札幌のICLおすすめクリニック4院【費用や保険適用・デメリットも解説】

記事ID26214のサムネイル画像

札幌に沢山あるICLクリニック。ICLは保険適用外ですが、中には医療費控除やモニター募集でお得にできるところもあります。今回は札幌でICL治療ができる眼科・クリニック4院をご紹介します。また、口コミの見方やICLのデメリットまで解説していきます。

そもそも「ICL」とは?

日本では眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正している人は2人に1人もいると言われています。視力が悪くなる前のように、裸眼で不自由なく生活できた頃に戻りたいと思いませんか?

 

そこでおすすめなのがICLという手術です。ICLとはImplantable Contact Lensの略で、眼内にコンタクトレンズを入れて視力矯正する治療のことです。

 

そこで、自分に合った札幌のICLクリニックの選び方や、編集部が調査したICLクリニック4院をご紹介します。また、ICLに関する基本的な知識も解説しているので、受けるか迷っている時の参考にしてくださいね。今回取り上げるクリニックは以下の4院です。

 

・品川近視クリニック 札幌院
・札幌せきや眼科
・大橋眼科
・札幌かとう眼科

 

各クリニックの特徴を知りたい方は、下のボタンをタップしてくださいね。

やめた方がいい?ICLのリスク・デメリットについて

ICLは「目の中にレンズを入れる手術」ということで、少し怖いと感じる方も多いのではないでしょうか。ここではICLの手術において考えられるリスクについて詳しく解説します。

手術による失明・ダメージはあるか

手術である以上、切開創からの感染症や失明のリスクはゼロではありませんが、ICL手術による失明は非常にまれです。

 

また感染症については手術を行った後のアフターケアが大切です。手術後すぐはまだ切開創が塞がっていないため、手で目元を擦ったり洗顔したりすることは避け、医師が指示する点眼薬を正しく使用し、生活制限を守りましょう。

術後にハロー・グレアが見えることがある

ハロー・グレアとは、夜間の外灯などを見たときに光を眩しく感じたり、光の周りがぼやけるように見える症状です。

 

ICLにおいて使用する眼内レンズはハロー・グレアが起こりにくい構造となっていますが、手術直後はまだレンズが安定しておらず、多少視界がにじむように感じることもあります。その場合も1週間前後で安定した見え方になることがほとんどです。

手術の痛みは?意識はあるのか

ICL手術の場合は、手術前の点眼麻酔か笑気ガス麻酔を行うことが多いです。そのため、痛みは感じづらいものの、意識はあるまま手術が進みます。全身麻酔に対応しているクリニックもありますが、まだ数が少ないのが現状です。

 

また手術中の照明が眩しいため、視界はぼんやりとしており、はっきりと器具などが見えるわけではありません

 

▼品川近視クリニックは「痛み解消プロジェクト」に力を入れています

ICL手術はできる医師が少ない

レーシックは特別な資格は必要ありませんが、ICL手術は認定医しか行うことができません。日本では2010年に厚生労働省の承認を受けたので、まだICL認定医自体の数が少ない状態なのがデメリットと言えるでしょう。

 

▼先進会眼科のコラムでは気になるICLのリスクについて詳しく解説しています

【編集部おすすめ】札幌でICL治療を受けるならココ!

2020年におけるICL国内最多症例数を受賞

【10年の実績を持つ近視クリニック】

品川近視クリニックはICL治療を開始して10年の歴史を持つクリニックです。手術はICL認定医が担当。さらに保証期間は3年と気軽に手術が受けられるように配慮されています。

 

【遠方なら交通費を支給】

品川近視クリニックでは、遠方にお住まいの方でも治療を受けられるように交通費補助制度を設けています。一定の対象条件を満たした方に、最大1万円まで交通費を負担。

 

【3分で簡単!無料検査予約・カウンセリング受付中】

「ICLについて、もっと詳しく知りたい」そんなときは無料カウンセリングに申し込みましょう。自分が手術を受けられるのかに加え、ICL手術についてドクターから詳しい説明を聞けます。検査予約はたった3分で完了するので、この機会にぜひ、相談してみましょう。

 

▼ICLの費用一例

近視度数-5D未満 (両眼)※1

46万円(税込)

月々4,500円(税込)※2

近視度数-5D以上(両眼)※1

53万7000円(税込)

月々5,700円(税込)※3

アクセス JR札幌駅南口より徒歩5分
休診日 -
検査 適応検査無料
保障制度 3年

※自由診療のため保険が適用されません

※1乱視用レンズの場合追加で10万円かかります

※2レンズ代 19万円分割元金:27万円/60回払いの場合(全額分割払いも可能です。詳しくはクリニックにお問合わせください)

※3レンズ代 19万円分割元金:34.7万円/60回払いの場合(初回のみ10,700円)(全額分割払いも可能です。詳しくはクリニックにお問合わせください)

札幌院へのアクセス

北海道札幌市中央区北三条西2-1
NC北専北三条ビル3F

JR「札幌駅」南口より徒歩5分

【費用相場】ICL治療に保険は使える?結局いくらかかる?

レーシックは25~35万円、ICLは60~80万円が相場です。費用が高いため「やめた方がいい」「高すぎる」という意見も見られます。ICLでは眼内に入れるレンズを一人一人オーダーメイドで作成するため、費用が高くなってしまいます。

ICL治療は保険適用になる?

レーシック・ICL共に保険適用外の自由診療となるため、健康保険は使用できません。ただし、加入中の医療保険によっては手術給付金などを受け取れる場合もあります。

 

また医療費控除の対象となるので、少しでも経済的な負担を減らしたい方は、領収書など支払の証明となるものを保管しておき、確定申告の際に提出するようにしましょう。

長期的に見ると、ICLは安い!?

費用や保険適用外なのはデメリットのように見えますが、長期的に考えるとICLは経済的な治療法といえます。

 

ワンデーのコンタクトレンズを使っているなら、費用は1日150円程度、2週間レンズなら1日50円程度+1か月1,000円程度のケア用品がかかると思います。これを何十年も続けると、コストはどのくらいかかってくるのでしょうか?表にまとめると以下のようになりました。

 

  ICL ワンデー 2週間レンズ
10年 60万 54万 30万
20年 60万 108万 60万
30年 60万 162万 90万

 

30年後で比較すると、ワンデーコンタクトレンズなら「102万」、2週間レンズなら「30万」も高くついてしまうのです。長期的に見ると値段はデメリットにならないかもしれません。

 

▼レーシックの費用もチェックしたい方はこちらの記事をチェック

札幌のICL治療クリニック・眼科おすすめ4院

ICL治療の月払いが可能!

【10年の実績を持つ近視クリニック】

品川近視クリニックはICL治療を開始して10年の歴史を持つクリニックです。手術はICL認定医が担当。さらに保障期間は3年と気軽に手術が受けられるように配慮されています。

 

【遠方なら交通費を支給】

品川近視クリニックでは、遠方にお住まいの方でも治療を受けられるように交通費補助制度を設けています。一定の対象条件を満たした方に、最大1万円まで交通費を負担。

 

【3分で簡単!無料検査予約・カウンセリング受付中】

「ICLについて、もっと詳しく知りたい」そんなときは無料カウンセリングに申し込みましょう。自分が手術を受けられるのかに加え、ICL手術についてドクターから詳しい説明を聞けます。検査予約はたった3分で完了するので、この機会にぜひ、相談してみましょう。

 

▼ICLの費用一例

近視度数-5D未満 (両眼)※1

46万円(税込)

月々4,500円(税込)※2

近視度数-5D以上(両眼)※1

53万7000円(税込)

月々5,700円(税込)※3

休診日 -
検査 適応検査無料
保障制度 3年

※自由診療のため保険が適用されません

※1乱視用レンズの場合追加で10万円かかります

※2レンズ代 19万円分割元金:27万円/60回払いの場合(全額分割払いも可能です。詳しくはクリニックにお問合わせください)

※3レンズ代 19万円分割元金:34.7万円/60回払いの場合(初回のみ10,700円)(全額分割払いも可能です。詳しくはクリニックにお問合わせください)

札幌院へのアクセス

北海道札幌市中央区北三条西2-1
NC北専北三条ビル3F

JR「札幌駅」南口より徒歩5分

5,000症例以上の実績*のあるクリニック

札幌かとう眼科は、ICL手術の実績が5,000症例以上ある*(白内障)多焦点眼内レンズ、視力矯正の専門クリニック「先進会眼科」と提携しています。

 

先進会眼科は、2021年8月31日には眼内コンタクトレンズのICLを供給するスターサージカル社より、多くの人々に裸眼の生活を提供したことについて、アワードを受賞しています。このように先進会眼科は、より多くの患者のために常に技術力の向上に努めています。

 

先進会眼科の公式サイトから札幌かとう眼科の24時間WEB予約、またLINEからの予約を受け付けているので、気になる方はチェックしてみてください。

* 2002年11月1日〜2020年3月31日

 

▼ICLの費用一例

両眼

66万円(税込)

※3ヶ月間の検診代、お薬代も含まれます。

片眼

33万円(税込)

※3ヶ月間の検診代、お薬代も含まれます。

休診日 日曜日・祝日
検査 適応検査:5,000円(税込)
保障制度 -

※自由診療のため保険が適用されません

札幌かとう眼科へのアクセス

【住所】〒065-0031 北海道札幌市東区北31条東16-1-22

地下鉄・東豊線「新道東駅」5番出入口より徒歩5分

オンライン予約も可能

札幌市営地下鉄東西線「発寒南駅」徒歩5分にある札幌せきや眼科です。医院長は2019年間北海道および東北においてICL手術件数がとても多い執刀医として表彰された関谷医師です。ネット予約が可能なので、待ち時間を短縮することができますよ。

 

▼ICLの費用一例

乱視なし

70万円(税込)

乱視あり

80万円(税込)

アクセス 札幌市営地下鉄東西線「発寒南駅」徒歩5分
休診日 木曜日
検査 適応検査:5,000円(税込)
保障制度 -

自由診療のため保険が適用されません

札幌せきや眼科へのアクセス

北海道札幌市西区西町北8丁目1−8

 

電車をご利用の場合
札幌市営地下鉄東西線 「発寒南駅」出口1より徒歩5分

 

バスをご利用の場合
JR札幌駅より手稲営業所前行バスに乗車
「西町北7丁目」バス停より徒歩1分

ICL認定医2名在籍の眼科

JR白石駅徒歩15分にある大橋眼科は平成30年にICL認定医を取得した大橋医院長がICL手術を執刀しています。車いす対応の送迎車も完備しているため、交通手段がネックとなっている方でも気軽に通うことができます

 

また、患者さんの緊張を少しでも和らげるため、クリニックの施設と環境を整えています。マッサージ機などを備え、車いすでも通れる広い廊下レイアウトにも気を配っています。
どんな人にとっても通いやすいクリニックといえます。

 

▼ICLの費用一例

乱視なし片目

33万3000円(税込)

乱視あり片目

38万5000円(税込)

遠視あり片目

39万6000円(税込)

乱視・遠視あり片目

44万円(税込)

休診日 -
検査 適応検査:33,000円(税込)
保障制度 -

自由診療のため保険が適用されません

大橋眼科へのアクセス

【住所】北海道札幌市白石区本通6丁目北1-1

JRバス「本通5丁目」停留所より徒歩2分

地下鉄「東西線南郷7丁目駅」1番出口より徒歩15分

中央バス「白24」・「澄川78」<本通3丁目北>停留所より徒歩5分

JR白石駅  徒歩15分

 

▼ICLが受けられるクリニックをもっと知りたい方はこちら

眼科・クリニックの選び方

実際にICLを受ける病院をどのように選べばよいのか紹介します。高額な治療費がかかるため、ポイントをしっかり押さえて眼科・クリニックを選びましょう

①費用で選ぶ

ICL手術の値段は病院によって異なります。手術だけでなく、事前の検査や術後経過の際にかかるトータルの費用をあらかじめ聞いておくといいでしょう。また、目の中に入れるレンズの度数や乱視込みなのかによって値段も変わります。

②症例数で選ぶ

医師・クリニックの症例数も確認するようにしましょう。症例数が多い=安全性が高いというわけではありませんが、経験値を見るうえで参考になります。症例が多いと、それだけ知見があるため、自分に合った治療法を提案してもらえるでしょう。

③通いやすさで選ぶ

手術前の検査などを含めると複数回通うことになるので、自宅や職場からの通いやすさも選ぶポイントになります。

 

ICLはレーシックよりも角膜を削らず手術の後遺症が少ない治療法と言われていますが、手術後の経過観察を病院で診てもらう必要があります。ほとんどの病院では手術後翌日・1週間後・1か月後・3か月後・6か月後に定期健診をします。

 

また、術直後は目が見えにくい状態なので運転はできません。公共交通機関が使えるかや、病院には送迎サービスはあるかも、必ずチェックしましょう。

④口コミで選ぶ

「クリニックの評判」はいわゆるリアルな口コミ。利用した人のリアルな声を聞くことが出来ます。評判はネットでの口コミサイトや、クリニック周辺の人々の声を聞いてみることで聞くことが出来ます。

 

しかし口コミは、あくまでも参考程度にして、自分の判断でクリニックを選びましょう!

ICLの大きなメリット5つ

視力矯正手術として有名なものに「レーシック」がありますよね。そこで、レーシックと比較しながらICLの特徴を紹介します

①視力矯正効果の維持

レーシックは、術後数年経つと手術前の視力に戻る(視力が悪化する)ことがあります。特に、重度の近視の方は視力が戻る可能性が高いと言われています。

 

一方、ICLの場合は以前の視力に関わらず、近視への戻りはなく術後と同じ視力を維持することができるので、レーシックに比べて視力矯正の効果が高いです。レーシック後に視力が下がってしまった方でも、ICLで視力矯正をすることができます。

②見え方がキレイ

角膜を削ってしまうレーシックでは「収差」と呼ばれる角膜のわずかな歪みが生じます。ICLでは収差がないため、クリアで色彩豊かな見え方を手に入れることができます

③レーシックではできない強度近視でも手術可能

レーシックでは強度近視(-10D以上)の場合、治療を行うことができません。ICLでは強度近視の方でも手術をすることができます

 

また、角膜が薄くレーシックが受けられない方でも、角膜をほとんど削る必要がないICLであれば可能です。

④術後の後遺症が少ない

レーシック手術では角膜を約28mm削るため、術後の後遺症としてドライアイや視界がぼやけるなどの症状が現れる可能性があります。また、角膜の抵抗力が弱まるため、感染症になるリスクも高いと言われています。

 

一方、ICLでは角膜は約3mmしか削らないため、術後の後遺症が現れる可能性は低くなります

⑤レンズを交換したり元の状態に戻したりできる

レーシックによって角膜を1回削ってしまうと、元に戻すことはできません。一方、ICLは近視の度合いが変わった場合、レンズを変えたり取り外したりすることができます。また将来白内障などにかかった場合もレンズを取り外してからの治療が可能です。

 

ICLを受けたからと言って、将来目の病気にかかった場合、治療の選択肢が狭まることは、ほとんどありません

ICLを受けることができる条件

レーシックより角膜の状態や視力矯正度数に関わらず、手術を受けることができるICLですが、手術を受けるための条件はいくつかあります

 

・年齢が21歳~45歳まで

・中等度(-3D)以上の近視もしくは乱視

・過去1年の近視度数が安定して-0.5D以内

・重篤な全身疾患(糖尿病など)がない

・目の病気(緑内障・白内障など)がない

・コラーゲンに対する過敏症がない

 

年齢に関しては40歳を過ぎると白内障にかかるリスクが上がり、ICLを受けたとしてもすぐに白内障の手術としてレンズを外さなければならなく可能性が高いため年齢制限を設けています。目の状態によって柔軟に対応してもらえることもありますので、病院に相談してみてくださいね

 

また、上で紹介した条件はあくまで参考です。最終的にICL手術可能かどうかは、病院ごとに行われる術前検査の結果で判断されます

クリニック選びに迷ったら事前検査に申し込もう!

「どんなクリニックが自分に合うのか分からない」そんな時は、まずは気になったクリニックの事前検査に申し込みましょう

 

事前検査では「そもそも自分はICL手術を受けられるのか」「他に最適な治療はあるか」などを調べることができます。加えて、ドクターからICL治療に関する詳しい話も聞けるので、ICL治療を受けるか迷っている方は、事前検査を受けるのがおすすめです。

【Q&A】ICLを受けた後の生活の変化についての回答集!

ICLを受けた後に起こる生活の変化やよくある質問について紹介します。

Q1:効果はいつ頃から期待できる?夜間視力は?

手術当日は炎症や手術中の薬剤の影響で視界がぼやけて見えますが、一般的には2~3日でクリアな視界になります。夜間や暗い所で光を見た時に輪がかかって見えたりまぶしかったりするハローグレアは多少ありますが、レーシックよりは程度が軽く術後1か月程度で脳が順応すると言われています

 

ICL手術後に、視力が元のような眼鏡やコンタクトレンズが必要なく過ごせます。しかし、加齢や老眼などはICLと関係なく進行しますので、多少のずれは生じる可能性があります。

 

▼札幌で老眼治療が受けられるクリニックはこちら

Q2:手術後に制限はある?

手術後の主な制限を紹介します。下記あくまで目安です。詳細は病院に直接確認するようにしましょう。

 

洗顔・入浴・デスクワーク→翌日からOK

洗髪→3日目からOK

化粧・飲酒・運転→1週間経ったらOK

温泉・サウナ・ジョギング→2週間経ったらOK

Q3:おしゃれのためのカラーコンタクトはできる?

ICL手術では目の表面状態は変わらないため、カラーコンタクトを入れることができます。目の状態が安定する3か月を過ぎ、医師に相談してから装着してください。

【まとめ】ICL手術で快適な毎日を!

この記事では、ICL手術やクリニックについて紹介しました。レーシックよりも金額が高いですが、強度近視でも手術可能で視力の維持が期待できます。ICLが気になる方は上のバナーから予約してみてください。ぜひ、ICL治療を受けて、裸眼でも快適な毎日を送れるようになりましょう

 

▼札幌でレーシックが受けられるクリニックもチェックしたい方はこちら

本サービス内で紹介しているランキング記事はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年12月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

ICLやレーシックができる人・できない人の違いは?クリニックの選び方やおすすめもご紹介!

ICLやレーシックができる人・できない人の違いは?クリニックの選び方やおすすめもご紹介!

サービス
ICLやレーシックのメリット・デメリットとは?やらなきゃよかったと後悔しないためには?

ICLやレーシックのメリット・デメリットとは?やらなきゃよかったと後悔しないためには?

サービス
ICLとレーシックはどっちがいい?おすすめのクリニック7選【2023年度最新版】

ICLとレーシックはどっちがいい?おすすめのクリニック7選【2023年度最新版】

その他
【2023年最新版】福岡でICL治療・手術ができる眼科・クリニックおすすめ6院【料金や評判は】

【2023年最新版】福岡でICL治療・手術ができる眼科・クリニックおすすめ6院【料金や評判は】

サービス
【2023年最新版】京都でICL治療が可能なクリニック4院【気になるモニター募集や無料検査についても】

【2023年最新版】京都でICL治療が可能なクリニック4院【気になるモニター募集や無料検査についても】

コンタクトレンズ
ICLおすすめクリニック・眼科12院|レーシックとの違いは?費用も紹介【2023年最新版】

ICLおすすめクリニック・眼科12院|レーシックとの違いは?費用も紹介【2023年最新版】

サービス