ベース用コンプレッサーの人気おすすめランキング10選【BOSSやEBSの人気メーカーも】

記事ID22272のサムネイル画像

安定感あるベースサウンドを作るのに必要なエフェクターがベース用コンプレッサーになります。様々なメーカーからも発売しているため、迷ってしまうこともあるでしょう。今回は、ベース用コンプレッサーのコントロール数・アタック調整などの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ベース用エフェクターとして活躍するコンプレッサー

音量に変化をつけられるエフェクターのひとつ、ベース用コンプレッサー!音の粒を揃えることによって、安定した演奏ができます。とはいえ、メーカーごとにアタック感や効き具合が異なり、コントロールの数などで使い方の難易度も変わってきます。

 

コンプレッサーは音の粒を揃えるという効果があることは当たり前のことですよね。しかし、それと同時に必要ないノイズも底上げされてしまうんです!安定性という意味ではヘタなことを隠せるといえますが、逆にヘタが目立ってしまうことにもなります。

 

そこで今回は、ベース用コンプレッサーの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介します。ランキングはコントロール・重量・サイズなどを基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

ベース用コンプレッサーの選び方

ベース用コンプレッサーの効きやアタックの調整などの選び方を紹介します。各選び方のポイントをおさえて購入の参考にしてください。

「安定した効き」を求めるなら補正できるものがおすすめ

コンプレッサーの本来的な役割は、音の粒を揃えるというところにあります。大きすぎる音は小さく、コンプレッサーを通したベース音は一定のレベルで出力されるため、演奏が安定して聴こえるというメリットがあります。


すべてのコンプレッサーにこの機能は備わっていますが、どれだけ効くのかはメーカーによって大きく異なる部分です。効けば効くほどよいわけではなく、自分が求める程度に補正できるのかが重要なポイントといえます。

 

ただし、あまりにコンプを利かせすぎると、グルーヴ感が失われてしまいますので注意しておきましょう。

全体の音を考えるなら「アタック感を調整」できるものがおすすめ

ベースのアタック感が強すぎると、ギターの音と混じってしまい、バンド全体として聴いた場合にグシャッとなってしまいバランスを壊してしまいかねません。そんな場合には、あえてアタック感を削りやすいコンプを選べれば、全体として音の通りが良くなります。

 

バンドサウンドを重視する際にはあえてアタック感が落とせるような、調整機能がついたタイプを選んでおけば、ライブにレコーディングにと活躍してくれます。ベースソロを弾く場合にはコンプレッサーをオフにして、演奏すると良いでしょう。

 

とはいえ、演奏する楽曲やシーンによってはベース音を全面に打ち出せるようなものも必要ですので、このあたりも視野に入れておくのもいいでしょう。アタック感を調整できるコントロールがあれば、他の楽器の音に合わせたバンド重視の音を作ることができます。

艶っぽい演奏なら「サスティーンが稼げる」ものがおすすめ

コンプレッサーをかけたベースはアタック感が削られるため、サスティーン(音の伸び)が強調されて聞こえます。ベースが艶っぽく聴こえるという効果もあるので、サスティーンが稼げそうかについてもチェックしておくと良いでしょう。

 

コンプレッサーを使用したベース音ではアタック感がおさえられるため、サスティン(音の伸び)が強調されやすくなります。そのため、楽曲や奏法にあわせて、あえてこのサスティンを有効活用できるようなものを選んでみるのも良いでしょう。

コントロール数で選ぶ

コンプレッサーはモデルによってコントロールの数が異なります。自分のレベルに合ったものも選ぶとより楽しく演奏できるようになるでしょう。

初心者はコントロールの少ない「3程度」がおすすめ

エフェクターには基本的に、音を調節するためのコントロール(つまみやスイッチ)がついています。自分好みの音を創り上げるという意味では、コントロールが多ければ多いほどよいというものではないでしょう。


初めてのコンプレッサーであれば、よほどのこだわりがない限り、コントロールが少なめのものを選んでおくのがおすすめです。

操作に慣れている上級者で音を楽しむなら「4以上」がおすすめ

コンプレッサーでコントロールを微調整して、理想の音を創り上げるのは簡単ではありません。歪み系エフェクターなどと違い、効いているのかいないのか、ON・OFFをしてもいまいちピンとこないのがコンプレッサーでしょう。

 

客観的に自分の音を意識できないとどこが理想が分からなくなってしまいます。コンプレッサーのコントロールは多いもので、スレッショルド・レシオ・アタックタイム・リリースタイム・ゲインと5種類ほどあります。

 

名前だけを見ていますと、どれをどうすればどんな音になるのか、なかなか分かりづらい部分でしょう。すでにコンプレッサーの操作に慣れていて音を楽しみたい上級者の方は多くのコントロールがついたものを選ぶのもおすすめです。

汎用性の高さならエフェクトの効く「自然なサウンド」がおすすめ

自然なサウンドのものは、ジャンルなどを問わずオールラウンドに使えます。一方、スラップのアタックを強烈にしたい、サスティンを長く伸ばしたいなど、特徴のあるサウンドを出したい場合は、かかり具合がはっきりとわかるものを選ぶのがおすすめです。

 

そのため、どれぐらいエフェクト効くのかはあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

個性を出す目的なら「ギター用」もおすすめ

一般的にはベースに向かない、とされているコンプレッサーであっても、その製品の音の個性が気に入っている場合などは、あえてギター用を使うのもありでしょう。 ただし、ベースとギターでは出力される音域が違うため、狙い通りの音が出せない場合もあります。

 

初心者などでよくわからない場合は、ベース用とされているものを使用するのがいいかもしれません。

初心者向けベース用コンプレッサーの人気おすすめランキング5選

ピークやレベルの設定も素早くできるベースエフェクター

ゲイン・リダクションLEDで、かかり具合や圧縮時間を視認できるコンプレッサー。アタックがゆっくりなオプティカル式なので、音粒を揃えつつ忠実な太い低音を生み出します。ベースの良さをしっかり活かしたい方におすすめの一台となっています。

コントロール 3(compression、release、output level) 重量 約300g
サイズ 56 x 66 x 114mm 電源 9V DC電源もしくは電池を使用可能
入力インピーダンス 1MΩ 出力インピーダンス 200Ω
入力換算雑音 -

口コミを紹介

効果抜群

出典:https://www.amazon.co.jp

プロも愛用する自然なコンプレッションを実現

ベースの個性を最大限に生かすナチュラルな効きが、Groove Compの魅力です。ダイナミクスを抑えすぎないので、グルーヴィーなプレイ向き。クリアな音になるようパーツにもこだわっています。やわらかな雰囲気やバンドでの存在感を出したいときに役立ちます。

コントロール 3(level、sustain、attack) 重量 -
サイズ 20mm(D) 91mm(W) 60mm(H) 電源 006P(9V)又はパワーサプライ(9V)
入力インピーダンス 1MΩ以上 出力インピーダンス 20kΩ
入力換算雑音 -120dBm以下
3位

ELECTRO-HARMONIX

エレクトロハーモニクス ベースエフェクター コンプレッサー Bass Preacher

シンプルで初心者にも最適な一台

ダイナミクスをナチュラルに抑えるレベルから、パーカッシブなサウンドまで幅広いセッティングに適した一台です。中央にアタックトグルスイッチがあり、Fast・Medium・Slowで効きはじめる速さをコントロールすることができます。

 

ノブは2つなので、シンプルな使い心地を求める方におすすめのコンプレッサーです。

コントロール 2(volume、sustain) 重量 -
サイズ - 電源 JP9.6DC-200ACアダプター
入力インピーダンス - 出力インピーダンス -
入力換算雑音 -

口コミを紹介

エレハモならではのコンプとサスティーンのかかり具合が面白い。操作も簡単だしEBSみたいにくせが強くないのがいい、好みはかなり分かれるけど好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

細やかなセッティングができるハイクオリティモデル

EBSのMULTICOMPの新モデル。コントロールはコンプ・ゲイン・スレッショルド調整のSensのみですが、音質と効きが良く、ハイクオリティなサウンドが楽しめるでしょう。さらに3つのモードを切り替えれば、それぞれ全くキャラクターの異なる音作りが実現。

コントロール 3(sens、gain、comp) 重量 315g
サイズ 67 x 115 x 48 mm 電源 9V 18V DC
入力インピーダンス - 出力インピーダンス -
入力換算雑音 -

口コミを紹介

いろいろな動画サイトやWebで評価が高かったので買ってみました。
音の粒が揃ったのと、輪郭が明瞭になって、弾いててとても楽しいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

直感的な操作で高音質を両立させたコンプレッサー

とく初心者におすすめなのがVivieのFenneComp。すぐに使いこなすにはエンジニア的な知識が必要ですが、3つのつまみでシンプルな音質調整ができます。さらにLEDランプを搭載しているので、かかり具合のチェックも簡単です。

 

右側にはサウンドスイッチがあり、アタックとリリースをワンタッチでコントロールすることができます。ボディはグラデーションカラーで愛らしい動物をデザインしました。フェミニンな雰囲気が好みの方にぴったりです。

コントロール 3(level、comp、tone) 重量 -
サイズ - 電源 -
入力インピーダンス - 出力インピーダンス -
入力換算雑音 -

口コミを紹介

とても良いコンプレッサーでした。五弦ベースを使っているので相性抜群です。発送もとてもスムーズで直ぐに手元に届いてよかったです。

出典:https://review.rakuten.co.jp

初心者向けベース用コンプレッサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6574245の画像

    Vivie

  • 2
    アイテムID:6574332の画像

    EBS

  • 3
    アイテムID:6574366の画像

    ELECTRO-HARMONIX

  • 4
    アイテムID:6574408の画像

    K&R

  • 5
    アイテムID:6574454の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 商品名
  • FenneComp ベース用コンプレッサー
  • MULTICOMP BLUE LABEL ベース用 コンプレッサー
  • エレクトロハーモニクス ベースエフェクター コンプレッサー Bass Preacher
  • Groove Comp
  • AMPEG エフェクター OPTO COMP
  • 特徴
  • 直感的な操作で高音質を両立させたコンプレッサー
  • 細やかなセッティングができるハイクオリティモデル
  • シンプルで初心者にも最適な一台
  • プロも愛用する自然なコンプレッションを実現
  • ピークやレベルの設定も素早くできるベースエフェクター
  • 価格
  • 20,500円(税込)
  • 19,400円(税込)
  • 12,100円(税込)
  • 28,080円(税込)
  • 11,600円(税込)
  • コントロール
  • 3(level、comp、tone)
  • 3(sens、gain、comp)
  • 2(volume、sustain)
  • 3(level、sustain、attack)
  • 3(compression、release、output level)
  • 重量
  • -
  • 315g
  • -
  • -
  • 約300g
  • サイズ
  • -
  • 67 x 115 x 48 mm
  • -
  • 20mm(D) 91mm(W) 60mm(H)
  • 56 x 66 x 114mm
  • 電源
  • -
  • 9V 18V DC
  • JP9.6DC-200ACアダプター
  • 006P(9V)又はパワーサプライ(9V)
  • 9V DC電源もしくは電池を使用可能
  • 入力インピーダンス
  • -
  • -
  • -
  • 1MΩ以上
  • 1MΩ
  • 出力インピーダンス
  • -
  • -
  • -
  • 20kΩ
  • 200Ω
  • 入力換算雑音
  • -
  • -
  • -
  • -120dBm以下
  • -

上級者向けベース用コンプレッサーの人気おすすめランキング6選

5弦ベースの広いレンジにも対応したモデル

5弦ベースや6弦ベースの製作を得意としていますが、そのような多弦ベースの広いレンジにも対応。全てのサウンドを損なわずに出力できるようにデザインされているスムースなコンプレッサーです。
 
 
厳選したマテリアルと昇圧した電源によりヘッドルーム、レンジの広さを確保。内部昇圧のため、電源自体は9Vで問題ない点も魅力です。
コントロール 4(threshold、ratio、attack、level) 重量 -
サイズ - 電源 DC9V
入力インピーダンス 1MΩ 出力インピーダンス 1KΩ
入力換算雑音 -

高低の周波数をそれぞれでコントロールできるコンプ

サウンドメイクにとことんこだわりたいベース上級者の方におすすめなのが、Ashdownのコンプレッサーです。その魅力は、高域は速め・低域は遅めとそれぞれ別の設定でコンプがかけられること。アタックに調整すれば、輪郭のある音質に仕上げることができます。

コントロール 5(input、low comp、eq balance、high comp、output) 重量 約937g
サイズ 154(W) x 48(H) x 144(D)mm 電源 内蔵9Vバッテリー,外部9Vパワーサプライ (センターマイナス)
入力インピーダンス - 出力インピーダンス -
入力換算雑音 -
4位

Darkglass Electronics

ダークグラスエレクトロニクス エフェクター コンプレッサー

アナログとデジタルを融合させた使いやすい一台

アナログ回路をデジタルシステムで操作するコンプレッサーです。良質な音の微細な調整でき、こだわりの強い方でも納得いく仕上がりを実現できるでしょう。Bus Compressor・1176・Darkglass Super Symmetryの代表的モデリング。

 

USBでパソコンに繋げば、アタック・リリースの細かい設定が可能です。どんなアンサンブルにもフィットする音を作ることができます。

コントロール 4(blend、time、output、compression) 重量 230g
サイズ 43mm × 75mm × 111mm 電源 DC9V センターマイナス / 消費電流値250mA
入力インピーダンス - 出力インピーダンス -
入力換算雑音 -

スタジオ品質でギター/ベース兼用として対応できる最適なコンプレッサー

日本大手の楽器周辺機器メーカー・BOSSのBC-1Xは、自然に音の粒を揃えられるのが魅力です。アタック音はしっかりと残しつつ、どの音域に対しても演奏のダイナミクスを保てるでしょう。

 

インジケーターで効き具合が視覚的にわかるので、音を潰さずプレイヤーのオリジナリティを出せます。難しい設定がやノイズが少ないのも使いやすいポイントといえます。生音の良さやグルーヴ感を活かしたい方にもおすすめです。

コントロール 4(level、release、ratio、threshold) 重量 450g
サイズ 幅 (W) 73 mm 奥行き (D) 129 mm 高さ (H) 59 mm 電源 アルカリ電池(9V形)
入力インピーダンス 1MΩ 出力インピーダンス 1kΩ
入力換算雑音 -

口コミを紹介

音圧は間違いなくグッと上がります。音が太く力強くなった感じですね。設定はとりあえずオール12時で、あとは好みで微調整で全く問題ないです。

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広く対応しているfocusコンプレッサー

ソフトコンプレッションを得意とし、ソフトコンプレッションからハードコンプレッションにまで幅広く対応したスタジオ機器クオリティのコンプレッサーになっています。つまみは、compression、level、gain、treble、bassの5つを搭載しています。

 

またスレッショルドやレシオ、アタックタイム、リリースタイムといった概念を取り払い、コンプレッション設定〜レベル調整〜音色補正という3ステップで直感的に音作りが可能です。

コントロール 5(compression、level、gain、treble、bass) 重量 約355g
サイズ 幅 (W) 119 mm、奥行き (D) 98 mm、高さ (H) 62 mm 電源 -
入力インピーダンス 1MΩ 出力インピーダンス 10kΩ以下
入力換算雑音 -

ナチュラルからハードコンプまで対応できるハイエンドモデル

RATIOで原音との比率を設定可能なので、自然なかかり具合から音を強めに圧縮したハードコンプまで、鮮明に区別できます。ベース音をやわらかい雰囲気にしたり固く無機質な音にしたりと、好きなように調整することも可能です。

 

上部のリダクションゲージにより、コンプがきちんと効いているのかすぐに分かるのも大きな特徴です。慣れていない方でも扱いやすいのが特徴です。またインプットをベースの出力に合わせられるため、パッシブやアクティブもできます。

コントロール 5(Attack, Release, Ratio, Input, Output) 重量 -
サイズ - 電源 乾電池006Pまたは9VACアダプター
入力インピーダンス 1MΩ 出力インピーダンス 600Ω
入力換算雑音 -

口コミを紹介

原音重視でローノイズ。ナチュラル系という口コミも多いが、しかりと深く潰すこともでき、その場合も独自のコンプ感は無く原音の質感を保っている所が優秀。

出典:https://www.amazon.co.jp

上級者向けベース用コンプレッサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:6574123の画像

    JIM DUNLOP

  • 2
    アイテムID:6574160の画像

    Limetone Audio

  • 3
    アイテムID:6574214の画像

    BOSS

  • 4
    アイテムID:6574289の画像

    Darkglass Electronics

  • 5
    アイテムID:6574483の画像

    ESP CRAFT HOUSE楽天市場店

  • 6
    アイテムID:6575837の画像

    Miura Guitars U.S.A.

  • 商品名
  • MXR M87 BASS COMPRESSOR
  • focus コンプレッサー
  • BC-1X Bass Comp
  • ダークグラスエレクトロニクス エフェクター コンプレッサー
  • Ashdown Bass Dual Band Compression
  • M2 Compressor/Limitter
  • 特徴
  • ナチュラルからハードコンプまで対応できるハイエンドモデル
  • 幅広く対応しているfocusコンプレッサー
  • スタジオ品質でギター/ベース兼用として対応できる最適なコンプレッサー
  • アナログとデジタルを融合させた使いやすい一台
  • 高低の周波数をそれぞれでコントロールできるコンプ
  • 5弦ベースの広いレンジにも対応したモデル
  • 価格
  • 16,922円(税込)
  • 33,000円(税込)
  • 22,000円(税込)
  • 34,100円(税込)
  • 15,840円(税込)
  • 33,880円(税込)
  • コントロール
  • 5(Attack, Release, Ratio, Input, Output)
  • 5(compression、level、gain、treble、bass)
  • 4(level、release、ratio、threshold)
  • 4(blend、time、output、compression)
  • 5(input、low comp、eq balance、high comp、output)
  • 4(threshold、ratio、attack、level)
  • 重量
  • -
  • 約355g
  • 450g
  • 230g
  • 約937g
  • -
  • サイズ
  • -
  • 幅 (W) 119 mm、奥行き (D) 98 mm、高さ (H) 62 mm
  • 幅 (W) 73 mm 奥行き (D) 129 mm 高さ (H) 59 mm
  • 43mm × 75mm × 111mm
  • 154(W) x 48(H) x 144(D)mm
  • -
  • 電源
  • 乾電池006Pまたは9VACアダプター
  • -
  • アルカリ電池(9V形)
  • DC9V センターマイナス / 消費電流値250mA
  • 内蔵9Vバッテリー,外部9Vパワーサプライ (センターマイナス)
  • DC9V
  • 入力インピーダンス
  • 1MΩ
  • 1MΩ
  • 1MΩ
  • -
  • -
  • 1MΩ
  • 出力インピーダンス
  • 600Ω
  • 10kΩ以下
  • 1kΩ
  • -
  • -
  • 1KΩ
  • 入力換算雑音
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コンプ感のあるサウンド作りにコンプレッサーは必要かいらないのか

ギタリストにとってのコンプレッサーの必要性は大きく分けて2種類あります。ひとつは音量バランスを整える為に使います。コンプレッサーの本来の働きとしては音を圧縮して粒を揃えることです。

 

しかし、ベーシストがコンプレッサーを使う理由のほとんどは、ひとえに、圧縮された「音」そのもの、つまり音作りです。コンプレッサーをサウンドに入れることで音圧感やバウンス感を調整できます。

 

コンプレッサーにより付加される、このようなサウンドをコンプ感と表現することもあります。

ギター用とベース用コンプレッサーの違い

ベースの他にも、エレキギター用コンプレッサーもありますが、これをベース用に使用することもできます。壊れてしまうのではと思う人も多いかもしれませんが、ベースにギター用エフェクターを使用したからといって壊れることはありません。

 

しかし、ベース用とギター用のエフェクターは、それぞれの楽器での使用を想定して作られています。ギター用はギターの音域、ベース用はベースの音域に適したエフェクトがかかるようになっています。

 

やはりベースで使用したい場合はベース用のコンプレッサーを購入するのが良いでしょう。

コンプレッサーを使うと上達しないのか

コンプレッサーを使用する人の中には肯定派と否定派が存在しています。否定派の意見としてはコンプに頼っていたらいつまでたっても自分で音の粒が揃えられないし、それでは上達しないというものです。

 

確かにそれも一理あります。一方で、上手く聴こえるからベースの演奏が楽しくなって、結果としてベースが上手くなるということもあります。コンプレッサーを使ったからといって、別にベースが下手になるワケではありません。

 

必要であれば使うという柔軟な姿勢がよいでしょう。スタジオに入るときにはコンプレッサーを使ってみたり、OFFにしてみたり、色々と試して、自分にとって理想的な状況を作り上げてください。

コンプレッサーの設定はトライ&エラー

コンプレッサーの効果はなかなか分かりづらいものです。歪み系エフェクターであればひと弾きでそのイメージはつかめますが、コンプレッサーは長時間演奏してみてもうちょっとアタックを削ろうなんてことに気づきます。

 

さらに、ベーシストにとってちょうどよいコンプ感と、バンド全体で見たときに求められるコンプ感はまたちょっと違うものだったりします。それを客観的に判断するためには、練習を録音し、後で聴きなおしたり、ギターやドラムの意見を聞くことも重要です。


コレだというセッティングができたとしても、そこからさらに色々と試してみると新たな発見があるのがベース用コンプレッサーの面白さでもあります。様々な設定に挑戦してみるのが良いでしょう。

コンプレッサーをかけすぎなければ様々に活躍するエフェクターに

コンプレッサーは音量を揃えることで音の粒を揃えたり、アタックやサステインを調節する効果があります。ベースの音がばらつきがちな初心者にとってはとても便利なものなので、エフェクター選びに迷っている人は購入を検討してみてください。

 

コンプレッサーをかけすぎるとベース本来の音を潰してしまったり、他の楽器を邪魔してしまうことがあるので注意が必要ですが、上手く使えば演奏もグッと安定します。自分の出したい音に合ったコンプレッサーを活用して、より良いバンドサウンドを追求しましょう。

以下の記事では、さまざまなギターのエフェクターの人気おすすめランキングをご紹介しています。こちらも併せてぜひご覧ください。

まとめ

今回は、ベース用コンプレッサーのタイプ・アタック調整・コントロール数などの選び方やおすすめ商品ランキングをご紹介してきました。ベース用コンプレッサーを使えば、自分の好みのサウンドを作り出せます。購入を迷っている方はぜひ参考にしてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月08日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

5弦ベースの人気おすすめランキング10選【人気メーカーもご紹介!】

楽器
クラシックギター弦の人気おすすめランキング10選【初心者向けのものや安いものも!】

クラシックギター弦の人気おすすめランキング10選【初心者向けのものや安いものも!】

楽器
ベース用プリアンプの人気おすすめランキング10選【自作まで】

ベース用プリアンプの人気おすすめランキング10選【自作まで】

楽器
エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

エフェクターボードの人気おすすめランキング10選【初心者向けからおしゃれなものまで】

楽器
ベース用シールドの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで!】

ベース用シールドの人気おすすめランキング10選【初心者から上級者まで!】

楽器
テレキャスターの人気おすすめランキング10選【10万円で買える】

テレキャスターの人気おすすめランキング10選【10万円で買える】

楽器