フナイのテレビの口コミ・評判を調査!すぐ壊れるって本当?生産国はどこの国?

ヤマダ電機で販売されていて安さが魅力のフナイのテレビ。しかし「すぐ壊れる・どこの国の製品かわからない」など悪い口コミも見られ購入して大丈夫なのか不安な読者も多いのではないでしょうか。そこで今回はフナイのテレビの口コミ・評判を調査したのでぜひ参考にしてみてください。

ヤマダ電機限定!フナイのテレビは口コミ評価が高い?

ヤマダ電機に行くとひと際リーズナブルな値段で目を引くフナイのテレビ。店頭に並んでいるモデルを見てみると画質も良く、機能もほかのメーカーと遜色ないことからとてもお買い得な印象を持ちますよね。

 

日本の会社であるフナイは実のところ海外では有名な企業で、北米では液晶テレビのシェア4位を誇ります。しかし、国内では「すぐ壊れる」との悪い噂やマイナーな知名度から「生産国がどこかわからない」と敬遠される方もいるのも事実です。

 

そこで今回はフナイのテレビの特徴や口コミ・評判、メリット・デメリット、さらには人気のおすすめ商品や選び方についてご紹介します。購入を迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

フナイのテレビの特徴

フナイのテレビには機種ごとにさまざまな機能がついています。ここではその機能の特徴をいくつかご紹介します。

4Kクリアピクスリマスター搭載で映像を4Kに変換

4Kクリアピクスリマスターは解像度の変換をおこない、高精細な映像を楽しめる機能です。独自のアルゴリズムで地上デジタル放送の解像度である1440×1080画素を4K解像度の3840×2160画素に変換してくれます。

 

さらに、コントラストを際立て豊かな諧調表現が魅力のHDR映像にも対応しているため、鮮明できれいな映像が楽しむことが可能です。

Sonic Emotion PREMIUM搭載で高音質

音響面では3Ⅾ音場形成に定評のあるスイスのソニックエモーション社の技術を応用した「Sonic Emotion PREMIUM」を搭載。左右2つのスピーカーのみで立体感あふれるサラウンドを実現しています。

 

さらに、人の話声に処理を加えることで聴きやすくする「はっきり音声」機能を搭載しているため、迫力ある音響では薄れがちな聞きとりやすさも強化させました。

音声モードが多彩でシーンや好みに合わせて変えられる

音声モードをスタンダード・ミュージック・シネマなど、番組に合ったものに設定できます。

 

雑音などの環境音を抑えセリフを聞き取りやすくする「音声アシスト」や、CMや番組の切り替わりでの音量の差を適正に調整してくれる「ピッタリ音量」など、シニアにうれしい機能もあります。

「SeeQVault™」対応で機器買い替え時に録画番組を移せる

フナイのテレビは一部を除いては「SeeQVault™」に対応しており、録画したコンテンツをほかのフナイのテレビで再生できます。

 

SeeQVault™は録画した映像の再生互換性を保つ新技術で、地デジ・衛星放送などの著作権保護されたコンテンツを機器をまたいで再生できるようにする機能です。

 

従来のテレビでは著作権の関係で録画した番組をそのテレビでしか再生できなかったため、テレビの買い替えなどで録画番組を映すことができませんでしたが、SeeQVault対応のテレビとレコーダーであればお気に入りの番組を移すことが可能です。

 

再生速度を変えても音声が聞き取りやすい

フナイのテレビは再生速度を速めたり、遅くしたりしても音声をはっきり聞くことが可能です。0.8倍速~最大1.6倍速でも音声が聞き取りやすく、見る時間を少なくしたい忙しい方や外国語会話の番組などをゆっくり聞きたい方に便利な機能です。

リモコンのボタン配置がわかりやすく操作しやすい

フナイのテレビのリモコンは直観的の操作のできるボタン配置が特徴。

 

ボタン1つで録画をしたいタイミングを逃さない「一発録画」ボタンは、上部中央の目立つ場所に。また、リモコン中央に主要操作のメニューをすぐに表示できる「ホーム」ボタンを配置し、気になったときに無駄な操作をせずにさまざまな設定が可能です。

自動電源オフ機能や明るさ調整機能で省エネにも

フナイのテレビは省エネにも一役買います。画面の明るさを下げ消費電力を少なくする「ECOモード」や、試聴環境の明るさに応じてテレビの明るさを自動調整する「明るさセンサー」で日常的に節電してくれます。

 

また、消し忘れを防ぐ「無操作電源オフ」や「無信号電源オフ」などでつけっぱなしも解決してくれるので、環境にもお財布にもやさしいテレビです。

Android TV搭載でユーチューブなども見られる

Android TVの機能を使えばスマホやパソコンで見ている動画もテレビの大場面で見ることが可能です。ほかにもテレビ番組の見逃し配信などを見れるアプリもダウンロードできるので、一気に見られるコンテンツが広がります。

 

また、Googleアシスタントで「OK Google」の掛け声とともに操作のお願いをすれば音量を調整したり、チャンネルを変えたりなどさまざまな操作が可能です。作業中や料理中に手がふさがっていても操作できるのでとても便利な機能です。

Bluetoothや音声検索・スマホ連動対応で使い勝手がいい

フナイのテレビには便利な機能がほかにも多くあります。外部スピーカーやマイクに無線でテレビを接続できる「Bluetooth」は煩わしい配線をなくすことができます。また、音声検索機能では基本操作のほかに周辺情報や調べものなどもできて便利です。

 

加えて、Chromecast built-inでスマホ連動させて画面をミラーリングすることも可能。スマホの画面をテレビの大画面に映し、動画やゲームで遊んだり家族にシェアしたりできます。

価格が安い

フナイのテレビやレコーダーがほかの家電メーカーと比較して安い理由は、ヤマダ電機の独占販売にあります。ヤマダ電機からのまとまった注文で生産できるので生産コストを削減できます。

 

また、アフターサービスの対応もヤマダ電機で販売した分のみなので、対応コストも省くことが可能です。この徹底したコスト削減により、性能の割にお得感がある価格が実現できています。

保証期間が長い

フナイのテレビは保証期間が長いことも購入する判断材料としてプラスに働いています。メーカー保証は3年ですが、ヤマダ電機が無料保証を最大で4年延長をつけることにより、合計7年の保証を受けることが可能です。

 

長い保証は、万が一の故障を考えると安心ですし、製品への自信とも取れるため購入の決め手として大きな判断材料になります。

フナイのテレビの良い口コミ・評判

良い口コミ・評判①

国産の4Kのテレビで、この価格は安いし…
5
年齢非公開
男性
国産の4Kのテレビで、この価格は安いし保証も長いの買いました。以前に比べて当然クリアな画像で満足してます。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

コストパフォーマンスの高さに驚いていることがわかります。上位機種では日本で生産しているうえに保証期間も長く、品質の高さに自信を持っていることがうかがえますね。

良い口コミ・評判②

注文から到着まで時間はかかりましたが、…
5
年齢非公開
女性
注文から到着まで時間はかかりましたが、納品日の調整メールや電話があり、スムーズに配達していただけました!

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

丁寧な販売対応に好感を持てたことがわかるコメントです。日本最大級を誇るヤマダ電機が販売を手掛けているのでサービスの高さも頷けます。

良い口コミ・評判③

40型からの買い換え映ればいいと思いブ…
5
年齢非公開
男性
40型からの買い換え映ればいいと思いブルーレイレコーダーを FUNAI製を購入していたのでテレビも同じFUNAIで揃えようと 思いいろいろ調べていくとプライムビデオを直接観れる機能に惹かれ話?ランク上のものを購入。 充分満足しています。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

ブルーレイレコーダーを先に買っていた方のレビューです。同じメーカーでそろえると互換性も高く安心です。また、フナイのテレビにもAndroid TVなど便利な機能もあるので、ほかのメーカーの同等レベルのモデルと比較してみるといいでしょう。

良い口コミ・評判④

フナイ2回目ですが安心して見れます
5
年齢非公開
女性
高齢の母の為に購入しましたが、母も大変喜んでいました。商品はフナイ製で今回で2回目の購入なので、信頼していました。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

信頼性の高さからリピーターになったことがわかるコメントです。テレビは頻繁に買い替えることがない家電なので、高い品質や長期保証などのサービスが手厚いフナイだと安心ですね。

フナイのテレビの悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判①

米国ではメジャーな商品との情報で、購入…
3
年齢非公開
男性
米国ではメジャーな商品との情報で、購入しました。安価でしたので購入しましたが、画質はそれなりと思います。コスパを求める人に向いているかもしれません。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

海外で高いシェアを獲得しているということで、期待のハードルが上がっているのがわかる評価です。フナイのテレビは国内メジャーブランドと同程度の高性能テレビを安く販売しているという特色が強いので、性能だけを比べるとメリットが少ないかもしれません。

悪い口コミ・評判②

画像は少し荒れています、気にする方は止…
4
年齢非公開
男性
画像は少し荒れています、気にする方は止めた方が良いかと

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

すこし映りが悪いようです。初期不良の可能性があるときはヤマダ電機に連絡を入れてみることをおすすめします。安心感のある保証やサポートはフナイのテレビの大きなメリットです。

フナイのテレビのQ&A

フナイのテレビの生産国はどこの国?

編集部の画像

編集部

フナイは日本の会社で、「船井電機株式会社」が正式名称です。1961年に創業し、以来ラジオやテレビを中心とした家庭用電化製品を作り続けています。2002年に液晶テレビの生産を開始し数年後には北アメリカでトップシェアを誇るなど、実は海外で高い人気を得ている企業です。

下取りや買取はしてもらえる?

編集部の画像

編集部

ヤマダ電機では2012年より新しい製品で、買い取り対象のモデルに当てはまったテレビは買取してくれます。テレビの買い替え時に使える便利なサービスです。

フナイのテレビはすぐに壊れる?

編集部の画像

編集部

口コミ調査によると「壊れた」というレビューは見当たりませんでした。このような噂は「こんなに安いけど壊れたりしないの?」という疑問から生まれたものかもしれません。実際のところは保証期間も長く、安心して購入することができます。

フナイのテレビが勝手に切れるときは?

編集部の画像

編集部

省エネ機能「無操作電源オフ」がオンになっているとこのような現象が起きます。この機能は無操作の状態で180分経つと電源が自動的にオフになります。設定で「無操作電源オフ」の機能を切りましょう。

フナイのテレビのメリット

フナイのテレビは画質が良く、テレビ単体だけでも録画ができるモデルが多いことが好評です。また、付加価値の部分でもネット動画が見られたり、保証期間が最長7年と長かったりと選ぶときの決め手も豊富にあります。

 

上位機種になると日本製のモデルもあり、製品を購入するにあたっての安心感が得られます。加えて、なんといっても価格が安いことが一番のメリットではないでしょうか。

フナイのテレビのデメリット

フナイのテレビの大きいメリットは価格が安いことですが、懸念点は中国などの新興メーカーよりは割高になってしまうことです。また、ヤマダ電機での独占販売のため国内ではヤマダ電機の店舗でしか実物を見ることができず、知名度があまり高くありません。

 

また、性能面では音響面が物足りないという声がありました。音響は感じ方の個人差が大きい分野ではあるので判断はむずかしいですが、ライバルメーカーの音に力を入れている機種と競合しているラインナップでは劣っている部分もあるかもしれません。

フナイのテレビを選ぶポイント

フナイのテレビは機種が多く、選ぶときに迷ってしまいます。ここでは選び方のポイントをいくつかご紹介しますので参考にしてみてください。

シリーズで選ぶ

フナイのテレビはスペックごとに数種類のシリーズに分かれています。選ぶ基準となるので、希望の機能と照らし合わせて覚えておくと便利です。

画質重視なら有機ELの「8040・7040シリーズ」がおすすめ

有機ELは高画質な映像で、電気消費が少ない次世代のディスプレイです。そんな有機ELディスプレイを搭載しているのは8040・7040・S740シリーズで、フナイのテレビでは最高クラスの多機能高品質モデルです。

 

8040シリーズは65V型と55V型の大画面シリーズ。録画機能には地デジ6チャンネルの番組を7日分丸ごと録画してくれる「まるごと録画」機能がついています。7040シリーズには「まるごと録画」はついていませんが、それ以外の機能は8040シリーズと変わりありません。

48インチで高画質なら「S740シリーズ」がおすすめ

S740シリーズは48V型のみで内蔵HDDの搭載はありませんが、ほかは7040シリーズとほぼ同等の機能を搭載したモデル。有機ELディスプレイを搭載していることもあり、画質にこだわる方におすすめのシリーズです。

色の再現でメリットありの量子ドットパネル搭載「Q540シリーズ」をチェック

Q540シリーズは量子ドットパネル搭載の高画質シリーズ。量子ドットパネルは4K8Kの本格的な実用に向けて開発された有機ELと並ぶ新技術の液晶です。色の再現性が高く、綺麗な風景映像をはじめさまざまなシーンで真価を発揮します。

 

Q540シリーズには65V型・55V型・49V型をラインナップされており、1Tのハードディスクや高画質高音質の機能も搭載しています。また、YouTubeやプライムビデオなどの動画配信サービスにも対応している多機能なシリーズです。

映像のなめらかさ重視なら「5040シリーズ」をチェック

5040シリーズは4K映像を毎秒120コマで描写できる滑らかさが最大の特徴。一般のテレビだと1秒間に60コマですが、5040シリーズでは2倍にすることで動きの多いスポーツやアクション映画やゲームの映像がしっかり再現できます。

 

Q540シリーズと同様の65V型・55V型・49V型が展開されているので、お部屋の広さや置く場所に合わせて選べます。

エンタメ機能付きを安価に欲しいなら「3340シリーズ」がおすすめ

3340シリーズはラインナップの中ではリーズナブルでありながら、Android TV搭載でYouTube・プライムビデオ・DAZNなどの動画配信サービスを楽しめるエンターテイメント性が高いシリーズです。

 

サイズ展開は55V型・50V型・43V型の3ラインナップです。内臓ハードディスクは搭載していませんが、配信サービスの見逃し配信などですぐチェックできます。

機能を省いた4Kシンプルモデルなら「3130・3040シリーズ」がおすすめ

テレビの便利機能はあまり使わないという方には3130シリーズと3040シリーズがおすすめです。シンプルな構成ですが4KHDR対応なので高画質を楽しめます。

 

ラインナップは3040シリーズが43V型のみ。3130シリーズは55V型・50V型・43V型から選択可能です。高音質な「DolbyAudio」を搭載しており、迫力ある映像と音声を楽しめます。

寝室や子供部屋には「2040・1040シリーズ」がおすすめ

小型モデルがある2040シリーズと1040シリーズは、子供部屋などの個人の部屋におすすめのシリーズ。2040シリーズは500GBのハードディスクが内蔵なのでテレビ1台あれば録画も可能です。

 

両シリーズとも32V型と24V型をラインナップ。さらに、2040シリーズでは40V型も選べます。4Kではありませんが40V型は解像度1920×1080のフルHDに、32V型と24V型は1366×768のハイビジョン高画質にそれぞれ対応しています。

サイズで選ぶ

テレビのサイズは部屋の大きさや置く場所の広さなど、環境に大きく左右されます。適切なサイズを選ぶためのポイントをご紹介します。

それぞれのサイズの「実際の大きさ」をチェック

テレビのサイズは「インチ」や「型」で表されているため、あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。実際の寸法をまとめましたので参考にしてみてください。

型・インチ 縦×横の寸法
24V型 縦29cm×横53cm
32V型 縦39cm×横70cm
40V型 縦49cm×横88cm
43V型 縦53cm×横95cm
49V型 縦60cm×横108cm
55V型 縦68cm×横121cm
65V型 縦80cm×横143cm

「24V型」はゲーム用にもおすすめ

24型のテレビは寝室用やキッチン用、またはゲーム用などさまざまな用途で使われており、人気の高いサイズです。小さめのサイズなので、コストパフォーマンスに優れたモデルも多いことも特徴のひとつです。

子供部屋には「32型」がおすすめ

32インチのテレビは4.5畳~6畳の部屋に最適なサイズ。比較的リーズナブルなモデルが多いため、子供部屋や個室に人気があるサイズです。また、インターネットにつないで動画配信を見る方にも対応するための多機能モデルも多く販売されています。

一人暮らしには「43型」をチェック

40インチより大きいテレビでは4Kディスプレイのモデルが多くなってきます。4K解像度だと近距離で視聴しても見やすいこともあり、6畳ほどの部屋でもマッチしますので40V型や43V型は一人暮らし用におすすめです。

8畳リビングには「48V型・49V型・50V型」をチェック

8畳より大きいリビングなどには50インチ前後がおすすめです。このクラスのテレビには各社ともに力を入れており、機能をすべて搭載しているモデルも多く存在します。また、シンプルな構成のものもあるので予算や用途に応じて選ぶことが可能です。

8畳以上の部屋には「55V型」がおすすめ

8~10畳ほどの部屋には55V型のテレビがおすすめです。55V型のクラスも50V型クラスとともに売れ筋のサイズです。このクラスからは基本的に4Kディスプレイ搭載になり、多機能モデルがスタンダードになってきます。

10畳以上の部屋には「65V型」をチェック

10畳以上の部屋にはフナイでは最大クラスの65V型のテレビがおすすめ。多数のスピーカーと有機ELディスプレイによる高音質・高画質のモデルが多く、より没入感を楽しむことができます。

パネル・解像度で選ぶ

パネルの種類や解像度の高さの選択は映像の見やすさに直結します。ここではパネルや解像度について解説します。

黒が際立つ「4K有機ELディスプレイ」

有機ELディスプレイは液晶テレビでは必須なバックライトの代わりに色を映す素子自体が発光する構造です。このことで黒色の表現が本物の黒に近くできるため、高コントラストな映像を映し出せます。

 

また、バックライトがないのでディスプレイパネル自体が薄くなり、薄型のテレビを作ることが可能になりました。有機ELディスプレイは次世代のディスプレイパネルとしてシェアを伸ばしつつあります。

発色がきれいな「4K量子ドットディスプレイ」

量子ドットパネルは一般の液晶パネルを進化させたもので、より豊かな色表現と低消費電力を実現させたディスプレイです。大型化するテレビは消費電力も増加傾向にあり、量子ドットの技術は打開策として期待されています。

「液晶テレビ」は低価格モデルから4Kモデルまであるので種類が豊富

液晶テレビは液晶パネルがリーズナブルで消費電力も少ないことから幅広い商品展開がされています。

 

解像度も種類が豊富で、ハイビジョン(HD)やフルハイビジョン(フルHD)から4Kまで選ぶことができます。価格重視でテレビを選ぶならまずは液晶テレビから見てみるといいでしょう。

シリーズごとの「機能性」をチェック

フナイのテレビはシリーズがランクアップするごとに機能が増えていきます。ここではそれぞれのシリーズがどんな機能が付いているかまとめましたので参考にしてみてください。

シリーズ 8040 7040 S740 Q540 5040 3340 3130 3040 2040 1040
サイズ

65V型

55V型

65V型

55V型

48V型

65V型

55V型

49V型

65V型

55V型

49V型

55V型

50V型

43型

55V型

50V型

43V型

43型

40V型

32V型

24V型

32V型

24V型

内蔵HDD 2+2TB 2TB 1TB 1TB 500GB
パネル 有機EL 有機EL 有機EL 量子ドット 液晶 液晶 液晶 液晶 液晶 液晶
解像度 4K 4K 4K 4K 4K 4K 4K 4K

FHD

HD

HD
Android TV

動画配信サービス

フナイのテレビのおすすめ3選と口コミ・評判

FUNAI

FL-43U3040

価格: 49,280円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな機能性で初めての4Kにおすすめ

3040シリーズの43V型テレビです。機能はシンプルな構成で、4Kを初めて購入する方におすすめのモデルです。チューナーが2つあるので視聴している番組とは別に裏番組をUSB接続したハードディスクへ録画することができます。

パネルの種類 液晶 解像度 4K
内蔵HDD 録画機能 裏番組録画・USB HDD録画・早見再生
チューナー数 地上デジタル BSデジタル CSデジタル×2 Android TV
動画配信サービス 他機能 はっきり音声・ピッタリ音量
はじめてのFUNAI
5
年齢非公開
男性
中華製と迷いましたが、やはり5年保証付き、日本製で安心なのでこちらにしました。 画面もきれいですし、説明書もわかりやすく、大変満足です。 2台目もFUNAIにしようと思ってます。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

JCOMに加入していて4Kチューナーは…
5
年齢非公開
男性
JCOMに加入していて4Kチューナーは持っていたし、普段は通常の地上波しか見ていないので、とにかく安価で4K対応のテレビを探していて、この商品にたどり着きました。画質も綺麗だし、操作もわかりやすい。あと掃除の際など、本体も軽量なので非常に満足のいく商品です。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

FUNAI

FL-43U3130

価格: 54,780円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K録画ができるエントリーモデル

4Kチューナーを2基搭載していて4K番組もそのままの画質で外付けの録画機器へ録画可能なモデルです。4Kが初めての方で録画もしたいという方におすすめです。

パネルの種類 液晶 解像度 4K
内蔵HDD 録画機能 4K録画・裏番組録画・USB HDD録画・早見再生
チューナー数 BS4K CS4K×2・地デジ BSデジタル CSデジタル×2 Android TV
動画配信サービス 他機能 はっきり音声・ぴったり音量
自力設置だが、ポイントを入れると格別に…
5
年齢非公開
男性
インターネット環境が無くテレビ視聴がメインな方は、余計な機能が無く安上がり。4Kチューナーが2つも入っているのには驚き。43インチでは画質も良好で不満も無し。FUNAI恐るべし。後は耐久性。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

単身赴任用
4
年齢非公開
男性
店舗で買うより安いですよね。しかも長期保証付いてるから安心。画質や音質に強いこだわりはないからこれで十分かな。

出典:https://shopping.yahoo.co.jp

FUNAI

FL-24H2010W

価格: 30,580円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型&録画で2台目に便利

24V型の小型な本体に内蔵ハードディスク録画機能を搭載した便利なテレビ。寝室や子供部屋におすすめのモデルです。料理番組のレシピ確認に便利な「静止画機能」もついているのでキッチンでも活躍します。

パネルの種類 液晶 解像度 HD(ハイビジョン)
内蔵HDD 500GB 録画機能 裏番組録画・USB HDD録画
チューナー数 地デジ BSデジタル CSデジタル×2 Android TV
動画配信サービス 他機能 静止画機能・ぴったり音量
6畳の寝室用で購入しました。
5
年齢非公開
男性
TV視聴と裏番組録画ができる様になり重宝してます。 音や画質への拘りはなく、サイズ、価格、HDD内蔵、カラーが白色なのも良かったです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

家具家電を白で統一しているため
5
年齢非公開
女性
白のテレビを探していたところこちらを見つけました。 機械に弱いため、内蔵HDDなのはとてもありがたかったです。

出典:https://paypaymall.yahoo.co.jp

フナイのテレビのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 パネルの種類 解像度 内蔵HDD 録画機能 チューナー数 Android TV 動画配信サービス 他機能
アイテムID:8819966の画像
FL-43U3040

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルな機能性で初めての4Kにおすすめ

液晶 4K 裏番組録画・USB HDD録画・早見再生 地上デジタル BSデジタル CSデジタル×2 はっきり音声・ピッタリ音量
アイテムID:8817084の画像
FL-43U3130

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

4K録画ができるエントリーモデル

液晶 4K 4K録画・裏番組録画・USB HDD録画・早見再生 BS4K CS4K×2・地デジ BSデジタル CSデジタル×2 はっきり音声・ぴったり音量
アイテムID:8820167の画像
FL-24H2010W

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小型&録画で2台目に便利

液晶 HD(ハイビジョン) 500GB 裏番組録画・USB HDD録画 地デジ BSデジタル CSデジタル×2 静止画機能・ぴったり音量

フナイのテレビの使い方

フナイのテレビは使い方が簡単にできるように設計されており、リモコンや音声で直観的に操作することができます。リモコンの「録画」ボタンはわかりやすく配置され、録画したいタイミングを逃しません。

 

動画配信サービスを利用するときはAndroid TVのホーム画面からワンタッチで視聴することができ、コンテンツに集中しやすいテレビになっています。

壁掛けで使う場合は対応の金具をチェックしよう

テレビを壁掛け配置する場合はそのテレビに対応した金具をチェックしましょう。

 

壁掛けする金具には「VESA規格」という共通規格があり、テレビ背面のネジ穴の位置が決められています。穴の位置は4パターンほどに分けられ、テレビのサイズごとに金具の種類が変わるため確認が必要です。

まとめ

ここまでフナイのテレビの特徴や口コミについてご紹介してきましたがいかがでしたか。フナイは品質が高く保証期間が長いのに価格が安いので、いまイチ押しのテレビメーカーです。今回の記事を読んでフナイのテレビが気になった方はぜひ購入を検討してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年12月17日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事