アイスクリームの人気おすすめランキング20選【1年中楽しめる】

記事ID2554のサムネイル画像

暑い季節はもちろん、一年中食べられるアイスクリーム。アイスクリームランキングを見ると、売れ筋で人気の高いアイスクリームがわかります。いつものアイスクリームに加え、新たな味も探してみませんか?おすすめのアイスクリームをランキング形式で、また選び方もご紹介します。

【毎日順番に食べたい】アイスクリーム

変わり種も合わせ、星の数ほどありそうな市販のアイスクリームから、なぜかいつも同じ味を選んでしまいますよね。アイスクリームの広い世界を知れば、お気に入りのアイスクリームの本当の良さがわかるかもしれません。

 

しかし、たくさんの種類がある中で、どのアイスクリームを選べば良いか、悩んでしまうこともありますよね。そこで今回は、いくつかのアイスクリームランキングから独自に分析した、これば試してみなければ、という愛されアイス20選をご紹介します。

 

また、アイスクリームを選ぶ時の、種類・価格帯・カロリーという条件について、ご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

おすすめの人気アイスクリームランキング20選

まるで和菓子を食べてるみたい

濃厚なバニラアイスクリームの中に、たっぷりの小倉あん入りで、知る人ぞ知る、まるで和菓子のようなロングセラーアイスクリームです。 バニラアイスのコクと、良質な北海道あずきあんのとろける食感が奏でるハーモニーをお楽しみください。

 

国産牛乳と生クリームを使った贅沢なバニラアイス仕様の「プレミアム」や、八女抹茶味や博多あまおう苺味もあります。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 197~230kcal

九州名物しろくまが手軽に食べられる

九州名物の味を全国で家庭で食べられるアイスクリームです。 小豆とフルーツが乗って、まるでパフェのような楽しさです。 練乳味の氷は、濃厚なのにさっぱりとしていて、大容量タイプには、中央に練乳ソースが入っているので、大きくても最後まで楽しく食べられますよ。

 

フルーツが全部イチゴになったタイプや、マンゴーが入ったタイプ、バニラアイスが乗ったタイプなどもあります。

種別 氷菓 熱量(1個) 98~181kcal

口コミを紹介

今年の夏、毎日欠かさず、食べたアイスクリーム…白熊アイスクリーム、練乳。家族一同、大好き。

出典:https://www.amazon.co.jp

レモンスライスが乗ったかき氷

暑い季節に食べたくなるかき氷タイプのロングセラー氷菓です。 さっぱりしたレモンの風味が疲れを癒してくれますよ。 表面にも肉厚のフレッシュレモンスライスが乗って、食べると清涼感で満たされます。 冷蔵庫から出してすぐ食べられるサクサク食感の氷は、改良を重ね、口溶けの良さを実現しています。

 

姉妹品のオレンジもあり、好みが分かれるところですね。

種別 氷菓 熱量(1個) 100~134kcal

口コミを紹介

おお、サクレレモン。
夏場はあるのが当たり前。
冬にまた会えるとは(感涙)。
室温で数分置くと、氷からレモン果汁が融けだしてシャーベットのような歯触りに変わっていきます。
サクレレモンのかき氷はガリガリしている印象でしたが、実は違うんですね。
なめらかで、アイスクリームの食感にも近い。
舌の上で冷たさ、キレのあるすっぱさ、ほのかな甘みが広がります。
これ! これを味わいたかった!
そして最後にスライスレモンを口いっぱいにほおばります。
私はスライスレモンを最後までとっておく派です。

出典:https://www.amazon.co.jp

濃厚な牛乳の味が生きてる

名前通りにジャージー乳を贅沢に使用した、知る人ぞ知るミルクソフトクリームです。 濃厚で滑らかな食感なのに、後口はすっきり。そのおいしさを存分に味わえるように、コーンカップにもこだわり、口どけの良い軽いものを使用しています。 濃厚ソフトクリームが、まるで牧場でいただいている気分で味わえますよ。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 202kcal

飲めるハンディタイプアイス

飲むアイスとして親しまれているパック入りのバニラアイスクリームです。 パックを手で柔らかくして飲めば、ワンハンドでスタイリッシュに楽しめます。すっきりした甘さの冷たくて滑らかなアイスクリームが素早く体をクールダウンしリフレッシュさせてくれます。

 

スリムな形状で、冷凍庫にたくさんストックしておくにも便利です。 冷やしパイン味、カルピス味、チョコレート味など、バラエティーに富んだフレーバーが続々と発売されますので、こちらも目が離せませんね。

種別 ラクトアイス 熱量(1個) 153kcal
15位
 

パリパリチョコと2種アイスのハーモニー

パフェのような楽しさでアイスが食べられ、名前の通りパリパリ食感のチョコレートが美味しさの秘密。森永アイス仲間のビエネッタやチョコモナカジャンボに共通の、チョコのパリパリ感と、チョコ味アイスとミルク味アイスの美味しさが混ざり合いながら、最後まで楽しめ、食べ応えがあります。

種別 ラクトアイス 熱量(1個) 280kcal

口コミを紹介

パリパリチョコの食感がクセになります。一個でも満足出来るボリュームです。美味しかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位
 

柑橘系フレーバーのすっきり氷粒

昔の”かち割り氷"のように、炎天下でのスポーツ観戦時など、急いで体を冷やしたい時にもぴったりの氷菓。グレープフルーツのフレーバーがなんとも爽やかで、気分をリフレッシュしたい時にも良いですね。噛むと砕けやすいやさしい氷の粒になっています。 レモン味も人気ですよ。

種別 氷菓 熱量(1個) 13~14kcal

口コミを紹介

夏はこれに限る!さっぱりしていて美味しい(^o^)
また買いたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

硬さが自慢のぜんざいアイス

肉まん・あんまんの名店『井村屋』の、おいしいあずきをアイスで楽しめるロングセラー。甘すぎないまろやかな風味で、防犯にも使える程と噂の硬さで有名な氷菓ですが、口中で溶けると滑らかさもある食感が絶妙です。この硬さに、添加物を一切使用していないという自信が表れています。

 

ぜんざいをそのままアイスにするというコンセプトで作られていて、小腹がすいたときにもおすすめ。和菓子感覚で食べられるアイスクリームです。

種別 氷菓 熱量(1個) 112kcal

口コミを紹介

このあずきバーの濃厚さはハンパない!
あずきがぎっしりで、
一口ほうばればほっぺたが落ちそうになる。
夏には毎日1本食べています。
どうしてこんなに美味しいんでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

懐かしいソーダ味バーアイスの王道

長年愛され続け、最近まで価格も据え置かれていた、ソーダ味のバータイプ氷菓です。 パッケージについたキャラクターも人気で、グッズなども販売されていますよね。 暑い時、疲れた時、懐かしいソーダ味が心まで癒してくれそうですが、コーラ味や、レモン味なども人気です。

 

季節や期間限定で、他にもさまざまな変わり種の味も楽しめます。

種別 氷菓 熱量(1個) 69kcal

口コミを紹介

60円から70円になりましたが、やはり美味しいです。
風呂上がりに食べたくなりますね。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位
 

江崎グリコ

アイスの実 アソート 84ml×24個 【冷凍】(1ケース)

実のような一口タイプのアイス

一口サイズのまるで実のようなアイスが、コロコロ入ってかわいいと評判のアイスクリームです。パッケージには、1個ずつ出せるようになる開け口と、大きく開くようになる開け口と両方ついて、とても優秀。ますます食べやすくなっています。

 

1番人気の「濃いぶどう」以外にも、「濃い桃」、「濃いみかん」、期限限定の「濃いメロン」などがあります。ミルク感のあるコーヒー味の「白いカフェオレ」もありますよ。

種別 氷菓 熱量(1個) 110kcal(1袋)
10位
 

江崎グリコ

パピコ(チョココーヒー) 80ml×2本×20箱 【冷凍】(1ケース)

チューペット入り滑らかアイス

ロングセラーなチューペットタイプのアイスクリーム。種別はラクトアイスで、生チョコ入りのカフェラテが滑らかなアイスになって楽しめます。イタリアンのお店で食べるデザート「アフォガート」のような、ほのかな高級感が漂います。

 

チョココーヒー以外にも、ホワイトサワーの風味の爽やかな味もあり、暑い季節にはこちらもおすすめです。2つに分けられるのがまた便利で、お風呂上りにちょっとという時も、おひとついかがでしょうか。

種別 ラクトアイス 熱量(1個) 82kcal

口コミを紹介

暑くなってきたのでお世話になってる子にサプライズプレゼントしました。大喜びでよかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

ミルク感たっぷり濃厚バニラアイス

牛を連想するネーミングの「モウ」は、その名の通り新鮮な牛乳のミルク感そのものに、高級アイスクリームにも負けない濃厚さが味わえる、お値段以上のアイスクリームです。濃厚さで人気の定番バニラは、種別が「アイスクリーム」であることに納得。

 

さらに、種別が「アイスミルク」に変わりますが、抹茶、チョコレート、エチオピアモカコーヒー、期間限定のリッチヨーグルトもあり、どの味も人気です。毎日安心して食べられるをコンセプトに、安定剤や乳化剤などは入れず、無添加にこだわって作られています。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 230kcal

口コミを紹介

バニラだけ、種類別がアイスクリームとなっております。
今までの低価格アイスの常識を完全に覆すレベルの美味しさです。
おそらくこの製品を製造・開発する為に、何十億という規模で工場が一新して建て替えられているはずです。
なぜなら今までの低価格アイスの製法とはまるで異なるものだからです。
極めて厳しい品質管理と物理的な環境と材料と製造設備が揃って初めて、このような優れた製品が開発されます。
また、製法と材料に徹底的にこだわっている為か、ミルクの口溶けでミルクの質が他の製品と比べて高いことがわかります。
ハーゲンダッツは、価格帯がこの商品よりも上ですが、味も値段なり、
しかし、MOWは、この価格帯のカップアイスでは、MOWのバニラが頭一つ飛び抜けて味も品質もダントツの美味しさです!
味は本物で、下手なアイスクリーム屋さんで食べるものよりも抜群に美味いです。
2017 ~ 2018年になり、日本のアイスもついにここまで来たか!という感じです。
今後、大容量サイズのカップの発売も期待・注目したいところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

濃厚な高級アイスクリームの代表

ハーゲンダッツのミニカップアイスクリームは、誰もが知っている高級アイスクリームの王道ですね。アイス総選挙2018では、クッキークリームが一番人気でしたが、定番のバニラ、ストロベリー、グリーンティーがどれも上位に入る人気のアイスクリームです。

 

味の好みは分かれますが、ギュッと詰まった濃厚さが魅力の”ご褒美アイス”といえるでしょう。日本限定フレーバーや、期間限定フレーバーも販売されるので見逃せません。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 244kcal(バニラ)

口コミを紹介

アイスが大好きな方にプレゼントしました。大変喜んでくれたので贈って良かったなぁと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

氷入りでシャリっとした涼感

シャリシャリっとした食感が楽しめるバニラアイスクリーム。口に入れると、名前の通りシャキッと”爽”快な爽やかさに包まれます。濃厚なバニラ味のアイスクリームに、氷の粒々が混ざって、後味すっきりなのが特徴です。リフレッシュしたい時にもおすすめ。

 

バニラアイスの充実した食感と氷菓のキリっとした涼感のミックスされた、いいとこどりのアイスクリームです。定番バニラ以外にも、人気のチョコミント味や、抹茶、ピーチ、チョココーヒーなどたくさんの種類があります。変わり種の三ツ矢サイダー味は、サイダーシャーベットとバニラのコラボが楽しい商品です。

種別 ラクトアイス 熱量(1個) 230kcal

口コミを紹介

今まで明治エッセルスーパーカップがお気に入りでしたが、濃厚過ぎる味に飽きてしまいました。
「爽」は爽やか且つミルク風味で、おまけに微細な氷の粒によるシャリ感もあり、とても美味しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

一口サイズのチョコがけ濃厚バニラアイス

一口サイズで食べやすいと人気のチョココーティングタイプのアイスクリームです。小さくてかわいいけれど、種別は「アイクリーム」で、チョコに包まれたバニラアイスは濃厚なミルク感。チョコとバニラが混ざり合う、絶妙な口溶けが魅力です。

 

抹茶味など、期間限定で出されるフレーバーもどれも試したくなる、と人気です。アソートパックなら、レギュラーのチョコ・バニラ味の他、アーモンド・バニラ、チョコ・チョコも入って、3種類の味が楽しめますよ。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 32~33kcal(1粒)

口コミを紹介

パルムとこれは普通にハーゲ〇ダッツとか超えてます。

これで十分。

出典:https://www.amazon.co.jp

絶妙な口溶けの上質アイスクリーム

バニラアイスがチョコレートコーティングされた、スティックタイプの人気アイスクリームです。同タイプのアイスとも一線を画すのは、このチョコレートが溶ける温度を調節され、秘密の製法で作られているから。

 

アイスクリームとチョコレートが、口に入って同時にとろけ出し、絶妙な口溶けが体感できます。とろける瞬間に舌触りが滑らかになるよう急速冷凍で作られ、さらにアイスクリームから剥がれにくくしてあって、最後までアイスクリームとチョコレートを一緒に味わうことができます。

 

大切に包まれたアイスクリームには、質にこだわった乳原料を使用し、乳脂肪分が均等になるよう微細化する工法で作られているので、濃厚でコクのある滑らかなアイスクリームが味わえます。

種別 アイスクリーム 熱量(1個) 145kcal

口コミを紹介

成分表と、お客様相談室の電話番号、製造番号が書かれています。
外観は木みたいですね。食べてる途中で妹が入ってきて、食べたそうにしていました笑
準チョコレートやから、おいしいね。ちょっぴり大人のアイス。子供が食べてもわからんかも。おいしいけど、おいしい。
百点満点中…百点です。

出典:https://www.amazon.co.jp

もちもちのお餅に包まれたバニラアイス

アイスクリームとお餅の組み合わせが絶妙な、アイスクリーム入り冷たい大福もち。2018年アイス総選挙でも、4位に入っています。特許を取得した特別製法で、バニラアイスの美味しさともちもち伸びるお餅の食感がベストマッチしています。

 

チョコクッキー味や抹茶味など、限定フレーバーもありますが、どれも外れがないと評判です。そのまま食べるのはもちろんですが、パンに合わせるなどのアレンジメニューも考え出され、人気となっています。

種別 アイスミルク 熱量(1個) 52kcal(2個入り中1個)

口コミを紹介

娘が大好きな雪見だいふく
ついつい買ってしまいます、時期的にコンビニで買えない時は此方を利用して重宝します

出典:https://www.amazon.co.jp

板チョコが入ったモナカアイス

こちらはモナカアイスの中でも一番人気で、2018年アイス総選挙でも堂々の3位に選ばれています。薄く板状のパリパリチョコレートが全面に入っていて、どこを食べてもパリッパリな食感が楽しめます。

 

モナカが格子状になっていてパキッと折りやすいから、シェアして食べる時もきれいに割れて便利になっていて、1人で食べる時にも、割って適量だけ食べられるのがうれしいところです。ビエネッタなどの森永アイスに共通の、パリパリチョコレートが思う存分味わえます。

種別 アイスミルク 熱量(1個) 302kcal

口コミを紹介

以前より甘さが控えめに、感じました。板チョコ感が良い。

出典:https://www.amazon.co.jp

クリスピーなチョココーティングカップのアイス

ロングセラーでいろいろな年代に親しまれるコーンタイプのアイスクリーム。進化を重ね、カリカリ食感に磨きがかかっています。カップにはモルトエキスを配合し、内側全面をクリスピーチョコで丁寧にコーティング。カリカリ香ばしく、最後までチョコレートが詰まっているのが美味しさのポイントです。

2018年アイス総選挙でも2位の一番人気「チョコナッツ」は、トップのパリパリチョコの上に、香ばしい高焙煎ナッツがトッピングされています。その他にも、「クッキーチョコ」、「クッキークリーム」、そしてカカオ72%のちょっと贅沢なチョコを使用した「大人のチョコレート」があります。

アイスとチョコとコーンとトッピングの4つのハーモニーに、わくわくできるアイスです。

種別 アイスミルク 熱量(1個) 260kcal

お財布もお腹も大満足のバニラアイス

2018年アイス総選挙で見事1位を獲得した、気軽に買えるアイスの中で、文句なしの王道バニラアイスです。食べやすくボリュームもあり、1つ食べるとお腹も満足し、さらに心まで満たされますよね。

 

ダントツ1位のバニラ味以外にも、チョコクッキー、抹茶が高い人気ですが、レアなsweet's苺ショートケーキや、爽やかなブルーベリーヨーグルト味などもおすすめです。硬すぎない食感が、お子さまにも喜ばれています。

種別 ラクトアイス 熱量(1個) 374kcal

口コミを紹介

普段甘味料はあまり食べないですが、昔祖母の家で食べたこのスーパーカップの味は今でも忘れられず季節場所問わずたまに無性に食べたくなる。
爽とか他の似た製品があるけどやはりこのスーパーカップの超バニラが食べた後の満足感が違う!おそらく自分は思い出補正もあるけど昔から変わらないからこそ安心して食べられる。

出典:https://www.amazon.co.jp

アイスクリームの選び方

アイスクリームには、数えきれないくらいの種類があり楽しいのですが、いざ選ぶとなると、どれが良いか迷いますよね。そこで、選び方の3つのポイントをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

種別で選ぶ

市販のアイスクリームは、食品としては、牛乳を原材料に使っているので、「乳製品」になるものが多くあります。食品成分表では、牛乳・乳製品の中で、「アイスクリーム類」として分類されます。加えて、乳製品以外の「氷菓」とされるアイスクリームもあります。

 

「乳製品」とされるアイスクリームも、乳固形分・乳脂肪分の割合がかなり違うものがあります。そのため、日本食品成分表でも、乳製品の仲間のアイスクリームをアイスクリームアイスミルクラクトアイスの3種類に分けて記載され、アイスクリームの種別にも、この表現が使われています。

 

それでは、アイスクリームの種類別に、どんな成分の違いがあるのか、アイスクリームの例も挙げてご紹介しますので、アイスを選ぶ時のヒントにしてみてくださいね。

アイスクリーム

アイスクリームに分類されるアイスは、乳固形分:15.0%以上、乳脂肪分:12.0%以上であること、と決められています。乳成分が濃厚なので、コクの強い風味が楽しめるのが特徴です。しかし、価格的には高価になってしまうため、この種類には、高級アイスクリームが多く含まれています。

 

アイスクリームの例:ハーゲンダッツミニカップ各種(ハーゲンダッツ)、ピノ(森永)、パルム(グリコ)、ジャージー牛乳ソフト(オハヨー乳業)など。

アイスミルク

アイスミルクに分類されるアイスクリームは、乳固形分:10.0%以上、乳脂肪分:3.0%以上であること、と決められています。アイスクリーム自体が食べやすくてあっさりした風味なので、チョコレートなどとも相性が良く、乳以外の原材料と組み合わせた製品もあり人気です。

 

アイスクリームの例:ジャイアントコーン各種(グリコ)、チョコモナカジャンボ(森永)、MOW(森永)、雪見だいふく(ロッテ)など。

ラクトアイス

ラクトアイスに分類されるアイスクリームは、乳固形分:3.0%以上で、乳脂肪分については、ほぼ含まれないものや、植物性脂肪を加えてあるものもあり、特に決まりはありません。市販のアイスクリームには、このラクトアイスに属するものが最も多くあります。

 

アイスクリームの例:スーパーカップ(明治)、パピコ(グリコ)、爽(ロッテ)など多数。

氷菓

もう1つ忘れてはいけないのが、氷菓といわれるアイスクリームです。大人気のガリガリ君シリーズ(赤城乳業)もこの仲間で、”急いで口の中から冷やしたい”ような冷涼感を求める時にもぴったりです。 カップタイプのかき氷のような製品もあり、特に暑い季節には、涼感を求めて選びたくなるアイスクリームです。

 

アイスクリームの例:ガリガリ君(赤城)、アイスの実(グリコ)、アイスボックス(森永)など。

価格帯で選ぶ

市販のアイスクリームは、いろいろな価格のものがありますが、大きく分けると比較的安価な価格帯に設定されたアイスクリームと、高級アイスクリームと呼ばれるものがあります。アイスを選ぶ時、価格も大切な条件になります。

安いアイスクリーム

子供達でも気軽に手に取れるような低価格帯に価格を設定して、日常になじむアイスクリームとして愛され続けているものがあります。風味や食感なども日常的に食べやすく、様々なニーズに合うよう、風味や食感なども食べやすく作られています。

 

スーパーで買い物ついでに手軽に買えるアイスクリームが多く、安価なことがメリットとなり、家庭の冷凍庫にストックし、毎日習慣化して食べるという人も。安価な上に、バラエティーパックなど小さなサイズがたくさん入ったものは、「お風呂上りにちょっと1つ」と手軽に食べられるメリットもあります。

高いアイス

「高級アイスクリーム」といわれ、毎日気軽には食べられないような価格のアイスがあります。高価でも、それなりにプレミアムな原料を使ったり濃厚さが高かったりと、質も価格に見合う商品が多く、消費者も納得して、”自分へのご褒美”などご馳走的な扱いで、特別感を上手に演出して楽しむ傾向にあります。

 

また、コンビニでしか手に入らない限定のアイスクリームもあります。コンビニ限定にすることで、レア感を高め、特別だという付加価値をアイスクリームに加えています。その他、通販でしか手に入らないアイスクリームもあり、これらは比較的高価なこともあります。

カロリーで選ぶ

アイスクリームはおいしいだけでなく、食べると心まで癒してくれますが、カロリーが高いと気軽には食べられません。また、持病のある方や、ダイエットなど健康づくりを気にかけている人にとっても大きな問題ですね。

 

そこで、摂取カロリー(熱量)でアイスクリームを選ぶ時のポイントをご紹介します。

カロリーが高い物

アイスクリームは、乳脂肪分や糖分を多く含むものほど、カロリーが高いということになります。ですから、市販のアイスクリームの中で、濃厚さがウリの乳脂肪分が高い<アイスクリーム>に分類されるものが、一般的に最もカロリーが高いといえます。

 

しかし、それは同じ分量(重量)食べた場合で、アイスクリームの大きさ(重量)の違いや、含まれる糖類の種類や量なども大きく関係します。この頃、アイスクリームのパッケージには、栄養成分表示や「熱量」として摂取カロリーが表示されている場合が多いので、要チェックですね。

カロリーが低い物

反対に摂取カロリーが低いアイスクリームは、シャーベットや氷菓です。脂肪分をほとんど含まないものが多いからですね。また、ファミリーパックなどで、個数が多い箱入りなどのアイスを買うと、同じアイスでも、1個ずつ単独で買うよりサイズが小さいものもあり、1個食べたときのカロリーが抑えられますよ。

アイスクリームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4925748の画像

    明治

  • 2
    アイテムID:4925742の画像

    江崎グリコ

  • 3
    アイテムID:4925733の画像

    森永製菓

  • 4
    アイテムID:4925722の画像

    ロッテ

  • 5
    アイテムID:4925714の画像

    森永乳業

  • 6
    アイテムID:4925707の画像

    森永乳業

  • 7
    アイテムID:4925700の画像

    ロッテ

  • 8
    アイテムID:4925696の画像

    ハーゲンダッツ

  • 9
    アイテムID:4925683の画像

    森永乳業

  • 10
    アイテムID:4925679の画像

    江崎グリコ

  • 11
    アイテムID:4925672の画像

    江崎グリコ

  • 12
    アイテムID:4925667の画像

    赤城乳業

  • 13
    アイテムID:4925662の画像

    井村屋

  • 14
    アイテムID:4925646の画像

    森永製菓

  • 15
    アイテムID:4925637の画像

    森永製菓

  • 16
    アイテムID:4925633の画像

    ロッテ

  • 17
    アイテムID:4925631の画像

    オハヨー乳業

  • 18
    アイテムID:4925627の画像

    フタバ食品

  • 19
    アイテムID:4925626の画像

    丸永製菓

  • 20
    アイテムID:4925621の画像

    丸永製菓

  • 商品名
  • エッセルスーパーカップ 超バニラ 200ml×24個
  • ジャイアントコーン 140ml×20箱
  • チョコモナカジャンボ 150ml×20個
  • 雪見だいふく 47ml×25個 【冷凍】(1ケース)
  • PARMチョコレート 90ml×24個
  • ピノ 10ml×6粒×24個
  • 爽 バニラ 190ml×18袋
  • A バラエティ6種セット 12個
  • MOWバニラ 140ml×18個
  • パピコ(チョココーヒー) 80ml×2本×20箱 【冷凍】(1ケース)
  • アイスの実 アソート 84ml×24個 【冷凍】(1ケース)
  • ガリガリ君ソーダ 110ml×31本
  • あずきバー 85ml×20個 【冷凍】(1ケース)
  • アイスボックス<グレープフルーツ> 135ml×20個
  • サンデーカップ<パリパリチョコ> 180ml×20個
  • クーリッシュ バニラ 24個入
  • ジャージー牛乳ソフト 180ml×16袋
  • サクレ レモン 20入
  • 白くまデザート練乳 190ml×16個入り
  • あいすまんじゅう 100ml×20袋
  • 特徴
  • お財布もお腹も大満足のバニラアイス
  • クリスピーなチョココーティングカップのアイス
  • 板チョコが入ったモナカアイス
  • もちもちのお餅に包まれたバニラアイス
  • 絶妙な口溶けの上質アイスクリーム
  • 一口サイズのチョコがけ濃厚バニラアイス
  • 氷入りでシャリっとした涼感
  • 濃厚な高級アイスクリームの代表
  • ミルク感たっぷり濃厚バニラアイス
  • チューペット入り滑らかアイス
  • 実のような一口タイプのアイス
  • 懐かしいソーダ味バーアイスの王道
  • 硬さが自慢のぜんざいアイス
  • 柑橘系フレーバーのすっきり氷粒
  • パリパリチョコと2種アイスのハーモニー
  • 飲めるハンディタイプアイス
  • 濃厚な牛乳の味が生きてる
  • レモンスライスが乗ったかき氷
  • 九州名物しろくまが手軽に食べられる
  • まるで和菓子を食べてるみたい
  • 価格
  • 2566円(税込)
  • 2405円(税込)
  • 2270円(税込)
  • 2960円(税込)
  • 2592円(税込)
  • 2903円(税込)
  • 2210円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 2481円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 4780円(税込)
  • 1874円(税込)
  • 2073円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 3120円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 4080円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 2642円(税込)
  • 種別
  • ラクトアイス
  • アイスミルク
  • アイスミルク
  • アイスミルク
  • アイスクリーム
  • アイスクリーム
  • ラクトアイス
  • アイスクリーム
  • アイスクリーム
  • ラクトアイス
  • 氷菓
  • 氷菓
  • 氷菓
  • 氷菓
  • ラクトアイス
  • ラクトアイス
  • アイスクリーム
  • 氷菓
  • 氷菓
  • アイスクリーム
  • 熱量(1個)
  • 374kcal
  • 260kcal
  • 302kcal
  • 52kcal(2個入り中1個)
  • 145kcal
  • 32~33kcal(1粒)
  • 230kcal
  • 244kcal(バニラ)
  • 230kcal
  • 82kcal
  • 110kcal(1袋)
  • 69kcal
  • 112kcal
  • 13~14kcal
  • 280kcal
  • 153kcal
  • 202kcal
  • 100~134kcal
  • 98~181kcal
  • 197~230kcal

まとめ

アイスランキングで選ばれた人気のアイスクリームの中から、特におすすめの人気の高いアイスクリーム20品を選び、ご紹介しました。味が思い浮かばないアイスクリームを見つけたら、ぜひ新食感をお楽しみください。アイスクリームのある生活がますます楽しくなりそうですね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月14日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

チョコミントアイスの人気おすすめランキング15選【2021年版】

チョコミントアイスの人気おすすめランキング15選【2021年版】

菓子・スイーツ
【2021年最新版】ハーゲンダッツの人気おすすめランキング20選【新作・定番フレーバー】

【2021年最新版】ハーゲンダッツの人気おすすめランキング20選【新作・定番フレーバー】

菓子・スイーツ
【美味しくて大人気!】一度は飲みたい牛乳の人気おすすめランキング20選

【美味しくて大人気!】一度は飲みたい牛乳の人気おすすめランキング20選

レディースインナー
バニラアイスの人気おすすめランキング25選【アレンジレシピや作り方も】

バニラアイスの人気おすすめランキング25選【アレンジレシピや作り方も】

菓子・スイーツ
スティックコーヒーの人気おすすめランキング15選【甘い・無添加・アソートギフトなど】

スティックコーヒーの人気おすすめランキング15選【甘い・無添加・アソートギフトなど】

茶葉・インスタントドリンク
【アイスマニア監修!】箱アイスのおすすめランキング20選【2021年最新版】

【アイスマニア監修!】箱アイスのおすすめランキング20選【2021年最新版】

菓子・スイーツ
TOPへ