横置き使用で上向き基本ですが、ちゃんとそうなる様になってるので火力調整が安定します。

出典:https://www.amazon.co.jp

分離型バーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7452729の画像

    HIKENTURE

  • 2
    アイテムID:7449418の画像

    SOTO(ソト)

  • 3
    アイテムID:7449415の画像

    SOTO(ソト)

  • 商品名
  • シングルバーナー
  • シングルバーナー
  • レギュレーターストーブ FUSION
  • 特徴
  • 軽量でコンパクトな高火力バーナー
  • サブバーナーとしても人気
  • マイクロレギュレーター搭載で火力が安定
  • 価格
  • 2550円(税込)
  • 7670円(税込)
  • 9720円(税込)
  • 使用時サイズ
  • 幅19×奥行17.6×高さ8.3cm
  • 幅41×奥行12×高さ9cm
  • 収納時サイズ
  • 幅16×奥行10×高さ9cm
  • 幅11×奥行7.5×高さ9cm
  • 重量
  • 690g
  • 245g
  • タイプ
  • 分離型
  • 分離型
  • 分離型
  • 対応する燃料
  • CB缶
  • ガソリン/OD缶
  • CB缶
  • 発熱量/出力
  • 3.7kW
  • 2.9kW

機能性の高いバーナーの人気おすすめランキング3選

軽量&コンパクトなツインバーナー

しっかりとした風防が付いているので、強風の中でも使用がしやすい人気の商品です。軽量&ハイパワーなだけでなく、親切な設計なので、初心者でも気軽に使えます。

 

鋼製ブースターで強力なパワーが持続しやすく、ツインバーナーなのに3.9kgと非常に軽量で持ち運びもしやすいです。前方傾斜になっておりお手入れもしやすい商品をお探しの方は是非確認してみてください。

使用時サイズ 収納時サイズ
重量 3.9kg タイプ
対応する燃料 発熱量/出力 最高3900kcal/h

口コミを紹介

見た目も機能も良く満足です。ガス缶の取り付けも凄く簡単でやりやすいですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイパワーで使いやすい

発熱量が5.6kWもある超ハイパワーの2バーナーです。風防が付いているので、強風の中でも問題なく料理が可能です。

 

収納時にはコンパクトになるので持ち運びもしやすいため、別売りのパワーブースターも取り付けることができる機能性も充実した人気の商品です。重量も軽いため、女性でも安心して持ち運びができます。

使用時サイズ 幅55×奥行34×高さ55cm 収納時サイズ 幅55×奥行34×高さ9cm
重量 5.1kg タイプ 2バーナー
対応する燃料 CB缶 発熱量/出力 5.6kW

口コミを紹介

子どもたちとキャンプするために購入しました。子どもも簡単に使いこなせて、とても楽で、夏休みのキャンプが待ち遠しいです。買ってよかったです!

出典:https://www.amazon.co.jp

卓上用の大型シングルバーナー

スノーピークオリジナルの液出しシステムを採用した機能性の高い商品です。着火時から安定した燃焼を持続することが可能なため、どんな場所でも素早く着用できます。また、2代セットすることによって、ツーバーナーとしても使えます。

 

汚れも落としやすいため、後処理も簡単です。

使用時サイズ 47×31×13cm 収納時サイズ 36×25×10cm
重量 2.7kg タイプ
対応する燃料 発熱量/出力 3000kcal/h

口コミを紹介

かっこいいし、火力もある♪

出典:https://www.amazon.co.jp

機能性の高いバーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7452910の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 2
    アイテムID:7449427の画像

    SOTO(ソト)

  • 3
    アイテムID:7449442の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 商品名
  • ギガパワー プレートバーナーLI GS-400
  • ハイパワー2バーナー
  • ツインバーナー
  • 特徴
  • 卓上用の大型シングルバーナー
  • ハイパワーで使いやすい
  • 軽量&コンパクトなツインバーナー
  • 価格
  • 41980円(税込)
  • 14515円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 使用時サイズ
  • 47×31×13cm
  • 幅55×奥行34×高さ55cm
  • 収納時サイズ
  • 36×25×10cm
  • 幅55×奥行34×高さ9cm
  • 重量
  • 2.7kg
  • 5.1kg
  • 3.9kg
  • タイプ
  • 2バーナー
  • 対応する燃料
  • CB缶
  • 発熱量/出力
  • 3000kcal/h
  • 5.6kW
  • 最高3900kcal/h

事故を防ぐために燃料は純正メーカーを使用しよう!

使用する燃料は、純正のメーカーのものを使用するようにしましょう。純正メーカー以外の念量を使用してしまうと、不完全燃焼やガス漏れなどのトラブルが発生し、火災事故につながる可能性があるので、注意してください。

炙り料理にはトーチバーナーがおすすめ

トーチバーナーは通常の商品とは異なり片手で持って活用することができます。アウトドアや料理に活用されることが多く、コンパクトに運べるために注目を浴びています。最近ではDIYでも人気が高まっているため、合わせて購入してみましょう。

 

下記の記事では、そんなトーチバーナーの人気おすすめランキングもご紹介しているので、是非確認してみてください

まとめ

バーナーは非常に便利なアイテムです。しかし、使い方を間違えると大きな事故に繋がりかねない危険なアイテムでもあります。楽しいキャンプやアウトドア、登山を楽しむためにも使用方法や保管方法に気を付けて活用しましょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新版】漏斗の人気おすすめランキング15選【ペットボトルにも便利】

【2021年最新版】漏斗の人気おすすめランキング15選【ペットボトルにも便利】

調理器具
【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

【キャットケアスペシャリスト監修】キャットタワーの人気おすすめランキング15選【シンプル&おしゃれ】

猫用品
【2021年最新版!】ワンタッチテントの人気おすすめランキング20選

【2021年最新版!】ワンタッチテントの人気おすすめランキング20選

テント
【2021年最新版】着火剤の人気おすすめランキング20選【火起こしを素早く安全に】

【2021年最新版】着火剤の人気おすすめランキング20選【火起こしを素早く安全に】

燃料・ガスボンベ・炭
【美容ライター監修】スタイリング剤の人気おすすめランキング20選【市販の人気商品も!】

【美容ライター監修】スタイリング剤の人気おすすめランキング20選【市販の人気商品も!】

ヘアケア・スタイリング用品