【2022年最新版】レーシック手術ができる眼科・クリニックおすすめ11院【名医がいるのは?】

記事ID24047のサムネイル画像

メガネやコンタクトによる視力矯正が不要になるレーシック手術。医療機関によって料金体系やプランが異なるほか、ICLとどっちがいいの?と悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は、レーシック眼科・クリニックの失敗しない選び方や編集部が選ぶクリニック11院をご紹介!

レーシック眼科・クリニックで自分に合った手術を

 

視力を回復し、コンタクトレンズやメガネを使用しなくてもクリアな視界を手に入れられるレーシック手術。全米では年間100万件以上のレーシック手術が行われており、日本国内においても年間40万件の手術が行われています。しかし、レーシック手術を受けたくても、レーシックの手術を行っている眼科やクリニックは非常に多いので、どこで治療をするか迷ってしまいますよね

 

眼の角膜をレーザーで削る大事な手術となるため、失敗は避けなければなりません。もし、クリニック選びに失敗してしまうと、大変なことに! 自分に合ったクリニックを見つけるには、いくつかポイントがあります。

 

この記事では、安心して治療を受けられるクリニックの選び方や、おすすめのクリニックを紹介します。レーシックを受ける際の参考にしてみてください。

レーシックを受ける眼科・クリニック選びに失敗しないためには?

「どんなクリニックが自分に合うのか分からない」そんな時は、まずは気になったクリニックの事前検査に申し込みましょう

 

事前検査では、自分の目の状態を調べ「自分はレーシック手術を受けられるのか」「最適な治療は何か」など調べることができます。加えて、専門医からレーシック手術に関する詳しい話も聞けるので、レーシックを受けるか迷っている方は、まずは事前検査を受けるのがおすすめです。

【PR】編集部おすすめのレーシッククリニック

この記事では、あなたに合ったおすすめのレーシック眼科・クリニックをご紹介します。まず最初に紹介するのが「品川近視クリニック」です。レーシック手術が両目7.5万円(税込)から受けられます。

 

「公式サイトで詳細を見る」から無料カウンセリングの詳細ページに進みます。この機会にぜひチェックしてみてください!

7.5万円(税込)のレーシック手術

【130万件以上の症例数!】

東京や大阪・名古屋・福岡にも医院をかまえ、国内大手のレーシッククリニックの品川近視クリニック。品川近視クリニックの症例数は2004年10月から2021年7月までで、1,302,175件になります。現在日本でレーシックを受ける方の約70%(本院による推計)は品川近視クリニックを選んでいます

 

【7.5万円(税込)のレーシックプラン】

品川近視クリニックでは、レーシックの手術中、手術後の痛みを可能な限り軽減するため、痛みに関する患者様アンケート結果をもとに常に検証、対策を行っています。品川近視クリニックの「スタンダードレーシック」なら価格は7.5万円(税込)。分割払いで3,000円~始められるプランもあるので、気になる方はクリニックで相談してみましょう。

 

【無料の託児所あり!】

お子様がいらっしゃる患者さんでも、通院できるよう、品川近視クリニックなら初診検査日・初回施術日の在院時間に提携託児所を無料で利用できます

 

【遠方の方なら交通費補助も!】

クリニックに通いにくい方でも利用できるよう、品川近視クリニックは、交通費を最大1万円支給してもらえます

 

≫無料検査の予約はこちら

エリア 東京、札幌、名古屋、福岡、大阪 休診日 -
検査料金 無料 費用 スタンダードレーシック:両目75,000円(税込)
支払い方法 現金一括払い、分割払い、クレジットカード払い、月々の支払い 保証期間 1年

【失敗しない】レーシック手術を受ける眼科・クリニックの選び方4つ

ドクターの腕や手術を行なう設備・術後のアフターフォローにいたるまで、眼科やクリニックによって特徴はさまざまです。ここでは、自分に合ったレーシック手術を受けられるように眼科・クリニックの選び方を解説します。

①ドクターの質や経験で選ぶ

レーシック手術を受ける眼科・クリニック選びで最も重要なのが、ドクターの腕前や経験値の高さです。繊細な技術を要する眼の手術となるため、信頼のおけるドクター在籍の眼科・クリニックを選択しましょう。

眼科専門医が執刀しているかどうか

レーシックの手術を受ける際は、眼科専門医が執刀している眼科・クリニックを選びましょう。「眼科専門医」とは眼科に関する知識と医療技術が十分であることを日本眼科学会が認定した眼科医のことを指します。眼に関する幅広い知見を持ったスペシャリストです。

 


日本眼科学会のガイドラインにおいても「レーシックは日本眼科学会認定専門医が行なうこと」と定めており、手術を受ける場合は眼科専門医かどうかが重要なポイントです。 

 

規定があるものの、眼科専門医が在籍しておらず、資格を持たない医師が手術をしているクリニックも稀に存在するので、注意しましょう。

経験豊富な名医や評判のいい医療機関かどうか

レーシックは術後メガネやコンタクトによる視力矯正が不要になるメリットがある反面、リスクや費用がかかります。まだまだ治療の質には差があるのが現状なので、経験豊富な名医や評判のいい医療機関を選ぶことが大切です。

レーザー治療の実績や症例数は多いかどうか

これまでに行ったレーザー治療の実績や症例数もレーシック手術を受ける眼科・クリニックを選ぶ際の大きな指標です。日本でのレーシックの歴史は約20年とまだ浅く、ドクターや施設によって経験値に差が出る可能性があります。

②クリニックの対応で選ぶ

レーシックは術前から術後まで数回通う必要があります。そのため、気持ちよく通える病院を選ぶのがいいでしょう。また、手術の内容だけでなく、保証期間やアフターケアについてもしっかり確認する必要があります。

検査や手術内容の丁寧な説明をしているかどうか

レーシックにおける事前検査や術後の検診、手術の内容、レーシックのメリット・デメリットなど、1つずつ詳細を分かりやすく説明してくれる眼科・クリニックを選ぶことが肝心です。

 

説明が不十分なままだと、悩まなくてもいいことで心配になったりストレスを抱えたりすることになってしまいます。失敗できない手術だからこそ、納得してから受けるようにしましょう

手術後の定期検診や保証があるかどうか

レーシックの手術を受けた後も定期的に検診があります。ほとんどのクリニックの場合、手術後は翌日・1週間後・3ヶ月後・半年後を目処に検診を行います。視力の回復具合や目に異常がないかなど、確認する必要があるためです。

 


また、レーシックによって1度視力が回復しても、近視の戻りで再び見えづらくなることがあります。眼科・クリニックによっては「術後◯年間の再手術が無料」といったようなアフターフォローがあるので、事前に確認しておきましょう。

③通いやすさで選ぶ

レーシックを受ける眼科・クリニックを選ぶ際に見落としやすいのが「通いやすさ」です。レーザー治療の症例数や導入設備ばかりに気を取られがちですが、家から近い・通勤経路にある・診察時間が自分の生活に合っているといった通いやすさも重要です。

 

また、術後の経過によっては、当日の車の運転が禁止される場合があります。そのため、公共交通機関が使えるクリニックを選ぶと安心です。

④料金体系やプランの分かりやすさで選ぶ

料金体系がシンプルで分かりやすい眼科・クリニックがおすすめです。そのため、検査や定期検診・目薬代にいたるまでトータルの料金を表示しているところを選びましょう。

 

自分の経済状況と照らし合わせて、無理なく支払えるようにしましょう。

レーシックの値段はどのくらい?

レーシック手術の費用相場は25~35万円前後です。ただし手術する施設・内容によって値段は大きく異なり7万円で済むケースもあれば50万円を超えるケースもあります。極端に安い場合、保障期間が短いなどのリスクがある点は覚えておきましょう。

度数によって価格は変わる

レーシック手術が可能な視力の度数(単位:D※ディオプター)は-10.0D未満~6.0Dまでです。度数の値はマイナスが近視・プラスが遠視を表し、数値が高いほど強度になります。強度近視や強度遠視になるほど、一般的に手術費用は高くなります。

 

近視では-5.0~-6.0D以上で慎重適応となるため、病院によっては通常の手術よりも10万円近く価格が上乗せされます。

レーシックにかかる費用を安くするには?

レーシックは生命保険・医療費控除の対象になる場合があります

 

多くの生命保険、医療保険でレーシックが手術給付金の対象となっているため、治療費の負担が減る可能性があります。給付金の対象、金額等は加入している保険の種類や契約内容によって異なるので、直接保険会社に確認しましょう。

 

また、税金についても還付を受けることができます。1年間にご本人または、ご家族(税法での「生計を一にする親族」)が支払った医療費が10万円を超える場合は、確定申告をすれば税金の還付されます

 

確定申告の際に、手術料金の領収書を忘れずに提出しましょう。詳細は地域税務署にて確認下さい

レーシック手術は本当に安全?やらなきゃよかったと後悔しない?

インターネット上の「レーシック難民」というワードや失敗談など、レーシックはおすすめしないという意見もあります。実際、レーシックは安全な手術なのでしょうか?

おすすめしない意見があるのも事実

レーシックを受けることによるリスクは確かにゼロではありません。「100%安全な手術」や「合併症ゼロ」とは言い切れないのが現状です。しかし、それはほかの手術にも言えます

 

レーシックは国家資格者による適切な医療行為であり、感染症にもしっかりとした対策がとられています。近年は医学の進歩により、レーシックの術式やレーザー機器の安全性もさらに高まっています。確かに眼の手術に対して不安を感じることもあるでしょう。そのためにも、各眼科・クリニックの特徴を見極めて信頼のおける機関を見つけることが重要です。

レーシック難民にならないために

レーシック難民とは期待したような手術結果が得られず、アフターフォローを満足に受けられないまま医療機関に見放されてしまう悲惨な状態にある患者を意味する言葉です。症状としては過矯正・眼痛・ドライアイなどが上げられます。

 

こういった事態を避けるため、手術後の定期検診や保証があるかどうかなど、クリニックの選び方が非常に大切になってきます。リスクの説明が無い、強引に契約を迫る病院は避けた方がいいでしょう

レーシックの眼科・クリニックの人気おすすめ11院

レーシック手術が受けられる全国の眼科・クリニックの中から11院を紹介します。各眼科・クリニックの特徴をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

品川近視クリニック

\まずは無料カウンセリング/ 公式サイトで詳細を見る

両目7.5万円(税込)~のレーシック

【130万件以上の症例数!】

東京や大阪・名古屋・福岡にも医院をかまえ、国内大手のレーシッククリニックといえる品川近視クリニック。品川近視クリニックの症例数は2004年10月から2021年7月までで、1,302,175件になります。

 

【7.5万円のレーシックプラン】

品川近視クリニックの「スタンダードレーシック」なら価格は両目7.5万円(税込)。分割払いで3,000円~始められるプランもあるので、気になる方はクリニックで相談してみましょう。手術翌日・1週間後・3ヶ月後の定期検診の他、安心して手術を受けられるよう保障制度があります。

 

【無料の託児所あり!】

お子様がいらっしゃる患者さんでも、通院できるよう、品川近視クリニックなら初診検査日・初回施術日の在院時間に提携託児所を無料で利用できます

 

【遠方の方なら交通費補助も!】

クリニックに通いにくい方でも利用できるよう、品川近視クリニックは、交通費を最大1万円支給してもらえます

 

≫無料検査の予約はこちら

エリア 東京、札幌、名古屋、福岡、大阪 休診日 -
検査料金 無料 費用例 スタンダードレーシック:両目75,000円(税込)
支払い方法 現金、振り込み、分割払い、クレジットカード 保証期間 1年

充実したアフターフォロー

【経験豊富な医師が揃う】
東京、大阪、福岡と3院展開する先進会眼科。レーシックやICL(眼内コンタクトレンズ)、レーザー白内障治療、ドライアイ治療、飛蚊症治療、円錐角膜治療など、様々な治療や手術を行う眼科です。

 

【徹底した検査で術後の不安なし】

先進会眼科では、レーシック手術の適応だけでなく、術後のリスクを想定した結果まで検査しています。将来他の眼疾患にかかる場合も考えて、検査データを取得しているため、術後の不安が解消されます。

 

【アフターフォローが万全】

レーシック手術後の検診やカウンセリング、追加矯正に再治療、さらに万が一合併症が起きた時の治療などのアフターフォローが無料で受けられます。視力の回復具合やドライアイに対する悩みを気軽に相談することができますよ。また、目に関する相談や診察の予約はLINEから行うこともでき、手軽に連絡できるのが特徴です。

 

【主な治療プラン・料金】

軽度・中等度の近視の方用のiFSイントラレーシックは、両眼19.8万円(税込)(術後1年の検診・アフターケアを含みます)で受けられます。

 

 

≫詳細はこちら(公式サイトに移動します)

エリア 東京、大阪、福岡 休診日 年末年始、東京/火曜、大阪/火・水曜、福岡/水曜
検査料金 - 費用例 iFSイントラレーシック:両目19.8万円(税込)
支払い方法 現金、振り込み、クレジットカード、医療ローン、LINE Payでのお支払いも可能(東京院のみ) 保証期間 3年

カウンセリングから執刀まですべてを眼科専門医が担当

【幅広い治療法の提案】

新宿近視クリニックは、日本国内に数台しかなく、次世代の視力治療と言われている「ReLEx SMILE(リレックススマイル)」をいち早く導入し、レーシックを不安に感じていた方から好評です。リレックススマイルはレーシックで心配されるドライアイやハロ・グレアの症状が軽減でき、近視の戻りも少ない結果が出ています。

 

【最初から最後まで担当医がフォロー】

新宿近視クリニックは、初回のカウンセリングから執刀・術後の定期検診にいたるまですべてを眼科専門医が担当してくれます。先生によって対応やアドバイスが微妙に違って困った経験がある方も、最後までスムーズにレーシックを完了させられます。

 

また、3年間の再手術が無料なため、近視度合いが変化しても追加料金なしで視力の回復が可能です。

 

【治療プラン・料金】

レーシック治療のiFSイントラレーシックオプティマイズは、両眼154,000円(税込)で受けられます。リレックススマイルは両眼316,800円(税込)で受けられます。

エリア 新宿駅 休診日 -
検査料金 無料 費用例 iFSイントラレーシック:両目154,000円(税込)
支払い方法 現金、デビットカード、クレジットカード、医療ローン、ビットコイン 保証期間 1年

レーザー治療のエキスパートが執刀

【経験豊富な医者が在籍】

白内障や屈折矯正手術などの症例数が多く、レーザー治療の経験が豊富なドクターが在籍しています。また、「レーシック前の説明が親身で分かりやすい」と実際に手術を受けた方からの評価が高い点もおすすめポイントです。

 

【スムーズな対応で安心】

術式はコンピューター制御のウェーブフロントレーシックを採用しており、エキスパートが機器を用いて執刀してくれます。外来と手術は同じ看護チームが担当するため、スムーズな対応をしてくれます。

 

【治療プラン・料金】

術前検査は9,900円(税込)、レーシック・PRK手術費は片目220,000円(税込)、有水晶体眼内レンズは片目440,000円(税込)、術後定期検査は1回5,500円です。

エリア 水道橋駅 休診日 第2・第4土・日・ 祝祭日・年末年始・創立記念日
検査料金 9,900円(税込) 費用例 レーシック・PRK:片目220,000円(税込)
支払い方法 - 保証期間 -

切らないレーシックのパーク近視手術

【切らないレーシック手術】

角膜を切らずに手術を完了させるパーク近視手術を行なう奥ノ山医院。パーク手術は一般的なレーシックとは異なり、メスやカンナを使用しません。わずか5分ほど光を見つめるだけで完了するため、日帰りでの手術が可能です。

 

「角膜を切ったり削ったりするのがどうしても怖い」と感じている方におすすめします。

エリア 三軒茶屋 休診日 日曜
検査料金 1.1万円(税込) 費用例 軽度近視:両目220,000万円(税込)
支払い方法 現金、振り込み、クレジットカード 保証期間 -

20年以上の豊富な手術実績

【20年以上の豊富な実績】

日本初の眼科専門医による屈折矯正手術専門クリニックとして20年以上の実績を持つ南青山アイクリニック。角膜の専門医から、ライアイの起きにくい治療機器で精度の高いレーシック手術を受けられます。

 

【徹底された衛生面】

また、衛生面で徹底的にメンテナンスされた手術室はアメリカ・NASAの規格をも満たし、感染症の予防に大きく貢献しています。

 

【治療プラン・メニュー】

レーシックは両眼39万円(税込)、片眼21万円(税込)で治療が受けられます。リレックススマイルは両眼39万円(税込)、片眼21万円(税込)で治療が受けられます。


エリア 外苑前駅 休診日 祝日の月・火・年末年始
検査料金 無料 費用例 レーシック:両目390,000円(税込)
支払い方法 - 保証期間 再手術1回(無期限)

7つの術式からそれぞれに最適なものを選択

【さまざまな治療法があり】

イントラレーシックやウエーブフロントレーシックをはじめ、合計7つの術式から1人1人の眼にピッタリなものが採用されます。近視の度合いや左右差などを踏まえ、経験豊富なドクターからの丁寧な説明を受けられるので安心です。

 

【アフターフォローが手厚い】

また、院長の吉野健一氏は日本におけるドライアイ研究のパイオニアとしても権威が高く、手術後のアフターフォローが手厚い点もおすすめポイントです。

 

【治療プラン・料金】

100〜160ミクロンのフラップを作成し、角膜を一様にレーザーで削っていくプラノ・スキャンレーシックPlano-scan LASIKは350,000円(税込)、目の個体差に合わせたオーダーメイドのレーザー照射が可能な術式のウェーブ・フロントレーシックWave-front LASIKは430,000円(税込)で手術が受けられます。  

エリア 御徒町駅 休診日
検査料金 約3,000円 費用例 プラノ・スキャンレーシック:両眼350,000円(税込)
支払い方法 現金、銀行振込み、クレジットカード、医療ローン 保証期間 再手術(有料)

最寄り駅から徒歩1分のアクセスで手術後の定期検診もラクラク

【通いやすい立地で嬉しい】

最寄りの御茶ノ水駅から徒歩1分とアクセスが抜群なお茶の水・井上眼科クリニック。レーシックの手術後に欠かしてはいけない定期検診もラクラクで、通勤やお出かけのついでに通いたい方におすすめです。

 

【明朗価格で安心】

また、料金には手術前後の検査や手術後6ヶ月間の薬剤・保護用サングラス・保護用眼帯を含み、分かりやすい料金体系も魅力的です。

 

【治療プラン・料金】

エキシマEX500レーシックは両目352,000円(税込)、エキシマEX500PRKは両目352,000円(税込)で手術が受けられます。手術料金には、手術前検査・手術後検査・手術後6ヶ月までの薬剤・保護用サングラス・保護用眼帯を含みます。

エリア 御茶ノ水駅 休診日 日・祝・年末年始
検査料金 無料 費用例 レーシック手術 標準料金:両目352,000円(税込)
支払い方法 - 保証期間 -

ウェーブフロントレーシックに対応

【精度の高いレーシック機器あり】

聖路加国際病院はコンピューター制御でフラップを作成するウェーブフロントレーシックに対応しています。人の手で執刀するよりも精度が高く、1人1人の個体差にピッタリ合わせた手術でよりナチュラルな見え方を実現します。

 

【完全担当医制で安心】

また、完全担当医制で、知見の深いドクターが3種類のレーシックから最適な機器と術式選択してくれるので、信頼のおける病院で最先端の手術を受けたい方におすすめです。

 

【主なプラン・費用】

レーシックは片目165,000円(税込)・両眼 330,000円(税込)から手術が受けられます。術前検査〜術後6ヶ月間の検査費用を含みます。

エリア 築地駅 休診日 土・日・祝
検査料金 手術費用に含まれる 費用 LASIK:両目330,000円(税込)
支払い方法 - 保証期間 手術後6ヶ月間の検診と再手術(必要な場合)は無料

1人1人に合わせたオーダーメイドのレーシック

【一人一人に合わせた手術】

杉田眼科はフラップ作成時にエキシマレーザーという術式を用い、1人1人異なる角膜に合わせたオーダーメイドなレーシックが可能です。国内でも年間30万件以上の症例がある手術なので安心感があるのも魅力の一つ。

 

【治療プラン・料金】

エキシマレーザーによる近視矯正手術ラセック(LASEK®)手術費用は、片目100,000円(税込)、両目198,000円(税込)です(術後6ヶ月までの診察代を含む)。追加料金なしでアフターフォローを受けられる点もおすすめポイントです。

エリア 金町駅 休診日 祝日、本院は日曜も休み
検査料金 無料 費用例 ラセック(LASEK®)手術費用:両目198,000円(税込)
支払い方法 - 保証期間 -

眼にやさしいレーザー機器を完備

【メスを使わないレーシック】

眼にやさしい機器でのレーシック手術が受けられる富田美アイクリニック。日本眼科学会認定専門医の院長自らが開発に携わったメスを使わないレーザーを導入しています。フラップ作成における精度の高さから「世界最高峰のレーシック」と称されています。

 

設備が整ったクリニックでレーシックの手術を受けたいという方におすすめです。

 

【治療プラン・料金】

フェムトセカンドレーザーでフラップを作成し、エキシマレーザーを照射して角膜のカーブを変えることで近視、遠視、乱視を改善する屈折矯正手術「8次元アマリス1050Zレーシック」は両目239,800円(税込)から手術を受けることができます。

エリア 銀座駅 休診日 年末年始
検査料金 - 費用例 8次元アマリス1050Zレーシック:両目239,800円(税込)
支払い方法 現金、クレジットカード、医療ローン 保証期間 3年

レーシックができない人必見!ICLとは?レーシックとどっちがいい?

ICLとはレーシックとは異なり、角膜を削らない視力矯正手術です。眼にコンタクトレンズを永久的に挿入するインプラント手術で、乱視矯正手術として世界で60万人以上の症例実績を持つほど有効性が認められています。


2010年からは日本でも厚生労働省に認可されており、レーシックでは適応外となる強度近視の方や、角膜が薄い方など適応範囲が広いのが特徴。また、移植したレンズは取り出して元の状態に戻せるのが大きなメリットとして挙げられます。


ただ、価格面ではレーシックと比べ高価になります。術前術後の検査・通院が重要になるなど様々な違いがあるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

脱コンタクト・メガネで快適な毎日を送ろう!

今回はレーシック治療が受けられる眼科・クリニック11院をご紹介しました。それぞれの眼科やクリニックによって、ドクターの経験値や導入設備・アフターフォローの手厚さなど、さまざまな特徴があります。

 

レーシックは眼の角膜を削る繊細な手術となるため失敗はできません。そのためドクターとよく相談して、自分が納得できる治療法を見つけてくださいね。朝起きた時すぐにクリアな視界、裸眼で快適な生活を送りましょう!

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月26日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事