投光器の人気おすすめランキング15選【夜釣りや工事現場で大活躍】

記事ID23050のサムネイル画像

投光器はスタジアムなどで使われる大型のものもあれば、個人が釣りやアウトドアなどで使うハンディタイプのものまでさまざま。そこで今回は投光器の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはLED、屋外、工事現場を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

あなたにぴったりの投光器を選ぼう!

投光器は懐中電灯よりも強い光を放つ照明器具です。作業灯と呼ばれることもあります。球場・競技場といった広範囲を照らす投光器もあれば、工事現場や自宅のガレージ、あるいはアウトドア目的で使用する小型のものまでさまざまです。

 

従来は水銀タイプの投光器が主流でしたが、現在は省エネに優れたLEDタイプの投光器が主流です。しかし、利用シーンによってはLED以外のハロゲンタイプの投光器も威力を発揮します。

 

そこで今回は投光器の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングはLED、充電式、釣り(アウトドア)を基準に作成しました。購入を迷われている方は是非参考にしてみて下さい。

投光器の選び方

投光器にはさまざまなタイプがありますが、選ぶ際のポイントとなるのは光源タイプ・使用場所(屋内か屋外か)・スペック・メーカーです。

光源タイプで選ぶ

投光器の光源にはLED・水銀・メタルハイドライト・ハロゲンといった種類があります。それぞれの特徴などを把握しておきましょう。

明るさと省エネで選ぶなら「LEDタイプ」

LED とは電気が流れると発光する半導体の一種で、発光ダイオードを意味します。白熱電球は交換が必要ですが、フィラメントの無いLEDは原理的に球切れがなく、半永久的に使えるという特徴も。さらに消費する電力が少ないこと、寿命が長いことから人気があります。

 

そのため投光器の光源として採用されることが多くなりました。しかしながら、まだ歴史が浅いLEDタイプは「壊れやすい」という声があるのも事実。保証の有無も決め手の一つとなります。

 

また、LEDタイプの投光器は虫が寄りにくいという特徴も。夜間のアウトドアシーンなどで、ガやカゲロウなどの昆虫が苦手という人におすすめです。

お手頃価格で購入するなら「水銀タイプ」

お手頃価格で購入できるのが水銀タイプの投光器です。LEDタイプの投光器が登場するまでは水銀タイプが主流でしたが、水銀による環境汚染防止のため「水銀に関する水俣条約」により、2021年以降は製造・輸入・輸出が禁止となっています。

 

LEDはスイッチ点灯直後に明るいのに対して、水銀灯は少しずつ明るくなっていくという違いがあります。さらに、水銀灯は虫が集まりやすいという特徴も。

 

さらに、水銀灯は安定器を必要としますが、安定器がすでに内臓されたバラストレス水銀灯がおすすめです。

色の識別が必要な作業には「メタルハライドタイプ」がおすすめ

メタルハライドランプは水銀灯の一種ですが、金属ハロゲン化物を使用しています。「水銀に関する水俣条約」の規制対象外です。

 

水銀灯よりも効率よく発光し、自然の光に近くなります。工事現場などでよく見かけるバルーンタイプの投光器はメタルハライドが主流です。

 

色の識別がしやすい光で、寿命も長く夜間の作業にもおすすめですが、LEDなどと比べると価格が高い傾向があります。

寒い時期に一石二鳥の「ハロゲンタイプ」

演出性の高さから、スタジオや店舗の照明に使われることが多いハロゲン電球。小型でもしっかり光を放ちます。

 

ハロゲンランプは放熱するため「明るさ&温かさ」を得ることが可能。放出される熱で雪も解けるので、寒い時期の屋外の利用におすすめです。ハロゲンタイプの投光器は発熱しやすいので、そばに燃えやすいものを置かないようにしましょう。

屋内か屋外かで選ぶ

投光器を屋内or屋外で利用するかどうかも大切なポイントです。屋内か屋外かによって、投光器に求める機能・スペックが違ってきます。

釣りなどアウトドアのお供なら「充電式」の投光器を

釣り・キャンプなど、コンセントがなく電源の確保が難しいシーンでは充電式の投光器がおすすめです。充電式の投光器の中には、モバイルバッテリーなどを兼ね備えたものや、太陽光発電のソーラーバッテリーの機能と搭載したものもあり、非常用としても活躍します。

屋外・工事現場なら「防水・防塵」仕様の投光器がおすすめ

屋外で利用するなら防水・防塵機能が備わった投光器がおすすめ。なぜなら、投光器が壊れやすい理由の一つに水・ホコリなどの塵があるからです。

 

投光器を選ぶ際には、防水・防塵機能の高さを示すIP(インターナショナル・プロテクション)に注目しましょう。IPは2ケタの数字で表されます。たとえばIP65なら6(前の数字)が防水機能を、5は防塵機能を示しています。

 

防塵等級は7段階、防水等級は9段階まであります。屋外で使用する際の目安としてはIP66以上が理想です。

ガレージ・玄関なら「LEDタイプ・センサー付き」を

ガレージなどで作業をする場合には、車両やバイクについている細かい傷は蛍光灯では確認しづらいもの。ガレージで作業する際の投光器はLEDタイプのものがおすすめです。

 

またガレージの広さにあわせて、複数の投光器を用意した方がベストです。屋外ガレージの場合は近隣の方への配慮から、角度が調節できるタイプだとなおいいでしょう。

 

さらに、不審者や車上荒らし対策など防犯面でも投光器が活躍します。その場合は人の動きに反応するセンサー式を選びましょう。

ホタルイカやヒイカなどイカ釣りで使うなら「充電式・LED」を

投光器を集魚灯として使おうと考えている人も多いでしょう。中でもホタルイカやヒイカなどのイカ釣りには強い光が欠かせません。実際にイカ釣り漁の現場でも、メタルハライド・ハロゲン・LEDが利用されています。

 

ハロゲンタイプ等の集魚灯を使うなら発動機が必要ですが、当然ながら発動機の購入費用とランニングコストが発生します。できるだけ費用をかけずにイカ釣りを楽しみたいなら、LEDで充電式の投光器がいいでしょう。

デザインやインテリアを重視するなら「おしゃれ」な投光器を

投光器は実用性や機能性を重視して設計されていますが、中にはデザイン性を意識したものもあります。特にアウトドア用には、カラフルなデザインのものが多いのも特徴です。

 

また、屋内で使用するならインテリアと調和しやすい、洗練されたデザインのものがおすすめです。

虫が苦手な人には「LEDタイプ」がおすすめ

紫外線を発する水銀灯には、ガやカゲロウ・コガネムシなどといった虫が寄ってきやすいという特徴があります。虫が苦手な人には、虫が寄り付きにくいLEDがおすすめです。

 

蛍光灯と比べて虫が寄って来る確率は約200分の1。アウトドアシーンだけでなく、駐車場や自宅のガレージにもおすすめです。

投光器の形状で選ぶ

投光器の形状には四角形・円筒形・丸形がありますが、これらの形状によって照射範囲が違ってくるということも知っておきましょう。

広い範囲を照らしたいなら「四角形」の投光器がおすすめ

四角型の投光器は広い範囲を明るく照らすので、アウトドアや広い場所での作業に向いています。照射したい方向に本体が回転できるものであればなおいいでしょう。三脚などのスタンドがあれば、照射範囲をよりコントロールしやすくなります。

周囲を360°照らしたいなら「円筒形」がおすすめ

四角形や円形は特定の方向だけを明るく照らしますが、投光器の周囲をぐるりと360°照らしたい場合は、円筒形の投光器がおすすめです。幅・スペースを取らないので、大きなサイズの投光器が置けない狭い場所でも便利です。

 

スタンドタイプが主流ですが、何かに引っ掛けられるようなフックが付属しているものだとなお便利です。

特定の部分を照らしたいなら「円形」の投光器がおすすめ

特定の部分だけを明るく照らしたいなら円形(丸型)がおすすめ。特に細かい作業をする場合の照明として最適です。持ち運びしやすく、コンパクトで小型のものが多いのも特徴です。

 

持ち手部分にマグネットが装備されているものは、スチール製の柱や壁に固定することが可能なので、両手で作業することができます。

スペックで選ぶ

投光器を選ぶ際には仕様やスペックもチェックしましょう。投光器の形・スイッチの有無・照射範囲などをあらかじめ把握しておくと失敗しません。

コンセント式の投光器は「スイッチ」をチェック

投光器にスイッチが付いているものと、そうでないものがあります。スイッチのない投光器は、お手頃価格のものが多いですが、その都度コンセントの抜き差しが必要です。

 

スイッチのON/OFF機能が備わっている延長コートを使うという方法もありますが、投光器を使うことが多い人はスイッチがあるものがおすすめです。

利用シーンを考えて「設置タイプ」も要チェック

投光器を常時使う場所や、人の動きに反応するセンサー式の投光器を使うなら、しっかりと手すりなどに固定できる仕様のものを選びましょう。

 

また、アウトドアや作業する場所によって移動する必要があるなら、クランプ・クリップタイプあるいはハンディタイプのものがおすすめです。

明るさで選ぶ

「どれぐらいの明るさがあるのか?」を基準に投光器を選ぶ際に役立つのが、ルーメン(lm)です。

最強の明るさを求めるなら「ルーメン」に注目

ルーメン(lm)とは光束(こうそく)という意味で、簡単にいえば明るさの指標です。光源から放出される光の量を表す数値です。

 

よく耳にするルクス(lx)は照度を意味し、面積あたりの明るさの指標、つまり照射された場所にどれぐらいの光が当たっているかを示しています。

 

例えば、同じ値のルーメンでも高いところから照射すれば、それだけ照射される面積が広くなり、ルクスが下がるということです。ですので、投光器でより明るくその場所を照らしたいなら、ルーメンの値に注目しましょう。

特定の範囲だけを照らすなら「1000ルーメン以下」でもOK

作業などで特定の部分だけを明るく照らしたいなど、広範囲を照らす必要がない場合は、1000ルーメン以下でも十分です。ちなみに部屋の照明で一般的な電球60W形(E26口金)をルーメンに換算すると810ルーメンです。

玄関で利用するなら「1000~2000ルーメン」がベスト

投光器を玄関や屋内で利用する場合は1000~2000ルーメンが最適です。

 

防犯目的などで投光器を導入する場合、より明るいものがいいと考えがちです。しかし、あまり明るすぎると逆に視界が見えにくくなること、さらに近隣の方への配慮も考えて、適度な明るさの投光器を選びましょう。

 

また、雨や風にも耐えられるよう、防水・防塵性の高い投光器がおすすめです。

屋外・アウトドアで使うなら「2000ルーメン以上」を

屋外やアウトドアで使用するなら、より広い範囲を照らせるように2000ルーメン以上が理想です。屋外で小さな文字を読む・作業をする場合は、やはりルーメンの高い投光器がおすすめ。

 

また、急な天候の変化も想定して、防水・防塵機能を備えているかも大切なチェックポイントです。充電機能もあるとなおいいでしょう。

メーカーで選ぶ

「寿命が長い」が売りのLEDが一般に普及し始めたのは2009年頃。開発が進んでいるとはいえ、「壊れやすい」というユーザー声が多いのも事実。壊れにくい投光器なら日本のメーカーがおすすめです。

機能性とデザイン性を追求するなら「マキタ(Makita)」

電動工具のメーカーとして人気の高いマキタ(Makita:株式会社マキタ)。機能性・実用性はもちろん、デザイン性の高さも定評があります。特に充電式の投光器やライトの種類が豊富で、工事現場での作業以外にも、アウトドアでも幅広く活躍します。

口コミ評価の高い投光器なら「グッドグッズ(GOODGOODS)」

グッド・グッズ(GOODGOODS:株式会社グッド・グッズ)は大阪に本社を置く、LED照明器具の専門メーカー。Amazon等などで高評価な口コミ・レビューを誇ります。投光器以外にも、懐中電灯やヘッドライト・ソーラーライトなど幅広い照明器具を手掛けています。

実用性とコスパを重視するなら「アイリスオーヤマ」

さまざまな生活用品の製造を手掛けるアイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA:アイリスオーヤマ株式会社)。利用シーンに応じた多種多様なLED投光器を取り揃え、お手頃価格のものから機能性を追求した価格の高いものまで、豊富なラインナップを誇ります。

最強に明るいLED投光器の人気おすすめランキング4選

リーズナブルな価格ではじめての人にもおすすめ

探知距離・照明時間等の調節が可能な人感知センサーを搭載しながらも、リーズナブルな価格が人気の投光器です。投光器の屋外への利用がはじめての人にもおすすめ。

 

また、IP65に相当と雨やホコリ・チリの心配をする必要もありません。180°の回転が可能、壁面でも天井でも取り付けが可能です。

ルーメン 1650lm IP 65相当
消費電力 20W サイズ 178×138×95mm
重さ 約1.09kg スイッチ あり
コードの長さ 1.8m

口コミをご紹介

我が家の庭は、樹木がいっぱい植えられているために、夜は真っ暗になってしまいますので、センサーライトを幾つかつけています。おかげで、夜の来客も足元が明るい状態で敷石を歩いて来ることができます。LEDが安く買えますので助かっています。

出典:https://www.amazon.co.jp

とにかく水に強い!屋外でも活躍する投光器

IPは66と屋外設置でも壊れにくい仕様の投光器です。中でもウォータープルーフガラス(強化ガラス)・防水ボートとキャップ・防水シリコン・密封スペーサーなど、防水機能が充実。薄型のスリムなボディにも関わらず、衝撃にも強いボディが特徴です。

 

360°の回転ステーを備えているので、壁面・天井・基盤への取り付けが可能。2年の品質保証付き。50W以外にも100W(15000ml)のタイプもあります。

ルーメン 8000lm IP 66
消費電力 50W サイズ 25.5×17.5×4cm
重さ 約0.9kg スイッチ なし
コードの長さ 1.8m

口コミをご紹介

雨風の当たらない屋内で使用。作業用に100ワットを購入、蛍光灯より数倍明るくてびっくり!LEDは凄い発明だと感心してしまいました。納戸用にもと50ワットを追加注文しました、50ワットでも明るさは十分でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパに優れたLED&お手頃価格で人気

衝撃に強いアルミボディ、そして水にも強い(防水駆動・防水接続口・密封スペーサー)仕様で屋外でも安心して使用できます。照射角度も自由に変えることが可能です(240°)。1年間の保証付き。口コミ・レビューでも「とにかく明るい」と高評価の投光器です。

ルーメン 8000ml IP 67
消費電力 50W サイズ 22×11.2×55(クランプ含95)mm
重さ 約900g スイッチ なし
コードの長さ 3m

口コミをご紹介

すごく明るくチラつきもありません。素晴らしいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

口コミでも高評価!調節可能なセンサーを搭載

人感知センサーを搭載しているので、防犯用としても活躍します。24時間対応と夜間だけ反応の2モードに切り替えが可能。玄関先やガレージの取り付けがおすすめ。12W以外にも20W・30Wも取り揃えています。IPも66なので屋外での使用も安心です。

ルーメン 1200lm IP 66
消費電力 12W サイズ 118×142×19mm
重さ 0.6kg スイッチ -
コードの長さ 1.5m

口コミをご紹介

玄関に設置しました。センサーの感知の範囲も調節できるので、無駄な角度への点灯をしないようにできます。ライトの角度を対象物に直接向けないように設置するのがおすすめです。防犯にもつながると思いますのでいい商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

最強に明るいLED投光器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6676514の画像

    Meikee Outdoor LED Lighting

  • 2
    アイテムID:6677520の画像

    Platinum Brand

  • 3
    アイテムID:6676495の画像

    KIWEN

  • 4
    アイテムID:6688917の画像

    SenMeiGuang

  • 商品名
  • 投光器
  • LED投光器
  • LED投光器
  • LEDモーションセンサー投光器
  • 特徴
  • 口コミでも高評価!調節可能なセンサーを搭載
  • コスパに優れたLED&お手頃価格で人気
  • とにかく水に強い!屋外でも活躍する投光器
  • リーズナブルな価格ではじめての人にもおすすめ
  • 価格
  • 1,798円(税込)
  • 2,422円(税込)
  • 3,199円(税込)
  • 2,058円(税込)
  • ルーメン
  • 1200lm
  • 8000ml
  • 8000lm
  • 1650lm
  • IP
  • 66
  • 67
  • 66
  • 65相当
  • 消費電力
  • 12W
  • 50W
  • 50W
  • 20W
  • サイズ
  • 118×142×19mm
  • 22×11.2×55(クランプ含95)mm
  • 25.5×17.5×4cm
  • 178×138×95mm
  • 重さ
  • 0.6kg
  • 約900g
  • 約0.9kg
  • 約1.09kg
  • スイッチ
  • -
  • なし
  • なし
  • あり
  • コードの長さ
  • 1.5m
  • 3m
  • 1.8m
  • 1.8m

屋外・釣りなど活躍する充電式投光器の人気おすすめランキング6選

防水仕様の明るいハロゲンタイプの投光器

床置きスタンドタイプですが、フック式でどこでも取り付けが可能。防水型で、電源のON/OFFスイッチ付きなので便利です。さらに耐震型のハロゲンランプを採用。

 

お手頃価格で、期待通りの10000lmの明るさに満足という声も。点灯中の移動・振動を与えないように注意しましょう。

光源 ハロゲン ルーメン 10000lm
IP - 消費電力 500W
サイズ 170×156×300mm 重さ 0.95kg
スイッチ あり コードの長さ 3.3m

口コミをご紹介

やつぱり冬の夜釣りは、温かいハロゲンライトの方がいい!

出典:https://www.amazon.co.jp

吊り下げてもOK!ハンディタイプの便利な投光器

ランプカバーに光拡散樹脂を採用、円筒形なので広い範囲をより明るく照らします。照射範囲を3段階で切り替えが可能。上部のメタルフックは360°回転し、折り畳みが可能。吊り下げることもできれば、ハンディタイプの投光器としても活躍します。

 

USBアダプタ付きで、スマートフォンなどの充電にも便利。非常用として備えておくのもおすすめです。

光源 LED ルーメン 130/340/710lm
IP - 消費電力 -
サイズ 361×79×121mm(バッテリー有・ メタルフック収納時) 重さ 600g
スイッチ あり コードの長さ -

口コミをご紹介

ボタンでUSB給電のON/OFFが使えるため、USB給電専用の器具を買う必要がなくなりました。ただし相応のお値段がしますが・・・w 値段に見合った性能で買って損は無いと思います!

出典:https://www.amazon.co.jp

小型でもあなどれない!マルチに活躍する投光器

軽量&コンパクトで持ち運びに便利な小型サイズの投光器。衝撃にも強く4段階に光の調節が可能、スタンド部分には磁石があるので、強力に固定。スマートフォンの充電も可能、非常用のバッテリーとしても活躍します。

 

手のひらサイズの小型でおしゃれな外観からは想像できないほど、マルチな機能を持つ投光器です。1年間の保証付き。

光源 LED ルーメン 2500㏐
IP 65 消費電力 20W
サイズ 171.6×126.8×45.9mm 重さ 0.45kg
スイッチ あり コードの長さ -

口コミをご紹介

現場仕事用に購入。取手が足場などに安定してくっついてくれるので重宝してます。明るさは期待よりもずっと明るくてビックリするくらいでした。周りの人も欲しがっています。マグネットが特に便利です。取手も丈夫で固定も安定していて最高です。

出典:https://www.amazon.co.jp

まさか!の時のために持っておきたい投光器

強力なマグネットを搭載しているので、鉄製の柱や壁にも設置が可能。SOSモードも備えているので、遭難信号を出すことも可能で非常時にも役立ちます。また、防水集魚灯としても活躍するので、釣り用の投光器を探している人にもおすすめです。

 

ブラック以外にもイエローもあります。

光源 LED ルーメン 2200㏐
IP 65 消費電力 30W
サイズ 125×98×125mm 重さ 0.55kg
スイッチ あり コードの長さ -

口コミをご紹介

コンパクトなのとモバイルバッテリーとしての機能もあるので災害時にもいいと思います。屋根裏の作業で1日使用しましたが7時間の作業も余裕で使用出来ました。また裏に磁石が付いているので、子供が夜車いじりにも大変便利だと言ってました。

出典:https://www.amazon.co.jp

マルチな機能・タフなボディはあらゆるシーンで活躍

磁石付きのアームは360°回転し、磁石がくっつくならどんな場所でも固定が可能です。床置きもできるし、吊り下げることもできれば、ハンディタイプの投光器としても。

 

おしゃれな外観とは裏腹に、約2mの高さから落下しても壊れにくいというタフな設計にも注目です。スマートフォン・電子タバコの充電にも対応できるので、アウトドアや非常時でも活躍します。1年間の保証付き。

光源 LED ルーメン 4500lm
IP 65 消費電力 45W
サイズ 198×162.5×54.2mm 重さ 約1.6kg(本体)
スイッチ あり コードの長さ -

口コミをご紹介

防水性も備えており、夜間の釣りでの使用でもとても便利で、波をかぶっても使用後に軽く水洗いをして保管できます。他のライトに比べ、なぜか魚もたくさん寄ってくるので、集魚灯としても優秀で、いつも釣り仲間の中で注目されます。

出典:https://www.amazon.co.jp

折り畳み可能でおしゃれ&コンパクトな投光器

工事現場はもちろん、アウトドア全般でも幅広く役立つ投光器。一般の電源アダプタ・車での充電はもちろん、付属のUSBケーブルでスマートフォンなどの充電も可能。電池残量がわかるインジケーターも便利

 

ブラケット部分は360°回転し、折りたたんだ状態でも使用できます。1年間の保証付き。

光源 LED ルーメン 1500lm
IP - 消費電力 20W
サイズ 235×185×50mm 重さ 592g
スイッチ あり コードの長さ -

口コミをご紹介

主に夜釣り目的で充電式というのが気に入って購入。明るさは文句なしですね!フルマックス充電からの点灯だと表記通りだと思います。これは買って良かった製品。

出典:https://www.amazon.co.jp

屋外・釣りなど活躍する充電式投光器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6676747の画像

    RUNACC

  • 2
    アイテムID:6677696の画像

    goodgoods

  • 3
    アイテムID:6676765の画像

    LATME

  • 4
    アイテムID:6676727の画像

    goodgoods

  • 5
    アイテムID:6677568の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:6677809の画像

    キャスター(Caster)

  • 商品名
  • LED投光器 充電式
  • 充電式 LED投光器 YC-45U
  • 投光器 充電式
  • LED投光器 充電式 YC-02W
  • 充電式LEDワークライト ML807
  • ハロゲンライト投光器
  • 特徴
  • 折り畳み可能でおしゃれ&コンパクトな投光器
  • マルチな機能・タフなボディはあらゆるシーンで活躍
  • まさか!の時のために持っておきたい投光器
  • 小型でもあなどれない!マルチに活躍する投光器
  • 吊り下げてもOK!ハンディタイプの便利な投光器
  • 防水仕様の明るいハロゲンタイプの投光器
  • 価格
  • 3,140円(税込)
  • 11,600円(税込)
  • 3,490円(税込)
  • 4,708円(税込)
  • 6,912円(税込)
  • 2,980円(税込)
  • 光源
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • ハロゲン
  • ルーメン
  • 1500lm
  • 4500lm
  • 2200㏐
  • 2500㏐
  • 130/340/710lm
  • 10000lm
  • IP
  • -
  • 65
  • 65
  • 65
  • -
  • -
  • 消費電力
  • 20W
  • 45W
  • 30W
  • 20W
  • -
  • 500W
  • サイズ
  • 235×185×50mm
  • 198×162.5×54.2mm
  • 125×98×125mm
  • 171.6×126.8×45.9mm
  • 361×79×121mm(バッテリー有・ メタルフック収納時)
  • 170×156×300mm
  • 重さ
  • 592g
  • 約1.6kg(本体)
  • 0.55kg
  • 0.45kg
  • 600g
  • 0.95kg
  • スイッチ
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • あり
  • コードの長さ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 3.3m

工事現場でも活躍する投光器の人気おすすめランキング5選

雨の日でも安心のIP67の投光器

薄型・コンパクトなボディ、そして高さの調節が可能なスタンドタイプなので、照らしたい場所をより正確に定めることができます。IPも67と防塵・防水に強いので工事現場やアウトドアでも安心して使用可能。約160°の範囲を照らします。

光源 LED ルーメン 1200lm
IP 67 消費電力 15W
サイズ 720×830×910~1810mm 重さ 3.1kg
スイッチ - コードの長さ 約3m
1個あたりの価格 -

口コミをご紹介

作業場に取り付けました。2700円弱で購入しましたが、安い割にとても明るくて満足しております。

出典:https://www.amazon.co.jp

広範囲を明るく照らす防塵・防水仕様の投光器

薄型でスリム・シンプルな投光器ですが、10000㏐と非常に明るい光を発します。照明角度は120°で広い範囲を照らし、明るさは口コミ・レビューでも高評価。IP66相当とあって、防水・防塵にも強いタフな投光器です。1年の保証付き。

光源 LED ルーメン 10000㏐
IP 66相当 消費電力 100W
サイズ 410×370×274mm 重さ 6.73kg
スイッチ - コードの長さ 3m
1個あたりの価格 4725円

口コミをご紹介

建設現場で使うのに購入しました。想像以上に明るいので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

災害時にも役立つ!おしゃれで機能的な充電式投光器

IP65と防水・防塵に強い投光器。最大3000lmですが、3段階で光の強さを調節できます。防眩フィルム付き。充電式ではありますが、電源コード(取り外し可能)が付属しているので通常のコンセントでも利用できます。三脚・バッテリーは別途購入が必要。

光源 LED ルーメン 750/1500/3000lm
IP 65 消費電力 31.5W
サイズ 249×302×361mm 重さ 4.1kg(バッテリー・コード除く)
スイッチ あり コードの長さ -
1個あたりの価格 -

口コミをご紹介

makitaファンにはたまらないフォルムだと思います。俺は開封した瞬間興奮しました。買ってよかった。明るさは間違いなしです。室内で点けると部屋の電気いらないです。コードレスにもできるところが便利。

出典:https://www.amazon.co.jp

釣り・アウトドアでも活躍するタフな投光器

雨やホコリに強いIP65の投光器です。10000lmの光を生み出すので、工事現場はもちろん、釣りやアウトドアでも活躍します。照明部分は前後左右に回転するので、より明るく照らしたい場所にあわせることが可能です。水気が多い場所で安心の三芯プラグを採用。

光源 LED ルーメン 10000lm
IP 65 消費電力 100W
サイズ 88~185×84.5×73.8cm 重さ 約5.2kg
スイッチ - コードの長さ 5m
1個あたりの価格 -

口コミをご紹介

非常に明るく、熱も持たないので屋内作業で安全に使用できて便利です。

出典:https://www.amazon.co.jp

現場・アウトドア以外の災害用にも!イチオシの充電式投光器

明るさは2段階で調節が可能、360°回転します。防塵・防滴もIP64と屋外でもタフに活躍してくれる投光器です。充電用のバッテリーは別途購入が必要ですが、災害時などの備えとしてもおすすめです。

 

AC電源が優先されますが、停電時などには自動的にバッテリーに切り替わります。防眩フィルム付き。ACコードもスマートに収納します。別売りの三脚・バイスを利用するとさらに便利です。

光源 LED ルーメン 450/750lm
IP ッテリー使用時はIP64/電源コードの時はIP63 消費電力 10W
サイズ 214×261×328mm 重さ 2.0kg(バッテリー除く)
スイッチ あり コードの長さ -
1個あたりの価格 -

口コミをご紹介

手元が明るくなり、暗い場所での制作がはかどります。電源コードとバッテリーが使えるのが抜群に便利ですね!

出典:https://www.amazon.co.jp

工事現場でも活躍する投光器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6677462の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:6677492の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:6677243の画像

    マキタ(Makita)

  • 4
    アイテムID:6677754の画像

    Gao chuang

  • 5
    アイテムID:6677477の画像

    髙儀(Takagi)

  • 商品名
  • スタンドライト ML805
  • LEDワークライト投光器 LWT-10000ST
  • スタンドライト ML811
  • LED投光器
  • EARTH MAN LEDワークライト WLT-15LSA
  • 特徴
  • 現場・アウトドア以外の災害用にも!イチオシの充電式投光器
  • 釣り・アウトドアでも活躍するタフな投光器
  • 災害時にも役立つ!おしゃれで機能的な充電式投光器
  • 広範囲を明るく照らす防塵・防水仕様の投光器
  • 雨の日でも安心のIP67の投光器
  • 価格
  • 10,211円(税込)
  • 10,999円(税込)
  • 18,658円(税込)
  • 9,450円(税込)
  • 5,498円(税込)
  • 光源
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • LED
  • ルーメン
  • 450/750lm
  • 10000lm
  • 750/1500/3000lm
  • 10000㏐
  • 1200lm
  • IP
  • ッテリー使用時はIP64/電源コードの時はIP63
  • 65
  • 65
  • 66相当
  • 67
  • 消費電力
  • 10W
  • 100W
  • 31.5W
  • 100W
  • 15W
  • サイズ
  • 214×261×328mm
  • 88~185×84.5×73.8cm
  • 249×302×361mm
  • 410×370×274mm
  • 720×830×910~1810mm
  • 重さ
  • 2.0kg(バッテリー除く)
  • 約5.2kg
  • 4.1kg(バッテリー・コード除く)
  • 6.73kg
  • 3.1kg
  • スイッチ
  • あり
  • -
  • あり
  • -
  • -
  • コードの長さ
  • -
  • 5m
  • -
  • 3m
  • 約3m
  • 1個あたりの価格
  • -
  • -
  • -
  • 4725円
  • -

下記の記事では、懐中電灯とワークライトの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひ、併せてチェックしてください。

投光器を使用する際に注意したいこと

投光器は懐中電灯よりも明るく、アウトドアなどで重宝しますが、使用の際に注意しておきたいことがあります。

投光器を「夜釣り」で使用する場合の注意点

投光器を集魚灯として利用しようと考えている人も少なくないはず。ですが、夜釣りの際に集魚灯の使用を禁止している都道府県もあります。また、投光器以外のランタン・ヘッドライトも対象です。

 

これから夜釣りをする場所が、集魚灯の利用が可能かどうか?以下のサイトを参考に、事前に必ずチェックしておきましょう。

投光器で「ノイズ」が発生する場合もある

照明器具のスイッチを入れると、ラジオや無線機などにノイズが入ったという経験はありませんか?特にLED投光器で「ノイズが発生する」という口コミ・レビューを目にすることがあります。

 

ノイズが気になる人は、「ノイズが出ない」と表記されている投光器、あるいは口コミやレビューを参考にしましょう。

まとめ

投光器はさまざまな種類があり、利用シーンに応じた適切な明るさ(ルーメン)を知ることが大切。また屋外で使用するなら充電式かどうか、さらに防水・防塵機能を備えているかなどが大切なポイントです。選び方のポイントを知り、よりあなたにぴったりの投光器を見つけてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

コードリールの人気おすすめランキング10選【野外作業やキャンプに!】

コードリールの人気おすすめランキング10選【野外作業やキャンプに!】

作業用品
釣り用ライトの人気おすすめランキング15選【電池式や充電式も】

釣り用ライトの人気おすすめランキング15選【電池式や充電式も】

釣具
照度計の人気おすすめランキング10選【人気のURCERIや日置電機も】

照度計の人気おすすめランキング10選【人気のURCERIや日置電機も】

計測用具
ブックライトの人気おすすめランキング15選【スタンド式やクリップ式も】

ブックライトの人気おすすめランキング15選【スタンド式やクリップ式も】

照明器具・天井照明
【2021年最新版】クリップライトの人気おすすめランキング15選

【2021年最新版】クリップライトの人気おすすめランキング15選

インテリア雑貨
スノーダンプの人気おすすめランキング15選【アルミ素材もご紹介!】

スノーダンプの人気おすすめランキング15選【アルミ素材もご紹介!】

農業資材・ガーデニング用品