【2021年最新版】ツーバーナーの人気おすすめランキング15選【初心者の方も必見!】

記事ID10600のサムネイル画像

ツーバーナーは屋外料理に便利なキャンプの定番アイテム。ガス式やスタンド付きの使いやすいものから、収納ケース付き、おしゃれなデザインまで幅広い種類があります。そこで今回は、ツーバーナーの選び方と人気商品ランキングをご紹介します。初心者の方はSoto・イワタニ・コールマンなど人気ブランド情報も必見です!

ツーバーナーコンロでキャンプ料理を楽しもう

キャンプやBBQで調理をする場合、火や炭を準備するのは時間もかかりますし火加減の調整も難しいですよね。実は、ツーバーナーを使うと火や炭を準備する手間を減らせ、火加減の調整も簡単になりますので、料理のしやすさが格段にアップします!

 

ツーバーナーの魅力はなんと言っても、コンロが2つあることで調理方法に柔軟さが生まれる点です。フライパンや鍋を同時に使えて、本格的な料理を楽しめます。ツーバーナーがあれば、アウトドア料理のクオリティーをぐんと高められます。

 

そこで今回はツーバーナーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは燃料、携行性、火力、ブランドの人気を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ツーバーナーの選び方

ツーバーナーを買う前に正しい選び方を知っておけば、自分の目的に合った使いやすいツーバーナーを買うことができます。ここではツーバーナーの選び方のポイントを紹介します。

燃料で選ぶ

ツーバーナーコンロには、大きくホワイトガソリン式とガス式の2種類の燃料があります。燃料の種類は、ツーバーナーを使う用途を考えることで選びやすくなります。

リーズナブルで燃費の良さがおすすめの「ホワイトガソリン」式

ツーバーナーをコスパ重視で選ぶなら、ホワイトガソリン式がおすすめです。ホワイトガソリンは、原油から高い純度に精製された液体燃料のことです。レギュラーガソリンは添加物でオレンジ色ですが、ホワイトガソリンはナフサ成分だけで無色透明です。

 

ホワイトガソリン式のツーバーナーは、定期的にキャンプを楽しみたい方や、大勢でアウトドアを楽しみたい時に、燃料代を抑えられておすすめです。しかし着火や消火にコツが必要なタイプや、メンテナンスに手間がかかる商品もあるので注意が必要です。

アウトドアでも使いやすい手軽さがおすすめの「ガス」式

手軽さ重視で選ぶなら、「ガス式」のツーバーナーがおすすめです。ガス缶をセットするだけなので、ホワイトガソリン式と比較してアウトドアでも簡単に準備できます。ワンタッチでスピーディーに着火できて、キャンプ初心者の方でも安心です。

 

ガス缶の燃焼時間が短めなので、コスパが悪いというデメリットがあります。ガス缶を何本も使うと、使った後のゴミが出てしまったり、寒い季節になると、ガス缶が冷えて火力が安定しないことがあります。

 

ガス式ツーバーナーで使う燃料には、CB缶とOD缶という2種類のタイプがあります。ガス式ツーバーナーを購入する時には、CB缶タイプかOD缶タイプがありますので、続けてそれぞれの特徴を紹介します。

室内で気軽に使いたい家庭用におすすめの「CB缶」

ガス式ツーバーナーで使う「CB缶」は、室内向けを目的としています。家庭用のカセットコンロと併用できるので、一年に一回ほどしか使わない方におすすめです。CB缶」はホームセンターなどで手軽に買えて、入手しやすいというメリットがあります。

 

CB缶」タイプは、公園や河原など環境が安定した場所でも使えます。ただし風が強い場所や寒い場所など、環境の厳しい場所には向いていません。CB缶」を使ったガス式ツーバーナーは、室内や環境の安定した場所で調理したい方におすすめです。

火力が安定したアウトドアで使う方におすすめの「OD缶」

ガス式ツーバーナーで使う「OD缶」は、アウトドアを目的としています。アウトドア用の「OD缶」は、屋外でも火力が安定しているという長所があります。価格は高くなりますが、火力が強いのでより早く調理したり、お湯を沸かしたりできます。

 

冬のキャンプや雪山の氷点下の環境で使うなら、ハイパワータイプの「OD缶」もあります。マイナス10度の環境でも、安定した火力が得られます。OD缶」タイプのツーバーナーは、メーカーによって結合部の形が異なるので注意が必要です。

火力・熱量で選ぶ

ツーバーナーコンロを選ぶポイントは、火力の強さです。本格的な料理を作りたい方は、ツーバーナーの火力の強さをチェックしましょう。

本格的な料理もできる強い火力が欲しい方は「3000kcal/h以上」がおすすめ

ツーバーナーの火力は、25004000kcal/hが一般的です。家庭用ガスコンロが2,0004,000kcal/hの火力ですから、ツーバーナーでも同等の火力が得られます。大鍋で料理するには、少なくとも3000kcal/hの火力が必要です。

 

右と左のバーナーで、火力が異なる場合があります。2つのバーナーの火力に違いがあるかどうか、購入前に確認しましょう。アウトドアを楽しむ目的に合わせて、ツーバーナーの火力の強さを選びましょう。

屋外調理でも安定した火力が欲しい方におすすめの「ホワイトガソリン式・OD缶」

しっかり安定した火力のツーバーナーを選ぶなら、外気温の影響を受けにくいホワイトガソリン式や、気温が低い場所でも安定した火力を期待できるOD缶のツーバーナーおすすめです。キャンプやアウトドアの屋外の調理でも使いやすい燃料です。

持ち出しが多く携行性重視の方は「軽量・コンパクト」サイズがおすすめ

アウトドアやキャンプでツーバーナーを使う方は、サイズ・重量も確認しましょう。収納サイズが小さくて軽量コンパクトなツーバーナーは持ち運びに非常に便利です。使用時のサイズだけではなく、収納時に小さく纏められるツーバーナーを探してみましょう。

 

ツーバーナーの重量は4kg12kg程が多いので、携行性を重視するなら軽量なものを選びましょう。また本体重量が軽くても、燃料の重さも考える必要があります。ガス缶式ツーバーナーの方が、全体に重量が軽く持ち運びしやすい傾向がありおすすめです。

移動や収納時の快適さを重視する方は「ケース付き」がおすすめ

ケースつきのツーバーナーはコンパクトに収納することができるので、車などで外への持ち出しの多い方や、普段使わない時に小さく収納したい方におすすめです。携行性を重視する方は使用時のサイズだけではなく、収納時のサイズも注意しましょう。

機能面で選ぶ

ツーバーナーには屋内・屋外での利用などシチュエーションに合わせた便利な機能を備えたモデルがあります。ご自身の用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。

風の強い日でも火力を安定させたい方におすすめの「風防付き」

ツーバーナーを屋外で使うなら、風除けや風防が付いた商品を選びましょう。風除けや風防があれば、風が強い日でも火力を安定させられます。ガス式ツーバーナーは風に弱い特徴があるので、風除けや風防のチェックが必要です。

 

風除けや風防を取り外せるタイプなら、収納サイズを小さくできます。取り外しタイプなら、大鍋で調理する時にも邪魔になりません。家庭用台所グッズの油よけを活用することもできます。

鉄板を使った料理をしたい方におすすめの「ダッチオーブン対応」

ツーバーナーで鉄板やダッチオーブンを使用するなら、「ダッチオーブン対応」タイプの商品を購入しましょう。鉄板やダッチオーブンは高温になるため、燃料が熱の影響を受けるからです。

 

ホワイトガソリン式の場合、基本的には鉄板やダッチオーブンを使用できます。ガス式でCB缶やOD缶を使用する場合は、燃料も熱くなってしまう可能性があります。鉄板を使用する場合は、「ダッチオーブン対応」であることを確認しましょう。

燃料交換を簡単にしたい方におすすめの「前面燃料交換」

ツーバーナーを使う上で手間がかかるのが燃料の取り付けや燃料の交換です。前面から燃料を交換できるツーバーナーは使い勝手が非常によく、燃料交換のストレスを軽減してくれます。特に初心者の方には簡単な燃料交換ができるモデルがおすすめです。

置き場所を問わない使いやすさがおすすめの「スタンド」付き

アウトドアや屋内など、使う場所を問わずに使いやすいのは専用のスタンドがついたツーバーナーです。高さ的に調理もしやすくなり、ツーバーナーを置く机などが用意できない場合でも安全に調理ができます。

手入れのしやすい素材で選ぶ

ツーバーナーを選ぶ際にはお手入れのしやすさも重要なポイントです。日々の手入れがラクで、素材の劣化が少なく長持ちしやすいツーバーナーを選びましょう。

錆びを防止したい方におすすめの「アルミ・ステンレス製」

お手入れがしやすいのは、アルミ製かステンレス製のツーバーナーです。アルミ製やステンレス製は耐久性があるので、長く使うことができます。錆びにくいという長所もあるので、お手入れがしやすくなります。

汚れがつきにくくお手入れのしやすさ重視の方におすすめの「フッ素塗装」

汚れを拭き取りやすいのは、フッ素表面塗装された商品です。表面にフッ素加工が施されていれば、油や汚れを簡単に拭き取れます。使用後の片付けが楽ですし、長く綺麗な状態で使い続けられます。

「ネジや溝の少ない」タイプは隅々まで掃除したい方におすすめ

ツーバーナーに、ネジや溝が多い構造かどうかも要チェックです。ツーバーナーにネジや溝が多いと、汚れや油が付着して掃除しにくくなります。汚れや油が隙間に残ると、ツーバーナーも不衛生な状態になってしまいます。

燃焼可能時間で選ぶ

ツーバーナーは、ガス式かホワイトガソリン式かで燃焼時間が異なっています。燃焼時間を把握することで、燃料のや費用を計算しやすくなります。

燃料1本で長時間使いたい方におすすめの「ホワイトガソリン」式

ホワイトガソリン式のツーバーナーは、火力を強火にして使った場合でも2時間ほど連続して使用できます。連続して使わない場合や弱火の調理なら、2時間以上燃焼させられます。アウトドアの環境によって、使用時間は変化します。

少人数でアウトドアの料理を楽しみたい方におすすめの「250gガス缶」

250gガス缶で火力を強火にした場合、1時間ほど連続して使用できます。少人数でアウトドアを楽しむ場合には、250gガス缶がおすすめです。1回の調理が10分程度なら、1缶で6回ほど調理できます。

大人数のキャンプでも十分な容量をお探しの方は「500gガス缶」がおすすめ

500gガス缶で火力を強火にした場合、2時間ほど連続して使えます。大人数でアウトドアを楽しむなら、500gガス缶がおすすめです。長期間のキャンプでも、500gガス缶なら数日間調理できます。

見た目にもこだわりたいなら「おしゃれなデザイン」がおすすめ

ツーバーナーでおすすめの選び方は、お気に入りのデザインで選ぶ方法です。ツーバーナーの商品には、シンプルなデザインからおしゃれなタイプまで様々です。デザインにこだわりたい方は、見た目のクールさや可愛らしさで選ぶことができます。

ブランドで選ぶ

ツーバーナーに長年人気の高いコールマンやイワタニなどのブランドがあります。初心者の方には実績があって失敗の少ない人気ブランドから選ぶことがおすすめです。

アウトドア向けのシンプルなデザインがおすすめの「ソト(SOTO)」

ソト(SOTO)は工業用バーナーメーカーの新富士バーナーが展開するアウトドア用ブランドで、シンプルなデザインながら本格的な調理をしたい方に人気があります。アウトドアやキャンプでは定番アイテムですので、屋外使用が中心の方におすすめです。

幅広い用途に答える豊富なラインナップがおすすめの「イワタニ(Iwatani)」

イワタニ(Iwatani)のツーバーナーは、軽量コンパクトなモデルやスタンド付きの使いやすいモデルなど、幅広い用途に合わせた豊富なラインナップと、独特のカラフルなデザインが人気です。カラフルでおしゃれなツーバーナーを探している方におすすめ。

アウトドアに最適な耐久力と火力の強さがおすすめの「コールマン(Coleman)」

コールマン(Coleman)はアウトドア・キャンプ用品を幅広く展開しているアウトドア派に人気のブランドで、ツーバーナーでも耐久力の高さと火力の強さが人気です。頻繁に外に持ち出すヘビーユーザーにおすすめの本格的なアウトドアブランドです。

高火力ツーバーナーの人気おすすめランキング3選

3位

スノーピーク(snow peak)

ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

価格: 48,176円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れのお手入れが簡単でおすすめ

キャンプでシステムキッチンを実現できるのが、スノーピーク(snow peak)です。アイアングリルテーブルに取り付けることで、システムキッチンを作れます。燃料にギガパワーガスを使えば、寒い場所でも強い火力が得られます。

 

シンプルなデザインで、ODガス缶を使った扱いやすいツーバーナーです。表面にフッ素加工が施されているので、汚れや油も簡単に拭き取れます。アウトドアのシステムキッチンで、本格的な調理を楽しみたい方におすすめです。

燃料 OD缶 火力 3000kcal/h
使用サイズ 563×514×383mm 収納サイズ 500×110×360mm
素材 ステンレス 重量 7.3kg

口コミを紹介

汁がこぼれても、フッ素加工で簡単にふき取れます。下の所にガスカートリッジを装着する仕組みが、なかなかメカニカルでかつ機能的で、自分の世界に入ってしまいそうです。そうです、これは自分の満足感を高める物です。そんな人にお勧めします。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

char-broil

バーベキューコンロ

価格: 59,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な調理を楽しみたい方におすすめ

アウトドアで本格的な調理を楽しみたい方におすすめなのが、チャーブロイル(char-broil)のツーバーナーです。LPガスボンベと接続するのが特徴で、強い火力が得られます。大人数でのキャンプにも対応できる本格派のツーバーナーです。

 

サイズはコンパクトですが、左右にサイドシェルフが付いていて、調理作業がスムーズになります。カート付きなので、持ち運びも楽な商品です。コンロにグリースカップを取り付ければ、油も入れられてお掃除が簡単です。

燃料 LPガス 火力 4534kcal/h
使用サイズ 1200×540×1230mm 収納サイズ 800×540×1230mm
素材 ステンレス 重量 44kg

口コミを紹介

重さもあって、しっかりとした作りで安心しました。
ガス漏れも無く点火出来ました。
火力も十分で、温度計も役に立っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

Camp Chef

Explorer 2X 2バーナーストーブ EX60FP

価格: 32,500円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高燃焼力で大人数のキャンプにもおすすめ

キャンプシェフ(CampChef)は、アルミダイキャスト製の高火力ツーバーナーです。LPガスボンベ式のツーバーナーで、2つで15,000kcal/hの高燃焼力が得られます。一般家庭の火力が3,000kcal/hですから、その倍以上の火力を期待できます。

 

大人数でのキャンプやイベントで、本格的な調理に挑戦したい方におすすめです。スタンド式の欧米スタイルのBBQを楽しむこともできます。グリルやピザオーブンなど、豊富なオプションも揃っています。

燃料 LPガス 火力 7560Kcal
使用サイズ 830×365×860mm 収納サイズ -
素材 ステンレス 重量 15.2kg

口コミを紹介

高火力のツーバーナーで、オプションも充実していて良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

高火力ツーバーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7348456の画像

    Camp Chef

  • 2
    アイテムID:7348453の画像

    char-broil

  • 3
    アイテムID:7348450の画像

    スノーピーク(snow peak)

  • 商品名
  • Explorer 2X 2バーナーストーブ EX60FP
  • バーベキューコンロ
  • ギガパワー ツーバーナー液出し GS230
  • 特徴
  • 高燃焼力で大人数のキャンプにもおすすめ
  • 本格的な調理を楽しみたい方におすすめ
  • 汚れのお手入れが簡単でおすすめ
  • 価格
  • 32500円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 48176円(税込)
  • 燃料
  • LPガス
  • LPガス
  • OD缶
  • 火力
  • 7560Kcal
  • 4534kcal/h
  • 3000kcal/h
  • 使用サイズ
  • 830×365×860mm
  • 1200×540×1230mm
  • 563×514×383mm
  • 収納サイズ
  • -
  • 800×540×1230mm
  • 500×110×360mm
  • 素材
  • ステンレス
  • ステンレス
  • ステンレス
  • 重量
  • 15.2kg
  • 44kg
  • 7.3kg

携行性の良いツーバーナーの人気おすすめランキング6選

6位

コールマン(Coleman)

パワーハウスツーバーナーストーブ 413H

価格: 32,200円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャンプに最適なホワイトガソリン

こちらの商品は、ホワイトガソリン式で長時間の使用にも耐えうるキャンプやアウトドアに使いやすいツーバーナーです。収納サイズも優れていて、車での移動や普段使わないときにはコンパクトに収納ができ、ハンドル付きで持ち運びにも便利です。

燃料 ホワイトガソリン 火力 6400kcal/h
使用サイズ 670×460×448mm 収納サイズ 560×350×160mm
素材 スチール・他 重量 5.8kg

口コミを紹介

キャンプ用のバーナーは絶対にホワイトガソリンを使うタイプがおすすめだと聞いて、購入しました。ガス缶タイプは外気が冷えてると付かなかったり火力が弱くなったりするそうなので、山上の早朝の調理などにいいそうです。まだ使用していませんが、期待をしています。

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp

5位

プリムス(PRIMUS)

オンジャ キャンプ・アウトドア用ツーバーナー

価格: 22,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれで持ち運びも便利

こちらの商品は、独特のおしゃれなデザインと持ち運びのコンパクトな収納が特徴的なツーバーナーです。3500kcal/h×2の十分な火力があり、幅広い調理にもしっかりと対応します。おしゃれなデザインのツーバーナーを探している方におすすめです。

燃料 OD缶 火力 7000kcal/h
使用サイズ 430×140×300mm 収納サイズ 410×140mm
素材 スチール 重量 3.0kg

口コミを紹介

デザイン良し!構造上風には弱いので、風除け(高さのあるもの)を別で用意すると良いですね。イグナイターは無いのでチャッカマン必要です。火力は問題なく、フライパン料理も湯沸かしも炊飯も難なくこなしてくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

プリムス(PRIMUS)

Tupike Single Fuel Stove

価格: 55,900円(税込)

Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グリル付きでBBQも楽しめる

ランキング第4位は、プリムス(Primus)ツーバーナーです。とてもコンパクトなのが特徴で、調理に便利な風防がついています。持ち運びが便利なので、色々な場所でアウトドア料理に挑戦できます。

 

ガス式ツーバーナーで、CB缶を使えます。コンパクトですが、3,500kcal/hの火力が得られます。狭い場所でも使える小さなサイズなので、ショルダーバッグのように持ち運びが可能です。

燃料 - 火力 -
使用サイズ 475×295×81mm 収納サイズ -
素材 - 重量 1.8kg

口コミを紹介

デザイン、コンパクトでお値段なりの価値はあります!
買って良かったです。アメリカからの製品は変換アダプターは付いておりませんので別途購入しないとなりませんのでご注意下さい。
それ以外は火力もあり十分あり使えます。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

Iwatani(イワタニ)

スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

価格: 41,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンディングを楽しみたい方におすすめ

静かに自然の音を楽しみたい方におすすめなのが、岩谷ブランド(Iwatani)のスタンディングツーバーナーです。ステンレス製で、静音性に優れた商品です。大自然の中で静かにお湯を沸かしたり、コーヒーを飲んだりするのにぴったりです。

 

ガス缶を燃料に使うので、ガソリンのような燃焼音が出ません。ステンレス製なので錆びや汚れが付きにくく、耐久性にも優れています。スタンディングのタイプで、サイズもコンパクトなので、持ち運びが便利な商品です。

燃料 CB缶 火力 2,800kcal/h
使用サイズ 816×519×1072mm 収納サイズ -
素材 ステンレス 重量 11.3kg

口コミを紹介

商品はとても素晴らしコンセプトと思います。使い勝手も良く、お手軽グランピングが可能になります。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

コンパクトガスツーバーナーコンロ M-8249

価格: 12,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたお手頃モデル

こちらの商品は、リーズナブルな価格ながら火力の強さや持ち運びのしやすさもしっかりとニーズを満たせる、初めてツーバーナーを購入する方におすすめしたいモデルです。シンプルなデザインでOD缶のガス式で使いやすさと火力の強さを実現しています。

燃料 OD缶 火力 6000kcal/h
使用サイズ 640×330×490mm 収納サイズ 525×300×100mm
素材 ステンレス 重量 4.6kg

口コミを紹介

正直いろいろ迷いましたが、我が家はガスでそろえていること、おまけにキャプテンスタッグが殆どであること、値段も手ごろであることからこの商品を購入しました。家庭用のフライパンなどを使うとなると若干サイズが小さいですが、十二分に満足できる商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コールマン(Coleman)

ロードトリップLXE-J II

価格: 34,278円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯性に優れた車輪付きツーバーナー

こちらの商品は、携帯性に優れたコンパクトな収納機能と、独特な車輪・ハンドル付きで移動もラクラクの、特にアウトドアやキャンプで屋外利用が多い方におすすめのツーバーナーです。屋外でのBBQにも適した準備や型付けも手間がかかりません。

燃料 OD缶 火力 5000kcal/h
使用サイズ 1180×460×1125mm 収納サイズ -
素材 スチール・他 重量 18kg

口コミを紹介

今まで使っていたBBQコンロが古くなってしまい買い替えを検討していたのですが、炭を使わなくて良い・すぐに肉を焼き始められる・準備片付けが楽ちんだ!となり購入しました。実際に使ってみるともう、炭を一からおこすBBQには戻れません。とにかく楽ちんです!

出典:https://www.amazon.co.jp

携行性の良いツーバーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7350188の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:7350211の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 3
    アイテムID:7348464の画像

    Iwatani(イワタニ)

  • 4
    アイテムID:7348461の画像

    プリムス(PRIMUS)

  • 5
    アイテムID:7350203の画像

    プリムス(PRIMUS)

  • 6
    アイテムID:7350202の画像

    コールマン(Coleman)

  • 商品名
  • ロードトリップLXE-J II
  • コンパクトガスツーバーナーコンロ M-8249
  • スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2
  • Tupike Single Fuel Stove
  • オンジャ キャンプ・アウトドア用ツーバーナー
  • パワーハウスツーバーナーストーブ 413H
  • 特徴
  • 携帯性に優れた車輪付きツーバーナー
  • コスパに優れたお手頃モデル
  • スタンディングを楽しみたい方におすすめ
  • グリル付きでBBQも楽しめる
  • おしゃれで持ち運びも便利
  • キャンプに最適なホワイトガソリン
  • 価格
  • 34278円(税込)
  • 12000円(税込)
  • 41800円(税込)
  • 55900円(税込)
  • 22000円(税込)
  • 32200円(税込)
  • 燃料
  • OD缶
  • OD缶
  • CB缶
  • -
  • OD缶
  • ホワイトガソリン
  • 火力
  • 5000kcal/h
  • 6000kcal/h
  • 2,800kcal/h
  • -
  • 7000kcal/h
  • 6400kcal/h
  • 使用サイズ
  • 1180×460×1125mm
  • 640×330×490mm
  • 816×519×1072mm
  • 475×295×81mm
  • 430×140×300mm
  • 670×460×448mm
  • 収納サイズ
  • -
  • 525×300×100mm
  • -
  • -
  • 410×140mm
  • 560×350×160mm
  • 素材
  • スチール・他
  • ステンレス
  • ステンレス
  • -
  • スチール
  • スチール・他
  • 重量
  • 18kg
  • 4.6kg
  • 11.3kg
  • 1.8kg
  • 3.0kg
  • 5.8kg

初心者向け人気ブランドツーバーナーの人気おすすめランキング6選

6位

イワタニ

フラットツイン・S CB-TBG-2

価格: 18,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外でも気軽に卓上コンロ

こちらの商品は、卓上コンロと同じ使い心地を屋外でも実現できる、安定火力とコンパクトなCB缶の配置でスッキリしたデザインのツーバーナーです。BBQやなべ物でも屋外で炭を使わずに手軽に調理ができ、専用バッグが付いているので持ち運びも便利!

燃料 CB缶 火力 5600kcal/h
使用サイズ 627×439×409mm 収納サイズ 627×419×150mm
素材 鋼板・ステンレス 重量 6.9kg

口コミを紹介

キャンプで使用しました。すごくいいです!とにかく片付けが簡単。炭で汚れる事もなく、バーベキューをゆっくり楽しめました。火力も強いし、お肉もおいしく焼けます!色もgood‼

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

ツーバーナーコンロ エクスギア UF-17

価格: 16,100円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗練されたおしゃれなデザイン

持ち運びの便利さで選ぶなら、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)がおすすめです。折りたたんで持ち運べるタイプで、収納時サイズは約525×300×100ミリとコンパクトです。取っ手もついているので、アウトドアの持ち運びにも便利です。

 

コンパクトなツーバーナーですが、約3,000kcal/hの火力があります。家庭用コンロと同等の火力で、キャンプで本格的な料理を楽しめます。デザインはおしゃれな青色で、見た目も洗練されたツーバーナーです。

燃料 OD缶 火力 6000kcal/h
使用サイズ 655×350×500mm 収納サイズ 530×320×80mm
素材 鉄・ステンレス 重量 5kg

口コミを紹介

使い勝手は良く、キャンプ飯の幅が広がりました。
一発で点火でき、火力も十分。コンパクトなので収納性もいいです。
作りも丈夫なので、車の荷台で上にいろいろ積んでも問題なしでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

ソト(SOTO)

レギュレーター2バーナー GRID ST-526

価格: 26,400円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きすぎないシンプルツーバーナー

こちらの商品は、ツーバーナーでありがちなガス缶の配置のために背が高くなってしまう事を避けたい方におすすめの、コンパクトに設置ができるシンプルなデザインが特徴です。大きさを抑えたことで重量も控えめで、アウトドアでも使いやすいです。

燃料 CB缶 火力 2500kcal/h
使用サイズ 473×252×145mm 収納サイズ -
素材 ステンレス・アルミ 重量 2.25kg

口コミを紹介

探し求めていた使いやすさ、コンパクトで軽く、CB缶仕様なので安価。風防がついて同じsoto製の鉄板にもベストマッチ。家でも使っています。良い買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

ソト(SOTO)

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

価格: 15,466円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型でコンパクトな卓上タイプ

人気ランキング第3位は、ソト(SOTO)のハイパワーツーバーナーです。ソトのツーバーナーは、充実した機能を備えたコンロとして人気があります。ガスシンクロナスと呼ばれるシステムで、2つのガス缶から燃料を送り出して安定した火力が得られます。

 

テーブル上で使えるツーバーナーで、薄型でコンパクトなサイズです。ソトのツーバーナーは構造がシンプルなので、取り外して掃除することも可能です。風除けや防風が無しの商品や、大鍋が載せられないタイプもあるので購入前に確認しましょう。

燃料 CB缶 火力 4800kcal/h
使用サイズ 550×340×550mm 収納サイズ 550×340×90mm
素材 ステンレス・カラー鋼板 重量 5.1kg

口コミを紹介

火力が強く、お湯もスグに沸きました。
思っていたよりも軽く、女性でも持ち運べる位です。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

ユニフレーム(UNIFLAME)

ツインバーナーUS-1900

価格: 25,800円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインのアルミボディ

人気商品ランキング第2位は、ユニフレーム(UNIFRAME)のツインバーナーです。スタイリッシュなデザインのアルミボディで、市販のガス缶を使えて便利です。収納サイズは薄型の11センチですが、しっかり調理できるだけの火力があります。

 

ユニフレームのツインバーナーは、構造がシンプルなので掃除がしやすい商品です。コンロの角に樹脂ガードが付いているなど、安全にも十分配慮されています。決して安価のツーバーナーではありませんが、品質や使い心地を考えるとおすすめの商品です。

燃料 CB缶 火力 3000kcal/h
使用サイズ 540×325×290mm 収納サイズ 540×325×115mm
素材 ステンレス 重量 3.9kg

口コミを紹介

軽さ、デザイン性、セッティングの簡易さ、確実な点火、火力、燃費と何一つ不満なく高級感のある屋外料理を楽しめています。他社に比べ本体もガスもお高く感じますが値段相応の価値はありますよ!ゆとりを楽しむシームでの利用ですからこうした機材にも拘りたいです。本当に美しい。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

コールマン(Coleman)

パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

価格: 12,000円(税込)

楽天で詳細を見る Amazonで詳細を見る Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

経験と伝統に保証された完成度

おすすめのツーバーナー商品ランキング第1位は、コールマン(Coleman)のパワーハウスです。ツーバーナーで一番人気のブランドで、ホワイトガソリンタイプの商品です。寒い場所でも火力が安定していて、多くのアウトドアファンに愛用されています。

 

コールマンの商品の中には、数十年デザインが同じものもあり、経験と伝統の完成度の高さを誇っています。燃料はガス缶式で、2つのバーナーで3,500kcal/hの火力が得られます。ツーバーナー選びに迷ったら、コールマンの商品がおすすめです。

燃料 CB缶 火力 7000kcal
使用サイズ 640×325×520mm 収納サイズ 540×325×70mm
素材 スチール 重量 4.2kg

口コミを紹介

畳んだとき薄くてコンパクトなのに、展開時は調理に不自由することのない大きさです。値段も1万以下で買えるのですから、下手にシングルバーナーをあれこれ買うより安上がりで快適です。風防があること、2台同時に使えることが、これほど快適なことだとは思いませんでした。

出典:https://www.amazon.co.jp

初心者向け人気ブランドツーバーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7348482の画像

    コールマン(Coleman)

  • 2
    アイテムID:7348479の画像

    ユニフレーム(UNIFLAME)

  • 3
    アイテムID:7348476の画像

    ソト(SOTO)

  • 4
    アイテムID:7350191の画像

    ソト(SOTO)

  • 5
    アイテムID:7348472の画像

    キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

  • 6
    アイテムID:7350189の画像

    イワタニ

  • 商品名
  • パワーハウスLPツーバーナーストーブ2
  • ツインバーナーUS-1900
  • ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525
  • レギュレーター2バーナー GRID ST-526
  • ツーバーナーコンロ エクスギア UF-17
  • フラットツイン・S CB-TBG-2
  • 特徴
  • 経験と伝統に保証された完成度
  • スタイリッシュなデザインのアルミボディ
  • 薄型でコンパクトな卓上タイプ
  • 大きすぎないシンプルツーバーナー
  • 洗練されたおしゃれなデザイン
  • 外でも気軽に卓上コンロ
  • 価格
  • 12000円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 15466円(税込)
  • 26400円(税込)
  • 16100円(税込)
  • 18800円(税込)
  • 燃料
  • CB缶
  • CB缶
  • CB缶
  • CB缶
  • OD缶
  • CB缶
  • 火力
  • 7000kcal
  • 3000kcal/h
  • 4800kcal/h
  • 2500kcal/h
  • 6000kcal/h
  • 5600kcal/h
  • 使用サイズ
  • 640×325×520mm
  • 540×325×290mm
  • 550×340×550mm
  • 473×252×145mm
  • 655×350×500mm
  • 627×439×409mm
  • 収納サイズ
  • 540×325×70mm
  • 540×325×115mm
  • 550×340×90mm
  • -
  • 530×320×80mm
  • 627×419×150mm
  • 素材
  • スチール
  • ステンレス
  • ステンレス・カラー鋼板
  • ステンレス・アルミ
  • 鉄・ステンレス
  • 鋼板・ステンレス
  • 重量
  • 4.2kg
  • 3.9kg
  • 5.1kg
  • 2.25kg
  • 5kg
  • 6.9kg

キャンプ初心者にツーバーナーはいらない?

キャンプやアウトドアでツーバーナーはいらないのでは?と疑問に思う方もいると思います。もし1名~2名の利用が多ければ、コンロが1つのシングルバーナーも豊富に種類がありますので、そちらも検討してみましょう。

 

家族や友人など大人数での利用が想定される方や、焼き・スープなど料理の種類を多く楽しみたい方にはツーバーナーは非常に便利です。コストが気になる方にはリーズナブルな商品もありますのでぜひお試しください。

まとめ

ツーバーナーコンロの選び方やおすすめの商品を、ランキング形式でご紹介しました。ツーバーナーには、燃料の種類や火力の強さなど、選び方のポイントがあることが分かりましたね。今回ご紹介した人気商品を参考にして、楽しいアウトドアライフを満喫してくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月15日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【オープンワールド・アクション・RPGも!】

【2021年最新版】PS4ゲームソフトの人気おすすめランキング100選【オープンワールド・アクション・RPGも!】

プレイステーション4(PS4)ソフト
【2021年最新版】ニンテンドースイッチのソフト人気おすすめランキング80選【任天堂マニア監修】

【2021年最新版】ニンテンドースイッチのソフト人気おすすめランキング80選【任天堂マニア監修】

Nintendo Switchソフト
【2021年最新版】最強バーベキューコンロの人気おすすめランキング15選【自宅・ベランダでも使える無煙タイプも】

【2021年最新版】最強バーベキューコンロの人気おすすめランキング15選【自宅・ベランダでも使える無煙タイプも】

バーベキューコンロ・焚火台
ピザ窯の人気おすすめランキング15選【アウトドアでも自宅でも!】

ピザ窯の人気おすすめランキング15選【アウトドアでも自宅でも!】

アウトドアグッズ
【2021年最新版】ティファールのフライパンおすすめ人気ランキング15選【セットや取っ手が取れるものも!】

【2021年最新版】ティファールのフライパンおすすめ人気ランキング15選【セットや取っ手が取れるものも!】

調理器具
【料理人監修】2021年最新版!フライパンの人気おすすめランキング21選【ガス・IH対応のものも!】

【料理人監修】2021年最新版!フライパンの人気おすすめランキング21選【ガス・IH対応のものも!】

調理器具