エアーコンプレッサーの人気おすすめランキング20選【DIYを楽しく】

記事ID4494のサムネイル画像

エアーコンプレッサーは空気入れに便利なアイテムで、釘打ちや塗装にも使用できるのでDIYグッズとして人気が高いです。ここではエアーコンプレッサーの選び方とおすすめランキング20選をご紹介していきますので、ぜひ参考にして頂ければと思います。

DIYにおすすめなエアーコンプレッサー

エアーコンプレッサーは工場などで使われているイメージが強いですが、最近ではDIYが趣味の方や車が趣味の方が、自宅で使用する例が増えてきているのをご存知でしょうか。実はツールを変えれば色々な作業を素早く行うことができるのです!

 

車や自転車の空気入れ・塗装・釘打ち・バリ取り・掃除・洗車などにも使用できる優れた工具でもあるのです!今では家庭用の小型タイプもたくさん販売されていて、価格も安くなっています。でもどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。

 

そこで今回はエアーコンプレッサーの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。ランキングは人気・タイプ・排出量・出力・タンク容量・騒音値を基準に作成しました。購入を迷われてる方はぜひ参考にしてみてください。

エアーコンプレッサーの選び方

幅広い用途のエアーコンプレッサーは選ぶのが大変です。そこでここでは選び方のポイントをご紹介します。

タイプで選ぶ

エアーコンプレッサーは大きく分けると3つのタイプがあります。それぞれの特徴をチェックして用途に適したタイプを選びましょう。

耐久性を求めるなら「オイルタイプ」がおすすめ

オイルタイプのエアーコンプレッサーは、オイルを使用してエンジンを動かすタイプです。オイルタイプは価格が高く、オイルを使用する為、手が汚れてしまうことがありますが、耐久性に優れています

 

また、オイルを使用する為、塗装などに使用するには不向きですが、連続運転時間が長いので作業効率を上げることができます。

趣味の塗装に使いたい方には「オイルレスタイプ」がおすすめ

オイルレスタイプはオイルを使用しないエアーコンプレッサーのことで、クリーンな作業ができるのが魅力です。オイルタイプとは逆で、耐久性が低く、連続運転時間は短いですが、オイルを使用しないので塗装などにも使用できます。

 

また、オイルレスタイプは価格がリーズナブルな製品が多く、コストパフォーマンスにも優れています。

吐出量・出力で選ぶ

ここではエアーコンプレッサーの吐出量・出力に焦点を当てて選び方のポイントをご紹介していきます。

スムーズに作業をするなら「吐出量・タンク容量」で選ぶのをおすすめ

塗装作業をで使用する場合、ある程度の吐出量がなければムラが出てしまいます。エアーコンプレッサーの情報に記載されているのは、一分間に何L吹き付けができるかです。自宅での日曜大工に使用するものであれば、60L/min~80L/minほどあれば十分です。

 

また、塗装の際にはタンクの容量も確認しておきましょう。プラモデルや小物の塗装であれば30L前後の容量で十分ですが、車やバイクなどの塗装になるとそれ以上の容量があると便利です。

高圧を求めるのなら「出力」で選ぶのがおすすめ

エアーコンプレッサーの出力は、出力が高ければ高いほど強く空気を圧縮することができるので、作業効率をアップさせることができます。出力は本体のサイズによって変わります。ただし、出力が高い業務用は自宅にある電源では使用できない場合があります。

 

出力はkwという単位で表記されることが多く、小型は0.5kw以下、中型は0.7kwぐらい、大型だと1kw以上です。小型はごみの吹き飛ばしや空気入れ、中型は車の塗装など、大型は業務用のものが多く、プロが使用することが多いです。

機能で選ぶ

エアーコンプレッサーを選ぶ上で重要視されることが多いのが機能面です。機能は自分の用途に合わせて選びましょう。

ご近所トラブルを回避したいなら「静音性」で選ぶのがおすすめ

エアーコンプレッサーのほとんどは音が大きく、場合によっては周囲に迷惑をかけてしまうことがあります。そのようなことにならない為にも、自宅で使用する場合には静音性に優れているエアーコンプレッサーを選びましょう。

 

エアーコンプレッサーの騒音値はdbで表記されることが多く、このdbの数値が低ければ低いほど静音性に優れています。静音タイプと表記されている製品は、65dBほどのものが多いです。中には掃除機よりも静かな製品もあるので、トラブルを回避したい方は必見です。

移動する機会が多いなら「ハンドル・タイヤ付き」がおすすめ

エアーコンプレッサーは小型でも重量のあるものが多く、特に女性では持ち運びに苦労する場合があります。できるだけ重量の少ないものを選ぶのがベストですが、コンパクトすぎると作業効率が落ちてしまうことがあります。

 

中型・大型のエアーコンプレッサーを選ぶ場合には、ハンドルやタイヤの付いている製品がおすすめです。決まった場所でしか使用しない場合には必要ありませんが、一人でも簡単に移動させることができるのでとても便利です。

用途に合った「圧力・電源」で選ぶのがおすすめ

エアーコンプレッサーの圧力はMPaという単位で表記されています。エアーコンプレッサーを選ぶ際には、事前にエアーコンプレッサーに接続して使う機器に必要な圧力を確認した上で、最適な圧力のものを選びましょう。

 

また、エアーコンプレッサーには電源が100Vのものと200Vのものが存在します。100Vは家庭用、200Vは業務用となっており、一般家庭で使用する場合には100Vの製品を選びましょう。

初めて購入する方には「セット」がおすすめ

エアーコンプレッサーを購入してすぐに使用したいという場合には、エアーブラシやスプレーガンといったエアーツールとセットになっている製品がおすすめです。セットになっている製品はバラバラで購入するよりも価格が安く済むことも多いです。

 

DIYをする為に必要最低限のアイテムを一度に揃えることができるので、入門用としてエアーコンプレッサーを購入する方や初心者の方は、セットを選びましょう。エアーコンプレッサーに合うツールを探す必要もなくなるので、かなりお得です。

会社や騒音が気にならない場所で使うなら「業務用」がおすすめ

加工工場や自動車修理工場などでは、ナットやボルトを締めたり緩めたりする作業が行われることが多いですし、加工工場などではホコリや切りくずなどを払うことも多いです。そのため大型のエアーコンプレッサーが必要です。

 

おすすめは業務用というか、当然業務用を選択することになりますが、一般のご家庭でも近隣に騒音トラブルの心配がない方は、業務用を検討されてもいいでしょう。作業効率も上がりますし連続使用するときにも不安がありません。

使用するツールから選ぶ

エアーコンプレッサーの用途はさまざまです。選ぶときには使用目的から選ぶことも重要なポイントです。

大きな製品への塗装に使用するなら「エアブラシ」がおすすめ

塗装する対象が大きい場合はエアブラシがおすすめです。例えばトラックの箱の部分にアートとして塗装を施すときには、プロもエアブラシを使用します。エアブラシは細かな粒子で噴射するのでキレイで液だれが少ないのでおすすめです。

プラモデルなどの小さい製品の塗装に使用するなら「スプレーガン・カップガン」がおすすめ

プラモデルが趣味の方も塗装まで楽しみたいですよね。そんなときにはスプレーガンやカップガンがおすすめです。細かい作業に向いています。DIYにもおすすめのツールなので、大きさに合ったノズルを選択すると良いですね。

ボルトの付け外しに使用するなら「インパクトレンチ」がおすすめ

インパクトレンチは回転してボルトを締めたり緩めたりするのに最適なツールです。手作業で行うよりも早くて強く締められるというメリットがあります。作業効率を上げることができますし、DIYで作業をするのにも適しています。

研磨・切削に使用するなら「サンドブラスト」がおすすめ

バリ取りや錆を取りたいというときにはサンドブラストを選ぶと良いでしょう。サンドブラストはバリをキレイに取り除く作業や、錆を丁寧に早く取り除くときに非常に便利なツールです。作業効率がアップすれば時間にも余裕ができておすすめです。

自転車・車への空気入れなら「タイヤチェック」がおすすめ

自転車や車のタイヤはしっかりと入れておきたいですよね。自転車も車もタイヤの空気圧が高いとスピードも出ますしハンドル操作もしやすくなります。燃費も良くなりますよね。空気圧チェックや空気入れにおすすめなのがタイヤチェックです!

釘打ちに使用するなら「ネイラー・エアタッカー」がおすすめ

DIYでは釘打ちをすることもありますよね。室内でも額縁を飾るための釘を打ったりすることもあるでしょう。そんな釘打ち作業に適しているのがネイラーやエアタッカーというツールです。スピードが速いので作業効率が上がります。

掃除・ホコリ取りに使用するなら「エアダスター・エアブロー」がおすすめ

ホコリを取り除きたいというときや室内の砂を排除したいという場合におすすめなのが、エアダスターやエアブローです。狙いを定めてボタンを押すだけで汚れを飛ばせます。エアダスターやエアブローは種類も豊富なので、用途に合ったサイズを選びましょう。

車内の掃除をするなら「携帯・小型」エアーコンプレッサーがおすすめ

エアーコンプレッサーといえば据え置き型や移動ができる車輪付きなどがありますけれど、いくら車輪が付いていても車の中を掃除したいときや、タイヤの空気をチェックしたり入れたりするときに、いちいち持ち運んでくるのは大変です。

 

ましてや外出中だった場合には困ってしまいますよね。そんなときに便利なのが携帯エアーコンプレッサーや小型エアーコンプレッサーです。充電式もありますが車内用ならシガーライター電源のタイプをおすすめします。

激安エアーコンプレッサーなら「中古」もおすすめ

趣味に使う場合や初めて使うという方は、できるだけ安くエアーコンプレッサーを手に入れたいと思うものですよね。ですが新品で購入しようとすると若干予算がオーバーしてしまうこともあるかもしれません。そんなときには中古を狙ってみてはいかがでしょう。

 

中古のエアーコンプレッサーは程度が良いものを選べば、新品では手が出ない機種のものでもお得に手に入れることができます。ただし選ぶときには慎重に選びましょう。ネットショップで商品情報をしっかりと把握して購入することをおすすめします。

静音性に優れたエアーコンプレッサー人気おすすめランキング4選

超大容量タンク

エアーツールや車の空気入れに便利なエアーコンプレッサーです。合計80Lのタンクが搭載されているので、エアーの減りが遅く、再充填までの時間も長いのでストレスなく使用することができます。

 

サイズはタンク容量がある分大きいですが、タイヤが付いているので持ち運びもそこまで苦ではありません。

タイプ - 吐出量 -
出力 550w x 2 タンク容量 80L
騒音値 - 重量 73kg
サイズ ハンドル付き930×510×730・ハンドル無し810×510×660mm 付属品 -
最高圧力 0.78MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

同等の性能を持つコンプレッサーを使っておりましたが、充填時間がかかり好き、作業に追いついていなかったのですが、本製品は問題なく期待に応える働きをしており、追加商品にしたいと思っているところです。

出典:https://www.amazon.co.jp

トップクラスの耐久性

特殊コーティングシリンダーが採用されており、主要部品の耐久性が高く、長期間使用することができます。さらに、セキュリティタグで運転回数を制限することができので、盗難抑止に有効です。

 

他にもドレンの排出時期がわかったり、収納に便利なコードフックがついていたりと多機能なエアーコンプレッサーです。

タイプ - 吐出量 80L/min
出力 - タンク容量 12L
騒音値 64dB 重量 16kg
サイズ - 付属品 用申請.釘打機用エアコンプレッサ・高圧エアホースセット
最高圧力 4.4MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

軽くて使いやすい

出典:https://www.amazon.co.jp

エアブラシがすぐに使用できるお得セット

プラモデルの塗装・エアブラシアートなどにおすすめなセット商品です。かなり小型のエアーコンプレッサーとなっており、保管や持ち運びに便利な収納バッグが付いています。作業場として使用している部屋に運ぶときも楽ですね。

 

エアブラシは使いやすいダブルアクションタイプになっているので、筆や刷毛ではむずかしい、ぼかしやグラデーションなども表現可能です。音もそれほど大きくなく、快適に塗装作業ができます。

タイプ - 吐出量 10.5L/min
出力 - タンク容量 -
騒音値 50dB 重量 0.53kg
サイズ L55×W110×H120mm 付属品 エアホース・エアブラシ・エアブラシスタンド・ノズルレンチ・スポイト・ケース・収納バッグ・肩掛けベルト
最高圧力 0.10MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

ガンプラ塗装を筆塗りからエアブラシにしてみたくて購入しました。エアブラシ はタミヤの0.3mmのタイプを使っています。同梱されている0.5mmのものはサフ吹きに使っていますが、若干圧不足を感じていますがコツを掴むことで上手く吹けるのかな?

出典:https://www.amazon.co.jp

コンパクトで低騒音

クラス最少のコンパクトなエアーコンプレッサーです。高輝度デジタル表示で使いやすく、タンク内圧力を3段階切替で、作業にあった効率の良い運転が可能です。さらに、低騒音・低振動で初心者でも簡単に使用することができます

タイプ - 吐出量 -
出力 - タンク容量 16L
騒音値 - 重量 14kg
サイズ L449×W292×376mm 付属品 ショルダベルト
最高圧力 0.88MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

いまのところ順調。きにいってる

出典:https://www.amazon.co.jp

静音性に優れたエアーコンプレッサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7064220の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:7064202の画像

    髙儀(Takagi)

  • 3
    アイテムID:7064196の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 4
    アイテムID:7064187の画像

    GETONE

  • 商品名
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • 高圧エアーコンプレッサー
  • 大容量エアーコンプレッサー
  • 特徴
  • コンパクトで低騒音
  • エアブラシがすぐに使用できるお得セット
  • トップクラスの耐久性
  • 超大容量タンク
  • 価格
  • 120,000円(税込)
  • 6,408円(税込)
  • 143,964円(税込)
  • 53,780円(税込)
  • タイプ
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 吐出量
  • -
  • 10.5L/min
  • 80L/min
  • -
  • 出力
  • -
  • -
  • -
  • 550w x 2
  • タンク容量
  • 16L
  • -
  • 12L
  • 80L
  • 騒音値
  • -
  • 50dB
  • 64dB
  • -
  • 重量
  • 14kg
  • 0.53kg
  • 16kg
  • 73kg
  • サイズ
  • L449×W292×376mm
  • L55×W110×H120mm
  • -
  • ハンドル付き930×510×730・ハンドル無し810×510×660mm
  • 付属品
  • ショルダベルト
  • エアホース・エアブラシ・エアブラシスタンド・ノズルレンチ・スポイト・ケース・収納バッグ・肩掛けベルト
  • 用申請.釘打機用エアコンプレッサ・高圧エアホースセット
  • -
  • 最高圧力
  • 0.88MPa
  • 0.10MPa
  • 4.4MPa
  • 0.78MPa
  • 定格運転時間
  • -
  • -
  • -
  • -

オイル式エアーコンプレッサーの人気おすすめランキング5選

5位

エアーを素早く貯める

タイヤ交換や簡単な整備、釘打ちにおすすめな5馬力の業務用エアーコンプレッサーです。オイル式ということもあり、騒音はありますが、エアーを短時間で貯めることができるので、作業効率を上げることができます。

 

業務用のしっかりとした製品で、サイズも大きいですが、持ち上げるだけで移動しやすい2輪式になっているので持ち運びは簡単です。

タイプ オイル 吐出量 120L・140L/min
出力 - タンク容量 50L
騒音値 - 重量 32kg
サイズ 670×720×310mm 付属品 -
最高圧力 0.8MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

物は同じでしたが、ロゴシールが違ってました。レビューにあった通り、エアのたまるの早いです。音は、夜は無理かなぁですが、コスパ考えたら、とても良いと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

リーズナブルなオイルタイプ

とてもリーズナブルな価格で購入することができるエアーコンプレッサーとなっており、オイルタイプの製品の中では破格です。塗装に便利な性能を持っており、使いやすく効率よく吹き付けることができます。

 

今までオイルレスタイプを使っていたひとで、試しにオイルタイプも使ってみたいという方におすすめです。

タイプ オイル 吐出量 -
出力 - タンク容量 25L
騒音値 - 重量 19kg
サイズ L540×W360×H540mm 付属品 -
最高圧力 0.78MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

中華製で作りは細い所は粗いですが、値段も安く長時間使用にオイル式で大変、満足しています。ただ本体には「オイルを入れてください。」と書いてありましたが説明書には「オイルは入ってます。付属のオイルは交換用です。」と書いてありました。

出典:https://www.amazon.co.jp

タフな1馬力タイプ

塗装からタイヤ交換までできるハイパワーモデルのエアーコンプレッサーです。タイヤ空気入れ、エアブロー、エアネーラ、インパクトレンチへの使用及び塗装作業等に使用することができ、冷却効率に優れたオイル式で、オイルフリー式に比較して耐久性に優れています

 

洗車後の水の吹き飛ばしや年末の大掃除にも活躍するので、持て余すことが少なく、最大限活用できます。

タイプ オイル 吐出量 (50・60Hz):60・65L/min
出力 0.75kW タンク容量 30L
騒音値 - 重量 30kg
サイズ W740×L355×H635mm 付属品 -
最高圧力 0.85MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

家のガレージで車やバイクいじりを趣味にしています。家に1馬力のコンプレッサーがあると、めっちゃ便利です。自転車、バイク、車のタイヤの空気入れだけでなく、洗車後の水の吹き飛ばしや年末の大掃除でも大活躍。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ良く静粛性が高い!

効率よく圧縮できるだけではなく、長持ちするとユーザーの方からの評価が高いエアーコンプレッサーです。車輪がついているので移動も楽ですし、何よりも静粛性が高いので自宅のガレージで、趣味や車やバイクに使用するのに適しています。

タイプ オイル 吐出量 85L/min~175L/min
出力 - タンク容量 30L
騒音量 83dB 重量 34kg
サイズ W660×L354×H619mm 付属品 -
最高圧力 - 定格運転時間 -

口コミを紹介

SK11は2代目です 前回5年位前に SK11 AB-2030を購入、車載で修理の仕事に使用しています。毎日30分位の使用です。前のも 使用時の電流が20A位流れますが 一応使用できる状態です。値段の割に タフな器械ですよ。

出典:https://www.amazon.co.jp

安全に配慮して趣味を楽しめる!

冷却効果に優れているエアーコンプレッサーです。オイル式なのでオイルレスよりも耐久性が高いです。19kgですが車輪が付いているので移動も楽です!大きな目盛りが見やすく、家庭用電源で使用でき、余計な電圧がかかったら自動で止まるのも良いですね。

タイプ オイル 吐出量 130L/min
出力 1.5KW/1HP タンク容量 25L
騒音量 80dB 重量 19kg
サイズ W330×L560×H585mm 付属品 -
最高圧力 0.8MPa 定格運転時間 連続1時間

口コミを紹介

普通に使えます!最初にエアフィルター取り付け部分が付かなくて黒いカバーをハサミでカット!柔らかいカバーなのでカッター、ハサミなどで加工できます!

出典:https://www.amazon.co.jp

オイルレス式エアーコンプレッサーの人気おすすめランキング11選

静音性に定評あり

オイル交換不要のオイルフリータイプのエアーコンプレッサーです。タイヤ空気入れ・エアネーラー・ステープラーへの使用及び小物アート用塗装など、幅広い用途で使用することができます。

 

57・59dBというトップクラスの静音性を持っており、自宅で周囲を気にせずに作業をしたいという方におすすめです。

タイプ オイルレス 吐出量 47・56L/min
出力 0.75kW タンク容量 38L
騒音値 57/59dB 重量 29kg
サイズ L740×W355×H635mm 付属品 -
定格運転時間 -

口コミを紹介

何事もカタチから入る私はマキタの高圧エアコンプレッサーを欲していましたが、よく考えると釘打機などを使用するわけではなくエアダスターとタイヤへの充填しか使わないので身の丈にあった買い物をしました

出典:https://www.amazon.co.jp

2馬力でオイルレス低騒音

家庭用100V で使える 2馬力のオイルレス小型コンプレッサーです。取っ手、キャスター付きで持ち運びが簡単にでき、39Lタンクで余裕をもって作業 をすることができます。インパクトレンチ、エアー工具の使用や塗装、空気入れ、ごみの吹き飛ばしなどに便利です。

 

また、電圧降下や異常停止などで、電流が流れ過ぎたとき電流をストップすることができる過電流ブレーカー付きなのも魅力です。

タイプ オイルレス 吐出量 210L/min
出力 1.5KW タンク容量 39L
騒音値 65dB 重量 36kg
サイズ L640×W360×H595mm 付属品 -
最高圧力 0.78MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

以前は岩田のコンプレッサー使用していて音がかなり大きく買い替えで今回使用したらパワフルで音がかなり静かで、びっくりしました。独立スイッチで片側のコンプレッサーだけでも作動して性能とパワーもピカ一。ブロアーにインパクトとか使って大変重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

静かな作動音

 静かな作動音がストレスを軽減してくれる、周囲環境へもやさしいエアーコンプレッサーです。給油不要なオイルレス式で クリーンなエアーを供給することができ、メンテナンスも簡単にできます。

 

さらに、自動停止と自動再起動を繰り返すオート圧力機能が搭載されているので、連続使用が楽です。

タイプ オイルレス 吐出量 33/41L/min
出力 - タンク容量 24L
騒音値 65/68dB 重量 21kg
サイズ L600×W310×H540mm 付属品 コイルホース・エアーダスター・R1/4ワンタッチカプラー・エアーフィルター
最高圧力 0.78MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

静音に優れているんで普通に室内でも使えますし、夜間使用でも近所にきにならないぐらいです。むしろエアーを出す方が音がすると思います。

出典:https://www.amazon.co.jp

コスパ最強

ネイルアートやエアーブラシ作業がすぐに始められるセット商品です。静音設計ピストン式で室内作業でも音が気になりません。安価な製品ですがクオリティが高く、店でも使用されているほどです。

 

パワーがあるのでエアダスター代わりにも使用することができ、コストパフォーマンスに優れています。

タイプ オイルレス 吐出量 20~23L/min
出力 - タンク容量 3L
騒音値 47db 重量 5.2kg
サイズ L330×W140×H310mm 付属品 エアブラシセット・ホース(1/8"BSP 2.92m)・エアーレギュレータ/ウォーターセパレーター(圧力計付)
最高圧力 0.4MPa 定格運転時間 20分

口コミを紹介

コレは良い商品ですね。当方イワタの875ht(イワタの黒いタンク後づけ)持ってるので比較してみましたが 精度は当然イワタの方が上ですが(タンクに圧力計ついてるとか、レギュレーター精度等)コスパは断然こちらが上だし…使えないってレベルの差はないですね。

出典:https://www.amazon.co.jp

全体的にバランスのとれた製品

ダスター、タッカー、小型ネイラー、ブラシ、空気入れなど断続的な作業に対応できるエアーコンプレッサーです。最高圧力1.0MPaでパワフルな作業もこなすことができ、低騒音で作業環境が改善できます。

 

ボディーカラーは清潔感のあるパールホワイト塗装で、クリーンな作業場を目指している方にもおすすめです。

タイプ オイルレス 吐出量 50Hz・62L/min
出力 - タンク容量 30L
騒音値 67dB 重量 29kg
サイズ L660×W360×H595mm 付属品 -
最高圧力 1.0MPa 定格運転時間 連続

口コミを紹介

CN90釘が打てる安いコンプレッサーを探していましたが、これま全く問題なく使えます。0.8Mpaに設定して連続で10発ほど打てますので、趣味の日曜大工には十分過ぎる性能です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4つのピストン搭載

省エネの高性能ブラシレスモーター搭載のオイルレスエアーコンプレッサーです。4つのピストンが搭載されているので、エアーが直ぐに貯まります。エアタンクの容量が17Lとコンパクトサイズで置き場所もとりません。

 

さらに、電源を入れれば直ぐに使用することができ、馬力もあるので作業効率を上げたい方にもおすすめです。

タイプ オイルレス 吐出量 162L/min
出力 1500W タンク容量 17L
騒音値 70~80dB 重量 19kg
サイズ - 付属品 -
最高圧力 - 定格運転時間 1時間

口コミを紹介

音が静かです。カン高く無くどちらかと言えば低音です。4気筒モードだとみるみるAIRがたまります、ちなみに25Lスペアタンク繋いで2気筒で運転しても早いです。

出典:https://www.amazon.co.jp

静かでDIYに最適

静音なので回りを気にして作業をする必要がなくなり、自宅でも快適にDIYを楽しむことができます。掃除機よりも静かでエアー漏れの心配もなく、組み立ても簡単にでき、振動も気になりません。

 

また、バルブを取り付ければ水抜きにも対応でき、価格もリーズナブルなので全体的に評価の高い製品です。

タイプ オイルレス 吐出量 -
出力 - タンク容量 40L
騒音値 65dB 重量 22kg
サイズ - 付属品 -
最高圧力 - 定格運転時間 -

口コミを紹介

空気タンク溶接者の技術力の違いが製品のバラつきとなって表れています。最初に届いたものは、すべての部品の溶接取り付けがあまりにもいい加減(目検討溶接)で、ポンプ台座などは、合わないネジ穴位置をハンマーで引っ叩いて無理矢理ポンプを載せました~という出来栄え

出典:https://www.amazon.co.jp

作業が広がるDIY用

自宅で使用する小型タイプでは満足できないという方におすすめので、大容量DIY用エアーコンプレッサーです。稼働音も抑えられていて、室内でもある程度使用することができます。価格も安いので自宅用におすすめです。

タイプ オイルレス 吐出量 (50Hz)102L/min
出力 - タンク容量 20L
騒音値 65dB/m 重量 18.3kg
サイズ L520×W300×H520mm 付属品 エアーフィルター,エアーフィルターホース,1/4inワンタッチカプラ,カプラ用スパナ,ゴム脚セット,車輪セット,プラスドライバー,スパナ2種
最高圧力 0.8MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

品物が届いてエアータッカーで試し打ち、音 本当に静!重量18キロ持ち運びにいいところかな?4リットルで有れば、連射ちょっと不安だな!20リットルで有れば、塗装、インパクトレンチ等、色々使えますね!

出典:https://www.amazon.co.jp

幅広い用途で使用可能

DIYなど、様々な用途で使用することができるレギュラーサイズのオイルレスエアーコンプレッサーです。開閉しやすいバルブ式ドレンコックになっているので、手が汚れにくく快適に作業ができます。

 

また、圧力ゲージが上向きに配置されているので確認しやすく、タイヤが付いているので移動も簡単です。

タイプ オイルレス 吐出量 最高圧力時(50-60Hz)37-42L/min
出力 0.75kW タンク容量 30L
騒音値 - 重量 26kg
サイズ L650×W355×H580m 付属品 -
最高圧力 0.8MPa 定格運転時間 -

口コミを紹介

車、バイク、に主に使用してます。家の掃除、パソコンが調子悪く為った時エアーブロー等に使い重宝してます。音が煩いので本体は物置に固定し延長ホースで対応してます。
安価で購入出来たので良かったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

圧倒的人気

普通車・軽自動車のタイヤ・ボール・ゴムボートなどの空気入れや細かいゴミ・ほこりなどの吹き飛ばしに便利なエアコンプレッサーです。コンパクトなので持ち運びも簡単にでき、静音性が高いです。

 

価格も非常にリーズナブルになっているので、コストパフォーマンスを重視されている方にもおすすめです。

タイプ オイルレス 吐出量 50Hz 80L/min、60Hz 96L/min
出力 - タンク容量 25L
騒音値 65dB/m 重量 18.3kg
サイズ L520×W300×H520mm 付属品 エアーフィルター,エアーフィルターホース,1/4inワンタッチカプラ,カプラ用スパナ,ゴム脚セット,車輪セット,プラスドライバー,スパナ2種
最高圧力 0.8MPa 定格運転時間 20分

口コミを紹介

シングルピストンコンプレッサーとは違い、余りの音の静かさにびっくりしました。因みに友人も他社ツインピストンタイプのコンプレッサーを使用していますが、桁違いに音が静かです。

出典:https://www.amazon.co.jp

静音でお手入れが簡単!

家庭用100Vで使用できる小型のエアーコンプレッサーです。低音タイプなので自宅で趣味に使用するのに適しています。ブースターケーブルを使えば車用バッテリーを電源にすることも可能です。

タイプ オイル 吐出量 70
出力 500w タンク容量 17L
騒音値 標準:70dB・高速:68dB・低速60dB 重量 本体9.1kg,ブースターケーブル1.0kg
サイズ L340×W200×H375mm 付属品 ブースターケーブル
最高圧力 0.9MPa 定格運転時間 10~15分

口コミを紹介

デザインや色合いも良く、気に入りました!ちょっとした作業には丁度良いです。何よりも、マキタのバッテリーがそのまま使えることが有難いです!

出典:https://www.amazon.co.jp

オイルレス式エアーコンプレッサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:7162258の画像

    SEIKOH

  • 2
    アイテムID:7162132の画像

    SK11(エスケー11)

  • 3
    アイテムID:7064229の画像

    アネスト岩田

  • 4
    アイテムID:7064223の画像

    シンセイ

  • 5
    アイテムID:7064178の画像

    G&G

  • 6
    アイテムID:7064211の画像

    HAIGE(ハイガー)

  • 7
    アイテムID:7064205の画像

    藤原産業

  • 8
    アイテムID:7064199の画像

    ツールズアイランド(Toolsisland)

  • 9
    アイテムID:7064193の画像

    エアーファミリー(Air Family)

  • 10
    アイテムID:7064190の画像

    イリイ

  • 11
    アイテムID:7064184の画像

    アネスト岩田

  • 商品名
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • 業務用エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー 低騒音モデル
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • エアーコンプレッサー
  • 特徴
  • 安全に配慮して趣味を楽しめる!
  • コスパ良く静粛性が高い!
  • タフな1馬力タイプ
  • リーズナブルなオイルタイプ
  • エアーを素早く貯める
  • 4つのピストン搭載
  • 全体的にバランスのとれた製品
  • コスパ最強
  • 静かな作動音
  • 2馬力でオイルレス低騒音
  • 静音性に定評あり
  • 価格
  • 12,000円(税込)
  • 39,500円(税込)
  • 15,390円(税込)
  • 11,310円(税込)
  • 19,800円(税込)
  • 52,800円(税込)
  • 25,610円(税込)
  • 12,980円(税込)
  • 19,801円(税込)
  • 42,680円(税込)
  • 42,993円(税込)
  • タイプ
  • オイル
  • オイル
  • オイル
  • オイル
  • オイル
  • オイルレス
  • オイルレス
  • オイルレス
  • オイルレス
  • オイルレス
  • オイルレス
  • 吐出量
  • 130L/min
  • 85L/min~175L/min
  • (50・60Hz):60・65L/min
  • -
  • 120L・140L/min
  • 162L/min
  • 50Hz・62L/min
  • 20~23L/min
  • 33/41L/min
  • 210L/min
  • 47・56L/min
  • 出力
  • 1.5KW/1HP
  • -
  • 0.75kW
  • -
  • -
  • 1500W
  • -
  • -
  • -
  • 1.5KW
  • 0.75kW
  • タンク容量
  • 25L
  • 30L
  • 30L
  • 25L
  • 50L
  • 17L
  • 30L
  • 3L
  • 24L
  • 39L
  • 38L
  • 騒音量
  • 80dB
  • 83dB
  • 重量
  • 19kg
  • 34kg
  • サイズ
  • W330×L560×H585mm
  • W660×L354×H619mm
  • 付属品
  • -
  • -
  • 最高圧力
  • 0.8MPa
  • -
  • 定格運転時間
  • 連続1時間
  • -

エアーコンプレッサーとは

エアーコンプレッサーは圧縮した空気を細いノズルから排出し、様々なツールを高速回転させたり、高圧で水を噴射させたりする機械です。機械加工の会社には欠かすことができない機械のひとつです。身近なところでは医療の現場でも使用しています。

 

歯科医の歯を削るあのドリルもシューっと出る空気も、実は全てエアーコンプレッサーで行います。最近では趣味のプラモデルの塗装をしたり、DIYでのネジ締めや釘打ちをするときにも使用する方が増えていて、趣味の分野でも活躍している機械です。

エアーコンプレッサーの使い方

エアコンプレッサーは様々な分野で活躍する機械です。ここではエアーコンプレッサーの基本的な使い方についてご紹介します。

基本的なエアーコンプレッサーの使い方

使用する前に、作業に使用するツールを取り付けておきましょう。ツールを取り付けたら電源をONに入れ、空気圧が指定の数値に上がるのを待ちます。もしも十分な空気圧ではなくても爆発することはなく、ただエアが弱いだけなので問題はありません。

 

空気圧が上がったらツールのトリガーを押して作業を開始します。製品によって電源を入れてから圧が上がりきるまでの時間に差が出ます。小型のタンクは早く上がるけれど長時間の使用には向かず、大型タンクは長く使えるけど圧が上がるのに時間がかかります。

加工業では切粉飛ばしに使用する

切削加工などを行っている加工業では、エアーコンプレッサーは切粉を飛ばすときに使用することが多いです。金属を削るときには荒取りといって、仕上げ寸法に1mmくらいの取り代を残して加工していきます。この時切粉を取らないと仕上げで傷がつきます。

 

切削油を使用するので切粉は流される部分が多いですが、細かい切粉は仕上げ前に吹き飛ばして仕上げをすることが多いです。また、加工が終わったときに切削油を吹き飛ばすのにも使用します。多くは製品に傷が入らないために使用するのです。

自動車関連や歯科医では回転工具や空気入れに使用する

自動車修理工場や医療の現場の場合は回転工具に使用します。例えば自動車関連であればタイヤの付け外しに使用することが多いでしょう。歯科医の場合は歯を削るときに使用したり、削った粉を吹き飛ばしたりするのに使用します。用途が広いツールですね。

洗車するときにはエアーコンプレッサーとブロワが最強!

車がキレイだとテンションも上がりますが、大きなものなのでなかなか自分の手で洗うのは大変ですよね。そんなときにおすすめなのがエアーコンプレッサーとブロワを使って洗車する方法です。この2つがあれば短時間で車をキレイに洗えます。

 

タンクの中にシャンプーを入れて泡洗車にしても良いですし、水を入れて汚れを落としても良いでしょう。洗い終わったらブロワを使って水を弾き飛ばすだけなので、定期的に洗車をしたいという方にはおすすめです。

エアーコンプレッサーのメーカー

ここでは代表的なエアーコンプレッサーのメーカーについてご紹介します。

マキタ

マキタは日本の電動工具メーカーです。例えば電動ドリル・エアブロワ・電動丸ノコ・ジグソー・サンダー・グラインダーの他にも、業務用の集塵機やバッテリーなどの製造販売をしています。実は電動工具では国内シェアの半分以上を占めている企業です。

マックス

エアコンプレッサー・くぎ打ち機・結束機などの電動大工工具などの他に、オフィス機器や文房具などの生産販売をしている企業です。もしかすると文房具のホッチキスのマックスといった方がわかりやすいかもしれませんね。非常に有名なメーカーです。

高儀(TAKAGI)

高儀は電動工具・農耕工具などを扱っている老舗のメーカーです。エアーコンプレッサーも小型のものが多く、どちらかというと産業用というよりは家庭用を中心に生産しています。小型で静音タイプもあるので趣味で使用する方に適しているでしょう。

HIKOKI(ハイコーキ)

HIKOKIは旧日立工機です。こちらのメーカーの電動工具も有名で、マキタと二分するほどの国内シェアを誇る企業です。製品の多くは大工向けの工具で、エアーコンプレッサーの種類が豊富なので、用途に適したタイプを選びやすい企業です。

藤原産業

このメーカーは家庭用の工具を多く販売しています。DIYライフをサポートするのがモットーというだけあって、エアーコンプレッサーも家庭用に適したサイズ・静音性・価格の機種を手に入れられるでしょう。ちなみにホームセンターでも一押しするメーカーです。

富士コンプレッサー製作所

60年以上の歴史のある老舗メーカーです。こちらの会社はエアーコンプレッサー専門の会社だけあって、業務用コンプレッサーならおまかせ!の会社ですね。主にエアコンのためのコンプレッサーですが、専門会社ならではの性能の良さはお墨付きです。

アネスト岩田

大手のエアーコンプレッサーのメーカーです。80年以上の歴史がある企業で、コンプレッサーを中心に手掛けているので、種類も大きさもタイプも豊富なのが特徴です。業務用が欲しい方に特におすすめのメーカーです。

明治機械製作所

こちらは塗装設備関連や、業務用・医療用エアーコンプレッサーの生産販売をしています。業務用だけに自動車工場や歯科医などの信頼も厚く、自動車補修や塗装用のエアーコンプレッサーが欲しい方におすすめです。アクセサリも豊富ですよ!

家庭用で使用するなら騒音の数値とレベルに気をつける

自宅でエアーコンプレッサーを使用するときには騒音に気を付けましょう。近隣トラブルの原因になると厄介です。音はdB(デシベル)で表記され、40~60dBが静かな図書館で行われる一般的な会話レベルです。80dBが目覚まし時計のレベル。

 

ここまでならそれほど近隣に迷惑にはならないと考えてもいいかもしれません。これ以上になると騒音です。100dBは地下鉄クラス、120dBになると飛行機の爆音クラスになってしまいます。つまり80dB程度くらいまでなら静音と覚えておくと良いですね。

一般家庭ならガレージに設置するのが望ましい

エアーコンプレッサーを一般の家庭で使用するときに悩むのが、どこに置けばいいのか?という点でしょう。エアーコンプレッサーは音が大きく振動も気になるものなので、集合住宅の場合は厚めのゴムを敷いて設置するなどの騒音対策が必要です。

 

一軒家の場合なら室内に置かず、ガレージに設置して使用すると良いでしょう。ただしもしも壁が無い場合は使用後は盗難防止のために、玄関やカギのかかる大きな物置などに入れて使用すると良いでしょう。

使用するとき・お手入れするときの注意点

エアーコンプレッサーを使い終わったらそのままにしておくのはおすすめしません。少しでも長持ちさせるためにも毎回お手入れをしっかりと行います。電源を落としてしまう前に、タンクの水を完全に抜きますが、モーターを1分~2分回しながら水を抜きます。

 

そのあとでエアを完全に抜いてしまってから電源を落としましょう。なぜこんな面倒なことをしなければならないのかというと、タンクの容量が少なくなってしまったり、錆が出てしまうことがあるからです。毎回しっかりとお手入れをしましょう!

100Vから200Vに変更するには

日本の家庭用電源の電圧は基本100Vです。でも趣味が高じて大型のエアーコンプレッサーが欲しいと思っている方も多いのも事実!家庭用エアーコンプレッサーは100Vですが、中型以上になると200Vなので、100Vから200Vに変更する必要があるのです。

 

変更の仕方は意外と簡単です。自分ではできませんし電力会社に連絡をする必要もないでしょう。電気配線工事会社に依頼します。必要な場所の電圧だけを変更してコンセントを変えてもらうだけ!電気代も100Vのときと大きく変わることもありません。

まとめ

今回はエアーコンプレッサーの選び方やおすすめランキングをご紹介しました。この記事がエアーコンプレッサーの購入を検討している方のお役に立てれば幸いです。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年06月01日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】電動空気入れの人気おすすめランキング15選【プールから自転車のタイヤまで】

【2021年最新版】電動空気入れの人気おすすめランキング15選【プールから自転車のタイヤまで】

自転車
【2021年最新版】シリコンスプレーの人気おすすめランキング15選【シャッターにも】

【2021年最新版】シリコンスプレーの人気おすすめランキング15選【シャッターにも】

素材・補修材
【2021年最新版】輸入タイヤの人気おすすめランキング10選

【2021年最新版】輸入タイヤの人気おすすめランキング10選

カー用品
ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

ブランド化粧品の人気おすすめランキング32選【デパコスからプチプラまで】

化粧水
【2021年最新版】洗顔ブラシの人気おすすめランキング15選【電動のものやプチプラもご紹介】

【2021年最新版】洗顔ブラシの人気おすすめランキング15選【電動のものやプチプラもご紹介】

メイク雑貨・小物
蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

蒸し器の人気おすすめランキング15選【使い方やレシピも!】

調理器具