【2021年最新版】アコギ用エフェクターの人気おすすめランキング

記事ID29098のサムネイル画像

アコースティックギターを演奏するとき、物足りなさを感じる方は多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、アコギ用エフェクターです。定番のプリアンプをはじめ、コーラス・リバーブ・エンハンサー・コーラスなどさまざまな種類があります。今回はアコギ用エフェクターの選び方とともに、人気おすすめランキングを見ていきましょう。

アコギ用エフェクターで演奏や音色の幅を広げよう!

アコースティックギターといえば、しっとりと弾きながら歌うイメージがありますよね。優しい音色が特徴的で、バラード曲などに多く使われています。しかし、アコギを弾いている方の中には、物足りなさを感じている方も多いでしょう。

 

実はアコギ用エフェクターを使えば、もっといろいろな曲調の歌が演奏できるんです!エフェクターを使って演奏すれば、激しい曲調の歌やアコギでは表現しにくい音も手軽に出せます。ただ、アコギ用エフェクターは種類が多く、悩んでしまう方も多いですよね。

 

そこで今回は【アコギ用エフェクター】の選び方や、おすすめ商品ランキングを紹介します。ランキングは種類や価格、効果などを基準に作成しました。購入を迷われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アコギ用エフェクターの選び方

アコギ用エフェクターと言っても、欲しい効果によって選ぶ種類が異なります。まずは、詳しい選び方からチェックしていきましょう。

タイプや効果で選ぶ

アコギ用エフェクターは、いくつかのタイプに分けられます。選ぶタイプによって得られる効果が異なるため、自分に合ったものを選びましょう。

ナチュラルな音色を増幅させるなら「アコギ用プリアンプ」

アコギ用エフェクターの中でも定番なのが、プリアンプです。プリアンプはアンプの中でも音を作り出す部分で、生演奏に近いキレイな音を生み出す効果があります。プリアンプを使って自分好みの音を作っておけば、あとは音を増幅させるだけで演奏できますよ。

 

プリアンプは音を整えてくれる効果もあり、アコギらしい独特の質感のサウンドも生み出せます。ちなみに、プリアンプはアコギ用やエレキ用などがありますが、プリアンプだけはアコギ用と記載されたものを使用しましょう。

味や厚みのあるサウンドを出すなら「エンハンサー」

エンハンサーは、アコギの音に色や味を付けるようなイメージのエフェクターです。もともと出ているアコギの音に、さまざまな音を乗せることでふくよかで厚みのあるイメージの音が出せます。

 

また、ファットな音も出しやすく、アコギ用エフェクターの中でも人気が高いです。不足しがちな音を上手く補ってくれるため、まだまだ練習中の曲でもある程度上手く聞こえますよ。

安定感のある音色や音量を求めるなら「コンプレッサー」

コンプレッサーは音を安定させるエフェクターです。アコギを弾いていると音が大きすぎたり小さすぎたりして、音の粒が荒くなってしまうことがありますよね。そんなときに活躍してくれるのがココンプレッサーです。

 

常に安定した音量や音質で音が鳴らせるため、全体的に安定感のある曲が弾けるのが魅力。特にパートごとに弾き方が大きく異なる曲は、コンプレッサーを使うとバランスよく弾けます。ただし、常に使っていると自分のクセなどが分かりにくくなるので注意しましょう。

揺れを加えて豊かな音を出す「コーラス」

コーラスはほんの少し遅れて音を加えることで、揺れを与えて音に広がりを出してくれます。コーラスを使うと透明感のある音が出せるため、演奏にクリーンな印象を与えてくれます。また、音に厚みを出したりトリップ感を出したりするときにも役立ちますよ。

 

ちなみに、コーラスにはデジタルコーラスとアナログコーラスの2つがあります。デジタルコーラスは透明感のある音を、アナログコーラスはナチュラルな音を出せるのが特徴です。

余韻のある大人っぽい響きが作れる「リバーブ」

リバーブは「残音響」と呼ばれる余韻を作り出すためのエフェクターです。演奏に艶感を出したり、大人っぽい雰囲気にしたりするのに役立ちます。余韻があるとアコギの演奏がより一層美しくなるため、演奏が上手く聞こえますよ。

 

ただし、練習のときに使ってしまうと自分のミスに気が付かないままになってしまうので、適度にかけながら楽しんでみてください。

やまびこのような音を楽しめる「ディレイ」

ディレイはやまびこのように、音を鳴らしたあとに余韻を残してくれるエフェクターです。音を1回鳴らすだけで複数の音が響くので、雰囲気のある演奏ができます。まるで2人で演奏しているかのような、ふくよかで哀愁ある音も楽しめますよ。

足りない音を補ってくれる「イコライザー」

イコライザーは低音や高温など、足りない部分を補うエフェクターです。自動的に足りない音を補ってくれるため、細かい設定が要らないのもポイント。難しい設定や操作なしで使えるので、初心者でも使いやすいですよ。

 

エフェクターの中でもメジャーな種類なので、名前を聞いたことがある方も多いでしょう。イコライザーは持っておいて損のないエフェクターなので、迷ったら購入をおすすめします。

多用途に使える「マルチタイプ」

アコギ用エフェクターは好みや弾く曲に合わせて複数利用する機会が多いですが、いくつものエフェクターを持つのは大変ですよね。そんなときは、マルチタイプのアコギ用エフェクターを使うのがおすすめです。

 

マルチタイプなら定番のプリアンプはもちろん、ほかのエフェクターの機能も1台で使えます。高価なものも多いですが、複数のエフェクターを購入するのを考えればコストパフォーマンスは高いでしょう。

ギターの経験値で選ぶ

エフェクターは初心者でも上級者でも使えるものですが、自分の経験値や演奏したい曲によって選ぶ種類を変える必要があります。

初めてのエフェクターなら「シンプル」なもの

初めてエフェクターを購入するのであれば、シンプルな作りのものがおすすめです。つまみの数が少ないものは操作もしやすく、初心者でも使いやすいでしょう。ボタンやつまみが複雑だと、使いこなすまでに時間がかかってしまうので注意が必要です。

 

また、複数の機能が備わっているタイプは使いこなすのが難しいでしょう。まずはプリアンプなど定番のエフェクターから用意し、じっくりと練習しながらエフェクターの扱いに慣れていくのがおすすめです。

上級者なら「ハイスペック」なもの

上級者であれば、複数のエフェクトがついたハイスペックなものがおすすめです。特にマルチタイプのエフェクターは1台でさまざまな音が出せるため、使いこなせれば自分好みの音が簡単に作れるようになります。

 

また、プリセットやエフェクトの種類が豊富なものもおすすめ。種類が多ければ多いほど選択肢が広がるため、理想の音を探しやすくなります。

電源の種類で選ぶ

アコギ用エフェクターは電池で使えるタイプと、アダプターが必要なタイプがあります。

電池を気にせず長時間使用するなら「ACアダプター」

多くのアコギ用エフェクターは、ACアダプターを使用します。ACアダプターのほか、専用のアダプターやUSBポートを使うタイプも多いです。アダプターを使うタイプは電池切れを気にしなくて良い一方で、電源のない場所では使えません。

 

ライブハウスや自宅などの室内であれば問題ありませんが、屋外での演奏では使えない可能性があるので注意しましょう。

屋外での演奏なら「電池式」

電池式のアコギ用エフェクターは場所を選ばずに使えるため、屋外での演奏にはピッタリです。しかし、電池の種類やタイプによっては電池が切れるのが早い場合もあります。電池式を選ぶなら、連続して動かせる時間もチェックしておきましょう。

エレキ用エフェクターを使うなら「歪み」に注意

ギター用のエフェクターの中にはアコギ用はもちろん、エレキ用のエフェクターもあります。アコギにエレキ用のエフェクターが使えないわけではありませんが、使う場合は歪みに注意しましょう。

 

コーラスやディレイ、コンプレッサーなどのエフェクターは基本的にエレキ用でも使えます。ただし、プリアンプだけはアコギ専用のものを使うのがおすすめです。エレキ用のエフェクターを使っても、キレイな音が出ない可能性が高いので注意して下さいね。

迷ったらzoomなど「有名メーカー」から選ぶのもおすすめ

エフェクターと言ってもかなりの種類があり、どれにすればよいか迷ってしまう方も多いでしょう。そんなときは、zoomやBOSSといった人気のメーカーから選ぶのがおすすめです。人気メーカーのものであれば失敗が少なく、初心者でも選びやすいですよ。

シンプルなアコギ用エフェクターの人気おすすめランキング5選

5位

‎Behringer(ベリンガー)

アコギ プリアンプ ダイレクトボックス

安価でシンプルかつ使いやすい

ベリンガーのアコギ用エフェクターはシンプルな構造で、初心者にも購入しやすい価格が魅力的です。操作するボタンが比較的少なく、難しい設定が苦手な方でも扱いやすいでしょう。イコライザーなどの機能に加え、ノイズ防止のグランドリフトスイッチも搭載。

 

見た目もシンプルで使いやすく、あらかじめセットしておけばスイッチ1つで好みの音が奏でられますよ。DIボックスとしても使用でき、ふくよかな雰囲気の音も表現できます。

種類 プリアンプ 電源 乾電池・AC電源
サイズ 10.0×12.7×5.0cm 重量 460g
消費電流 100mA 最大電池駆動時間 -
エフェクトループ数 2 USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット -

口コミを紹介

音質もあれこれいじって好みのものにできますし、素人の宅録目的には充分役に立つと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

乾電池で最大11時間使えるのが魅力的

こちらのエフェクターはシンプルで使いやすいのはもちろん、9V乾電池使用で最大11時間の連続使用が可能です。長時間のライブや練習でも、途中で電池が切れることなく最後まで快適に使用できるでしょう。

 

タップでディレイタイムの設定が可能なほか、クリアな音や温かみのある音まで幅広く表現できます。幅広い音が表現できるため、初心者はもちろん上級者にもおすすめできるエフェクターです。

種類 ディレイ・エコー 電源 乾電池・9Vアダプター
サイズ 12.7×8.26×5.08cm 重量 427g
消費電流 48mA 最大電池駆動時間 11時間
エフェクトループ数 - USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ なし
ワウペダル なし プリセット -

まとまりのあるナチュラルなサウンドが出せる

アコギを弾く際にどうしても音がのっぺりしてしまう、まとまらない方に特におすすめのエフェクターです。細かなボタンがなく、ノブ1つで操作できるのも嬉しいポイント。初心者にも使いやすく、直感的な操作で使いこなせるでしょう。

 

しっかりとした低音の響きに加え、美しい高音も表現できます。電池の使用ができないため電源のない場所では使えませんが、比較的安価なので家やライブハウス等で使うには十分なエフェクターと言えるでしょう。

種類 エンハンサー 電源 9Vセンターマイナス
サイズ 4.8×4.8×9.3cm 重量 -
消費電流 100mA 最大電池駆動時間 -
エフェクトループ数 - USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット -

口コミを紹介

ピエゾにもちろん使えますが、
マグネットでも、いい感じの音にしてくれました。
ピックアップの生ギター弾きの定番になるかもですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

3つのつまみで簡単操作!

BOSSのAD-2はつまみが3つしかないため、難しい操作や知識は必要ありません。簡単に使えるのはもちろん、生演奏のような生き生きとした音を表現できます。また、広がりのある音を作ったり、ハウリングを消せる機能があったりして機能性も十分。

 

コンパクトでありながら、アコギ用エフェクターに必要な要素が揃っているのもポイントです。これ1つあるだけで、アコギの世界観が変わるでしょう。

種類 プリアンプ 電源 乾電池・AC電源
サイズ 7.3×12.9×5.9cm 重量 420g
消費電流 55mA 最大電池駆動時間 約6.5時間
エフェクトループ数 - USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット -

口コミを紹介

これが販売されると知って、興味本位で買ってみました。
そしたら、エレアコ特有の「プチプチ感」が無くなる!!
びっくりしました。
ピエゾで鳴らしているのに、アコギをマイク取りした音に限りなく近づきます。

出典:https://www.amazon.co.jp

16種類ものプリセット内臓でマルチに対応可能

こちらのエフェクターはアコギ専用で、16種類ものプリセットが内臓されている万能タイプ。さまざまな音量や音色を自在に作り出せるため、実際にステージに立って演奏するような方にもおすすめです。

 

AC電源やUSBポートを使って使用できるだけでなく、乾電池2本で約3時間の長時間使用が可能なのも嬉しいポイントでしょう。電源がない場所や、屋外でも手軽に使える便利なエフェクターです。リバーブやクリーンブーストが付いているため、1台でいろいろな使い方ができます。

種類 プリアンプ 電源 乾電池・AC電源・USBポート
サイズ 15.8×10.7×5.2cm 重量 570g
消費電流 100mA 最大電池駆動時間 約3時間
エフェクトループ数 - USB出力 あり
ヘッドホン出力 あり プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット 16

口コミを紹介

アコギなので、シンプルにアコギらしい音を再現するために購入したので、期待通りでした。マニュアル無しで直感でだいたい操作が分かります。色々なバリエーションの音色を楽しみたい方には不向き、色々なエフェクトが装備されている上位機種かあるのでそちらをどうぞ。

出典:https://www.amazon.co.jp

シンプルなアコギ用エフェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7579919の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 2
    アイテムID:7581484の画像

    BOSS

  • 3
    アイテムID:7581403の画像

    Music tribe

  • 4
    アイテムID:7581046の画像

    L.R.Baggs

  • 5
    アイテムID:7581018の画像

    ‎Behringer(ベリンガー)

  • 商品名
  • Acoustic Creator AC-2
  • AD-2 Acoustic Preamp
  • アコースティック エンハンサー
  • ALIGN SERIES DELAY
  • アコギ プリアンプ ダイレクトボックス
  • 特徴
  • 16種類ものプリセット内臓でマルチに対応可能
  • 3つのつまみで簡単操作!
  • まとまりのあるナチュラルなサウンドが出せる
  • 乾電池で最大11時間使えるのが魅力的
  • 安価でシンプルかつ使いやすい
  • 価格
  • 16,820円(税込)
  • 13,200円(税込)
  • 9,165円(税込)
  • 23,046円(税込)
  • 3,135円(税込)
  • 種類
  • プリアンプ
  • プリアンプ
  • エンハンサー
  • ディレイ・エコー
  • プリアンプ
  • 電源
  • 乾電池・AC電源・USBポート
  • 乾電池・AC電源
  • 9Vセンターマイナス
  • 乾電池・9Vアダプター
  • 乾電池・AC電源
  • サイズ
  • 15.8×10.7×5.2cm
  • 7.3×12.9×5.9cm
  • 4.8×4.8×9.3cm
  • 12.7×8.26×5.08cm
  • 10.0×12.7×5.0cm
  • 重量
  • 570g
  • 420g
  • -
  • 427g
  • 460g
  • 消費電流
  • 100mA
  • 55mA
  • 100mA
  • 48mA
  • 100mA
  • 最大電池駆動時間
  • 約3時間
  • 約6.5時間
  • -
  • 11時間
  • -
  • エフェクトループ数
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 2
  • USB出力
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • ヘッドホン出力
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • プリアンプ
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • ワウペダル
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • プリセット
  • 16
  • -
  • -
  • -
  • -

ハイスペックなアコギ用エフェクターの人気おすすめランキング5選

あらゆる楽器に使えるマルチエフェクター

こちらのエフェクターはアコギだけでなく、サックスやウッドベースなどさまざまな楽器に使用できます。なんと80種類以上のエフェクトを搭載しており、上手く使いこなせれば自分だけの理想のサウンドが完成しますよ。

 

50種類のプリセットも搭載されており、好みのものを選べるのも嬉しいポイント。ハイスペックなエフェクターは操作が難しいイメージがありますが、慣れてくれば意外と簡単に使えます。いつもとはちょっと違った音を奏でたいときにも、おすすめのエフェクターです。

種類 マルチエフェクター 電源 乾電池・AC電源・DC9Vセンターマイナス
サイズ 17.7×2.3×2.5cm 重量 610g
エフェクト数 80以上 最大同時使用エフェクト数 5
最大録音時間 30秒 消費電流 -
最大電池駆動時間 18時間 USB出力 あり
ヘッドホン出力 あり プリアンプ あり
ワウペダル あり プリセット 50

口コミを紹介

軽く移動でも楽だし、マイクで拾って卓に送れるし便利です。
エアー感をどうしても期待しますが生音の良さには届きませんが
ライブ等でPAに送って臨場感あるサウンドが楽しめると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

太くて粒立ちのよい音が出せる

L.R.BAGGSのダイレクトボックスは、太くて粒立ちのよい音が出せるのが魅力的。どうしても音痩せしやすいアコギは、太くて安定感の音を出すのがなかなか難しいですよね。そんなときにこのエフェクターを使えば、どっしりとした音が出せます。

 

細かな調整もできるため、上級者の方でも安心でしょう。ライブなどの演奏でも、音痩せすることなく臨場感のある音が楽しめます。広い会場でも狭い会場でも、場所に合わせて自然なサウンドが作れるのも嬉しいポイントです。

種類 プリアンプ 電源 乾電池・DCアダプター
サイズ 14.2×9.1×4.8cm 重量 411g
エフェクト数 - 最大同時使用エフェクト数 -
最大録音時間 - 消費電流 2.9mA
最大電池駆動時間 200時間 USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット -

口コミを紹介

以前にレビューで「ツマミオールフラットで通すだけでも太くなる」の感想は伊達じゃなく本当でした。
パソコンにインターフェイスでつないだ音も、スタジオで卓からスピーカーを通した音もかなりレベルの高い音でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

メタリックでカッコいい見た目が印象的

メタリックな見た目が目を引くこちらのエフェクターは、ELECTRO-HARMONIXの商品。リバーブの中でも有名な「Holy Grail」がコンパクトになった使いやすいモデルです。コンパクトでありながら、スプリング・ホールリバーブ・フラーブの3種類のリバーブが使えます。

種類 リバーブ 電源 乾電池・DCセンターマイナスアダプター
サイズ 7.2×11.0×5.0cm 重量 240g
エフェクト数 - 最大同時使用エフェクト数 -
最大録音時間 - 消費電流 -
最大電池駆動時間 - USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ なし
ワウペダル なし プリセット -

口コミを紹介

私のローランドAC 60アンプで使用すると、ナイロンとスチール弦のアコースティックトーンに深さと明瞭さを追加します。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

透明感のあるクリアな音を表現

t.c.electronicのエフェクターは、透き通るようなクリアな音が表現できるのが魅力です。自宅にいてもスタジオで演奏しているような感覚で弾けるため、ライブや本格的な練習にもぴったりでしょう。

 

また、細かな設定ができるのも大きなポイント。自分の好みや曲調に合わせ、詳細な設定をして理想のサウンドを奏でられます。音痩せやノイズもなく、気持ちよくアコースティックギターが弾けますよ。

種類 リバーブ 電源 乾電池・アダプター
サイズ 12.5×12.5×5.5cm 重量 762g
エフェクト数 6 最大同時使用エフェクト数 -
最大録音時間 - 消費電流 -
最大電池駆動時間 - USB出力 なし
ヘッドホン出力 なし プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット 60

口コミを紹介

すばらしい透明感、ノイズの無さ。
そして、なんと言っても音痩せしないのがベストです。
デジタルなので、アナログの暖かさ、ノイジー感は無いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

多種類のプリセット内臓のハイスペックエフェクター

ズームのアコギ用エフェクターの中でも、特にハイスペックな商品です。豊富なプリセットはもちろん、コンプ レッサー機能・コーラス・ディレイ・リバーブなど9種類ものアコギ用機能が備わっています。

 

かなりのハイスペックさにも関わらず、操作が簡単なのも魅力的。つまみやスイッチ1つでさまざまなサウンドが作り出せますよ。アコギ本来の繊細な音を、より美しく引き立てたい方には特におすすめです。

種類 プリアンプ 電源 乾電池・AC電源・USBポート・9Vセンターマイナス
サイズ 15.8cm×23.7cm×5.2cm 重量 1150g
エフェクト数 9 最大同時使用エフェクト数 -
最大録音時間 - 消費電流 -
最大電池駆動時間 3時間 USB出力 なし
ヘッドホン出力 あり プリアンプ あり
ワウペダル なし プリセット 16

口コミを紹介

GibsonサザンジャンボにFISHMAN RARE EARTH BLENDを装着しています。これまでライブハウスにあるDIをお借りして繋いでいましたが、セッティングに手間取っていました。このペダルによって調整もしやすく、安心してステージに望めます。

出典:https://www.amazon.co.jp

ハイスペックなアコギ用エフェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7580056の画像

    ZOOM(ズーム)

  • 2
    アイテムID:7582214の画像

    t.c.electronic

  • 3
    アイテムID:7581498の画像

    ELECTRO-HARMONIX

  • 4
    アイテムID:7581455の画像

    L.R.BAGGS

  • 5
    アイテムID:7581427の画像

    ZOOM

  • 商品名
  • Acoustic Creator AC-3
  • NR-1 NOVA REVERB ギターエフェクター
  • リバーブ Holy Grail
  • Acoustic D.I. ダイレクトボックス
  • マルチエフェクトプロセッサー
  • 特徴
  • 多種類のプリセット内臓のハイスペックエフェクター
  • 透明感のあるクリアな音を表現
  • メタリックでカッコいい見た目が印象的
  • 太くて粒立ちのよい音が出せる
  • あらゆる楽器に使えるマルチエフェクター
  • 価格
  • 26,700円(税込)
  • 12,980円(税込)
  • 15,447円(税込)
  • 19,618円(税込)
  • 13,323円(税込)
  • 種類
  • プリアンプ
  • リバーブ
  • リバーブ
  • プリアンプ
  • マルチエフェクター
  • 電源
  • 乾電池・AC電源・USBポート・9Vセンターマイナス
  • 乾電池・アダプター
  • 乾電池・DCセンターマイナスアダプター
  • 乾電池・DCアダプター
  • 乾電池・AC電源・DC9Vセンターマイナス
  • サイズ
  • 15.8cm×23.7cm×5.2cm
  • 12.5×12.5×5.5cm
  • 7.2×11.0×5.0cm
  • 14.2×9.1×4.8cm
  • 17.7×2.3×2.5cm
  • 重量
  • 1150g
  • 762g
  • 240g
  • 411g
  • 610g
  • エフェクト数
  • 9
  • 6
  • -
  • -
  • 80以上
  • 最大同時使用エフェクト数
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 5
  • 最大録音時間
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 30秒
  • 消費電流
  • -
  • -
  • -
  • 2.9mA
  • -
  • 最大電池駆動時間
  • 3時間
  • -
  • -
  • 200時間
  • 18時間
  • USB出力
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • ヘッドホン出力
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • プリアンプ
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • ワウペダル
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • プリセット
  • 16
  • 60
  • -
  • -
  • 50

アコースティックギターとエレアコの違い

アコースティックギターを購入する際、エレアコと迷う方も多いでしょう。実はエレアコとは、アコースティックギターにアンプなどを繋いだ「エレクトリック・アコースティック・ギターの略」です。

 

ケーブルを抜けばアコースティックギターとして使えるため、ギター1本あれば両方楽しめますよ。

アコギにエフェクターはいる?いらない?

アンプなどのエフェクターといえば、やはり激しい演奏をするエレキギターを想像しますよね。そのため、アコギにはエフェクターはいらないと思う方も多いはず。しかし、アコギにもエフェクターは必要です。

 

実際にエフェクターを探してみると、アコギ専用のものも多く見られます。もちろん使わずに演奏することもできますが、エフェクターを活用すれば好みの音が出せますよ。

エフェクターを使えば弾き語りのレベルもアップ

アコギを弾いている方の中には、しっとりとした弾き語りを楽しむ方も多いですよね。エフェクターは弾き語りには必要ないと感じるかもしれませんが、実はエフェクターを活用すると格段にレベルがアップします。

 

マイクとアコギの両方を繋いで使える弾き語り用のエフェクターもあるので、ぜひ探してみてくださいね。これまでの弾き語りよりも、グッとレベルアップした演奏が楽しめるでしょう。以下ではおすすめのアコギを紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

アコギ用エフェクターのつなぎ方やセッティング方法

実際にエフェクターを購入しても、正しいつなぎ方が分からなければ意味がありません。基本的にはギターとエフェクターをつなぎ、さらにエフェクターとアンプを繋いで完成です。自宅等での練習なら、ギターとエフェクターを繋げるだけでOKですよ。

 

セッティングは1つ1つのエフェクターを順番に行います。実際に音を出しながら、それぞれのエフェクターを調整していきましょう。最初からいろいろなエフェクターを使うと混乱するため、まずは1つから様子を見て足りないものを補うのがおすすめです。

複数使用ならエフェクターボードの活用が便利

いろいろなエフェクターを試しているうちに、いくつも使っていて管理しきれなくなった経験はありませんか?そんなときにおすすめなのが、エフェクターボードと呼ばれるアイテムです。

 

エフェクターボードはその名の通りエフェクターを乗せる板のようなもので、複数のエフェクターをセットした状態で持ち運べます。カバンから出してそのまま使えるため、バラバラで持ち運ぶより便利ですよ。

 

以下ではエフェクターボートの人気おすすめランキングを紹介したいますので、ぜひあわせてチェックしてみてください。

音にこだわるならアンプにも注目!

よち音にこだわりたいのであれば、エフェクターと一緒にアンプも取り入れてみましょう。好みのエフェクターとアンプを組み合わせて使えば、より個性的なアコギの音がならせますよ。

 

まずはエフェクターのみで練習し、自分に合った音が見つかったらアンプも導入してみてくださいね。以下ではおすすめのアンプを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

まとめ

今回は、アコギ用エフェクターを紹介しまっしたがいかがでしたでしょうか。同じエフェクターでも、種類によって用途が全く異なります。エフェクターを選ぶ際は、ぜひ今回の記事を参考にしながら自分にピッタリのものを探してみてくださいね。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年07月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事