ベース用シールドの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで!】

記事ID22327のサムネイル画像

ベース用シールドは種類が多くて悩みますよね。実は簡単な選び方があるんです!そこで今回は【ベース用シールド】の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・長さ・プラグ型を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ベース用シールドで音質は変わる?

シールドはベースやギターをアンプに繋ぐときには誰もが使っている道具です。今までベースを趣味で弾いてきたけれど、音質が最近気になるようになってきた。と言う方いらっしゃいませんか?実はそれ、シールドが影響しているかも知れません

 

シールドを変えれば必ずしも良い音が出るとは言えませんが、楽器を演奏するならば、高音質で出来るだけノイズの少ない音を出したいと思うでしょう。シールドが劣悪だとベースから出た音が正確に音を伝えていない場合があります。

 

そこで今回は【ベース用シールド】の選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングは価格・長さ・プラグ型を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

シールドの選び方

シールドを選ぶ際に気を付けたいポイントと種類をおさらいしましょう。普段から使う物なので念入りに調べてください。

好みの音を出せるかどうかで選ぶ

低音担当のベースは音楽全体を支える土台と言っても過言ではありません。ベースの音選びはバンド全体の音楽性を左右するので、妥協のない音が出せる環境を作り上げましょう。太い音が出せるシールドが人気なようです。

 

初心者でシールド選びに苦労している方はレビューなどを参考に、音の厚みや太さをキーワードにして探してみると良いでしょう。違いが分からない場合はフラットな音質のシールドを選ぶところから始めてみましょう

種類で選ぶ

「エフェクター」と繋ぐならパッチケーブル

パッチケーブルはエフェクター同士を繋ぐときに使われる比較的短めのケーブルです。このシールドのメリットは足元が配線で混乱しないという点があります。一度に何個もエフェクターを使用する人におすすめです。

 

また、長いシールドでエフェクター同士を繋ぐとケーブルの長さが余り過ぎてしまい、誤って踏んでしまった際に断線するリスクがあります。ライブハウスなど複数のバンドが演奏するステージなら、容易に準備と後片付けが出来る物を選びましょう。

オーソドックスな「スピーカーケーブル」

シールドと言う名前で呼ばれるのが主にスピーカーケーブルです。パッチケーブルとの違い、長さや色調が選べるという点があります。更にはスピーカーケーブルはギター用とベース用が分かれているので間違えないようにしましょう

 

市販されている種類が豊富で、演奏するベーシストによっても好みがわかれるのがスピーカーケーブルです。アンプに繋いで演奏する際には必ず使用するので楽器初心者から上級者までなじみ深い商品です。

価格で選ぶ

ベース用のシールドは種類が多く価格帯も様々です。ご自身のスタイルに合った商品を買うようにしましょう。

初心者なら「定番」シールドがおすすめ

初心者がベースを始めるなら値段が高くとも定番のシールドを購入する事をおすすめします。シールドは1000円から10000円を超える物までありますが、違いが分からないままに安価な商品に手を出すのは控えた方が良いでしょう。

 

理由としてはシールドと音質の関係で述べた通り、ベースとアンプを中継する音の通り道がシールドなので、安価で手に入る品物を使用して音の良し悪しが分からない状態で練習をしても身にならない可能性があります。

慣れてきたら好みの「音質」で選ぶのがおすすめ

ある程度ベースについて理解が深まった中級者や、今使っているシールドでは物足りなくなってきた上級者は音質で選ぶと良いでしょう。クリアなサウンドが欲しい場合は精密に作られたシールドを選ぶなど幅を広げることも出来ます。

 

消耗品として使う人や音の良し悪しが判断できる上級者は、敢えて安価な商品を使用することで、それを持ち味にすることも可能です。シールドはバンドの方向性を広げる一因になることを覚えておきましょう。

長さで選ぶ

シールドは長くし過ぎると音質が劣化する要因となります。使用する場面で選ぶと間違いが無くて良いでしょう。アンプとの距離で判断すると簡単です。スタジオやレコーディングなど狭い環境なら5メートルまでの物を選びましょう。

 

また、ライブ会場などステージが広めに作られている場合は5メートル以上のシールドを使用する事で、パフォーマンスの妨げにもならずに円滑にライブを進行できます。演奏中に邪魔にならない長さを選ぶのが重要です。

プラグの形で選ぶ

プラグ形状を確認する事によって、演奏中のストレスを軽減し集中してベースを弾くことが出来ます。

使いやすさで選ぶなら「S型」がおすすめ

S型プラグはストレートと言う意味で一般的に流通しているシールドプラグです。選べる種類が豊富で好みの長さや色調の商品を選択できるメリットがあります。抜き差しがしやすいという特徴があります。

 

デメリットはシールドの挿入口がベースの正面にある場合にスラップ奏法などで腕を激しく動かす方には、邪魔になってしまう場合があります。シールドに触れてしまうことで不測の事態が発生する可能性があるので注意が必要です。

狭い場所なら「L型」がおすすめ

L型のシールドはアンプやベースに差し込んだ際に、プラグが邪魔にならず限られたスペースで利用するのに最適です。L型は誤ってシールドのケーブルを踏んでしまった際に抜けにくいという性質があります。

 

しかしながら、ベースの種類によっては対応していない場合がありますのでしっかりと確認してから購入することをおすすめします。S型とL型の両方を備えているタイプが人気なのでもし迷ったらそちらを購入しましょう。

「ライブ」なら柔らかさで選ぶ

シールドは太い方が安定した音質を求めることが出来ますが、代わりに柔らかさを損なってしまいます。シールドを選ぶ際には使用する場所には注意しましょう。ライブなど広めのステージでは取り回しの良さは必須となります。

 

演奏中にシールドが硬くてイライラしたり集中できない状態では本末転倒です。また、レコーディングなど決まった場所で動かない場合は太くしっかりとした音質重視のシールドを使用するなど、ステージによって柔らかさを変えると良いでしょう。

メーカーで選ぶ

シールドケーブルを制作してきたメーカーならば、ノウハウが蓄積されているので失敗は少ないでしょう。

初心者なら「ベルデン」がおすすめ

楽器用のシールドをエレキギターが誕生してから100年以上にわたり制作してきたメーカーです。プロのベーシストに愛される製品を制作しているので、その品質は多くのアーティストに絶大な信頼を置かれています。

日本製の高品質なシールドなら「オヤイデ」がおすすめ

日本で制作されている高品質なベース用シールドが欲しいならオヤイデがおすすめです。素材と音にこだわった作りが音質に重きを置くアーティストたちの間で人気のメーカーです。日本の基準で作られているので安全性は保障されています。

良いケーブルを安く手に入れたいなら「プロビデンス」がおすすめ

プロビデンスは楽器用シールドの他にもスイッチャーやエフェクターなどギターやベース関連の商品を多岐にわたり世に送り出しています。元々シールド開発をメインに発足されたこのブランドは「良いケーブルを作ろう」をテーマにシールドを作っています。

 

プロビデンスの特徴は、上位のモデルの廉価版を同じ製法で作成しているという所です。高価格帯と似た性能のシールドを安価で入手できるのでエントリーモデルは初心者にも人気です。

変わり種が欲しいなら「カミナリ」がおすすめ

カミナリの製品で有名なのが、カールケーブルを採用したシールドケーブルです。カミナリ公式のアナウンスとして音質の変化を「効果」のように産みだす。まるでエフェクターのようなケーブル、と謳われるように特筆したレンジの音を響かせます。

迷う場合は「試し弾き」がおすすめ

種類が多くどうしても決めかねる場合はショップで試し弾きをさせてもらいましょう。ギターショップの専門店ならば多くのシールドが取り扱っています。その中の幾つかは試し弾きが出来る可能性がありますので店員さんに聞いてみましょう

 

もし高価なシールドの購入で悩んでいるならば、一度は専門知識が豊富なプロの店員さんに聞いてから判断するのが初心者の内は大切です。また、試し弾きで違いが分からないようならば、安価で高耐久な物を選ぶと良いでしょう。

ベース用シールドの人気おすすめランキング10選

シールドの定番商品

品質の高いギター用シールドの定番商品であり、ベースにも使用できるので初心者におすすめの定番商品です。リーズナブルな価格設定のうえベース本来の持ち味を生かすサウンドが期待できます。

 

プラグも剛性が高く耐久性に優れており、ケーブルも柔軟で取り回しの良いシールドです。どんな場面でも使用できるシンプルなデザインが、プロにも愛される商品です。

プラグ形状 S×S 長さ 3m
ブラック

口コミを紹介

初心者は悩まずとりあえずこれを買っておけばいいと思う!

出典:https://www.amazon.co.jp

ベースの旨みを引き出すシールド

楽器用シールドでベースに対応しているシールドです。すっきりとしたデザインで便利がL型とS型の併用タイプです。日本製の高品質なシールドケーブルでベース本来の持ち味を活かす為にチューニングが施されています。

 

断線しやすい根本の部分を真鍮削り出しにし強度を高め、プラグと一体になり堅牢さと芯のあるサウンドを兼ね備えています。出力される濃密なサウンドは、スピード感に加えて音域の豊かさと抜けの良さを両立されせています。

プラグ形状 S×L 長さ 3m

口コミを紹介

作りはとてもしっかりしています。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性に優れたシールドケーブル

摩擦抵抗の少ないOFC被覆材を使用し耐久性を実現させた楽器用シールド。絶縁素材には信号のロスが少ないポリエチレンを採用し精度の高い音の出力させます。ケーブル本体もしなやかで取り回しも快適です。

 

二重シールドで外部からの干渉を抑えノイズを拾いにくくしているので、低価格帯ながらも高音質を実現しています。カラーバリエーションも豊富で見た目に高級感もあります。最初の一本には最適です。

プラグ形状 S×L 長さ 3m
ブラックブルー・ブラックホワイト

口コミを紹介

とてもなじみやすいです。値段が安かったので自宅練習用に買いましたが、ノイズもなく使いやすいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

耐久性に優れたシールドケーブル

プロが愛用するプロビデンス製のシールドケーブルです。こちらの商品は上位のモデルと同じ構造で製造された廉価版として販売されています。日本で製造され廉価ながらも高品質な製品となっています。

 

プロが使う製品を安く使用したい方におすすめです。更にはカラーが豊富でベースとの組み合わせによっては拡張性が広がります。音質だけではなく見た目もこだわりたいベーシストの方には最適な商品です。

プラグ形状 S×L 長さ 3m
ブラック・レッド・ブルー・イエロー

口コミを紹介

コスパが素晴らしい

出典:https://www.amazon.co.jp

ノイズの少ない音圧が魅力的なケーブル

高級ケーブルとして有名なMONSTERCABLEの楽器用シールドケーブルです。ノイズの少ないフラットな音質が特徴で、低音がぼやけずクリアな音を出力できます。耐久性のある24Kゴールドコネクターが導電性を高めています。

 

MONSTERCABLEは配線に特許技術を持っており、2層構造のマルチケージ・ワイヤー・ネットワークという独自の製造方法を使用しています。その為スピード感を維持した状態で、ボヤけない迫力のあるサウンドが得られるのです。

プラグ形状 S×S/S×L 長さ 3.6m /6.4m
ブラック

口コミを紹介

好みはあると思いますがRockタイプはお勧めです

出典:https://review.rakuten.co.jp

信頼のBELDENプロフェッショナルケーブル

1902年にシカゴで設立されて以降エレキギターの誕生と共に多くのギタリストやベーシストに愛されて来たBELDENのケーブルです。オーディオ用プラグとして絶大な信頼を受けている定番のスイッチクラフト製プラグを装着しています。

 

プロのベーシストが愛用している事で知られベース用シールドの定番商品となっています。空間を包み込むような倍音や、太い低音のディティールを豊かに表現する事が出来るので音圧を高めたい時におすすめです。

プラグ形状 S×L 長さ 3m
ブラック

口コミを紹介

信頼性高い為、ライブ&レコーディングに頻繁に使っています。S-Lプラグ、凡庸性高いのでオススメです。

出典:https://www.amazon.co.jp

断線しにくいシールドケーブル

頑丈で耐久性に優れた楽器用シールドケーブルです。ニッケルメッキの金属プラグは多くの楽器に使用できるので汎用性が高いのでベース用のシールドとしても柔軟に使用でき、銅線には伝導性の高い無酸素道22AWG導体を採用しています。

 

生地の編み込まれたケーブルは絡まりにくく、断線もしにくいので普段使い用としては最適な一本です。リーズナブルな価格で長く使用できるので練習の時間が長い方におすすめです。

プラグ形状 S×L 長さ 3m
ブラック

口コミを紹介

ノイズも少なく, ナイロンで編みこんでいて耐久性もかなり期待できそうです

出典:https://www.amazon.co.jp

楽器のポテンシャルを活かすシールドケーブル

プロミュージシャンが愛用しているCustom Audio Japanの楽器用シールドです。ベース本来の音を活かしながらも音質がクリアになる工夫が人気の商品です。音質だけを追求するのではなく低音域までカバーできる商品を開発しています。

 

また、プラグ形状の分析により接点不良の回避や、取り回しの良さも人気の一つとなっています。ケーブルの柔軟性を重視して断線しにくく、折れや曲げに強いケーブルを開発する事で演奏中のストレスを軽減しているのです。

プラグ形状 S×L 長さ 5m
ブラック

口コミを紹介

ケーブルが柔らかくて取り回しがしやすいです。
音もクリアで素直。

出典:https://www.amazon.co.jp

低音の厚さを求める人におすすめ

太りソリッドコアの芯線で深みのある厚い低音域を生み出しています。更にはケージの細い導線を組み合わせて高音、中音域もカバーしています。更に、純度99.99%の無酸素銅を使用した伝導体が高音質を実現しています。

 

また、ノイズを軽減させる2重シールド構造が高音質を一定に保ち、耐久性に優れた対高温PVC被覆材を使用しているので長時間の使用に最適です。高品質なベース用ケーブルとして初心者から上級者までおすすめできる商品です。

プラグ形状 S×L 長さ 4m
ブラック

口コミを紹介

値段の割には使い心地もよく
とても使えていると思います。
買ってよかった

出典:https://www.amazon.co.jp

練習用に最適な一本

高いコストパフォーマンスを実現した楽器用のシールドケーブルです。クセが少ないシンプルなサウンドでノイズが少なく汎用性の高いシールドなので初心者の練習用には気軽に使用できて最適なケーブルです。

 

プラグの種類も豊富でS×Sのシンプルなタイプからパッチケーブル用の30cm、L×Lのタイプまで揃っているので、好みのよって選択できるのがとても嬉しい商品です。高価なシールドをメインにしてサブとして練習用に利用することもできます。

プラグ形状 S×S/S×L/L×L 長さ 3m
ブラック

口コミを紹介

プラグもケーブルもなんら問題なさそうです。リピート購入してもよいと思っています。

出典:https://www.amazon.co.jp

ベース用シールドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6588733の画像

    Silk Road

  • 2
    アイテムID:6588669の画像

    KORG(コルグ)

  • 3
    アイテムID:6588589の画像

    CUSTOM AUDIO JAPAN

  • 4
    アイテムID:6588560の画像

    Rayzm

  • 5
    アイテムID:6588528の画像

    Rap corporation

  • 6
    アイテムID:6588455の画像

    MONSTER CABLE

  • 7
    アイテムID:6588258の画像

    Providence

  • 8
    アイテムID:6588291の画像

    Donner

  • 9
    アイテムID:6588197の画像

    NEO by OYAIDE Elec

  • 10
    アイテムID:6588124の画像

    CANARE

  • 商品名
  • LG104-3A BK シールドケーブル 3メートル LSプラグ
  • ベースシールド 長さ4m S/Lジャックタイプ VBC-13
  • ギターケーブル IL-5M
  • ギターケーブル SL型6.35mmモノラル
  • BELDEN ギターシールド #8412 3M SL
  • 楽器用ケーブル ギターケーブル M ROCK2-12 600540
  • シールドケーブル LE501 S/L BK 3.0m
  • ギターケーブル 3M SL型
  • QAC-222G LS/3.0 楽器用シールドケーブル
  • PROFESSIONAL CABLE 3m クロ G03
  • 特徴
  • 練習用に最適な一本
  • 低音の厚さを求める人におすすめ
  • 楽器のポテンシャルを活かすシールドケーブル
  • 断線しにくいシールドケーブル
  • 信頼のBELDENプロフェッショナルケーブル
  • ノイズの少ない音圧が魅力的なケーブル
  • 耐久性に優れたシールドケーブル
  • 耐久性に優れたシールドケーブル
  • ベースの旨みを引き出すシールド
  • シールドの定番商品
  • 価格
  • 711円(税込)
  • 2,624円(税込)
  • 2,970円(税込)
  • 3,773円(税込)
  • 3,260円(税込)
  • 6,050円(税込)
  • 2,550円(税込)
  • 2,883円(税込)
  • 4,880円(税込)
  • 1,650円(税込)
  • プラグ形状
  • S×S/S×L/L×L
  • S×L
  • S×L
  • S×L
  • S×L
  • S×S/S×L
  • S×L
  • S×L
  • S×L
  • S×S
  • 長さ
  • 3m
  • 4m
  • 5m
  • 3m
  • 3m
  • 3.6m /6.4m
  • 3m
  • 3m
  • 3m
  • 3m
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック・レッド・ブルー・イエロー
  • ブラックブルー・ブラックホワイト
  • ブラック

ベース用シールドの使い方

ベース用のシールドを購入したけど、使い方が分からない。何か決まり事があるの?と言う方の為に分かりやすい使い方をご紹介します。

シールドの挿し込み「方向」を確認

ベース用のシールドのケーブルをよく確認してみてください。ケーブルに品番や型番、或いはブランド名が明記されている場合があります。そういった場合は文字の先頭から末尾にかけて音が流れる方向であると覚えておいてください。

 

なので、文字の先頭側をベースに、末尾の側をアンプに接続するのが正しいつなぎ方です。この方向を誤ったからと言ってアンプやベースが損傷する事はありませんが、中には音が全く別物になってしまう商品もありますので注意しましょう。

「エフェクター」を多用するならシールドの種類は統一する

エフェクターを何種類も使用する場合は、繋ぎ合わせるシールドの種類を統一する事で音質の劣化をある程度は防ぐことができます。勿論、エフェクターの数を増やす程に音が痩せてしまう可能性があるので音質を良くすることはできません。

 

あくまでも繋ぎに使うパッチケーブルを統一する事で、製品の規格が均一になり電気信号の伝え方にムラが無くなることが期待できるのです。なので複数エフェクターを使用するなら同じメーカーの同じ製品を使用しサウンドを一定に保ちましょう。

ギター用との「違い」について

多くの商品ではギターとベースで併用して使用できる場合があります。しかし、メーカーやブランドによっては明確に音質の方向性を楽器によって変更しているケースがありますので、一概に全て使用できる訳ではないということを覚えておきましょう。

シールドを長く使用するコツを紹介

ベース用シールドは高価な物もありますので、出来る限り長く使いたいですよね。そんな貴方にシールドが長持ちする方法をご紹介します。

「8の字巻き」で断線を防ぐ

持ち運びの際に重要なのは、ケーブルに優しい束ね方でシールドケーブルを収納するという事です。予期せぬ負荷が掛かった場合には断線のリスクが発生しますのでしっかりと正しい束ね方を覚えておきましょう。

 

シールドケーブルを束ねる際には必ず「8の字巻き」を徹底しましょう。プラグの先端を持って、そこから自然にたわむ力を利用してとぐろを巻くようにして束ねていきます。ケーブルがよれずに負荷を軽減してくれるので試してみてください。

「プラグ」を抜く時は根元を持って引き抜く

楽器用シールドケーブルで最も断線が多い場所がプラグの付近です。せっかちな方だとケーブル自体を持ってアンプから引き抜く人もいるかも知れませんが、これはケーブルの断線させる他、アンプにもダメージを与えるので控えましょう。

 

正しい引き抜き方はプラグを手にもって優しく引き抜いてあげることです。アンプによっては多少硬くなっている可能性がありますが、回して引き抜いてしまうと後に接点不良になる危険性があるので注意が必要です。

ベースが楽しくなるエフェクターの世界

ベース用のシールドケーブル選びの次はエフェクターも考えてみてください。ベース本来の音色も十分に魅力的ですが、エフェクターを使用すると今まで表現できていなかったサウンドを出力できるようになるので、ベースの世界が一層楽しくなります。

 

初心者から中級者や上級者の道を突き進むなら是非挑戦してみてください。以下の記事では、マルチエフェクターの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】をご紹介しています。ぜひご覧ください。

また関連して以下の記事では、ベース用コンプレッサー・プリアンプの人気おすすめランキングをご紹介しています。ぜひご覧ください。

まとめ

ベース用のシールドは演奏の際には必ず使用する物です。色々な種類のシールドを試してみることがお気に入りの一本を見つけるコツです。今回はベース用シールドの人気おすすめランキング10選をご紹介しました。是非参考にしてみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

楽器
エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

楽器
ベース用プリアンプの人気おすすめランキング10選【自作まで】

ベース用プリアンプの人気おすすめランキング10選【自作まで】

楽器
リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング10選【人気のSHUREモデルも!】

リケーブルイヤホンの人気おすすめランキング10選【人気のSHUREモデルも!】

イヤホン・ヘッドホン
7弦ギターの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで必見】

7弦ギターの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで必見】

楽器
楽器を傷つけないベースケースの人気ランキング10選【ソフトケースかセミハードケースまで】

楽器を傷つけないベースケースの人気ランキング10選【ソフトケースかセミハードケースまで】

楽器