【2021年最新版】ポットの人気おすすめランキング20選【タイガー象印も紹介!】

記事ID3748のサムネイル画像

ポットにはタイガーや象印などが有名です。お茶やコーヒー・赤ちゃんのミルクを作るときにも便利で、一人暮らしの方なら小型のものやおしゃれなものまで、幅広い種類があります。電気ポットの容量・給湯タイプ別の選び方から、商品のおすすめランキングご紹介します。

電気ポットの魅力とは?

ポットは電気代がかかりそうな気がして、電気ケトルで済ませている方も多いですよね、実は最近のポットは本タイマー機能などを搭載して、節電機能が豊富に付いている商品も多いんです!

 

また、本体価格も安いものも発売されていますので、価格帯で悩んでいる方にもおすすめできます。ポットで赤ちゃんのミルクを作るときや、一人暮らしなら小型でおしゃれなものをインテリア感覚でおくのもおすすめです。

 

そこで、今回はポットの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは容量・消費電力・温度調整機能などを基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみてください。

ポットの選び方

ポットにも種類がたくさんあるので、何で選んでいいかわからなくなってしまいますよね。そこで、使用用途や容量など実用面において、選ぶポイントをまとめてみました。

容量によって選ぶ

一緒に住んでいる家族の人数は勿論、用途によってどれぐらいの容量が必要なのかが異なってきます。まずは、容量を基準に選ぶのが先決でしょう。

 

一人暮らしなら「1L~2.5L」がおすすめ

1〜2.5Lは一人暮らしを始めたときに、コンロの数が少ない為お湯を沸かすのにおすすめです。1Lで大体コップ5杯分なのですが、例えばインスタントラーメンに使ったり、お茶を沸かすのに使ったりと、お湯は何かと利用する場面が多いです。

 

なので、使用用途によっては1L前後の方が良い場合もありますが、2L程度あれば調理の際にも役立てられます。また、容量の少ないポットは商品面積も少なくなるので、スペースが取れない方でもかさばりにくいです。

ファミリーなら「3~4L」がおすすめ

夫婦だけではなく、子どもや自分たちの親と一緒に住んでいるファミリーの方は、より多く保温が可能な4L以上がおすすめです。一人暮らしのときと同じく、飲むだけでなく湯がくなどの料理にも使用する場合があります。

 

また、赤ちゃんがいる家庭の場合、哺乳瓶の殺菌でポットを愛用されている方も多いので、4Lは必要になってきます。ポットは使い方によっては、料理や家事の時短にも繋がるので、容量が大いに越したことはありません。

オフィスやイベントに使うなら「4L〜5L」がおすすめ

オフィスやイベントなどで使用する場合は4〜5Lの商品がおすすめです。ただ、毎日4〜5Lのお湯を保温しておくとなるとランニングコストがかさみます。節約も兼ねた商品をお探しなら、節電タイマーや省エネコース省エネコースが付いている商品がおすすめです。

給湯タイプで選ぶ

給湯タイプはただお湯を注ぐだけの役割ではなく、価格やほかの機能にも関わってきます。ここではその違いについてご紹介します。

安い商品をお探しの方は「エアー式」がおすすめ

エアー式とは、ふたに設けられたプッシュプレートを押すことでお湯を出す方式のことです。空気圧を利用しているため、電気が通っていなくても給湯ができます。オフィスやイベントなどで、沸かしたあとに持ち運んで使えるのも便利なポイントです。

 

ただし、空気圧を利用して注ぐので、押しっぱなしのまま連続してお湯を注ぐことができません。そのため、必要な量に達するまで何度もプレートを押す必要があります。ですがその分、シンプルな構造のため価格も安く、お財布に優しい商品が多いです。

ご高齢の方やほか機能付きを重視するなら「電動式」がおすすめ

電動式とは、先程ご紹介したエアー式とは違い、電気の通った給湯ボタンを押すことでお湯を汲み上げ、連続的に給湯できる方式のことです。

 

力をさほど入れなくても簡単にお湯が出せるので、ご高齢の方にもおすすめです。また、電気で制御することで、温度調節などのさまざまな機能を搭載した商品が多いのことが特徴です。

電動式&エアー式の良いとこどりの商品をお探しの方は「ハイブリッド式」がおすすめ

ハイブリッド式は、電動式とエアー式のいいところを持ち合わせた方式です。幅広いメーカーの中でも上位モデルに搭載されていることが多く、電動で連続的に注げるだけでなく、電気のないところでもプッシュプレートを使って給湯できます。

 

モデルによってはバッテリーが搭載されているので、電源につないでいなくてもボタンでお湯が注げるのでとっても便利です。

機能で選ぶ

ポットを選ぶときの基準として、使う用途によって必要な機能が異なります。飲み物だけでなく、調理の幅も広げることができますので、是非参考にしてみてください。

沸騰スピードの最速商品を見つけたいなら「早炊き機能」に注目するのがおすすめ

ポットを使うので一番多いのが、温かい飲み物を飲むときです。コーヒーや紅茶、お茶など温かいものを飲むと、ホッと一息つけますよね。大体1杯飲み物を飲もうと思うと、200ml~250ml程度になります。

 

その為、そこまで量がなかったとしても支障が出ません。かといって容量が大きいものだと、その分面積が取られるので置く場所に困ってしまいます。容量も少なく、尚且つ早炊き機能が付いていれば、時間をかけずにお湯を沸かすことが出来ます。

子どものミルク用なら「温度調整機能付き」を選ぶ

ファミリーの中でも、離乳食時期や哺乳瓶でミルクを上げている方の場合、赤ちゃんを菌から守るために使う食器類を熱湯殺菌しますよね。ですが、鍋で沸かすとなると手間もかかりますし、沸騰してしまうと哺乳瓶などの場合、熱くなりすぎて食器を傷めてしまいます。

 

温度調整機能付きのポットであれば、70・90・98度といったように段階で温度を変えることが可能です。なので、温度計で計らなくても理想の温度で使うことが出来るので、使う側としても安心ですね。

カビ対策をするなら「蒸気レス」がおすすめ

炊飯器なんかにもよくありますが、炊き上がりの蒸気にやけどしてしまうなんてことはありませんか?冬の時期は蒸気が出ていても保湿効果があるので大丈夫ですが、基本的に蒸気が増えすぎるとかびの原因にも繋がってしまいます。

 

そこで、防カビややけど防止もある蒸気レス機能が便利です。外に蒸気が出ずらい構造になので、万が一子どもがポットの湯気に当たっても安心です。しかも、蒸気が出ないことで湿気てしまう恐れもないので、ポットを置く場所にもこだわらずに済みます。

お年寄りも使うなら「簡単操作」の商品がおすすめ

ファミリーで特に二世帯で住んでいる方や、古くなったポットを買い替えようと考えている老夫婦の方には簡単操作で扱えるポットがおすすめです。年を重ねるごとに、少しずつ覚えが悪くなっていくこともあり、出来れば操作は簡単に出来るポットの方が実用的です。

 

例えば、ワンタッチボタンでお湯が沸かせて、入れるのもワンタッチ。ポットの画面を見ただけでわかる大きい文字であることもポイントです。これなら、子どもからお年寄りまで安心して使うことができます。

就寝中や外出中の電力をセーブしたい方は「タイマー機能」がおすすめ

外出時や就寝時のお湯を使わない時間には、タイマー機能で上手に保温を切ることで、電気代のカットに繋がるので節約したい方に人気のある機能です。特に、節電したい方や自分のライフスタイルに合わせたい方におすすめの機能です。

 

そのほかにも、長時間使用した痕跡がないと、自動的に切れる機能も付いています。いつもお湯を沸かす時間にタイマーをセットすると、自動でお湯を沸かしてくれる機能など、その性能は多岐に渡ります。

便利面を重視するなら「コードレス給湯可能な商品」がおすすめ

どうしてもポットを使用する場合、コードに繋いだままでないと扱えないのが難点になるシチュエーションがあります。そんなときは、ポットを選ぶときに給湯方式に着目することで、便利さが段違いです。

 

例えば、コードレス給湯を選ぶことで、コードを繋がなくても給湯することが出来ます。なので、どこでも給湯が出来てしまう使いやすさがポイントです。また、ワンタッチ給湯だと子どもやお年寄りにも使いやすく、実用性にも長けています。

おいしいお湯を沸かしたい方は「浄水機能付き」がおすすめ

おいしいお湯を沸かしたい方は、浄水機能もチェックしましょう。活性炭カートリッジが搭載されていれば、カビやカルキ臭を取り除く効果が期待できます。


また、浄水器が本体に内蔵されていれば、容器に水を入れるだけで、ろ過から沸騰までひとつの容器でおこなうことができる商品です。おいしいお茶や、コーヒーを飲みたい方には特におすすめです。

電気代を節約するなら「省エネ機能」がおすすめ

最近では、高性能の断熱材を使用したり、内容器の口部を絞った形にしたりと、省エネに配慮されたアイテムが数多くラインナップされています。

 

電気代を抑えたい方は、省エネ機能があるかどうか、購入時にしっかりとチェックしておきましょう!

手入れのしやすさで選ぶ

水を注ぐだけといえど、電気ポットは水アカで汚れやすい商品です。綺麗に使い続けられるように手入れのしやすい商品を選びましょう。

簡単にケアするなら手入れがしやすい「広口容器」がおすすめ

機能性も高く、役に立つポットですがネックなのが、掃除のしにくさです。蓋が狭く、手が入れにくいポットは洗浄も困難ですし、水垢の溜まったポットは出来れば使いたくないものです。

 

そんなときは、広口容器のポットがおすすめです。広口容器のポットであれば、容器内を隅々まで洗えるので、衛生的にも安心です。より、汚れが付きにくいものをと考えるのであれば、内部がステンレスやテフロン加工のものを選ぶとよいでしょう。

水洗いのしやすさが重視なら「蓋の着脱ができるタイプ」がおすすめ

手入れのしやすさを求める方は、着脱が可能な蓋や広口タイプのものを選びましょう。電気ポットを毎日使っていると、水アカやカルキの汚れが目立つようになってしまいます。

 

これらのタイプのものを選べば、汚れを拭き取ることや、すすぎやすいのでお手入れも便利です。

コストパ重視なら「一万円以下の商品」がおすすめ

電気ポットって金額が高いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?最近のポットはお財布に優しい価格のものがたくさん出ていて、予算1万円あれば高性能なものが手に入ります。

 

それでも高いと感じるのであれば、大体4000円~8000円の間が妥当でしょう。金額の差ですが、主に品番によって値段が左右されます。同じブランドでも、前シーズンに出ていた型落ち品番の方が安い傾向です。

メーカー別で選ぶ

ポットには沢山のメーカーの商品があります。メーカーごとによって、こだわっている特徴や機能が違うため、そういった面で選ぶのもおすすめです。

節約重視の方は「タイガー(TIGER)」がおすすめ

タイガー魔法瓶が出すポットには、魔法瓶の構造を採用している「とく子さんシリーズ」と非魔法瓶搭載の「マイコン電気ポット」の2種類が展開されています。

 

とく子さんシリーズでは保温の節電になり、マイコン電気ポットの場合は節電タイマーなどが搭載されています。とく子さんは価格が少し高めで高級ラインの商品ですが、マイコン電気ポットの場合は一万円以下で購入できます。

おしゃれなデザインなら「象印(ZOUJIRUSHI)」がおすすめ

象印にはVE電気魔法瓶「優等生」と「電動ポット」と沸かしたのち保温だけするシンプルな機能しか搭載していない「ハンドポットの3種類を展開しています。家計にも優しく、使用方法も難しくないのでファミリー層におすすめです。

 

デザイン性も優れている商品も多く、価格帯によって機能なども変わってくるので、インテリアの邪魔にならないポットをお探しの方におすすめのメーカーです。

リーズナブルなポットをお探しの方は「ピーコック(Peacock)」がおすすめ

ピーコックは、設立当初より輸出向けのまほうびん製造をおこなっていた日本のメーカーです。シンプルで老若男女問わず使いやすく、多くの商品がリーズナブルな価格で設定なので、お財布に優しいポットをお求めの方におすすめです。

インテリアに合わせるなら「おしゃれな商品」がおすすめ

見た目にもこだわりたい方は、インテリアにあわせたおしゃれな商品を選びましょう。スタイリッシュな形状や、お気に入りの電気ポットを選ぶのも楽しみのひとつです。

1〜2.5L電気ポットの人気おすすめランキング10選

10位

タイガー(TIGER)

電気ポット とく子さん PIL-A220-T

省エネコースで賢く節電

省エネプログラムが搭載されているので、従来品に比べて半分カットとなり、安心して使えるようになりました。また、5段階の節電タイマーにより、使わない時間帯によってしっかりOFFしてくれる優れもの。

容量 2.2L 本体重量 2.4Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.2×28.0×25.5cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・80℃ 蒸気レス機能 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰

口コミを紹介

容量、機能共に、1人暮らしにはピッタリ。お湯を注いだ後に1滴だけお湯が垂れるのが気を付けなければいけない点だが、それ程には気にならない。温い日本茶がいつでも飲めて快適な毎日を送っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

ベジタブル

電動給湯ポット GD-UP220

小型なのに、たっぷり容量

70・90・98℃の3段階で保温温度の切り替えが出来るので、使い方で温度調整が可能です。また、自動湯沸かし機能付きなので、いつでも熱い状態が保てます。いつでもミルクが作れるように、常にお湯を用意しておきたいご家庭などにおすすめです。

容量 2.2L 本体重量 1.89kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 31.2 x 27.6 x27.4 cm 消費電力 650W
温度調整機能 98・90・70℃ 蒸気レス機能

口コミを紹介

最近のモデルはワット数が低めなようで、700Wです。1000Wだった前のポットのように、沸き上がる音などほぼ聴こえて来ません。静かに、そして蒸気もほとんど出さずに沸いてます。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

タイガー(TIGER)

電気ポット とく子さん PIJ-A220-DS

お洒落なのに、蒸気レスで安心安全

王道ブランドタイガーから販売されている、お洒落なポット。たっぷり沸かして節電保温してくれるので、経済的に優しいアイテムです。よくお茶やコーヒーを飲むご家庭などにおすすめの商品です。

容量 2.2L 本体重量 3.5kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.8×30.6×27.6cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・80・70℃ 蒸気レス機能 蒸気キャッチャー構造搭載

口コミを紹介

冬場は紅茶を飲んで温まるのが好きなのでこのポッドは手放せません!一度沸騰したら自動的に保温モードになって80℃90℃98℃のいずれかの設定温度でずーっと保温してくれます。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

象印(ZOJIRUSHI)

電気ポット CD-WY22-HA

4段階保温設定で好みの温度にできるポット

70・80・90・98度と、4段階の保温設定が可能なので、好みの温度に調整出来ます。しかも節約タイマーも5段階設定なので、自分の好きなタイミングでお得に利用出来ます。

 

お出かけしている間にお湯を沸かしたりできるので、効率よくお料理をしたい方などにおすすめです。

容量 2.2L 本体重量 2.52 kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21×28.5×25cm 消費電力 700W
温度調節 蒸気レス機能

口コミを紹介

お稽古事、皆さんとお茶の時に使用しています。
70度設定がとっても便利です。
とっても便利です。いいお買い物でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

象印(ZOJIRUSHI)

電気ポット CV-GA22-TA

便利な機能がたくさん

電気で沸かし、まほう瓶構造で保温し続けてくれます。そして、用途に合わせた5段階の保温機能がついていたり、省エネモードが搭載されていたりと、必要な機能が全てそろった優秀なポットです。

容量 2.2L 本体重量 2.7Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 22x29.5x26 cm 消費電力 905W
温度調整機能 98・90・80・70℃ 蒸気レス機能 -

口コミを紹介

象印の電気ポットは長持ちなので、安心して使えます。ボタンも大きく、温度も見やすく、とても良いです。沸いたときの音楽は、設定で無音にすることができます(取扱説明書14ページ参照)。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

タイガー(TIGER)

魔法瓶 マイコン電気ポット PDR-G221-W

充実した機能と、操作しやすいタッチパネルが魅力

こちらのポットは、お手入れがとっても簡単にできるフッ素加工が施されています。しかも、クエン酸洗浄機能付きなので綺麗に使い続けられます。また、カルキ抜き機能付きなのでおいしく飲めます。

容量 2.2L 本体重量 2kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.2×28.0×25.4cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・70℃ 蒸気レス機能 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰

口コミを紹介

子どものミルク作り用に購入しました。2.2Lとたっぷり入り、私の用途にはぴったりです。蓋が取り外せるので洗うのも簡単です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

TDP

電動給湯ポット 水位表示ディスプレイ g004

お湯の量がわかる、水位ディスプレイ付き

底が360度回転するので、手元で給湯が可能です。しかもお湯の量が一目見てわかる、ワイドな水位ディスプレイがついているので、残量もすぐわかります。沸かす量が少なすぎたり、多すぎたりすることを防ぐことができます。

容量 2.2L 本体重量 1.89kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 25.5×21.5×29cm 消費電力 650W
温度調整機能 98・90・70℃ 蒸気レス機能 -

口コミを紹介

綺麗で、コ・ス・パが、大変良い‼️水量も沢山入ります。空焚き防止も良いですよ‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

タイガー(TIGER)

電気ポット PIS-A220-T

お湯が沸くまでの時間も、知らせてくれる

安全設計により、蒸気レスなので結露の心配もしなくて大丈夫です。また、カルキ抜きで美味しく、そしてらくらくレバーで簡単に注ぐことが出来ます。美味しいお湯を飲みたい方や、ご高齢の方におすすめです。

容量 2.2L 本体重量 2.7kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.7×28.2×28.3cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・80℃ 蒸気レス機能 蒸気キャッチャー構造搭載

口コミを紹介

毎朝3リットルを使用するため沸かしますが蒸気が出なくてよい、温度設定も有り操作性も良くて重宝してます。色もダークブラウンで落ち着きがあって良い。沸騰時間も短時間で済みますので助かります。 一日飲むのにちょうどよい容量でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

象印(ZOJIRUSHI)

電気ポット CV-TY22-WA

電気とまほうびんのW保温が実現

電気とまほうびんで保温する、ハイブリット保温を搭載。少ない電力でしっかりと温めてくれます。また、湯沸かし時間・蒸気・消費電力のトリプルセーブ湯沸かしで使い心地も抜群です。

容量 2.2L 本体重量 2.5kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21×28.5×26㎝ 消費電力 905W
温度調整機能 98・90・80℃ 蒸気レス機能 蒸気セーブ

口コミを紹介

省エネ機能があり、電気代節約に大変便利です。しばらく使わないと70℃まで温度を下げて電気代を節約してくれる機能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タイガー(TIGER)

マイコン電気ポット 保温機能 節電タイマー

節電タイマーで、電気代がお得

節電タイマー搭載で、6時間の節電が可能な商品なので、節約家の方におすすめです。就寝前やお出かけしているときにも安心です。また、保温温度も3段階で調整が可能なので、好みの温度に変更できます。

容量 2.2L 本体重量 2.0kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.2×28.0×25.4cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・70℃ 蒸気レス機能 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰

口コミを紹介

「まほうびん」の設定にすると、温度は徐々に下がってしまいますが、電気を使わずに保温できて省エネ面で効果があります。寝る前の「タイマー」と使い分けると、省エネ効果が期待できる商品で、価格を考えるとよくできた商品だと思いました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1〜2.5L電気ポットのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 本体重量 サイズ(幅×奥行×高さ) 消費電力 温度調整機能 蒸気レス機能 温度調節
1
アイテムID:7211335の画像
マイコン電気ポット 保温機能 節電タイマー 5,980円

詳細を見る

節電タイマーで、電気代がお得

2.2L 2.0kg 21.2×28.0×25.4cm 700W 98・90・70℃ 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰
2
アイテムID:7211332の画像
電気ポット CV-TY22-WA 7,980円

詳細を見る

電気とまほうびんのW保温が実現

2.2L 2.5kg 21×28.5×26㎝ 905W 98・90・80℃ 蒸気セーブ
3
アイテムID:7211329の画像
電気ポット PIS-A220-T 10,833円

詳細を見る

お湯が沸くまでの時間も、知らせてくれる

2.2L 2.7kg 21.7×28.2×28.3cm 700W 98・90・80℃ 蒸気キャッチャー構造搭載
4
アイテムID:7211302の画像
電動給湯ポット 水位表示ディスプレイ g004 4,680円

詳細を見る

お湯の量がわかる、水位ディスプレイ付き

2.2L 1.89kg 25.5×21.5×29cm 650W 98・90・70℃ -
5
アイテムID:7211326の画像
魔法瓶 マイコン電気ポット PDR-G221-W 5,790円

詳細を見る

充実した機能と、操作しやすいタッチパネルが魅力

2.2L 2kg 21.2×28.0×25.4cm 700W 98・90・70℃ 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰
6
アイテムID:7211317の画像
電気ポット CV-GA22-TA 8,980円

詳細を見る

便利な機能がたくさん

2.2L 2.7Kg 22x29.5x26 cm 905W 98・90・80・70℃ -
7
アイテムID:7211311の画像
電気ポット CD-WY22-HA 6,352円

詳細を見る

4段階保温設定で好みの温度にできるポット

2.2L 2.52 kg 21×28.5×25cm 700W
8
アイテムID:7211308の画像
電気ポット とく子さん PIJ-A220-DS 9,580円

詳細を見る

お洒落なのに、蒸気レスで安心安全

2.2L 3.5kg 21.8×30.6×27.6cm 700W 98・90・80・70℃ 蒸気キャッチャー構造搭載
9
アイテムID:7211299の画像
電動給湯ポット GD-UP220 4,280円

詳細を見る

小型なのに、たっぷり容量

2.2L 1.89kg 31.2 x 27.6 x27.4 cm 650W 98・90・70℃
10
アイテムID:7211305の画像
電気ポット とく子さん PIL-A220-T 7,717円

詳細を見る

省エネコースで賢く節電

2.2L 2.4Kg 21.2×28.0×25.5cm 700W 98・90・80℃ 蒸気量約1/3カット 省スチーム沸騰

3〜4L電気ポットの人気おすすめランキング5選

5位

タイガー(TIGER)

とく子さん PIM-G300K

蒸気レスタイプでどこにでも置けるスタイリッシュなポット

こちらの商品は、蒸気を水滴に変えてポット内に戻す蒸気レスタイプなので、置き場所にも困りません。注いだお湯の量がわかる計量機能もあるので、お湯の測り間違いを防げます。操作パネルがシンプルで見やすいところも良いポイントです。


そして、蒸気による結露に困っている方にもうってつけの商品です。お子さまや年配の方がいるご家庭でも火傷の心配がなく、使いやすいです。効率よく食事やお弁当の準備をしたいときも、上手に活用することで時短にもつながります。

容量 3.0L 本体重量 3.6kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.8×30.8×31.9cm 消費電力 700W
温度調整機能 70・80・90・98℃/まほうびん 蒸気レス機能 あり

口コミを紹介

沸騰してから、まほうびんモードにしてみました。3時間たってもまだ90度キープでした。節電にはいいかも。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

マイコン電気ポット IAHD-022-B

無駄のないスクエアボディでスタイリッシュ

こちらの商品はスタイリッシュな角形で、インテリアに馴染みやすいデザインです。容量はたっぷりの3.0Lで、頻繁に使う方に嬉しいサイズ感があります。水位窓はランプがついていて、保温・沸騰中の状態もひと目でわかります。

家具やインテリアの邪魔にならないおしゃれなモデルが欲しい方にはぴったりです。オフィス用なら、休憩時のお茶やコーヒー用にはもちろん、お昼のカップ麺用にももってこいです。

容量 3.0L 本体重量 2.4g
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.8×27.9×29.6 消費電力 700W
温度調整機能 70・90・98℃ 蒸気レス機能

口コミを紹介

沸騰中、保温中でライトが変わるのも良い。沸騰中はもちろん、ポコポコ音があります。使いやすくオシャレで、お値段の割には良いお品物だと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

象印(ZOJIRUSHI)

電動ポット CD-WU40-TM

4段階保温で、好みの温度に調整

お水を入れてボタンを押すだけで、簡単にお湯を沸かすことが出来ます。また、沸騰させずに設定温度まで沸かす機能搭載で、消費電力も抑えられます。節約をしたいご家庭にぴったりな電気ポットです。

容量 4.0L 本体重量 2.5 Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21×28.5×34cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・80・70℃ 蒸気レス機能 -

口コミを紹介

ボタン1つでお湯が出るのがこんなに便利だなんて…はやく買い替えていればよかったです。機能デザインともに大満足です。あとは耐久性に期待してみます。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

タイガー(TIGER)

電気ポット PIS-A300-T

5つの安心設計で、より使いやすく

蒸気を外に出さない・空焚き防止機能・自動ロック電動給湯・傾斜流水防止・転倒流水防止の5つの安心安全機能が搭載されているので、年齢問わず使えるのが嬉しいポイントです。ご高齢の方もいるご家庭におすすめの電気ポットです。

容量 3.0L 本体重量 3.0Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.7×28.2×24.6 cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・80℃ 蒸気レス機能 蒸気キャッチャー構造搭載

口コミを紹介

ものすごく静かです。ビックリしました。昔ながらの空気でも、給湯出来るのが良いですね。良い買い物をしました。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

タイガー(TIGER)

電気ポット PIM-A300-T

蒸気を出さない、蒸気キャッチャー構造を搭載

5つの安心構造搭載により、一つ前の商品よりも安心で使いやすいように改善された商品です。また、電源のないところでの給湯もできるので、イベント会場やコンセントが少ない場所での給湯などに非常に便利です。

容量 3L 本体重量 3.5Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.8×30.8×31.9cm 消費電力 700W
温度調整機能 98、90、80、70℃ 蒸気レス機能 蒸気キャッチャー構造

口コミを紹介

まずデザインがおしゃれで、これまでシルバーで少し浮いていたポットが設置スペースでしっくり来ていて満足してます。使いやすさも良く、抽出した湯量が分かるのはうれしいです。待機時間も細かな設定が出来て、これまでより精密になりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

3〜4L電気ポットのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 本体重量 サイズ(幅×奥行×高さ) 消費電力 温度調整機能 蒸気レス機能
1
アイテムID:7211323の画像
電気ポット PIM-A300-T 12,211円

詳細を見る

蒸気を出さない、蒸気キャッチャー構造を搭載

3L 3.5Kg 21.8×30.8×31.9cm 700W 98、90、80、70℃ 蒸気キャッチャー構造
2
アイテムID:7211314の画像
電気ポット PIS-A300-T 9,945円

詳細を見る

5つの安心設計で、より使いやすく

3.0L 3.0Kg 21.7×28.2×24.6 cm 700W 98・90・80℃ 蒸気キャッチャー構造搭載
3
アイテムID:7211284の画像
電動ポット CD-WU40-TM 9,130円

詳細を見る

4段階保温で、好みの温度に調整

4.0L 2.5 Kg 21×28.5×34cm 700W 98・90・80・70℃ -
4
アイテムID:7221451の画像
マイコン電気ポット IAHD-022-B 5,500円

詳細を見る

無駄のないスクエアボディでスタイリッシュ

3.0L 2.4g 21.8×27.9×29.6 700W 70・90・98℃
5
アイテムID:7221534の画像
とく子さん PIM-G300K 15,500円

詳細を見る

蒸気レスタイプでどこにでも置けるスタイリッシュなポット

3.0L 3.6kg 21.8×30.8×31.9cm 700W 70・80・90・98℃/まほうびん あり

4〜5L電気ポットの人気おすすめランキング5選

5位

ピーコック魔法瓶工業(株)

電動給湯ポット WMJ–40

大容量でお手頃価格の商品をお探しの方におすすめ

こちらのピーコックのポットは、大容量なのにお手ごろ価格な電動式電気ポットです。たっぷり4L入る容量にもかかわらず、1万円以下で手に入るので安くて水量のあるモノを探している方におすすめ商品です。

 

大きめの電動式ボタンは押しやすいうえに、軽く押さえるだけで給湯できます。お茶やお味噌汁などを簡単に作りたいときや、ご高齢の方にもおすすめです。

容量 4L 本体重量 2.2kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 34.2×21.3×27.9cm 消費電力 700W
温度調整機能 蒸気レス機能

口コミを紹介

大容量で使い方シンプルでお買い得。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

タイガー(TIGER)

マイコン PDR-G401-W Tiger

4L用なのにスリムでコンパクト!

たっぷり4Lの容量があ流ことに比べて比較的軽量型で、家族みんなのお茶や料理などに活用しやすい商品です。ボタンが大きく、押しやすいのも魅力で、空焚きしてしまっているときや沸騰時にはブザー音で知らせてくれます。


そして、常にお湯を切らさないようにしたい方にも非常に便利な商品です。うっかりで空焚きになるのを防ぎたい方にもおすすめ。大容量で軽く、お手入れしやすいものを選びたい方にはうってつけの商品です。

容量 4L 本体重量 2.3kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 21.2×28.0×34.4cm 消費電力 700W
温度調整機能 98・90・70℃ 蒸気レス機能 蒸気量約1/3カットの省スチーム沸とう

口コミを紹介

テーブルに置いて使っていますが、確かにこの大きさは存在感がありますが安心感でもあります。コーヒー、お茶、即席みそ汁etc......すぐ2ℓほど使ってしまいます。5ℓサイズを購入して正解だったとおもっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

象印(ZOJIRUSHI)

マイコン沸とう電動ポット CD-PB50-HA

3段階の保温設定で、お好みの熱さに設定

こちらの電気ポットは98℃・90℃・80℃と、3段階の保温設定が魅力的です。用途によって熱さを変えられる便利さがポイントです。特に、ミルクなど小さなお子様もいるご家庭におすすめの電気ポットです。

容量 5L 本体重量 約3.4kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 23×31.5×34cm 消費電力 985W
温度調整機能 70・80・90・98℃ 蒸気レス機能

口コミを紹介

象印の他のリットルは中国製品で、刺激臭がすると他の方もレビューで結構書いてたので、この日本製の5リットルが一番おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

タイガー(TIGER)

電気ポット蒸気レス とく子さん

蒸気レス構造なので、安心安全に使用が可能

使う場所を考えなくてもよい、コードレスタイプのポットです。触るボタンも少なく、空焚き防止機能や転倒流水防止機能がついているので、お年寄りや子どもも安心して使えます。

 

コードレスということもあって、イベントや会議場所など、コンセントが少ないシチュエーションでも活躍してくれるおすすめの電気ポットです。

容量 5L 本体重量 4.52 kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 23.4×30.2×38.7cm 消費電力 905W
温度調整機能 - 蒸気レス機能 蒸気キャッチャー構造搭載

口コミを紹介

夏のそうめんゆでたり、冬にラーメンやうどん食べたり、以前は2.2Lでしたがお湯足らないこと多くてたいへんでした。思い切って、5Lにしてみたら、余裕余裕で、何回も沸かすこともなく、4人分ラーメンつくっても大丈夫でした。重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

1位

象印(ZOJIRUSHI)

電気ポット CD-PB50-HA

気になる蒸気を90%カットが実現

蒸気セーブモードによって、蒸気を90%カットすることに成功した商品なので、置き場所を気にせず安心して使えます。小さなお子様や、置き場所が限られているご家庭におすすめの電気ポットです。

容量 5.0L 本体重量 3.0Kg
サイズ(幅×奥行×高さ) 23×30×33㎝ 消費電力 985W
温度調整機能 - 蒸気レス機能 蒸気セーブモード 90%蒸気カット

口コミを紹介

この新型のCD-PB50-HAには、蒸気が漏れない設計となって改善されており、つまり蒸気が制御版へ進入するというパッキンや部品の耐久性の問題も改善されていることが期待でき、今後もおすすめの、注目度の高い商品となっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4〜5L電気ポットのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 容量 本体重量 サイズ(幅×奥行×高さ) 消費電力 温度調整機能 蒸気レス機能
1
アイテムID:7211320の画像
電気ポット CD-PB50-HA 9,580円

詳細を見る

気になる蒸気を90%カットが実現

5.0L 3.0Kg 23×30×33㎝ 985W - 蒸気セーブモード 90%蒸気カット
2
アイテムID:7211296の画像
電気ポット蒸気レス とく子さん 13,491円

詳細を見る

蒸気レス構造なので、安心安全に使用が可能

5L 4.52 kg 23.4×30.2×38.7cm 905W - 蒸気キャッチャー構造搭載
3
アイテムID:7219690の画像
マイコン沸とう電動ポット CD-PB50-HA 15,600円

詳細を見る

3段階の保温設定で、お好みの熱さに設定

5L 約3.4kg 23×31.5×34cm 985W 70・80・90・98℃
4
アイテムID:7219653の画像
マイコン PDR-G401-W Tiger 7,273円

詳細を見る

4L用なのにスリムでコンパクト!

4L 2.3kg 21.2×28.0×34.4cm 700W 98・90・70℃ 蒸気量約1/3カットの省スチーム沸とう
5
アイテムID:7222473の画像
電動給湯ポット WMJ–40 6,100円

詳細を見る

大容量でお手頃価格の商品をお探しの方におすすめ

4L 2.2kg 34.2×21.3×27.9cm 700W

浄水器ポット・保温ポットなどの関連記事を紹介

ポットには沢山の種類のものがあります。電気ケトルや浄水器ポット、保温ポットなどが有名ですよね。どれも少しずつ機能が違うので確認してみてください!

 

気になるランキング記事は、下記のリンクから見ることができますので本記事と合わせて確認してみてください!

電気ポットと電気ケトルはどっちがいい?

電気ポットと電気ケトルの違いをご存知でしょうか?まずはその違いについて知りましょう。実は、電気ポットは電気ケトルよりも長時間の保温ができる商品なんです。ただ、保温ができる分電気ケトルよりも電気代が必要になります。

 

一般的に、電気ケトルで1L沸かした場合の電気代が約3円電気ポットで2L沸かした場合は約8円かかるといわれています。なので、電気代を節約したい方は電気ケトルの方がおすすめです。また、電気ポットは保温性重視の方におすすめです。

 

下記の記事では、電気ケトルのおすすめ商品や選び方をご紹介していますので、どちらも比較しながら購入を考えましょう。

まとめ

ここまでポットのおすすめランキング20選をまとめてみましたが、いかがでしょうか。日々進化し続けるポットは、使用用途や容量によって必要な機能が全く異なってきます。どういったシーンで使いたいかを明確化することで、ピッタリのポットが見つかりますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年05月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新版】電気コンロの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】電気コンロの人気おすすめランキング15選

調理器具
【美容研究家厳選】洗顔料の人気おすすめランキング25選【市販のプチプラもご紹介】

【美容研究家厳選】洗顔料の人気おすすめランキング25選【市販のプチプラもご紹介】

洗顔料
【2021年最新版】紙パック式コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選【サイクロン式とどっちがいい?】

【2021年最新版】紙パック式コードレス掃除機の人気おすすめランキング15選【サイクロン式とどっちがいい?】

掃除機
【2021年最新版】ワンタッチテントの人気おすすめランキング20選【タープ付きも!】

【2021年最新版】ワンタッチテントの人気おすすめランキング20選【タープ付きも!】

テント
【2021年最新版】台所・食器用洗剤の人気おすすめランキング28選【手荒れしない安全なものも!】

【2021年最新版】台所・食器用洗剤の人気おすすめランキング28選【手荒れしない安全なものも!】

キッチン雑貨・消耗品